エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


今、採れはじめているアスパラ、明日の20時から販売開始します
とりあえず、100セット販売しますので、PCの前で待っていただく必要はありません。
(もっと、売り煽らなくちゃいけないんですが・・・

昨日、書きましたように、規格外として販売します。

wakeari01.jpg

こういった、アスパラになります。
これは、本日、野菜セットにお入れした、そのものです。

規格外といいましたが、十分、正規品として通用するものです。
市場に持っていく場合は、正規のA品として持って行きます。

wakeari02.jpg

これは、昨年、規格外のアスパラを販売するときに撮影したものです。
今年は、ごつごつしていたり、扁平だったり、極端に曲がっているようなものは
見当たりません。

画像を比べても、はかまの形が、あまりとがっていないのがお分かりかと思います。

ただ、こうやって見ると、今年のほうが養分はありそうなんだけれども
やっぱり、弱々しい感じです。

ともあれ「訳あり」として販売することにしました。
その訳は、以下のとおりです。

1 今後も、親を立て替えていくため収穫量が少なく
  1日に、5~10キロほどしかお送りできない。

2 梅雨を控えており、日照量が少なくなると、細くなったり
 色が薄くなってくる可能性がある。

3 当店のアスパラを楽しみにしていただいている方が多く
 今年の春以降、励ましていただいた事に、感謝したい。

主に、以上の3点です。

発送開始は、来週から天候を見ながら、発送していきます。
当面は、多くても10名様くらいしか、毎日発送できないものと思います。

雨天や、曇天が続く日は、できればお送りしたくないので
(美味しくなくなります)
出来るだけ、お届けの指定は、曜日か時間帯にとどめてください。

内容量は、すべて1キロ、価格は送料込みで、2680円です。

なお、このアスパラは、野菜セットにも0.3~0.5キロ入れていきます。
正規の夏アスパラは、梅雨を無事乗り切ったら、販売・発送開始できると思います。

正規品として、お送りすることが可能になったら
規格外として販売することはなくなると思います。

その時期になって、規格外がでてくるということは弱っているということですし
そうなると、正規品自体が、販売できなくなっていると思います。

ところで、アウトレット野菜、販売することにしました
販売というか、野菜自体は無料で差し上げます

野菜を栽培していると、いろんな理由で、ある野菜が余ってきたり
商品としては、どうもなあということがでてきます。

例えば、現在ですと、小松菜がそうです。
秋なら、成長も遅く、最後に残っているものも、寒くなってくるので
より美味しくなる。その上、虫も少なくなってきます。

今はまったく逆

komatuna02.jpg

こういう風になっています。
青虫がかなり増えているので、穴も多く、今は野菜セットに入れていません。
ですから、残ったものは、さらに大きくなり・・・です。
でも、正真正銘の無農薬、持ち帰っては、毎日食べています
まるで、青虫のような毎日です

tinngennsai01.jpg

tinngennsai02.jpg

青梗菜も、もうそろそろ終了です。
でも、まだまだ食べることが出来ます。
でもわざわざ、取り寄せるほどのものでもありません。

近所に住んでいらっしゃったら、いくらでも無料で差し上げると思います。
(鹿児島市内のかた! いつでもいらっしゃってください!)

今までは、近所に配ったり、後は畑の肥料にしていたのですが
数人のお客様から、ペットのえさにというご希望をいただいたことがありました。

そこで、今回から、ほぼ送料のみの1280円で販売することにしました。
100サイズの箱に、詰め込めるだけ詰め込みます。

もちろん、我が家で食べるレベルのものを送りますので
人間が食べることも十分可能です。
ス-パ-などで、野菜の見切り品がありますよね。
あれよりも、いいレベルのものとお考えください。

もちろん、無農薬で、収穫当日に発送いたします。

今回は、小松菜・青梗菜ですが、この次は、ラディッシュ、ミズナあたりが
参加してきます。

ご希望の方は、是非
出来るだけ早く、商品ペ-ジをアップし、来週から販売する予定です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-30 00:55 | Trackback

夏野菜たちと夏アスパラ


今日も曇りの予報なのに、午後からカラッと晴れてくれました
もうそろそろ、梅雨なのですが、今のところはいい具合に、2~3日晴れては、少し雨が降り
といったいい気候になっています

