エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

カテゴリ:近況( 51 )

洗練された

今日は、ようやく春らしい陽気です。

もっとも、この時期、鹿児島では関東の7月初旬の陽気が普通なんですが・・・
ともあれ、朝から夜までずっと半袖で過ごせたのは、今年になって初めてです。

f0186462_22222768.jpg
f0186462_22223382.jpg
長男が、新しいインプレッサで帰省してきました。

今度のインプ、爆発的に売れているようですね。
なるほど、いい車です。

f0186462_22223862.jpg
新旧そろい踏み、もっとも、旧式なのはフォレスタ-ですが・・・

インプレッサ、非の打ちどころがないほど、完成されたように思いました。
というか、洗練されていて、いわゆる普通の車のようです。
もっとも、運動性能などは、水平対向、AWDなので、スバルらしい乗り味ではありますが
普通の車?から乗り換えても全く違和感がないようになっています。

それに比べると、旧式のフォレスタ-は、乗った瞬間から、もうスバルの車といった感じで
エンジンそのものからして、長年熟成されてきた、EJ20型ですので
好きな人にはたまらないものになっています。

洗練されるというのがいいのか悪いのか?
少なくとも、いいことばかりではなさそうに思えます。

もっとも、商売的にはより売る必要があるので、こういう進化も仕方のないところでしょう。

洗練というと、「土屋鞄」も、洗練されすぎましたね。
次女と話していて、長男のランドセルはまだあるかという話になり・・・

そういえば、長男のランドセルは、わざわざ加須から足立区まで車で買いに行ったなあと
懐かしく、思い出されました。
改めて、サイトを見てみると、まあ洗練されたこと、洗練?されたこと・・・

ランドセルだけではなく、財布から鞄に至るまで、いろいろと購入しましたが
ここのものは、全く外れたことがありません。

もっとも、財布に入れる紙幣もなくなってしまいましたし(涙)
鞄といっても、行くところは、ハウスと温泉だけですので、全く必要がない生活です。
ですので、もう購入することもないとは思いますが、いいお店だったんですね。

長男のランドセルを買ったのは、もう15年以上前になるでしょうか?
そのころは、本店といっても、工場の横に併設されたプレハブ小屋のようなもので
確か、「工房」とも言っていなかったように思えます。

ランドセルにはすごく思い入れがある作り方をしているというので
行ってみたんですが、なるほど、それが確信できるような接客でした。

その後の店舗展開でも、「いい店舗展開だなあ」と感心していました。
確か、次に出したのは鎌倉だったような・・・

久しぶりに、見てみたら(とはいっても、メルマガが来ているんですけどね)
まあ、何と言うか、洗練されすぎたというか、「意識高い系」御用達のような
何だか、つまらない企業になってしまったように、個人的には思います。

なんでも、道具にはこだわるほうですが、いかにも「こだわっています」というのは
嫌いなんですね。
物作りに限らず、自分の職業にプライドをもって本分を全うしている人のものを
使わせていただきたいと思うわけです。
概して、そういう人は、自分から売り込んだり、多店舗展開したりということはありません。
必ず、嘘っぽくなってしまいます。

ですから、以前紹介した、人吉の鍛冶屋さんにしても、島根のオイル屋さんにしても
全く有名ではないです。
でも、こういう人のものというのは、知る人ぞ知るで、コアなお客様で経営が成り立っているんですね。

うちもそうありたいなあと、思うわけです。
だから、ある時から、楽天も退店しましたし、テレビにしても今後は原則として断るような方針です。
今年も、数多くの有名な料理屋さん、料理人の方から、購入希望のご連絡をいただきました。
ありがたいことです。
しかし、もう手一杯なので、すべてお断りしています。
もっとも、今年の春はこのような状況だったので、本当にお断りしていて
よかったなあと思います。

今後何年、農業ができるかわかりませんが、規模縮小はあっても、規模拡大はないだろうと思います。
本分を全うして、人生を終わりたいなあというのが本音です。

(おまけ)





日本破壊協会ですね(笑)


普通にテロリスト、線路に石を置くよりも悪質、危険でしょう。
また、米軍に対するテロですので、早くテロ団体指定をすべきでしょう。
子供を盾に・・・よくやる手です。





[PR]
by chikomomorara | 2017-05-05 23:37 | 近況 | Trackback

エンジンオイル

エンジンオイルの続きです。

ごちゃごちゃと素人が言うよりも、こちらを読んでもらったほうが話は速いです。

なんでもそうですが、製品は作り手によってその品質が決まります。
さらに言うと、その作り手の方向性、経営方針、さらには、人間性というところで決まってくるのではないでしょうか?

