エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

台風対策!

「台風も、来るなら来る・・・」と書いたとたんに、こちらに進路を振ってきました~002.gif

「じゃあ、行ってやろうか?」みたいな感じですよね。
ブログ、呼んでくれているんでしょうか?

どうも今年は、最後まで天候に泣かされる年みたいですね

ホント、近年は台風も大型化、強力化しています。

鹿児島で農業をしていると、台風被害は逃れられないものです。

毎週のように台風が襲来した2004年は大変でした。

この年は、3月にハウスを建て、アスパラを定植したんですね。
アスパラは、定植して、3年くらい経たないとまともな収穫がないのですが
収穫直後に、何か障害があると、その後の生育が、うまくいかないんです。


5月下旬から、毎週のように台風襲来
そのうち3回は、直撃です!

50メ-トル近い風が吹いたことも、2回ほどありました。

台風は進路によって風の強さがまったく違うので
対策方法の決定はぎりぎりまで遅らせます。

ハウスを密閉することが多いのですが
この時期、ハウスを密閉すると湿度が以上に高くなり
病気が蔓延するんですね。

その上、少しでも日がでると、ハウス内は50度以上!
これで、アスパラはいっきょに弱ってしまいます。

暴風圏内に入るか入らないかが分かる、1~2日前から
対策準備、台風がいった後は、すぐにハウスを開けねばなりません。

f0186462_039658.jpg
これはハウスの上です。
長さ、52メ-トル、5本ありますが、両側のビニ-ルを留めていきます。
このとき、風速は20メ-トルほど吹いていましたので
よろよろしています。

f0186462_0393059.jpg
ハウスの両端です。
ここは、まだ風の弱い間に、留めて回ります。

f0186462_0402425.jpg

台風の目の中に入ったときに、点検のためにハウスにi行った際の写真です。
写真をとっている場合ではないのですが・・・
台風の目の中とはいえ、風で、ビニ-ルがめくれそうになっています。

見事にスプリングが吹き飛ばされていました。
このスプリング、留めるのに、結構力が要ります。
ハウス全部で、合計2000本以上留めますので。
指先が腫れあがってしまいます。

この年は、週末ごとに来ましたので
ほぼ、2ヶ月は、毎週木金にスプリング留め、
月曜日に「また、2~3日後に、留めるんだなあ」と情けなく思いながら
スプリングはずしの毎週でした。

そのおかげで、大した被害もなかったので
やっぱり、努力は報われます。

f0186462_0415657.jpg
これは、別の小型のハウスです。
大型のハウスほど、対策ができないので
一発目の台風で、このように・・・

大の大人、10人で引っ張ってもこのようには出来ません。
いやはや、自然の力は凄いものです。

この様になると、中のアスパラは、その年ほとんど収穫できず
翌年まで、その影響を引きずります。
(毎年、植え替えが出来る作物ではないのですね)

東シナ海を北上すると、ここ吹上ではもっとも
恐れる事態になります。

家にいても、家が揺れるほどですから
ハウスのことが木になって仕方ありません。

ハウスの中に泊り込んだことも・・・
(怖いですよ~)

台風のときによくありますよね。
「田んぼの様子を見に行った、ご老人が水路に流された」
などという話が・・・

農家になる前は
「そんな、台風のときにわざわざ外にでるなよ!
まして、お年寄りが・・・」
などと思いましたが、今は、その気持ち、ホント分かります。

作物は、子供なんですね。
見に行ったところで、何が出来るわけでもないですが
やはり、心配で心配でたまらないんですね

とにかく、私のところも、アスパラと、露地作物大切なときなんですが
日本全国、さあこれから、収穫という時期です。
被害がでないコ-スをたどってくれることを祈るばかりです!

あっ、そうそう、2日前の「花の写真」
なんだか分かりましたか?


正解は、ニラでした~

結構、きれい花でした~

本日は、嵐の前の・・・でしょうか?
全くの無風です。
明日は、早朝から、本格的に台風対策です。

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/9101406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2008-09-18 00:44 | アスパラ栽培 | Trackback