こちらでは、雨が降るときゃ、本当に降ります。
どんなに晴れていようと、ものの10分で変わります。
それも、「降っていいですか~?じゃあ、降りますよ~!」
といったような、豪快な降り方が多いです。
スコ-ルのような降り方ですね。

しとしとと何日も降り続くようなことは余りありません。
梅雨でも同じです。
ところが、2年続いて、何十日も雨が降り続く年が続いています。
特に昨年はひどかった。

今年は、本来の梅雨になって欲しいと、心から思います。

雨と晴天が交互に来る天候は、露地野菜にとって天国です
ということは、同じ植物である雑草の伸び方も凄まじい
ということで、本日も、収穫・調整・発送以外はすべて、除草です。

manngannji01.jpg

万願寺とうがらしです。
花が咲き始めました
収穫はあと一週間後くらいでしょうか

tomato01.jpg

トマト(シシリアンル-ジュ)は実がついていますが、まだ色づいてはいません。
晴天が続くと、これも一週間後くらいでしょうか

nasu01.jpg

ナスも、強そうな葉っぱが出始めました。
小振りな葉っぱと、紫色の色合いがわかるでしょうか
頑丈な根を張らせるため、定植初期は、肥料も抑え、じっくりと生育させています。
これも、1~2週間後くらいから収穫です。

zukki-ni03.jpg

ズッキ-ニもどんどん実がつき始めています。

nira01.jpg

一番初めに、株分けしたニラです。
葉っぱが増え、開帳してきました
この株間を見てください
営業用なら、この3倍はこの面積に定植します。
採算性度外視の栽培ですね(笑)
その分、日当たりがよく、健康で味の濃い野菜に仕上がります。
ここは、昨日除草したところです。
奥のほうがまだ残っています

negi01.jpg

九条ねぎです。
これまた贅沢な、畑の使い方です
ねぎは「自分の影も嫌う」というほど、日商が必要なんですね。
生育もよく、病気のリスクが逓減できます。

本来、寒いほうが美味しい野菜ですが、まあそこそこ香りがあります。
大きくなってきたものから、野菜セットにお入れしています。

toumorokosi01.jpg

露地のアスパラの間に、ミズナ、トウモロコシです。
ここも除草の毎日です

ninnjin03.jpg

除草といえば、もっとも大変なのがニンジンです。
ニンジンは、初期成育が遅く、すぐに雑草に追い越されてしまいます。
そうなると、消えてしまいますので、こまめに除草の必要があります。
その上、間引きが大変な野菜です。
でもこの間引き菜が、美味しいんですね

ちなみに、このような露地野菜、プロはどうしているかというと
除草剤を上手く活用します。
でなければ、面積をこなせない。
ここに移っている面積のニンジンなら、普通の栽培で普通の流通なら
5000円も売り上げがないですから・・・

米にしろ、野菜にしろ、除草剤や農薬を否定しているわけではありません。
規定どおり使えば、安全ですし、そのような作り方が普通ですから。

むしろ、大面積でありながら、無農薬、虫もついていないきちんとした形の
野菜ばかり、雑草もほとんど生えていない、こんな風景のほうが
怖いと思っています。

ところで、今週末から販売予定のアスパラガス。
梅雨明けまでは、規格外の訳あり一本で行く予定です。

規格外といっても、ほとんど正規品と同じです。
このあたりの画像と詳細は、明日アップします。


[PR]
by chikomomorara | 2009-05-29 00:15 | 野菜栽培 | Trackback

ロマネスコ


ロマネスコが、出来てきました

romanesuko01.jpg

といっても、食べたこともないし、栽培したこともないのですが

レストラン(主にイタリアンの)に野菜をおろしている関係で
このようなイタリア野菜には、どうしても目が行ってしまいます。
苗が売っているのを見て、「これは喜ばれるのではないか?」
と買ってきて植えてみた。

でもこうして、出来始めてみると、どうも、気持ちがよろしくないですね

そもそも、カリフラワ-が嫌い(もそもそしているので)
ブロッコリ-なら、まだ許せるかなという嗜好なので・・・

また出来ているのを見ても、どうもぶつぶつしていて
やっぱり、どうかなあといったところです。

でも、意外と美味しいかもしれませんね。

ところで、このほかにも、花ズッキ-ニやトマト
ハ-ブ類はほとんど業務用です。

そのうち、大量に出来始めるまでに、楽天でも業務用に販売したいなあ
と考えています。
収穫当日に直送できますし、鮮度のいいものを
お客様に提供していただけるのは、生産者としても嬉しい限りです。

