エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

地温が急降下です。


やっぱり、今年は秋が早そうですね。
いつも写真を撮る銀杏の木の葉が、少し黄色っぽくなってきています。

アスパラも、先日の冷え込み以来、地温が下がり
今、22度になっています。

夏のアスパラでは、適温が24~25度です。
夏の暑い時期は、30度近くまで上がり、毎年28度からは下がりません。
9月の今の時期だと、やっと25度くらいまで下がって、「よかったよかった」
となる頃なのですが、1週間で28度近辺から、22度まで急降下です。

地温というのは、あまり急激に上下しませんので
アスパラも驚いているはずです。

で、ここ、2~3日は、もうそろそろ、今シ-ズンは終わっていいですね。
見たいな雰囲気になってきています。

先週の冷え込みが10月中旬の冷え込みでしたので、当然かなとも思いますが
穂先スペシャルのご注文が残っていますので
もう少し、頑張って出して欲しいなと思っています。

ハウスですので、ビニ-ルの開閉で温度管理が出来ます。
夜に締め切って、地温を上げるという手もありますが
来年にも響きますので、自然体で
眠くなったら、眠らせてやる、
こういう栽培ですので、あくまでも気候のままに
任せる方針です。

ところで、急降下というと、欧州発の金融危機
一段と、まずいことになりつつありますね。

金や原油はじめ、主要商品相場が急落していますね。

株式はじめ、商品相場に至るまで
リスク商品から、いっせいに資金が引き上げ始めています。

引き上げて、キャッシュポジションを上げていますね。
でその、資金はどこへ行ったかというと、為替相場で一目瞭然ですね。

欧州通貨も、新興国通貨は下げていますし、円もさほど上がっていない。
ということは、米国ドルですね。
そういうことで、ドルはそのあたりの通貨にたいして、値上がりしている。

ということは、アメリカ国内に資金が還流しているということですね。

G8からですから、FRBは欧州の危機に関しては、距離を置く
つまり、欧州のことは知りませんよ、ということになったんでしょう。

大恐慌に向けて、本格的に動き出したということでしょう。

「対岸の火事ではない」どころか、今回の危機は
大恐慌を上回る危機になると思います。
経済規模は、比べ物にならないくらい大きくなっていますし
中国のバブルもはじけるはずです。

日本といえば、とんでもない財政状態と、原発・震災の痛手が
大きすぎ、おまけに、無政府状態です。

ひとたび、世界的に金融クラッシュしようものなら
預金封鎖、その後に、新円切り替えまで覚悟したほうがよさそうです。

ひたひたと、近づいているような気がします。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-25 22:37 | アスパラ栽培 | Trackback

寒いです!


昨日あたりから、夜は涼しいというのを通り越して
寒いほどの気温になってきました。

おでんや鍋物が恋しいほどの気温ですが、ダイコンはまだ双葉だし
白菜も本葉がでたばかりで、まだまだ先になりそうです。

もっとも、買えばいいだけなんですが、「野菜を買う」という
感覚がない。
畑から採って食べるか、人から貰うか、野菜はそういうものになっているんですね。

いいのか悪いのか?
ですから、ダイコンは、11月から1月にしか食べられません(笑)

そういう意味では、これからの季節は一年でもっとも楽しみな季節です。

ところで、金融危機というか、経済危機、いよいよ。崩れ始めました。
今、NYを見ると、急落しています。
ユ-ロも、アジア通貨も総崩れ、明日から休日で、日本市場は3日間
休みですが、そのときを狙われたかもしれませんね。

年内には、大変なことになると考えています。

もっとも、これ以上貧乏になりようもないですから(笑)
取り立てて、何をするというわけでもないですが
緊急の円高対策でも行われようものなら
(きっとそうなるでしょうが)
またまた、何十兆という、国民の資産が、海外に流出して
戻ってこないことになります。

明日からも、きっと何も報道されないんでしょうね。

もう本腰を入れて、海外メディアをチェックしたほうがよさそうです。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-23 02:04 | 野菜栽培 | Trackback

台風、大丈夫でしたか?


台風、大丈夫でしたでしょうか?

