エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2009年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

オペラ座の怪人!


先週、娘二人が、急に帰省してきました
2人とも、この春から、就職で社会人デビュ-です。

opera01.jpg

風呂に入って、親子で試供品の?パックを(それも韓国製の怪しげな 笑)
まるで、オペラ座の怪人ですな

まあ、父親はまるで世話もしていないのに、よく育ってくれたと思います。
人様の子供の面倒は見るのに、自分の子供は、勉強を見ることはもちろん
通知表すら、見たことがほとんどありません(笑)

健康で、素直なのが一番だと思います!

せっかく、人手があるので、畝の上のガリガリ作業を一気に行いました。
畝の両側から、アスパラの株や、芽そして、張っている根を傷つけないように
這うようにして行いますので、結構きつい作業なんですね。

おまけに、急いでやりたいけれども、収穫もあり
また、頚椎ヘルニアで、右手はしびれたまま(悲惨ですな・・・)
そういう状況だったので、この怪人の登場は大助かりでした

ところで、アスパラも、冷え込んでいるので、地温も下がっていますので
芽の出方は、またまた減ってきていますが、吸収根はかなり出始めているので
元気になりつつあります。

これで、養分を吸い始めると、急速に活動が活発になると期待しています。
水曜日頃から、暖かくなり始めるので、それに期待に毎日です。

予定よりも1ヵ月遅れたことになります。
ただ、昨日・本日はそれぞれ7・3件発送することができています。
少しずつですが、発送は進んでいます。

露地野菜のほうは、ここのところの冷え込みで、成長が止まっていますが
雨も降りましたので、次に晴れて暖かくなると、一気に成長すると思います。
来週あたりから、絹サヤが採れ始めるのではないか?と思っています。

今年は、カライモの苗や、ダイコンの生育もおかしいようですが
筍などは、早いようです。
ハウスから帰ると、筍が、玄関先に置いてある!!季節がやってきました
季節のめぐりが早いのか?遅いのか、全く分からないことの多い春です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-31 01:07 | アスパラ栽培 | Trackback

糖度15度の穂先!

更新できなくて、ゴメンナサイデス!
ハウスの中で、畝の上を耕す?作業を延々としていたら
流石に、風邪を引いてしまったようです。
精神的にも、肉体的にも、ここへ来て疲れが出てきたようです。

ハウス内は35度前後ですし、外は、花冷えのような冷え込みが続いています。
一番風邪を引きやすい、条件だったんですね。
昨日から、ゆっくりと寝ていますので、持ち直してきましたよ~!

ところで、本日もかなり冷え込み、またまた地温も下がってきました。
例によって、まだまだ細いものが多かったので、収穫物の
8割は、穂先で切り飛ばしています。

hosaki06.jpg

これ、ハウス1棟分の、切り飛ばした穂先です。
(ハウスは8棟あります)
例によって、直売所で、穂先スペシャルとして販売します。
ところが、見て下さい!

hosaki05.jpg

この切り口を!
中のほうまで、緑が濃いですね
今までに無かったことです。

今日の収穫も、細いものばかりで、うんざりするような
不安になるような収穫状況だったのですが
ただひとつ、いい兆候が・・・・

収穫していても、すごいアスパラの香りが・・・
そして、きっていてもいい感触です。
おまけに、収穫していても、手がべたべたしたんですね。
切り飛ばした、穂先を食べても、とにかく甘い!

家に帰って、糖度を計ってみたら、なんと、15度
もちろん今年の最高糖度です
マンゴ-並みの甘さですね

hosaki07.jpg

ネコも飛び上がって食べに来る甘さです
ネコは2匹とも、アスパラ、それも特に穂先がお気に入りのようです。

これだけの糖度なら、太いものが出てきそうなものですが

harume09.jpg

harume10.jpg

地温も低下しているので、本当に少しずつですが
まともな太さのものも、出始めるような兆候が出てきました。

畝の上を手で掻いて、通気性をよくしたことや
肥料などを施した成果が出てきているのだと思います。
ただ、地温が上がらないことには、根も活性化しませんので
水曜日あたりからの気温上昇に期待です

