エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

カテゴリ:ペットの部屋( 23 )

合掌

ネコが死んでしまいました。

といっても、うちのネコではないのですが
2週間ほど前から、突然、病気の白ネコが、玄関先に来て
いついてしまいました。

このあたりは、ネコが多いのですが、居つくネコも多く
(えさをやったりするからなのですが)
このネコも、居ついてしまいました。

昨年、死んでしまった、うちの「よ-ちゃん」と同じ症状で
多分白血病とネコエイズを発症しているようでした。

片目はあかなくて、膿が出ていたり、前足もけがをしていたりで
可哀相です。

ガリガリにやせていて、多分、もう数日の命だろうと・・・
よ-ちゃんもそうでしたが、口内炎のようになり、固形物が食べられなくなるみたいなんですね。
食べないと、坂を転げ落ちるように、弱っていきます。

上記の病気だと、治癒することはないそうなので
せめて、数日間でも、美味しいものでも食べさせてやろうと
ネコの缶詰をしこたま買い込んできて、毎日食べさせました。

人間も生活できるかどうかなのに、また、うちにネコにも食べさせたことのない
高いものです。

さすがにそれは、美味しかったのか、がつがつと食べてくれました。
野良ネコですから、こんなもの食べたことがないんですね。

もうそれからは、なついてなついて・・・

でも3日ほど前からは食べないようになって、今朝からは、じっとしたまま

f0186462_1105775.jpg
f0186462_1112418.jpg


目も開けられるようになり、この世にお別れが出来ただけでも良かったかもしれません。

何も仕事がなければ、このままさすってあげたのですが、そういうわけにもいかず

f0186462_1133416.jpg


朝の収獲から帰ってきたら、こういう状態に・・・
ハエもたかっていて、見ていられません。

時間の許す限り、なでてあげました。
今日のことですが、今写真を見ていても
泣けそうです。

夜になって、いつも寝ている箱に自分で入って、息を引き取りました。

このようなネコは、今までも2匹いました。
半分飼い猫の「ちゃ-」と、同じように白くて、(もっと太っていましたが)
顔から膿を出していた、「きたな猫」、どちらも死ぬときは
姿を消しましたが、どれも、数日前から、いやというほど、擦り寄ってきて・・・

多分、お別れを言っているんですね。

この猫は特に、家に入ってこようとしましたし(犬がいるので、普通は警戒して入ってこようと
はしないものです)、車で帰ってきても、すぐに荷台に、飛び乗ってきました。
ヒザの上にも上がってきましたし、うちの飼い猫よりも、甘えてきました。

なんとも可哀相でしたが、仕方ありません。

明日、葬ってあげようと思います。

こちらにいると、食肉処理場に運ばれていく、豚を積んだトラックを見ることは
日常茶飯事ですし、田舎とあって、ご老人も多いので
お葬式も多いです。

実は今日も、近所の方のお通夜でした。
今年に入って、お通夜は2回目です。

本当に、命について考えさせられますし、
価値のある人生を送りたいなあと思います。

このネコも、天国へ無事旅立ってくれたことと思います。

合掌・・・

[PR]
by chikomomorara | 2014-02-26 01:32 | ペットの部屋 | Trackback

生まれ変わりか?

またまた、こんな事になってしまいました。

f0186462_111560.jpg


生まれたての子ネコにミルクを飲ませているところです。

というのも、2日前に半分飼いネコのような、表にいるちゃ-が、子ネコを産みました。
このあたりには猫もいっぱいいて、その上にうちのネコもオスですから
毎年、子供を産むんですね。
いつもは、近所の空き家のようなところ(いっぱいありますので)で産んできます。
そのうち、無事に育ったら、子ネコと一緒に来たりするんですが
今回は、玄関先の木の陰で産み落とした。
ところがどういうわけか、寄り付きません!

