エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

三重苦!


どうやら、アスパラ、危機的になってき始めました。

001.jpg002.jpg

ちょっと見には、何の問題もなく、風通しも、日照もあり、むしろ順調に見えるのですが

仔細に見ると、とんでもない状況になっています。

011.jpg013.jpg

017.jpg019.jpg

ヨトウムシが本格的に出始めました。
例年は5月から出始めるのですが
寒かったせいで、まったくでていませんでした。

もうすでに、黄色蛍光灯はつけているのですが
いきなり増え始めました。

昨年は黄色蛍光灯のみで大丈夫だったのですが
今年はダメみたいです。

また今年は、特異な出方です。
このヨトウムシ、カライモの葉っぱやサトイモの葉っぱも大好きなので
まずは、外のサトイモの葉っぱが食べられ始めて、そのあたり場所からハウスに入り込んでくるのが通例です。

ですが、今年は外はまったくついていません。

逆にハウス内で増殖してしまうと、虫除けのネットが張ってありますので
逆に出て行かずに、大繁殖してしまいます。

018.jpg

一匹でも破壊的な食欲なので、1週間もすれば全滅します。

こういう風に、でてきた芽が食べられると当然、商品にはなりません。

024.jpg025.jpg

それ以上に怖いのがこれです。

葉っぱの表面をなめていきます。
そうすると、光合成は出来なくなり、葉っぱが死んでしまいますので
急激に弱ります。

014.jpg016.jpg

こういう風に、葉っぱの中に隠れているものは
捕まえて、つぶしていきます。

今日、5~60匹いましたので、全体ではその100倍4000匹くらいは
いるものと思われます。

明日にでも殺虫剤をまきたいのですが
整理した茎葉が、通路にそのままになっていますので
まずはそれを持ち出さなければなりません。

日中はその下などに隠れているものが多いので
薬が無駄になってしまいます。

ちなみに、1回の散布で、薬代が1万5千円ほどです。

021.jpg

ヨトウもでてきましたが、病気も本格的に広がってきました。
斑点病という病気で、落葉します。

先週までの長雨で、蒸れて弱っていたところへ
今度は急激な猛暑で、葉っぱが焼かれ、一気に広がっています。

023.jpg

今日の朝の6時の気温です。
それも、地上50センチほどの、陰になっているところです。

現在気温33度。昨日からの最高が44度です。

葉っぱの丈夫の、日が当たるところでは、優に50度を超しています。

そういう状態で、何日もいれば、当たり前ですが、極端に弱ります。

そもそもこの時期、光合成で出来た養分が夜間、下に降りて、新しい芽が出てきます。
日照があっても、35度以上だと、光合成量が減少し
今の気温なら、光合成量はかなり少なくなっています。

その上、葉っぱが傷んでくると、どんどん光合成できなくなってしまいます。

弱ったところへ、病気が広がり、虫もつき・・・
ということで、シナジ-効果ですね。

ハウス内はサウナのような温度ですが、そういう時間帯でも
急いでしなければならないこともあります。

こっちが病気で倒れるか、アスパラが倒れるかというところでしょうか?
二者択一なら、当然、こっちが倒れたほうがいいということで
いろいろ、急いでいます。

虫は薬で何とかなるでしょうが。病気が止まるかどうか
多分ぎりぎりです。

ここ1ヶ月で、止まらなければ、9月上旬にも全刈りし
改めて、立茎することになります。

今年の収獲はそれで終わりますが、株は消耗しますので
来春の収穫量は減ります。

でも、そのままずるずるといって、10月の段階で
全て枯れてしまうと、来春の収穫量はほぼゼロになってしまいます。
(10月で立茎しても、間に合いませんので)

また、露地野菜も、高温障害が出始めています。
ナスも、葉枯れがでてきました。

また、インゲンときゅうりは終了しましたし
オクラも、少しばて始めています。

今、お入れでいるものは、かぼちゃ、ナス、オクラ、モロヘイヤ、空心菜
のみで、種類が少ないので、全てに規格外のアスパラ
(これは正真正銘の規格外です)
をお入れすることにしました。

と考えていたら、台風直撃の可能性もあり
それ次第では、かぼちゃ以外どうなるか分かりません。

このところ、からからなので、恵みの雨になるかもしれませんし
その反対もありえます。

なかなか今年は、うまく行かないですね。

[PR]
by chikomomorara | 2012-07-31 00:39 | アスパラ栽培 | Trackback

50度になった!