また栽培履歴や、栽培の状況など、情報も提供できます。
こういったことは、生産者ならではと思っています

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-27 23:59 | 野菜栽培 | Trackback

南国の花


この花、なんだか分かりますか?

tokeisou01.jpg

何と言うか、強そうな感じが、南国の花そのものといった風情です。

正解は「パッションフル-ツ」の花なんですね
といっても、自分で作っているわけではありません。

近所の農家が栽培しているのを、撮らしてもらいました。

この花、別名「時計草」なんですね
はじめて見ましたが、ホント納得ですね

ところで、昨日書きました小松菜の被害
かなりのものになってきましたので、野菜セットに入れることは
あきらめましたので、ご了承ください。
その分、他の野菜で調整させていただきます。

また、ご要望が多いのが、ニラなんですが
これまた、秋からの収穫目指して、株分けし、ただいま株養成中ですので
こちらはしばらく(1ヶ月ほど?)時間がかかります。

ニラは、アスパラと同じゆり科なので、よく似ています。
ご要望が多いのは、日曜日にTVで放映されていたからでしょうか?
なんていう番組でしたっけ?ベッキ-がやっているあの番組
あれで「一番ニラ」が出ていましたね~

美味しそうでした
アスパラで言うと、「春アスパラ」と同じなんですね。
みずみずしくって、本当に甘いです。
でも、次々と葉っぱが出てきて、株が混みあってくると
葉っぱも細くなってしまいます。

だから、株分けが必要なんですね。
株分けしたものは、夏の太陽を浴びて、秋に美味しいニラを出してくれると思います。
もっと早く株分けしたものがありますので、それは、あと一ヵ月くらいでしょうか?

本日も、あの「魔法の☆パセリだれ」にはまったままです
炒めたパセリ、0.5キロくらい食べてしまいました
炒めただけで、あんなに美味しくなるんですね。
絶対のオススメです

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-27 00:02 | 野菜栽培 | Trackback

ピ-は痛かど~!!


本日も除草です
この時期が、1年でもっとも雑草が伸びる時期なんですね。
また、雑草もタイミングを逃すと、手間が2倍・3倍に増えていきます。
そうなると手におえなくなってしまいます。

農作業って、ホント、タイミングですね。
生き物相手の仕事はすべてそうなんでしょうね。

ところで、除草で、もっともいやなこと。

pi-01.jpg

この草の除草なんですね。
よ~く見てください
棘がありますね。
これで、高さ3センチほどなんですが、この大きさでも
このとげは、めっぽう強烈です

抜こうと思って、手を触れると必ず刺さります。
痛いんですね
また、刺されたところに、とげの先が残ることもあります。

でも何とかして、抜いておかないと、大きくなると、両手で引っ張っても
抜けないほど根を張ってしまいます。

正式名称は分からないですが、こちらでは、「ピ-」と呼び習わしています
(なんで、ピ-なのかよくわかりませんが・・・笑)
まあ、南国特有の「てげてげ」なんでしょう

秋になって、ショウガの収穫などでは、このピ-が残っていると
あちらこちらで、「ピ-は痛かど~!!」という声が聞こえることになります。

今度借りた畑に、けっこう生えていますが、根絶しておかなければなりません。

ところで、昨日から、モンシロチョウが飛び回り
小松菜や青梗菜が、かなり食われ始めました。
穴だらけになってしまうと、商品としてはいかがなものかと
思います。
もしかすると、あと2~3日で小松菜終了になるかもです。

今最もオススメなのが、イタリアンパセリです。
実は、あるお客様のコメントに、「パセリご飯」というフレ-ズに
びっくりしました
「パセリとご飯?どんな食べ物だよ?」ということで
早速ググって見ました。

ありましたよ~

「魔法の☆パセリだれ」というのが
なんと、パセリを、炒めるらしい
で、早速作ってみました

paseri01.jpg

これ、禁じ手の味ですね
ホント、ヤバすぎですこの味は

ぜひお試しください

あっという間に作れますよ~

レシピは、こちら
↓  ↓  ↓
vege dining 野菜のごはん
でも難点が・・・これを作るとなると、パセリが膨大に必要です。
で、野菜セットで、イタパセ増量ご希望の方は、ご連絡ください。
イタリアンパセリも、今が絶好調!
一年を通して、最も美味しい時期です。(その次は秋かな)
また、下世話な話ですが、今お入れしている野菜の中で、アスパラの次に単価が高い。
箱いっぱいでも、ご希望があれば、お入れしますよ~


青梗菜再び登場です!今回はラディッシュ、小松菜、規格外アスパラが入ります!自家用無農薬野菜のおすそ分け、アスパラが入ります

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-26 00:44 | 野菜栽培 | Trackback

トンビの襲来?