育児放棄ですね。
まあ、自然に任せておこうかと思っていたのですが
一昨日から、初めて梅雨らしい雨も降り、おまけに昨日は、台風並みの暴風雨
放置すれば、死んでしまうことは間違いありません。

どうにも、収まりが悪い

まだ、ニャ-ニャ-とないていますので、仕方なく
家に入れて、面倒を見ることにしました。

f0186462_1141216.jpg
f0186462_1142269.jpg
f0186462_1143251.jpg


メス犬ばかりなので、こういう風景になります。

f0186462_1155114.jpg


うちのネコも、元はといえば、捨て猫で、産まれてすぐに捨てられていた(へその緒もついていました)
のを、見かねて拾ってきたという経緯です。

4年前にも同じような光景でした。

まあ、そのうち犬が面倒を見てくれると思います。

f0186462_119381.jpg


ここまで育ってくれれば、おっぱいも犬任せです。

f0186462_120275.jpg


で、こういう感じになります。
よく見ると、この写真、昨年と先日死んでしまった、チコとよ-ちゃんですね。

今回は白ネコ2匹、もしかすると生まれ変わりかも知れません。

たかが数千円のジャ-ジすらなかなか買えない、というような経済状況ですが
まあ、こういうのも、運命なんでしょう。

f0186462_1253170.jpg


アスパラですが、順調で、少しずつ成熟しつつあります。

今年は、先日までまったく雨が降らず、乾燥晴天だったこともあり
病気がでていません。
殺菌剤をまったく散布していないのに!!
結構驚異的なことです。

でもこのまま、梅雨らしい天候が続くと、蒸れますし、日照不足になれば
あっという間に、病気がでてきます。

f0186462_1291479.jpg


まずは枝葉を整理して、風通しと日当たりをよくして
その後、カルシウムとリン酸を効かせて、生育を抑えていきます。

葉面散布が効果的なのですが、雨降りが続くと、乾かずに蒸れて
逆効果、でも晴れると、日中高温になるので、これまた逆効果になります。

少し曇っているけれども、湿度が低く、風が吹いている日中に散布したいのですが
これからの時期はなかなかありません。

こういう風に、農作業は、天候に合わせて行わないとならないので
忙しくなるんですね。

f0186462_1344749.jpg


アスパラの花です。

明日からは曇りの予報ですが、意外と薄曇や晴天がありそうな気がしますので
アスパラの発送は、急に増えてくるかもしれません。

期待のトウモロコシ、暴風雨で倒され。その上、カラスがつつきに来ています。
収穫時期を前にして、全てアウトになるかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2013-06-10 01:38 | ペットの部屋 | Trackback

よ-ちゃんが死んだ

2ヶ月ほど前から、病気療養中だったよ~ちゃんが、今朝死にました。

前回、獣医さんのところで血液検査をしてもらったところ
白血病と、猫エイズを発症していることが分かりましたので
2ヶ月ほどとの宣告を受けていたため、覚悟はしていましたが
やはり、つらいですね。

f0186462_2317485.jpg


今年の2/22の写真です。
初アスパラを車に積んで、持ち帰った際
においがするのか、すぐに飛び乗って、太いものをかぶりついてしまいました。

このころはまだ元気だったのですが・・・

白血病は、どうも遺伝のようで、それだけならまだ助かったかもしれませんが
エイズにも感染していたとなると、仕方ありません。

猫同士の喧嘩などで、かまれたりしたら、その傷口から感染するらしい。

2~3日帰ってこないこともあり、以前、大きくかまれて返ってきたこともありました。

予防には、外に出さないことしかないそうですが、それはそれで、かわいそうなことなので
仕方ありません。
ちなみに、人間のエイズとはまったく異なるので、人間には感染しないそうです。

f0186462_23243985.jpg
f0186462_232450100.jpg


もともと、生まれたその日に(多分)捨てられていたものを、拾ってきて
育てましたので、本来なら、既に生きていなかった猫かも知れず
幸せな人生?だったのかもしれません。

