エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

土つくり、始めました!


今年2回目の堆肥入れを始めました

いつものように、西さんの牛糞堆肥です。

堆肥に加えて、土つくりのための資材も投入し始めています。

rikkei01.jpg

土を柔らかくして、根がよく張るようにするための、やしの繊維なども入れています。

土の中に入らなければ意味が無いので
このあと、管理機で、軽く耕します。

rikkei02.jpgrikkei03.jpg

当然、通路にも根は伸びていますので、根を切ることになります。

根の栄養が少なくなってきた、この時期にしか行えないんですね。

春アスパラの収穫前だと、栄養を持った根を切ってしまうことになります。
栄養分が少なくなるということもありますが、それ以上に
根を切られると調子が悪くなってしまいます。

また、これからの時期は、太い貯蔵根から、白いひげ根が出始めます。
それで土の養分を吸う訳ですが、その根が出始めてからでも
具合が悪い。

おまけに、枝葉が茂ってきますので、あと1週間も経てば
中に入って作業をするときに枝葉を傷めてしまいます。

また、堆肥も雨天では入れられませんので、天候とも相談しながらの作業になります。

まあ、どんな仕事でもそうですが、農作物の管理というのは特に
作業の適期が、ピンポイントに近いものがあります。

rikkei04.jpg

これが貯蔵根です。

来年の春アスパラは、貯蔵根煮た加える養分で決まりますから
まずは、その入れ物になる、貯蔵根を新しく、いっぱい出させることが大切なんですね。


通路は、このように土つくりを少しでも出来るのですが
植えてからは、畝の上は土つくりは出来ません。

ですから、ハウス建設前に、深さ約1メ-トルの溝を掘って
300トン以上の堆肥と有機物を入れています。

でも畝の浅い部分は、肥料分が集積していたりしますので
ここも、少しは耕したいところです。

harume05.jpgharume06.jpg


地上部が茂り始めると、そのうち、まったく芽がでなくなります。

地上部が伸びるために養分が全て使われるからなんですね。

おまけに、根っこも切りますので、そのショックで出なくなるということもあります。

まったく芽が出なくなるであろう、来週の後半からは、畝の上も
指先で、耕していきます

土の中のアスパラの根っこや、新しい芽を傷つけないように
ていねいに、耕すというより、土をほぐしていきます。

このような作業は、まず日本広といえども、アスパラ農家でやっているところは無いでしょう

まず、そんな時間の余裕は無いですし、栽培面積から言っても
このような手間のかかる(というよりも、常識外れの)作業です。

実は、この上の写真、昨年の3/25に撮影したものです。
今見ても空恐ろしくなります

3月の初めから、なかなかアスパラが出なくて(というより、途中から突然でなくなった)
もう諦めたころです。

まばらに出ているのは、ボ-ルペンの芯の様なものばかり。

できることは全てやった後でしたので、少しでも肥料分を吸えるようにと
行った作業です。

昨年は、本当に必死だったんですね。
やはりこの作業も、アスパラにとってはよかったみたいですので
今年も、行ってあげようと思います。

少しでも多く収穫しようということではなく
アスパラが、健康に育ってくれれば
健やかな、ホッとするような味のアスパラが
また出てくるのではないかと思っています。

いろいろ、しんどかったり、大変なことも多いですが
昨年のことを思い起こせば、本当に幸せだなあと、感謝です

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-29 18:08 | アスパラ栽培 | Trackback

骨髄性白血病


う-チャンが、また入院してしまいました

nekotokame

そうです!
2年前に、交通事故で、血だらけで帰って来て
命拾いをしたあのネコです。

数日前から少し元気はなかったのですが
木曜日の朝、息が荒く、動かなくなっていて
すぐに獣医さんのところへ連れて行きました。

血液が、4分の一ほど薄くなっていて、体温も急降下
で、すぐに入院です。
何か血液の病気らしくて、白血病の可能性もとのことでした。

u-tyann01.jpg

せっかく、助けてもらって、新たにもらった命だったんですが
やっぱり、運命なんでしょうか?

