エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

光陰矢のごとし


今年も残すところ、あと1日になってしまいました。
本当に時間の過ぎるのが、年々早く感じられます。

こういう仕事をしていると、曜日とか月日の感覚がなくなってきます。
天候には敏感になるのですが、特に休みもないので
上記の間隔は、もっぱら、毎日行っている温泉に頼っています(笑)

この温泉、水曜日が休みなので、「ああ、また明日は休みだなあ」
とか、連休や、盆・正月になると、帰省してきた人がいっぱい来たりします。

それで、「ああ、正月だなあ」とか感じるわけなんですね

で、ここ数年、盆とかゴ-ルデンウィ-クとか。正月になるのがやけに早く感じます。
昨年は、年末に背中を切り、31日からは大雪です。
何か、それがほんの2~3ヶ月前のような気がしています。

まあ、思っているよりも、人生は短いという事なんでしょうね。

もっとも、東北や特に福島の方にとっては、とんでもなく長い一年だったのではないでしょうか?

同じ国民として、少しでも苦しみを分かち合えたら
と引き続き思います。

013.jpg

ところで、今年の年末は、本当に穏やかな天候になっています。

012.jpg

ほうれん草も、ほんの少しですが、成長しています。
トンネルをかければ、少しは成長が早まりますので
明日、試験的に、トンネルらしきものをしてみようと思っています。

014.jpg015.jpg

トレビスです。寒さでかなり赤くなってきました。
チンゲン菜も、肉厚になり、雑草も元気に育っています
まるで、自然農法になってしまっています。

016.jpg

もっとも、雑草そのものも、おいしそうな色になっています。
これは、ホトケノザ、春の七草ですので、食べることが出来ます。

パセリのような香りで、苦味や臭みのない野草です。
まあ、雑草ですので・・・ご希望があれば、お送りします(笑)

017.jpg

小松菜が復活してきました。
霜にも打たれ、寒さの中で育ってきていますので
肉厚で、甘く、味が濃いです。

見た目からして、まるで普通に売っているものとは
違うでしょう。
こういう姿が、本来の冬野菜です。

018.jpg

と、ぽかぽかとしたいい陽気の中、収穫していたら・・・

上空に、飛来した航空機がケムをまき
30分後には、一面乳白色の空になり、この有様です


少し薄雲がかかったときとは、太陽光の拡散の様子がまったく違います。
暖かさも、まったく異なります。

こういった、隠された悪事も、これからどんどんと明らかに
されていくんでしょう。

そう期待したい、年末でした

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-30 22:17 | 野菜栽培 | Trackback

冷えています!


毎日冬型となり、かなり冷え込むようになって来ました。

001.jpg

今日の畑の様子です。

暗いです!寒いです!!
冬型になるとこのように、曇って、北西の季節風が吹き荒れ
冷え込みます。

今年はまだ、収獲していても、指先の感覚がなくなったり
足の指先が痛くなったりするところまでいっていません。

昨年の1月は、すごかったです。

異常気象といっても、やはり年によって、様相が違います。

002.jpg

ディルは、霜に弱かったです。
2~3月になると復活です。

007.jpg

もう春菊も、このような悲惨な姿に・・・
これもまた、2月頃に復活です。

「春菊」とはよく言ったもので、冬野菜のイメ-ジが強いですが
春野菜の一種です。

003.jpg

葉物はおしなべて、このように色が黄色くなってくるものが多いです。
窒素が切れているんですね。
この気温になると、ほとんど成長が止まります。
でも、じっくりと、肥料ではなく自力で育った葉物は、甘みと旨みがでてきます。

005.jpg006.jpg

ほうれん草も止まっています。

みずなも、霜に当たって、味が濃くなっていますが
成長しませんので、収獲していません。

晴れる日があれば、じっくりと大株に育ちます。
こういうのが、鍋物には最高です。

1月に収獲再開でしょうか?

004.jpg

一日中、冷蔵庫に入れられたようなこの気温でも
タ-サイだけは、けなげに成長しています。

008.jpg

これまた、この時期しか採れない、こぶたかな。
このつや、見てください!

