エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

野菜終了しました


野菜、名実ともに?終了しました

すでに楽天では販売していませんので
終了も何もないですが
個人のお客様や、料理屋さんには送ったりしていましたし
時々、おまけに入れたりしていましたので・・・

今日、午後に収獲に行ったら、もうすでにトラクタ-で
耕し始めていました。

先日温泉で会った時には、1週間後くらいかなあということだったので
もう少し、カ-ボロのつぼみも楽しめるかなあと
思っていたのですが・・・

で、もう残っていた野菜は、木っ端微塵です。
明日、マルチを張ってもらいます。

まあ、農作業というのは、天気と、野菜の出来具合との相談で
当日急に、決めることが多いです。

先日まで、プラウをかけていましたので
それを早く終わらして、ロ-タリ-に付け替え
急いでやってもらえたんだと思います。

マルチを早くはって、種を早くまかなければ
今度は暑くなりすぎて、苗が育たないなどになりますので
少しでも早くという心遣いです。

で、荷物を出した後に、アスパラを持っていったら

001.jpg002.jpg

カライモを貰いました。

品種は、サツマ何とかで(聞いたのですが忘れました)
美味しいらしい。

早速明日から、カライモ尽くしです。

掘ってから、時間がたっていますので糖度も上がっていると思います。

もっとも、小さいくず芋や、少しかびたのもありますが
小さいほうがかえって使いやすいですし
かびたところは、切ればいい。

やはり、食べ物を作っているというのは
心強いですね。
食糧難になっても、飢え死にすることはありません。

マルチも、そもそもはカライモ用の、畝ですので
今年は、少し作ってみようかと思います。
秋以降、かなり要望も多かったので・・・
楽しみにしていてください。

マルチを張ったら、すぐに、ピュアホワイトの種まき
苗移植と、春じゃがの植え付け、引き続いて
夏野菜の、植え付けと更に忙しくなります。

ピュアホワイトは6月上旬に収獲時期を迎えます。
これは楽しみにしていてください。

少しずつ、ずらして撒きますが、夏に向かうので
結局、追いついて、収獲時期はあまり変わらなくなります。

採れるときは一挙に収獲ですので、野菜セット以外にも
ピュアホワイトだけ、販売できるかもしれません。
(うまく行くかどうかは、タヌキ次第です)


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-29 01:05 | 野菜栽培 | Trackback

今日は、風もやみ、一日中晴れましたので
そこそこ気温が上がりました。
でも、晴天の朝になりましたので、最低気温は3度前後まで
下がっています。

アスパラの選別機の修理に来てもらったのですが
大口(鹿児島北部)は、マイナスまで冷え込んだそうです。
ハウス屋さんによると、大隅のほうでもマイナスだとか。

でも終日晴れましたので、まあ暖かいのか
まだ寒いのかよく分からない天候です。
相変わらず、空気は乾いて、冷たい北風です。

003.jpg

やっと、ソラマメに花が咲き始めました。
家の裏に植えているもので、残念ながら、販売できるだけの数はありません。
このまま、全ての花をそのままにしておくと
大きなものが出来ませんので
摘花して、一つずつにします。
もちろんどの花を残すということはありますが
これは企業秘密です(笑)

004.jpg005.jpg

アスパラも、萌芽のペ-スが遅いので、今のところ成り疲れというのが
ありません。

昨日も晴れて、少し地温が上がったせいか
思いっきり、太いアスパラが出ていました。

中身も詰まっているため、1本で90グラムです。

今年、収獲した中では、もっとも立派な、そして
味も申し分なかろうと思われるようなアスパラです。

ちなみに、アスパラの太さというのは、芽ができたときの太さが
伸びても、変わりません。

太ければ太いほうが美味しいかというと
一概には言えません。

太ければ太いなりに、きちんと栄養がいきわたるように
しないと、見てくれは太くても、重さが軽いものも出来たりします。

よく、販売しているところで
「希少な3Lサイズ!」などといううたい文句とともに
高く吹っかけている?物もあったりしますが(笑)
まあ、少ないので、希少といえばそうなんですが
それほど、食べやすいか?というと、そうでもなかったりします。