もちろん、個人経営で作れないものも多い。
工業製品なんかは、ほとんどそうでしょう。
自動車を作れと言っても、今の時代ではもう無理でしょう。

ですが、工業製品にしても、その企業の姿勢によって、できるものが大きく違ってきます。
企業である以上、利益を追求するのは当然ですが、公器たる企業に求められるものは多くあるはずです。
それらのバランスをどうとるかによって、変わってくるものです。

話は戻って、エンジンオイルの場合、ベ-スオイルにいろんな添加剤を配合して作られます。
ベ-スオイルにしても、中東産、アジア産、欧州産、米国産とさまざまあるわけですが
もっとも多いのが、中東産ですが、高品質でエンジンオイルに向いているとされているのが米国産らしいです。
ですから、米国内では高品質なオイルが安く販売されています。

余談ですが、アメ車のエンジンはまだ形式が古いものがあり
いまだに、OHVのエンジンもあります。
OHCであっても、オイルが悪ければすぐに具合が悪くなるという車が多いようです。
これはいくらでも、いいオイルが入手可能なことによるものでしょう。

何をもって、「高品質とするか?」というのも、メ-カ-によって、様々あります。
ベ-スオイルに添加剤を配合して・・・と書きましたが
品質のいいベ-スオイルというのは、やはりある程度コストがかかるものです。
ですが、ベ-スオイルがいいと、添加剤も必要最小限の量で作ることができますが
悪いとその反対です。

料理なんかと同じですね。
材料がいいと、調味料や調理自体は少なくて済みます。
例えば、魚でも、鮮度がいいと、刺身で食べることができ、使う調味料は、塩やしょうゆを少々です。
一日たてば、焼き魚、使う塩も増えてきます。
さらに鮮度が落ちれば、煮物などにします。(鮮度が良くても煮物にもしますが)
その場合、みりんや酒なども必要になりますね。

また材料の基本となる、水自体がうまければ、これはもう向かうところ敵なしですね。
オイルもそれと同じで、ベ-スオイルの質が悪ければ、添加剤に頼るしかありません。
またその添加剤も、品質はピンからキリで、何を配合して、どこにどれだけのコストをかけるかは
経営方針次第でしょう。
また、そのメ-カ-が油田を持っているかどうかなどによっても変わってくるようです。
自社で油田採掘権を持っていれば、よいベ-スオイルはまず自社で使うでしょうし
なければ、購入するしかありません。
その場合、企業としてはベ-スオイルのコストは削り、そこのところは
添加剤で補うという方向に行きがちなのは当たり前です。

仮にベ-スオイルの品質がある程度悪くても、添加剤次第では、ある程度までごまかせるようですね。
ただ問題は、ベ-スオイルそのものよりも、添加剤のほうが劣化する速度は速いということです。

劣化した添加剤は、いろんなことで悪さをするようになります。
エンジン内部に、カ-ボンとして付着したり、シ-ル材を傷めてしまったり・・・

また、何キロ走行したら劣化するかというのも、一概には言えません。
例えば、オイルにとって最も過酷なのは、冷えたところから少し温まって、また冷える、というような使用状況です。
連続して何時間も、稼働するというのは、エンジンオイルにとっては好ましい使用状況です。
また、エンジンが少し温まって、とめられると、シリンダ-内に水分が発生し、それが蒸発しないと
オイルに混ざったりと、オイル自体の劣化に拍車をかけたりします。

ですから、毎日連続して200キロくらい走っている車よりも、10キロくらいしか走らない
それも、何度もエンジンを止めて・・・というほうが、はるかに傷みも早いものです。
ちなみに、昨今の車に搭載されている「アイドリングストップ」これはよいことは一つもないでしょうね。
たぶん、オイルの傷みは速いでしょうし、エンジンにとってもよくない。
セルモ-タ-の傷みも早いでしょうし、バッテリ-の消耗も早いでしょう。
よいことは、少し燃費が伸びることくらいでしょうか?

