エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

期待どおりの味


昨日今日と、かなり暖かいです
また、昨晩からかなり雨も降りましたので(今もまた、降っていますが)
水分も、温度もあるということで、露地野菜、成長し始めています。

ですので、2月の野菜セット、発送は第二週目以降としていますが
少し早くなるかもしれません

ところで、暖かいわりには、というか、疲れがたまってきたんでしょうか?
昨日、とうとう、熱を出してしまいました

ハウスで作業していても、寒気がして、のどは痛いは、肩は凝るは、頭ががんがん痛いはで
久方ぶりに、昨晩は夜7時に寝込んでしまいました。

2週間ほど前から、ネコが鼻をず-ず-させていたので、風邪かなあと思っていましたが
そのうちもう一匹もうつったみたいで、同じ症状
になり、(そのわりには、毎晩、出かけていくんですが)
「すわ、ネコインフルエンザか?それがうつったか?」とビビ利ましたが・・・

幸い、そう高熱でも無く、作業は順調に進んでいます。

ところで、月一回、日曜の早朝に「月刊野菜通信」という番組をやっているんですね。
今日、のどが渇いて起きたときに、たまたま観ました。

そこですごいなあと感心したのが
「期待どおりの味」です。

コンビニのおでん用に栽培、味付けされているパック詰めされた
ダイコンを口にしたときの、糸井重里氏のコメントです。

簡にして明伝えたいことが全て凝縮されているなあ
と感心しました。
さすが、言葉を商品にしているプロのコメントではないでしょうか?

まあ、これだけの話ですが、プロの農家としては
これまた、野菜の味で勝負しなくちゃなあと、再認識した次第です

ところで、アスパラは「期待したとおりの味」ではなく
「期待を裏切る味」でお届けしたいと思います
(いい意味で、ですよ~

ご期待くださいね

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-31 23:57 | アスパラ栽培 | Trackback

明日の10時から、2月の野菜セットの販売をします

またまた、手抜きのペ-ジですが

お入れできる野菜の種類について、補足を少し・・・

2月~3月は、例年でも、気候変動が本当に激しい時期です。
特に今年は、平気で鹿児島ではなかったような寒さになったと思ったら
翌日は、4月の気温になったりと激しいです。
鹿児島の4月といえば、もう初夏を思わせるような気温ですので
なおさら激しくなっています。

ですので、露地野菜は特にそのまま冬野菜として成長できるか
あるいは、とう立ちするか、ある日を境に急変します。

今、2月に収穫しようとしているものは
ネギ・ニラ・小松菜・ダイコン・小カブ・赤カブ
しろな・みずな・イタリアンパセリ・ルッコラ
ブロッコリ-・アスパラ菜・からし菜・わさび菜
ロマネスコ・コスレタス・カステルフランコ
チリメンキャベツです。

低温が続いたため、まだ小さいですが、気温上昇とともに
大きくなってくると思います。
その反面、かなり低温に遭遇しているため、気温が上昇してくれば
一気にとう立ちする可能性もあります。

これは、アスパラにもいえることですが、低温の時間、程度
低温に遭遇した成長のステ-ジ、その後の温度の上がり具合
で、一斉につぼみになるかどうかが決まります。

現時点で、マクロ的に言うと、「今年は春が早いだろう」
と予測できます。
サクラの開花とまったく同じなんですね。

ですので、内容などにつきましては、参考にしていただき
日々の状況は、ブログを見ていただければ幸いです。

出来ればもっと、速報的に、ツウィッタ-を使おうと
考えています
(それで、ケ-タイを探したら、無かった

ところで、アスパラ入りの野菜セットにつきましては
今回の春アスパラに関しては、販売予定はありません。

というか,2月にアスパラが本格的に出始めるかどうかも分かりません。
(本格的に出始めるのは、現時点では2/15前後~3/10前後と予測しています)

