エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

カエルの楽園

f0186462_01293235.jpg
昨日のハウスの状況です。

まだ立茎本数がぜんぜん足りませんが、1ヶ月程度かけて、ゆっくりと立てる予定です。

前にも書きましたが、親茎にするものは、元気すぎてもだめ(繁茂しすぎて後々、問題の原因になります)
収穫しすぎて、元気がないのもだめ、太すぎず、細すぎず、そういうものを
理想的な間隔で、立てて行くことを目指します。

でも、なかなかうまくいった例がありません。

私の場合は、どうも元気すぎるものを、多く立てすぎる傾向があります。

昨年も、立ててから茂り始めて、三分の一くらい間引いた覚えがあります。

今年は、まだまだ元気なものが多いので、我慢して収穫をし続け
いいものが出るまで、待ってから立てようと思っています。

ところで、2週間ほど前から、南九州では雨続き、梅雨時のような気候が今日まで続きました。
雨も結構な降りで、車で走っていても間欠ワイパ-ではなく、連続で拭かないと
だめなほどの降り、気温も梅雨寒の気温です。

今年の梅雨も長そうな気がしています。

夏のアスパラはたぶん、5月下旬頃から採れ始めることになりそうです。
連休明けから、販売しようと思います。

またよろしくお願いいたします。

f0186462_01294153.jpg
連休といっても、何も変わりはなく、収穫もいつものようにありますので、休みではないのですが
立茎とともに、堆肥入れさえ終われば、収穫の時間は短くなりますので
読みたかった、「カエルの楽園」を読もうと思います。

すっごく楽しみです。

この本、メディアではまったくの黙殺、この本のサイン会では爆破予告があり、警察が5~60人も駆けつけるような
大騒ぎもあったにもかかわらず、全くのスル-、よほど、メディアにとっては都合の悪い本なんでしょう。

「余命3年時事日記」と同じですね。

ところで、メディアといえば、熊本地震でのクズっぷりが、大きな話題ですね。
もっとも、自分たちのことなので、もちろん報道はしませんが・・・(笑)

5年前の地震の時には、ほとんど話題にはなりませんでした。
もちろんやっていることは同じなので、それだけ、覚醒する日本人が増えたということでしょう。
私自身も、5年前は全くマスコミを信じていましたし、民主党もまともだと思っていた口ですから・・・
いいことです。

ちなみに、メディアの悪行は、30年前から変わっていないということです。
雲仙普賢岳の火砕流の際にも、人的被害は本来半分以下に抑えられたとのことですね。

何でも、取り決められていた制止線を無視して、何キロも入り込んだマスコミ
何度も警察、消防に注意されたにもかかわらず、しまいには
留守宅に勝手に上がりこんで、その家の電気を借用に及んだとのこと

ここまでくれば、警察も黙ってはおれず、現地まで登って、退却させようとしたところへ
件の火砕流が襲ったとのことです。

そういうことがなければ、現地の警察、消防団、雇っていたハイヤ-などのかたがたが
なくなることはなかったそうです。

その頃と何も変わってはいませんね。

やはり、日本には不要なかたがたです。


こちらは、ぜひとも必要な方々です。

本来は、このような事実を伝えるべきでしょう。
少なくとも、日本の公共放送は



[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/25167450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2016-04-29 02:14 | アスパラ栽培 | Trackback