東京が混乱すると、メディアでも大きく取り上げられますが
今日も大混乱だったようですね。

ずっと、住んでいましたので、よく分かりますが
やはり、台風一発で、交通も大混乱、帰宅できないかも?
という事態は、いかがなものかと思ってしまいます。

一応、世界第三位の経済大国のはずですし
先進国のはずですから、もう少しリスク管理というか
危機の対する対応が出来ていないといけないのではないかと
思ってしまいます。

官民ともども、長らくの平和ボケなんでしょうか?
今日一日だけだったからいいようなものの、首都圏で大地震でもあったら
本当に、対応は大丈夫なんでしょうか?

何かあれば、警察が、消防がしてくれる。
それ以上に危機があれば、自衛隊が何とかしてくれる。
行政もやってくれるだろう。

そして、少し時間がたてば、何事もなかったかのように
バラエティ番組に現を抜かす・・・
こういう時代は、もう終わっています。

いまや経済的にも、破綻前夜まで追い込まれつつあり
政治的にも、世界でも相手にされなくなりつつあります。

米国にしても、金の切れ目が縁の切れ目とばかり
アジアでの同胞は、韓国に重点をおき始めています。

まさに、国家存亡の危機的な状況だと感じるのですが
心配しすぎでしょうか?

それはともかく、今回の台風も、これまたおかしいですね。
人工地震に、人口台風など、いろんな説がありますが
その真偽はともかく、特に今年の台風はおかしいですね。

前回もそうでしたが、強風域から抜けて、かなり遠く台風が過ぎ去ってから
強風が吹き荒れました。

前回の時には、北朝鮮の近辺まで行ってから、それも温帯低気圧に変わった頃から
やっと風が吹き始め、長時間、けっこうな風でした。

今回も、和歌山沖まで台風が行ってから(強風域を抜け出してから)
10メ-トル前後の風が夕方まで吹きまくっていました。

コ-スも絶妙ですね。
あれだけ、ぐずぐずしていながら、あたかも、ふくいち目指して一直線の
コ-スですね。

軍事技術としては、実用化されているのは事実ですから
くわばらくわばらです。

そういった、高次元?のことはともかく
風以外は、畑にとってはm恵みの雨になってくれました。

001.jpg003.jpg
昨日の様子です。
この画像からも、風が吹いていないのがお分かりになると思います。

定植した苗は、活着しています。
よかったよかったです。

通路のところに雑草の抜いたのやらがあって、なんとも汚いですね、こうしてみると(汗)

002.jpg

高菜です。
もうすでに、虫に食われ始めていますが
明日から、晴天ですし、気温も下がってきますので
生育に最適な気温になってきますので、食われるよりも早く育つはずですので
多分大丈夫です。

あと、2週間もすれば、見違えるように大きくなっています。

004.jpg

サトイモも、どんどん抜き始めています。
まだ芋は小さいですが、味のほうは上々、水不足のごり芋にはなっていません。

抜いたあとには、鶏糞をばら撒いて、すぐに葉物を定植しています。

これまた、プロの畑とは思えないです。
普通はいっせいに収獲して、その後、トラクタ-で2回ほど耕して
畝を立てて、何かを植えますので、それから比べると
家庭菜園そのものです。

005.jpg008.jpg

オクラとモロヘイヤ、気温が急低下してきましたので
もうそろそろ、今年の出番は終了です。

モロヘイヤも、種が出来始めましたので、葉っぱがかたくなって来ました。

例年よりも半月早いようです。

明日も、どんどん種まきやら、定植を行います。

もっとも野菜を作りやすい時期でもありますし
好きな野菜も、いくらでも出来る季節です。

アスパラの収獲などもあって、体力的には大変なのですが
楽しい仕事ではあります。

上のオクラや、モロヘイヤなどを見ていると
野菜というか、生命体というのが、子孫を残すために
生きているんだなあとつくづく感じます。

なんでも同じですが、ある程度大きくなれば、今度は子孫を残すための
成長に一夜にして変わります。
(栄養成長と生殖成長というんですが)

それは劇的ですよ~!

そして、子孫を残すことが出来ると、自身は退場していきます。

人間も同じですよね。
誰しも、必ずや死を迎えます。

それまでの、人生でもっとも大切なことは子孫を残すことなんではないでしょうか?
それも、自分自身の子孫を残し、その繁栄を願うだけでは
動物や植物と変わりません。

支えあって生きている、周囲の人間の幸福を願い、繁栄を目指した
生き方が出来てこそ、人間といえるのではないでしょうか?