ですから、何キロ走ったら・・・というのは一概には言えないでしょうが、少なくとも
安いオイルの場合は、3000キロくらいで交換するのがリスクは少ないでしょう。

なぜなら、添加剤は安いものでは、そのくらいの普通の使用状況で劣化し始めるといわれているからです。
まあ、昨今の車にあるように、メ-カ-推奨の1万キロ交換までは持たないのは確かなようです。
もっとも、そういう使用状況であっても、オイルも機械もすぐに壊れてしまうということはないでしょう。
まあ、10万キロ前後までは、不具合が顕在化するところまではいかない。
今の日本では、6~7万キロも走れば、乗り換えることになりますから
何も問題はありません。
それこそ、メ-カ-にとっては、10万キロくらいでいろいろと不具合が出てきてくれたほうが
都合がいいかもしれません。

オイルメ-カ-からすれば、5000キロ走ってかなりオイルが劣化したとしても
それによって、走行不能になるわけはありませんし、添加剤自体が悪さをするといっても
10万キロくらい走って、エンジンを開けてみて初めて分かるもので
何の問題もありません。
(悪い食生活をしていても、生活習慣病などになって初めて分かるのと同じです。)
それこそ、劣化が早ければ、オイル交換をして、新しいオイルの効果がよくわかるといった点では
かえって、販売促進につながるかもしれません。

これもよくある話ですが、「安いオイルを頻繁に換えるのと、高いオイルを長く使うのとどちらが良いか?」
やはりリスクという点では、高いオイルを使ったほうが安心できるでしょうか?

最も好ましいのは、ある程度品質の良いオイルを、3~5000キロくらいで交換するというのが
一番いいのかもしれません。
ただ、高品質なオイルというのは、どう判断するか?
ここが難しいところです。
無難なのは、純正オイルをメ-カ-推奨の半分くらいで交換。
これでしょう。

ただ、うちの場合、両方とも10万キロ以上走行しています。
そのうえ、これからさらに10万キロ以上乗りたいと思っています。
そして、どちらも、毎日ほとんど10キロ前後の走行で
完全にエンジンが温まる前に止めてしまうという使用状況です。

さらに、片方は、よりオイル管理が必要とされるタ-ボ車・・・
となれば、かなり良い管理をする必要があります。

よいベ-スオイルを使っているメ-カ-とかは
ある程度、推測できますが、いろいろと探っているうちに、たどり着いたのが
このお店なんですね。

このお店です。
なんか、されていることが、うちとよく似ているなあ・・・と思ったわけです。
もちろん、オイル交換をしたわけではないので、まだわかりませんが
この人の作るオイルなら、信用できるんではないかなあ?と思いました。

たぶん、じわじわと良さがわかってくるような結果になるのではないかと
今から楽しみです。

ちなみに、同品質以上ののオイルを依頼して交換してもらうのと比べれば
たぶん3割くらいのコストになるのではないかと思います。



[PR]
by chikomomorara | 2017-03-19 02:47 | 近況 | Trackback

MISIA

「MISIAって知っていますか?」って言われてしまいました(笑)

知っているも何も、ここ15年ほど、車の中では「MISIA」か軍歌しか聞いていませんし
家に帰っても、MISIA以外に聞くといえば、セカオワくらいです。
CDはもちろん、DVDもほとんど持っていますし・・・

この会話、毎週、木曜日に野菜をもっていっている料理屋さんでの会話でした。
5月下旬にアスパラはあるか?とのことで、たぶんあるでしょうという返事。

「100名くらいの量なんですけど、だいじょうぶですか~?」
「まあ、そのころなら、夏アスパラ出始めているし、たぶん大丈夫でしょう。
40キロでも50キロでも大丈夫ですよ~  (笑)」

「で、何かイベントでもやるんですか~?」

「MISIAっって知っていますか?
5/27から二日間、仙巌園で世界遺産記念のライブをやるんですよね。
そこで、開演前に、キャンドルテ-ブルとかで、食事をするんです。
その、食事で、ぜひアスパラを使いたいなあ・・・」