まあ、見てください

tonnbi01.jpg

まるで、ヒッチコックの「鳥」です。
すべて、トンビです
これ、けっこう怖いですよ~

tonnbi02.jpg

こんな至近距離まで
望遠で撮っているわけではありません。
5メ-トルくらい上空です。

海が近いので、トンビはよく見かけます。
畑でも、ねずみなどを捕っていくのか、よく、急下降してロ-パスすることがあります。
でも、こんなに近くて、多いのは初めてです

晴れてさわやかな気候のときに、「ピ-ヒョロ。ピ-ヒョロ~」と鳴き声を聞くと
まるで、「美味しんぼ」の世界ですが、さすがに、少しビビりました

tonnbi03.jpg

あま塩を買いに、いったところ車を降りたら、目の前を、トンビが
1メ-トルくらい、目の前をそれも次々と

アジの開きを作っていた人が、そのわたで、餌付けしていたんですね~
まあ、すごい迫力ではありました

今日は、ホタルも見に行きました
今週末、修学旅行の中学生が来るんですが、ホタルが見られるというので
連れて行ってやろうと思っています。
まずは、偵察に

といっても、車で5分ほど走ったところなんですね。
これまた、感動でしたよ~
実は、都会育ちなので、ホタルを見たのはこれで2回目
始めてみたのは、青森の青荷温泉です。
こちらは、ランプで有名な、山の中ですが、今日見たところは
山の中でもない、車でいける、川のほとりです。

それだけ、住んでいるところが、秘境なんでしょうか(笑)

かなりの数でしたので、今週末はぜひ連れて行ってやろうと思います。

今週末といえば、アスパラの販売を、5/30から開始するつもりです。
少しずつですが、芽の出方も増えてきています。
夏アスパラとして販売するか、規格外の訳ありアスパラとして販売するか
あるいは、両方とも販売するかは、木曜日まで状況を見て判断する予定です。
お楽しみに~


青梗菜再び登場です!今回はラディッシュ、小松菜、規格外アスパラが入ります!

規格外のアスパラが、3束以上(0.3~0.5キロくらい)入りますので
これもオトクになっています

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-24 23:46 | Trackback

いきなり、光明が!


いきなり、一筋の光明が差しました

何と言っても、久々に嬉しい出来事です

先日から、光合成で出てくる、夏のアスパラがちらほらと出始めました
と書いてきましたが、本日は、あちこちからいきなり出始めました~

ホント、良かった良かったです

asupara07.jpg

これがハウス一棟分の収穫です。
昨日は、2~3本。
細いものを立て替えてもこの量です。

もっとも、正常なときの夏の収穫量はこの何倍もあるんですが
特筆すべきは、比較的太いものが、いきなり出てきているという点です。

asupara08.jpg

まさか出ているとは思っても見なかったので、露地の除草を終えて
収穫を始めたのが、夕方です。
かなり伸びているものが多かったので、本来ならば穂先がもっと開いても
おかしくないのですが、穂先も開いてはいません。
細い親が多く、立てるだけ立てているので、日影になっているため
色が白いのが難点です。
それ以外は、はかまも正三角形で、糖度があることが分かります。

帰宅して、糖度をはかってみたところ、8度以上あり
夏芽としては、いいじゃあないですか

asupara05.jpg

これ、アスパラ農家が見ると、きっと驚きでしょうね。
真ん中の、3本を見てください。
一番右が、はじめに立てた親茎。
本来は、これと同等の太さしか出てこないのですが
いきなり、真ん中の太いものが出てきています。
今度は、この真ん中の茎が成長し、半月ほどして葉っぱが開いて
初めて次の芽が出てくるのですが、2~3日で早くも次の芽が出始めています。
この一番左は、親茎として立てませんので、収穫することになります。

asupara06.jpg

これも、細いものから、いきなり親茎にできるいいものが出始めました。

親茎の更新はまだまだ続きますが、この天候が続く限りは
どんどん収穫量が増えてくると思います。

ですので、2週間先かなあと思っていた、夏アスパラの発送が
来週にも開始できそうです。

一時は、アスパラ栽培断念かというところまで考えましたので
本当に、嬉しいサプライズです。
また、励ましていただきました皆様、本当に有難うございます

これで、今年も安定的に、美味しいアスパラをお届けできる
可能性が出てきました。(まだ安心は出来ませんが)
とりあえずは、当面、色も白いので、訳ありとして
また、皆様方への感謝の意味もこめまして、野菜セットに入れさせていただきます。

