エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

また、台風!

本日の露地畑です。
昨日まで、雨が降らず、8月のような暑さでからっからでしたが
台風を前に、雨も降り出したので、生き残ったものを植え替えています。

f0186462_00444669.jpg
ルッコラです。
f0186462_00444857.jpg
チ-マディラ-パ。
f0186462_00445283.jpg
タ-サイです。
f0186462_00445571.jpg
いずれも、昨年よりも大幅に遅れています。
f0186462_00450516.jpg
ハウスの反対側、やっとのことで、片付けも終わり、引き続いて耕うん、米ぬかを散布したところです。
この後、もう一回耕して、整地して耕します。

今回の台風の影響がどのくらいあるかわからないので、種まきは台風が通過したあとです。

f0186462_00451711.jpg
今日のアスパラ、一見するとかなり緑が回復し、芽が出始めるといいたいところですが

f0186462_00453114.jpg
f0186462_00453481.jpg
f0186462_00452871.jpg
f0186462_00452267.jpg
f0186462_00452530.jpg
仔細にみると、このような状況です。
主に、斑点病といって、葉っぱが落葉してしまう病気です。
落葉した葉っぱが、どんどん病気を広げます。

現状はこのような状況ですが、方向としてはいい方向に向かっているのかどうかですが
よくわかりません。

というのも、前回の台風の際に、ハウスを密閉して一気に広がったのですが
その後、涼しくなり、一時いい方向に向かいましたが
8月のような暑さがぶり返し、昨日までは少し悪化の方向
今朝見ると、少し改善といった状況です。

問題は、台風に備えて、ハウスをまたまた閉めなくてはならないかどうかです。
やはり蒸れますので、できれば閉めこみたくないのですが、明日の風雨の状況では
そうも言っていられないかもしれません。

なんとも、気が休まらない9月でした。

それでも、予報どおりであれば、台風も離れて通過しますので少しはほっとしています。
おとといの米軍の予報では、吹上町に上陸、それも予報円の中心を通れば
自宅とハウスの間を通る、最悪のケ-ス、強さから言えば
ハウス倒壊も・・・という、昨年よりも悪いシナリオで、落ち込んでいました。

前回の台風では、ここでは、さほどの被害はなかったものの、指宿や大隅半島のほうの被害は
大変なようです。
ハウスビニ-ルをはいだハウスさえ、やられたということで、40メ-トル前後の風が
4~5時間吹き荒れたとのことです。
鉄骨だけになったハウスが、倒壊するとは信じられませんが、継続的に吹き荒れれば
そういうものでしょう。

最も小さいパイプハウスの耐風限度が20メ-トル、そのもう一段階大きな
連棟ハウスが35メ-トルといわれています。
うちのハウスは、設計上45メ-トルですが、いずれも、ビニ-ルを張っていない裸の状態での話です。
ビニ-ルを張った状態だと、20メ-トルくらいで、破られますし、その過程で、鉄骨に負荷がかかって
倒壊することも十分考えられます。

前回では、指宿近辺、大隅半島のハウスは、半数以上が全滅とのことですが
本当に、他人事ではありません。

今回は、無事通過してくれることを祈るばかりです。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/26221040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2016-10-04 01:21 | アスパラ栽培 | Trackback