それにしても、明日、直売所で穂先を買う方は、幸運ですね

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-28 23:06 | アスパラ栽培 | Trackback
どうも、今回の不調は、どう考えても腑に落ちません。
2月中旬には、ハウスを開けていても、萌芽が始まりました。
そのときには、例年通り、太いものが多かった。

その後有った事といえば、2~3週間低温傾向で、地温が低下しただけ。
再び眠ったのでしょう。

でもそれだけで、こうも不調なことになるのか?
どうしても納得がいきません。(というか、分からないだけなんですが)

近辺の、アスパラ農家も同じ傾向です。
誰も分からない。

出てきている細いものも、この通り

harume08.jpg

根っこの養分がなくなってきたとか、病気などで養分がいきわたらない形状ではありません。
はかまの形も、きれいなものです。
ただ単に、細いだけ。

これはもう、アスパラに聞くしかありません。
半年間、頑張ってきた成果が、ここでゼロになってしまうのは・・・
夜中も、考えていたら、なかなか寝付けません。

ということで、夜中からハウスで作業をしながら
アスパラと話してきました

ヨトウムシ防除のための、蛍光灯を設置しているので
点ければ、雑草抜きくらいできるのですね。

特に弱っている様子も無く、朝方かなり冷え込んだにもかかわらず
柔らかい感触で、収穫できました。

再度できることをと思い

harume05.jpg

畝の上と、肩のところを、柔らかくしてやることにしました。
そうすることにより、通気性のさらによくなりますし
根の張り方も変わってくるのではと思います。

harume06.jpg

細かい、細い根も張っていますし、細いながらも芽も地中に有ります。
それにしても、アスパラが出ていません!
悲しいことですが、出ていないからこそ、できる作業だと割り切ることにしました
ので、傷めないように、器具を使わず、手作業で、耕しています。
総延長1.6キロを、この体勢で作業しますので
結構腰に来る作業ですが、やるしかありません。

harume07.jpg

4~5日くらいかかる作業ですが、これで、根の張り方もよくなれば
元気よくなって、太いものを出し始めてくれるような
そういう風に聞こえてきました。

根っこには養分がありますので、あきらめず、太いものが出てくるまで
喰らいついてやろうと思います。
ここまでやれば、応えてくれるような、そんな気がしています

WBCと同じ!負けるわけには行きません!!

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-26 01:20 | アスパラ栽培 | Trackback

やはり、調子が・・・!


本日はかなりヘビ-な話です。

やはり、アスパラの調子が思わしくないです

地温も上がってきた、水分もあるし、肥料分もあるはず
根っこの貯蔵養分もまだ十分
にもかかわらず、収穫量はもちろんのこと
細いものしか出てきません。

harume02.jpg

朝の収穫あとです。
ほとんど次の芽が、見当たりません。
例年ならば、この5~6倍くらい出ています。

harume03.jpg

出ている芽もこの通り、細いものばかりだったりします。
これまた、例年なら、ほとんど見当たらない細いものです。
2月下旬に雨天続きで、冷え込み、地温が下がってから
このような状態が続いています。

harume04.jpg

茶色い、少し長いものが昨年の親のあとです。
この太さのものが、このくらい立っているところなので
かなり強い株のはずです。
親指以上の太さのものが20本程度出てくるはずなのですが・・・・

この株は、収穫あとがありませんので、今年初めて萌芽した芽が
この通り、細いものです。

今のところ、できるだけの手は打っていますが
原因が分かりません。

また、調子が悪いのはグリ-ンだけで
ホワイトは、このようなことはありません。
なので、余計に不可解なのです。

こちらのアスパラ農家でも、すべて、調子がおかしいようで
細いものしか出なくなっているようです。

ほとんど収穫しないまま、春の収穫を打ち切り、立茎に入ったところも出てきました。

細いものをある程度切ったところで、太いものが出始め
40日くらいで、徐々に細くなってくるのが通常です。

しかしながら、現状では、もう収穫を打ち切ったほうがいいくらいの
状態に、ここ数日急速になりつつあります。

そのまま、採り続ければ、親茎も立てられなくなってしまい
枯れてしまうのです。
そうなると、3~400万かけて、植え替えになり、
おまけに、3年間は収入がなくなってしまいます。

