エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2009年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ゴボウの力


とう立ちさせて、花を咲かせ、種を採取使用と思っている
大浦ゴボウ、こんなになってきました

gobou02.jpg

高さが1.5メ-トルを超えています。
誰が見ても、ゴボウとは思えません。

普通ゴボウの葉っぱは、キャベツくらいのものなんですね

その上、いっこうに、とう立ちする気配がありません。
どこまで成長するんでしょうか
楽しみでもあります。

gobou03.jpg

葉っぱはこの大きさです。
葉っぱの上にのっているかえると比較してください。

この大浦ゴボウ、在来種ですので、もともと力強いですが
これが野菜の生命力なんですね。

大量に植えている、イタリアンパセリも大きくなってきました。
上手くしたもので、2年目の株は、暖かくなってきたら、とう立ちし始めました。
(イタリアンパセリは、2年草なんですね)
今年植えつけたものは、とう立ちしていません。

とう立ちした、ものは、いきなり葉っぱの形が異なってきます。
(明日画像アップします)
その葉っぱを食べると、甘い
ほんのりと甘さを感じると言うレベルではなく
噛んでると、しっかり甘いです。

種に栄養を送り込むために、糖分が上に上がってきているんですね。

自然というのは、上手くできているものです。

今回の野菜セット、明日で発送が終わりますが
エンドウがなくなりつつあります。
明日から、夏のようになるとのこと、一気に終わるように思います。

いろんな野菜が、徐々に大きくなりつつあります。
大好評のニラも、株分けしましたので、5月中下旬には
幅の広い、肉厚で甘いものを、セットに入れられると思います

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-29 23:09 | Trackback

アスパラの現状です!


夏のアスパラや、規格外のリクエストが寄せられていますので
久しぶりに、アスパラの現状を・・・

rikkei01.jpg

これが今の立茎状況です。
もうスカスカ
細いものばかりです。この太さだと、80センチくらいまでしか伸びません。
まるで、新植1年目に戻ったようなものです。

rikkei03.jpg

いつになったら、太い物が出てくるかと試してみたら
こんな風になってしまいます。

rikkei02.jpg

かと思うと、こんな太く元気なものが、まれに出てきたりします。
もうわけが分かりません。
6年目の株ですから、人間で言えば働き盛り
昨年まで、あんなに太く元気なものばかり出ていました。
そして、今年は貯蔵養分もあるのに、まるで、貯蔵養分以上に採り尽くしたかのような
あるいは、新植1年目に戻ったかのような・・・。

人間で言ったら、今まで順調に出世して、40台半ばで上場企業の社長に抜擢されて
バリバリやっていた人が、ある日を境に、
いきなり幼児の言葉を発するようになったのと同じようなものです。

かと思えば、時折、経済を語りだす・・・と言った状況です。

この親では、1年間持ちませんし、来年春に向けて養分を貯めこむこともできません。
それ以上に、こういう茎葉では、病気にも弱いので
少しでも、太いものが出てきたら、それに更新していかなくてはなりません。

今年は、ほぼ毎日、その作業のために
長時間、熱風のハウスの中に入らなくてはなりません。


約、6000株を、毎日順番に、剪定していきますので
かなり大変です。
でも仕方ありません。

rikkei04.jpg

これ、昨年の5/11の画像です。
力強さが違うのがお分かりかと思います。

一方、どこかの段階で、太く元気なものが出始めてくれることも期待しています。

とにかく、気を抜かず、やりきるしかありません。
ですので、現段階では、夏アスパラが販売できるようになるか否かは
不明です。と言うより、限りなくゼロに近いかもしれません。

それにしても、アスパラはわからぬところが多い作物です。
温度や湿度に、非常に敏感で繊細な一方、雑草のような強さがあります。

asupara10.jpg

小さくて、分かりづらいですが、露地に植えた苗です。
ここ数日、非常に寒く、植えている畑では、10メ-トルを超す強風が
常に吹いていました。
でも枯れることも無く、次の茎が出始めました

asupara11.jpg

ハウス外に積んである、全刈りしたときの残渣からも
次々に芽が出てきています。
かき出した、畝の上の堆肥の中に、こぼれた種が混じっているんですね。

まるで雑草のような強さです。

この強い面が、出てきてくれると信じています。

ところで、エシャロットですが、今回のセットで太ったものを
かなり使いましたので、エシャロットの単品販売は、もう少し
太ってからにしようと思います。
ですから、5月中旬になったら、販売できる予定です。
量は、まだまだありますので、ご安心くださいね。

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-29 00:13 | アスパラ栽培 | Trackback

寒っ!


