エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

みんな、いなくなった!


今日、最後の仔犬がもらわれていきました

002.jpg006.jpg

最後に動画を撮ろうと思っていたのですが
眠かったのか、ぼ~っとしていて、結局撮れませんでした。

これが最後の一匹です。

まだ1ヶ月ちょっとですが、ドッグフ-ドも食べるようになったし
かわいい盛りのほうがいいかなと思って、引渡しに行ってきました。

009.jpg

訳も分からず、外に出しましたが
なんとなく気配が分かるようです。

最後まで残ったメスの「アマ」も先日、「見せて欲しい」との電話がかかってきて
そのまま、もらわれていきました。

その前日、「これはもう我が家の犬か」と観念して
リ-ドを買ってきたところだったのですが・・・

そんなこんなで、この冬、新たに生まれた7匹!!は、全て無事
もらわれていきました。
こういうのもご縁でしょう。

少し寂しくは有りますが・・・
久しぶりに、落ち着いた家の中になっています。

ということで、これから、脱走しないように気をつけねばと
思っています。
(雑種のブリ-ダ-というのも、いただけませんから  笑)


[PR]
by chikomomorara | 2011-02-27 23:30 | ペットの部屋 | Trackback

お待たせしました

明日からいよいよ、今年のプレミアムアスパラ発送開始します。

005.jpg

これ今日の収獲時に撮ったものですが
太さは親指以上、重さも1本で80グラム以上です。

まだ全体の20%ほどしかでていませんが
萌芽し始めた株では、このように太いものが出始めています。

008.jpg

指標になる、庭先の白モクレンも少しずつ、膨らみ始めています。

明日からの雨のあと、一旦、寒の戻りが有って、その後暖かくなったタイミングで
一斉に咲き始めると思っています。

これが満開のときが、最初のアスパラのピ-クになりますので
3/10前後には、収穫量ならびに、品質とも最初のピ-クが来るのではないかと
思います。

その頃になると、1日に50件ほどお送りすることになります。

前回の販売では、春のアスパラの3割ほどのご予約をいただいており
まあ、今年は、順調に収獲できるだろうと確信が持てましたので
少し、販売を再開しました。

まだ、最初のピ-クにお送りできるタイミングですので
ぜひ、お急ぎください


感動のアスパラガス!春のこの時期、3回の幸せをお届けします!リピ-タ-様に、仁左衛門からの感謝のセットです!【期間限定 数量限定】【送料無料】【2/26 100セット追加です】最高級プレミアムアスパラガス3回セット


感動のアスパラガス!春のこの時期、2回の幸せをお届けします!リピ-タ-様に、仁左衛門からの感謝のセットです!【期間限定 数量限定】【送料無料】+【2/26 100セット追加です】最高級プレミアムアスパラガス2回セット

1年にこの時期だけの味わいですので、堪能したいという方には
複数回セットをおススメします。

5回セットは、出始めの頃から発送する必要がありますので
前回だけの販売です。

なお次回の販売では、複数回セットは販売できるかどうか分かりません。
出来ても、たぶん2回のみで、販売量は少なくなります。


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!ギフトにも最高!【送料無料】初めての方限定のお試しセット!この機会にぜひ、感動を!【送料無料】+【2/26 100セット追加です】最高級アスパラガス0.5キロお試しセット!初めての方限定!

初めての方にはこちらがおススメですが、0.5キロは少ないと思いますので
出来れば1キロのほうをおススメしたいです。


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!この時期だけの幸せです!ギフトにも最高です!【期間限定 数量限定】【2/26 100セット追加です!】最高級プレミアムアスパラガス3L-M 1kg


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!この時期だけの幸せです!ギフトにも最高です!【期間限定 数量限定】【2/26 100セット追加です】最高級プレミアムアスパラガス3L-M 1.5kg

4人以上のご家族の方には、1.5キロがおススメです

なおどちらも、送料別になっていますので
ぜひ、吹上浜のあま塩か、P-プラスの同梱がおススメです。

送料無料に出来ますので、ぜひご利用ください。


職人のプライドが作り上げた、究極の自然塩!雑味がなく、旨みと甘さが際立ちます!おにぎりでぜひ試してください!【送料無料】【同梱専用】一切の妥協なし!究極の自然塩!渚のあま塩【smtb-MS】


