エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


野菜セット、組み替えました。

といっても、内容ではなく、先日から販売していた数を
変更しています。

事前に予想していたよりも、はるかにというか
ほとんどのご注文が、今までと同じ2回セットでした。

早々と、50セット売切れてしまったので
他のセットの販売量を少なくし、売り切れた2回セットを
追加しました。

聞くところによると、まだ葉物野菜も高いようです。
実際、こちらの地元のス-パ-でも、小松菜や水菜、チンゲン菜など
高いままです。

生育に適した時期で、いっぱい出来てくるはずなのに
どうしてかは分かりませんが、とにかく高いなあという感じですね。

今まで行っていなかった、首都圏にも、人気の「九州産野菜」
としていっているんですかね?

根っから、へそ曲がりなので
こういう時代になって、わざわざ「安全」だの「放射能フリ-」だのといいたくない。
そもそも、安全なのは当たり前ですから、「美味しい」から
おすそ分けしたい。というのは、今までどおりです。

で、今月から本当におかげさまで、順調に収獲できるようになって来ました。
露地野菜では、今年になって初めてです。

とにかく、この順調なときに、本当に飽きるまで
旬の野菜を、いっぱい食べていただきたいと思います。


葉物野菜が満載です!!【送料無料】【10/30 40セット追加しました】+野菜おまかせ倶楽部11月バ-ジョン

もっともおトクなのが、この2回セットです。
多分いやというほど、野菜三昧です。

野菜それぞれの持ち味を楽しんでください。


いよいよ秋冬野菜の最盛期の始まりです。いやになるほど、いろんな野菜を楽しんでください!【10/30 10セット販売開始です!】無農薬野菜のおすそ分け!

とりあえず、1回ためしでという場合のセットです。多分・・

こちらのセットをご注文の際には、野菜の鮮度保持に抜群のP-プラス
か、野菜をいためたりする際に、まったく味が違ってくるあま塩
を同梱してください。


お待たせしました!少人数のご家族向け野菜セットミニ版です!!身体を温めるサトイモもお入れします。【送料無料】【10/30 20セット販売開始です】+野菜おまかせ倶楽部ミニ11月バ-ジョン

今回から、新登場のミニ版です。

少人数のご家庭向けです。
こちらの場合も、可能な限り、詰め込んでお送りします。

こちらの個人的な定期購入では、このサイズで毎週お送りしているご家庭が多いです。
ただ難点は、白菜や大根が入ってくると、そのままの形ではお入れできない点です。

そのまま入れれば、それだけで、箱が一杯になってしまいます。


いよいよ秋冬野菜の最盛期の始まりです。いよいよ登場!野菜セットミニです!少人数のご家族向けです。【10/30 15セット販売開始です!】無農薬野菜のおすそ分けミニ!

うちの野菜の味を試してみたいという場合には、もっとも、手ごろかもしれません。

それぞれのご家庭の、野菜の食べ方にあわせて選んでいただければと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2011-10-30 17:26 | Trackback

野菜セットの11月バ-ジョン、明日の20時から販売します

11月・12月はとりあえず、収穫も順調にいきそうですので
販売数を増やします。

またご要望の多かった、ミニ版もラインナップします。

少人数のご家族向けに、あるいは、野菜の消費量が多い
大家族の方で、毎週送ってほしいなどのご要望にお応えできる量と思います。

ただ、こちらもご要望の多かった定期購入につきましては
大変申し訳ありません。

もうすこし導入を検討いたします。
ですので、今回は見合わせさせていただきます。

大変、ご要望が多かったので、少し期待を持たせてしまって
ゴメンナサイ

導入見合わせの理由は以下のとおりです。

仔細に、定期購入のシステムを見てみると
契約期間が、24回あるいは1年の短いほうなんですね。

もうすこし短いのかと考えていました。
ご購入いただくと、何が何でも1年近くは定期的にお送りせねばならない。

ところが昨年の状況を考えると、年末までは今と同じく絶好調だったのが
大晦日の大雪を境に、1月はまるで北国のような気候になり
ほとんどお送りできませんでした。
2月からは回復したものの、春先の冷え込み
その後の長雨、一転、猛暑と干ばつなどで
1ヶ月以上、お待たせせねばならない月が多く、販売できなかった
月もあります。