生まれてすぐ捨てられたのを、拾ってきて
育てたので、子供みたいなものです。

ですから、ここ数日は、意気消沈です。
まだ入院しているのですが、週明けには容態がはっきりすることでしょう。

とは言うものの、仕事も忙しくなってきていますので
こちらも頑張らないといけません。

ということで、野菜セット、明日からご購入できるようにしました

ただ今回は、野菜の端境期で、お入れできるものが極端に少なくなっています。
ですので、発送できるようになるのが、4月中旬からかなあと考えています。

とりあえず、新タマネギやソラマメなどを栽培はしているのですが
このところの冷え込みや、気温の変動が激しく
いつ頃になったら、収穫できるかがはっきりしません。

またソラマメも、3月に入ってから、何度も霜にやられていますので
きちんと収穫できるかも、今後の天候次第です。

4月中旬頃からだと、なんとか収穫できるものもでてくるかなと思います。

逆に、本来の鹿児島の気候では、この時期晴れたら、関東の5月下旬の
陽気になりますので、気温が高ければ、もっと早まったり
収穫期間が極端に短くなったりします。

ですので、できれば発送時期はおまかせいただければありがたいです。
(とはいえ、ご都合もあると思いますので、大まかにご指定いただいても結構です)

種まきなども、徐々にずらしていったらどうかというご意見もありますが
春に種をまいたり、定植するものは、日が長くなり、気温が高くなる春は
収穫に向け、追いついてきます。
種蒔きを、1週間ずらしても、収穫時期はほとんど違わないということ
もよくあります。(秋はその逆です)

できれば、いろんな野菜をお入れできればと、準備をすすめています。

またアスパラも、まだでていますが、そのうち、まったくでなくなる時期がやってきます。
その期間が過ぎれば、夏のアスパラです。

こちらはまだご購入できるようになっていませんが
できれば今月中には、アップしたいと思っています。

もっともこちらは、発送できるであろう時期まで1ヶ月ありますし
健康でありさえすれば、10月まで販売しますので、すぐに売り切れということはありません。

今日も、いろんなミネラル資材や、微生物資材、土つくりのための
やしの繊維などを散布し、明日から徐々に、耕うん開始です。

収穫が一段落するこの時期も、やることは山のようにあります。

かえって、気がまぎれていいかもしれません

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-28 00:31 | Trackback

アスパラが、まだまだ元気です

今年は、出始めから急激にでましたので
早めに立茎しましたが、まだまだ余力があるようです。

asupara15.jpg

今日の収穫の一部ですが、まだまだはかまは、正三角形で
まっすぐに伸びたものが、ほとんどです。

Aランクはもちろん、プレミアムとしても出せそうなものも
今になって出始めました。

もうプレミアムは発送完了ですし、Aランクもあと数件の発送のみです。

これからきれいなものがでても、全て 特盛りに入れていきますので
こちらは、早ければ早いほど、お得ですよ~

また、親茎の葉っぱが展開するころは、本当に細いものを除き
ほとんどでなくなりますので、その意味でもお早めにご注文ください。


規格外から正規品まで、無選別で箱一杯にしてお届けです!夏アスパラ収穫開始までの、スペシャル商品です!【0322-送料無料】【3/23 50セット販売開始です】訳ありアスパラ+第二弾  特盛りアスパラ!

本日まではかなり寒かったですが、明日から晴れるとのこと
露地畑も、雑草が伸びる前にやらなくてはならないことは
山のようにありますし、ハウスのほうでも、堆肥入れや、各種資材の投入
通路の耕うんなど、今まで以上にやりたいことが次々とでてきます。

更新も、押せ押せになっていますが、時々はのぞいてみてください。

特に4月中は、ある日突如として、アスパラがでなくなったり
(それが普通なのですが)
逆に、まだまだで続けるといったことも考えられます。

ですので、追加販売も、急に行ったりすることもありますので
よろしくお願いいたします。

また、野菜も、ハウス内の小松菜が、ここへ来て、急速に大きくなり始めています。
これもアウトレットで出すかどうか、検討中です。

アウトレットといっても、箱いっぱいに、小松菜だけでは
余りにも能がなさ過ぎますから、せめて、他の何か野菜が入れられれば
数セット販売する可能性があります。

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-25 23:29 | Trackback

これからのアスパラ


立茎後も、順調に芽が出つづけています

通常の立茎時期よりはるかに早く、根っこの養分がまだまだ残っているため
先週辺りから、初めて出始めた株も、散見されます。

今週の後半には、Aランクのアスパラも、発送完了となることから
それ以降、堆肥を入れて、ミネラル資材なども投入
これからの成長に必要な、肥料分などを補い
通路の部分を、本格的に耕します。