文句なしに美味しいです。

こぶたかなは、寒いほど、こぶも大きくなり
甘くなり、その後、とう立ちしたつぼみも美味しいです。

明日・あさってと冬型が緩み、晴れの予報ですので
野菜が再び成長してくれると、期待しています。
(晴れると、風は冷たくても、やはり南国ですので暖かくなります)

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-26 22:08 | 野菜栽培 | Trackback

1月の野菜セット、24時間もたたないうちに売切れてしまいました。

本当に有難うございます。
感謝感謝です

今、サンクスメ-ルを順にお送りしていますので
しばらくお待ちください。

特に夏以降、原発事故の影響なのですが、新しいお客様と
数多くのご縁をいただき、本当に有難うございます。

もっとも、本来は、わざわざ、鹿児島から野菜を取り寄せなくてはならない
ということなど、あってはならぬことですし、なんとも、複雑ではありますが・・・

1月は昨年の大雪、ならびに寒波のこともあり、販売数を少なく設定しました。
何事もなく、順調に収獲・発送できれば、野菜の生育も含めて
1月中旬には、少し追加販売できるかもしれません。

今回も、すぐに売切れてしまって、今現在、31通のお問い合わせメ-ルをいただいています。
それのご返事しなくてはならないのですが
本日中には無理ですので、以下に、ご返答のような形で
書いておきます。

(追加販売はいつなのか?)

上にも書きましたが、今回は順調であれば1月中旬です。
昨年のような、異常な大雪と寒さで野菜がいたんでしまえば
次回の販売は、2月下旬です。

うちの場合、単一の作物を大面積で栽培していません。
また、天候の影響をストレ-トに受ける露地栽培です。
野菜に関しては、このよいうにならざるを得ません。

また、気持ちの上でも、この野菜をどれだけの量
いつ出荷しようということはまったく頭にありません。

いつできるか?上手くできるか?
これはひとえに、お天道様次第です。

もっとも、それでは困りますので、できるだけにことはしますが
やはり、自然には勝てません。

ですので、栽培形態としては、まったく家庭菜園と変わりません。
今出来ている、もっとも旬の、美味しいと思う野菜を
勝手に、詰め込んでお送りしています。

(将来的にもっと販売数を増やす予定は?)

まったくありません。スミマセン!
アスパラ、野菜ともに、今の面積で手一杯です。

人を雇って、面積拡大したり、するつもりまありません。
栽培面は、到底、マニュアル化できるものではありません。

しようと思えば、出来ないこともありませんが
そうすると、感動できるほどのものは出来ません。

つまり、市場に出回っている品質のものしか出来なくなります。
そうすると、わざわざ取り寄せてまで、食べる価値があるのかなあ?
と思うんですね。

もちろん、価値があるように見せかけて、大量に生産
販売すると、一時的には大もうけできますので(笑)
それも、一つのやり方とは思いますが
必ず、限界があります。

楽天でもそうですが、「ネット販売、ランキング一位!!」とか
「テレビでも話題!」とか、煽る方法ですね。

広告も最たる手段ですが、どうもそういう方向は
個人的にはやりたくない。
必ず、うそが入ってきますので、これはしんどくなってきます。

(楽天はやめるのですか?)

先日、少し書いたので、けっこうまずかったかもしれません(笑)
まして、楽天のブログですし・・・(笑)

今のところ、すぐにやめる予定はありません。
上のこととも関連するのですが、そもそも、楽天に限らず
こういうショッピングモ-ルというのは、バ-チャル・リアル問わず
売り上げを、右肩上がりに伸ばしていかないと
出店する意味はないと思っています。