また、これはこちらの事情なんですが
レストラン関係や、楽天以外での個人のお客様との契約で
定期購入を行っています。

そちらのほうも、お送りできなかったこともあり
1年近く先まで、お約束は出来ないだろうと
考えました。

これが、まだ、2月以降であれば、野菜をお送りできないときには
アスパラで我慢していただくという事も出来ますので
少なくとも1月までは、今の携帯で乗り切っていきたい
と判断しました。
(そのアスパラも、12月まで状態を見ないと、来年の春はまだ分からない状態ですので)

今回、ミニ版も設定しましたので
大変お手数なのですが、今までどおり
毎月ご注文を入れていただければ幸いです。

なお、もし毎月確実に購入したいのだが
売切れてしまって、購入できないなどの場合は
戸別のメ-ル等でご連絡いただけますでしょうか?

追加販売等の措置をとらせていただきますので
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

[PR]
by chikomomorara | 2011-10-27 23:23 | Trackback

寒くなりました!


寒くなって来ました!

最低気温は、鹿児島市内と比べると、4~5度は低いので
今朝は、初めて10度を切って、7度でした。

カラッとした晴天でしたので、野菜は元気いっぱいです

004.jpg
じゃがいもです。
葉っぱ全体で、太陽エネルギ-を受け止めています。
これからはじゃがいもにつく虫もあまりいないので
このまま収穫まで行けそうです。

収穫は、霜の降りる12月になってからです。

005.jpg

カ-ボロネロ、もういくらでも葉っぱを収穫できるようになりました。
少し苦味がありますが、ミネラルや鉄分に富んでいるそうです。

006.jpg007.jpg

どちらもキャベツの仲間、ブロッコリ-と紫カリフラワ-です。

008.jpg

チンゲン菜もこのとおり、かなり肉厚になってきました。
このくらい、葉っぱが厚く、緑色も濃くなってくれば
加熱調理したときにも、うまみがあります。

009.jpg010.jpg

結球白菜と巻かない花心白菜、結球白菜もこのくらい
太陽を浴びて、葉っぱが元気いっぱいのほうが
鍋物には美味しいです。

漬物には、巻いて白くなったものが美味しいです。

011.jpg

赤カブ、収穫まであと1ヵ月でしょう。

012.jpg013.jpg

関西ではおなじみのしろなと、赤ダイコンです。

しろなは普通の菜っ葉ですが、売っているものはもっとひょろっとして、色白です。
初期成育ではまずは根っこを張らせて、力強く育てると
このように、いい緑色になります。


014.jpg015.jpg

ミニ青梗菜と、春菊。
チンゲン菜も、レストランにはこのくらいのものが喜ばれます。
皿にのせて、ちょうどいいからなのでしょう。
超高級フレンチの店にも、送っています。
(中華ではないんですが・・・)

017.jpg018.jpg

寒くなってきて、小松菜も肉厚に、エンダイブも元気いっぱいに育ってきました。

024.jpg025.jpg

みずなと赤みずな、これまた、気温の低下とともに
赤さが増してきました。
レストランではこの赤さを生かして、サラダに使いますが
別に加熱して食べてもOKです。

026.jpg027.jpg

からし菜と高菜です。

からし菜はエビと、高菜はイカと相性がいいです。

高菜も、この大きさはまず売っていません。
漬物用として営業用に植えた場合は、まだまだ苗から少し育った程度です。
でもこの大きさくらいがもっとも美味しい。
家庭菜園ならではの高菜の味です。

029.jpg030.jpg
大きいほうの畑です。

このように、ひとつの野菜は、ほんの10メ-トルほどしか栽培していません。

ですので、収穫してしまうと終わりです。

普通プロの畑は、全面単一の作物です。
例えば、高菜なら、この20倍くらい植えないと、採算にのりません。

そのほうが確かに効率的です。

端からいっせいに耕して、苗を植えていって
収穫も端からいっせいに・・・

ところがそうすると、1000万円クラスのトラクタ-は欲しいですし
人出も必要です。

その人手が今は確保できなくなってきています。

そこで、中国人の研修生やらを、安くこき使って・・・となるわけです。
まあ、プランテ-ションみたいなものですね。

多分、TPPやら、農業特区となると
そこで働くのは、日本人、経営は実質的には外資ファンドとなるんでしょう。

作った作物は、輸出に回し、日本人は食べられない
必ずそういう時代が来ます。

日本人が食べられたにしても、美味しい高菜は出来ません。
何せ、早く大きくし、極限まで育てて、病気になるかとう立ちするか
ぎりぎりまで引っ張ります。
(重量で売り上げが決まりますので)

