エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

わけがわからん

幸いなことに、予想された冷え込みもあまりなく
ここ数日、関東地方のような、晴れ渡った晴天が続いています。

f0186462_0173760.jpg
f0186462_0174222.jpg


カリフラワ-、カ-ボロネロも順調に新しい葉っぱが出てきました。
特にこれからだと、虫の心配が不要なので気が楽です。

f0186462_0221463.jpg


小松菜も再生し始めています。
力強い、いいつやをしています。
少し黄色味がかっていて、こういうのがおいしいです。

f0186462_0244399.jpg
f0186462_0244730.jpg


みぶなです。
水菜に比べて、トウだちが遅く、低温にも強いため
濃い味がします。

冬野菜ならではの味わいです。
先日の霜で傷んでいるため、新しい葉っぱがほしいところです。
雑草が周囲に生えてきているため、それをきれいにして
株元に日が入るように、少しずつ作業しています。

f0186462_0283691.jpg


大根も霜の被害で遅れましたが、ようやく立ち直りつつあります。
光合成をして、どんどん太ってほしいところですが
あまり太るまで待っていられないかもしれません。

というのも、周りの畑を見ると、高菜がトウだちしたり(例年は2月下旬以降)
大根やカブがトウだちし始めているからです。

トウだちし始めると、大根はすが入り、苦くなります。
(その代わり、つぼみがおいしいですが)

年が変わったら、どんどん収穫することになりそうです。

f0186462_0334430.jpg


今日の畑はこういう感じ。

気温はそこそこ低いですが、風もなくからっと晴れたいい気候です。
明日は、曇って雨も降りそうですが、その後どうなるか?

一応予報では、あまり冬型にはなりそうにないので
少し安心です。

畝の間には、毎日、籾殻を運んで敷き詰めていますが
7割がた完成です。
そのあとに、ぬかを散布しても籾殻とともに発酵させます。

f0186462_038284.jpg
f0186462_0381610.jpg


こぶたかなと、高菜

f0186462_038538.jpg
f0186462_0391170.jpg
f0186462_0391655.jpg
f0186462_0392586.jpg
f0186462_039293.jpg


雑草を抜いて、株元に日が入るようにしたところは、気持ちよさそうに
育ち始めています。

当たり前ですが、野菜もまぎれもなく生き物だと再確認です。

f0186462_0413173.jpg


年末年始なので、年一回の贅沢、かんぱちです。
漁協が仕入れて、販売してくれます。

少数の予約者のみなのですが、これが実においしい。

養殖ものですが、仕入れるのが漁協であり、捌くのも漁師の人なので
出荷する側も、いい加減なものを出荷するわけに行かないのでしょう。

鹿児島では、祝いかんぱちとかで、正月に好んで食べるそうなのですが
一般に流通しているものとは、質が違います。

量販店などでは、正月にあわせて、数日前から捌き始めるのに対し
ここでは、今日の午前2時から、生簀から出して、〆て捌きます。
それゆえ、量も限られているわけですね。

食べることに関しては、田舎というのは、やっぱり恵まれているなあと思います。
生産地に近いというだけでなく、作り手がわかるので、どういう人が作って販売しているのか
ということが、わかります。
この場合、「どういう人」というのが大切なところです。

まだまだ、人と人の信頼関係が生きているということなんでしょう。
(もっとも、田舎にも変な人も多く、かつ、都会よりもお金には汚いという面もあります)

私自身は大阪生まれの大阪育ちですが、市場というものがあり、特に食べるものは
個人商店が幅を利かせていました。
ダイエ-の発祥の地、千林というところにも近かったですが、そこでも
食べるものは、ダイエ-の周囲に千林商店街があり、そこでの個人商店出の購入だったように
覚えています。
いい加減な商売をすれば、当然つぶれてしまいますので、商人としての責任感もあったんでしょう。

大規模量販店が幅を利かすような現代になって、進歩したのか、退化したのか
果たしてどちらなんでしょうか?

f0186462_15946.jpg


ついでに、ちりめんじゃこと、イカの開きも買ってきました。

f0186462_155478.jpg


大規模な直売所ではなく、零細な漁協の直売所ですが、連絡すれば送ってくれます。

養殖ものは一切なく、採れる物も火によって違いますので
基本的にお任せですが、2~3月以降のタイなどはお勧めです。

(おまけ)
気候もよくわかりませんが、わけがわからんといえば
例の、慰安婦問題合意?でしょうか。

ここへきて、急に会談、合意のようなこの事態
多分、何かあるんでしょう。

歴史的事実としては、高級な売春婦がいたということだけで
それ以上でもそれ以下でもありません。

強制連行云々は嘘八百ですので、われわれの先祖の名誉のためにも
事実を明らかにしなければなりませんが、そのことと
中韓の宣伝戦に勝利するということは別次元のことです。

今回は、まだ合意文書がないようですが
合意事項を文書にしたところで、いとも簡単に約束を破る国であるということ
は、日本政府も承知の上でしょう。

今後どのような展開になるのか、見守るしかないでしょう。

参考になるのが、メディアの動向でしょう。

特に、朝日、毎日、NHK、共同通信でしょう。
それが批判していれば、よき行いですし
賞賛していれば、日本の国益には反する行為
これだけを見ていれば、判断できるのではないかと思います。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/24818007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2015-12-31 01:26 | 野菜栽培 | Trackback