また、もし、アスパラが2月に出始めて、野菜セットに同梱できた場合には
送料につきまして、考慮させていただくつもりです。

アスパラにつきましては、後日、販売方針など、公開の予定です。

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-30 00:15 | Trackback

ケ-タイが


本日、ようやくバリカンでの刈り終了です

asupara06.jpg

まだ、全刈り作業の五分の一ほどですが
バリカンでの作業が、個人的にはもっともいやなんです。

ネットを切らないように、片手でアスパラの枝葉を引っ張りながら
片手で、5キロ以上あるバリカンを持って、切っていきますので
とにかく疲れます。

その上、機械に負荷をかけすぎると、何台あっても足りません。
出来るだけ、機械をいたわりながら切って行く必要があります。

50メ-トルの畝が32本ありますので、1.5キロあまり切って行く事になるんですね。

本日やっと、バリカンを使う作業は終わり、気分的にはかなり
ホッとしています。

これからは、切った枝葉を引っこ抜き、今度は地際の根本を切り
抜き取って、切ったものを全て、ハウス外に持ち出し
ホ-スとネットを上げて、きれいに掃除し、バ-ナ-焼き
その後、堆肥を入れて、肥料散布、ホ-スとネットを元に戻し
内カ-テンのをおろす準備、ここまでを、アスパラが出始めるまでに行う必要があります

気の遠くなるような作業ですが、誰がやってくれるわけでも無いので
頑張るしかありません

ところで、今日、気がついてみたら、ケ-タイが無い
このところ、ハウスにしか行っていませんので、多分、引っこ抜いた枝葉のなかに
落としたんでしょう

農作業をしていたら、結構よくあるんですね。
以前は、畑に落とし、トラクタ-で木っ端微塵にしてしまったことがありますし
液晶を割ってしまったことがあります。

ですので、農作業の時には車においていることが多かったのですが・・・

もっとも、ケ-タイで仕事しているわけでもなし
作業のほうを急いでいますので、そのままにして帰ってきました。
持ち出しのときに、出てくるでしょう

ということで、今日帰ってきたら、これがありました

suzumebati01.jpg

今日から、植木屋さんが来て、庭木の剪定をしてくださっているのですが
生垣の中に、またまた、スズメバチの巣が

もう中には、入っていませんので大丈夫です。
かなり大きかったですね

スズメバチに囲まれて、暮らしているようなものですが
まあ、田舎だから仕方ありませんね。

もっとも、前にも書きましたが、1度何箇所もさされたことがありますので
今度刺されたら、即刻救急車です

こういったことも、田舎暮らしのひとコマです

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-29 22:53 | アスパラ栽培 | Trackback

野菜セットの2月バ-ジョンを、今週末に販売します

低温などのため、生育が遅れ、発送が遅れていました野菜セットですが
今週末で、大幅にお待たせ願っていたご注文も解消し、2月第二週辺りから
2月セットの発送ができそうです

2月は、アスパラの準備もあり、また、気象条件によっては
中旬から、アスパラの収穫が始まるかもしれません。

2月の初旬に冷え込み、中旬以降暖かくなれば、休眠が打破され
早く出てきますし、上旬に暖かく、中旬以降冷え込めば
3月にずれ込みます。

とにかく気温次第ですので、アスパラの収穫が始まっても対応できる
販売量に設定したいと思います。

keifunn01.jpg

これが、露地野菜に使っている発酵鶏糞です。
ちょうどハウスの中に積んであるので、ついでに撮りました。

2月セットの内容ですが、中旬以降はつぼみ類が入ってくると思います。
これもまったくの天候次第です。

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-28 22:30 | Trackback

今日も霜!


