エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ふれあい電化ショ-!に、行ってきました!
「何、それっ?」って感じでしょ!

なんか、電気に触れて、ビリビリッと来そうな・・・

f0186462_054395.jpg

近くの、結構大きな体育館で行われました。
これ入り口の、・・・です。

すごい、センスです041.gif

でも、むさしの村チックで(埼玉県民しか分からない!ゴメンナサイ!)
ほのぼのとして、郷愁(哀愁か?)をそそるかも?

f0186462_062548.jpg

何のことはない、ただの販売会なんですね。

でも、このネ-ミングすごい041.gif

「ふれあい」・・・そんなに、いつもふれあっていないのかい?
ここは、田舎、何でもかんでもJAですから、いまさらという感もするんですが・・・

「電化」・・・こりゃすごい!ストリ-トビュ-の時代に
 いまさら、「電化!」です。
 かえって、新鮮かも知れません!

 でも、「ショ-」にいたっては、意味不明039.gif

 別に、液晶テレビが天井から舞い降りてくるわけでもありません。
 何で、ショ-なのか?

 「ショ-」というのもすごいです034.gif
 まあ、ご年配の方々ですから・・・
 
 「シルク・ド・ソレイユ」よりも「サ-カスショ-」
  が分かりやすい。

 でも、怖いのは、ずっとこれで来て、何の違和感も感じない
 主催者の感覚ですね。

 こういった感覚が、いまだ、野菜や米、肉類の流通を支配してます。
 これって、かなり、コワいですよ050.gif

 
f0186462_081029.jpg

 電気製品だけではなく、肌着から、作業服、靴、はたまた、腰痛に効くなどの
 怪しげな?器具まで勢揃いです

 あの、玉川温泉の効能を謳った、足温器!みたいなものまで売っていました。
 
 
 ちなみに、この販売会、主催のJA職員は動員ノルマがあるらしいので
 行ってきました。

 でも、馬鹿にしたものではありません。
 駐車場は、満車でした。
 
 会場内は、職員のほうが多いですが・・・

 ちなみに、車で30分圏内には、ケ-ズもあります。
 もちろんヤマダも、コジマも・・・
 
 だから、どうだということはないんですが・・・
 
 やはり、吹上町は、秘境なんでしょうか008.gif

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-30 00:11 | イベントあれこれ | Trackback

近所の屋久島


歩いて、3分くらいのところに、古い神社があります。
先日、流鏑馬が行われた神社なんですけど、その参道脇に
千本楠というのがあります。

由緒があって、とんでもなく大きい楠があるのは知っていたんですね。
朝夕、イヌの散歩でその横を通りますし・・・通勤路みたいなもんです。
年中下草も生えていて、暗いし、湿っているし、マムシもいるしで・・・
今まで、入ったことが、なかった。

どういうわけか、(これも不思議なんですが)昨日、入ってみようかなと・・・・
おお~005.gif

f0186462_21212117.jpg


f0186462_21214946.jpg


久しぶりに感動しました!!

まるで、屋久島001.gif(といっても行った事ないんですが・・・)
木々が発する、スピリチュアルな雰囲気に圧倒されました!
一歩踏み入れただけで、もう、もののけな気配が・・・・

f0186462_21231378.jpg



今まで、いろんな山に登ったことがありましたが
こんなに、神秘的な感じを受けたことはありませんでした。

その昔は、もっと本数が(千本楠というくらいですから)あったそうです。
樹齢800年!!です。

西武の創始者、堤康次郎は、こういった古木をことのほか
大切にしたそうですね。

木々は大切に守っていかないといけないですね。

これはもう、屋久島の宮之浦に登りにいくしかないと確信です。


[PR]
by chikomomorara | 2008-11-27 21:28 | 風景 | Trackback

ようやく、紅葉!

