エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

着々と

f0186462_22362193.jpg
f0186462_22362869.jpg

冬草(冬の雑草)が一斉に発芽してきました。
例年、9月には出始めるのですが、今年は大幅に遅いです。
双葉は、ホトケノザ、真ん中に3つ横に並んでいる大きな葉っぱはツユクサ、これは夏草なので
これからあまり育ちません。
8月までなら、すぐに大きくなり繁殖力旺盛なので、厄介な雑草ですが
これからはあまり問題とはなりません。

ところが、ホトケノザなどの冬草は、生育適温なので、1週間もあれば土が見えないほど大きくなってしまいます。
雨でも降ればてきめんです。

ちなみに、この中には野菜の双葉はありません。

f0186462_22363007.jpg
f0186462_22362565.jpg
上の画像には一つ、下の画像には二つ、カブの芽があります。

こういう状態で発芽しますが、生育力は圧倒的に雑草のほうが上です。
あっという間に雑草に紛れてわからなくなってしまいます。

f0186462_22363754.jpg
そこで、こういう風に、鎌をもって、雑草の芽を掻いていきます。
もちろん、上のような状況ですから、両ひざをついて這いつくばるようにしないと、見分けがつきません。
1本に3時間くらいかかっています。

もちろんもう少し雑草も大きくなったほうが見分けやすいのですが、今度は芽を掻くというよりも
抜き取る作業になってきますので、さらに時間がかかり、そうこうするうちにも
野菜の生育が妨げられます。

何があろうとも、このタイミングでやったほうがよい作業です。

f0186462_22364184.jpg
いったん、このようにきれいにしてしまうと、水も肥料も効かせられますので
どんどん生育が良くなるという具合です。
逆の場合は、水も肥料も効かせると、雑草にすべて取られ、雑草の勢いがさらに良くなりますので
それができません。
どんどん生育が悪くなり、最後には雑草のみが生き残るということになります。

f0186462_22364407.jpg
ハウスとハウスの間も、育ってきました。

このままうまくいけば、11月上旬からはどんどん葉物野菜が採りきれないほどできてきます。
梅雨からこちら、野菜もアスパラも惨敗ですので、今度は収穫の喜びを味わいたいなあと
頑張っています。

f0186462_22365563.jpg
アスパラは、少し回復してきたようです。
新たに立てているものが育ってきたという側面もありますので
今年は、寒くなるのが遅ければいいなあと願っています。
(15度を下回ると光合成量が格段に減ってきますので)

1か月後、全ハウスこのような状態であれば、来春は安心できます。



[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/26466028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2016-10-18 23:06 | 野菜栽培 | Trackback