食べ応えや、立派さという点ではいいのですが
それでも、家庭では、2Lサイズのほうが使いやすいでしょう。

こういう太いものは、料理屋さんが特に喜んだりするんですね。
そのまま焼いて、皿に1本のっけて、何千円と取るんですから
やはり、立派でなくちゃいけない。

ただ単に、それだけの話なんですね。

なかには、ただ単に太けりゃいい、みたいな注文をしてくる
料理人もいます。
でも、太くて、味もよくて、そういうものを何キロ
いつ欲しい、みたいな注文には応じられませんので
全て、断っています。

天候やアスパラの状態によって、いつ出てくるか分かりませんし
いつでもいいから、ということなら、まだ、お応えできるのですが・・・

008.jpg

鉛筆よりも少し細いくらいの、穂先スペシャル要員です。

これ、今日切ったものですが、この断面みてください。
みずみずしいのは、太いものもそうなのですが
切り口が、緑色ですね。

この緑の部分に、アスパラの味があるんですね。

これは太いものでも同じです。
まだ栄養が豊富にあるときには、この緑の面積がの割合が高いです。
そしてそうしたものは、重いんですね。

これが、春なら、どんどん収穫が進むと白い部分が多くなる。

先ほどの3Lなどは、段々でなくなってきて
徐々に細くなってきます。

でも、このくらいの細いものだと、栄養がいきわたりますので
まあ、最終段階でも、味はまだ濃いです。

この一つかみ分でも、先ほどの3Lサイズよりもまだ軽いです。
3Lサイズと同じ重量のものを、切り刻んでパスタに入れたら
間違いなく、こちらのほうが、味は格段に濃く
美味しいです。

でも、このような細いものは、下半分はスジばかりで
食べられません。

というわけで、うちでは、穂先スペシャルにしているわけです。

ですから、同じ重さなら、穂先スペシャルがもっともおトクという
訳なんですね。
でも、このような細いものも、そんなに多く出るわけではありません。
ですから、販売数が少ないというわけなんです。

まあ、刻んだらこちらのほうがいいんですが
天ぷらにはできないですし、食べ応えも劣ります。
また、ある程度太さもあり、味が濃くて甘いアスパラというのも
この時期ならではですから、4月までは、ある程度太いものを中心に食べる
というのも、いいかもしれません。

ちなみに、味はともかく、太いものばかり作るというのも
あまり難しくはありません。
前年、立茎するときに、太い親を立てれば半分はOKです。

あとは、春ではじめたら、どんどんチッソ肥料を効かせれば
太いものを萌芽しますので、それでOKなんですね。

もちろん、見てくれの割りに、味がよくなおというのも
これまた、お約束どおりです(笑)

プレミアムなど、販売開始しましたので、よろしくお願いいたします。

☆ せっかくこの時期なので、ある程度食べ応えのあるものが
あるいは、ギフトで、喜んでもらいたいという方には
プレミアムです。

まだ、今年は出始めですので、きれいな味のよいものを選んで送ります。


感動のアスパラガス!春のこの時期、3回の幸せをお届けします!リピ-タ-様に、仁左衛門からの感謝のセットです!【期間限定 数量限定】【送料無料】【3/27 80セット最終追加しました】最高級プレミアムアスパラガス3回セット


感動のアスパラガス!春のこの時期、2回の幸せをお届けします!リピ-タ-様に、仁左衛門からの感謝のセットです!【期間限定 数量限定】【送料無料】+【3/27 +150セット追加販売です】最高級プレミアムアスパラガス2回セット


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!この時期だけの幸せです!ギフトにも最高です!【期間限定 数量限定】【3/27 200セット販売開始です!】最高級プレミアムアスパラガス3L-M 1kg


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!この時期だけの幸せです!ギフトにも最高です!【期間限定 数量限定】【3/27 100セット追加販売です】最高級プレミアムアスパラガス3L-M 1.5kg

☆、主にご家庭用におススメです。

あるいは、親戚とか気の置けない方へのギフトにもOKです。
3L-2Lサイズが入らないだけで、味などはプレミアムとほとんど同じです。


味と、食べ応え、価格、全てにおいてバランスが取れているのではないかと思います。


プレミアムと同等レベルの品質です。ご家庭用に!切って調理するなら、これが最適かもしれません!規格外品は入っていません!【300セット限定】【送料無料】春アスパラ Aランク L-Mサイズ 1kg