北海道では、マイナス20℃!
最高気温が、マイナス1℃ですか005.gif

もう信じられない世界です。

こちらでは、先日からの冷え込み(といっても可愛いものですが)で
ようやく、銀杏が黄色くなってきました。

f0186462_23265599.jpg

ここ数年で、一番きれいです。
というのも、秋には、台風や、害虫で葉っぱが落ちていることが多いのですね。
桜もそうです。
秋には、葉っぱがほとんどついていません。
ついているのは、毛虫だけ、ということも、ままあります。

f0186462_23272447.jpg

こんな、風景も南国ならではかも知れませんね。
こちらの銀杏は、まだ少し青いですね。
最低気温が、一桁になったのは、ごく最近のことです。

今日は、久しぶりに晴れたので、高菜畑を撮ってきました。
(人の畑です!)


f0186462_2328484.jpg

かなり大きくなっています。
これで、カライモ収穫から約1ヵ月、あと1ヵ月で収穫出荷です。
ほぼ、2ヶ月で完了です。

定植した後は、一回、肥料を追肥して、中耕するだけ。
手間のかからない作物です。
漬物業者も、底に付け込んでいるんでしょうか?
買入価格は、ホント安いですよ。ですから、作るほうも、味云々より
少しでも多くの面積に作付けすることを考えます。

こういった、農業はわれわれは出来ません。
農業機械だけでも、莫大な設備投資です。
それこそ、農機具屋を養うために、農業をするようなものになってしまいます。

ちなみに、機械を買うのが好きな人って、農家には多いですよ~!

大規模化を図ったほうが、生産性は上がると信じられているのですが
こと、日本の農業に関する限り、大いに疑問に感じています。

明日の夜から、冬型になるそうです。
また、北西の季節風が、吹き荒れます057.gif
吹くときは、関東あたりの台風なみです。
台風と違って、数日続きますから、ハウスにとっては脅威です。

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-26 23:31 | 風景 | Trackback
秋野菜福袋、100セット、おかげさまで完売いたしました!
ありがとうございます058.gif
中には、このブログをごらんいただいている方も多く、
ありがたいことです。

f0186462_2333312.jpg


収穫に使っているかごなので、段ボ-ルの箱はもっと大きく
詰め込めるだけ、詰め込んだら、この3倍くらい入ってしまいました。

近所の直売所の持っていくのが、青梗菜2個で105円ですから
2000円分くらい入ってしまいました。

送料コミでこの値段ですから、お得だったと思います。
(自分で言うのもなんですが)

でも、常連様からは、「ちょっと、利益を上げることも考えなさい」
とのお叱りも受けてます。
継続的に経営を維持していくのも、お客様に対しての責任ですね。

ところで、来年は、手の回る範囲で、畑の面積を拡大します。
今の面積は、本当に家庭菜園の延長くらいですから
秋野菜にしても、100セット程度しか出来ません。

本当は、ニンジンなど、他の野菜も入れたいですよね。
そうすると、今の面積では50セットくらいしか出来ません。

現段階で、他の生産者から、仕入れて売ることも出来ますが
やはり、自分で生産技術をある程度確立しないと、指示も出来ません


「やって見せて、行って聞かせて、させてみて
褒めてやらねば、人は動かじ!」ですから

12月中旬からは、また他の野菜もでてきますので
新たなセットで、販売予定です001.gif



[PR]
by chikomomorara | 2008-11-24 23:12 | Trackback

再び、流鏑馬

今日は、流鏑馬でした。
あいにく、天候が悪く、馬も走りにくそうです。

f0186462_23394595.jpg

先日、ご紹介したのは、町のイベントでの流鏑馬です。
今日は、本当に神社に奉納するために行われたものです。

アスファルトで、雨、その上、下り坂ですから、馬が怖がります。
走ることは走れても、止まれなかったりするので、なかなか走り出そうとはしません。

どういうわけか、流鏑馬の日は、雨が多いです057.gif
f0186462_23402763.jpg

これは、2年前、長男がスタッフ?として参加したときの写真です。
このときも、荒れ模様でした。

このような衣装の、子供が、馬が走る前に塩をまいて清めます。
当日は、演技するメンバ-全員、夜明け前に吹上浜で海に入り、身を清めます。
寒いですよ~!