ただ、ここ2週間ほどはあまり食べ物も受け付けず
特に、この1週間は、歩くのもよろよろとしていて
極度の貧血もあり、苦しそうでした。

昨晩からは、呼吸も浅くて、少なく、それでも、最後の生命力を振り絞って
時折、悲しそうに啼いたりすることもあり
可愛そうでした。

本当に、アスパラは大好きで、これからも、よ-ちゃんが進んで食べにくるような
いいアスパラを作らないといけないと思いました。

合掌です。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-12 23:33 | ペットの部屋 | Trackback

やっぱりつらいですね


やっぱり、つらいですね。

昨日は、一日中涙が出て止まりませんでした。

子犬が来た! 005.jpg

もらっていたとき、12月で寒く、1ヶ月ちょっとだったせいもあり
しばらくは室内で飼うことに・・・
(うちの犬は全部そうなのですが・・・)
なんか、人間が犬小屋で暮らしているようなものです。

初めての飼い犬だったという事もあり、どうもペットという
というよりも、子供のようなものでした。

まだ9歳だったので、人間で言うと50歳ちょっと
それが数ヶ月前から、尿も近くなり
「齢とったなあ」とおもっていたら
1ヶ月前から、熱を出すようになったりで・・・

どうも、腫瘍が出来ていたようです。

息を引き取る前は、まる2日間、全力疾走したあとのように
息が荒くなり、熱もあり、食べ物も受け付けないため
ガリガリになって、つらそうでした。

それが、散歩に行くときに最後の力を振り絞ったんでしょう
よろよろになりながら、立ち上がって、自分も行きたそうにしていたんで
抱きかかえて、一緒に連れて行ってやりました。

いつも見る景色を目に焼き付けるように・・・

でも当日はその元気もなく
ここが痛いとか、いえないので、一緒にいてつらかった。

そんな事を思い出すたびに、涙があふれてきて仕方なかった。

よく「死んだ子の齢を数える」とか言いますが
やはりそういうものなんでしょう。
そういうのには、もっと自分は強いと思っていたんですが
何にもわかっていなかったですね。

で、埋葬もしましたし、時間が解決してくれるんでしょう。

自身も、恥ずかしくない生き方をしなくてはならないなあ
と改めて思いました。

(おまけ)

ところで、今度の衆議院選挙と来年の参議院選挙はまさしく
日本の存亡がかかっている選挙になりそうですね。

日本がどう「なる」というよりもどう「する」という
日本国民ができる最後の意思表示になると考えています。

日本を取り巻く世界情勢もそうですが
今の日本、紛れもなく内戦状態なんですね。
いってしまえば、反日勢力と親日勢力の戦争状態です。

たとえば、アメリカでは共和党になろうが民主党になろうが
反米という事はありえません。
先進国では、どこでも当たり前です。

ところが、日本では戦後、保守であっても、親米という反日
であることも多いものです。
もちろん左翼は、全て反日工作員ですが・・・

それが、当たり前のようになっているんですね。

前の安部政権のときに「戦後レジュ-ムからの脱却」といっても
なんのことだか、わかりませんでした。

でも今回はよくわかります。

少なくとも、マスコミは全て、反日
その反日勢力が反対するのが、もっとも正しいと思っています。

先日、チベットのダライラマ14世が国会で演説したことも
まったく報道されません。
また、沖縄では20名くらいのオスプレイ反対デモは
大々的に誇張して報道するのに
7000名の沖縄県民の皆様が、天皇陛下を歓迎して
提灯行列したことも、まったくスル-です。