やっと梅雨が明けました。

でもまだ、昼間や夕方には雷雨があったりして、いまひとつ
安定しないようです。

もっとも、晴れたら晴れたで、昨今の梅雨明け後の猛暑ですから
それはそれで、野菜もバテてしまうので気がかりなんですが・・・

ということで、昨日、本日と、ハウス内は日中50度以上に上がるようになりました。
11時頃から14時頃までは、とてもじゃないけれども
入って作業なんかは出来ないのですが
どうしてもしなければならないときもあります。

昨年は、さすがに、プチ熱中症ですか?
猛烈に頭痛がして、吐き気もして、気分が悪くなったことがありましたので
今年は要注意です。

で、もう来週は8月なんですね。

なんとも、光陰矢のごとし、時間の流れが速いです。
アスパラも、順調に収獲できても、あと2ヶ月で、今シ-ズンは終了です。
いつになったら、本格的にでてくるんだろうと待っていたら
もう終盤になってしまいました。

夏野菜も同様、あと2週間もすれば、秋の気配が漂います。

今年の夏野菜といい、夏アスパラといい、あまり満足のいくものでは
今のところはないのですが
他産地などで、まったく収獲できていないことを考えれば
頑張ってくれたほうでしょう。

これからが暑く、虫との戦いもありますが
うまく、秋に続けられればと思っています。

特にアスパラなどは、暑くても、ハウスから逃げることは出来ません。
日中、熱いのを耐えてくれていますので、感謝感謝です。

ところで、かぼちゃも追熟が進んできたようで
かなり甘くなってきました。

ここのところ、毎日、かぼちゃス-プを飲んでいます。

作り方を以下に・・・

・かぼちゃを適当に切り、水から煮ます。
・沸騰して、火が通ったら、コンソメス-プと塩をいれ
 味付けします。
・少し冷めたところで、ミキサ-にかけ
 そのまま、冷蔵庫へ
・このじょうたいで、冷凍することも可
・飲むときは牛乳で少し伸ばして、注ぎます。

このつくり方で、アスパラもごぼうも出来ます。
いつもどおり、適当ですが、ぜひお試しください。

このス-プも、野菜の味そのもので食べますので
野菜がまずければ、美味しくないです。

かぼちゃは、あまり味の違いはありませんが
アスパラとごぼうは、驚くほど違ってきます。

(おまけ)

前々から、何度もかいてきましたが
とうとう、ユ-ロ崩壊に差し掛かってきましたね。

別に期待しているわけでもなく、何か特別な情報ル-トがあるわけでもありませんが
何で今の危機があるのかを考えれば、当然の帰結なんでしょう。

先送りすればするほど、状況は悪くなる。
今まで散々、ごまかしてインチキなことをしていましたから
大変なことになると思います。

1ドル60円、日経平均3000円割れがあってもおかしくないと
個人的には考えています。

もっとも、野菜の出来も予測をはすしますから(笑)
単なる妄想に過ぎないかもしれませんし
そうなって欲しいとは思いますが・・・

物事何でも、臨界点というか、引き返すことの出来ない
ポイントがあると思うんですね。

かぼちゃにしてもそう、あるところまではいいですが
腐り始めると、一気に一日で、ぐちゃぐちゃになります。
アスパラの病気や虫の被害も、あるところを境に、坂を転がり落ちるように
広がって、そうなると、もうアウトです。
もう一旦、全て刈り取って、菌がついた葉っぱも全て除去して
新たに立て直すしかありません。