この、中耕作業では、アスパラの根っこも切ってしまうため
まだまだアスパラの発送が有る間は、まだ怖いんですね。

今まで順調にでていたものが、根っこを切ることにより
きちんとしたものがでなくなっては、困るんですね。

ですので、アスパラの発送完了と同時に、この作業を開始する予定です。

この作業で、古い根を切ることにより、若い根っこの伸長を促します。

また、固くしまった土に空気を入れたり、必要な養分を補給してやります。

特に、アスパラを延ばしていくこの時期は、もっとも肥料分を要求する時期なんですね。

実は、アスパラガスは、地温に非常に敏感だったり、地上部の茎葉を刈ったりすることに
すぐに反応する繊細な面が有る一方
別「畑の豚」といわれるほど、多肥料を好みます。

他の作物なら、「これだけ肥料をやったら、根がしびれて、枯れるだろう」
というくらい、施肥をしても、平気な一面が有ります。

それどころか、水と肥料をどんどん施せば、収穫量もすぐに増えたりします。
こういうことから、産地では、堆肥は毎年膨大に施し
肥料も、とんでもない量が投入されたりしています。

それが、未消化窒素となって蓄積され、味が格段に悪くなったりするんですね。

うちでは、味が売り物ですので、根っこの養分ででてくる春のアスパラの間は
極力、施肥を抑えています。

ところがこれからの1ヶ月は、アスパラがもっとも栄養を必要とする時期ですので
かなりの肥料分を投入することになります。

また根っこも切りますし、栄養分が、成茎になる親茎に吸い取られますので
でてくるアスパラは、細くなったり、規格外のものもでてくるようになります。

ですので、夏のアスパラがでてくる前の、これからの1ヶ月間は
昨年好評だった、「箱いっぱいで無選別アスパラ」で販売する予定です。

「箱いっぱ」というネ-ミングも面白くないので
今年は、改め「特盛りアスパラ」で行きます
(同じようなもんですね  笑)
あのアスパラ箱に、入るだけ詰め込んでお届けです

夏のアスパラがでるまでの期間、少しでもアスパラ中毒の方に(笑)楽しんでいただくためですので
穂先スペシャル並にお買い得です

今週中に、販売開始です。

また、大人気の「穂先スペシャル」も芽の出かたと、発送状況を見ながら
随時、追加していきます。

夏のアスパラも、今週末からご注文をお取りしようと思っています。
発送は多分、4月下旬頃からです。

natuasupara02.jpgnatuasupara01.jpg

夏のアスパラは、地上部が元気で、天候さえ良ければ、安定して収穫することができます。
裏から言えば、日照量が少ない、梅雨時期は、味が薄くなったり、アスパラの色が
白っぽくなったりと、品質が落ちます。

まだ親茎が若く、日照量が多い、梅雨前に、早く召し上がっていただきたいと思いますので
今回は、予約的に、ご注文を抱え込む予定です。

また、野菜セットは、1日1件ずつ発送しています。
端境期なので、種類は少ないですが、ハ-ブ類が徐々に出始めていますし
ハウス内で、栽培している小松菜と青梗菜が、収穫できるようになって来ています。
(柔らかいですが、味が薄いです)
ラディッシュも有るのですが、ハウス内に大量にいる、ダンゴ虫が
かじってしまっています

露地のたまねぎなども順調に太り始めていますので
4月セットは、3月よりも少し増やせそうです。

こちらも、今週末に販売開始の予定です。

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-23 00:37 | Trackback

Aランクアスパラ、急にご注文が入りましたので、そのメ-ル作成に時間を取られ
久方ぶりの、更新になってしまいました

まずは、アスパラの現状を!

rikkei01.jpg

昨日から、立茎をはじめました
1日で、こんなに伸びるんですね。

で、この立茎は、例年よりもかなり早い
通常、収獲開始50日くらいから、親茎を立て始めます。
採れるときに採るというのが、鉄則です。
(当たり前ですが、収入が減りますので)

また、あまりに元気なものを立てると、後々、具合の悪いことになってしまいます。

今年は、ぎりぎりたてることの出来る、早期の限界と判断して、開始しています。

昨年からの生育も順調で、今年の春アスパラも大丈夫でしたが
やはり昨年の異変もありましたので、今年は出来るだけ
元気な親茎をと考えています。

地上部が出来ると、その病害虫の防除や
枝葉の管理など、いろいろ仕事は増えます。
が、収獲自体は、精神的には、格段に楽になります。

春のアスパラは、全て地下の養分で出てきますので、どのくらい出るか
推測の域を出ません。

ましてや、日ごとの収穫量は、どんなベテランでも、これは分かりません。
それに加えて、どこにどんな太さのアスパラがいつ出るかということになると
さっぱり分かりません。