プロ使用の、野菜鮮度保持袋 P-プラスを原価でお分けします。当店が、アスパラ梱包に使っているものです。葉物などの鮮度保持には、絶大な効果があります。【送料無料】【同梱専用】+鮮度保持袋 P-プラス 10枚セット【smtb-MS】

急に暖かい日が続いたおかげで、イチゴも急に出始めたらしい。

001.jpg002.jpg

夜に池畑さんから電話がかかってきて「細出し(規格外の商品にならないもの)をとりに来なさい」
とのこと、早速もらってきました。

イチゴ農家で、もっとも手間のかかる、パック詰めです。
採れ始めると、深夜までこういう作業が続くんですね。

こういう中での作業ですので、イチゴのにおいが充満しています。
でも、イチゴ農家の方は、まったく匂いを感じないんですね。

うちでも、ほとんどアスパラのにおいを感じることは
年に数回です。

ともあれ、同じ農家といっても、果樹農家と野菜農家はまったく違いますし
野菜農家でも、作物が違えば、分からないことだらけです。

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-26 22:21 | アスパラ栽培 | Trackback

空からの脅威


今日も暖かい一日でした

ハウスの地温も順調に上がり
萌芽を始めている株は、順調に太いものが出始めています

003.jpg004.jpg

まだ眠っている株もありますので、全体の20%ほどしかでていません。
ですので、本数的にはまだまだですが
出始めているものは、日に日に太くなっています。

来週半ばに、寒の戻りがあることが気がかりですが
明後日あたりから、プレミアムとして発送を開始できそうです。

昨年よりも10日遅れているようです。

ところで、「植物のことは植物に聞け!」です。
今年の梅の開花は、どうも約1ヶ月遅れているようです。
(いまだに満開になっていません)
また、いつもアスパラの指標として観察している、庭先の白モクレン
まだつぼみのままで、開花しません。

何か、寒の戻りを予測して、開花を遅らせているような気がしてなりません。

でも、少しは膨らんできているようで、あと2~3日で咲き始めるような気配です。

本日のニュ-スでも取り上げられていましたが
今年は、鹿児島県全域で、ヒヨドリの食害が、やはりすごいようです。

降灰といい、鳥害といい、空から降ってくるものには
抗いようも有りません。
気候もそうですが、自然よく観察し、順応しつつ、上手く折り合いをつけて
やっていくしか有りませんね。

アスパラや野菜の栽培も、それぞれの生育をよく観察し
気持ちを察しながら、世話していきたいものです。

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-25 22:57 | 野菜栽培 | Trackback

初めての降灰


昨日、用事が有って、山を越えて卸売市場まで行きました。

いつもは晴れているともっとはっきりと桜島が見えるのですが
どうもかすんでいた。
やっぱり、春なのかなあと思っていると
どうも様子が違う。

道を歩いている人は傘をさしているし、硫黄のにおいもして
で、やっと、桜島の降灰だと分かりました。

一昨年から、年間500回以上、爆発的噴火が有ったので
道に降り積もったり、車が灰だらけになったりとか言うことは
分かっていたんですね。

ところが、灰が降っているところにいたのは
これが初めてでした。

072.jpg

市場についたら、駐車場に止めてあった車もこの通り
(このBMW 残念ながらうちの車ではないです・・笑)

このときも、はらはらと灰が降っていました。
まるでダイヤモンドダストのように、舞い落ちてくるんですね。

これでは窓も開けられないし、洗濯物も干せない
ましてや、外を歩くこともままならずで
まあ、こりゃ大変だなあと、しみじみ感じました。

075.jpg

その帰り、イオンに寄ったのですが、30分ほどとめている間に
この通りです。

駐車場の白線もまったく見えません。

001.jpg

今朝も、家をでて、ハウスに行く途中に見えた、桜島の噴煙です。

かなり上空まで上がっていましたが、幸いなことに
こちらでは、年に数回しか、灰がやってきません。

まあ、何でも経験してみなければ分からないということですね。

ところで、昨日から、本当に暖かく、今日は、外でも初めての半そでで
農作業をしました。
今晴れていますが、あまり冷え込まないようですので
明日も少し地温が上がり、日曜日あたりから
本格的に、萌芽し始めるのではないかと思います。