嵐の前の静けさかも知れません。

[PR]
by chikomomorara | 2012-07-25 02:00 | アスパラ栽培 | Trackback

猛烈な暑さです



さすがに、昨日は、画像を入れただけで
眠くなってしまいました 

とりあえず、現状です。

007.jpg

長雨と豪雨が過ぎ去ったと思ったら
今度は猛烈な暑さになりました。

かぼちゃもそのままにしておくと、全て腐ってしまいますし
つるが這い回ったところに、雑草が育つと手が付けられなくなります。

で、その片付けとかぼちゃの回収です。


008.jpg009.jpg

熱帯産の野菜だけあって、かぼちゃのつるは、本当に強いです。
ハウスに這い登っていくので、数日前に、引っぺがしたところなのですが
すぐにこうなってしまいます。

ハウスに風も入りませんし、虫も入ってしまいます。

ここだけで、炎天下2時間かかりました。


010.jpg012.jpg

今年も、やはり好調なもの、不調なものとありますが
絶好調なのが、サトイモです。

今年も、滑らかなサトイモが、いっぱいお届けできそうです。
(多分、11月ころ)

こちらに植えて、大失敗だったのが枝豆です。

かぼちゃに絡まれて、育ちは悪いは、虫に食われるはで、大失敗です。

013.jpg
015.jpg

ハウスの中も、アスパラが繁茂して、病気の兆候もでてきましたので
間引きと枝葉の整理をまだ続けています。

ハウスは当然全開なのですが、この状況で、頭の位置では、40度を軽く超えています。

早朝とか夕方に出来ればいいのですが
早朝は、アスパラの収穫があります。

全て終えて、11時頃からの作業にならざるを得ません。

1時前になると、さすがに限界ぎりぎり、危ないので
かえって休みたいのですが、上記のような露地野菜の作業があると
引き続きの作業になります。

その後野菜の収獲発送をして、6時頃から再びハウス内の作業に・・・
8時前まで、まったくの夜になるまで作業をして、
帰って、すぐに温泉へ(夜9時までなので)

日中は、ざっとこのような毎日になっています。




019.jpg

やっと、モロヘイヤらしい、葉っぱがでてきました。

とはいっても、これも3週間くらいで葉っぱも硬くなってくるでしょう。

今は甘くて美味しいです。

021.jpg022.jpg

ナスも好調な感じです。

ぬか漬けにしたり、塩でもんで見ると
なぜか、甘いです。

これも、熱帯産にもかかわらず、意外と暑さには弱いです。

梅雨明け後の熱波で、いきなり枯れはじめるかもしれません。

整枝もしなければいけませんが、時間がありません。

023.jpg

ピ-マンも今のところは大丈夫ですが
これも整枝をしなければいけません、

026.jpg027.jpg


これまた手が回っていないのが、トマト・・・

支柱まで立てたのですが、その後何も出来ていません。

大雨のあとの猛暑とで、トマトも枯れはじめました。
病気です。

今年は、どうしてか甘く美味しかったきゅうりも
今日一日の強烈な日差しと、熱風で葉っぱが見る見る枯れ上がってしまい
もう最後のようです。

東風になると、大隅半島の山を越え、薩摩半島の山を越え
乾燥した熱風になるんです。

日本海側のフェ-ン現象と一緒なんですね。

で、さすがにアスパラも疲れがでています。

やるべきことが盛りだくさんで
一つずつ片付けていくしかないのですが
天候と、時間との戦いのようなものです。

028.jpg

一番上の、かぼちゃの完成の図です。

天候とアスパラ、野菜の状況を見ながら
優先順位をつけて仕事していますが
確かに、殺人的ではあります(笑)

次回の野菜セットですが、台風後の猛暑の影響を見て
何が取れるのかを見極めなければいけませんので
次回の販売は、来週になるかもしれません。


[PR]
by chikomomorara | 2012-07-18 02:43 | 野菜栽培 | Trackback

核爆発か?


今日も、猛烈な蒸し暑さです。

001.jpg

これ、昨年の6/11の画像ですが、毎日このような感じです。
もうこれが最後と思いますが、ここへ来て
梅雨の最盛期になって来ました。

おかげで、アスパラも白く、味も薄くなりつつありますが
穂先スペシャル、追加販売です。


比較的味の濃い、穂先ばかりをカットしてお届けします。硬い部分は切り落としますので、捨てる部分がありません。【送料無料】【7/13+40セット追加販売です】訳ありアスパラ 穂先スペシャル 1キロ【30hgourmet_south】