寒いですね~
2月中旬の気温らしいです。
今はもう晴れて、風もありませんので、明日の朝は霜が降りますね。
外の気温は、現在6度まで下がっています。

明後日から暖かくなって、今週末は夏日との予報です。
こりゃ、植物も体調を崩すはずです。

ume01.jpg

ume02.jpg

梅の実が大きくなり始めました

今年は、梅の表年です。
昨年は、ほとんど成りませんでした。

それを見越して、根本のところに、余った堆肥やら、野菜の残渣やら
雑草の刈り取ったものなどを積んでおきましたので
良い出来具合です

例年は、アスパラが忙しく、実を取る暇も無いのですが
幸か不幸か、今年はせっせと収穫です

梅干にしても、美味しかったので、これ販売しますよ~
と言っても、実質木が2本みたいなものですから
量は少ないですが、一応、無農薬の南高梅です。

ume03.jpg

これがメインの木です。
年末に剪定しても、剪定しても、
(上に電話線がありますので、刈り込む必要があります)
元気な木です。

ume04.jpg

残り、2本です。
この家に来たときには、間にもう1本ありました。
道路に面しているし、(車はほとんど通りませんが)
枝が絡まりあっていたので、数年前に、ほぼ坊主にしました。

こちらも、今年初めて、実をつけ始めました。
恐るべし、南国の気候です。

バックは竹林です。
ほぼ原生林
筍、採り放題です。
もちろん、所有者の承諾あり、と言うよりも
依頼があります。
「採っていいですか?」と聞くと、必ず
「何本でも、できれば全部とって行って」と言われます。
翌日には、他の数人の方から「筍、要るの?」と聞かれます(笑)
筍のときに採れば、切る必要がなくなりますから。

このあたり、手が入れられない竹林だらけです。
だから、夏はやたら蚊が多い
下手に入ると、マムシも、スズメバチもいます。
でも台風のときは、風を遮ってくれるので助かります。

自然は、何でも人間の都合よく行かないものですね

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-27 23:51 | Trackback

植樹祭?


野菜セット、またまた、売切れてしまいました。
本当に少なくて、ゴメンナサイ

もっと売りたいのですが、何にしろ、絹さやが、
自家用としてしか植えていませんので、少ないのです。
その上、3月の冷え込みの際に、吹き荒れた季節風で
数株が、傷んでしまい、枯れてしまいました。

今も、10メ-トル以上の風が吹き荒れていますが
(この時期になって、この冷え込みはなんなんでしょうね
明日から数日は、遅霜の可能性ありらしいです。

そんなこんなで、今確実にお届けできるものは8セットだけです。
ただ、来週後半から、ピ-クが来ると思いますが、
その後まだ元気であれば、あと同じくらい追加できるかもしれません。

エシャロットは、30~40キロくらいはありますので
単品でも、十分追加できます

今日から順に発送していますが、やっぱりエシャロットは
昨年より早く植えつけたのがよかったみたいで
昨年よりも太ったものが、お届けできます

今日は、うちでも、このエシャロットとイタパセを使って
タルタルソ-スを作って使ってみました。(お客様に教えていただいた)
美味しかったです

イタパセやニラも入れていますので、お楽しみに

さて本日は、植樹祭?でした。

ro-rie01.jpg

レストランに販売するため、月桂樹(ロ-リエ)の苗を買ってきて
植えたんですね。
深さ、1メ-トルくらい掘りました。

やっぱり、百姓の身体になってきたんでしょうか?
このくらいの穴なら、大した苦も無く、掘ることができるようになりました。
画像を見ると、腰の入れ方が違いますね~
就農当初なら、これだけで息が上がっていたと思います。