プレミアムと同等レベルの品質です。ご家庭用に!切って調理するなら、これが最適です!規格外品は入っていません!野菜セット、アウトレット、他のアスパラとの同梱専用商品です。【同梱専用】【送料無料】【3/27+販売開始!】春アスパラ Aランク L-Mサイズ 0.5kg

☆ とにかく、美味しくてなおかつ安いなら、それが一番!という方には


比較的味の濃い、穂先ばかりをカットしてお届けします。硬い部分は切り落としますので、捨てる部分がありません。【送料無料】【3/27 10セット販売開始です】春アスパラの切り落とし 穂先スペシャル 1キロ

☆ 初めてなので、とにかく味を確かめたい。
また太いものも1本くらいは食べてみたい という方には


プロも唸った!生で食べることのできる、感動のアスパラガス!甘くて、美味しすぎて困ります!ギフトにも最高!【送料無料】初めての方限定のお試しセット!この機会にぜひ、感動を!【送料無料】+【3/26 100セット追加です】最高級アスパラガス0.5キロお試しセット!初めての方限定!

今回からA-ランクを出していますので、味をという場合には、そちらのほうがいいと思います。
(2倍の量を食べておいただけますので)


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-28 00:26 | アスパラ栽培 | Trackback

追加販売します


例年のように、急激に収穫量が増えるということは有りませんが
順調に、出始めていることから
多分、今週中に、アスパラの追加販売等を行います。

水曜日の朝から、またまた、最低気温が上がってきますので
そのあたりからの増加量を見て、販売数を決めて
追加します。

あと、1ヵ月は大丈夫そうですので、少しですが
3回セットも追加します。

また4月以降、プレミアムではお入れしている2L以上の太さのものが
入らず、Mサイズのものもお入れする、Aランクアスパラも販売予定でしたので
こちらも同時販売します。
ご家庭用には、こちらのほうがお得です。

また、穂先スペシャルも少しですが出します。

水曜日の夜あたりに、チェックしてみてください。

[PR]
by chikomomorara | 2012-03-26 01:43 | アスパラ栽培 | Trackback

車掌の本分


またまた寒くなりましたね。

一昨日からは、北西の季節風が吹きまくり
台風並みの強風でした。

もう今年の夏は、冷夏で決まりでしょうか?
梅もいつのまにか、咲いたのか咲いていないのか分からぬような
咲き方でした。

花がいっせいに咲き誇るようなことのない年は
不順な気候に決まっているものです。

多分、今年は相当な冷夏になるのではないかと
気を引き締めています。

とりあえず、ハウス内は日照があるため
暖かいです。
というよりも、閉め切ると、40度近くまで行ってしまい
少しでも開けると、乾いた冷たい強風が入り地温を下げてしまいますので
少し開けてみたり、散水してみたりと、これまたハウスから離れられない
日が続いています。

なんとか暖かいので、アスパラも順調に出始めています。
やっぱり、いっせいにでることなく、推移していますので
4月いっぱいまで、元気な春アスパラが
楽しめると考えています。

ここ数日の発送は、20件前後です。

今年のアスパラは、鹿児島でも3週間程度遅れていますし
佐賀や長崎の大産地(今、日本のアスパラの最大の産地は佐賀なんですね)
でも極端に遅れているようです。

ですから、アスパラの値段が高いのではないでしょうか?

他の産地がでなくて、自分のところだけがでるというのが
普通の農家の理想です。
(単価が高いですから)
それも、自分のところだけが、いつも以上に収穫量が有ったりすると
もう天にも昇ったような気持ちです(笑)

とにかく、普通、農家と話すと、「何トン採った」とか
「半年でいくら売り上げが有ったようだ」とかの話ばかりです(笑)

ですから、アスパラなんかでも、毎日、ハウスに行っていっぱいでていれば
嬉しいですし、出ていなければ、どうすればどんどん出させることが出来るか
と考えるわけですね。

こういう風に、出かたが遅く、収穫量も上がらないようなときには
農家がまずやることは、肥料を流して、温度を高温に保つことです。

そして水をどんどん与えます。(春の場合)

そうすると、とりあえず、アスパラの形をしたものは
どんどんでてきます(笑)
おなじみの、スジがあったり、苦味やえぐみのある
アスパラですね。
まずかろうが、スジがあろうが、そんなのは関係ありません。
とりあえず、出荷規準の形をしたものが多ければいいのです。

出荷規準に「味」という項目は有りませんから(笑)

まあ、これが普通の農家ですね。
「たたずまいがきれいだ」とか「美味しいものを」とか
言ったら、変人に見られます。
ましてや、「収穫量は二の次」なんていったら
キチガイ扱いですね(笑)

でも、どうなんでしょうか?