その後、色も濃く、より糖度もあがってきましたら、春の2~3回セットで
「いつまでも待っているから」とおっしゃっていただきましたお客様も
いらっしゃいますので、その方にお送りし、その後に販売開始いたします。

野菜セット、秋と同じく、箱いっぱいにしてお送りします。
内容は、イタパセ・ルッコラセルバティカ・青梗菜・小松菜・ミズナ・ラディッシュ・葉ダイコンなどに加え
アスパラガス及び、時期によってはタマネギ・なす・トマト・九条ねぎです。

少人数のご家庭の方などは、ご近所様と、共同でご購入もいいかもしれません。
また、青物の野菜などは、そのまま冷凍しておくと、自然解凍しただけで
おひたしにすることができます。
これ、あるお客様に教えていただき、試してみました。
便利ですよ~
(以前、ためしてガッテンでやっていたそうです)

hadaikonn01.jpg

本日の葉ダイコンです。

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-23 00:38 | アスパラ栽培 | Trackback

生育順調です!


アスパラの生育が、順調です
とはいうものの、細い親茎しか立っていませんので
親茎を、徐々に更新して、切り替えていきます。

asupara02.jpg

asupara03.jpg

親茎の光合成の養分で、続々と出始めてきました。
例年だと、初めのうちは、細いものとか、曲がったものが多いのですが
今年はいきなり、きちんとしたものが出始めています。

春にほとんど収穫していないので、下に養分があるからでしょうか?

ある程度太いいいものが出てくれれば、細い茎は
きっていかなくてはなりません。
そうでないと、葉っぱが茂りすぎて、蒸れてしまい
病気になってしまうんですね。

ここ3週間ほど、晴天が続き、生育が進んだせいでしょう。
今のところは、頗る調子がいいです

asupara04.jpg

この分だと、あと2週間ほどで、お送りできるようになると思うのですが
なにぶん、梅雨が控えています。

昨年も、梅雨入り宣言したとたん、2週間ほど晴天続き
その後は、40日間、ずっと降りっぱなしの毎日で
アスパラが弱ってしまいました。

今年はそうならぬように願っていますが
こればかりは・・・です。

ここ数年、異常な気候が常態化していますが
今年の春は、アスパラはもちろん
イチゴももう収穫終了です。例年は6月頃まで収穫可能なのに
と嘆いていらっしゃいました。
おまけに、蜂が大量に死んでしまったらしい。
カライモもおかしい、タバコもおかしいそうです。

tabako01.jpg

これ数日前の、タバコの畑です。

そういえば、例年ならこの時期、人間の背丈ほどに育っているものが
まだ、腰くらいまでしか育ってはいません。

最善を尽くすしか、ありません。

ところで、露地野菜、ラディッシュはもちろん、小松菜・青梗菜が急速に大きくなってきています。
本日は、大雨で、明日はまた、晴天ですので、ミズナやわさび菜なども急速に大きくなります。
場合によっては、規格外のアスパラが入れられるかもしれません。

そのあたりを中心に、野菜セット、今週末に売り出しの予定です。


[PR]
by chikomomorara | 2009-05-21 23:40 | アスパラ栽培 | Trackback

梅の収穫始めました!


梅をもぎ始めました

梅の気に脚立をかけて、収穫します。

ume01.jpg

これが梅の木の中の風景です。
いっぱい成っているでしょう

今年は、びわの木もいっぱい実をつけています。

かなり大きい木なので(樹齢40年以上です)脚立もいろいろ移動しなければ成りません。

こういうときに、以前りんご農家で、実すぐりの研修をしたことが
役に立ちます。
脚立を置く場所によって、作業効率がまったく違うんですね。
したがって、疲れ方も違います。
怒られながら、作業したことが役に立っています