それから考えると、次世代の子どもたちを傷つけ
大きな負の財産を背負わせ続けている今の日本人は
動物以下かもしれません。

そんな偉そうなことを(汗)考えながら
仕事をしています。


[PR]
by chikomomorara | 2011-09-22 00:43 | 野菜栽培 | Trackback

野菜セットの9月バ-ジョンと穂先スペシャル、追加販売します。

ここへきて、台風の影響か、蒸し暑く、また、久しぶりに雨が降ったので
オクラやシシトウが元気になってきました。

多分、あと10セットなら、お入れしてお送りできるだろうと思います。
また、アスパラも少しで方が増えてきましたので
もう1回、穂先でお送り出来るだろうと思い、追加しました。

アスパラは、もしかしたら今回が最終追加になるかもしれません。
例年、10月中は採れるので、あと1回追加できるかもしれませんが
このあと、夜が涼しくなってくるようだと、今回が最終になります。

台風のコ-スといい、気温の変化の激しさといい、まったく異常ですね

桜島も依然として、活発に、毎日2~3回は爆発しているようですし
困ったものです。

先日から、雨が降ったせいで、秋野菜の定植が順調に進んでいます。
定植した後、すぐに晴天になると、せっかく植えた野菜が全て枯れてしまいます。
9月中旬といっても、こちらの日差しの強さは、関東の8月上旬と変わりません。

ですので、しとしとと雨が降っているときに定植し
その後、薄曇が続くような気候が最もいいんですね。

順調に行けば、9月末には、小さな葉物が採れ始めるはずです。
楽しみです

ところで、天候と同じく、欧州発の金融危機、今週からがいよいよ山場のようですね。
アメリカではFOMCもありますし、G20もあります。

リ-マンのときとは違って、今回は採れる手段が、極端に少なくなっています。
先送り先送りで来ると、当たり前ですが、こういう風になってしまいます。
われわれの日常生活と同じです。

各国が一枚岩になって対処しても、難しいのに
欧州自体が、割れてきていますし、米国と欧州との確執も露呈してきています。

覚悟したほうがよさそうですね。


お待たせいたしました!9月セットです。夏野菜はこれで、食べ納めです。【9/19 10セット追加販売です!】無農薬野菜のおすそ分け!

オクラや、シシトウ、モロヘイヤなどがなくなってしまいますので
出来るだけ早く、お送りしたいと思います。


比較的味の濃い、穂先ばかりをカットしてお届けします。硬い部分は切り落としますので、捨てる部分がありません。【送料無料】【9/19 30セット追加です】訳ありアスパラ 穂先スペシャル 1キロ


大人気!あの穂先スペシャルが、デラックスに新登場!1.5キロのメガ盛りです。惜しみなく使ってください。ご家庭用アスパラの決定版です!【送料無料】【9/19 30セット追加です!】 穂先スペシャルデラックス 1.5キロ【sm15-17】【smtb-MS】

今回が最終追加になるかどうかは、天候次第ですが
もう一度追加できる可能性もありますので
今回は、1キロでご注文いただいたほうがいいかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-19 00:18 | Trackback

離陸する?農ビジネス


アスパラクラブ?の若い衆が今月も来てくれました。

004.jpg

昨日、暑い中、露地の畑の雑草処理を手伝ってくれました。

今日から雨続きという事なので、マルチを破って、苗の定植の下準備とか
今月も助かりました。

こんな写真を見るにつけ、やっぱり若いっていいですね。
左の「TOYOTA」のシャツの野市君は、多分来月から
ワインの勉強に、イタリアに行きます。

まあ、こんなユ-ロが崩壊しようかと言う時期に
行こうというんですから、勇気がある(笑)

ユ-ロの両替はぎりぎりまで待つことと
イタリアでは、デモとか暴動とかもこれから起きるはずだから
気をつけるようにと、アドバイスしておきました。

雨のほうは、今回は予報どおり、午前中から降ってくれました。
苗の定植をどんどん行わなければならないので
本日から、雨の中でも、定植を始めています。

多分いろんな葉物野菜が、今月下旬か来月上旬くらいから
収穫でき始めますので、そのめどがつく、来週末か再来週初めに
野菜セットの販売を行う予定です。

10月はともかく、11月から12月というのは、こちらでは
1年でもっとも、野菜の栽培に適した気候で、害虫も病気の心配もいらず
それでいて、からっと晴れて生育がもっとも順調に進む時期ですので
ご期待ください。
(昨年も、この時期だけは順調に収穫できました。)

もっとも、からっと晴れるというのは、東風で山を越した風が吹くからなんですが
今年は、唯一、桜島の降灰が心配ではあります。

昨日も降っていましたが、市内はとんでもないことになっているとか・・・
こちらでも、何日間も続けて降り続けるというのは
今まで記憶に無いとのことです。

また、8月下旬から半月以上も、まったく雨が降らず、猛暑というのは
今までになかったようです。

火山活動といい、この乾燥といい、ケムが影響しているんでしょうか?