やはり百姓というのは、食べてもらう方に健康な野菜を、できるだけ新鮮なまま
お届けすることが、使命ではないのか?
と思うんですね。

そしてその本分を尽くしたときにこそ
喜びが有るのではないかと思います。

この「本分」というのが、日本人の価値観の根幹ではなかったのかと・・・

以前、武蔵中学で、かんべむさしの車掌の本分という小説が題材に出題されたことが有ります。
(いかにも、武蔵らしいですが)

あらすじは

ある遊園地で、集客のためサルが運転する電車を作る事になり、二匹のサルがその運転の訓練を受けるべく
機械の操作を学んでいきました。

身体に電気を流して、操作を覚えさせられたりしました。
そして、見事二匹は、無事、マスターする事ができました。

そして、サルの電車がオープンすると、
たちまち大評判で、多くの人で遊園地は賑わい、利益も上がりました。

すると、週休二日だったサルの休みも、週一日となり
その上、電車をもっとお客さんを乗せれるよう、車両を増やす事になります。
それでも、なんとか業務をこなしていきました。

ある日、一匹の元気がないサルを見た、サルに訓練を施した優しい飼育員は

「週一日の休みでは過労から、サルがノイローゼになってしまう!
 今すぐ、週休二日に戻すべき!」
と、園長に掛け合いますが、当然拒否されます

車掌のサル(以下車掌) 「はーあ……」

運転のサル(以下運転手)「どうしたんだい?溜息なんかついて、最近元気ないようだけど」

車掌 「どうしたもこうしたもないよ…元気もなくなるさ…」

運転手「どうしてだい?確かに休みは少ないけど、バナナはいっぱいもらえるし、お客さんも
    たくさん来てくれるし、飼育員さんもいい人で、いつも俺達の事心配してくれるじゃないか」

車掌 「確かに、飼育員さんはいい人で、僕達の身体の事を気遣ってくれるよ。  
    でも、僕が今、ノイローゼになってるのはその事じゃないんだよ」

運転手「そうなのかい?俺には君が、ノイローゼになってる理由がわかんないなあ」

車掌 「……それは、電車の車両を増やした事によって、電車で一周を回るうち
    狭い周回だから、半分回ったら後ろの車掌の僕の姿が、君の前に現れるじゃないか。
    普通の電車では、車掌が運転手の前に姿を見せる事はありえない。
    車掌は、運転手の後ろで、お客さんの安全を確認するものだ

    これじゃ、僕は仕事をやってる事にならない!
    
    僕は、休みは減ってもかまわない。バナナが増えなくてもいい。
    自分の仕事をちゃんと遂行したいんだ!本分を尽くしたいんだ。
   
    僕に車掌の本分を尽くさせてくれ!」

という、話です。

なんとも、今の日本、サルにとうていおよばない「先生方」「エリ-ト」
「指導者層」が多すぎでは無いでしょうか?

やはり、このあたりで立ち止まって、考えるべきときかもしれません。


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-26 01:31 | アスパラ栽培 | Trackback

二番塩


今朝も霜が降りました!

でも朝から快晴で、気持ちはよかったです。

001.jpg002.jpg

とう立ちし始めたしまたかな、つぼみをどんどん採っていますので
花になりません。

ピリッとしていて、旨みがあり、パスタが美味しいです

もっとも、耕す前に、花を咲かして
種を採っておかなくてはなりません。
(市販していない種なので)

003.jpg

ペンペン草だらけになってしまいました。

暖かそうに見えますが、空気は冷たく、この時点で
10度以下です。

004.jpg005.jpg

左がなんと、小松菜!
こんなに大きくなるんです。

右が白菜

どちらも、さっとゆでただけで、そのままでも美味しいです。
生だと、かすかのその野菜の味がします。
(ダイコンやカブ、みずななどは強烈にその野菜の味がしますが
白菜系は、優しい味で、食べやすいです)