という話です。

これはもう、なんとかアスパラを出ているようにしないとなあという次第です。

その料理屋さんとは、長い付き合いですし、昨年末なんかは、サプライズでおせちをもってきてくれたり

f0186462_00443863.jpg

おかげで、今年の正月は豪華な正月を送れました。

持っていく野菜も、ある時は、ごみ袋に4つや5つくらい持って行ったりと、気の置けない関係なんですが
さすがに、60前のオッサンが、MISIAキチガイとは思わないでしょう(笑)




いつもはこんなんですから・・・(笑)


少し柔らかくなって、この程度(笑)




でもこれも、私の中では、共存してるんですね。
軍歌からMISIAまで・・・、というか、軍歌とMISIAだけですが(笑)

この世の中で、自分の作ったアスパラを、お願いしてでも食べていただきたいと思うのが
天皇陛下とMISIAだけ、これは本当に思っていますが・・・。
(前にも書きましったっけ)

今、MISIAは体調不良で静養中なんですね。
早く、健康になってほしいなあと願っています。








[PR]
by chikomomorara | 2017-03-19 01:09 | 近況 | Trackback
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

それにしても、三が日はぽかぽかと暖かく、雲一つない日本晴れ!
まさしく、仕事日和でした(笑)
午前中の拝賀式(集落の公民館で行われます。住民の集まりですが、こういう行事が行われているというのも田舎の良いところです。)
の後は、通常どおり、畑で収穫作業と管理作業でした。

f0186462_18085787.jpg
f0186462_18090574.jpg
f0186462_18090139.jpg
f0186462_18092286.jpg
その後は、長男が車で帰ってきたので、車の洗車とワックスがけ、洗車とワックスがけをしたのは何年ぶりでしょうか?
実はこの車、これから私が乗ることにした、SG5フォレスタ-です。
もう10年落ちで、12万キロ走っています。
燃費は悪いし、おまけにハイオク仕様、エンジンなども水平対向ですので、これからいろいろと手を入れることも出てきます。

外見はきれいですが、オイル管理なども万全ではなく(たぶん)メインテナンスの費用がかさむことになります。
12月に手放したティ-ダは、オイル管理なども神経質すぎるほどやっていましたし、燃費も倍以上伸びます。
車検も今年の9月でしたから、常識的には変える必要もなかったのですが・・・・

でも、この車に乗ってしまうと、車に乗ったり車いじりの楽しさを知っているだけに、往年の虫が騒ぎ出し・・・
という次第です。

何といっても、スバルの車は乗っていて楽しい!
今の日本のメ-カ-では、スバル以外には乗りたいとは思いません。

今まではどちらかというと、日産車の乗り継いできました。
トヨタもクラウンに乗りましたが、他は日産ばかりです。

でも、日産も、力を入れて作った車は、ティ-ダが最後でしょう。
どうも、外人が経営するようになると、ろくなことはありません。

ホンダも、昔はよかったですが、初代オデッセイあたりから、ちょこちょこっと小手先で作るようなものばかり
魂が感じられない車ばかりです。

それこそもう40年前になるでしょうか?
ホンダも全国にSFというさ-ビス拠点があり、どこで買ったホンダ製品でも、長く使えるような
部品供給体制でした。
高校のころ、ホンダの初代カブC100の不動車をもらったので、マフラ-を変えたり、ショックを変えたりして
いじったときのことです。
エンジンをばらして、シリンダ-を業者に頼んでボアアップ、当然、ピストンリングはオーバ―サイズのものが必要です。
その当時で、C100といえば、17年前の単車です。
いくら、ホンダの屋台骨を支えたス-パ-カブの1台目のモデルとはいえ、きれいに保存して乗り続けるようなモデルではありません。
そのうえ、ボ-リングしてまで乗ろうという単車でもありません。
ダメもとでSFまで行ったところ、当たり前のように部品がありました。

そういうメ-カ-だったんですね。
まあ今はどこのメ-カ-でもよるされないことでしょうが、どちらかというと、スバルだけはそのあたりのものづくりの魂が
いまだに連綿と受け継がれているように思えます。

それがあっての、現状の快進撃なんでしょう。

そのスバルでも、トヨタの資本下にある現在では、オ-バ-クオリティは許されません。
まだ、コストをふんだんにかけて作られた、この年代のフォレスタ-、30万キロまで乗ろうと思っています。
f0186462_18091252.jpg
f0186462_18091876.jpg
f0186462_18091512.jpg

