エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


年末の野菜プレゼント、ご当選者の発表で~す

じゃじゃ~ん

クイズの正解者、87名(前回よりも増えました)中
3名の方を、厳正に抽選いたしました。

以下の方々が当選されました

☆ 235048-51727116-K 東京都 A.F様
☆ 235048-51726472-K 神奈川県 I.A様
☆ 235048-51622671-K 愛媛県 M.Y様

ご当選おめでとうございます

当選された方には、後ほどご連絡いたします。

また、多数のご応募、ならびに、コメントなど、ありがとうございました

クイズの答えを確認しなくてはいけないので、1700通弱、全てコメントなどは
読ませていただきました。

毎度のごとく、自動で応募されるのかもしれませんが
「商品が豊富で・・・」とか、「お体に気をつけて」とか
工夫されたコメントも多数有りました。

もちろん除外させていただきますが、それはそれで、文章も工夫されていて
面白いなあと感じ入りました

また、店舗運営について、アドバイスなどもいただき
ありがたい限りです

お答えできるものは、今後お答えして行こうと思っています。

また、野菜セットや、アスパラなどいつもご購入いただいている
お得意様も多く、ありがとうございます

「当たらなくても、買っていただけるんだから」などという狭い了見は有りませんので
今後も、懲りずにご応募くださいね。

ちなみに、前回そして、今回のご当選者の中のお一人は
何度もご購入いただいている、お客様です。

さて、昨日、本日とも大荒れの天候です
日本海側の気候と同じですので、北西の季節風が吹くと
みぞれ混じりの、台風のような風が吹き続きます。

sigure01.jpg

高菜畑の向こうにある、竹が、大きくしなっているのがわかるでしょうか?
台風と違って、20メ-トル近い風が、一日以上吹き荒れるんですね

寒かったり、雨やみぞれが降ったりするのはいいのですが
とにかく、風がもっとも強敵です。

露地作物もゆすられて傷みますし、ハウスも今はできるだけ冷やすため全開ですので
突風が入ると、ビニ-ルが破れたり、被害を受けます。

まあ、「吹上町」というくらいですので、風の強いこの地です。
しばらくの間はガマンですね。

niji01.jpg

雲の流れも速いので、瞬間晴れ間が有ったりで
このような虹が見られました

来年は、いい年になるかもしれませんね

年末年始、かなり冷え込むようですが、皆様、お体に気をつけて
どうぞ良いお年をお迎えください!

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-31 16:33 | Trackback

1月の野菜セット、販売開始しました~!!


大変お待たせしました!農薬不使用・有機肥料で愛情こめて作りました!太陽をいっぱいに浴びた、健康野菜を収穫直後に直送です!【100セット限定です!】無農薬野菜のおすそ分け、冬野菜のピ-クです


お待たせしました!冬野菜がもっとも美味しい時期もあと少し!!冬野菜の甘さを堪能してください!下旬からは、春の兆しも?【100セット限定】【送料無料】野菜おまかせ倶楽部1月バ-ジョン

お正月のお届けも、ご注文が入り始めていますので
嬉しい限りです

ぞっと長年、正月は働いていましたので
この時期に仕事をするのは、苦になりません。

というか、根っから「へそ曲がり」なので、人が休んでいるときに
働いていたいタイプなんですね
(裏から言えば、人が働いているときには、休んでいたいのですが・・・笑)

それはともかく、本当に新鮮な野菜がなかったり
野菜が高い時期に、お届けできて、喜んでいただければ
それがもっとも嬉しいです。

1月のセットは、多分、中下旬から、アスパラの作業が入ってきますので
少なくしました。
出来るだけ、ぼちぼちと、ご注文いただければ嬉しいなと思っています。

毎日の収穫状況を見ながら、順々に発送させていただき
2月上旬には、タマネギや、スナップエンドウ、ソラマメなどだけが
畑に残っている状態というのが、もっとも好ましいです。
(2月からはアスパラに集中したいので)

タマネギも、今年は大量に(家庭菜園としてはですが)植えています。
今のところ、雨も多いし(タマネギは水が好きなんですね)
また、リン酸を効かせますので、甘くて、シャキッと固いたまねぎができると思います。

これも楽しみにしていてください


[PR]
by chikomomorara | 2009-12-27 00:58 | Trackback

1周年です!