外では、冷たい風が吹いていますが
ハウス内は、午前9時の時点で、30度になっています。

あまり高温には出来ません。
でも今日の朝も冷え込み、明日の朝も晴れることから
かなり冷え込みます。

出来るだけ、太陽の熱を包み込み
地温を上げておきたいので
状況をみながら、ハウスを開け始めます。

006.jpg

ハウスを開けたら、すぐに潅水をします。

水のまき方も、全面に打ち水のようにしたり
たっぷりと、しみこませたりとか
そのときの、目的によって、使い分けます。

このときは、少し高温になっているアスパラの品温を下げ
また、水を蒸発させて、土の表面の温度を下げることが目的です。

009.jpg

新しくきれいなものが出始めています。
この株は、始めて出始めた1本目です。

周りに、切った跡がないですね。

011.jpg

これもやっと出始めた株です。
一気に3本出始めています。

ここまで遅れて、出ていないと
ふっと、3年前のことが頭をよぎり、不安になります。

でも、今回は、順々に目覚め始めて、きれいなアスパラが次々に
出始めていますので、大丈夫です。

それほど、今年は暖かい夜がまったくありません。

明日も日が差し、昼ころから、待望に南風になるという予報です。
そして雨になり、その後もずっと日が差すようですので
収穫量も、どんどん増えてくると思います。

016.jpg

プレミアムの追加販売は、もう少し先になりますが
穂先スペシャルが、近々販売できると思います。

収穫量も増えてきますと、それにつれて、細いものも増えますので
おまけや、直売所だけでなく
それこそ、プレミアムの追加を待っていらっしゃる方
に少しでも販売できたらと考えました。

夏のものとは異なり、穂先が開いたりはしていません。
ただ単に細いというだけです。

鉛筆と同じくらいの細さ以下のものです。
細いものは、半分くらいが筋で食べられませんので
そこのところは全て、切って袋に入れます。

味はかなり濃いですし、甘いです。

アスパラのもっとも甘い部分は、25センチくらいのものの場合
半分よりも少し下の部分が甘いです。
そこのところを切り落としてしまいますので
もっとも甘い部分はありません。

それでも、甘いです。

またアスパラの味の濃い部分は穂先や皮にありますので
同じ量を使った場合、この穂先スペシャルを使ったほうが
味は濃くなります。

もうこのあたりは、おまけで試していただいていると思いますので
説明不要ですね。

とにかく、袋から出して、さっと洗って、ざくざくと切って
いためるなり、何なりとすぐに使えます。

ちなみに、毎日私自身がパスタで使っているのは
この穂先と、切り落としです。
間違っても、プレミアムでお送りしているようなアスパラは
ほとんどもったいなくって、食べられません(笑)

夏の穂先スペシャルでもそうですが、2キロ以上のアスパラから
1キロの穂先スペシャルを作りますので
考えようによっては、贅沢な商品ではあります。

アスパラがどんどん出始めても、10セットとか売り出すことは出来ませんので
2~3セットを、ちょこちょこと販売することになります。

ちょこちょこと販売というと、好評の二番塩
8個入手できましたので、販売中です。


職人のプライドが作り上げた、究極の自然塩!雑味がなく、旨みと甘さが際立ちます!おにぎりでぜひ試してください!【送料無料】【同梱専用】ミネラルたっぷりの、あま塩の二番塩

次回は4月になります。

これは追加できませんので、お早めに!!

アスパラとの同梱でお願いします。
すでにアスパラご注文済みでもOKですし
これからアスパラ、購入予定でもかまいません。


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-21 22:28 | アスパラ栽培 | Trackback


今日、毎週野菜を送らせていただいている
レストランのシェフから、うれしいメ-ルをいただきました

今年のつぼみが、こうなりました~!
と画像も添えて

お客様からも頗る評判がいいそうです。

DSC_0033.jpg

おお~っつ、なんとまあ、うちの野菜たちが立派になって!!