で、こちらのサンバ-君もきれいにしてやろうかと、洗車後、フォレスタ-とともに
この正月、20回程度、ワックスを塗り重ねました(笑)

この車も、もう今となっては作られていない、富士重工製のサンバ-です。
希少な車ですので、これも30万キロまで乗り続けるつもりです。

(おまけ)
なるほどなあ、どのような業界も同じですね。
なんでも、経営方針次第です。



[PR]
by chikomomorara | 2017-01-06 18:09 | 近況 | Trackback

洗濯機

f0186462_00100140.jpg
かれこれ10年以上使っている洗濯機、半年前くらいから異音がするようになり、振動も激しくなっていたので
ひっくり返してみてみました。

案の定、Vベルトがやせてスリップしかけているようだったので、外して新品に交換です。

f0186462_00095735.jpg
上が新品、下が10年以上使用していたものです。

見てみると、自動車でつかっているVベルトなどよりも、はるかに傷みが少ないです。

もう10年も使っているのだから、そろそろ寿命かなあなんて思っていたのですが
よく考えてみると、毎日使っていたとしても。稼働時間は車の比ではありません。

モ-タ-にしても、同じ10年でも扇風機なんかのほうが稼働時間数は多いかもしれません。
まだまだ使えそうですね。

交換作業も、車のファンベルトの交換に比べても、はるかに簡単。
ただ、このVベルト、M-20.2などという、汎用品にはない規格です。
M-20なら汎用品にありますが、0.2長いというのは、あえてそういう風にしているのかもしれません。
こういうところは、あこぎですね。

使っているうちに伸びるものですし、プ-リ-に嵌ってテンションさえかけられれば
十分使えるはずとよんで、M-20に交換しましたが
難なく使えています。

新品のころのように静かになりましたので、これで少なくとも5年は使えるでしょう。

交換の部品代、650円!交換時間、約15分!

あとは、タンクの黒カビがすごいはずなので、これまた定評のある、過炭酸ナトリウムを購入して清掃です。

資金難で、年を越せるかどうかという状況なので、とりあえずはよかったよかったです(笑)

(おまけ)


毎日新聞、やってしまいましたね!
言論機関が、言論封殺、それもスラップ訴訟をちらつかせての恫喝
おまけに、その隠ぺいを図る・・・・

これはたぶんただじゃあ済まないでしょう。


この真実を知ったら、すべての日本人は激怒するはずです。


オスプレイの事故、これまた案の定、反日組織は大喜びですね。
前々から、オスプレイ堕ちろ堕ちろとやっていた自称平和団体も
大喜びでしょう。

オスプレイの配備で最も困るのは、中国共産党
もっとも得をするのは、日本国民です。
抑止力が断然違いますから

そもそも、軍事訓練はぎりぎりのところまで命を懸けて行うものです。
(上の動画でもわかります)

日本国民としては、命を懸けて訓練をしている海兵隊に敬意を払うべきなのではないでしょうか?
もちろん、訓練に伴って、近隣住民のリスクも高まります。
だからこその、辺野古への移転なのではないでしょうか?

米軍基地があることによるリスクを重視するのか
あるいは、沖縄から米軍が撤退して、人民解放軍が侵略してくることを選ぶのか
どちらかですね。

後者の場合は、チベットや東トルキスタンの例を挙げるまでもなく
数百万単位の命が奪われることになりますし
その十年後には日本列島は、日本ではなくなっているでしょう。


[PR]
by chikomomorara | 2016-12-17 01:05 | 近況 | Trackback

合掌・・・

毎年、米つくりでお世話になっている、福留さんが先日、お亡くなりになりました・・・

新規就農の時には、役場の農林水産課の係長で、その後、農業公社で研修の一年間は公社の局長
そのまた後には、毎年、米つくりで、作業をしてもらっていただけに、関係も深い方でした。

実は、年齢も同じで、今年の稲刈りの際には、1年半後の定年後の農作業専念を楽しみにしていらしただけに
残念至極、ショックです。

ご冥福をお祈りいたします。
合掌・・・

私自身も、健康には留意しないととは思いますが、やはりこういうのも運命なんでしょうか。
いつお迎えが来ても、後悔しないように、一日一日、天分を全うしていきたいと改めて思う
1週間です。