今日も、またまたすごい霜でした
simo01.jpgsimo02.jpg

あたり一面、真っ白でした。

touketu01.jpgsimo04.jpg

びっくりしたのがこれ
ハウスの前にある、水道が完全に凍結してました。
北国では当たり前でしょうが、こんなこと今までに無かったことです。

古老に聞いても、これだけ毎日のように霜が降るのは
無かったとのことです。

ちょうど、北海道で、夏、35度以上の日が月に何日もあるみたいな
驚きでしょうか

simo03.jpgsimo05.jpgsimo06.jpg

もう好きにしてっの野菜です
どうも完全に慣れたようですね。

本日も、終日晴れましたので、その後はすくすくと・・・
で、4件発送することができました。

夜に雨で、明日の朝は暖かく、夕方から晴れとのことですので
明日も明後日も、順調に発送できそうです。

ようやく、今週中にはかなりお待たせしているご注文分が
無くなりそうです

zemmgari01.jpgzenngari01.jpg

アスパラのほうも、順調に進んでいます。
ネットを2段に張っているので、枝葉の抜き取りは、大変です。

早朝から、日暮れまで、野菜の収穫発送を除き
黙々と作業しています。

農作業というのは、結構、一日中、黙々と力仕事が続くのが多いです

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-27 23:22 | 野菜栽培 | Trackback

言ったこっちゃない


本日も、早朝からアスパラの全刈りと野菜セットの収穫発送です。

asupara05.jpg

少しマニアックですが、これが今年の枯れた葉っぱです。
病気が入ったりしていると、もっと黒くすすけたような感じになるんですね。

銀杏色から、そのままきれいに枯れたといった風情です。

ちょうど、雑草なんかが枯れた色と同じですね。
(雑草は、まず病気になりませんから)

asupara04.jpg

刈り込んでいくと、ありました
もう芽が出始めています。

株によって差はありますので、本日、目にした1400株ほどの中の1株ですから
まだ大丈夫といったところでしょうか?

でも、今年は寒いので、低温遭遇の積算時間も
もうそろそろ、十分なので、早くから出始めるかもしれません。

寒いといえば・・・

またまた本日も、降霜です
夜晴れてはいましたが、風がかなり吹いていましたので
大丈夫かなあと思ったのですが・・・

tirimennkyabetu01.jpg

チリメンキャベツです。
低温にあって、よりしまった、甘いキャベツになります

wasabina02.jpg

わさび菜です。
まるで、アイスプラントですね

ninnjinn01.jpg

人参の葉っぱもこのとおり。
どんどん下にm栄養が下りますので、甘い人参になります。

hakusai01.jpg

圧巻は、白菜、バリバリに凍っていました
白菜に限らず、霜に当たると、凍ったあとはとろけて、黒く腐ったようになるのですが

radhikkio01.jpg

ラディッキオです。
これまた、苦味と甘さが身上なのですが、より甘くなるんでしょう

soramame02.jpg

ソラマメ、初夏の野菜ですので、霜は大敵です。
これまた、霜にやられると、黒くなってしまいますが
もう寒さに順応しつつあるようです。

onndo01.jpg

ハウスの最高最低温度計を見たら、今朝は、マイナス3℃でした
左側の青い棒の下を読みます。

ちなみに、現在温度が6℃です。
午前8時の気温です。

降霜も一段落と書いたら、途端にこれです
本当にこんなに冷え込む年は初めてです。
市内の温度よりも、3~4度は低いのが通例ですが
今年は、6~7℃差があるようです。

しかし

日が照り始めると、元気いっぱいでした

soramame03.jpg

ソラマメはむくっと、起き上がり

tinngenn01.jpg

チンゲンは大きく葉を開いて、太陽を目いっぱい浴びようとしています。

sirona01 (2).jpg

しろなも同様、上に伸びずに、横にべたっと広がったロゼット葉のようになっています。
より太陽を浴びようとしているんですね。

wasabina03.jpg

わさび菜も何も無かったかのように、きれいな緑色に

hakusai02.jpg

白菜も、とろけたりすることも無く
きれいな濃い緑色が復活です

こういうのを見ると、自然というのは、強いものです

と同時に、けなげというか、可愛いものでしょう


[PR]
by chikomomorara | 2010-01-26 22:01 | 野菜栽培 | Trackback

アスパラのシ-ズンが、本格的に始まりました
シ-ズンといっても、収穫はまだですが、春のアスパラに向け
作業を開始しましたので、これからは、今年の10月ころまでは
毎日、7~8時間以上は、忙殺されることになります