ちょうど竹やぶに行って、いつどこに、どんな太さの筍が出てくるか
分からないのと同じなんですね。

加えて、うちの場合は、味が売り物ですので
日ごとの変動はありますが、確かなことは、春のアスパラでは
収獲が進むにつれて、貯蔵養分は減ってくるということです。

ですから、確実に、味は薄くなってきます。

ただ全ての株が、初めからいっせいに萌芽するのではありませんので
あとになれば、遅くに萌芽し始めた物を中心に選んで発送することになります。

それを予測しながら、受注残とにらめっこで、発送しているんですね。

これは本当に精神的にも良くない

直売ではなく、全て市場に持っていくのなら、これは気が楽です
とにかく、毎日、量を出す管理さえすればいい。
そして出たものを、市場に出荷すればいいのです。
形だけよければ、味なんてだれも何にも言わないですから
これまた簡単です

ともかく、夏アスパラになると、本当に気は楽になります。
今度は、貯蔵養分は関係なく、地上部さえ元気で、天候さえ良ければ
出る量は予測できます。

地上部の様子も、天候も見えますので、原因が分かるんですね。

また、あとになればなるほど、味が薄くなるということもありません。

で、今立てていますが、収獲は継続中です。
まだまだ元気ですので、立てる太さは、発送分に入れていないような
細いものしか、たてることが出来ません。

小指よりも一回り細いものです。

これが伸びていくにしたがって、元気だと、太るんですね。

普通、アスパラは、目が出たときに太さは決まっています。
細いものが太くなるということはありません。

ただ、元気なものを立てたときに、1メ-トルくらい伸びると
例外的に太ってしまいます。

逆に、収獲しすぎて、添わってしまったものを立てると
ある程度太いものでも、先端が極端に細く、弱くなってしまいます。

なので、今まで収獲し、発送していたくらいのものは
まだ出てくる限りは、全て収獲せねばなりません。

ですので、まったく収獲がなくなるのは、多分、4月中旬頃の10日間くらいです。
また、今立てた、親茎が、葉っぱを展開し、光合成し始め
夏のアスパラが出てくるのは、4月下旬頃からになると思います。

味は、今、収獲しているものよりも少しあっさりしているか
調子の良いときなら、もう少し甘くなるかもといったレベルです。

これは、秋まで、ずっと収獲できますので、楽しみにしていてください

また、野菜セットは、葉物は全て花になり、春菊やソラマメは霜にやられで
苦境にあります。
もうすこししたら、新たまねぎが出始めますので、アスパラの収獲が少なくなってきたら
そちらの管理が出来るかなと思います。

春アスパラの追加販売、穂先スペシャル、野菜セットの販売は
もう少しお待ちください

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-20 00:45 | アスパラ栽培 | Trackback

幸せアスパラ


今日、直売所にアスパラを持って行ったときに
こんなものをいただきました

annnouimo01.jpg

小さいですが、あの、安納芋です。
その直売所に、焼き芋の機械が有って、売っているんですね。

帰り際に、「食べてね」と渡されたんです。

新聞紙に包まれた、小さな安納芋2個でしたが
今日一日中、心が温かく、幸せな気分でした

annnouimo02.jpg

美味しそうでしょう
かなり寝かされていたからか、今までで食べた安納芋の中で
一番美味しいと思いました。

というか、気持ちがこもっているんですね。

早朝ですから、これから収穫作業というのもわかる。
で、少しでも元気がでるようにと、いただいたんだと思うんですね。

その気持ちがとても嬉しかったです。

どんな有名店の、スウィ-ツをいただくよりもうれしい

今年もまた、アスパラのシ-ズンが始まって、嬉しいご感想を
毎日続々といただいています。

野菜セットもそうなんですが、やっぱり、美味しく食べていただければ
すごく嬉しいです。
「ああ、お役に立っているんだなあ」と

10ヶ月のお子さんが、アスパラに生でかぶりついている姿や
食卓で、アスパラを囲んで、わいわい食べてくださっている風景

また、あれやこれやと、いろんな料理を立て続けに・・・であっという間に
なくなりそう・・・

などなど、団欒というか、笑いのある食卓というか
楽しげな、光景が、目に浮かびます

本当に良かったなあと思うと同時に、皆様に感謝です

上手くいえませんが、アスパラや野菜を販売するために、農業を始めたのではありません。
気取った言い方をすると、「感動」を売るために、栽培しているようなものです。

しかし、ここ最近、ちょっと待てよ!と思っています。

どうも「感動」というのも、押し付けがましい
楽しい食事、笑いのある、幸せな食卓、みたいなものでいいのではないかと
(同じようなものかも?)