外では、続々と、とう立ちし、つぼみが出来始めています

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-24 22:39 | 風景 | Trackback

大変お待たせして、申し訳ありませんでした
昨日から、ようやく暖かくなり、少しアスパラも採れはじめましたので
本日から、発送再開いたしました。

昨日からお送りしたかったのですが、つぼみとアスパラが少なく
本日からのずれ込みました。

076.jpg

これが本日収獲できた野菜です。

先日のヒヨドリ(ムクドリと思っていたのですが)
の被害からも立ち直り、つぼみをつけ始めるまでに
回復しました。

ちなみに、今年は鹿児島県下、ヒヨドリの被害が著しいようです。

078.jpg

これが本日収獲できたアスパラです。

まだ地温も上がりきっておらず、細いものなどもありますが
少しでも春を感じていただけたらと、お入れしています。

なお、本日お送りしたのは2件です。

発送件数は、アスパラとつぼみの収穫量で毎日変わってきますが
今週末かなり暖かくなりそうですので、日ごとに増えてくるものと思います。

ご注文いただいた順にお送りいたしますので、今しばらくお待ちください。

なお今後の野菜セットの販売ですが、まず、お待ちいただいている野菜セットの発送が
完了した時点で、考えたいと思っています。


[PR]
by chikomomorara | 2011-02-22 19:14 | 野菜栽培 | Trackback

予報どおり、暖かくなりました

002.jpg005.jpg

アスパラもこの通り、次々に出始めました
とはいっても、萌芽し始めている株はまだ、全体の5%ほどですが
地温も安定して、上がってきていますので、明日以降、増えてくるものと考えています。

曇っているのは、ハウス内の湿度を高めに保っているためです。

アスパラは、夏の頃も含めて、もや~っと暖かいほうが
にょきにょきでてくるんですね。
また、ある程度湿度と温度があれば、ストレスなしに伸びますので
スジっぽくない品質のいいアスパラが採ることが出来ます。

特に春のアスパラでは、このように、湿度と土壌水分、地温をある程度
コントロ-ルできますので、この点が、ハウス栽培の利点です。

もっとも、ボイラ-などで加温していませんので
日照がなければ手も足もでませんが・・・

本日は、地温を上げる目的で、ハウス内は40度を軽く上回っています。
その熱を、水分とともに、ハウスに包み込んで
夜の温度が出来るだけ下がらないようにするんですね。

明日も晴れれば、一日で地温を1~2度上げることが出来ます。

今週末には安定して17~8度くらいには持っていけると考えていますので
その過程で、かなりのアスパラが完全に目覚め、萌芽し始めると
予測しています。

ですので、今週末あたりから、プレミアムとして発送できるように
なるかなと思っています。

もう少しですので、楽しみにしていてください

006.jpg

昨日、5センチくらいのアスパラがもう20センチを超しています。

これはまだ、地温が上がりきっていない頃に芽ができたものですので
まだそれほど太くはありません。

ですので、発送できるものではないので、味見を兼ねて
ポリポリと、ポッキ-のように、生で食べてみました

OKです

この味この味ですね。

ちなみに、色も淡い緑で、透き通ったようなきれいな色です。
これが、ふんだんにチッソを効かせれば、もっと緑が濃く
そして、えぐみがでてきます。

008.jpg

例年、4月下旬や5月になってから、特にレストランからお問い合わせを
大量にいただくようになりましたので
少しでも、あとになってから、春アスパラを収獲できるようにと
まだ開け放っていた、ハウスもこの通り
目覚めて、出始めるものがでてきました。

「もう早く、起こしてよ!」という印ですので
本日こちらのハウスも、閉めこみ始めました。

どうやら今週中には、また早朝から深夜までの生活が始まりそうです。


[PR]
by chikomomorara | 2011-02-21 18:18 | アスパラ栽培 | Trackback

あと1ヶ月のパスタ



野菜も、かなり回復し、春菊も収獲できるようになり始めています。
またアスパラも、ほんの少しずつですが、収獲できると思いますので
野菜セット、明後日の月曜日から、発送再開いたします

