エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

堆肥入れ開始!

f0186462_00043260.jpg
2回目のバ-ナ-焼き無事終了しました!
あとはしんどいだけで、大けがをする作業はほとんどないので、ほっと一安心です。

f0186462_00045039.jpg
こちらは早くも、翌年を見越して、もみ殻を入れ始めています。
f0186462_00044235.jpg
堆肥入れの準備です。
袋の中は米ぬか、堆肥に混ぜて散布です。
微生物が増安ことを狙っての、作業です。

f0186462_00044645.jpg
一つの袋に25キロほど入っています。
これだけで200キロほどあります。

f0186462_00045969.jpg
f0186462_00050300.jpg
いつものことながら、いい堆肥です。

f0186462_00045391.jpg

露地作物は、連日の霜でかなり傷んでいます。
このように晴れると、あっという間にとうが立ってきます。
f0186462_00043797.jpg
雑草もあっという間に、大きくなって、花が咲いて種がこぼれます。
翌年は今年の何百倍と増えてしまいますので、花が咲く前に片付ける必要があります。

f0186462_00045656.jpg
今年はありがたいことに、この耕耘機がありますので、ちょっとした時間があれば耕すことができます。
感謝感謝です。

(おまけ)


マティス国防長官が来てくれました。

韓国へは最後通牒でしょう。
もっとも、ブッシュジュニアの時にすでに韓国を見捨てることは決定済みのようですが・・・

次期大統領で、レッドチ-ム入りは確実でしょうね。

それにしても、E-4Bで来るか?!!ということですね。
この航空機、核戦争などの有事の際に、大統領はじめ、スタッフが乗り込んで、ここから命令を下すための航空機です。
もちろん、虎の子の航空機です。
横田でヘリに乗り換えたということは、完全に隣国は信用されていないということですし
今までのような、要人移動用の航空機で来なかったということは
「米軍は本気でっせ!」とのメッセ-ジでしょう。
(もちろん、あの国に向けて)

こういうところを見ると、少なくとも日本にとっては、ヒラリ-でなくてよかったということでしょう。
ヒラリ-なら、中国万々歳でしたので、アメリカの左翼メディア並びに、日本のメディアが必死になって
レッテル貼りをしています。

「日本のメディアが批判することは日本にとっていい動き」これを忘れてはいけません。

このマティス国防長官も、「人を殺すことは楽しい」という持論の狂犬だ!などと言われていますが
それは、発言の一部分だけを取り上げての印象操作です。

アフガニスタンで、司令官だった際に、女子供が何のいわれもなく
イスラム組織に、何万人と虐殺されたりすることをもって、そういう卑怯者を
わが軍隊が排除することは楽しいと発言したものです。

全くその通りです。
立派な軍人です。

トランプにしてもそう。
メキシコとの国境に壁を作るということが、あたかも排外主義者のように喧伝されていますが
そもそも、現在フェンスは設置してあるものです。
国境であるのであたり前です。

フェンスなので、簡単に破ることができる。
そこから、何十万人と不法移民が入ってくるわけです。
不法で入ってこなければならない方々ですので、そもそも、まともな人たちではありません。

違法なことを生業にしている方々ですね。
そして、メキシコの麻薬カルテルと言ったら、世界でも3つの指に入るほど危ない方々なわけです。
フェンスを破られるのなら、壁にすればいいんじゃね!というだけのことです。
その費用は、不法にそういう方々を出国させているメキシコが払え!
というだけの、至極当然な主張です。

アメリカ第一の思想では、世界はどうなるのか?
とかいう馬鹿もいますが、そもそも、アメリカの大統領ですから
アメリカの国益を第一に持ってくることは、これまた、至極当然のことです。
むしろ、他国のことを第一に考えるリ-ダ-であれば、そのほうが危険でしょう。

もっとも、日本では代々、他国の利益を(それも特定の)まず第一に置くリーダ-が戦後延々と続いてきましたので
そういうことが当たり前のように洗脳されてしまっていますが、ちょっと考えれば気づくはずです。

ともあれ、やっといい方向に世界が動いていますが
このままいけば、中国共産党は崩壊ですので、どうなりますやら?
歴史が教えてくれるところですね。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/27507222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2017-02-04 00:52 | アスパラ栽培 | Trackback