なぜなら、モ-ルの最終目標は、モ-ルの経営母体の
利益増大にあるわけですから
これはそうなって当たり前でしょう。

フランチャイズしかり、コンビニしかりですね。

ですから、経営母体としては、どんどん売り上げを伸ばしてもらって
手数料を稼ぎたい、売り上げ増大のために、広告も買ってもらいたい
というわけですね。

まあ、冷めた言い方かもしれませんが、世の中の仕組みはほとんどそうなっています。

農業でも同じで、栽培面積を拡大すれば生産効率が上がるなんていうのは
まったくの嘘です。
栽培面積を拡大すれば、必ず、農家は貧乏になります。
儲けるのは、流通業者と機械メ-カ-、肥料会社なんですね。

実際に、そのほうが効率が上がり、経営的にいいのであれば
メ-カ-が直接、生産します。

少し話が違ってしまいました。

とにかく、楽天のシステムでは少なくとも、売り上げをどんどん伸ばしていかないと
意味がないことになります。

ですから、いいショップというのは、売り上げを伸ばしているショップなんですね。
で、出店側も、「月商1000万円を目指そう!」とか「年商1億を・・」
とかになるんですね。

アメリカンドリ-ムならぬ、楽天ドリ-ムというのがあるんですが
「開業して、自社ビルをもてた」とか、そういうことを目標にしていたりします。
自社ビルが欲しいんだったら、不動産屋になればいい。と思うんですが(笑)

月商にしても、学習塾なんかだったら、今なら1000万円はザラです。
多分、大手では1000万円なら、赤字でしょう。
実際、自分の校舎で年に2億、管轄するブロックで20億売り上げてましたから
別に悪い話ではないんですが・・・

でも、そういうのも、飽きてしまいましたので就農したという経緯もありますので
多分、永久に出店しているということはないと思います。

それよりも、既存のお客様に、野菜やアスパラをお届けできなくなったり
というようなことが、もっとも困ることです。
そういう事態になってくれば、多分、やめる可能性はあります。

もっとも先日、書いたのは、そう遠くない将来(一年以内と思っていますが)
ユ-ロが崩壊、それに伴って、日本経済も崩壊するような事態が
来ると確信しています。

そうなると、物流自体が成り立つかどうか分かりませんので
結果、ネットで販売することも出来なくなるかも?
出来たとしても、数量は限られてきますので、退店か?
と書いたわけなんです。

このシナリオが、もっとも可能性が高いと思います。

ですので、何もなければ、まだまだ楽天で頑張りますので
応援してください。

(肥料などは何を使っていますか?)

これは、日本全国などで販売されている腐葉土などから
放射性物質が検出されたことから、ご心配の事項と思います。

遠隔地から肥料や資材を取り寄せることはしていません。
露地野菜については、鹿児島県阿久根市の発酵鶏糞と
地元の牛糞堆肥だけです。

アスパラについては、上記のものに加えて、微生物資材
地元の米ぬか、九州産の魚の発酵エキスです。

もっとも、その牛や鳥の飼料は?といわれると分かりません。
多分輸入物がほとんどと思いますが、この先は不明です。

腐葉土などは入れていません。

もともと、堆肥や腐葉土というようなものは
トン単位で入れますので、ホ-ムセンタ-で売っているようなものは
まず使用しません。

こういうので入れると、とんでもなく高くついてしまうからです。

(放射性物質の検査は行っているのですか?)

残念ながら、行っていません。

「放射性検査」を売り物にするつもりはありませんし
鹿児島産、それも東シナ海側のものが食べられなかったら
食べるものもなくなるだろうと思っています。

もちろん、今後、ふくいちで、何か異変があり、今年の3月を上回るような
大規模な汚染が発生すれば別です。

また、玄海で何かあれば、これはもうしなくてならないと
考えています。

川内原発は40キロ圏ですので、これまた、異変があれば
もうこれは、検査云々よりも、廃業でしょう。

もともと、こういう検査というのも、農薬の残留検査も含めて
ずさんなものです。
何とか認証といっても、何とでもできるものです。

最終的には、販売者のモラルにかかってくるわけですが
これが、壊れてしまっています。

ですから、やはり安心出来るかどうかは、購入する側が
販売者を見て、信頼できる販売者かどうか
判断するかにかかっていると思います。

そういう意味では「顔の見える」というのがもっとも頼りに
なるのですが、その字の通り「生産者の顔」が分かっても仕方がない(笑)