北朝鮮や中国の言論統制を日本では笑っていますが
今の日本はそれ以上の状況にあるんですね。

上記のことはまぎれも無い事実です。
その背景にあるものを考えると
空恐ろしくなります。

尖閣云々の前に、上記の2つの選挙で、反日勢力が引き続き
権力を拡大するようであれば、中国はの勝利です。
「戦わずして勝つ」まさしく、孫子の兵法ですね。

「保護なきところに忠誠なし」
国家が国民を守らないのであれば、間違いなくその国家は滅び
民族は消滅させられます。

個人を守るのは、家庭であり、家庭を守るのは社会です。
その社会を守るのは、国家です。
でも、国家の外にあるのは何もありません。

世界が、全ての国家を守るとか地球が守るとかいう事はありません。

だから、国家というのは人間が生きていくうえで、もっとも大切にしなくてはなりませんし
国家主権の防衛というのは、何にもまして優先しなくてはなりません。

経済分野においては、関税自主権の防衛がもっとも大切ですし
文化という分野では、根幹をなすのは、教育でしょう。
そして、政治分野では、国防という事が最優先です。

このどれが欠けても、独立国とは成りえません。

ですから、戦後の日本は、独立国ではなかったという事になります。
辛うじて、経済分野では三分の一くらいは独立できていたでしょうか?

独立国ではなくとも、独立しようという民族は、周辺国からも
一定の理解はしてもらえますし、尊敬もされます。

逆に、他人任せで、他国の侵略に対しても
手を打たない国は、軽蔑しかされません。

2600年前からひとつの民族としてずっと独立しており
固有の文化も育み、白人国家とも対等に渡り合い
それどころか、殖民地であった、有色民族国家の独立を
自らの犠牲で支援した。

それが、日本という国であったわけです。

その遺産があったからこそ、戦後日本が立ち直れたわけですね。

今の日本は、ああいう風に見えるが、実際のところは違うだろうと
好意的に見てもらっているわけです。
(特定の国は除く)

もう一度、明治時代に戻り、あのときの日本人の気概
気骨、そして、国家としての誇りを取り戻すように
なるべきだと考えます。

古い日本に戻るのか?といわれそうですが
そうです、古い日本にもう一度戻るべきです。

そこには、世界各国が賞賛し、尊敬し、そして、世界標準の
当たり前の国家運営を、行っていた、一流の国がありました。

そのことに、気づかねばなりません。


[PR]
by chikomomorara | 2012-11-27 23:35 | ペットの部屋 | Trackback

ちこ



001.jpg011.jpg

仔犬、だいぶん大きくなりました。

すでに白いのはもらわれていきました。

ちょろちょろ歩き初めて、今がもっとも可愛いときかも知れません。

ただ、それほど、うきうきした気分ではありません。

007.jpg009.jpg

うちで4匹いる犬の、元祖のちこが、かなり危ない病状になっています。

3ヶ月ほど前から、尿が近くなり、1ヶ月ほど前も、もう死ぬんではないかと
思うほど、夜中に苦しそうにしていたことがありました。

その後、熱を出したり、咳き込んだりで、とうとう
昨日から、食べ物も受付ず、息も荒くなっています。

ここ2~3日は、夜中もずっとさすってやったりと
あまり寝られません。

獣医さんにも行っていますが、薬も飲めないような状況なので
長くないかもしれません。

貰ってきたときは、ちょうど上記の仔犬のようなときで
まるで子どものように思っていますので
かなりショックです。

最後まで、一緒にいてやろうと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2012-11-24 22:07 | ペットの部屋 | Trackback

仔犬になってきた


仔犬をもらっていただける方が、仔犬を見にいらっしゃいました。

003.jpg004.jpg

このお二人の表情が実によかった!
紛れもなく、ご家族の愛情をたっぷり受け、育ってきたお子さんですね。
やはり家族というのは、大切だと思います。

もらわれて行く仔犬も、幸せです。

005.jpg006.jpg

この白いちび、目が離れていて、愛嬌がありますが
一番臆病なようです。

007.jpg009.jpg

茶色いのは、チュ-バッカみたいで、もっさもっさです。

一日一日大きくなります。
明日あたりからは、家の中を這いずり回るようになるかもしれません。

可愛いですが、そこら中におしっこやら、糞をするので
大変になります。


[PR]
by chikomomorara | 2012-11-19 22:24 | ペットの部屋 | Trackback

大きくなりました


008.jpg011.jpg0101.jpg

目が開いてきました。

もう少しすると、よたよた歩き始めるようになります。

001.jpg013.jpg005.jpg010.jpg

こちらも大きくなりました。

こちらはよたよた、歩き始めています。

[PR]
by chikomomorara | 2012-11-08 21:45 | ペットの部屋 | Trackback

目が開いた!