本当に美味しそうですね。
私が撮る、写真とは違う(笑)

DSC_0054.jpg

からし菜も、カ-ボロも、しまたかなも、チンゲンのつぼみもありますね。

前にも書きましたが、うれしいなあと思うのが
変に、ごてごてしていない。

もちろん、お客様からの評判がよろしいのも
そのあたりにあるのではないかと思うんですね。

もちろん、ビジュアル的な盛り付けなんかもありますし
料理の腕や、技術の素晴らしさというものもあるのは間違いありません。

でも、どれだけ、技術が素晴らしくても
そこに、心が伴っていなければならないと思います。

このお皿からは、本当に春を楽しんでください
というメッセ-ジというか、心配りが感じられるように
思います。

ここに並べられているのは、高級野菜でも
奇をてらった、こけおどしのような野菜でも何でもない。

でも、この季節ならではの、栄養もあり
本当に美味しい野菜です。

そこのところを、本当に分かっていらっしゃるからこそ
この皿になったんではないかと思います。

グルメでもなんでもないので、高級フレンチなどには
縁がありませんが、上京した際には、一度行ってみたいなあと
思う数少ないお店です。

自分が本当に美味しいと思うものを
素直に、伝えることの出来る料理人というのは
そう多くないと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-17 00:34 | 野菜栽培 | Trackback

昨晩から、真冬に逆戻りしてしまいました。

001.jpg

今日のハウスです。

例年、この4倍ほど芽が出ています。
週末から火曜日頃まで冷え込むとの予報でしたが
予想以上です。

完全に真冬になってしまいました。

004.jpg

10メ-トル以上の強風が吹き荒れています。
北西の季節風です。

ですので、雨こそ降らないものの
曇って、その雲の流れも早く、時折、日が差して
でも、外気温は12度そこそこ、もっとも厄介な天候になりました。

というのも、もうアスパラがでていますので、ハウス内は30度以上には
したくありません。
(高温障害がでたり、株疲れの原因になってしまうため)
ところが、ハウスを締め切ると、こういう天候でも
40度以上になってしまいます。

風が吹いていなければいいのですが
少しでもハウスのサイド等を、巻き上げると
風が吹き込んで、地温も下がり、乾燥してしまいます。

ただでさえ、この時期の温度管理は難しいのですが・・・

というわけで、今日もハウスからあまり離れられない
一日でした。

また、アスパラの発送も本日は2件のみになってしまいました。

今週後半までまたないと、ダメなようです。

ちなみに、例年はこの時期、毎日30件ほど発送しています。

ところで、あの日から一年がたちましたね。
お亡くなりになられた方・被災された方々に、心より
お見舞い申し上げます。

本当に、この一年でいろんなことが見えてしまいました。
このままで、いいわけがありません。

多分近いうちに、本当にこのままでいいんですか?
と一つの結論がでるような気がします。

005.jpg008.jpg

ところで、本日、魚を買いに行ってきました。
前にご紹介しました、吹上町漁協です。

初七日も終わりましたし、娘夫婦が帰るまでに
美味しい魚を食べさせてやろうと思ったんですね。

実は結婚式も挙げていません、というか
忙しかったので、二人だけで海外にいって
式を済ませてきた。
そのうち、子どもも生まれたが、手伝いにもいってやれず
そうこうするうちに、不幸もあって・・・
と、あまりにも不憫なので、せめてと思いました。

ところが、また冬型になり、海はこのように大時化です。
ここは小型の漁船が、その日に漁に行って採ってきたものだけを売っていますので
明日は到底無理とのことで、今日受け取りに言ってきました。

ぶりと待望のひらめです。

実は、チリメンじゃこは買っていたのですが
ひらめなんかは、買ったことがない!
何しろ、天然物のひらめです。

先日、ご紹介したあと、あるお客様が定期的に購入され
そのときに、頗る美味しいひらめが入っていたそうです。

いいなあ、アスパラが採れるようになったら、頼もうと思っていました。

写真でみても分かるように、身のしまった天然物です
少し食べてみましたが、これはもう、甘くて、旨みがあって、白身の王様ですね。

やはりいいところに住んでいるんだなあと、実感しました。
こちらの出身でもないし、田舎生まれでもない。
だから、「おらがふるさと」的に、この土地がやっぱり一番
と、いい風には思いません。

でも、魚は安全なものがいくらでも入手できますし
黒豚も、地鶏ももう大丈夫です。
牛肉もOKですし、米と野菜は自分で作れる。
温泉もあるし、何不自由ない生活が送れるわけです。