貝殻を拾ってきて、塩と、砂を盛り、数ヶ所の神社に納めます。

昔から、塩とは縁の深い土地柄だったようですね。

子供が少ないということもありますが、子供(特に男子)は
いろんな行事にかり出されます。
f0186462_23411941.jpg

これは、2年に一回行われる、鎌踊りです。
鎌となぎなたをもって踊ります。
小3から高3までが駆出されます。
準備に、1ヶ月間ほど、夜に練習が行われますが、そこで、
年長者が、年少の子供の世話をするという伝統があるんですね。

島津藩には、郷中教育といって、地域の教育を独自に行うという習慣があり
それが、いまだに残っています。

今風に言えば、コミュニティぐるみで子供を見るというんですかね
それは、都会では見られなくなった、いい風土です。

でも、昔の郷中単位がいまだに、自治会として残っており
その閉鎖性たるや、すごいものがあります005.gif

鹿児島県自体が、経済的にはいまだ鎖国している(笑)
ようなところがありますし
市や町単位でも、周囲とは一線を画しています。
そして、町の中でも・・・・

住んで見なければ分からない、一面ですね。
まあ、どこの田舎にも、このようなことはあるのでしょうが
都会に暮らしていては、分からない側面です。


[PR]
by chikomomorara | 2008-11-23 23:42 | イベントあれこれ | Trackback

高菜、発進準備完了!

今日は久しぶりの快晴でした
でも、ここ数日の冷え込みで、すっかり冬の気配が漂ってきました。

例年、12月までは、ピ-カンの晴れ続きなのですが
今年は、冬の到来が早そうです。

f0186462_0502197.jpg

これは、高菜の苗です。
まだまだ小さいです。

漬物屋に出荷する、高菜農家なんかは、今現在、定植も終わって
この10倍くらいの大きさになっています。

種を撒く時期がもっと早いんですね。

ほとんど、カライモあとに植えますから、カライモの収穫後、1週間内には
定植します。そのほうが、生産性が高いです。

でも、まだ、気温が高い、すなわち、虫も活発に動き回っているときに
発芽しますから、虫に食われないように農薬を使用します。

苗の段階ですから、これで危険性があるとは思いません。

でも、アスパラ以外の作物で、病害虫の心配をしたり
薬剤散布をしたくないので(ただ、楽をしたいだけなんですが・・・笑)
種まきの時期を、ぎりぎりまで遅らせています。

でも、こうしてみると、見事に虫に食われてますね~041.gif

f0186462_0513723.jpg


大きいものから、順番に定植していく予定です。
急ぐ必要もないので、無肥料で、ゆっくり育てます。
こうしたほうが、高菜の持ち味である、辛味が引き立ちます049.gif
大きくなってきて、とう立ちしてしまったら、蕾を食べます。

高菜は、結構丈夫な作物です。
定植でも、苗を無造作にさしていくだけ、
あとは一回くらい除草のために中耕(うねの間を、耕すこと)
と化成肥料をまいて、大きくなったら収穫です。

こんな、楽な作物、あまりないですよ。

大規模農家にうってつけの作物なんですね。
収穫もすごいですよ~005.gif

まるで、ごみ(ではないですが)扱いです。
少々傷がついていようが、しなびようがお構いなし041.gif
(かえって、漬物には好都合)
引き抜いた高菜は、ビニ-ルの紐でまいて、2トン車の荷台に投げ込みです。

そのまま、漬物会社に直行、漬物会社では、車ごと、重さを測ります。
そして、洗うでもなく、漬物の槽に、落としていました。

初めて行った時には「エ、エ、エ~ッ005.gif
塩をかけていましたから(何度でも漬けかえるんでしょうけれども)
「これで、衛生面は大丈夫なのかなあ~」と思ってしまいました。

加工食品というのも、いい加減なものですね~。

ちなみに、この会社の高菜漬け、百貨店でも高級な顔して売られています。
国産品・・・「確かに」 有機栽培・・・「???」、無農薬・・・「????」
でした。

鹿児島って、結構、高菜の産地ですが、少なくとも知っている限り、有機栽培で
作っている人は知りません。・・・多分いるんでしょう。
ましてや、無農薬で・・・「いるのかも?」
と、しておきましょう028.gif