ところで、先日の日経で、「離陸する農ビジネス」という記事が
連載されていました。
その中でも、笑ったのが、無人で作業するトラクタ-の開発です。
何でも、GPSを使って、無人でトラクタ-を走らせて、小麦などの播種を
行うとの事。今北海道で、開発中らしいですね。

その中で、見学していた農家が、「これがあれば、規模を拡大できる」
と、期待を持って・・・とか

何でもその農家は、15ヘクタ-ルの経営規模らしいのですが
播種の時期は、その面積をこなすのがぎりぎりとかで
無人で、蒔いてくれれば、面積を拡大できる。
日本の農家は、経営規模が小さく、生産性が低いので・・・
といつもながらの、論調です。

ちなみに、オ-ストラリアでは、農家の平均経営規模が
1500ヘクタ-ルとか・・・

こんなトラクタ-を導入して、規模を5倍に増やせても
1500には、まあ太刀打ちできないのは目に見えていますよね(笑)

第一、トラクタ-を無人では知らせるというのは
これは怖いですよ~
なんと言っても、そのくらいの大きなものだと、重機とかわりませんから。
自動車が走るのとは、わけが違います。

それに、そんなにたくさん作って、どこに売るというんでしょう?
いっぱい作って、今度は輸出という事なんでしょうか?

他の特集も、輸出のことも出ていましたし、もちろんTPPも(笑)

もう、離陸でも何でもしてくれと
(多分墜落するでしょうが・・・笑)

この時期、もう日本の農産物は、海外では売れません。
日本国内は、情報統制して、大本営発表でなんとかいけても
海外ではそうは行きません。

TPPでもそうです。
平成の開国とか言っていますが、いつ日本は鎖国していたんでしょうか?
TPP加盟により、輸出がふえ、経済成長に寄与するとか・・・
加盟各国で、日本殻の輸出に寄与できる国は、アメリカ以外に
見当たりません。
そのアメリカにしても、円高に持っていかれれば
輸出は増えない。
その代わり、サ-ビスや、食糧などの輸入はすごいものになるでしょう。
ほとんど壊滅しつつある農業は、崩壊しますし、それ以上に
いろんな分野で、日本人の雇用が激減します。

決定的に、日本そのものが、なくなってしまうほどの
打撃になるのは、間違いないですね。

それでなくても、政治的にも、経済的にもそして
環境という面でも、崩壊しつつある日本です。

もっとも、新聞にしてもテレビにしても、大本営発表ですから
これはもう仕方ないのかもしれませんね。
自分の頭で考えることが、本当に大切ですね。

この離陸する農ビジネスでもそう。
こういうものでどこが儲かるのか?
機械メ-カ-であり、IT産業であり、多分補助金がらみでしょうから
それにまつわる、方々も利権にありつける。

何も、日本の食糧事情の好転に寄与するとは書いてはいません。
単にそういう事なんですね。きっと・・・

ところで、沖縄駐留の海兵隊、実戦部隊8000人がグアムに移転
と通告されたとか。
以前の計画では、司令部や補給などの要員8000人が移転という計画でした。
今いる戦闘要員は、1万人ですから、ほとんど兵力がなくなってしまうと
いう事ですね。

いよいよ、日本からの撤退が始まりましたかね?
中国が沖縄を取りに来る日も近いようです。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-17 01:05 | 野菜栽培 | Trackback

葉物野菜が楽しみです!