もちろん、肥料は化学肥料、寒さに向かうこの時期
露地で、有機肥料など使った日にゃあ、効きが悪いですから。

まあ、全ての野菜が、そういう風になってしまっていますが・・

やはり味を求めるなら、家庭菜園です。

032.jpg033.jpg

紅心ダイコンと、普通のダイコン

紅心ダイコンは、大きいものから収穫を少しずつ始めました。
普通のダイコンは、2~3週間後です。

034.jpg035.jpg

反対側の畑です。

ゴボウも元気いっぱいです。

11月~12月はこのように、晴天が続き、気温もいい具合に涼しく
虫も病気とも無縁です。

こちらでは、もっとも野菜が作りやすい時期です。
今年もこういう天候が続いてくれればいいのですが・・・

1月になると、一転、北西の季節風が吹き、毎日寒い曇天が続きます。

昨年は、年末から何度も大雪になり、雪が融けず
1ヶ月以上、ほぼ毎日霜が降りるというか、地面が凍るような
1月でした。

とにかく、順調なときに、美味しい野菜を満足していただきたい
と思っています。


[PR]
by chikomomorara | 2011-10-27 01:19 | 野菜栽培 | Trackback

お米、発送開始です!


本日、稲森さんがお米を持ってきてくださいました

001.jpg

本当に、田舎のおばちゃんでしょう。
こういう人の作るものは、間違いなく美味しいものです。

聞くと、田んぼにつかっている水は、山から流れてくる、自然水とのこと
それを聞くと、余計に美味しく感じますよ~

ちなみに農業用水でないということは
雨が降らなければ、水が枯れてどうしようもなくなるものです。

昨年は、干ばつで大変だったそうです。

早速本日、精米して発送し始めました。

もちもちして、美味しいです

003.jpg

この立ちたての新米に、コカブの一夜漬け、もちろん吹上の海士塩で
それに、きちんとだしを引いた、みそ汁があればいうことないですね。

まさしく、日本人でよかったなあと思える瞬間です。

コカブはまだないので、高菜の浅漬けで我慢です。
(これまた、作り方は以前の記事にありますので、見てください
昨年の11/4です)

一度試してください。
どんな高級レストランの、食事よりも感動します!

ちなみに、コカブは、普通に販売している大きさよりも
パチンコ玉くらいの大きさのものが、実も葉っぱももっとも美味しいと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2011-10-25 21:49 | Trackback

野菜セットミニ


11月の野菜セット、今週末に販売予定です

今回から、ご要望の多かった、野菜セットのミニ版と、定期購入も
導入予定です。

野菜セットミニは、今お送りしている100サイズの箱よりも
一回り小さい80サイズの箱でお送りします。

011.jpg010.jpg

箱の大きさはこんな感じです。

左が、いま野菜セットでお送りしている箱、右が80サイズの箱です。

一回り小さいだけですが、入る量は約2/3になります。
多分3人くらいまでのご家庭で、1週間分~2週間分くらいかなと思います。
大人数のご家庭なら、1週間分と思います。

ただ、この箱で困ることがあります。
これからはダイコンや白菜などの大きな野菜が出始めてきます。

結球した白菜を入れようものなら、今の100サイズの箱でも
困ってしまうことがあります。
もうそれだけで、半分くらい使ってしまうんですね。

おまけに、ダイコンも入れると
3/2くらいが埋まってしまいます。

80サイズでは、そのままでは入らないことも考えられ
白菜は半分に切ってお入れするしか方法が無いかもし知れません。
(鮮度が落ちるので、できるだけ切りたくない)

まあ、このあたりは、なんとか工夫するしかなさそうです。

価格は、80サイズでも100サイズでも同じ送料の契約ですので
まったくかかる送料は変わりません。
今でも、2回セットは送料が半分以上を占めていますので
2~300円程度安くできるだけになってしまいます。

まあ、同じ送料をかけて、せっかくお送りするので
自分としては、できるだけ多く野菜をお送りしたい。

旬の時期に、いっぱい食べてもらえたらという希望がありますので
出来れば、今までどおりのサイズでご注文いただいたほうが
いいかなと思います。
(そのほうが割安ですから)