あと1週間で、正月なんですね~

年々、一年が早くなります
なんか、アスパラを全刈りしたのが、ほんの2・3ヶ月前のような気がします。

やっぱり、歳をとると・・・なんでしょうか

全刈りというと、昨年作業を開始したのが、12/25でした。
すげぇぇぇ~
この1年、休んだのは一日だけです

けっこう疲れるんですよ!

今年は、まだまだ青々としているので、刈りとりは1ヵ月後くらいになりそうです。

ところで、明日から、野菜セットの1月分を販売開始です。
いつも、1~2週間ほどで売切れてしまいますので
今回もお早めにご注文ください。

ダイコンも白菜もそうですが、収穫したら、それで終わりです(当たり前ですね
栽培面積も狭いですから、売り切れたからといって、どんどん追加販売は出来ませんので

冬野菜も、これが終われば、一年後になります。

これからは(あくまでも天候次第ですが、もうそろそろ、チリメンキャベツや
赤キャベツ、ブロッコリ-などが、中旬から収穫開始できると思います。

もしかすると、下旬からは、スナップエンドウや、早いものはとう立ちして
つぼみが採れはじめるのではないかと思います。

ダイコンも、最終チ-ムが収穫ですし、白菜も上旬に収穫して終わりになるかと思います。
2月の立春以降は、植物の生育では、やっぱり春に変わって行きます。
南国鹿児島では、それよりも早く、1月下旬頃から、春の兆しが感じられるんですね

ですから、そのような季節の移り変わりというようなものを感じていただければと思っています。

また、販売数も、1月以降はアスパラの作業が入ってくることもあって
また、12月の販売数の半分になります。

tya-01.jpg

そういえば、昨年の今頃は、ネコのう-チャンが、交通事故で入院中でした。
今年は、うちのネコも元気ですが、半分うちのペットになりつつある
ちゃ~一家も元気です

tya-02.jpg

今年の皆既日食の前日に生まれた、黒ひげも、灰ネコも大きく成長しています。

いろいろと多難な一年ですが、それなりに、幸せな一年でした

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-25 23:04 | アスパラ栽培 | Trackback

幻のゴボウです1


幻の大浦ゴボウ、今年の収穫できました

gobou01.jpg

木の根っこのようで、固そうなゴボウですが
煮ると、これ以上ないほど、柔らかく、香りのいいゴボウもありません

実は、このゴボウ、市場には決して流通しないゴボウです。
その上、千葉県八日市市の、天然記念物に指定されています。

食べられるのは、成田山新勝寺で護摩をたいた人のみ、年に数回だけ振舞われる
ゴボウなんですよ~

そのためだけに作られている、本当に幻モノのゴボウです。
ですが、関東では、普通にホ-ムセンタ-で種を売っています

ありふれているのやら、希少なのやらわかりませんが・・・

ですから家庭菜園で作ろうとすれば、すぐ作れます。
本当に美味しいので、1度作ってみてください。

oouragobou01.jpg

ところで、野菜を食べて健康になろうと思えば
やはり、ちょこっとサラダを食べるくらいでは、何の効果もありません。

やっぱり、ゴボウや芋などの根菜類を大量に食べたいものですね。

特にゴボウなんかは、野生的で、葉っぱも大きく、栽培も長期にわたるので
太陽のエネルギ-をいっぱいに、根っこにためこみます。

その生命力たるや、凄いものです
この写真は、昨年、前の畑で、根が深く抜けなかった大浦ゴボウです。
フォ-クで堀採ろうと思ったら、フォ-ク3本とも折れてしまった
1本、6000円以上するので、これは悲しかった

で、もういやと、放置していたんですね。
花が咲き、種をとってもいいやとおもっていたら
こんなに大きくなってしまいました。
優に、2メ-トル以上まで伸びてしまいました。