毎日、日中は相変わらず、猛烈に乾燥した暑い日が続いています。

でも、毎日水播きしている甲斐あってか
葉物野菜の苗が育ってきています

030.jpg031.jpg

今はこんな状態です。
マルチを切り開いて、種まきをしています。

ある程度に育ったら、定植するか、間引きするかです。
葉物野菜の間引き菜は、かなり美味しいので
(さっと茹でて、おひたしにすると美味しい!)
この時期の楽しみです。

普通は、苗を育てる際には薬を使いますが
そうすると、間引き菜が食べられません。

間引き菜を食べたいがために、無農薬にしているということもあります。

032.jpg

これは、高菜です。
やっぱり気候があっているんでしょうね。

高菜を見ると、早くパスタにして食べたいなあと思います(笑)

033.jpg

チンゲン菜。これまた、得意な野菜です。

035.jpg

これは白菜。

もう少し大きくなったら、定植します。

11月中旬から収獲できそうです(順調に行けば)
もっとも、白菜がおいしくなるのは、12月中旬以降
下が降りるかどうかという冷え込みにあってからです。

036.jpg038.jpg

今年は乾燥しているせいか
今、シシトウバブルです。

とってもとっても、いくらでも収獲できます。
多分これも、あと10日ほどすれば、パタッと採れなくなります。

シシトウも、パスタばかり作っているので
シシトウパスタももうすぐ終わりと思うと
さびしいです。

作り方はいたって簡単!
オリ-ブオイルでいためて、塩コショ-です。

ベ-コンを使ったり、イカを使ったり、ついでにナスを入れたり
で、ほとんどの場合、バルサミコも入れます。

どんな野菜も、この作り方でパスタにしますが
使う野菜によって、かなり味が変わってくるので
楽しいです。

こうして考えると、やっぱりうちの野菜セットは
「自家用野菜のおすそ分け」ですね。

自然に育てて、無理なくできてくる物しか
うちでは食べられません。
何もこだわっているわけではなく、促成栽培や抑制栽培をしようと思うと
これは技術が要る。

アスパラ以外では、そういう技術は持ち合わせていませんし
アスパラだけで手一杯なので、時期をずらして栽培する
技術を習得しようとは思いません。

もっとも、美味しくは作りたいので、そういう技術は
習得しようとは思いますが・・・

だから、あまり技は持っていないんですね(汗)

で、得意な野菜が、葉物野菜になってしまう。
大体、私が満足に作れるものは、実は、簡単な野菜ばかりなんです(笑)
難しいものでも、たまたま、気候が合えば、上手くできたりすることもあるんですが
まあ、こういったところが舞台裏なんですね(しゃべっちまった~!!)

無理なく、肥料も使いすぎず作っていますので
その分美味しいんだと思います。

そもそも、美味しい野菜でなければ、自分自身食べません。
香りがしなかったり、えぐみがあったりそういった野菜は
もし自分が作っていなかったとしても、多分買ってまでは食べないです。

そういう野菜では、上記のパスタは出来ないですから(笑)

先日、後学のために?野菜セットの販売ペ-ジなどを
少し見てみたんですね。

そうしたら、あるは、あるは・・・
確かに、「九州産野菜」人気なんですね。
どれも、「安心安全」なんてうたっていますね。

まあ、農産物が売れるということは、いいことですので
何も異議はありません。
「よかったですね!」と・・・

うちでは、前からいっているとおり、食べ物なので「安全」なのは当たり前です。
「安心できるかどうか」はお客様が判断すること。

そもそも、1件でも何か問題があれば、直売農家としては、もう終わりです。
生産から、発送、販売まで全て、自分で行っていますので
これはもう、言い逃れが出来ません。

こういうところが大手と違うところです。

食品の安全とかいうことについては、もともと、大手よりも
信用できる個人のほうが、リスクははるかに低いです。

だから、偽装などの問題にしても、ほとんどが大手で起こっていますね。
大手ス-パ-にしても、JAにしても、生協にしても
今までもいろいろとありました。

で、全て、取引業者の責任で、トカゲの尻尾きりで終わりにしてきました。

多分これから、でてくるであろうお米の偽装でも、大手のほうがやりやすい(笑)
個人商店のお米屋さんなんかは、そういったことをすれば
一巻の終わりに名てしまいます。

高度経済成長からこちら、個人の肉屋さん・魚屋さん・八百屋さんなど
大きくせずに、いわゆる生業で頑張ってきた個人商店を
重視してこなかったのは、まずいかもしれませんね。

そういった、商いのあり方が今後見直されてくるのではないかと思います。

効率重視の農業や漁業、そしてそれを優遇する「特区」は逆行していますね。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-13 00:47 | 野菜栽培 | Trackback

変な気候だなあ!