でも、そんな手間隙かけてまで、作る作物ではありません、高菜は

ところで、この高菜の漬物、美味しいですよ~072.gif
あの、茶色の古漬けではなく、浅漬けが、ピリッとして本当に美味しい072.gif072.gif072.gif
緑色の浅漬けなるものも売っていますけど、全く別物です。
作り方は、いたって簡単!塩で、「ギュ-ギュ-」ともむだけです。
もむ時に、加減しないのがコツです。
水でさっと洗って、あとは、鰹節をかければ完成!!

個人的には、漬物は「すぐき」や「赤カブ」などの乳酸発酵したものや
秋田の「いぶりがっこ」なんかが好きです。
どちらかというと、複雑系ですね
それもガツンとくる066.gif

でもこの高菜の浅漬けには、単純な潔さがあります。

今までも、関東の知人に良く送りましたが、全て大絶賛でした!
関東以北には、ピリッと来る青菜の漬物があまりないからでしょうか?

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-23 00:57 | 野菜栽培 | Trackback

冷凍事故

ようやく、夜になって、少し暖かくなってきました。
ここ数日、本当に冷え込みました。
冷え込むといっても、風が痛いほど冷たかったり(北関東はそうでした)
しんしんと冷え込んでくる、といった寒さではないんですね。

東シナ海側なので、日本海側の気候と同じです。
ちょうど、雪ではなく、雨で時雨れて、20メ-トルくらいの季節風の
新潟といったところでしょうか?(余計に、分からない?)

でも一山越えて、鹿児島市内になると晴れていたりするんですね。

長期予報では、暖冬らしいのですが、どうも冬型が長続きするような気がしています。

秋野菜も、ひとまずは順調に発送が進んでいますが
ここ数日、成長が止まっていますので、配達指定をいただいている方以外は
来週前半あたりから、発送の予定です。
明日から晴れますので、日が照ると、より美味しくなると思います。

さて、残念なことに、配送事故が、1件起こりました。

配達されたら、箱が濡れて、崩れており、中身が凍っていたというご連絡を
お客様からいただきました。

箱の上から、水をかぶったという、説明だったそうですが
配送会社からは、まだ連絡がありません047.gif

そのお客様には、明日早速、代品をお送りします。

当たり前ですね!

理由がどうあれ、お約束どおりの商品をお届けしていないわけですから
すぐに、お送りするのは、こちらの責任として当たり前だと、思っています。

代品をお送りしたとしても、お届けの際、嫌な思いをさせてしまったわけですし
お届けが遅れた分、お詫びしなくてはならないと思っています。

こういったときに、自分のところで全て行っていると、話が早いです001.gif

栽培から、収穫、梱包、発送作業まで、全て夫婦2人で行っていますし
配送業者も、収穫から帰って来て、梱包の最中だったりすると
待ってもらっています。

箱の中身や、収穫したてということも確認されていますから
責任の所在もはっきりします。

ですから、以前にも書いたことがありますが、当店では
(言い方は悪いですが)トレ-サビリティもへったくれもないんですね。

お客様から見た場合、お届けしたものの品質や品物が悪ければ、
全て当店の責任です066.gif

その上で、配送に関しては、当店と配送業者の間の問題です。
(これも、結局のところ分からないんですね。鹿児島から関西まででも
5回以上は積み替えるらしいですから。)

春のアスパラの時期にも、10件以上冷凍事故がありましたが
連絡をいただいた、翌日には代品をお送りしました。

トレ-サビリティも、結局のところ、問題が起これば
責任の所在も、あいまいになってしまうのではないかと思っています。

まあ、それがための制度ではないかと・・・
何か起こったときに「やることはやってますよ」という言い逃れのため
と言い切ってしまうと、酷でしょうか?