けっこう疲れるんですよ!ちょっとでも、気を抜くと、大怪我をしてしまいます。

もうひとつ天気がよくなかったので、今年は写真を撮っていません。

これは昨年の写真ですが、今はこのような作業です。
生垣などを刈り込む、電動バリカンで刈って行きますが
これがめっぽう重い

また片手で持ちながら、振り回して刈って行きますので
かなりの重労働です。
その上、少しでも気を抜くと、大怪我をします。
以前、これで指を切った事があります。

また機械も、このような使用状況を想定していないので
かなり過酷な、使用状況になり、一回の全刈りで、1~2個ダメになります。

いたわりながらも、急いで、集中しての作業です。

アスパラは、ご承知のとおり、前年秋に収穫終了してから、その後の状況によって
100%次年度の、収穫物の品質、量が決まります。

9月頃の時点まで、地上部を健全に保ち、その後も病害虫にやられないように
管理し、その後の冷え込みで、地上部の養分を全てスム-ズに
地下の根っこにおろす必要があります。

ですから、刈り取るときに、ほとんど来年が予想できるわけなんですね。

で、今年、刈り始めて、内部まで見ると、過去最高の枯れ方をしています
病害虫にやられることも無く、また、完全に枯れて、まだ青い株はほとんどありません。

これは、鹿児島ではほとんど奇跡的なことなんです

8月頃に乾燥・冷涼で、その後冷え込むような土地であれば
当たり前のことなんですが・・・。

まず、6~9月が高温多湿すぎる。
雨をよけるために、ハウスで栽培しているのですが、夏は全開にしていても
高温すぎ、蒸れて、病害虫が入ります。

毎年、だましだまし、なんとか秋まで健全に保つというのが
冷涼地でもよくあることなんですね。
ですから、ましてや鹿児島では、至難の業です。

そして、なんとか10月の収穫終了までたどり着いたとしても
12月でも、まだまだ暖かいため(カマキリも生きていますから)
枯れ始めないんですね。

ところが、2月になり、晴れると、もう春たけなわですから
休眠時間が不十分なまま、芽が出てきたりします。

これが、鹿児島でのアスパラ栽培の最大のネックです。

逆に、12月まで暖かいということは、10月~12月までの2ヶ月
南国の太陽の下、最大限に光合成できるというメリットもあります。

で、これもご存知のとおり、今年の春のスタ-ト時点では
それほど悪くなかったはずなんですが、どういうことか
まったくの異変で、弱々しい芽しか出てきませんでした

定植一年目よりも悪い出来で、内心「もうこれは、アスパラ栽培も(ということは
営農自体も)終わりだろうなあ」と、思っていたわけなんですね。

もっとも、やるべきことはやらなくちゃいけませんから
最大限努力した、一年でしたが
今こうして、刈り込みの作業をしながら、昨年を思い出しています。

たくさんのお客様や店長さんから励まされたこと・・・

考えてみると、本当に人間の力を超えた不思議な力を感じます

高温多湿の鹿児島が、今まで無かったような干ばつで、まったく湿度が低かったことが
味方してくれましたし、病気のきっかけともなる、ヨトウムシがまったく
ハウス内に入ってこなかった(殺虫剤ゼロでもです)こと
そして、12月あれだけ暖かく、例年以上に青々としていたアスパラが
年末年始からの冷え込みで、2週間できれいに枯れ上がったことなどです。

とにかく、昨年の秋は、例年の何倍も光合成でき、その養分が100%下におり切った
このことが見て取れるような、素晴らしい枯れ方です

多分、アスパラ農家のかたであれば100人中100人が
「これは、今年採れるぞ~!」とおっしゃるような枯れ方です。
(もっとも、昨年のことがあるので、自身では安心していませんが)

管理が成功したというよりも、人に、自然に、そしてアスパラに感謝です
「よく、頑張ったなあ」「今年は最高のものをお届けできる。
○○さんには喜んでいただけるなあ」とか言うことを、考えながら
作業をしています

最終的には、収穫が始まってみないとわかりませんが、ご期待ください

これからの作業は、全て、今年の収穫に向けての作業です。
そういう意味での、シ-ズンスタ-トですが、気を抜くことなく
今年も走り続けます!