よくス-パ-なんかで、顔写真が飾ってあったりしますが・・・(笑)

その人がどういう方向性で、作っているのか?
人間性は?卑しい人なのか?とか、そういったことが
重要ですよね。

その意味では、出来る限りブログで公開していますので
これで判断していただくしかありません。

まあ、うちの場合は、栽培から収獲・発送まで全て第三者は入っていませんので
言い逃れは一切出来ません。

その上で、判断していただければと思います。

もっとも、思うことを全て書いてしまっているので
これはもう、営業的にはまずいなあと思わないでもないですが・・・

ユ-ロが破綻するだの、日本が国家破綻するだの
こんなことを書けば、敬遠されるわなあと思うのではありますが(笑)

まあ、うちの野菜、作りながら、いくらでも生で食べていますので
安全ですよ!と、アバウトに考えています(笑)

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-25 00:40 | 野菜栽培 | Trackback

パンチェッタ、その後


パンチェッタ、ソミュ-ル液に漬けて、2週間経過しましたので
ご報告です。

004.jpg

2週間漬け込んだ状況です。
とりあえず、腐ったり、カビが生えていなくてよかったよかったです
というのも、大体が、大雑把な性格の上(O型なんです  笑)
そもそも、決められたことを決められたようにするという性格ではありません。
(多分、ご察しのことと・・・)

やれといわれたことは、やらないし、やるなといわれたことは
必ずする(笑)
そして、失敗して、自分で頭を打って痛い目をして
初めて分かる・・・といった、バカな人間です。

だから、料理なんかも、何か、少し工夫して(自分ではそのつもりなんですが)
失敗することが多いんです。

だから、まずはよかったと思っています。

ロ-ズマリ-やタイム、セ-ジ、オレガノ、ロ-リエなどのハ-ブのいい香りがします。

ソミュ-ル液といっても、何のことはない、濃度が高い塩水のことです。
今回は、15%の塩水に、半分の量の中温糖を溶かしています。

005.jpg

今度は、このピチットというシ-トに巻いて脱水します。

このシ-ト、浸透圧で水分を吸収するんです。
ちょうど、鯛やひらめを、昆布しめしますよね。
あれと同じ原理です。

006.jpg

このシ-ト、以前にも使っていたことがあります。

刺身なんかを、これで脱水すると、本当に美味しくなります。
築地の場外や、浦安の魚市場に買いに行っていたころですから
10年以上前になりますか?

そのときのシ-トはまだ1枚残っていましたが
もう空気中の水分を吸って、ダメそうですので
新しいものを使います。

007.jpg

肉はこんな感じです。

012.jpg

これをピチットで巻いて、何度もシ-トを取り替えながら
水分を抜いていきます。

そのうち、あめ色に光ってくるはずなんです。

013.jpg

ピチット、こういうシ-トです。

けっこう高いんですが、スグレモノです。

ながい間、使わないうちに、製造元が昭和電工からオカモトにかわっていました。

でも、こういう世の中に必要なものは
必ず、廃れないで、残るんですね。

うちのアスパラもそうありたいものです。

このシ-ト、ネットでも買えますし、業務用の食材店や
合羽橋などで、購入することが出来ます。

上手く、パンチェッタできれば、パスタはもとより
ス-プや、ラ-メンにも使ってやろうと思っています

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-24 22:48 | 野菜栽培 | Trackback

かなり寒くなってきました

この時期、最低気温は、鹿児島市内よりも5℃前後低いので
明日は、マイナス3度くらいまで冷え込みそうです。

やはりこの分では、葉物の生育はピタッと止まり
カリフラワ-も年が明けてからの収穫になりそうですね。

001.jpg002.jpg

この寒さで、こぶたかなのこぶが、目立って来ました。

葉物全体に、寒くなればなるほど、甘くなってきますが
こぶたかなは、特に、このこぶの部分を中心に
甘くなります。

右の画像の、「天狗の鼻」みたいなところですね。
ここをかじってみると、じゅわっと、甘い水分がでてきます。

ですので、料理としては、十分に火を通して
この野菜のジュ-スを生かした料理がオススメです。

やはり、パスタでしょうか?