これだけ恵まれていたら、後は頑張って働かなくてはなあと思いました。

連絡先を再掲しておきますね。
暖かくなったら、さくらだいの季節です。

吹上町漁協 〒899-3304日置市吹上町入来4090-4
      099-296-2405/099-296-3901

[PR]
by chikomomorara | 2012-03-11 23:00 | アスパラ栽培 | Trackback

孫に会った



孫に初めて対面しました。

「昨日、孫にも会いに行っていない」とか何とか
書いていたじゃないかよう!
といわれそうですが・・・

それはその通りで、「孫よりもアスパラのほうが大事」なのは
変わりません。

というか、会いにいったわけではなく(10月まで、まずどこにもいけません)
向こうが来たんですね。

ただ、孫を見せに来たわけではなく、身内に不幸が有ったために
昨日、急に帰ってきたわけです。

本日、通夜で、明日は葬儀です。
だから、アスパラは毎日採らなければなりませんが
野菜は明日、収獲できないだろうというのはそういうわけなんです。

028.jpg029.jpg

温泉に行くあいだ、預かってくれということでしたので
箱に入れて(笑)
傍らでは、アスパラを切っていました。

イヌもいるので、下に寝かしておくわけにも行かず・・・

まあ、かわいいもんですね。
孫だからというよりも、やはりこのくらいの赤ちゃんは
動物でも何でも可愛い。

考えてみると、自分の子どものこのくらいの時期というのは
ほとんど知りません。

休みもほとんどなかったですし、ほとんどが仕事でしたから。
だから、子どもと遊んだということも、まずはなかったですし
まあ、それでも、よく育ってくれたものだと
感謝ですね。

孫にでれでれというのはないと思いますが
やはり、この孫が大きくなる時代に、まともな日本を残していかなくてはならないと
強く思いました。

明日は、葬儀ですが、51歳で急逝でした。

合掌です。

通夜のあと、温泉に行って、またまた、知人の逝去を知りました。

こちらも、58歳です。

合掌です。


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-06 00:28 | Trackback

アスパラもやっぱり


やはり、アスパラも出始めそうな勢いになってきました。

015.jpg

これが今日のハウスです。

夜が暖かかったので、いきなりきれいに伸びています。

017.jpg

初めて出始めてきたものが、けっこう見受けられます。

019.jpg021.jpg

初卵と同じようなもので、こういうのはやはり美味しいです。

白く粉を吹いたようについているのは、指でさわると簡単に取れてしまいます。
収獲の際にも出来るだけ、さわらないようにしていますし
その後も、袋に詰めるまで、極力さわる回数を減らしています。

024.jpg


はかまの形といい、姿がやはり美しい、この時期のアスパラです。

はかまの間隔が、等間隔というのも、温度変化が少なく生育状況の
急変がなく、ストレスがかかっていないことを示しています。

ス-パ-に行くと、アスパラを必ずみるんですが
はかまの状態で、どういう栽培をしているか
少なからず、推測できます。

もちろんこういうのは、素人では分かりませんし
アスパラ栽培の農家でも、ほとんど分からないでしょう。

きれいな姿だとか、味がどうだとか、そんなのは
まったく利益には関係のないことです。
だから意識もしません。
最大の関心事は、どれだけ収獲できるか
そのことだけです。

前にも書きましたが、そういう栽培は、それ自体は楽ですね。
収獲の際にも、何も考えず、どんどん一定以上のながさのものを
収獲すればいい。
そういう収獲なら、パ-トさんでも出来ます。
で、減ってくれば、肥料をどんどん与えて、出させればいい
だけのことです。

その代わり、規格や価格の決定権はありません。

どちらも、一長一短ですが、私の場合は、そういうのは
どうも性に合わない。

まあ疲れたら、味はどうでも、量だけ勝負で市場出荷というのも
ありかもしれません。
味から量へというのは、技術的に難しくありません。
でもその逆は、とても困難です。

もともと、まずい野菜は食べませんから
そういう道はないでしょう(笑)

032.jpg

やはり予想通り、咲き始めました。

明日はもっと開いているでしょう。
本格的な、睡眠不足のシ-ズン到来です(笑)