とはいっても、この箱で野菜を送ると、親族からは
「多すぎ!」とクレ-ムも来る(笑)

冷蔵庫に入れるにも困ったりすることもあると思いますし
まあ、うちの場合、1回に食べる量が異常なこともある。
(食べないときにはまったく食べませんが・・)

そんなこんなで、野菜セット2サイズの中からお好きなほうを選んでいただければと
思います。

また定期購入は、昨年のように天候が激変して、1ヶ月ほとんど何も収穫できない
という事態があると、とても、プレッシャ-になりしんどいのですが
少なくとも年内は、なんとかなるだろうと思いますので
導入することにします。

本日の野菜ですが、晴天と、夜の冷え込みということも
幸いして、紅心ダイコンが収穫できる大きさに育ってきています。

この分では、11/10以前からダイコンが収穫できるようになるかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2011-10-25 00:28 | 野菜栽培 | Trackback

今日も冷え込んでいますので、低温が好きな野菜の成長が
どんどん進んできています。

ちなみに本日お送りした野菜は、からし菜・高菜・わさび菜・チンゲン菜・小松菜
水菜・赤水菜・べかな・ルッコラ・ラディッシュ・葉ダイコン・白菜です。

白菜は、今高いと聞きましたので、鍋にでも使ってもらおうと
生育途中ですが、収獲してお入れし始めてしまいました。

もっとも、寒くなっても来ましたので、自分でも食べたいとも思いましたので・・・

で、本日は今年の初鍋ものでした
まだ巻いていませんし、震えるほど寒くはないので
白菜の甘さはまだまだですが、久しぶりの白菜はいいものです。

あと、2週間くらいで、ダイコンが収獲できるのではないかと
とても楽しみです。

ところで、これから、ドンドン箱に詰め込んでお送りするような
ことになります。
葉物も、もっと大きくなってきますし、大根や白菜を入れれば
なおさらです。

収獲して、軽く水洗いし、袋に詰めて、その後、箱に入れて
当日発送していますが、お手元に届くのは
その2日後とかになります。

やはり、野菜も狭いところに押し込まれて、長旅ですので
お手元に届いたときには、疲れています。

ですので、届きましたら、お手数ですが、一度袋から出して
ボ-ルでもいいですから、一度水に放してやってください。

まだ生きている野菜ですので、20分もつければ、驚くほどしゃきっと
します。

その上で、P-プラスに入れて、密封冷蔵していただければ
最高です。
多分、1週間前後は、もつはずです。

もっともいいのは、ついたその日に全て食べきってしまうことですが・・・

また、お送りする野菜の種類も、ドンドン変わってきます。

今度採れるダイコンもそうですが
出来始めれば、収穫適期は10日ほどですので
どんどん採って、お送りすることになります。

もちろん少しずらして、播種していますので
2~3週間は収獲可能ですが、それが終わればもうおしまいです。

50件ほどにお送りすれば、もう終わってしまいます。

で、もっともいい時期にお送りしますので、できれば
届きましたら、できるだけ早めに食べていただければと
いうのが、希望です。

これからいろんな葉物野菜ができますが
2~3週間で、次は一年後になってしまいますので
もう飽きるまで、食べていただければ最高です。

ところで農家といえば、毎日食卓に、旬の野菜がいっぱい料理して
並んでいるとお思いだと思いますが、案外そうでもありません。

もちろん、代々農家で、三世代同居しているようなところは
少し違うかもしれませんが、テレビなどで紹介されているような風景というのは
少なくとも知る限りではないようです。

多分、そのようなことでは番組は成り立たないから
外向けに、演出というか、頑張って並べるんでしょうね(笑)

大体、農繁期というのは、それこそ、早朝から夜の10時頃まで
出荷作業に追われるというのが、普通ですから、夕食をゆっくりと
食べている余裕などないというのが普通なんですね。

また、例えば、ダイコンを作っていれば、朝から晩まで
あのダイコンの重さと格闘し、腰なんかは悲鳴を上げていますので
帰ったら、ダイコンも見たくないとなります。

ということで、あまり、おススメの料理法は?といわれても
少し困るところがあるんです(汗)