[PR]
by chikomomorara | 2016-11-30 00:01 | 近況 | Trackback

けっこうやばいかも

台風10号、結構やばいかもしれません。

昨年は全く同じ時期に、台風が来襲し、久しぶりに大きな被害を経験しました。
鹿児島では、50年位前に、高圧電線の鉄塔が軒並み倒れるなど、すごい台風が来ていたようですが
昨年の台風はそれに匹敵するか、それ以上ということでした。

幸い、ハウスの被害は軽微だったものの、家の周辺では、木が軒並み折れ、当然、電線もいたるところで寸断
吹上町内全域で復旧したのは、1週間後という状態でした。

今日は、夜9時ころから、かなりの強風が吹くようになってきました。
台風からこれだけ離れていて、6~7メートル(たぶん)の強風が吹いているというのは
今までになかったことです。
昨年の台風でも、奄美大島あたりの距離になってからこのくらいの強風でした。

今回の台風10号は、それからすると、かなり危険かもしれません。
備えあれば憂いなし、十分気を付けてください。

今回の台風、雨よりも風に注意かもしれません。

(おまけ)


こちらも、備えあれば患いなしです。

状況に合わせた備えをすることが抑止になる。当たり前です。

国防は最大の福祉、福祉を充実したければ、まずは国防からです。
(国が滅んでしまったら、介護も年金もへったくれもありません。)

せめて、現在の3倍は必要ではないでしょうか?
お金で、戦争が回避できるのなら、こんなに安上がりなことはありません。



[PR]
by chikomomorara | 2016-08-29 00:08 | 近況 | Trackback

近況

f0186462_20400156.jpg
アスパラ用の肥料が届きました。

春アスパラのお礼肥みたいなもので
今回も、有機肥料を使います。
肥料として、この肥料と、1月に使った、アグロペスカとの混合です。
f0186462_23394738.jpg

f0186462_20400500.jpg
昔ながらの肥料で、いい感じです。

品質が悪ければ、50年以上も作り続けられないでしょう。

これで、さらに槌がよくなって行くことを期待しています。
こういう肥料は、何しろ散布していてもおいしそうなにおいがします。
春にアスパラもがんばってくれたので、このあたりでアスパラにもご馳走をと思います。

f0186462_20400941.jpg

f0186462_20401103.jpg

f0186462_20401429.jpg
ハウス内のきゅうり。
今年はうまくいきそうです。

普通の営業用のように、何ヶ月も作り続けないので、無理せず元気なときだけ収穫できればいいなあと
思っています。

インゲンと、きゅうりができ始めれば、新たに野菜セットを販売しようと思います。

f0186462_20401729.jpg
スナップが太り始めました。

f0186462_20402040.jpg

f0186462_20402394.jpg
ソラマメも順調です。
空に向かってできるから、ソラマメです。

f0186462_20402647.jpg
ナスも活着したようです。
昨年もこの少し後の段階までは絶好調でしたが、その後の2ヶ月にわたる梅雨と
そのあとの猛暑、コナジラミ(害虫)の攻撃で壊滅しました。

今年は何とかうまくできればと期待です。

[PR]
by chikomomorara | 2016-04-19 20:53 | 近況 | Trackback

みたかったなあ

【零戦里帰りプロジェクト】鹿屋基地~鹿児島空港間の飛行が実現![桜H28/1/29]

ぜひとも、みたかったなあ!と思います。

この石塚氏、私財をつぎ込んで、ここまでこられたとのこと。
貴重な文化遺産ですから、国が主体となってやるものです。

それにしても、きれいです。

この機体、エンジンが当時の中島飛行機製ではなく、PW社製だとか
けちをつける方もいますが、ならお前がやってみろといいたくなります。

【KSM】拡散・日本が1965年以降に「韓国というドブ」に捨てた血税一覧! 賠償。経済援助ODA

【有本香】予算通過!中国植林支援100億円の実態[桜H28/1/22]