まだブロッコリ-が採れますので、できればこれが収獲できている間にと思っています。

006.jpg010.jpg

高菜もあと少しですので、12月からほぼ毎日食べ続けている高菜パスタ
のレシピをもう一度(しつこいか・・・)

☆ オリ-ブオイルでニンニクをいため、そこにイカを投入
  イカに色がつくまで、十分炒める。
  いつもイオンで購入する冷凍イカを使っていますので
  こんがりと炒めたほうが、冷凍くささがなくなるとのこと(プロのこつらしい)
  
  その後、酸味が欲しいので、白ワイン(とお好みでバルサミコ)をかけて
  アルコ-ルをとばす

  充分にいためたら、そこに、高菜、こぶたかな(こぶたかなのほうが甘くなります)
  を刻んで投入。
  ふたをして、蒸し焼きに

  しんなりしたら、塩コショ-で味付け

  これが上の、左の画像です。

  これにパスタを入れて、和えて出来上がりです

  いつも、かえって来てすぐに作るので、所要時間は10分です。

出来上がりは、右ですが、どうも彩りはよくないかもですね(笑)
でも、脳天を刺激する(私にとっては)美味しさですよ

もう少し旨みがほしいときには、ナンプラ-を入れたり、アンチョビを入れたりすることもありますが
基本的には、塩コショ-のみですので、オイルと塩とパスタ、高菜のよしあしがストレ-トにでます。

ただ、絶対に市販の高菜(鹿児島ではよく売られているのですが)ではこの味になりません。

前にも書きましたように、市販の営業用に栽培されたものでは
短期間に、それも出来るだけ大きくして収獲されるため
辛さも、化学肥料くさい、変な辛さになるんです。

何も難しい作り方が必要なわけではなく
ほとんど、肥料を施さず、5割程度の大きさで収獲されたものだったら
同じように美味しくパスタが作れるんですね。

ちなみに、オイルは3000円程度のもの、塩は吹上の塩、パスタはディチェコです。

このあたりが、12月からほぼ毎日食べ続けても
飽きない要因でしょうか?
(本当に12月から、月に25日は食べ続けています  笑)

このパスタとも、もうすぐお別れです。

次は、約半年間、アスパラパスタの出番です。

こう考えると、嗜好が異常なだけかもしれませんね

011.jpg

今日は、家の裏の畑にもマルチをはることが出来ました。

例年、きちんと何かを植えようと思って、そのままアスパラのシ-ズンに突入し
5月頃に、雑草だらけになって・・・というのがお決まりのコ-スでしたが
今年は、雑草も何とかクリア-出来そうです。

ハウスのほうの畑は、3月に全面的に耕しますので
こちらでは、今から植えなければならない作物を
主に自家用でつくろうかなと思っています。

今年は、アスパラがまだほとんどでていなかったので
せかされることもなく、落ち着いていろんなことが
準備することが出来ました。

昨日は、早くも確定申告も終えましたし、
もうアスパラの収穫が始まってもOKです。

001.jpg

一番小さな1匹です。

黒くて丸いので、「くろまる」
これはもう貰い手が決まりました。

よかったよかったです

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-19 23:25 | 野菜栽培 | Trackback

ぬるこい雨


今日は、今年になって、初めてのぬるこい雨でした

なんか、ぬめ~っと暖かく、半そでとまでは行かないものの
長袖だと少し暑いような、夜に奈っても暖房も要らないような
一日です。

考えてみると、鹿児島では毎年、1月でもこのような日が
数日あるのが普通なんですが、今年はまったくなかったですね。

湿度が高く、気温も高いようなこういう日が
アスパラの萌芽にとっては、最高です。

なので、休眠中にこういう日があると、少し目覚め始めるんですね。
それで、睡眠不足になってしまう。

今年はこういう日がなかったので、よかったんですね。

006.jpg008.jpg

ハウスでは、順番に、左のようにたっぷりと水を与えて、閉め切っています。
まだまだ地温も低く、晴れないと温度は上がりませんので
右のように、ほとんど萌芽はしていません。