本当に凄い生命力です

ですから、特に身体を温める必要がある冬は
このような根菜類を努めて、食べたいものです。

とここまで、言っておいて、なんなんですが・・・・

今年の大浦ごぼうは、数株しかありません。
数十株有ったのですが、夏の雑草と、干ばつでほとんどなくなってしまいました。
ですので、野菜セットには入れられません。

来年にご期待ください(スミマセン)

同じく、身体を温める根菜の、サトイモも今年は不作です。
理由は、夏の干ばつです。

熱帯原産ですので、高温多湿の鹿児島では特に
よくできる野菜なんですが・・・

干ばつで、全滅というか、出来がよくありません。
いつもじめじめと湿っているようなところで、よくできるんです。
水が足りないと、スジばかりのごり芋になってしまうんですね。

これも、霜で葉っぱがすべてしおれましたので
これから掘り取る予定です。

容認できるようなものが、もし有れば、お入れしたいとは思っています。

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-24 00:33 | 野菜栽培 | Trackback

ようやく、というか、とうとうというか、今朝は冷え込みました

simo01.jpg

朝8時です。
北国から見ると、どうということも無い冷え込みなのですが
12月上旬まで、春のような気候だったので、応えます

simo02.jpg

今年はじめての、降霜です。
霜が降ると、葉物などの冬野菜も美味しくなるので、歓迎です
植物自身が、凍らせまいとして、自身の葉っぱなどの糖度を上げるんですね。
それで、甘くなり、味も濃くなります。
寒じめのほうれん草や、雪囲いの野菜などが甘くなるのも、その原理です。

simo03.jpg

ところが、困ったことがひとつ・・・
やはり、霜のあとがつくんですね。
これは、しろなです。

simo04.jpg

これは、チンゲン

simo05.jpg

冬野菜の王道、ほうれん草もこのとおりです。
まあ、食べて、まずくなるという類のものでは無いですが
この後新しい葉っぱが出てくるまで、野菜の発送は遅らせて行きます。

simo07.jpg

もう秋じゃがも収穫です。
霜一発で、ジャガイモの葉っぱはこのとおり
再生不可能なんですね。
植え付け時の9月にほとんど雨が降らなかったため
もう少し、生育させておきたかったのですが・・・
でも小さいだけで、けっこう味はコクがありますよ~

simo06.jpg

これは、しばらく置いていた小松菜です。
霜など、寒さに当て続けると、このとおり
力強い、いかにも、味が濃い葉っぱが出てくるんですね。
きれいな、柔らかい葉っぱではないですが
他の季節には見られない、露地もの冬野菜の醍醐味です


[PR]
by chikomomorara | 2009-12-23 00:12 | 野菜栽培 | Trackback

このところ毎日ダイコン食べていますが、いや~美味しいですね
しつこいようですが、まあ、好きなものは好きなので・・・

この時期のダイコンは、みずみずしくて、甘くて、しかも、滋味豊かな風味です。
今や再セットにもお入れしていますが、着いたら、当日中に、ぜひ生でかぶりついてください
もっともオススメは、ダイコンおろしです。

この時期の新鮮なダイコンを食べると、他の時期のものは食べる気はしません。
ですから、私自身は、この2ヶ月ほどしか、ダイコンは食べないんですね。

まあ、野菜が健康によいというのはわかっていても、美味しくなければ
食べる価値も無いですから・・・

勢い、旬のものだけを食べていることになります。

これからの、食べたいものの野菜を挙げていくと
1月まではダイコン・白菜・葉物野菜、そしてなんと言ってもネギ
立春を過ぎると春菊、葉物野菜のつぼみ類などですか。
2月中旬からはエンドウも美味しいですね。
3月になると、ソラマメです。

自然というものは面白いもので、冬至を過ぎ
日が長くなってくると、俄然、葉物の成長が早くなります。

もう寒さにあたっているので、ある程度成長すると
いきなりとう立ちしてきます。
上手くできているものです。

花の咲く作物はすべて、そのような過程をたどります。

ですから、春に採れるダイコンや、葉物野菜は、寒さに当てないように
トンネルなどをかけるんですね。

でも冬野菜は寒さにあたらないと、本来の味が出てきません。
ですから、春大根には、滋味豊かな風味は感じられないんですね。

やっぱり、野菜は旬のものが一番です

そう考えると、クリスマス時期に盛り上がる、イチゴなんかは
変なものの典型ですね。
何も、冬真っ盛りの時期に、春のもののイチゴを食べなくてもいいと思うんですが・・・