でも写真を撮るときは、帽子をかぶらなければいけませんね~
頭が白い上に(これは、前からそうでしたが。 このように見えても苦労してたんです 笑)
額も頭の上も、砂漠化してきている
いっそのこと、スキンヘッドでもいいのですが

ro-rie02.jpg

堆肥や、腐葉土などを入れ

ro-rie03.jpg

有機のぼかし肥料を、根鉢の周りに入れて

ro-rie04.jpg

埋め戻して完成です。
ここまで、所要時間5分でした

と言うのも、この場所、西風だと海からの風が吹きぬけるところです。
今日は寒かった
ですから、この露地畑、台風が来たら、地物以外は
かなりの確率で全滅になるところです。
こればかりは仕方ありません。

先日から、定植した苗ものは、順調に活着してくれました

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-26 00:36 | 野菜栽培 | Trackback

ソラマメが、そろそろ、収穫適期に入ってきました

soramame03.jpg

鞘がつやつやし始め、黒い筋が出てきました。
これが合図なんですね。
下のほうは、あと数日といったところでしょうか

同じ豆の、絹サヤも、明日の夜からの雨のあと、最後の花が咲き出して
実がなって、それが終わりになるかと思います。

esyarotto06.jpg

エシャロット、相変わらず美味いです

エシャロットは、かなり量があります。
20~30キロはいくかもしれません。

ソラマメは、自家用だけを念頭においていたので
あまり量がありません。
ただし、大きさ、品質は抜群です。
害虫もまったくつかなかったので、まったくの無農薬です。
(こればかりは冷え込んだのがよかったのでしょう)
さやも大きいので、これは単品で販売予定です。
本当に、自家用野菜のおすそ分けです。

絹サヤは、こればかりと言うのも、さびしいので
エシャロットとのセットで販売します。

採りたてが特に美味しい野菜ですので、朝採ったものを
当日(出来れば、午前便)で発送します。

その後エシャロットとソラマメの単品販売です。

そうこうするうちに、小松菜やラディッシュ、そして、あの、青梗菜です。
南高梅も今年は、表年。
これも販売します

もうなんでも販売です(笑)
頑張っていれば、アスパラもわかってくれるかもしれませんね

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-23 23:38 | Trackback

田んぼとバカ貝その2


もうそろそろ、田んぼの草払い(雑草刈り)をしなくちゃなあ
と思って、田んぼを見に行ってきました。

いやはや、晴天で良い気持ちです
生活の危機と言っても、お天道様は、降りそそいでくれるし
気持ちの良い天気も続いています
このあたりが、派遣きりにあった人たちと比べて、恵まれているところです。

tannbo01.jpg

早期米は、田植えが終わっているのですが、うちでは普通作なので
6月に田植え、10月に収穫になります。
草払いは、明日からの雨のあと、もう少し伸びてからのほうがよさそうです。

bakakai02.jpg

bakakai01.jpg

と言うことで、吹上浜に、引き潮の時刻だったので
おかずを採りに(笑)寄って来ました

いましたいました
平日にもかかわらず、他県ナンバ-の車も
そして、今までにはあまり見なかったような貝も

蛤のような大きさです。
こちらでは、「何とか」と言うそうで(聞き取れなかった  笑)
砂をかなり掃かせたほうがいいらしい。
で、まだ食べてないですが、少なくとも見かけは美味しそうです

tyabatake01.jpg

近所の茶畑も、新芽が出て、これからは忙しそうですね。
よくありますよね、旅番組で、新茶の天ぷらなどと言うのが・・・
一度食べてみたいと思っているのですが、どんな味だろうと思って
新芽を食べてみました。   苦かった・・・でも最後には、茶の味がしましたよ。

お茶農家も、知り合いがたくさんいますが、なかなか大変そうです。

mugi02.jpg

mugi01.jpg

麦畑では、麦秋です。
夏の季語ですね。だから、もう夏の日差しです

来週は、GWです。
これからどんどん、畑の作業が増えてきそうです

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-23 23:37 | 風景 | Trackback

案ずるより産むが易し


今週中に、箱バンの車検を取る必要があったので
ユ-ザ-車検に行ってきました

「金は無い、時間はある」のグリ-状態ですから(笑)

syakenn01.jpg

以前にも5~6回、自分で整備して、持ち込んだことがありましたが
年々、親切になってきています。

10年位前、熊谷に行ったときには「この素人が~」みたいな感じだったのですが
今は、本当に親切ですね。

軽自動車なので、陸運事務所のコ-スよりも短いですが
検査項目はほとんど一緒です。

今はマルチテスタ-と言って、細かく移動させる必要が無いので
すごく楽です
おまけに、電光掲示板の指示が頗る分かりやすくなっています。

車検費用も最低限で済みますよ。
でも整備は別です。ブレ-キパッドの交換や、フル-ドの交換などは
自分で行いましたが、シリンダ-の分解まではできないので
お金ができたら、後日頼もうと思っています。