野菜セットのご注文、ありがとうございます。

ブログで、商品リンクを張ろうと考えていたのですが
予想よりも早く売切れたりして
本当にありがとうございます。

順調に収穫でき続ければ、多分、まだ追加販売はできると思います。

本日午前中まで、吹き返しの西風が吹き荒れていました。
少し倒れたりという被害がありましたが、軽微です。

それよりも少し塩害が見られます。
強い西風が吹きまくったので、今日も、煙ったような
湿度が高い一日でした。

海からの風が、もろに来ますので
車なども、結構べたべたしています。

そのせいで、少し葉っぱが傷んでいますが
枯れたりするほどではないので、すぐに回復するでしょう。

時折、こういった海からの風が吹くことによって
海水に含まれるミネラル分が、自然に補給されるという
利点もあります。

明日から晴れるみたいですが、明日は早く畑に行って
葉っぱに水をまいておいたほうがいいみたいです。

ところで、少し大きくなり、足を踏ん張って立とうとするようになってきました

003.jpg

こいつが一番つやつやした、毛並みです。

そこそこおとなしい。

004.jpg

一番大きく、活発に動き回ります。

013.jpg

少し目が離れ気味ですね(笑)

動き回り始めると、あっという間に大きくなり
まあ、大変な時期に突入ですね。


[PR]
by chikomomorara | 2011-07-21 02:03 | ペットの部屋 | Trackback

また、生まれた!


また、生まれてしまいました

010.jpg

この白いのと、黒っぽいのが2匹で、計3匹です。

007.jpg

この黒いのが、生みました。

先日、といっても、かなり前ですが、次女が帰って来たときに
玄関を網戸にしてしまった。

そして、その網戸を破って、脱走

もう、百発百中ですな(笑)

幸いなことに、今回は全て、貰い手の多いオスばかり。
もっとも、貰い手がなくて、居座られると、どんどん自家増殖してしまう(笑)

まあ、めでたいことですが・・・
ほしい方がいらっしゃったら、差し上げます

とりあえずは、少しの間は可愛い姿をご披露できるかと・・・
くらいニュ-スばかりなので・・・

[PR]
by chikomomorara | 2011-07-05 22:51 | ペットの部屋 | Trackback

みんな、いなくなった!


今日、最後の仔犬がもらわれていきました

002.jpg006.jpg

最後に動画を撮ろうと思っていたのですが
眠かったのか、ぼ~っとしていて、結局撮れませんでした。

これが最後の一匹です。

まだ1ヶ月ちょっとですが、ドッグフ-ドも食べるようになったし
かわいい盛りのほうがいいかなと思って、引渡しに行ってきました。

009.jpg

訳も分からず、外に出しましたが
なんとなく気配が分かるようです。

最後まで残ったメスの「アマ」も先日、「見せて欲しい」との電話がかかってきて
そのまま、もらわれていきました。

その前日、「これはもう我が家の犬か」と観念して
リ-ドを買ってきたところだったのですが・・・

そんなこんなで、この冬、新たに生まれた7匹!!は、全て無事
もらわれていきました。
こういうのもご縁でしょう。

少し寂しくは有りますが・・・
久しぶりに、落ち着いた家の中になっています。

ということで、これから、脱走しないように気をつけねばと
思っています。
(雑種のブリ-ダ-というのも、いただけませんから  笑)


[PR]
by chikomomorara | 2011-02-27 23:30 | ペットの部屋 | Trackback