第一、今イチゴを食べると、身体も冷えます。
甘いのもありますが、そんなに美味しいとは思いません。

イチゴ農家の池畑さんから規格外をもらったりするので
食べますが・・・でも、やはり、せいぜい1月下旬のほうが
断然美味しい。

実は、日本中のイチゴの関係者が、「消費者のニ-ズ」に
振り回されるんですね

イチゴは、クリスマスシ-ズンがもっとも高値になります。
その時期に、出荷しようとするんですね。
極めて、経済合理的な志向ですが・・・

でもイチゴ自体は、春のもの・・・
そこで、苗の段階で、冷蔵庫に入れたりして定植前に寒さに当てておきます。
その後暖かくするために、ボイラ-も炊きます。

でも、植物は温度だけではなく、日照が長くなることによって
春が来たことを感じますので、夜に照明を当てるんですね。
この時期、電球がついているハウスは、ほとんどがイチゴです。

そこまでしても、やはり上手くいかなかったりする・・・
で、今度は品種改良
イチゴほど、県単位で品種改良が盛んな作物もありません。

品種と苗の出来で、9割がた決まってしまう作物なんですね。
ですから、この時期に、甘いイチゴがなる品種にいっせいに飛びつきます。

イチゴにかかわっている人たちのエネルギ-が、ここに注がれているわけです。

なんか、国家全体としてみれば、すごく無駄なような気がしますが
どうなんでしょうか?
(まあ、イチゴに限らず、夏のハウスミカンや、夏の冬野菜、冬の夏野菜
など、なんでもありの日本ですから仕方ないんでしょうか?)

やっぱり、無理なく作られた3月のイチゴしか使わない
というケ-キだったら、取り寄せてでも食べたいですね。

ちなみに、うちはハウス栽培ですが、これは加温が目的ではなく
夏の時期の雨よけと、水分のコントロ-ルが目的です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-22 00:20 | 農家のここだけの話 | Trackback

年末プレゼントです!


年末のプレゼント、アップしましたよ~
今回は、3名様にプレゼントです
確率高いです

今回もプレゼント付ですので、正解者の中から3名様にお送りします。
野菜セット、ご購入済みの方も、ぜひご応募ください!

今回のクイズは、「鹿児島でのアスパラ栽培で、もっとも美味しいアスパラの時期は何月?」
というものです。

もう、ブログをご覧くださっている方なら、簡単ですよね

答えは、ズバリ「3月」です

今、茎や葉っぱに蓄えている養分を根っこにおろして
その養分で、元気に出始める春のアスパラ

マンゴ-よりも甘いアスパラです。

これが北海道なら、5月下旬から6月のアスパラなんですね。
こちらでは、3月がその時期になります。

ところで、ダイコンが美味しくなってきました

daikonn02.jpg

ここ数日、冬型の気候になり、雪混じりの強風が吹き荒れています
曇って、冷え込んでいますので、葉物の成長は止まっています。

ですが、冷え込んだ分、葉っぱの栄養は下に下りますので
ダイコンが、みずみずしく、甘くなっています。

野菜セットにお入れしていますが、届いたらぜひ当日に
大根おろしで食べてみてください

畑の滋味あふれた甘さが堪能していただけます。
多分、みずみずしさに驚かれるのではないでしょうか?

なんでもないダイコンや、ありふれた野菜ばかりですが
ぜひ、鮮度の違いを楽しんでいただければと思います。

出来るだけ、たくさん味わっていただきたいので
箱いっぱいに詰め込んでいます。

届いたら、箱から出して、水にさらして、休ませて上げてください。
生きた野菜の力強さが戻ります。

また、かなり寒くなってきましたので、外気温が冷蔵室と
同じになりつつあります。

ですので、明日からの発送に関しましては
お届け地の気候や温度も考慮に入れながら
常温便でお送りする予定です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-20 23:49 | Trackback