ところで、野菜セット、本日は2件の発送です。
今までのように、ずっと冬型ということも無く、定期的に晴れるようになってきていますので
今週中には、2週間以上お待たせしている方への発送が、全て行えると思っています。

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-25 22:36 | アスパラ栽培 | Trackback

黄化完了です!


アスパラの黄化が完了しました

asupara03.jpg

銀杏色に黄色くなって、その後、水分が抜けて完全に枯れ上がりました
これだけ見事に、枯れたのは初めてです。

ひとえに、今年の寒さが要因です。
外の雑草を見ても、こんなに、茶色く枯れたのは初めてです。

暖かいのやら、寒いのやらよくわからん今年の冬ですが
とにかく寒いときは、極端に寒いです。

今日も、季節風が吹き荒れる、時雨れた寒い一日でしたが
明日から、アスパラの準備作業開始です

作業としては、地上部を全て刈る→全て外に持ち出し→畝の上を灯油バ-ナ-で焼く→
堆肥散布→肥料散布→軽く耕す→畝整形→内カーテンを下ろす。

とここまでの作業を、アスパラが出始めるまでに終えなければなりません。

作業はほとんど昨年と同じですが、逐一アップしていきたいと思います。

多分アスパラは、2月下旬から3月上旬あたりに収穫開始となります。
楽しみでもあり、心配でもありますが、的確でていねいな作業の積み重ねが
いい結果を出すためには必須です。
(これはどのような仕事でも同じですね)

ところで、本日の野菜セットの発送は4件です。
また、冬型ですので、天候が悪い日が多いようですが
明日は、晴れるらしいので、来週前半は、5~6件ずつ発送できるのではないかと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2010-01-23 21:53 | アスパラ栽培 | Trackback

箱を大きくします!


先週の水曜日は、暴風雪
その後は、晴れてすごい冷え込み、そして昨日は、4月の陽気です

こりゃ、今年も思いやられそうな天気です。
ところで、野菜セットの収穫発送は、少しずつ(本当に少しですが)
増えてきています。
本日は、5件の発送です。

明日もそのくらい発送できるかなあというところです。

ようやく、12月の25日くらいに一回目をお送りした方に、2回目の発送というところに来ています。

今の予報を見る限りでは、このまま順調に、少しずつ増えそうです。

ただ、やはり昨日の暖かさというか、その前の冷え込みなんでしょう
葉物が、とう立ちする気配が見えてきました。

小松菜などの葉物や、ダイコン、白菜などの冬野菜は全て
「成長のあるステ-ジで」「一定期間低温に遭遇し」「その後、気温や地温が上昇する」
ことによって、とう立ちし、つぼみをつけるんです。

とう立ちの兆候は、葉っぱを見れば分かります。
光沢がなくなってきます。

どうやら、もうその心配をしなければいけない時期になってきたようです。
自宅の庭の、梅の木もいっせいに花が咲き始めましたし
今年の春は、早いかもしれません。

このようなことがありますので、2月下旬以降、春に出回るキャベツや白菜、小松菜、ダイコンなどは
ハウスや、トンネル栽培になるんですね。

トンネルやハウスの加温によって、成長を早めるというよりも
この時期はむしろ、低温に遭遇させないために、加温する意味合いが大きいです。
もっとも、冬野菜は、寒さにあわないと、味が乗りませんし
難しいところです。

rukkora01.jpg

ルッコラはもう完全に、とう立ちです。
まだ数個しかないので、お入れできていませんが
もう少し増えると、ルッコラのつぼみをお入れします。
これは葉っぱよりも、鮮烈な香りで、美味しいです