こういうお金があるのなら、いくらでも支援できるでしょうに。

たぶん両国の利権が絡んでいるからでしょうね。
 
国益を考えてもらいたいものです。

【KSM】「マスコミリンチショー大流行」合法的な政治献金を受領した政治家を失脚させるマスコミ 甘利氏辞任に関して

国内でこういうことがいつまでもまかり通っていては、今の国際情勢の中で
かなりやばいんですが・・・・

それこそ、戦前に通った道です。

「軍部の暴走」ということになっていますが
実際は「国民世論の暴走」でしょう。

それをあおったのは、コミンテルンの意を受けたメディアだったのは、周知の事実です。

【KSM】甘利明経済再生大臣の辞任表明 記者会見 2016年1月28日

こういう記者会見や、国会答弁など、ソ-スにあたって、すべてみてから判断しなければ
いけませんね。

甘利大臣、かえって評価されるのではないでしょうか?

TPPのすべてに精通している、担当者を失ったのは
日本にとって、取り返しのつかないほどの損失になるかもしれません。
(TPPについては、私自身は反対ですが)

[PR]
by chikomomorara | 2016-01-30 01:12 | 近況 | Trackback

野菜あれこれ

まずは、野菜の状況です。

f0186462_207123.jpg


春菊、、寒さに弱い筆頭核にもかかわらず、がんばりました。
立派です。
(地上部がすべて枯れ枯れになっていてもおかしくない冷え込みでしたから)

f0186462_2091042.jpg


こぶたかな、これをきっかけにどんどんこぶができてくると思います。
それに伴って、甘くなります。

f0186462_20101589.jpg


さすが、ほうれん草は強いです。

f0186462_20104885.jpg

f0186462_20112437.jpg


赤みずなとみぶな、完全に凍結しました。
また新しい葉っぱが出てくるのを期待です。
ある程度出てくると、すぐにトウ立ちするかもしれません。

みぶなは、残念です。

f0186462_20134397.jpg
f0186462_2013574.jpg
f0186462_2014756.jpg


大根、赤カブ、紅心大根、葉っぱはすべて凍結でした。
この葉っぱでは光合成できないので、新しい葉っぱが出てきますが
そのエネルギ-元として、根っこに蓄えた養分を使います。

だから、根を収穫する上記の野菜は、たぶん、今日現在が最もおいしいです。
(葉っぱが傷むと、養分が降りるはずなので)

新しい葉っぱが出始めるとす入りするものも出てくるはずです。

f0186462_20183882.jpg


白菜は傷んでいませんが、もうそろそろ、トウ立ちしそうです。

f0186462_20192862.jpg


ブロッコリ-、葉っぱが鳥に食べれられはじめました。
緑色のものがなくなるこの時期、集団で来ては、つつきます。

白菜も、そのうち同じような目にあいますが、これが春の合図です。

それにしても、野菜と異なり、雑草の強いこと!

土曜から日曜にかけて、暴風と吹雪、日曜日は、終日マイナス5度くらいでしたから
北海道や東北の外と変わりません。

それにしては、よくがんばったほうだと思います。

f0186462_20241498.jpg
f0186462_20242177.jpg

f0186462_20251786.jpg

アスパラの現状です。

地際から切って、持ち出すために、集めて

f0186462_20262146.jpg


できる限り、きれいにします。

その後、バ-ナ-焼きを2回繰り返し、堆肥入れです。

現状で、4割程度の工程が終了です。

(おまけ)

【KSM】オール沖縄の内ゲバが深刻化 翁長陣営「負けたのは左翼のせいだ!」 左翼陣営「お前らが悪いんだろ!」

左翼のお家芸ですね(笑)

自分以外の意見には、まったく聞く耳を持たない、独善なかたがたなので
こうなるんでしょう。
結びつけているのは、理想でもなんでもなく、最終的にはこうなるんですね。

【沖縄の声】「オール沖縄」崩壊!宜野湾市長選挙 佐喜真氏が再選、沖縄公選法違反の実態![桜H28/1/26]

まずは、公職選挙法違反のけじめをつけてもらいたいものです。

民主主義にとってもっとも大切なのは、紛れもなく「公正な選挙」が行われることです。
デモとか、違法な座り込みとかではなく、民主主義の根本は選挙ですから。

もちろん、きれいごとだけですむはずはないでしょうが、候補者本人が、県知事に連れられて
戸別訪問をするとは・・・大丈夫でしょうか?

[PR]
by chikomomorara | 2016-01-27 20:42 | 近況 | Trackback