と、言ってしまえば実もふたもないので
この時期、どういう風に野菜を食べているかという
おススメ?を少し・・・

個人的には、ほとんどサラダは食べません。
畑で収獲しながら(アスパラもそうなんですが)
けっこう、つまんで食べています。

肥料分(特にチッソ)が効きすぎると、まずは美味しくないです。
ちなみに、葉物やアスパラは、とにかく肥料分をすごく効かして
早く大きくして、出荷しようとする。
葉物なんかは、年に7回も8回も畑を回転させますので
もっとも大切な、栽培技術です。

で、必然的に美味しくなくなってしまいます。

先日、経済連(JAの県組織)提供のある番組で
鹿児島県の小松菜の生産者部会が紹介されていましたが
「堆肥などを使って、できるだけ肥料分を抑えて、生で食べることの出来る小松菜の
生産を目指しています」とコメントしていました。

「目指す」ということなので、まだ、生では少しまずいということなんでしょう。
まあ、生産者としてはまったく違和感のないコメントをしているつもり
と思いますが、このあたりが、食べるほうからすると
まったく理解できるところではないと思います。

話を戻すと、畑でつまんで、美味しいかどうか、いつもチェックしていますので
わざわざ、サラダで食べようとは思いません。

勢い、食べるときには加熱して、それも茹でてどうこうというのは面倒なので
どの葉物でも、ほとんどが蒸し焼きです。
先日パスタで紹介した、やり方ですね。

オリ-ブオイルか、ごま油で、フライパンでいためて、そのときにふたをして
しな~っとなるまで、いためます。

ほとんどが塩・コショ-です。

ゆでるときには、まずみそ汁にしてしまいます。

共通しているのは、野菜そのもののエキスというか出しというか
それを、そのままいただくようにしています。

同じ調理でも、小松菜とからし菜はまったく違いますし
これなら野菜の持ち味が楽しめて、量も食べられる。

また、加熱すれば、辛さもなくなりますので、辛い野菜が嫌いな方でも
楽しめると思います。

もちろん、こういう料理だと、野菜がまずければ、まったく食べられたものではありません。
そういう意味では、食べる価値があるかどうかの判断の目安にもなります。

栄養があるものほど、シンプルな料理にたえるとよく言われます。
魚でも、新鮮で栄養があれば、刺身で食べられる。
同じ煮物にしても、少量の塩だけで、上品なお吸い物になります。
少し経つと、塩焼きで、そうなると酸味も欲しくなる。
味付けは濃くなってきます。
もっと、栄養が失われると、醤油や砂糖、みりんを使って煮物にする。

それと同じことです。
シンプルに、少量の塩だけで、十分に美味しい野菜。
これがベストです。

こういう野菜は、何度も書いていますように、私の栽培技術が優れているとか
そういうことではありません。
経営方針の差です。
美味しさを追求するか、量(経済効率)を追求するかの違いです。

ちなみに、もっとも美味しさを追求しやすいのが家庭菜園。
利益を出すために栽培するのではないですから、当たり前に
誰が作っても、美味しい野菜が作れます。(プロの真似をするとダメですが)

それにしても、この時期からの葉物は、本当においしいですね。
毎日、パスタで実感中です((笑)

[PR]
by chikomomorara | 2011-10-24 00:18 | 野菜栽培 | Trackback

稲森さんの、新米、販売開始しました

スミマセン!20時から開始したつもりだったのですが
倉庫に入ったままでした。

今はもうご購入いただけます。


稲森さんの自家用米ヒノヒカリ10キロを精米当日に発送します。追加販売は出来ませんので、お早めに!!【送料無料】【20セット限定】稲森さんの天日干しの自家用米 23年度産