たかが、野菜、たかがアスパラです。

「うわ~!このアスパラ美味しいね!」「体が元気になるような野菜だね」
と喜んでいただければ、それでいいのではないかと思っています。

そのとき、少しこういう味をだすのは、少し難しいのかも?
とちょこっと思っていただければ、もっと嬉しい!

ですから、今年は終わってしまいましたが、「プレミアムアスパラ」というのも
変えようかなあと思っています。

思いっきり、これだったら美味しいだろうなあと手間をかけたという意味で
「プレミアム」にしたのですが、何か「高級感」を演出しているようで
また誤解も招くし、「幸せアスパラ」なんかどうかなと思っています。
(ちょっと、ベタですか?)

作っている私も幸せにしてくれ、また食べてくださるお客様も喜ばせてくれる
うちのアスパラです。
ふさわしい、ネ-ミングに変えようと思います。

購入していただいているという緊張感を持ちながらも
互いに、よく理解しあえる、心の通った、関係がいいなあと思います。

ですので、販売方法も、定期購入を早く導入しなければなりませんね。
特にアスパラは、いきなりいいものが出始めたりする。
そういったときに、「いいものがでたよ~」と直ちにお送りできるのがベストです。

で、今、2回目の山を登りはじめています。
この山は、今週一杯は続くと思っています。

今日もきれいなものが、たくさんでています。

特に明日(今日になりましたが)夜の気温、湿度、アスパラの体調からみて
いいものが大量にでてくるはずです。

1回目の山のときよりも、味などは薄くなりつつありますが
多分、今シ-ズンの中でも、ベスト3に入るような、柔らかくて、みずみずしく
甘くきれいなアスパラが、大量に収穫できます。

一方、発送のほうは、プレミアムの発送は、ほとんど完了していますので
Aクラスのアスパラも、明日から2~3日は、ほぼプレミアムと変わらないものが
発送できます。
おまけに、すぐに発送できる状況になっています。

春アスパラの収穫自体、あと2週間ほどですので、ぜひ、このチャンスに
乗り遅れないようにしてください


プレミアムと同等レベルの品質です。ご家庭用に!切って調理するなら、これが最適です!規格外品は入っていません!【期間限定 数量限定】【3/7+販売開始!】春アスパラ Aランク L-Mサイズ 1kg


プレミアムと同等レベルの品質です。ご家庭用に!切って調理するなら、これが最適です!規格外品は入っていません!野菜セット、アウトレット、他のアスパラとの同梱専用商品です。【同梱専用】【0308-送料無料】+【3/7+販売開始!】春アスパラ Aランク L-Mサイズ 0.5kg

同梱用のアスパラもぜひ一緒にご購入ください

そうすると、【送料無料】で、1.5キロで3480円という、破格の値段になります。
もちろん規格外はなし!
それどころか、ここ2~3日は、プレミアムとあまり変わりません。

ギフトにも、自信を持って、オススメです

明日、15時くらいまでにご注文いただくと、明日発送可能です。(多分)


[PR]
by chikomomorara | 2010-03-15 02:19 | Trackback

プレミアムアスパラ 0.5キロプレゼント発表です

今回は、以下の方々が、当選されました

☆ 235048-52956654-K 神奈川県 O.S様
☆ 235048-52948290-K 埼玉県 I.A様
☆ 235048-52929879-K 大阪府 M.Y様

今回もクイズ付でしたので、ご正解者の中から、抽選させていただきました

今、2回目の山に差し掛かっているところなので
賞品は、できるだけ早く、お送りしたいと思います。

今回、当選されなかった方も、ぜひ、Aランクの春のアスパラをお試しください。
あとになればなるほど、味は淡白になってきます。

本日、お送りしたものなどは、味はほとんどプレミアムと変わらないと思います。
太いものが入らなかったり、多少ごつごつしているという違いです。

あま塩、P-プラス、同梱専用アスパラとの同梱で
送料は当店負担です!!


