エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

次は南進の知らせか?

アスパラ、大分黄色くなって枯れてきましたので、今週末から作業開始です。

それに伴い、春アスパラの販売、来週後半くらいから、始める予定です。
よろしくお願いいたします。

(おまけ)

いよいよ、騒がしくなってきました。

それにしても、早いこと早いこと!
2016年には、朝鮮戦争再開とか、第三次世界大戦勃発とか言われていますが
年明け早々から、全開のようです。

繰り返しになりますが、第三次世界大戦、近い将来には誰の目にも明らかになるよう
顕在化してくるでしょう。

理由は、前の2回の大戦が、経済クラッシュの後に起こっているという点です。
世界規模で、経済的に行き詰まり、打つ手がないとすると
ただひとつの解決策は、「戦争」しかありません。

現在も、世界的に供給過剰、需要不足のデフレスパイラルに陥ろうとしています。
そのもっとも大きなきっかけは中国でしょう。

それが王朝末期の様相で、その国自体が、軍事的に世界覇権に挑んでいることは
これまた誰の目にも明らかです。

この2つだけでも、大混乱の世界になることは確実でしょう。

おまけに、中東・バルカンともに、日に日にめまぐるしく動いています。

北東アジアで、次に衝撃的なニュ-スとなるのは、北朝鮮の南進でしょうか?
現段階でも、中国・ロシアに対する防衛線は38度線ではなく
日本列島そのものになっていますので、われわれの覚悟が問われるはずでしょう。

少なくとも、北朝鮮の背後にいるのは中国ではなくロシアであるということを
認識しておくべきです。
その上で、抜本的に、北の核攻撃を思いとどまらせるためには
わが国の核武装しかありません。

まあ、それがすぐにでも出来るのであれば、苦労はしませんが
まずは、わが国の防衛能力について、知っておくべきでしょう。

ハ-ド面や、人的能力からすれば、通常平気に限って言えば
まず問題ないでしょう。

問題は、運用面でその優れた能力を、がんじがらめに縛っていることです。
(もちろん、無知無能な政治家や、国民を誤った方向に導くマスコミの存在も大問題ですが)
憲法改正(望ましくは現憲法破棄、無効宣言と思いますが)も必要ですが
それが間に合わないことも十分考えられます。

ご存知のように、わが自衛隊は、世界で唯一、国際法で動けない軍隊です。
どういうことかというと、国内法でしか動けないわけですね。
で、国内法では、普通の国が有する軍事法制がまったくないわけです。
外見はまったく軍隊なのですが、その運用に関しては、警察と同じようにしか動けないわけです。

警職法とか、警察法制に準じてしか動けませんので、いわゆるポジティブリストにないものに
関しては、何も出来ないわけです。
法律で「これは行ってもよろしい」と書いている事項のほかは出来ないわけですね。

だから、敵が撃ってきたら、正当防衛の範囲内で反撃できる。
その反撃方法も、逐一法律に基づいてしか出来ないというような
ばかげたことになるわけです。

たとえば野球で言えば、打者が打ち上げた球を、ジャンプして捕っていいのか
それを監督にいちいち確認しなければならないとかということですね。

確認している間に、球は落ちています。

これが戦闘ともなると、確認するまでもなく、確認しなければならないと一瞬思っただけで
命取りになります。

普通の軍隊であれば、ネガティブリストで動きます。
それぞれの軍が定める、交戦規定で禁止されているもの以外は
すべて自由に行えます。
そして交戦規定は、国際法にのっとったものとなっています。

戦闘なんて(戦闘に限らず仕事でもそうですが)どういう状況になるかわかりません。
その状況に臨機応変に対処しなければ、闘うことすら出来ません。

ポジティブリストで動く軍隊なんて、国際的にはまあお笑いのネタでしょう。
なぜなら、やってもいいことが決められているなら、敵にとってはその裏をかいて
行動すれば良いだけの話だからです。

宣戦布告 ダイジェスト版

かなり前の映画で、日本映画らしく、リアリティ-にもかけますが
少なくとも、ばかげた現状は理解できる動画です。

そのほかにも、来年度の防衛予算が0.8%増、消費税増税分を考慮するなら
実質的にはマイナスとか
今の日本を取り巻く、国際情勢を考えると、ありえないだろうということもたくさんあります。

国の存続にとって、国防というものが最優先事項です。
国がなくなれば、福祉もへったくれもありません。
国民を守ってくれるのは、国しかありません。
国際社会がどうこうといっても、何の役にも立ちません。
国が、民族が滅びるということは、どういう状態になることなのか
もうそろそろ真剣に考えたほうが良いようです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/24843660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2016-01-07 23:04 | WW3 | Trackback