そのような事態は、とりもなおさず
離農することを意味します。

ですので、最後の手段として
収穫断念せざるを得ない可能性も出てきました。

ここ数日で判断することになります。

売っている商品ですし、イメ-ジダウンにもなりますので
このような情報はお伝えすべきではないのかもしれません。

しかしながら、ご注文以来、ずっとお待ちいただいていながら
もしかすると、キャンセルさせていただくことになるかもしれない
事態ゆえ、伝えさせていただきました。

なお、親を立てることになった場合、6月頃から、夏のアスパラの収穫が始まります。

もちろん、明日以降も、現状打開のため、全力で管理に当たるつもりです。

イチロ-が言っていたように、「つらさ、苦しさ、痛さの次に、喜びが来る」ように
最後まであきらめずに、ガンバリマス!




[PR]
by chikomomorara | 2009-03-24 23:44 | アスパラ栽培 | Trackback

今日は朝方から、台風のような雷雨でした
11時から、知り合いの米田さんが、小三の甥っ子を連れて、
収穫体験に来ることになっていたので、天候が心配でした。

いくらハウスとはいえ、空も暗く、土砂降りの雨では
楽しみも半減ですから。

yonedasann.jpg

ちょうど、収穫してもらったときは、空も明るくなり
ご機嫌で、収穫できました。
生で食べてもらったら、「美味っ!」とのこと
いい思い出ができたみたいで、よかったです

聞けば、宮崎から、はじめての一人旅とのこと。
今頃は、いい夢を見て、寝ている頃でしょう

例年のように、太いものが、ずらずらと並んでいる情景を見せたかったのですが
今日は、どうしたことか、細いものがほとんど、それもちらほらとしか出ていません。

もうこれは、株疲れでしょう。ということで
アミノ酸液肥と、ボカシコンブの粉末を散布、これで少しは元気になってくれると
期待しています。
それにしても、アスパラのこの時期の管理は難しい
地上部が全く無いため、出て来る芽の状態によって推測するしか有りません。

例年は、土壌水分、残っている(だろう)肥料分、それまでの収穫量
出て来る芽の状況、切ったときの感触、香り、地温、夜温などを総合的に勘案して
判断します。
切ったときの感触が、最も分かるので、ハサミは、毎日砥石で研いでいます。

春芽収穫の期間中で、分からないこともありますが、どうしても解決できないことは
1~2件くらいなんですね。
推測して、対策し、検証することで、まあ解決できることがほとんどです。
原因が分かれば、そのあとの反省が、失敗の蓄積として生きて来ます。

でも、今年は本当に、出初めから分からぬことだらけ
というか、現時点でも、これが「出始め」といえるかどうかも確信できずにいます。

こういうのが、本当の意味での「自然相手の難しさ」なんでしょうね。

ところで、このボカシコンブ、袋にパッケ-ジに書いてあるコピ-が秀逸です
「土が動いた!!」
なんとも、百姓心をくすぐるような、コピ-です。

南極の寒い海で採れる、「何とか何とか?」と言うコンブを乾燥させて、粉末にし
微生物を加えて、発酵させたものらしい。
コンブといっても、多分、採れすぎて困る、廃棄物のようなものでしょうが
匂いをかいでみると、美味しそうなにおいがします。

いろいろ、アミノ酸が入っているらしく、なんかよさそうです
何でも、一度使ってみなければ分かりません。

ともあれ、明日は晴れますので、明るい気持ちで、管理ができそうです
と言うことで、本日は6件の発送しかできていません。
本日、25件の方に1週間以内の発送の旨、メ-ルをしています。