これも高菜のパスタと同様、蒸し焼きにして
塩・コショ-で食べるのがいいです。

・オリ-ブオイルでイカを十分に炒める。
 イカのほかに、ホタテでもえびでもOK
・白ワインとバルサミコをかける
 (酸味が欲しいので、入れています。代わりに、ワインビネガ-でもいいかも)
・そこにフライパンに入りきらないほどの
 こぶたかなを刻んで、投入後、ふたをして蒸し焼きにする。
 (野菜から多量の水分がでてきます。)
 このとき、好みでキノコ類を入れてもOK
・塩・コショ-で味付けをする。
 塩は、あま塩が絶対のオススメです。
・こぶたかなの場合、結構くたくたになるまでいためたほうが美味しいので
 色が変わるまで、炒めています。
 このあたりは、お好みで
・ゆでたパスタを合える
 和えるときにも、火を通しますので、アルデンテよりも少し早めに
 上げています。

前にも書きましたが、これで、全ての野菜をパスタにしています。
野菜によって、味がまったく変わるのが面白いです。

ここ最近は、島たかなを使っていますが、今日はこぶたかなで
やってみました。

毎日、野菜を収穫していると「高菜のパスタが食べたいなあ」とか
「今日はからし菜で」とか、そのときの気分によって
変わります。

こぶたかながもっとも甘くなるようですので、1度お試しください。

さて、1月の野菜ですが、上旬から、カリフラワ-、ブロッコリ-
死して白菜が採れ始めます。

同時に、チンゲン菜・タ-サイなどが出来、カ-ボロネロも引き続きできると思います。

また、カステルフランコ・ロメインレタス、エンダイブなどの
チコリ類も甘くなってきます。

晴れた日が多ければ、11月から蒔きはじめている、ほうれん草も
次々に収穫できるはずです。

ただ、あくまでも天候次第ですので、もうすこしあとにならないとわかりません。

今回、2回セットの発送間隔は、順調に生育するとの前提で
14日間隔としていますが、冬型の気圧配置が長く続いたり
(そうなると、曇天・強風の時雨れた天候が続きますので)
した場合には、間隔がかなりあいてしまうかもしれません。

個人的には、カリフラワ-、もそもそとしてあまり好きではなかったのですが
ミキサ-にかけると、かなり美味しいです。
またブロッコも出来ますし、ブロッコとカリフラワ-の合いのこの
ロマネスコも出来てきますので、楽しみにしていてください。

004.jpg008.jpg

これが昨年のロマネです。

やっぱり作った料理は、パスタでした(笑)


冬野菜がいよいよ佳境に入ってきました!【送料無料】【12/23 30セット販売開始です】+野菜おまかせ倶楽部1月バ-ジョン


お待たせしました!少人数のご家族向け野菜セットミニ版です!!【送料無料】【12/23 15セット販売開始です】+野菜おまかせ倶楽部ミニ1月バ-ジョン


職人のプライドが作り上げた、究極の自然塩!雑味がなく、旨みと甘さが際立ちます!おにぎりでぜひ試してください!【送料無料】【同梱専用】ミネラルたっぷりの、あま塩の二番塩

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-23 23:05 | 野菜栽培 | Trackback

強烈な霜でした


昨日は強烈な霜でした!