プレミアムと同等レベルの品質です。ご家庭用に!切って調理するなら、これが最適です!規格外品は入っていません!【期間限定 数量限定】【3/7+販売開始!】春アスパラ Aランク L-Mサイズ 1kg

また現在売り切れています、穂先スペシャル、来週前半には、追加販売できそうです。

野菜に関しては、先日の強風で、かなり打撃を受けましたが
ニラや、ハーブ類、4月にはいると、新たまねぎなども収穫できますので
状況を見て、販売再開の予定です。

今の、Aランクアスパラ、とってもオトクですので
お早めにどうぞ

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-13 23:00 | Trackback

久しぶりの更新になってしまいました
プレゼントの発表も行わなくてはいけないし、メ-ルの返信も溜まっています。

数日前の大荒れの天候では、30メ-トル近い風が吹き
ハウス内は、内カ-テンをおろしているので、台風のときのように
換気扇が使えません。

台風の際には、ハウスを密閉して、大型の換気扇を回し
ハウス内を負圧にして、ビニ-ルを密着させ、バタつきを抑えます。

taifuu03.jpgtaifuu01.jpg

ところが、今は内カ-テンをおろしているので、巻き込んでしまう危険性が有り
使えません。

で、バタつきを抑えるために、強風と雨のなか、スプリングで留める作業を・・・
その後すごく冷え込んだため、風邪を引いてしまいました

もっとも仕事は有りますので、さすがに一昨日から
今までの疲れもあり、夜10時には寝込んでしまいました。

2日間、7時間ずつ、寝られましたので、今は元気です

やっぱり、歳を考えなくちゃいけませんね

ところで、アスパラは、2回目の山を今登りつつあります。
1回目の山を、それこそ、2~3日で登ってしまいましたので、その後の休養が
かなり必要でした。
半月分、一挙にでましたので、2週間ほどかかったというところです。
で、先日の強烈な冷え込みで、休養完了です。

今日は少し、アスパラの選別について・・・

asupara10.jpgasupara11.jpg

左は、収穫したものがかごに入っているところです。

収穫しているときには、常にアスパラの状態に気を配っています。
その状態によって、温度のかけ方、肥料や水のやり方を変えなければなりません。

もっとも、重視するのが、はかま(三角形の部分)です。
正三角形に近いほど、栄養十分で甘味が有ります。

太いものでも、少し三角形が乱れているものも有りますし
細いものでも、見事な形も有ります。
この写真では、左から2~3本目の太いものと、細いものを、プレミアムでは選んでいます。

また、栄養が十分なものほど、重さがあるということがあります。
収穫が進むにつれて、同じ太さでも、軽いなあということが有るんですね。

ですから、重量感があるものを選んでお届けしています。

右の写真は、出遅れて、最近出始めた、株のアスパラです。
はかまを見てください。

正三角形どころか、膨らんでいる見事な形です。
ただし極太では有りません。

こういうものが、もっとも美味しいアスパラです。



asupara12.jpgasupara13.jpg

左は機械でカットしたアスパラを選別したところです。
普段、この7~8倍を2時間ほどの間にカットし、選びますので
凝った写真では有りませんが

実は機械で、重さサイズごとに分けてくれます。
この上に乗っているものは、全て3L~Lサイズです。

これをまた、上記の規準で、美味しいか否かだけで選び、袋に詰めています。

はかりの左に有る箱のものが、市場出荷分、手前のフタに並んでいるのが
特売の秀品分、そして、1袋はプレミアムで発送しているものです。

この割合は、日によって変わります。

出始めの時には、80%ほどがプレミアムです。
今プレミアムの分は、最近になって、出始めた株のものですから
勢い少なくなっています。

で、ここに乗っているものはもちろん規格外は有りません。
市場の規準では、すべて秀品で、食べてみてもあまり差は無いかもしれません。

自己満足かもしれませんね。

でもできるだけ、この時期にしか出ないきれいなアスパラをと思って
分けています。

右は、市場出荷分です。
多少ごつごつしているものの、穂先はしまっていますし
はかまの形も、まだまだ、栄養が有ることがわかります。

昨日辺りから、今まで萌芽していない株からの萌芽が増えてきましたので
プレミアムの割合が、高まってくると思います。

roji01.jpgroji02.jpg

最後に、先日の大荒れの天候のあとです。

台風並みの風でしたので、露地畑の野菜は、全て、よこなぐりの風に
倒されたりしました。

おまけに翌日の冷え込みでは、強い霜にやられ・・・

ソラマメも、ご覧のとおりです。

今日から晴天で、気温も上がっていますので、それによる回復に期待です。

野菜セットや、アウトレットも、収穫を急いでいますが
露地野菜が少なくなってしまった場合には、アスパラをお入れすることも有ります。
(そのほうが、喜ばれるかもしれませんね)

プレゼントのご当選者の発表は、明日の予定です

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-12 23:58 | アスパラ栽培 | Trackback

お得な商品が続々と!