010.jpg011.jpg

遠目では変化はないですが、よくよくみると、少しずつ芽が増えてきています。
先日、ハウスを開け放った状態で、出始めた新芽は、右のように
緑色になっています。

予報では明日、半日晴れて、その後2~3日雨、21日頃から
毎日日照があるようですので、萌芽がそろってくるのは
25日頃からのように考えています。

その頃から、発送でき始めるのではないかと思っています。

013.jpg015.jpg

べかなと、チンゲン菜です。
温度が上がり、雨もふんだんに降るようになっていますので
鳥に食い尽くされた、このような野菜の葉っぱが再生してきています。

葉っぱが増えればこのように、つぼみをつけ始める季節です。

016.jpg018.jpg

毎年大好評の、ルッコラのつぼみです。
ルッコラに限らず、このような野菜のつぼみは、普通は商品にはなりません。

葉っぱが商品ですので、つぼみをつけ始めると
全てごみなんですね。

ですから、いま少し育っているダイコンや白菜、その他の葉物野菜などは
全て、トンネルをかけたり、ハウスで加温したりして、幼少期に低温にあわせないように
努力します。

低温にある一定時間遭遇したのち、暖かくなると、全てとう立ちしてしまいます。

逆にイチゴなんかは、12月に商品にするために、苗を秋に定植しますが
そのままでは、低温に合わないため、12月までにつぼみがつかず
花が咲きません。

当然、実もできないため、8月とか9月の苗が小さいときに
冷蔵したりして、冬が来たと思わせ
定植してからは、夜に電気をつけて、日が長くなったと
(すなわち、春が来た)と錯覚させるんですね。

葉物に話を戻しますと、つぼみをつけ始めると
葉っぱで作る養分は、全て、つぼみに集中させますので
栄養はありますし、その野菜の香りや味が凝縮されます。

つぼみを採るために、品種改良された、なばななんかよりも
はるかに美味しい。

右は、春菊です。
いやな香りがなく、甘いです。
来週までの晴れ間で、一気に大きくなると思います。
これも、葉っぱを採らずに、そのままにしておけば
つぼみがすぐについてしまいます。

明日からの気温次第ですが、もうそろそろ、野菜セットの発送を
再開しようかなと思っています。

ここまでお待たせしましたので、できれば、アスパラの細いものなんかも
ちょこっとお入れできるまで待って、再開するつもりです。

うまく行けば、来週から出来そうです。

これまた、葉っぱが大きくなり始めたら
すごい勢いで、つぼみが出来ますので、1日10件くらいは
発送できるようになるかと思っています。

025.jpg

散々、霜と積雪に痛めつけられた、ソラマメも起き上がってきました。
春はもうそこまでです

001.jpg018.jpg

おまけの2枚です

こちらも、日に日に大きくなっています。

次は動画で

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-17 22:37 | アスパラ栽培 | Trackback

収獲体験にどうぞ!


関東地方では大雪とのこと、明日の朝が大変ですね、こりゃ

東京でこんなに雪が降るということは、春はもうすぐですね。

ところで、今日はハウスひとつを閉めこみました。
本日も風が強く、まったく曇っていたので、ハウス内温度は最高でも7度ほどです。

明日から少し晴れるとのことですので、朝から温度を上げられるように
今日から締めこんだわけです。

完全に閉めてしまうと、外は10度以下で強風でも
晴れさえすれば、温度は軽く40度に達します。

逆に曇っていれば、外との気温差は10度も有りません。
そのくらい、太陽の効果は絶大です。

2重の内カ-テンを準備したり、潅水ノズルのつまりをチェックしなければいけないので
それを済ませて、明日の早朝から完全に蒸しこみ開始です。

ハウスごとに、3回に分けてずらして蒸しこんでいく予定です。
あとになればなるほど暖かくなりますので、すぐに追いついてくるのですが
予定では、春のアスパラを5月10日くらいまで収獲できればいいなあと考えています。

春のアスパラシ-ズンは、毎年体験収獲のお問い合わせが多いんですね。
もちろん、もっともおいしいのは2月~3月ですので、できれば3月の中旬くらいまでに
いらっしゃっていただきたいのですが、やはり、春休みや連休中は多いのですね。