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-23 00:42 | Trackback

高菜の日

本日のアスパラは、地温が上がっているのに
いまひとつ、萌芽量がありませんでした。
暑さでばてているのか?
明日の朝は、再び、きれいなアスパラがたくさん出てくるはずの
気象条件なので、地温もいい、土壌水分もいい、これであまり出ていなければ
アミノ酸の液肥で、元気をつけてやろうと思います。

ですので、本日の発送量は、8件しかありませんでした。

ところで、今日は、菜花などの撤去と、高菜の大量収穫です
もうそろそろ、とう立ちし始めるようなので、急ぎ収穫してしまうつもりです。

抜いて持ち帰ると、結構へとへとです

朝から収穫、調整発送を済ませ、その後も露地野菜の収穫ですので
空腹なのですが、昼食を作る元気もありません。
なので、つい、手近にあるもので済ませてしまうことになります。

今日は、右を向いても、左を向いても、高菜、高菜、菜花、菜花です。
(アスパラが無いところが悲しい

takana01.jpg

で、近頃はまっている、高菜の炒め物

takana02.jpg

今日はラ-メンにしてみました
高菜、多すぎっ

takana03.jpg

麺が沈みません
でも、食物繊維の摂取という観点からはいいかもしれません(笑)

takana04.jpg

夜は夜で、これまた、高菜の炒め物

まあ、あまり健康的とはいえない食生活です。
聞くところによると、農繁期の農家の食事なんて、同じようなものらしいです。
3世代同居ならまだしも、おじいちゃんやおばあちゃんがいないところは
こんなものらしいですよ

当店のペ-ジに、美味しそうな料理の写真が無いこと
また、野菜セットといえば、大きな箱に、本当にバカほど詰め込んである
理由がお分かりになったかもしれませんね

ところで、もうすぐ、1年でもっとも楽しみな野菜の一つ
絹サヤが採れはじめるようです。
これも、採れ始めると、一斉に成りはじめ、2~3週間で
あっという間になくなってしまう野菜ですので
ことのほか楽しみです

でも、高菜も、菜花ももう終わりかと思うと
少しさびしいものがあります。

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-21 23:05 | 食べること | Trackback

昨日、ブログで告知しました、穂先スペシャルと高菜の件
かなりの反響でした

画像も無く、字ばっかりで、それも強調もしていないのに・・・
よく読んでいただいているみたいで、嬉しくなりました

ご希望も多かったので、穂先スペシャルに関しては、とりあえず
締め切らせていただきます。
商品ペ-ジではなかったので、とりあえず、本日画像をアップしておきます。
一応、ご確認をお願いいたします。

hosaki03.jpg

hosaki01.jpg

太さは、このくらいのものがほとんどです。
中には、6~7センチの、本当に、芽だけといったものもありますので
そのようなものは、もう少し細いです。

hosaki04.jpg

穂先の形状はこのようなものです。
規格外でもなんでもないものがほとんどです。
特にはかまを見て下さい。
正三角形でしょう
夏のときのような、弱ってきたから開きが速いなどといったものではありません。
スジもほとんどないので、洗ってもらって、そのまま調理できます。