やっと、雷が収まりました

今日は近況報告?と今後の予定について書きますね。

やはり自然は、正直でした

mokurenn01.jpg

これ、2/28の庭にある、モクレンです。
このモクレンが、満開になるときに、アスパラがピ-クを迎える
と以前書きましたが、撮ったときには、今日は出ているだろうなあと期待半分、不安半分
でした。

何せ、昨年は、これが咲いても、まったくアスパラの姿がなかった
この写真を撮って、ブログにアップして・・と思っていたのですが・・・

ハウスに行ってみると

asupara09.jpg

ハウス内が、暖かいので、レンズが曇っています。

一株から、ぶっといのが何本も

asupara06.jpgasupara07.jpg

一株から、4~5本出ていました
もう、切っても切っても、前に進まない

嬉しい悲鳴ですが、アスパラの収穫というのは時間との勝負ですので
このときのハウス内気温と、アスパラの勢いでは、半日で10センチ近く伸びます。

ですから、4時間(通常は2時間)収穫、何度も家とハウスを往復し
冷蔵庫に運び、家に戻ったのが、12時

その後、予冷が早かったアスパラから、カットし、梱包します。
その間に、発送伝票の作成も・・・
これまた、18時には、佐川さんとヤマトさんに渡しますので
時間に追われて、受け渡したら、ハウスに戻って、アスパラの夕方の収穫です。
(そのまま置いておくと、朝には伸びすぎてしまいますので)

当然、日がくれますので

syuukaku01.jpgsyuukaku02.jpg

こうしてみると、よくわからんですね。

そのままでは、アスパラが見えなくなりますので
例の、防虫のための黄色蛍光灯をつけて、収穫でした。

22時前に家に帰り、そのまま、カット
朝の分で、発送しなかった分も含めて、市場出荷のため
結束、箱詰めで、午前1時頃に市場に出発
帰って来て、受注管理、ブログなどで
4~5時まで仕事。

そして、7~8時から収穫

1週間前は、こんな生活でした。

asupara08.jpg

で、当然、アスパラも人間同様、疲れますので
今週前半には、細いものが多く、今はこんな状態です。

まだまだ甘く、きれいなものが出始めました、が
やはり、細いものが多いです。

少なくとも「プレミアム」という限りは
ある程度太くなければならんだろう。ということと
太いものは、なかなか店頭には並びませんから
ぜひとも、年に1回は。こういった太いものを食べていただきたい
ということで、選別して、残ったものは市場出荷です。

asupara04.jpgasupara05.jpg

これが、市場出荷用のものです。
穂先もきちんとしまり、はかまもまだまだ栄養があることを表しています。

味は、プレミアムと同等です。

で、これを結束するのが、面倒なんですね。
おまけに、手で何度も触るので、鮮度保持の観点からは
あまり好ましくない。

そして、卸売市場から店頭まで行って、いつお客さまに食べていただけるのか
を考えると、多分、そんなにおいしくは無いだろうなあと思うわけなんです。

で、これを、今回、プレミアムのあとに販売しようというわけです。

2L、3Lの極太のものは入りません。
ス-パ-でよく見かけるのは、MサイズかLサイズの細めです。
それよりも、一回り太いものが中心で、Mサイズも入ります。

ですが、味はほとんど同じです。
切って使うのなら、太いものよりもかえって、使いやすい。

春の美味しいアスパラの時期は、少なくとも3月一杯はOKです。

今年は、ぜひとも飽きるまで、春アスパラの甘みを堪能してください
(商品ペ-ジは、今から作ります)

soramame01.jpg

露地では、ソラマメも一杯花をつけるなど、一気に春になってしまいました

このソラマメの摘花もしなくちゃいけないし、雑草も

野菜セットの収穫発送も・・・

元気に働けることに感謝です(なんか、老人みたいですが・・・

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-07 01:16 | アスパラ栽培 | Trackback

