エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

とんでもない、ガストロバック!

ここ2、3日本当に暖かいですね。
やっぱり、異常気象で今年も終わるんでしょうか?

アスパラも休眠に入ったと思ったら、すぐにたたき起こされるようなもので
あまり良くない気候ですが、葉物野菜にとっては、いいことです。

予定どおり、30セット、きちんと送れそうです。
(当たり前か!)
多分、また、若干追加でいけそうです。

では、昨日の続きを・・・

お招きに預かりましたので001.gif
夜、池畑さんと、CAINOYAに。

またまた、「いいんでしょうか?」と思うほど、豪華な食事です。
中でも、数日前に導入したという「ガストロバック」なる
調理器具で料理したものは、圧巻です005.gif

f0186462_22203185.jpg

これが、ガストロバックなる機械です。
減圧して、材料に味をしみこませやすくするそうです。
世界的にも、すごい料理人しか使っていないそうで
料理界でも、話題沸騰の最新鋭に調理器具だとか

f0186462_22211279.jpg
f0186462_22213234.jpg
f0186462_22215277.jpg

これで、野菜を調理すると、この通り
見てください005.gif
この半透明に透き通った、野菜たち。
25度で調理しているので、食感は、まったく生!
でも生の青くくささは、ありません。
ちゃんと、火が通ったような、なんとも不思議な野菜です。

イチゴも、外見だけ見ると、加熱しているような・・・
でも、まったく生の食感です
ポルト酒(だったか?)なんか味が含ませてあります。

この機械、日本でもまだ数台しか、入っていないそうです。
なので、使いこなしのノウハウなどは、パイオニアとして
今から作り上げていかなければならないとか。

素材の良し悪しが増幅されるような機械らしいので
使っている素材の良さと、使いこなしの腕が問われるんでしょう。

農業も同じですね。
同じような環境で、同じ資材を使っても
出来が異なります。

どんな、器具を使おうが、要は
いかに、愛情とプライドを持って、命がけで
仕事に打ち込むかということなんでしょう。

その点では、塩澤シェフも同じような考えを持っていらっしゃいます。

f0186462_2223790.jpg
f0186462_22233129.jpg
f0186462_22235131.jpg


他にも、美味しい料理や、すばらしいワインをいただきました。

「おお~!吉野家23日まで安いじゃん!」的な人間なので
料理の説明などは、ぜひ、塩澤シェフのブログで。
なんか、これ以上書くと、馬脚ですので(笑)


ところで、個人的には、春からのアスパラ、白アスパラ
どんな味になるんだろうか?とすっごく、楽しみです!!

半透明で、食感は生、味が凝縮した春アスパラ・・・・
すごいことになりそうです.

(一応、アスパラ百姓なので、アスパラの味は良くわかります  笑)

多分、うちの春アスパラ、日本で一番美味しい料理として出してもらえる
リストランテです。(他にも、超有名店にも出してますが)

春はもちろん、グルメな方も、そうでない方も
一度、食事に行ってみる価値ありです049.gif

CAINOYA892-0853 鹿児島市城山町2-11 照国宮前通り ドルチェヴィータB1F
             TEL / FAX 099-223-5277

ところで、池畑さん、帰りの車の中で、感動しきりでした!

65歳を過ぎていらっしゃいますし、イタリアンなんかには縁のない、普通の百姓です!
(私も同じです。もう少し、若いですが・・・・)

「料理は芸術だねえ!」という意見でした。

「塩澤さん、ご馳走様でした!」058.gif


[PR]
トラックバックURL : http://nizaemon.exblog.jp/tb/9888269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2008-12-12 22:29 | 食べること | Trackback