今日は、久しぶりの雨を期待していたのに、まったく降りませんでした。
それどころか、強い熱風が吹き、乾燥しまくりの一日でした。

もしやと思い、生育途中の秋野菜の水をまいていて
よかったです。
まだ本葉が出る前なので、ドライヤ-のような熱風に吹かれると
ひとたまりもありません。
くわばら、くわばらです。

それにしても、予報では、大雨、それもところによっては雷雨との予報だったのに
この外れようです。

本当に今年に入ってからおかしいです。

そういえば、先日から、またせっせせっせと、ケムまきをしています。
多いときには、午前中20機、夕方も同じくらい
おとといなどは、空が一面、乳白色になるまで
散布していましたね。

こういう事をかくと、キチガイ扱いされるかもしれませんし
(まあ、変人ではありますが・・・笑)
販売促進用の?ブログとしてはまずいかもしれませんが・・・

でも、事実は事実、やっぱり航空機ファンの目は騙されません(笑)

もともとが、反戦とか、左の思想ではなく
むしろ、反対の思想を持っており、米軍もすきなのですが・・・
人の頭の上を、訳のわからんものを撒かれてはかないません。

いったい何をまいているのか?

どうも、桜島上空やトカラ列島の上空で散布しているところを見ると
火山活動に関係があるのか?
はたまた、口蹄疫や鳥インフルエンザのウイルスなのか?

真相はわかりませんが・・・

本当に、何か楽しいニュ-スは無いものでしょうかね?

経済危機も、本当に危機的なところまで来ていますし
多分、ユ-ロは崩壊するでしょう。
短期的には超円高ですね。

円高介入しても、高々、1日か二日、5円程度円安に振れるだけです。
おまけに、その何兆円かで、ドルを買い、米国債で運用する。
多分紙くずになりますし、そうならなくても、売ることは出来ません。

どぶに捨てているようなものですね。
全て、国民の税金です。

ならば、復興に使ったほうがずっといい。

一回、何も介入せずに、円をどんどん買わせればいい。
心配しなくても、20円とか30円とかには行きません。
そのほうが早くあく抜けして、いいはずです。

福一からは、またまた、半減期8日のヨウ素が出ているようですし
やっぱり、再臨界しまくりなんですね。
膨大な量のプルトニウムが、放出されていたことが
こっそりと、開示されるし

おまけに、とうとうロシアの出番ですね。
昨日、ロシアの軍用機(それも、爆撃機!)2機が
日本1周ツア-とのこと。
ごていねいに、空中給油まで行って・・・

野田が福島にいたときには、福島沖を通過とか・・・

その上、示し合わせた(多分そうでしょう)ように
中国軍機が、尖閣近辺を飛行です。

いろんな面で、日本は追い込まれて来てますね。

多分、そう遠く無い時期に、軍事衝突があるでしょう。
(もうあったかもしれない・・・あのF-15はどうなった?)

そもそも、資源の乏しい日本というのは本当なのか?
一説によると、東シナ海の原油埋蔵量は、サウジと同等だとか!

また、これだけの火山国ですから、各種資源は、とてつもないほど
豊富じゃないのか?
(資源はマグマからですから)

その上、本来食糧を自給できるだけの、豊かな自然に恵まれ
勤勉で、優秀な国民性です。

もう気づいてみても手遅れですが、世界一資源に恵まれた国ですよね。

そうなれば、周辺各国は手をこまねいてみているわけは無いですよね。
知らぬは、国民ばかりですね。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-10 00:24 | 野菜栽培 | Trackback

寒いです!


先日から、夜は本当に冷え込むようになりました。

冷え込むというよりも、半そででいると寒いほどです。

ですので、夜は網戸にせず、締め切って寝ていますが
こんなことは初めてです。

何せ、12月でも、カマキリがいたり、半そでで過ごせる土地柄ですので
「寒かなぁ!」というのが、この頃の挨拶になっています。

おまけに、カラッとしていていいのですが、とにかく雨が降りません。
ここまで降らないのは、これまた珍しい。

で、毎日、露地の畑には、水をかけるのが日課になっています。
(2時間くらいかかるので、余計な仕事が増えてしまいました)

と思っていたら、明日から、台風の影響で、雨が降るかもしれないとのコト
本当に異常な天候です。

で、夜が急に冷え込むようになっていますので
アスパラの出かたががくんと減ってきました。

毎日晴れているので、光合成も十分、味は濃くなってきました。
ただ、この気温が続くと、多分9月下旬には収獲終了
になってしまいそうです。

今回販売しました、穂先スペシャルまでは多分大丈夫ですが
もしかしたら、追加販売は出来ないかもしれません。
(出来ても、あと1回か2回までだと思います。)

