エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

野菜大暴落!

長梅雨の後の猛暑、そしてダメ押しの台風襲来で鹿児島の夏野菜は壊滅したと
何度も書きました。

本当に、5月下旬からだんだんと野菜がなくなり、7月以降はこちらの直売所でも
全く野菜がなく、北海道のかぼちゃとか仕入れて売っている状況でした。

その後、9月以降は比較的天候も順調で、10月には季節はずれの冷え込み(12月並み)
があったものの、その後は暖かく推移、大夫後に植えつけた野菜がいっせいに収穫時期を迎えて
11月に入ってからは、大暴落とのことです。

聞けば、市場では大根1本5円、キャベツが20円とのこと
ほんの2ヶ月~3ヶ月前はキャベツなどは市場でも300円前後だったらしい。

めまぐるしい動きです。

犬の散歩途中にも、広大なキャベツ畑があるのですが(生産者も知っていますが)
もうそろそろ、収穫し始めてもいい出来なのに、一向にその動きがなく
多分、畑でつぶすんでしょう。

今の値段なら、手間と経費をかけると、出荷しても赤字になるだけです。

まあ仕方がないですね。

もっとも、これだけ安くなったから、ス-パ-で一個50円とかで売るという話は聞きません。

翻ってうちでは、すべて直売なので、そういう悩みがなくありがたいことです。

露地野菜については、規格などは全く考えていませんので
市場はもとより、直売所に出すことすらありません。

すべての野菜は、長さ何センチとか、虫の食った後があるとか、細かく決められています。
(まあ、アスパラもそうなんですが)
そんなことまで考えて、野菜を作りたいとも思いません。
(アスパラ農家なので、アスパラについては考慮はしますが)
あくまでも、家庭菜園の延長で、旬に無理なくできる、でもおいしい野菜だけを作ることを
考えています。

実際、これからでき始める大根も、自分自身楽しみにしているもので
大根は、12月~2月にできるものしか食べることはありません。
この時期のものは、甘くて滋味があり、大根おろしにするとおいしいんですね。

それが終わると、とう立ちさせてつぼみが楽しみ、旬の野菜しか食べませんというと
聞こえはいいですが、旬のものしか食べませんので、年から年中野菜を食べているわけではありません。

むしろ、年間で全く野菜を食べていない時期のほうが長いかもしれません。

ごくごく小規模で、年から年中、貧乏ですが、こういう農業もいいものです。

ともあれ、順調な気候が全く期待できない昨今、これを機会に、歳でもあるし、もう農業はやめようと
いう方も増えてきそうです。
もっとも、こういう方でも、自家用に少しの野菜や米は作りますので、少なくとも自分が食う分には
困らないわけです。

自宅もあり、年金もあれば、70歳でもう引退、そのほうが順当な考えかもしれません。
(出荷用に少しでも作れば、米以外では、経費もかかり、謝金の必要もありますから
当然かもしれません。)

(おまけ)

新潟日報の報道部長の件は仕方なく、表に出たそうですね。
「誹謗中傷」なんてレベルではなく、完全に異常者ですね。

一方、ぱよぱよは出ていないとか?

沖縄の件でもそうですが、もう偏向報道というようなレベルではなく
完全に、中国共産党の政党機関紙、宣伝放送局となっていますね。

内部に工作員が多数入り込み、すでにそのコントロ-ル下にあるということなんでしょう。

司法も常識的に考えておかしい判決が目白押しですね。
これまた、同じような構図なんでしょう。

学会の異常性も目立っています。

これなどは、GHQによる公職追放の効果ですね。
それまで社会を引っ張ってきた方々がいっせいに、公職から追放された。
ということは、残っているのはカスばかり。

加えて、共産党員を指導層に持ってくることまで行った。
その完成形なんでしょう。

もちろんこういう、売国勢力を利用して、日本侵略をする外国勢力を批判するのも大切ですが
もともと、国際関係なんて、そういう非道なものかもしれません。

まず考えなければいけないのは、日本内部の問題でしょう。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/24720976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2015-11-30 00:00 | 野菜栽培 | Trackback