今年はじめての、真っ白な畑で、野菜たちも
いきなりの霜で、面食らったようです。

030.jpg

今までなんとか収穫できていた、春菊
さすがに、年内はもう終わりです。

031.jpg032.jpg

午前11時に収穫した、桜島ダイコン
茎がすっかり凍っています。

もともと野生的なダイコンですので、このまま茎が枯れてしまうことはありません。

寒くなると、凍結を防ぐために、葉っぱや茎の糖分を上げるんですね。
だから、甘くなる。
葉物は、より肉厚にして、防御します。

またある程度の大きさに育っていると
地上部をからして、根っこに養分を下ろし
暖かくなったら、再び、芽を出して葉っぱを再生し
そしてすぐに、とう立ちして、花を咲かせて
種をつくり、子孫を残そうとします。

自然は上手くできているものです。

029.jpg

また寒さに強い作物では、すぐにつぼみをつけ
早く花を咲かそうとします。

紫カリフラワ-ですが、花芽がついてきました。
カリフラワ-やブロッコリ-というのは
つぼみですので、これからは自らが大きくなるのをやめて
つぼみに栄養を集中します。

カリフラワ-は、やはり、1月上旬あたりが収穫のピ-クになりそうです。

028.jpg

この寒さの中で、もっとも元気なのが、タ-サイ
肉厚で、葉っぱの照りもよく、どんどん大きくなっています。
今もっともおいしいのが、タ-サイだと思います。

ところで、次回の野菜セットの販売は、あさっての夜を予定しています。

かなり寒くなってきていますので
2回セットの場合、1月上旬と下旬のお届けになりそうです。
成長が鈍ってきますので、前回よりも販売数は少ないです。

よろしくお願いいたします。

なお、こちらも問い合わせが多いのですが
春のアスパラの販売は、1月下旬から行う予定です。

茎葉の養分を完全に下ろし
その上で、根っこの養分を計り
ある程度、収穫可能数を見据えた上で、販売しますので
よろしくお願いいたします。

(おまけ)

北朝鮮の真相も、色々でてきましたね。
まあ、真相は、分かりませんし
どうすることも出来ないので、どうでもいいのですが
やはり、きな臭い動きになってきたように思います。

まあ、これとても、どうでもいいのですが・・・

少なくとも、北朝鮮関係では、以前も書きましたように
なんらか、緊張が高まってきたときには、必ず、米軍機が
毎日沖縄から飛来して、超低空をロ-パスするようになります。

これは、想像でもなんでもなく、そういう相関がある。
すぐ近くにある、甑島には、航空自衛隊のレ-ダ-サイトがありますので
レ-ダ-に補足されないか、すぐに検証できるからでしょうか?

10月から11月は久しぶりによく飛んでいましたが
このところ平穏です。
だから、まだ有事にはならないんでしょう。

そんな事よりも、やはり、ユ-ロが気になりますね。

欧州が吹っ飛べば、(というか、ふっ飛ばしたあとは)
今度は、日本国債ですね、間違いなく・・・

消費税導入が決まろうが、決まるまいが、そういうことになると
思います。
そうなった場合、経済危機なんてレベルではなく
経済的には日本沈没でしょうか?

これとても、防ぎようはありませんが
「いつ頃来るか?」を想定できただけでも
心構えは出来ますので、関心があります。

いまのところ、来年前半までにはそういう時期が来るのかなと
残念ながら、考えて(というか、覚悟しています)


[PR]
by chikomomorara | 2011-12-22 00:46 | 野菜栽培 | Trackback

南北統一かなあ


ここ2~3日、強烈な霜が降りています。

葉物の成長も鈍り、ブロッコリ-のできも減ってきていますので
本日現在、1日に2~3件発送のペ-スになってきています。

少しお届けが遅れ気味になっています。

ですので、次回の野菜セット販売は、23日か24日に行いたいと思います。
(次回受注したものが、いつくらいからの発送になるか、少し見極めたいので)

よろしくお願いいたします。

なお、霜がなかなか降りなかったため、例年になく
長らくお入れしていました、春菊、かなり傷んできました。
春菊は、霜に弱く、少しでも霜に当たると
茶色く変色してしまいます。

多分回復してくるのは、2月頃と思いますが
新しい葉っぱがどんどんでて、すぐにとう立ちしてしまいますので
その頃には、とう立ちするまでの短い期間
どんどん収穫してお入れできればと思っています。

葉物は全般に少なくなってきますが
反面、肉厚になり、甘くなって味も濃くなりますので
楽しみにしていてください

(おまけ)

ところで、今日はどこでも「北朝鮮、北朝鮮」ですね。

それよりも、欧州危機のほうが大変なのではないかと思うのですが・・・
刻一刻と、破局に駒を進めているようです。

年内持つんでしょうか?