[PR]
by chikomomorara | 2012-03-06 00:06 | アスパラ栽培 | Trackback


今日は啓蟄、その通り、やっと春が来たようです。

001.jpg

今日の、露地畑はこういう風情です。

カリフラワ-やロマネ、芽キャベツなど、ほとんどとり尽くしています。
かなり雑草が目立ってきました。

003.jpg004.jpg

ほうれんとねぎ、もう自主的に?自然農法になってしまいました。

光と養分を奪われるので、生育は抑制されますが
その分、野菜も必死で生き残ろうとするので
根を張り、力強く育ちます。

もっとも、これは雑草が冬草だからできることで
なおかつ、もう花が咲いたり、種を持ったりしているので
雑草が伸びません。
で、まだこの程度で収まっているんですね。

これが、4月以降の夏草なら、特に鹿児島ではこうは行きません。
雑草がどんどん伸びて、野菜は育たず、絶えてしまいます。

それを防ぐには、除草剤なんですが、それも使わずにとなると
マルチを張るしかありません。
それでも、手作業による除草は必要です。

まあ、普通の営業用の規模で、鹿児島では除草剤を使わずに
栽培は、まず不可能です。

うちの場合は、できるだけのことはやって、それでも雑草に負けてしまったら
夏野菜は、あきらめです。
家庭菜園チックでしょう。

雑草並みに、どんどん葉っぱを広げるかぼちゃや
空心菜などをよく植えているのも
そのためなんですね。

除草しなければならない面積が、マルチ張りで半分になる。
そのまた、半分をかぼちゃなどにすると、
実質的に、除草を必要とする面積は四分の一になります。

006.jpg007.jpg

つぼみがつき始めています。
白菜と、みずなです。
白菜はもっと、伸びてきますし、みずなは少し苦いです。

009.jpg011.jpg

ベロ-ナキャベツのつぼみと、春菊です。
春菊も、11月の頃と味わいは違います。
優しい味です。
いきなりどんどん成長して、あっという間につぼみをつけます。

012.jpg014.jpg

小松菜と、カ-ボロネロのつぼみです。
どちらも美味しいです。

ところで、こういう野菜のつぼみは、まず、売っていません。

野菜のほとんどは、つぼみがつき始めると
もうごみという認識です。

ブロッコなんかはつぼみですが、中心に大きなものがついたあと
どんどん側枝がでて、一回りもふた周りも小さなつぼみがついてきます。

そういうのも、普通は採りません。
採るのは家庭菜園くらいですね。

でも、そういうブロッコのほうが美味しいし使いやすい。

何で、採らないかというと、圧倒的に非効率だからです。

真ん中の大きなものを収獲したあと、すぐに耕して
次に植えるものの準備をしたほうが、はるかに金になります。

また、普通の農業(特に露地は)耕して、種をまいたりして
単一のものをいっせいに、成長を同じようにさせ
時期が来たら、いっせいに収獲する。
これが鉄則です。

対して、こういう野菜のつぼみを採ろうとすると
毎日みて回って、葉っぱをどけたりしながら
収獲し続けなくてはなりません。

つぼみというのは、一日でも放置すると、花盛りになり
花になると、とたんにつぼみがつかなくなります。
もう子孫を残せるようになるからです。

実際、今野菜セットを2件とかお送りしていますが
2件でも、収獲するだけで1時間以上かかっています。

こんなの、どう考えても採算にのらないですから
流通することはないんですね。

タテルヨシノ汐留2.jpg

でも、この時期、つぼみをつけ始めると
光合成の養分は、全てつぼみに集約され、その野菜の
象徴的な味が楽しめます。

それが、この時期の楽しみなんですね。

上の写真は、私の料理じゃないですよ!
どうみてもおしゃれで、洗練されていますから、分かりますよね(笑)

ある、ミシュランのフレンチのレストランです。
昨年、お送りしたところ、いたく喜ばれて、すぐに出されたようです。
本当にシンプルな一品で、素材の味を楽しんでいただいて
うれしかったです。

多分今年も楽しみにしていらっしゃるので、1回はお送りしないといけません。

これだけ、いろいろとう立ちしてきたということは、漬物用の高菜も
多分とう立ちし始めているはずです。
そうなると、うちの畑を耕している時間はないですから
しばらく、つぼみが採れるかも知れません。

ただ、アスパラも急に忙しくなりますので、収穫できたとしても
あと1週間くらいです。


[PR]
by chikomomorara | 2012-03-05 23:40 | 野菜栽培 | Trackback