強烈な冬型ですね~
ここ吹上町は、東シナ海側なので、日本海側の気候と同じなんです。
ですから、冬型の気圧配置になると、強烈な北西の季節風は吹き荒れるし
時雨れるしで、1年でもっとも厄介な季節です。

長年、冬になると、乾燥した寒さの関東にいたので
気が滅入ります。
その上、ひょっとすると、20メ-トル以上の強風が何日も吹き荒れますので
ハウスの破損があることもあります。

ともあれ、先日からの冷え込みで、アスパラの黄化がかなり進みました

asupara04.jpgasupara05.jpg

今月初めの画像と比べてみてください。
かなり黄色くなってきたでしょう

茎葉の持っている養分を、根っこにおろし始めましたよ~という合図なんです。
これが、全て銀杏色になり、その後枯れると、おろしきったことになりますので
地上部を刈り取る作業(全刈り)を始めます。

そして、このおろした養分で、来年の春のアスパラがでてくる訳です。
ですから、今のところ、持っている養分が順調に降りはじめたということで
一安心です

ただ、地上部にあった養分がどのくらいか、そして、それを蓄える地下の根っこが
どのくらい伸長したかということは、まだ分かりません。

全刈りした後に、サンプルとして、地下の貯蔵根を掘り出し
その糖度を計って、来年はどのくらいの収穫が可能かということを
推測するわけなんですね。

ただ、それもあくまでも、推測の範囲を超えません。

昨年も、例年並みの糖度があったにもかかわらず
全く、収穫がなかったようなことになりました

今年は、糖度を計った段階で、「このくらいなら大丈夫」ということで
販売を開始しましたが、来年は、収穫を始めた段階で、その出方や品質を確認したうえで
販売開始する予定です。

その時期がいつかはまだ不明です。(今後の気候に大きく左右されます)
多分、2月下旬~3月中旬の可能性が高いです。

まだわかりませんが、少なくとも今の地上部を見る限りは
今までで最高のものが、収穫できると思います。
(これででなかったら、本当に頭を抱えてしまいますが)

一昨年以上のものがでれば、間違いなく、人生が変わるようなアスパラですよ
マンゴ-よりも糖度が高いアスパラガスですから

ということで、寒く大変な時期ですが、寒さのピ-クの明日もまた
地上部に、木酢液などの葉面散布を行います。
今シ-ズン最後の、葉面散布作業です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-18 22:59 | アスパラ栽培 | Trackback

アウトレット野菜、すぐに売切れてしまったようで、ありがとうございます。
早速本日から、発送開始しています

ほとんどがチンゲンばかりですが、収穫していると、昨年を思い出してしまいました
昨年は、植えているのも、ほとんどがチンゲン菜と、みずなばかりだったので
収穫するのも、チンゲンばかり、発送の際もチンゲンばかり洗っていたなあと・・・

それに比べて、今年は格段に種類を増やすことが出来ました。
本日の発送分で、15種類です。

ここまで種類が増えると、収穫するだけで午前と午後で、2時間ずつかかります。
どのくらい収穫するかというのを、確認しながらですので、今日のように
寒い日はけっこう、大変です。

また、お入れするものも、1週間くらいで少しずつ変わってきますので
特におまかせなんかだと、その辺りの変遷がわかって面白いかもしれませんね

例えば白菜、第一弾を収穫し始めて、4~5日前がピ-クでした。
その後、急速に寒くなり始め、虫も入るようになって来ました。
外から見てもあまり分からないのですが、外の葉を剥いていくと
大きいのがいたりして・・・
やっぱりこれは、具合が悪いので、発送からは除外しています。

で、本日は、約半分がそのようなものでした

ですから、このところうちでは、昼食は白菜のパスタ、夕食は鍋
キムチに、白菜の漬物です

もう白菜は、明日あたりには全て、収穫かなあと思っています。
ですから、明日辺りまでしかお入れできなくなってしまいますが
代わりに、ピ-クになりつつあるのがダイコンです。

これが年内で、その後、コカブの第二弾や、野沢菜、しろななどがでてくると思います。

冬至が過ぎ、日が長くなってくると、春菊です。
やはり、春の菊と書くだけあって、日照が長くなると、成長し始めます。

こういう季節の移り変わりというのは、面白いですね。
やっぱり、自然を相手にしていて、参考になるのが「二十四節季」です。
立春になれば、春のものが一斉に成長し始めます。

ですから、1月下旬頃から、野菜もとう立ち準備に入るんですね。

ということで、その辺りの予測も入れながら、年内か年明けに
2回目のアウトレットを販売します。
毎日の生育をみながらですので、ブログで告知して、すぐに販売という形をとりますので
よろしくお願いします。

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-18 00:42 | Trackback

寒っ!