味が濃くなってきましたので、夏アスパラの3回セット、最後の発送分を
少しずつ送り始めています。

野菜セットですが、これまた、モロヘイヤの花が咲き出し
葉っぱが硬くなり始め、また、オクラの収獲も、かなり減ってきています。

ですので、野菜セットの発送も出来るだけ早くお送りしたいと思っています。

また、まだまだ早いのですが、サトイモ、試験的に少しずつ掘りはじめました。
これから、芋が太ってきますので、まだ小さいですが
食べてみると、けっこう美味しかったので、今日の発送分には、少しお入れしました。

葉物など、秋冬野菜の芽がどんどん出ています。
出来れば、下旬くらいから、少しでも採れればと思っています。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-08 23:20 | アスパラ栽培 | Trackback

細野君、狂いまくり!


いや~、びっくりしましたね!

放射性物質に汚染された瓦礫などの最終処分場を
日本全国に拡散とは!

驚きの一手ですね。

菅も枝野も狂っていましたが、やはり細野も
ここまで来ましたか!という感じです。

「福島の痛みを、日本全国民で分かち合う」とか・・・
こういうところの言葉遊びは、政治家は上手いですね。

このことに何も異論は無い、どころか日本人なら誰しもそうしたいと思うでしょう。
痛みを云々という事であれば、福島県民はもちろんのこと、汚染区域の住民に
事実を開示し、毀損された財産について、賠償を行い
移住・仕事など、安全性を担保で切るようにするのがスジでしょう。

瓦礫などは、全て原発周辺に集め、厳重に管理する。
土地の所有者には、精神的損害も含めて、十分以上に補償を行う。

その前にもちろん、東電・政治家・官僚など、刑事ならびに民事責任を取らせ
その上で、全国民に負担させる。

これが、まっとうな処理だと確信するんですが・・・

「ステップ2」とかなんとかの段階では
「まあ、言わせられてんだろう」と思い
避難区域の住民を、順次元通りに・・・というところでは
そろそろ狂ってきたかと・・・

そして今回は、もう狂いまくりですね。

これが、一般人の意見ならまだしも、仮にも大臣ですからね。

こんな事をすれば、日本国中、汚染が広がり
もう海外からは、相手にされませんよ。
多分、日本の輸出は激減でしょう。

もっとも、企業はこういう事も視野に入れ、「もう海外で作るもんね」
と涼しい顔かもしれません。

本当に、この日本と日本人を壊滅させたいんですね、民主党は・・・
(他の政党も同じですが)

そんなによそに持って行きたいのであれば、まずは、自分の家の周りに持ってきなさい。
ついでに、民主党の本部周辺と霞ヶ関にも永田町にもまずは持って行きなさい。
といいたいところです。

増税にしてもしかり、痛みを分かち合うんだったら、櫂より始めよ!
まずは、税金で食っている連中の報酬を半減させてから、言いなさいと
言いたいですね。

とかなんとか、書いていると、気分も悪いので

008.jpg005.jpg

秋冬野菜などの芽がどんどん出てきています。

マルチを裂いているところに、種蒔きしています。

少し大きくなったら、ポットに移植したり、定植したりします。
いろんなところに、15種類以上まいていますので
毎度のことですが、そのうち、どこに何をまいたのか
分からなくなる(笑)

まあ、大雑把なもんです。

今の時期、ちょっと気を許すと、すぐに虫に食われてしまいます。
注意注意です。

012.jpg

今年の秋は早いです。
穂ジソが出始めています。

これも、2週間程度のものですので、どんどん野菜セットに
入れていきます。
ネギと同じような感覚で使ってください。

薬味としてもいいですし、パスタも美味いですよ!