車検と言うと、なかなか大変そうに思いますが、検査自体は、ものの5分で終わります。
難しいものではありません。

以前、住宅ロ-ンの借り換えの際、抵当権抹消登記を司法書士に依頼したら
「司法試験をやっていたのなら、自分でやりなさい」とやんわり断られ
(忙しかったんですね)登記官に教えてもらいながら
登記したことがあります。

百姓というのは、いろんな仕事をせねばならないから
らしいですが、なんでも自分でやってみなければ
気がすまない性格に向いているのかもしれません。

いいのやら、悪いのやら

アスパラの植え付け前も、ユンボで溝を掘ったり
タイアショベルで堆肥を運んだりとか、まさか、農業をするのに
重機を操作することになるとは思いませんでした

ハウス建設 015.jpg

世の中、案ずるより産むが易しですね


[PR]
by chikomomorara | 2009-04-22 00:31 | アスパラ栽培 | Trackback

本日のアスパラの状況です。

asupara08.jpg

かなり重症です
何でこういう風になったのか、まったく不明ですが
春のアスパラを極限まで採り尽くしてしまったかのような
あるいは、どのハウスも全面、土壌に障害が起こったか?

どちらもまったく、身に覚えが無い
(むしろ、ほとんど採っていないし、堆肥も肥料も従来よりも良質のものを
使用しています)ので、不思議なのですが

とにかく、こうなったら、細いものでも、立てて早く光合成させ
元気をつける、その後、少しずつ太いものに更新していくしか
方法はありません。

ですので、規格外のものも立茎しますし、しばらくは収穫不能です。

したがって、予定していたアスパラジェラ-ト、開発凍結です。
美味しいアスパラをふんだんに使えるから、作ろうと思っていましたが
少なくとも、一年間は無理そうなので・・・

ホワイトもグリ-ンも美味しかったのですが・・・
来年以降、できれば再チャレンジしたいと思います。
待っていてくださいね


roji05.jpg

露地畑、苗を買ってきて、急ぎ植え始めています。
ミニトマト、ナス、万願寺とうがらしなど、本日はハ-ブの苗も買ってきました。
いずれ種から育てることになりますが、すぐにでも大きくしないといけないので

roji07.jpg

お得意の?青梗菜・小松菜・ラディッシュなども芽を出し始めました
実は、これらの野菜、誰が作っても簡単なのです(笑)

青梗菜たっぷりの(笑)野菜セット作りますので、よろしくお願いします

正直言って、ハウスに入ると、アスパラの悲鳴が聞こえてきそうで、激しく落ち込むのですが
こうして、外で作業をしていると、和みます。

今アスパラは、重篤の患者なので、とりあえず見守るしかありません。

roji06.jpg

いろんなことを考え、露地でもアスパラを植えてみました
やっぱりアスパラはいいですね
好きなんでしょうね。本当はもう少し大きくなってから植えたほうがいいのですが
「早く大きくなれよ!」と、声をかけながら植えていると、ハウスに小さな苗を
植えた、6年前を思いだします。

友人からもメ-ルをもらいました。
「柔らかくてスジの感じない、ちょっと甘いアスパラなら細くてもいいのでは?」と
確かに「世界一の美味しさ」だの「できるだけ太いものを」だの
気負いすぎていたかもしれません。

安全で、新鮮でみずみずしく、ちょっと美味しいアスパラなら多少細くても
いいのではないか?他のアスパラのほうが美味しければ、それはそれでいいじゃないか?
と思い始めました。

