エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

夏真っ盛り

f0186462_00354511.jpg
f0186462_00354966.jpg
今日の田んぼ、きれいに出穂しました。
葉っぱも今のところきれいです。

f0186462_00355361.jpg
それにしても、暑い日が続きます。
日差しだけ見ると、秋のような澄んだ空気で、からっとしているのですが
日差しは強烈、朝のスタ-ト時点から30度超えです。

f0186462_00360480.jpg
相変わらず、雨が一滴も降りません。
近くでは、夕立が来たりしているのですが、吹上だけはことごとく避けられているようです。

ハウスとハウスの間も、雑草も生えず、まったく変わりません。
ちなみに、この間は、両側のハウスから50度以上の熱風が吹き出しています。

f0186462_00361264.jpg
f0186462_00361527.jpg
こちらもほとんど変わらず。

例年並みに、雨が時々降るような天候だと、雑草が背丈ほどになって、踏み入れることもできません。
(何もできていないので)
その点だけは、助けられています。

f0186462_00355782.jpg
f0186462_00360015.jpg
反対側の畑。
やっと耕せました。
後は、畝を立てておけば、雨が降って地面が湿ったら、種まきできます。

ナスのところだけは、潅水ホ-スで、24時間水を出しっぱなしです。
畑潅に感謝感謝です。
水道でこんなことをしたら、一日何万円とかかるでしょう。

もっとも、これだけ出しっぱなしでも、天水にはかないません。
一日10ミリでも降れば、これ以上に湿ってくれます。

もっとも、前面湿ったとしても、この気温では、秋野菜、播種できません。
発芽しないか、発芽したとしても、すぐに消えてしまいます。

早く、大根や葉物野菜など、食べたくなってきました。

f0186462_00360922.jpg
アスパラハウス、繁茂しすぎて、通路でも反対側が見えなくなってきました。
病気の心配もありますし、光合成量もさらに減ることになります。

f0186462_00360727.jpg
ということで、茎の整理と間引きをし始めています。
9月以降の収穫を念頭にしての作業です。

問題は、作業がなかなか進まないことです。
かなり手間がかかる作業ゆえ、一日に6時間作業できても2週間くらいかかります。

問題は、その間にも収穫作業(いいものがないのでほとんど切り捨てることが多いですが)
があり、それが3時間かかります。
今この暑さなので、ハウス内で仕事ができるのは朝10時までと、夕方5時以降になってしまい
収穫をしていると、一日に2時間ほどしかできません。

収穫をまったくせずに(それがどんどん伸びて余計に混み合います)この作業をするかどうか悩みどころです。
2~3日でも曇ったり雨でも降ってくれれば、一気に進むのですが・・・

こういうときのどうするかということは、どこのマニュアルにも書いていません。
こういうときの判断は、天候と作物の状況を見ながら、下すしかありません。

それにしても、今年の暑さは異常です。
例年、この時期だと午後三時半ころから、日差しも弱くなって、ハウスでも立って仕事ができるのですが
今年は、まだその時間帯だと50度近くを保っています。

いやはや、困ったものです。

(おまけ)


世界のがんです。

土地も空気も汚染されてだめ、水もだめですから、本来あの大陸では生きていけません。

こういうのも、日本ではほとんど報道されません。




水源地だけではなく、農地や山林、不動産まで、どんどん買われてしまっています。

土地は持って帰れないから大丈夫という人もいますが、果たしてそうでしょうか?

持ち帰る必要がないとすれば、どうでしょうか?

尖閣自体も、奪取の企ては30年以上も前から始まっています。
10年後、20年後に日本列島を日本自治区にしようと考えての動きと捉えても不思議ではありません。

軍事侵攻だけが侵略ではありません。
軍事力を使わない侵略がかなり進んでしまっているといってもいいでしょう。

そうなれば、わざわざもって帰る必要はありません。

世界的に見ても、きれいな自然がふんだんにあり、お金も技術も人的資源も世界トップクラス。
大陸を捨てて、こちらに移住したいと思うのは、自然なことです。

人をだますことばかり考えている民族ですが
もうすでにその段階は終わっています。

尖閣はもちろんのこと、沖縄も中国のものと公言していますし
農地や水源地の買収にしても、バックに中国資本がいるということを隠そうともしなくなっています。

相手側からすれば、この段階になっても、何もしない日本人が悪いということでしょう。
そのとおりだと思います。

真実が報道されないといっても、報道しないのは日本のメディアであり、そういう実態を知ったとしても
しかるべき行動をしないのは日本人自身です。

南シナ海を見ても、チベットやウイグルを見ても、日本の将来がどのようになるのか
たやすく理解できます。

大多数の国民が危機感を持ち始めたときは、もう手遅れ、そうならないようにしたいものです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/25705632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2016-08-27 01:39 | マスコミが報道しないこと | Trackback