春のような気候は、終わってしまいましたね~
まだまだこれでも、平年並みのようなんですが
何しろ、今までが暖かかったので、応えますね~

tinngenn02.jpg

今までの春のような気候のせいで、このようなチンゲンも出現です
まるで白菜のような・・・・
余りにも大きいので、送るわけにも行かず(これだけで箱半分になってしまう
食べてみました
意外なほど、柔らかく美味しかったですよ~


sunappu01.jpg

スナップエンドウもこのとおり、ここまで大きくなってしまいました。
余り大きくなると、霜に弱くなるので、マイナスです。
(人間と同じですね。子供のほうが寒さに強いんです)

真ん中がスナップです。
両側に、からし菜を植えてます。
これまた虫除けの一環です。

sunappu02.jpgsunappu03.jpg

けっこう、花が咲いて、実がつき始めてしまいました。
でも、これからの寒さで、この成長もいったん止まると思います。

akakyabetu01.jpg

寒くなってきましたので、虫に食われながらも
巻きはじめた、赤キャベツ

普通の栽培は、この状態になってから、2~3回農薬散布です。
玉の中に、虫が入るのを防ぐんですね。

キャベツの栽培はそんなものですが、当然、無農薬ですので
木酢液とトウガラシ液を、2~3日に一回じょうろでかけます。
それでも、上手くいかなければ、虫が入ってしまうので、全滅です。

高々、3~40株の栽培だからこんなことが出来るんですね。
普通のキャベツ栽培は、1万個とかそんな個数ですから
そのような、手間をかけて、不確実なことは出来ません。

同じ手間なら、確実に叩ける薬ですね。

ですから、普通の営業用では、まず無農薬のキャベツには
お目にかかったことが有りません。
(あくまでも、私の限られた経験です。探せば有るのかもしれません。)

wasabina01.jpgmizuna01.jpg

わさび菜、みずなの後続部隊も、どんどん育ちました。

これからは、急激に寒くなっていますので、葉物の成長は
緩慢になります。
その分、味が濃くなったり、甘味が増してきます。

また、大根などは、葉っぱの栄養がどんどん下がりますので
急激に太り始めます。

とにかく、もっとも冬野菜の美味しい時期の到来です


大好評の、自家用無農薬野菜!!暖かさで出来すぎて困っています!種類は少ないけれど、美味しさ・みずみずしさは野菜セットとまったく同じ!お試しにどうぞ!【送料無料】【訳あり】無農薬 アウトレット野菜+30セット限定【お買い物マラソン1215】【お買い物マラソン1215訳あり】

チンゲンや、高菜などあまり始めると思いますので、詰め込んでお送りします。
種類は少ないですが、虫のように、美味しい野菜が食べ放題です


大変お待たせしました!農薬不使用・有機肥料で愛情こめて作りました!太陽をいっぱいに浴びた、健康野菜を収穫直後に直送です!【11/27 200セット追加です!】無農薬野菜のおすそ分け、冬野菜登場です【お買い物マラソン1215】【お買い物マラソン1215送料無料】

こちらも残り少なくなってきましたが、まだ年内発送OKです


お待たせしました!冬野菜のバリエ-ションが増えています!これからがもっとも、野菜の美味しい時期です!ミネラルたっぷりの野菜で、健やかな正月を!!ギフトにも、オススメします!【180セット限定】【送料無料】野菜おまかせ倶楽部12月バ-ジョン【お買い物マラソン1215】【お買い物マラソン1215送料無料】

あと少しです
年をまたいでの発送もOKです。
ギフトにも、お使いください

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-16 00:12 | Trackback