エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

明けましておめでとうございます

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

それにしても、三が日はぽかぽかと暖かく、雲一つない日本晴れ!
まさしく、仕事日和でした(笑)
午前中の拝賀式(集落の公民館で行われます。住民の集まりですが、こういう行事が行われているというのも田舎の良いところです。)
の後は、通常どおり、畑で収穫作業と管理作業でした。

f0186462_18085787.jpg
f0186462_18090574.jpg
f0186462_18090139.jpg
f0186462_18092286.jpg
その後は、長男が車で帰ってきたので、車の洗車とワックスがけ、洗車とワックスがけをしたのは何年ぶりでしょうか?
実はこの車、これから私が乗ることにした、SG5フォレスタ-です。
もう10年落ちで、12万キロ走っています。
燃費は悪いし、おまけにハイオク仕様、エンジンなども水平対向ですので、これからいろいろと手を入れることも出てきます。

外見はきれいですが、オイル管理なども万全ではなく(たぶん)メインテナンスの費用がかさむことになります。
12月に手放したティ-ダは、オイル管理なども神経質すぎるほどやっていましたし、燃費も倍以上伸びます。
車検も今年の9月でしたから、常識的には変える必要もなかったのですが・・・・

でも、この車に乗ってしまうと、車に乗ったり車いじりの楽しさを知っているだけに、往年の虫が騒ぎ出し・・・
という次第です。

何といっても、スバルの車は乗っていて楽しい!
今の日本のメ-カ-では、スバル以外には乗りたいとは思いません。

今まではどちらかというと、日産車の乗り継いできました。
トヨタもクラウンに乗りましたが、他は日産ばかりです。

でも、日産も、力を入れて作った車は、ティ-ダが最後でしょう。
どうも、外人が経営するようになると、ろくなことはありません。

ホンダも、昔はよかったですが、初代オデッセイあたりから、ちょこちょこっと小手先で作るようなものばかり
魂が感じられない車ばかりです。

それこそもう40年前になるでしょうか?
ホンダも全国にSFというさ-ビス拠点があり、どこで買ったホンダ製品でも、長く使えるような
部品供給体制でした。
高校のころ、ホンダの初代カブC100の不動車をもらったので、マフラ-を変えたり、ショックを変えたりして
いじったときのことです。
エンジンをばらして、シリンダ-を業者に頼んでボアアップ、当然、ピストンリングはオーバ―サイズのものが必要です。
その当時で、C100といえば、17年前の単車です。
いくら、ホンダの屋台骨を支えたス-パ-カブの1台目のモデルとはいえ、きれいに保存して乗り続けるようなモデルではありません。
そのうえ、ボ-リングしてまで乗ろうという単車でもありません。
ダメもとでSFまで行ったところ、当たり前のように部品がありました。

そういうメ-カ-だったんですね。
まあ今はどこのメ-カ-でもよるされないことでしょうが、どちらかというと、スバルだけはそのあたりのものづくりの魂が
いまだに連綿と受け継がれているように思えます。

それがあっての、現状の快進撃なんでしょう。

そのスバルでも、トヨタの資本下にある現在では、オ-バ-クオリティは許されません。
まだ、コストをふんだんにかけて作られた、この年代のフォレスタ-、30万キロまで乗ろうと思っています。
f0186462_18091252.jpg
f0186462_18091876.jpg
f0186462_18091512.jpg

で、こちらのサンバ-君もきれいにしてやろうかと、洗車後、フォレスタ-とともに
この正月、20回程度、ワックスを塗り重ねました(笑)

この車も、もう今となっては作られていない、富士重工製のサンバ-です。
希少な車ですので、これも30万キロまで乗り続けるつもりです。

(おまけ)
なるほどなあ、どのような業界も同じですね。
なんでも、経営方針次第です。



[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/27421699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2017-01-06 18:09 | 近況 | Trackback