hosaki02.jpg


直売所で販売している、パッケ-ジです。
一袋、約200グラム入りです。

このようなものを、もっと大きな袋に入れて、お届けの予定です。

なお、高菜につきましては、まだ2~3セット、大丈夫です。

本日は、28度まで上がり、5月の陽気です。
M以下を切り落としていますので、収穫量は、まだそんなに多くありませんが
糖度は上がってきています

本日の発送は、9件でした

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-20 23:51 | Trackback

今日は、予想通り、半そででも大丈夫な、ぬめ~っと暖かい朝でした

アスパラは夜に、萌芽し、伸びるので、こういった条件の日がもっともいいのですね。
もっとも、地温が20度以上ないとダメですが・・・

そのために、高温障害覚悟で(実際に障害は出ましたが)
3日間、50度近くまで上げて、その結果、本日から出始めています

まだ、高温の疲れもあるため、少しずつですが
「仕方ねえなあ、じゃあ、出してやるか」とアスパラが
話しかけてくれました。

ただ、まだ細いものが(といってもMクラス、ス-パ-で売っている
太目のものですが)多いので、それを次々に、短い段階で
一斉に切っています。

萌芽量は、一挙に増えたのですが、三分の二がMクラスです。

L以上を残して、全てきり飛ばしています。

普通のアスパラ農家では、絶対にこんなことはしません。
やっと出てきた商品ですので、そのまま伸ばして出荷します。
翌日には出荷できますから・・・・

ですが、当店では、L以上が必要なんですね。
昨年、楽天のお客様にお送りしたものも、ほとんどL以上。
そして、レストランにも数多く、納めさせていただいていますが
ほとんど、太いものを要求されます。

他の作物もそうですが、アスパラも切れば切るほど
次の芽を出そうとします。
ここへ来て、ようやく、芽を出そうとしていますので
刺激を与えて、次の太い芽を出させようという魂胆です。

徐々に太くなってきますので、発送量も、日を追うごとに
増えてくるものと思っています。


ところで、この切り飛ばした穂先ですが、近所の直売所で
飛ぶように売れています

別に規格外ではない、ス-パ-で売っているようなアスパラの
味の濃い部分ばかりですから・・・

明日あさってあたりまでは、この作業が続くと思います。
ですので、このような穂先が出てきます。

何十セットと販売できるような量でもありませんし
また、ここ数日しか出てこないものでもありますので
改めて、販売することは考えていませんが、アスパラも
長らくお待たせしていますので、もしご希望の方がいらっしゃいましたら
メ-ルにてご連絡ください

個人的には、無茶苦茶、お得だと思います。
味の濃い春芽、それも、一番味の濃い穂先ばかりですので・・・。
春のアスパラで、今後、穂先だけが出るということはありません。

また、露地野菜ですが、菜花類は最終段階に入ってきました。
ダイコン・青梗菜・ルッコラのつぼみは、ほとんど花になってしまいました。
ですので、あるのは、ほぼ菜花と白菜のつぼみです。
春菊も、結構大きくなってきていますが、こちらもあと少しでとう立ちです。
高菜は、あと80株程度、ご健在です
これもあと、少しでとう立ちなので、自分用にせっせと抜くことになります。

こちらもご希望の方がいらっしゃいましたら、リクエストください。
冷凍保存用に、高菜だけとかはお送りできます。

ところで、この高菜、あるお客様から、「塩でいためると美味しい
との情報をいただきましたので、早速やってみました

今では、もう病み付きです(これも、別のお客様からのコメント  笑)
今までは、塩でもんだものしか、炒めなかったのですが、これは美味しい

白菜なんかとは違って、味がちから強いですね。
ラ-メンに、パスタに(麺類ばっか)大活躍です。
この味もあと少しかと思うと、少し寂しいですね。

大好きなキヌサヤは、もう少しで、採れはじめると思います


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-20 00:17 | 食べること | Trackback

本日も暖かかったです
晴れたのは、ほぼ半日ですが、今日も50度以上に上げました。
通常、もう芽が出てき始めたら、ここまでは上げませんが
地温を上げるために仕方ありません。

そのため、もう出てきている芽の中には高温障害も発生しています。

明日からは曇りベ-スですが、湿度も高く、生暖かい日が続くので
アスパラにとっては、いい条件です。
明日からは、ハウスを閉め切っていても安心です
明日は、アスパラも少し高温にさらされた疲れを取ってもらって
明後日あたりから、調子よく行ってもらいたいものです。

とまあ、気をもむことばかりなのですが、もうひとつ春の幸せが・・・・

fukunisiki01.jpg

絶品の日本酒の取り寄せです

実は、ほとんどアルコ-ルはたしなまないので(嘘だという声もありますが・・・笑)
晩酌という概念は、私にはありません

以前はともかく、今は、仕事上の付き合いなどもありませんので
全く、呑むということがありません。

以前も、好んで飲むことはありませんでしたが
この酒だけは別でした

飲んでも全く、頭が痛くなるということもありませんし
かえって、体調がよくなるんですね。

兵庫県の山田錦の産地の銘酒で、知る人ぞ知るといった酒です。
かといって、プレミアムがついて、べらぼうに高値で取引されるといった
ばかばかしい酒ではありません。

そもそも、焼酎にしろ、日本酒にしろ、食べ物にしろ
何でも、ブ-ムになったら、もうお終いですね。
酒などは、商売っ気のあるところは、桶買いに走って
すぐに質を落としてしまう。