これも、来年の2月か3月には分かると思いますが
その頃には、ユ-ロも消え、大変な状況になっているかと思います。
ゆめゆめ、国内のあてにならないマスコミの報道を
真に受けないほうがいいかと思います。

北朝鮮にしても、なんだか、参考になるようなコメントをのべる
専門家もいないわけで・・・

なんか、南北統一に動くような気がしています。
アメリカの立場なら、そういう動きをするかなと思います。

韓国にしても、ロシアと接近しつつありますし
半島をコントロ-ルできる国家にしてしまえば
これはもう中国への、これ以上ないカ-ドに使えますし
日本へも、「地政学上、もう日本はいらないからね」と
脅しの材料にも使える。
(もっとも、朝鮮半島など押さえても、陸続きですので
大丈夫ではないですが・・・)

何より、南北統一ともなると
日本では「平和が来る」などとバカが歓迎しますし
アメリカに見捨てられては大変だとばかり
今以上に、国民の資産を差し出すことになるのでしょう。

ドイツ統一でかなりの資金が必要になりましたが
朝鮮統一の資金は、日本が負担することにもなる。

これ以上好都合なことも無いわけで・・・

で、私がアメリカなら、そういう方向に持って行きます。

中国は、逆に困るでしょう。
現状維持のほうがいい。

ロシアもそうでしょう。

いずれにしても、自国にとって、何がもっとも得なのか?
それを、追求するのが外交ですし
中東とも絡めて、いろんな動きがでてくるんでしょうね。
もっともそうした、国家戦略は、既に各国とも持っているんでしょうが・・・

日本だけが持っていない、で、またもや、いい鴨にされるんでしょうね。

いい鴨というと、韓国がまたまた反日を煽って
盛り上がっています。

よほど経済的に行き詰まっているんでしょう。
竹島の次は、またまた、従軍慰安婦を持ち出してきました。
どこにそんなのがいたんでしょう。

100歩譲って、いたとしても、もう既に巨額の補償金で
解決済みです。

もっとも、こういった譲歩をするから
後々、足元をみられて、せびられることになるんですが・・・

まあ、日本大使館の周りを銅像でで埋め尽くせばいいんじゃないでしょうかね。

その代わり、日本大使館閉鎖です。

言うべきことは堂々と世界に向けて発信すればいい。
その上で、日韓通貨スワップ協定も破棄。

これでいいんじゃあないでしょうかね。


[PR]
by chikomomorara | 2011-12-19 22:43 | 野菜栽培 | Trackback

とうとう言っちまった!


とうとう、言っちまいましたね

ふくいち、事故収束ですと!!

まあ、これで、野田も正真正銘の○○○○と
国際的にも認められるでしょう。

個人がどう思われようといいのではありますが
日本国政府もここまで来たかと、これからは蔑視の対象でしょう。
(今までもその予兆はありましたが・・・)

まあ、ここまで来ると笑っちまうしかありません。

とにかく、3月以来、いう事なすこと、全ていんちきで
支離滅裂。
東電にしても、行政にしても、専門家にしても
マスコミにしても、そこまでさらしてしまうかぁと思うほど
丸裸になってしまいました(笑)

おまけに、司法までも・・・
空気中に放出された放射性物質は「無主物なので東電には
賠償責任を負わない」とか・・・

これも笑ってしまいます。

それが認められるんだったら、毒ガスでも何でもOKですよね。

まあ、ここまで言うのだったら
「原発事故はありませんでした」とまで言ってしまえばいい。
事故の映像は全て、捏造したものでしたと・・・

だから日本の農産物も工業製品も全て安全すよと・・・

そのくらい、海外から見れば、ばかばかしい信じられない
発表なんじゃないかと思います。

その結果、日本から輸出するものへの信頼性は
著しく毀損されることになると思います。

そういう事も見越しての、大企業の海外移転でしょうか?