うちの野菜は、完全な露地栽培ですので、コントロ-ルが効きません。
お天気次第ですので、とう立ちし始めたら、つぼみを野菜セットにお入れする予定です。
これがまさしく旬ですので、こちらのほうもお楽しみいただければと思います。
(実は、葉物野菜の場合、つぼみがもっとも栄養があるんですね)

その観点からすると、本当にアスパラも急がなくてはなりません

このような、振幅の激しい気象ですので、2月以降の野菜の生育もいまひとつ読めないところがあります。
加えて、アスパラの準備作業にも追われますので、2月の野菜セットの販売数は
かなり少なくする予定です。

余裕があったり、思いのほか収穫できたりしたら、そのつど、追加するという具合になるでしょうか?
販売は、例によって、月末の週末から開始の予定です。

なお、今使っている100サイズの箱の在庫がなくなってきましたので
次回の注文では、たてを3センチ高くすることにしました

葉物を入れると、今の箱ではいっぱいいっぱいになってしまって
どうしても、ふたをするときに、押し込んでしまうような具合になります。
同じ料金なら、少しでも多くの野菜を、余裕を持ってお送りできるようにと
考え、ぎりぎりまで大きくします。

時期によっては、大きすぎることもあるかもしれませんが
まあ余裕を持ってお届けできるので、いいかなあと思います。

ということで、すでもご注文いただいているお客さまには
お待ちいただいていますが、順次お送りしていますので
今しばらくお待ちくださいますよう、お願い致します。

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-21 23:51 | Trackback

マイナス8℃!


今日の昼は、暖かかったです
3月下旬の陽気だそうで、春のにおいがいっぱいしました

ちょうど一週間前は、頗る寒く、先週の水曜日は大雪でした
とにかく、気温の振幅が激しいですね。

ここ2~3日、日中は晴れて暖かいものの、夜も晴れているので
朝の冷え込みは、かなりのものがあります。

一昨日から今朝まで、3日連続で霜が降りています。
このようなことは、めずらしいですね。

こちらでは、年に2回か3回か霜が降りたらいいほうだったのですが・・・
昨日は、市内に抜ける峠が凍結のため、両方向でスリップ事故で
通行止めだったとのことです。

余りにも冷えるので、ハウスの最低温度を毎日観察していると
こちらも、例年よりも異常に低い
一昨日がマイナス8℃昨日がマイナス5℃、そして今日がマイナス2℃です

アスパラの休眠時間は、うちの品種の場合、5℃以下で500時間必要とされています。
鹿児島では例年、それだけの低温は期待できず、2月中旬で300時間がいいところです。

今年は、もう300時間を超えていますので、この分では2月中旬にいっせいに
休眠から醒めるかもしれません。

ということで、来週から、全刈り作業開始です。

ところで、露地野菜は毎日霜にあっているので、夜の成長が妨げられますので
まだ少しですが、確実に元気になってきています。

romanesuko01.jpgromanesuko02.jpg

今まで、葉っぱに包まれていたロマネスコが、姿を現し始めました

しかし、何度見ても、この形はいただけません
サンゴのようで、「お前野菜だろ!それを忘れてんのと違うか!」
と突っ込みたくなるような、形ですね

でも、聞く話によると、頗る美味しいらしいですから
まあ、今年は食べてみようと思っています。

予報では、明日から雨、でも暖かいらしく
その後一回、寒波が来て、寒くなりますが今までほどでは無いようです。

明日の雨で、葉物がかなり成長しそうです

ちなみに、本日の野菜セットの発送は、3件
少しずつですが、増えてきています

[PR]
by chikomomorara | 2010-01-19 22:36 | 野菜栽培 | Trackback