エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

コナジラミか?

暑いです!熱いです!・・・

f0186462_0381240.jpg


朝7時半のハウスの状況、すでに30度超え!!
前日の最高気温は42度、最低が22度、10時くらいには40度を超しています。
ほぼ6時間以上は、40度以上にさらされています。

地温も30度を超していますので、かなり異常な状況が続いています。

f0186462_0411746.jpg


にもかかわらず、収穫物のうち30%くらいは、まだこのような比較的きれいなものが出ています。

市場に出してもいいというレベルの秀品率は70%くらいなので、アスパラもつくづくえらいなあと
思います。

今の状況では、秀品率が20%でもいいくらい、むしろ、萌芽しているのが
不思議なくらいです。

f0186462_0441233.jpg


収穫時の視点です。

f0186462_0451822.jpg
f0186462_045277.jpg
f0186462_0453510.jpg


上から見るとこのような感じ、いいように見えますが・・・
どうも、2日ほど前から、調子がおかしいです。

収穫物の品質も落ちていますし、葉っぱに艶がなく、今朝から黄色っぽくなっています。

f0186462_0473689.jpg
f0186462_0474469.jpg
f0186462_0475339.jpg


仔細に見ると、枯れ始めた葉っぱが見受けられます。

でも、病斑が見られないので、病気とは違うかなあと判断。
昨日から、小さな(本当に小さな)白い虫が飛んでいるので
それかなあと
白くみえる虫というと、スリップス(ネギアザミウマ)かオンシツコナジラミしか心当たりはありません。

どちらも葉っぱから汁を吸いますので、急激に体力がなくなります。

体力がなくなったところへ、病気が入り、広がって、そこへ虫が大増殖・・・という具合です。
下手をすると、1週間くらいで、回復不能か回復に2ヶ月かかるくらいの大打撃になります。

ですから、こういう場合、即座に判断をして、的確な手を打たなければなりません。

数年前までは、こういう状況で、「病気が広がりつつある」と判断して
殺菌剤ばかり散布していました。

当然、事態は改善せず、この段階で収穫打ち切り、翌年のために、養生・・・というコ-スでした。

少しは、まともな栽培ができるようになったのかもしれません。

今年は特に、虫の発生が遅く、虫も子孫を残すために必死ですので
短期間に大増殖が予想されます。

気が抜けません。

収穫するアスパラ自体は、味がよくなっています。
8下旬以降になると、最低気温も下がりますので
さらに甘くなってきます。

少し、楽しみです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/24335550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2015-08-06 01:03 | アスパラ栽培 | Trackback