エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

立茎順調です。

f0186462_18251787.jpg
ハウスのサイドも全開にしました。
全くの夏仕様です。

先週末から3日ほどようやく南風になり、桜も満開
春らしい天候になりましたが、その後大雨
今日から、晴れましたが、またまた北風。
でも快晴で、さわやかな天候です。
f0186462_18252181.jpg
ハウス内はこのような状況。
立茎した株からの萌芽は一時的に止まりますが
立茎していない株は、まだ全体の半数以上ありますので
毎日引き続き収穫は行います。

f0186462_18252486.jpg
やはりまだまだ、養分が残っているようです。
立てたもんも元気いっぱい。
第一分枝(一番下の枝)がこんな上から出ています。

養分がなければないほど、地面に近いところから
出てきます。
一刻も早く、光合成をしたいからでしょう。

元気があればあるほどいいというものではなく、適度に疲れ始めたものを立てるのが理想的ですが
通常、この芽を立てるべきかどうか?
これを収穫してしまったら、次のいいものが出てこないのではないか?
など、いろんなことを考えながら立茎しますので、結構疲れますが
今年は、収穫してしまっても、まだまだいいものは出てくると思われますので
その点では、精神的に楽な立茎です。

ちなみに、理想的な位置、間隔で、理想的な茎を立てることができるかどうか
これが、今年の夏はもちろん、来年の春の収穫まで決定してしまいます。

今年はうまく立てることができるかどうか?
f0186462_18252835.jpg
全開にしていますので、最高気温は25℃前後
最低気温は、12~15℃
したがって地温は20度前後に収束と、立茎時としては
いい気象条件です。

萌芽量を増やすには、もっと温度と湿度が必要ですが
立てた親茎がいい状況で伸びることを最優先にしています。

(おまけ)







[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/27739729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2017-04-19 19:16 | アスパラ栽培 | Trackback