焼酎などでも、裏の話を知ると・・・・です。

ところで、この冨久錦、本当の(糠など使わない)純米酒しか作っていません。
その中でも、年に一回しか出ない、雫酒なんですね
3/16から発送開始で、予約していました。

これは、限定品の大吟醸ですが、他にも素晴らしい酒があります。
アルコ-ルがどちらかというと好きではない人間が、好んで飲みますので
(かえって、説得力にかけるかなあ?)
ここの酒は、オススメですよ

3/16というと、忙しいけれど、ほぼ春アスパラの発送も、半ばを過ぎて
お客様からの喜びの声も届いて・・・ほっと一安心。

自分へのご褒美として、年に一回いいかなあと思って、取り寄せたんですね。

ところが、今年はそれどころか・・・・

アスパラをご注文いただいた方も、それと同じような気持ちで待っていらっしゃる。

なので、これも、春アスパラが終わってから、お祝いにとっておくことにします

今日は、萌芽は増えてきたものの、まだ細いものが多かったので
本日の発送も、4件にとどまりました。

明日あさっての朝は、いいものが出てくる気象条件なので
少し楽しみにしています

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-18 22:52 | 食べること | Trackback

今日は暑かったですね
4月中旬の暖かさとか・・・どうなんでしょ!この変動の激しさは・・・

でも、地温も徐々に上がってきました。
かなり、開けていても、収穫時のハウス内温度は、40度以上です。
汗だくで、収穫し、ハウスから出ると、まだ風自体は冷たいですから
体調も崩しがちになってしまいます。

ところで、本日は、まだまだ細いものが多いものの
徐々に、糖度の高いものが多くなってきています
アスパラも本調子になってくれるのではないかと期待しています。

予報によると、明後日の朝が、びっくりするほど収穫量が増える条件なので
すごく期待しています

本日の発送は、4件でした。

ところで、アスパラはまだまだ不調ですが
春の幸せが、訪れました~!!

tityuukai01.jpg

イタリア食材の、それも絶品ばかりが届きました
地中海フ-ズ様からなんですが、有名なシェフも御用達の食材ですよ~!!

オリ-ブオイルに、ゆっくり乾燥もちっとパスタ、バ-ニャカウダ、アンチョビ、白トリュフ入り蜂蜜、
ボッタルガ、白トリュフオイルと、オ-ルスタ-です

tityuukai03.jpg

アンチョビです
すっごく好きなんですね
このアンチョビ、ハンパないくらい、美味しいとのこと、楽しみです

tityuukai02.jpg

白トリュフオイルです。
この大瓶は、昨年の春爛漫セットの商品写真で写っていましたね
数滴ふりかけるだけで、ホント、幸せな気持ちになれます。
オリ-ブオイルも、なんかすごそうです!
旨みを逃さぬよう、フィルタ-を通していないので、ビンの底に
オリ-ブの成分が沈殿しています。

やっぱり、こういう手間をかけられたものは、いいですよね

パンフレットには、スタッフの方が ワインを片手に!!作ったパスタのレシピなどが
添えられています
美味しそうです!

パンフレットやHPも、なんか楽しそうです。
会社が、町田の鶴間にあるとのこと、緑が広がるところですから
(今はどうか知りませんが・・・・)精神的には、余裕が出てくるのかもしれませんね。

もうひとつ、春のしあわせが来ましたが、それは、また明日

私自身も、幸せになれるようなアスパラをお届けしますといっていますので
早く、みなさまに、幸せをお届けせねばなりません

これまでの販売分の発送が完了してから、ゆっくりと私も幸せを感じたいと思っています

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-18 00:37 | 食べること | Trackback