農薬散布云々についても、自己申告ですし、認証制度なんかについても
書類上確認するだけですよね。
事故米の、農水省の検査とほとんど変わりません。

やっぱり重要なのは、形式ではなく、人の問題だろうと思います。

ところで、今回お送りしている秋野菜、万が一冷凍されていたり
冷凍したあとがあれば、ご遠慮なくご連絡ください!

野菜は、収穫したら、どういうわけか品温が下がります。
特に、夕方発送分は、日の傾く3時ころから収穫していますので
それだけでも、結構冷たくなります。

帰って、水で泥などを落とし、梱包、その後、ク-ル便で運びますので
冷凍されていないか、気にかかっています。
かといって、普通便で送るのも、葉物なので・・・

とにかく、今回に限らず、当店でお買い求めくださったものに
気がかりなことがあれば、ご遠慮なく049.gif

今日は、ヘビ-だったので、癒しの一枚を072.gif
f0186462_0112657.jpg

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-22 00:11 | Trackback

寒いです~!

いや~!寒くなってきました!!
数日前まで、海に入ってもOKの暖かさだったので、これはこたえます057.gif
でも、北関東の10月下旬の気温なんですね。
そう考えると、現地人になりつつあるのかもしれません(笑)

f0186462_23392277.jpg


静止画では良くわかりませんが、北西の季節風が吹き荒れています。
住んでいる吹上町は、東シナ海側なので、冬型の気圧配置になると
10~20メ-トルの風が吹き荒れます。

同じ寒さでも、太平洋側の、乾燥した寒さのほうがきりっとしていていいですね。
関東の、からっ風が、懐かしいです。

f0186462_2340327.jpg


夜な夜な、出歩いていたネコも、今日は2匹で丸まってます。
さすがに寒いので、今日は、ネコの集会は休みなんでしょうか001.gif

でもこの寒さ、アスパラにとってはいいことなんですね。
緑の茎葉に貯めた養分が、低温になるにしたがって根っこに転流します。
その養分で、春のアスパラが萌芽します。

加えて、いいアスパラが萌芽するためには十分な休眠期間が必要です。
(人間と同じですね)
うちで栽培している品種では、5度以下で500時間必要とされています。

ところが、鹿児島では500時間も確保できない。
そして、3月はもう初夏の陽気になってしまいます。

人間で言うと、睡眠時間が十分でないまま、朝が来る様なものです。

元気がでないので、春にでてくるアスパラが、細かったり、糖度が十分でなかったりする。
タイや、フィリピンのアスパラがそうです。

それを、回避するのが、結構難しいんですね。

ここから先は、企業秘密028.gif企業秘密028.gifです041.gif
ともあれ、来年も、日本で一番といわれるような品質のものを出したいと思っています.


ですから、この寒さは049.gifです001.gif

もっとも、北海道の人からすると、まだまだ暖かいんでしょうね008.gif
5度や6度の世界ですから・・・

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-18 23:43 | アスパラ栽培 | Trackback

秋野菜福袋、発送開始!

昨日から晴れたので、本日から、秋野菜福袋発送開始です058.gif

葉物は、やっぱり1日でも晴れたあとのほうが断然美味しいですね。
明日から、冷え込むので、さらに美味しくなると思います001.gif


お待たせしました!海のミネラルたっぷり、自家用無農薬の秋野菜、今回も、収穫当日に、発送です。太陽をいっぱいに浴びた、元気な葉物を中心に、とびきりの鮮度でお届けします。【送料無料】【100セット限定】箱いっぱいに詰め込みます!自家用秋野菜の福袋!

もう、予定数量の半分以上売れてしまいました!
追加できるかどうか分かりませんが、お早めに!!

f0186462_21313580.jpg

袋に入れて並べてみると、結構な量になってしまいました001.gif
青梗菜が、もっとも生育が良いので、たっぷりと!
入れすぎたかもしれません。
でもこうしてみると、穴も開いているもんです。
まあ、無農薬ということで・・・008.gif

f0186462_21322688.jpg

箱いっぱいに詰め込んでしまいました.
商品名に「箱いっぱいに詰め込みます」と書いているので
お約束どおり、いっぱい送れて、よかった、よかった!です。

やはり、収穫当日、というか、収穫後数時間で発送というのは
難しいものですね.


