エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

近況

本日現在のアスパラの状況は、こんなところです。

f0186462_223785.jpg
f0186462_2231398.jpg


とはいっても、これは庭先の白モクレンです。

状況といっても、ハウス内でどのくらい出始めたかというのも
全体も写せず、また最盛期の様子もなかなか分かりづらいものです。

そこへくると、この白モクレン、の満開時がちょうど、私のアスパラの最盛期に
合致するので、実に分かりやすいです。

白モクレンが満開になったのにもかかわらず、あまり出ていない年などは
やはり調子が悪い、だから、早めに春の収穫を打ち切って、立茎しようなどと
判断するわけです。

今年も、本当にハウスの状況そのままです。

先日の少し暖かかった日に、先行してほころび始めた芽が
その後の寒さで、立ち止っている。
そのほかの芽は、咲き始めるのを待っているといったところでしょうか。

全体として、2分咲きというような感じです。

f0186462_2314180.jpg
f0186462_231520.jpg


ハウスを見ると、やっぱり2割ほどの萌芽率です。

f0186462_23232.jpg
f0186462_2321159.jpg
f0186462_2321991.jpg


こういう風に、次々と出始めていますので
1週間後くらいが萌芽そろいというところでしょうか?

昨年と比べると、まだ初期の段階としては
太くなっています。
昨年よりも貯蔵養分が多いということが推測されます。

無事出始めて、ほっとしています。

あとは、この貯蔵養分を無駄なく、おいしいアスパラを出してもらうために
どのようにして、温度と湿度の管理をするかということが
これから1ヶ月間の課題です。

なお、土の上の白いものは、米ぬかです。
今年は、米ぬかを調達できましたので
表面にまいています。

微生物を増やしたり、土の滋養としての効果を狙っています。

f0186462_2391246.jpg
f0186462_2391160.jpg


今のハウスでは、地上部がなく、全面、よく日が当たりますので
ラディッシュとインゲンをまいています。

ちょうど4月頃に、露地作物がなくなってしまいますので
(おまけに、アスパラも立茎するとなくなります)
野菜セット対策として、まいているものです。

どちらも、驚くほどきれいなものができます。
ただきれいではありますが、ラディッシュだと、冬の露地でできたもの
インゲンならば、初夏の露地ものに比べると、味は薄いです。

畝の上の雑草のように見えるものは、ニラです。
これも野菜セット用です。

f0186462_2445586.jpg


朝9時にハウスに来たときの温度です。

今朝の最低気温は5度、地温も下がっていますので
日の出からの熱を包み込むために、9時頃まで閉め切っています。
で、すでに40度!
もちろん、ハウスを開けて、打ち水的に潅水し、25~30度まで温度を下げて
その状態を、夕方まで保ちます。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/23736899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2015-03-03 02:48 | アスパラ栽培 | Trackback