エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

ひざが少し回復

壊れたひざ、本日、整形外科に行って、少しですが、でも劇的に回復しました。

土曜日からかなり悪化して、全快の記事を書いているときには、腫れ始めていて
痛みが増してきていました。
でも昨日の朝は、少しよくなったような気がしたので
収穫にチャレンジ、それがいけなかったようです。

20メ-トルも進むと、右足を動かすことができず、匍匐前進状態に・・・
銃も持たずに情けないなあと思いつつも(笑)
収穫は任せて、立ってできる仕事だけに専念しました。

何しろ右足がほとんど上げられず、かといって、収穫以外の仕事も
この際できるだけやっておきたいしということで、それがまたいけなかった。

夜にアスパラをカットしましたが、立っているのもやっとで、ひざは腫れ上がってくるは
ずきんずきんと痛みはくるはで、結構大変でした。

今日は、山を越えて市内まで評判の整形外科に行ってきたのですが
まあ込んでいること込んでいること、4時間かかりましたが
評判にたがわず、いいお医者さんでした。

水を抜いて、ヒアルロン酸と消炎剤を注入しただけで
劇的に変わりました。
もっとも、軟骨が磨耗していたり、一部組織が損傷している可能性もあるので
しばらく定期的に通うことになりそうです。

アスパラの収穫というのも、スポ-ツほど派手さはありませんが
かなり過酷です。
新品の作業靴や長靴でも、2ヶ月持つのは珍しいほどです。
先進産地の佐賀県や長崎県では、60歳を過ぎた方などは
アスパラ栽培から他の作物の変更する方が増えているというのも、さもありなんです。

もっとも、今日行った病院のお医者さんも、多分これはもう過酷だろうなあと
思いました。(もっとも稼ぎは違うのでしょうが)
3人の医師がいましたが、私が受付を済ませたのが9時半、終わったのが午後1時半です。
午前中の、残りの方が20人はいましたので、多分、2時半は過ぎるんでしょう。
午後の診察は3時からですので、昼食もままならないんでしょう。

「すごい込んでいる}とは聞いていましたが、そのとおりでした。
まぎれもなく、世の中になくてはならない病院なんでしょうね。
自分自身も、そうありたいものだと思いました。



[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/25356311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2016-06-21 02:29 | アスパラ栽培 | Trackback