実は、先日のエシャロット(食べて見ましたが、美味しいです)と
イタパセ、ニラなど、絹サヤ好きの知人にお送りしました。

とても喜ばれ、楽しい夕食だったそうです。

その方のメ-ルには「美味しさだけでなく、楽しい時間を有難うございました」
とありました。
こういった、ほのぼのとしたところを忘れていたのかもしれませんね。

もう少し肩から力を抜いて、原点に戻れと、アスパラが教えてくれたんだと思います。
教えてくれた、アスパラ、必ず元気にしてやろうと思います


[PR]
by chikomomorara | 2009-04-20 22:37 | アスパラ栽培 | Trackback


エシャロット、刻んで食べてみましたが、この時期ならでは
美味しいです

春の味ですね
血液もさらさらになりそうで、いいですよ

esyarotto05.jpg

昨年は5月下旬ころが、最も太っていましたが(それ以上あとになるととう立ちします)
今年は植えつけるのが早かったので、もう少しで販売できそうです

しつこいですが(笑)買ってくださいね~

itapase01.jpg

イタリアンパセリ、もいい緑色です
露地で育っていますので、味が濃いです。
それに甘い

kasuterufurannko01.jpg

高級野菜、カステルフランコもこの通り
緑色で単なるレタスみたいになってきましたが、レタスだとこんなに力強くありません。
野生に近いからでしょうか

種を取るためにとう立ちさせています。
どんな色の花が咲くんでしょうか

これは、頗る苦いため、さしもの南国の虫もまったく寄り付きませんでした。
無農薬でOKなので、これも大々的に栽培します。

oouragobou02.jpg

大浦ゴボウ、日に日にすごいことに・・・
葉っぱの大きさに注目です。
人の顔、5つ分くらいあります
ネギと比べてください。

これも、在来種なので、これから種を採取します。
木の根っこみたいですが、煮炊きすると病み付きです

soramame02.jpg

ソラマメも、3粒鞘(大きい豆が3つ以上入っているもの)ばかりです
努力が少し報われました
これももう少ししたら販売です

nira02.jpg

ニラも相変わらずウマイ

野菜セットであろうが、単品であろうが、もう少ししたら販売しますので
買ってくださいね~(しつこいか?)

利益の出るか価格ですから、安くはないですが
楽天会員が好きな、「訳あり」ですよ

訳は「仁左衛門を救え」ですっ

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-19 01:38 | 野菜栽培 | Trackback

バカ貝とアスパラガス


多くの励ましのお言葉をいただき、有難うございます

昨日から、ご注文内容の変更と、キャンセルの手続きを行っています。
腹はくくりましたので、かなり楽になってきました。
(お客様には大変申し訳ないのですが

やっぱり、「行きますぜ!隊長!!」とはしゃいだのがよくなかったんでしょうか
また、アスパラ最盛期に咲く白モクレン、今年はアスパラが出ていなかったときに
さっと咲いて、散ってしまいました

「もうアスパラも終わりかなぁ」などと冗談でも言うものではないですね

ところで、エシャロット、少し収穫してみました。

esyarotto04.jpg

昨年よりも早く植えたので、育ちは早いです

esyarotto03.jpg

ハウスのこんなところに植えています。
できは頗るいいですね
今年は、販売前提に、今までの4倍植えていますので量はOKです
買ってくださいね~

こうなりゃ、何でも売りますから

エシャロットを切っていたら、後ろに・・・

asupara06.jpg

これまた、出始めたばかりのきれいなアスパラです。
でもその横には、細いものが・・・


asupara07.jpg
こんなヒョロヒョロのものを親茎として立てねばなりません。

アスパラ農家が見たら、びっくりしますよね。

でも、今年1年、細心の注意を払って、いいものに更新していくつもりです。
と言うか、何が何でもせねばなりません。

お客様にご迷惑もかけましたし、皆様にもご心配していただきました。

来年は、またまた、驚くような甘いアスパラでお返しをしますから
待っていてくださいね

ところで、近くの吹上浜では、石貝と言う、アサリのような小型の貝が採れます。
(それを売ると言うのもいいかもしれませんね  笑)

今年は、異変で、バカ貝が大量に採れ始め、近県からの方々で
にぎわっているらしいです。
こんなことは、古老によると(古老ばかりですから・・・)20数年前も
一度あったらしい。
10数年ぶりの降灰といい、なにやら、ひたひたと変わり始めたような・・・

怖いのは、バカ貝が採れたその年、すごい台風が来たとか・・・

こればかりは、避けたいところです。
心配ばかりしていても仕方ありません。

前進しますよ

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-19 01:37 | アスパラ栽培 | Trackback