日産も、国内生産よりも海外生産が上回るとの事
もう日本の企業ではなくなるんですね。

ところで、ユ-ロ、危ないですね。
年内にも、勃発しそうな勢いになってきました。

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-16 23:48 | Trackback

今年最後の修学旅行生


今年最後の、修学旅行生、神奈川県立厚木高校の塩口君・楠木君・山崎君・遠藤君がやってきました。

011.jpg

今回は、昨日の夕方着で、今日の昼過ぎには出発だったので
忙しかったですが、少し雑草をとってもらって
吹上浜へと、いつものメニュ-です。

009.jpg010.jpg

海のある神奈川県民も、海を見るとテンションが上がるようです。

013.jpg014.jpg017.jpg018.jpg

いつものように、時間がたっぷりとあるわけではなかったのですが
童心に戻ったように、楽しく遊んでくれました。

今回は、来る頃から、帰るまで、予報ではずっと雨だったので
困ったなあと思っていたのですが
ずっと晴れの天候に変わりましたので
よかったです。

誰かが、晴れ男だったんですね。

019.jpg

昼過ぎには、バスで出発です。

今日は鹿児島市内で、散策し
あす、長崎まで、それぞれ自由行動とか!

これは面白い学校ですね。

朝出発して、夜に長崎集合、それまで福岡に行こうが
何をしようが自由との事です。

初めてのパタ-ンです。
いやはや面白い。


今日はもう鹿児島市内のホテルで
ぐっすりと寝ていることでしょう。

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-15 00:37 | イベントあれこれ | Trackback

35はやめとけ!


やっぱり、FX(次期支援戦闘機)、F-35に決まりそうですね。

戦闘機ファンとしては、いやだなあ~と思うわけです。
とにかくかっこ悪い。
まだ開発途中ですし、開発途中でも事故も多かった機体です。
そもそも、性能がいいのであれば、米軍が採用している
ラプタ-のほうがいいに決まっています。

でもラプタ-は、アメリカが売ろうとしませんし
同時に開発か始まったF-35ですか?

今までの開発経費と。これからの資金を出させる魂胆ですね
きっと!

あの3機の中では、順当に考えて、ユ-ロファイタ-でしょう。

アメリカが許さんとするのであれば、ホ-ネットにすべきだった。

多分、実戦配備も遅れますし
最悪の決断ですね。

もっとも、どれにするにしても
純国産にすべきでした。
(これまた、許さんでしょうが・・・)

そもそも、日本の技術がなければ、世界中の戦闘機は
作ることが極めて困難になります。
前の大戦でもそうです。
アメリカの航空機に、八木アンテナのレ-ダ-が装備されていたのは
有名な話ですね。

個々の技術は一流なんですが
それをコ-ディネ-トする力は二流
政治は三流、外交にいたっては四流
今はもっとひどくなっているということなんでしょうね。

001.jpg

種子島の高菜、収獲し始めました。
「種子島の高菜」というのも、長いので「島高菜」と命名しました(笑)

普通の高菜よりも、野菜しい味がします。
炒め物にするのがいいのかなと思います。

また葉っぱも薄いので、鍋に入れても美味しかったです。

本来は、「めはりずし」みたいに、おにぎりを巻くための
漬物を作るための高菜だそうです。
002.jpg003.jpg

夜が冷え込むようになりましたので
少し冬の風情になってきました。

ただ例年のように、まだ強烈な霜は降りていません。

008.jpg

カ-ボロが元気です。
加熱して使いますので、どんどんパスタに、鍋物に
みそ汁に使ってください。

食材屋さんでは、イタリアから空輸したものが
1キロ2500円程度らしいです。

021.jpg
パンチェッタを作るために
ソミュ-ル液に漬けた、黒豚です。

いい色合いになってきました
失敗することも、覚悟していますので、少し安心しました。

ハ-ブも全て自家製です。

こういうときに、作っていると助かります。

1ヵ月後が楽しみです。

[PR]
by chikomomorara | 2011-12-15 00:16 | 野菜栽培 | Trackback