エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

明日か、明後日には

ようやく暖かくなり、昨夜から連続で、大雨になっていますが、今年初めての生暖かい夜になっています。

地温も徐々に上がってきているため、今回は間違いなく出始めると思います。
出ているアスパラの品質は、例年の2月下旬のものと同じです。

もっとも、もうハウスは開けているので、出方は緩慢になるかと思います。
明日か明後日の収穫状況で、今後の推移は多少判断できますので
明日か、明後日の夜に、特撰アスパラの再販売を開始します。

今年も、全国の料理屋さんからご注文が殺到しましたが
料理屋さんで、必要とされる2L以上の太物が劇的に少なく
あっても、超特撰で使ってしまうため、大半はお断りしています。

それでも、出たら送ってほしいとのご希望を数多くいただいていますので
(ありがたいことです)これから出てくるであろう、太物はほとんど
そちらのほうにお送りすることになります。

ほとんどが、この時期、何十キロとお送りするところばかりで
店のお客様も心待ちにしているとの声を聞きますと
「1回か2回はお送りしないとなあ・・・」という気持ちが強いので
超特撰ではなく、特撰だけの再販にしておきます。

もちろん、味など、品質の面は、超特撰と何ら変わりませんので
ギフトにもお使いいただけます。

よろしくお願いいたします。

f0186462_02164260.jpg
f0186462_02164746.jpg

箱バンのオイルを換えました。

先日、島根県から送っていただいた、オイルです。
このオイル、今までで最高のオイルでした。

自分がくるまを所有するようになってから、ほぼ30年以上ですが
何回、オイルを交換したでしょうか?

また、実家が個人タクシ-を営んでいましたので
小学生のころから、車の下にもぐって、整備の手伝いをさせられていました。
ですから、オイル交換も、回数でいえばセミプロ並みかもしれません。

どのような車でも、オイルを換えれば、音は静かになるし、なめらかになりますが
そういうレベルを超えた、なめらかさ、トルクの向上があります。
そもそもジョッキに注いだ時から、高品質な感じがするオイルで
大正解です。

やはり、こういう人の作るものというのは、その作り手に依拠するものですね。
食べるものももちろんそうですし、工業製品に至ってもそうです。

なんでも、手を抜こうと思えば、いくらでも手を抜くこともできますし
ごまかそうと思えば、いくらでもできます。
素人がちょっと見ただけでわかるようなものではありません。

でも、世の中うまくしたもので、そういうごまかしはいつかはメッキがはがれます。
素人にしても、作り手ではありませんが、その商品を使うプロでもあるわけですね。
ですから、「何か違う」というのは、必ずわかります。

例えば、野菜なら、食べたらその瞬間わかるものです。
それをごまかすために、広告があるわけですね。
「有名シェフ御用達」だとか「何々ランキング」とかですね。
そういうものに、惑わされないのが、小さな子供と動物です。

だから、私自身、「子供が喜んで食べた」とか評価をいただくと最もうれしいですし
同時に怖い存在でもあるわけです。

エンジンオイルでいえば、「F1で使われているオイル」とかですね。
大体、F1で市販と同じオイルを使っているわけがありません。
ちょっと考えれば、わかります。
もっとも同じメ-カ-のものだったとしても、その開発費用とか
膨大な広告費というのは、どこから来ているのか?

むしろ、そういう費用を賄うために、一般の製品はできるだけコストを下げて
数を売って、利益をねん出するということになるのではないでしょうか?

そういう考え方は間違っていないとも思えますし、世界中このような価値観が主流でしょう。
もちろん、ばれようがなんだろうが、コストは最小限にして、ごまかしばかりで製品を売り
利益を出す、ばれないうちにトンずらするという、民族もあります。

そういうのに比べれば、はるかにまともですが、そもそも、日本の価値観はそうではなかったはずです。
職人気質というものですね。
で、そういう職人を尊敬する民族だったはずです。
今は、金を稼ぐことが最もえらいという価値観が主流になってきましたが
それでも、まだまだ、自分の仕事に本分を尽くすことに価値をおいている人も多いわけで
そういう人を信頼して消費行動をするのが、もっとも賢いと思っています。

たぶん、一生、この人の作るオイルを使わせていただくことになると思いました。

(おまけ)













[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/27706486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2017-04-08 03:26 | アスパラ栽培 | Trackback