アスパラもそうでしたが、セットものはさらに難しい。
作物によって、生育のスピ-ドが、天候により微妙に違ってくるんですね。
特に、露地の場合は難しい。
今回は、青梗菜が多すぎたかもしれません008.gif

収穫したものをプ-ルして、詰め合わせて発送すれば
上手く調節できますが、そうすれば、鮮度が落ちますし、
農家直送を選んでいただいたお客様に対して、失礼だと思っています。

農家が食べている鮮度に、少しでも近いものをお送りしたいですね。

でも、こうして発送すると、子供を嫁に出したような気分です001.gif

今回も喜んでいただければ、いいのですが・・・

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-17 21:33 | Trackback

年末の豚

15日から販売開始した、秋野菜セット!
あと45セットになりました049.gif

お待たせしました!海のミネラルたっぷり、自家用無農薬の秋野菜、今回も、収穫当日に、発送です。太陽をいっぱいに浴びた、元気な葉物を中心に、とびきりの鮮度でお届けします。【送料無料】【100セット限定】箱いっぱいに詰め込みます!自家用秋野菜の福袋!

今日から晴れていますので、明日以降、順次発送です。

ご購入いただいたほとんどの方が、リピ-タ-の方ばかりなので
今回も、喜んでいただけるよう、目いっぱい箱に入れてお送りしようと
考えています。

f0186462_2356052.jpg

昨日、掲載した、吹上浜の塩、早くもお問い合わせがありました。
吹上浜の沖、写真に写っている、島のあたりから海水を採取してきます。
このあたりでは、潮の流れが違い、もっと澄んでいるらしいです。


もっとも、海辺でも、きれいな海水なんですが・・・
これ、休日の写真です。
夏でもこんな調子です。
潮干狩りをする人がちらほらと・・・
夏なんかだと、人の数より、上陸するウミガメのほうが
多いかもしれません。(ウミガメの産卵地なんです001.gif


このような環境で、少量造られている塩なので
本当に美味しいです058.gif
販売できるといいのですが・・・

ところで、鹿児島産といえば、焼酎・黒豚ですか。

本日、温泉で聞いた話です・・・

知り合いでしょうか?50代と60代の男性が・・・

標準語に直しています(笑)
「このごろ忙しくってねえ!」50代後半の男性
「それは良かったなあ、で、何で忙しいの?」60代の男性
「年末用の豚を処理しているんだ。毎日7時から夜10時まで処理しても追いつかないくらい」
「白と黒の割合はどのくらい?」
「9:1くらいだなあ」・・・・

といったような話が延々と続きます。

5人も入れば満員状態の温泉なので、いやでも耳に入ります。
それにしても、薩摩の男性は、仲間内ではよくしゃべる方が多い!

50代男性は、食肉処理場勤務らしいですね。
で、年末に販売する肉を、もう処理(可愛そうですが)するんだ!
ということと、黒豚がそんなに少ないということに驚きました005.gif

その少ない黒豚でも、昔からの六白(耳と4本の足の先が白いため)
という、本当の黒豚はもっと少ないです。
でも、ス-パ-に行けば、結構な数が売っています。

やっぱり、結構な数の、白い黒豚が出回っているんだなあと思いました050.gif

養豚農家にも知り合いがいますので、本当の六白黒豚の味は知っています。
ちなみに豚は、嫌いなため、まず食べませんが、
そこの豚肉だけは、美味しく食べることが出来ます。
そのくらい味は違います。

まあ、まだまだ、偽装は多いということでしょうね。

ちなみに、話を聞いていると、その食肉処理の会社
数年前に、偽装で問題になった、大手の会社でした!

その50代男性が、出て行った後、60代男性の言葉・・・
「あの人は、どこの人ね?」と私に聞いてきました!!

おいおい、知り合いじゃなかったんかい005.gif

まあ、このようなわけの分からん状況も、こちらでは良くあることですが(笑)

[PR]
by chikomomorara | 2008-11-16 23:59 | Trackback