エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

ほ~っ!!台風通過!


いや~!よかった、よかったです001.gif

勢力が、強くなりましたが、少し東にそれてくれたので
暴風圏からはずれ、そうたいした風雨でもなく
(とはいっても20メ-トルくらいは吹いていましたが)
収まりつつあります。

f0186462_1840843.jpg
心配していた、露地野菜も吹き飛ばされることなく
モロヘイヤ、オクラもあと10日ほど収穫できるでしょうし
秋茄子も、どんどん大きくなると思います。

また、数日前から、植え始めた、秋野菜やネギも
大丈夫です。

f0186462_18404021.jpg

最も心配な、アスパラのハウスも、何の損傷もなく
無事でした。

このハウス、風速50メ-トルまで耐えられるということなんですが
隙間から、少しでも風が入り、バタつきだすと、ビニ-ルは吹き飛び
ハウスも壊れてしまいます。

そんな事態になったら、数千万円の損害ですので
即、廃業ということにもなりかねません。008.gif

ビニ-ルがばたばたとしないように
大型の換気扇で、中の気圧を下げています。
ビニ-ルが、ぴったりと張り付いている様子がわかるでしょうか?

でも、台風となると、お決まりの停電があります。
都会と違って、こちらでは、停電となると、半日停電
ということも珍しくありません。

山の中とか、電線が通っているので、仕方ないですよね。

で停電になったら、どうなるか・・・

多分、30分と持たないですね。

そこで、以前お見せした、スプリングで固定しまくる
(これだけでも、2~3時間で危なくなります)
と同時に、ガソリン発電機を借りてきます。
(夜店の屋台などで使っている、あれです)

「もう暴風圏内に入るなあ」というときに
発電機にすべて、切り替えてしまうわけですね。

ところが、発電機なので、ガソリンがなくなると、止まってしまう。
8時間ほどしか、もたないので、発電機に切り替える
タイミングを考えねばなりません。

停電になるような場合は、自動車も走れない状況になり
ガソリンを補給しにいけなくなりますから・・・

以前一回、夜11時頃に、ガソリンを補給しに行って
帰れなくなったこともあります。

この様に、台風常襲地域では、農林漁業の従事者は
猛烈に忙しくなるんですね。

鹿児島では、収まりましたが、今後台風の進路に当たる
ところでは、大変かと思います。057.gif

ちょうど収穫時期にあたりますので
被害がでないことを、心から願っています。

明日から、久しぶりに雨も上がりそうです058.gif
いろいろ作業が出来そうです049.gif

[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/9106938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2008-09-18 18:43 | アスパラ栽培 | Trackback