10キロ単位ですが、5キロずつ野菜セットに同梱することも可能です。

野菜セットは、これから販売予定の11月セットに同梱という事でも
かまいません。

天日干しで、うちのお米よりも、冷めても味が変わらないように思います。

もみで、購入、冷蔵保存します。
発送日に、そのつど、もみすり・精米して発送いたします。

20セットだけの販売ですが、追加販売は出来ませんので
お急ぎください。

[PR]
by chikomomorara | 2011-10-22 23:26 | Trackback

今年、大変好評だったサトイモ、一昨日ですべてなくなりました。

また、吹上浜の二番塩も締め切りました。

この二番塩、塩炊きしてから、1週間くらいでなくなってしまいます。
コスト的にもかなりお得なので、業務用として
すぐに売切れてしまうらしいです。

また、塩炊きも、定期的に決まった間隔で行われるものではなく
あま塩がそろそろなくなるなあというときに
人手を手配し、薪などを準備して行われるものです。

もう70歳以上の、漁師さんたちが、丸一昼夜かけて作業しますので
そのあたりは、実に田舎的なのかもしれません。

お金さえ払えば、何でも好きなときに手に入るという
今の世情とは正反対かも知れません。

考えてみればうちの野菜セットも同じですね。

そもそも、いっぱい作っているわけではありません。
サトイモにしても、せいぜい、30人くらいの方にお送りしたら
もうありません。
そのほかの野菜にしてもそうです。

例えば、レビュ-などでいい評価をいただいて
それを見たお客様が、次に買おうと思っても、もうありません。
次回は一年先・・・と

機会ロスそのものです。
商品さえあれば、もっと売れる。
売り上げを伸ばそうと思えば、もっと生産量を増やせばいい。

でもそうすると、いろんなところに無理がかかってきます。
当然、品質は低下するし、販売に関しても、うそが必ずでてきます。

やっぱり、家内制手工業のような形態を維持することが
食品の分野では必要なのかなあと思います。

ということで、野菜セットも、どんどん内容が入れ替わってきています。

001.jpg
1週間ほど前から、お入れしている間引き菜も、あと4~5日もすれば
お入れできません。

個人的には、カブの間引き菜の浅漬けが気に入っています。
カブの葉っぱは特に、味があるんですね。

普通に薬を使えば、間引き菜は食べられませんし
この時期だけの、味なので、楽しんでいただければ幸いです。


[PR]
by chikomomorara | 2011-10-22 00:01 | Trackback

今年の新米、販売できることになりました

とはいっても、うちのお米ではありません。
大変申し訳ないのですが、うちの米はもう売切れてしまいました。

アスパラや野菜も、楽天以外でも、定期購入形態で
レストランや、個人の方に購入してもらっています。

9月以降、お問い合わせが殺到し、そちらのほうだけで
もう販売可能分は、全て完売になってしまいました

で、このようなご時勢ですので、何とか少しでも
美味しくて、信頼できる方のお米をと、当たっていました。

で、稲森さんという方が作ったお米を、少しですが分けてもらえるようになりました

以前にも少し書きましたが、天日干しのお米です。
作っているのは、鹿児島市内の谷山というところで、吹上町から山を越えて市内に入った
すぐのところです。

販売しますので、試しに食べてみましたが、美味しい!!

品種は、ヒノヒカリ、慣行栽培(普通の栽培)ですが
自家用のために造っているお米であり、長く農業をなさっているので
さすがの手馴れた、お米つくりです。

ちなみに、販売用のお米は作っている方ではありません。

兼業農家で、野菜・米ともに、自家用のために作っている農家さんです。

068.jpg

こういう方が作ったお米です。

信頼できるでしょう!

ちなみに、うちが買い入れて、販売しますので
味。品質は、私が保証します。

価格は、うちのお米と同じです。
価格は上乗せしていませんので、赤字にはなりませんが
利益もまったくありません。

販売量は、200キロですので、お見逃しなく!!

うちのお米とおなじように、精米した当日に
発送いたします。

[PR]
by chikomomorara | 2011-10-21 23:01 | Trackback

奈良県立平城高校


日大桜ヶ丘高校に引き続いて、毎年恒例の奈良県立平城高校の
修学旅行生受け入れでした。

002.jpg

こちらも、まずは吹上浜へ

伊須田君、片山君、馬場君の3名です。

いつになく、まじめな3人組だったので、それなりにおとなしかったですが

004.jpg

こちらも海に入ると、それなりに大はしゃぎでした。

あまり画になるような、はしゃぎっぷりではなかったのですが
こちらも、3時間近く、遊びました。

005.jpg

普段は、おとなしい3人だと思いますが
少しはめをはずして、遊んでくれたようです。

これからの一生のなかでも、何も気にせず、思うように
プライベ-トビ-チのような砂浜で、心いくまで遊ぶことは
まあ、ないと思います。

幸い天候もよく、その後、熊本で、ラフィティングも楽しめたのではないかなと
思います。


[PR]
by chikomomorara | 2011-10-21 22:41 | イベントあれこれ | Trackback