ただ、毎年、剪定していないので、枝がいっぱい出ていて
収穫するときに、顔や腕が痛かったりします。

晴天続きで、まったく雨が降らないせいか、傷んだりしているものは
ほとんど有りません。
しかし、風が吹いたりして、枝に当たったところが、点々になっているものが
有りました。
大きさは結構揃っているようです。

ume02.jpgume0.jpg

本日、15キロほど収穫しました。
その中で選別しますので、本日のものだけで8キロほどは
販売可能です。
あと、三分の二くらい残っていますので
残りあと、8~10キロくらいは、お送りできると思います。

ご希望の方は、メ-ルにてご連絡ください

本日は、カライモの定植の手伝いです。

karaimo01.jpg

人海戦術で、こなしていきますが、本日、約1町くらい植えつけたでしょうか?
中腰で作業していきますので、腰の痛いこと痛いこと

身をかがめて、植えつけていくと、1日にどれだけの苗を植えるかということしか
考えなくなるんですね。
すなわち、どれだけの面積をこなすか、これが生産性でしょうね。

畑もそうです。
マルチを張るのも、すべて機械化です。
それにあわせた肥料を散布しますし、万が一収穫の際に、病気で腐っていたり
虫に食べられていたりすると、大損害ですから、事前に土壌消毒は完璧に行います。
(収穫時、残留はしていないですから、安全ですが)
ちなみに、根ものを収穫するものは、土壌消毒を行うのが
常識です。
これらはすべて機械を必要としますので、必然的に面積をこなさなければ
採算に合いません。
当然ながら、機械が入らない、山間部などは、耕作しません。

これが、農業の大規模化なんですね。
生産性を追求したり、効率を上げることは必要不可欠です。

しかし、美味しさとはかけ離れていくことになります。
手間ひまかければ、生産性は低下しますから。

もっとも、大規模化すれば、より生産性は低下すると
個人的には思っていますが・・・。

りんごの実すぐりではありませんが、いろんな作物や
経営形態の元で、手伝いに言ったりすることは、役に立つものです


[PR]
by chikomomorara | 2009-05-15 23:40 | 野菜栽培 | Trackback

野菜セット、発送開始いたしました

ラディッシュも、秋とは異なり、本当に大きくなるのが速いです。
まだ、いろんな種類のラディッシュを、時期をずらして蒔いていますので
暑すぎる7~8月は除いて、これからの野菜セットには、お入れできるようにと
思っています。

ソラマメは、本日撤去しました

soramame01.jpg

このように、豆類は、実がつき始めると、下から枯れ上がってきて
一気に終わりを迎えます。

soramame02.jpg

今年は少ししか植えていませんでしたが、病気にもならず
害虫にもやられずに、良いソラマメを付けてくれました
感謝感謝です
一年後と思うと、さびしいものが有ります。

kinusaya02.jpg

絹さやも同様、枯れ上がってきていますので
明日撤去ですが、遅く撒いた種から、今になって元気に伸び始めています。
すぐに暑くなりますので、それほど収穫できるとは思いませんが
我が家でも、絹さやをこれから、楽しみたいと思います

kasuterufurannko01.jpg

種採りように残している、カステルフランコ
1メ-トル70センチを越してきました
一斉に花が咲くと、多分きれいです

oouragobou01.jpg

こちらは、大浦ゴボウ、まるでランドマ-クです
高さは、優に2メ-トルを超して、まるで木のように
立っています

普通ゴボウは、30センチくらいしかならないので、どうしたことでしょうか

いまだにとう立ちの気配が見られません。
それだけ、根っこにエネルギ-を蓄えていたと言うことでしょう。

来週あたり、ひとつ、掘り返してみようと思っています。

itaoase01.jpg

イタパセも、元気いっぱい
今が最盛期でしょう。
本当に健康な良い色です。

zukki-ni01.jpg

ズッキ-ニにも、実がつき始めました
雨に弱いため、露地栽培では、入梅までが勝負です。

minitomato02.jpg

ミニトマトにも、実がつき始めました

この品種は、シシリアンル-ジュ。
昨年は、ハウス内の栽培でしたが
今年は、露地で、厳しく育てます。

最も雨に弱く、温度湿度はお天気任せなので
上手く栽培できるかどうか分かりませんが
短期間でも、おいしいものが出来ればと期待しています。

ところで、ハウス内で見かけた、この物体

kumonotamago01.jpg

いったいなんだと思いますか

お分かりになった方は、ぜひコメントを

[PR]
by chikomomorara | 2009-05-13 00:41 | Trackback