013.jpg

ハ-ブも元気になってきました。

これはオレガノ、ピザソ-スに入っているハ-ブですね。

バジルと一緒にちぎり、鶏肉などの肉に塩コショ-と一緒にまぶして
焼くと、めっぽう美味しいです。

加熱すると、香りはかなりマイルドになりますので
ハ-ブがあまり好きで無い方でも、大丈夫です。


002.jpg004.jpg

うちの外にいる、野良猫というか、半分飼い猫というか
ちゃ~が、また子ネコを生んだようです。

今までは、うちの裏の空き家のあたりで育てて、もっと大きくなってから
子猫が顔を見せていましたが、今回は、一家揃って、もう引越ししてきたようです。

それにしても、1年に何回産むのやら・・・
うちのネコが、2匹ともオスなので、飼い主としても
責任を取らねばいかんかなあとも考えるのですが・・・

ここ数年、動物のえさ代のほうが、人間のそれよりも
下手をすると多くなりつつあります(汗)

世界経済を心配するより、家計を心配したほうがいいようです。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-05 00:56 | Trackback

やはり危ないぞ!


やっと、新内閣が組閣されました。

日経に一面には「復興・経済再生に総力」と踊っていましたが
なんとも、心もとない布陣ですね。

もっとも、今の日本には、この危機的な状況を任せることの出来る
政治家がいないのはいないのですが・・・

ここまで、国家に信用がなくなってしまえば
だれがやっても、多分ダメでしょう。

特に、このところ、自民時代からの、政治不在に加え
民主に代わってからの、国家機能不全
そして、原発事故の情報操作・隠蔽に関して
海外メディアからのあからさまな指摘がなされるようになってきましたね。

「もう日本はなくなってもいいから、放射能を撒き散らすのだけは
何とかやめて下さいな。責任をきちんと取ってくださいな」
ということなんでしょうね。

でも、日本国内ではまったく報道もされません。

もうこれでは、ソビエトはおろか、中国よりもひどいんじゃあないでしょうか?
高速鉄道事故を笑っている場合じゃないですね。

食料品については、日本国民ですら、不安に感じているのに
何で、海外に輸出できるんでしょうか?

事は、放射能云々ではなく、私たちのご先祖様が営々と築いてきた
日本というブランドそのものの崩壊なんですね。

だとすると、食品だけではなく、工業製品自体も
売れなくなってしまいます。

だいいち、あの暫定基準の、500ベクレル/キログラムというのからして
国民をバカにしていますね。
というか、どんどん被曝させたいんですね。

海外では、一桁が当たり前、米国でも
2.5ベクレルというのが基準らしいですね。

500ベクレルというのは、とんでもない数値です。
実際、過去に、東海村で臨界事故があった際に
30ベクレルほど検出されただけで、住民避難など
大変な騒ぎになった。

それがいまや、500ベクレル食べなさい、8000ベクレルでも
一般の廃棄物と同じですから
こりゃあ、すごい進歩です。

きちんと責任を取ることも、とらせることもまったくありませんし
どの報道機関も、事実を少しでも伝えようともしない。

放射能を撒き散らし事故起こした側は、責任を問われるどころか
莫大な報酬をもらい続けていますし、そのつけを、国民や消費者に
まわしてしまう。

それどころか、何の罪もない、数百万の国民を路頭に迷わせたまま
おまけに、被曝までさせて、モルモットにする。

今の状況で、他の原発が事故ったら、もう、日本国民は全員難民です。
国内に住むところもなくなってしまう。

それでも、運転させようというんですから、もう狂っているとしか言いようがない。

津波が来なくたって、地震がなくたって、パイプ1本破損すれば
もう破局的な事故じゃないですか?

テロでも起きれば、どうするんだといいたいですね。

おまけに、原発のセキュリティはイスラエルの会社だったり、韓国企業だったり・・・
まるで、自衛隊の基地の警備を、外国に任せているようなものです。

実際に、不振な火災や、不思議な事故なども、頻繁に起きているとか?

原発一つとっても、なんとも狂っているとしか言いようがありません。

もうどうしようもないですが、少なくとも、こんな国が発展し
反映することは絶対にないでしょう。

現在、外資はどんどん日本から撤退し始めていますし
日本の企業でも、海外に拠点を移そうとしている
移そうとしないまでも、外国人の正社員の採用を
どんどん増やし始めている。

これは、円高などが原因ではなく
主な要因は上記のようなことにあるんじゃないでしょうか?

もう企業は、日本と一緒に滅びるのはごめんだと・・・

空洞化や技術の流出どころの騒ぎではなく
事実上の、国家崩壊の道を進んでいるような気がしてなりません。

ところで、夜がかなり涼しくなってきました。
アスパラも少し元気がでてくるんじゃないかと思います。

また、種まきしたものも、目がでて順調に育ってくれると思います。

[PR]
by chikomomorara | 2011-09-04 01:44 | 野菜栽培 | Trackback