で、ほとんどの年は、その時期には、もう立茎しており
収穫するものがなかったりするので、お断りしていました。

今年は、蒸しこみを遅らせれば、その頃まで収獲できるかなと
思っています。

ということで、4月いっぱいまでは少なくとも体験収穫は
大丈夫ですので、お近くの方、あるいはお近くではなくても
ぜひいらっしゃってください

アスパラは特に、採り立ての味が、際立って違う作物です。
生命力が強く、採った後でも成長するんですね。
そこで、糖分を消費して、甘さが落ちてきてしまいます。

なので、うちでは収穫後、すぐに予冷し、呼吸量を抑制して
少し休眠させる効果を持った、p-プラスの袋に入れてお送りしているわけです。

普通の流通形態では、収獲してから店先に陳列されるのは早くても3日後くらい
それからすぐに陳列されるとは限りませんし、またすぐに売れるとも限りません。

そうなると、美味しいものでもまずくなります。
以前、市場に出荷したうちのアスパラが、とある量販店に並んでいました。
でも、それは、1週間以上前に市場に持っていったもの

1週間まえに結束テープを変えましたので判明したんですね。
見てくれはそんなにいたんではいませんでしたが、まあ美味しくないだろうと・・・・

だから、普通に出荷するのはあまり気が進まないんですね。
一生懸命、味にこだわって作っても、それが食べていただく方にお届けできませんから

で、毎日収獲したものから選んで、いつも直接お送りしているわけですが
それでも、ハウスで切ったものを、そのまま奈まで食べる味にはかないません。

ですので、機会が有りましたら、ぜひ体験にいらっしゃってください

もちろん収獲体験は、この時期に限らず10月までいつでもOKです。

なお、もしいらっしゃる場合には、どの時期でも、朝10時までには
その日収穫できるものは全て収獲してしまいますので
前日までに、ご連絡いただければ幸いです。

ケ-タイ 090-6146-3384です。
(シ-ズンが始まりますと、メ-ルも見れないことも出てきますので)

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-15 00:04 | アスパラ栽培 | Trackback

アスパラがとうとう出始めました

003.jpg005.jpg

まだほんの数本ですが、目覚め始めたようです。
昨年、同じように萌芽し始めたのが2/3ですから
ちょうど10日ほど遅れていることになります。

今年は低温の遭遇時間が例年の倍以上ですので
今までぐっすり眠っています。

また例年のように、暖かい日が数日続き、地温が上がったので
萌芽し始めたという状況ではありません。

気温も10度以上になったのは2月に入ってから数日
地温もまだ9度ですので、まだ眠っていてもおかしくない状況です。

にもかかわらず出始めたのは、もう休眠は充分だということです。

人間で言えば、夜の11時に布団に入って、数分後にはもう熟睡
途中浅い眠りになることもなく、朝の8時になったというところでしょうか?

明後日から、霜が降りるほど冷え込むことはないので
明日以降、順次ハウスを閉めこんで、湿度と温度をたっぷりと与えてやります。

朝になって、起き始めたところで、窓を全開にするようなものですね。

ハウスも閉めこめば、後は晴れるのを待つだけです。
晴れてくれさえすれば、ハウス内温度は50度近くまで上がります。

それが地温の上昇につながり、安定するのが1週間後くらいです。

002.jpg

ハウスの蒸しこみ準備も全て整っています。

昨年の秋以降のアスパラの状況もよかった。
それ以降の光合成も、養分転流もうまく行った。
一年かけて、念入りに土つくりも出来た。

刈り取るのも、ほとんど養分が全て降りるのを待って行った。

それ以降の、準備も焦ることなく、念入りに丁寧に全て行えた。

そして、こればかりはなんとも出来ない低温も、充分以上に確保できた。
(多分来年以降は、こういう異常な低温はないかもしれません)

ですので、今のところ、90点くらいの状況で、萌芽を迎えることが
出来ています。

そういう意味では、すべきことは全て行えた。

今年の春がどのような出方をするか、楽しみです
(といえるところまで、やっときました)

あとは、お客様と、これからの春の喜びを共有できればと
思っています

[PR]
by chikomomorara | 2011-02-13 22:16 | アスパラ栽培 | Trackback