今年は、いい時期にアスパラをお届けすることができて
本当に良かったなあと思っています。

ここで少し、「プレミアム」のことを・・・

まず、春のアスパラは、収穫を始めて、50日前後継続して採っていきます。
地下の養分で、萌芽してきますので、収穫が進むにつれて
甘さもあっさりとしたものになり、太さも細くなってきます。

そのまま収穫を続けると、枯れてしまいますので
タイミングを見計らって、出てきたアスパラをそのまま伸ばし
親茎にするんですね。

そして、親が、葉っぱを展開し、光合成ができるようになったら
その養分で、再びアスパラが出てきます。
これが夏のアスパラです。

冷涼地の、特に、露地栽培では、この立茎後の収穫は行いません。
ですから、北海道などは、ほとんど、こちらで言う春のアスパラだけなんですね。
(収穫するのは、初夏ですが)

夏のアスパラは、春のものほど濃厚な甘さはありません。
比較的あっさりとしていて、太さも極太のものは余りありません。

話を春に戻すと、春アスパラの収穫終了まで概ね3つの山があります。
今ちょうど、一つ目の山を越えたところで、少し休ませているところです。

今週末の冷え込みまで休ませ、その後の暖かさで、また収穫量が増えていくとみています。

この2つ目の山のピ-クは、20日前後になるかと思います。
その時期までに、プレミアムの発送はすべて、完了したいと考えています。

現在も、収穫物のほとんどを「プレミアム」として発送しているわけではなく
その中から、形・太さなどで選び、お送りしています。

その割合は、日によって異なり、30~80%です。
それにもれたものは、直売所と卸売市場に出荷しています。
(今日もこれから、もって行くのですが

で、一通り、プレミアムを食べていただいた方には
極太のものも食べていただいたと思います。

プレミアム発送完了後も、まだまだ、春のアスパラは収穫できますし
立茎までは、味も、今よりは薄くなりますが、まだまだ甘いです。

また、今、市場に持って言っているもののほとんどが
プレミアムよりも多少、細いだけで、味はほとんど変わりません。
ものによっては、極太のものよりも甘いものも多く有ります。

せっかく、まだ、春のアスパラを楽しんでいただけるのですから
こちらも、併売していきたいと思っています。

したがいまして、プレミアムの追加は、多分行いませんので
こちらの太いものをご希望の方は、お買い漏れの無いようにお願い致します。


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!この時期だけの幸せです!ギフトにも最高です!【期間限定 数量限定】【2/26 200セット追加です】最高級プレミアムアスパラガス3L-M 1kg

追加して、高く売るという手も有りますが
あまり選別せずに、発送作業をしたほうが、気が楽ですし
何より、少しでも安くできますので、多くの方に、あるいは
この春、心行くまで、アスパラを堪能していただける。

まあ、それでも、市場に持っていくものはなくなりませんから
毎日、出荷しに行く手間はなくなりませんが、結束の手間が減るだけでも
助かります。

価格は、2L 3L入れずに、L中心で、1キロ2480円(送料別)を予定しています。
また、野菜セットや、アウトレットの同梱専用に、0.5キロのものも
作るつもりです。

ちなみに、これにはSサイズの細いものや、規格外品はまったく入りません。
市場出荷用の、規格品の中で、さらに選びます。
プレミアムよりも、その規準を甘くするものですので
お買い得です。

今週の、土日には、買えるようにしたいと思います。
(何しろ、今は時間が無いので

ですので、プレミアムは食べてしまった、あるいは、もう一回しかない
でもまだ食べておきたい。という方は、この商品の販売開始まで
待ってください。

こちらのほうが、安く一杯食べられますし
太いものも、2~3回、食べるとまあ、いいのではないかと思いますので。
(もっとも、ギフトにはやはり、プレミアムをオススメします。
 太いものも入っていたほうがいいかと思いますので)

春のアスパラの収穫は、多分4月上旬までです。
ですので、3月一杯は、味もあまり落ちないと思っています。

ちなみに、立茎して、夏のアスパラまでまったく収穫がなくなるのは
4月中旬~5月中旬と考えています。
(天候により、まだまだ変わる可能性が有りますが)

では、今から、卸売り市場に、山を越えて、出撃です

[PR]
by chikomomorara | 2010-03-05 00:43 | Trackback