まあ、もうすこし経って、毎日晴れるようになれば
穂先で出せるものも少なくなりますので
今のうちにどんどん食べてください

今のうちにというと、うちのアスパラも
そんなに長くないかもしれません。

というか、子供にあとを継いでもらいたい
という事は、まったく考えていません。

一般によくある、「生活していけない」とかという事ではなく
子供には子供の人生がありますので
糧に生きていってくださいという事なんです。

また、誰かが同じような作り方をしたとしても
間違いなく、味は異なってきます。

ですから、アスパラにしろ、野菜にしろ今の内に
食べて置いていただきたいなあと思います。

もっとも、前々から書いています、金融クラッシュですが
じわじわと、近づいているようですね。

国内ではほとんど報じられていない
LIBOR不正操作問題も、これは大変なことに進展するのではないかと思います。

これが騒がれ始めると、かなりの確率できっかけになるのではないかと
考えています。

ともあれ、じわじわと大恐慌に少しずつ近づいているんでしょう。

そうなれば、ネットでの販売もどうなるか分かりませんし
それ以上に、近い将来、食糧の奪い合いも想定されます。

また、原発もどうなるか分かりませんし
(昨晩、閃光を発して、何らかの爆発があったようですね)
何があろうとも、食べていかなくてはなりません。

1週間分くらいの食糧備蓄は急いだほうがよさそうです。

[PR]
by chikomomorara | 2012-07-14 01:31 | Trackback

ピュアホワイト、突然ですが、終了してしまいました。

というのも、先日まで、大雨の連続で、その後、一昨日から急に晴れだして
熱風が吹きまくり、急に熟してしまいました。

腐ったりではなく、実の皮が厚くなり、プチプチとはじめるような
ジュ-シ-さがなくなってしまいました。

もっとも、水分が飛び、中身が濃くなった分、より甘く
(くどいほど甘いです)
糖度も20度を越しています。

ポタ-ジュにして、調理過程で裏ごししたり
焼いたりすれば、まあ気にはなりませんが
原則として、野菜セットからはずすことにしました。

002.jpg

で、今日から、収獲しながら、抜き始めました。

抜きながら、何とか大丈夫なものは、外の皮を剥いて
直売所で袋に入れて、売り始めました。

直売所なら、中身を確認したうえで、納得して購入できますので
それでもいいかなあと、出しています。

袋に入れて、格安なので、全て完売です。

私自身は、収獲しながら、どんどん生で食べています。
今度は一年後なので、食べ納めです。

実の皮が厚いことをのぞけば、甘いですし、とても美味しいので
鹿児島近郊の方で、取りに来ていただければ、いくらでも無料で
採ってもらっても結構です

やはり、大雨続きのあたりに、全て、収獲すべきだったんでしょう。
トウモロコシのように(他のものもそうですが)
いっせいに出来て、収獲適期の幅が狭いものは、少しだけにしておくべきだったかもしれません。

アスパラのように、この時期、毎日、それも一日2回収獲せねばならない作物とは
相容れないかもしれません。
おまけに、収獲した後、その他のものと組み合わせてその日のうちに
発送までするとなれば、どうも無理があったようです。

来年は、今年の半分以下に素養と思います。

004.jpg

昨日、今日と日が照り、猛烈に暑くなったので、モロヘイヤもやっといつものような葉っぱが出始めました。

005.jpg

料理屋さん向けの、フェンネルも元気いっぱいです。

006.jpg

ナスも、元気がでてきました。

008.jpg

今年もひそかに(笑)作っているミニトマト。
今年は、うまく行きそうです。

009.jpg

こちらはイエロ-アイコ、どちらも食べましたが
まだ水っぽいです。

連日晴れるようになったら、コクが出てくると思います。

アスパラも、今日あたりは、かなり太くなってきましたので
明日から、夏のアスパラとしても、発送でき始めると思います。

野菜は元気ですが、人間のほうはへとへとです(笑)

とにかく、やらなくてはいけないことが多く、一昨日から雨も上がっていますので
ハウスの温度も急上昇で、蒸れて病気がでてくる可能性が
高まっています。

アスパラの管理作業と収獲、野菜の管理作業と収獲、それぞれの調整、発送
除草などもあり、朝8時から仕事が終わるのが深夜の2時という日が続いてしまいました。

今日は、早く切り上げて、明日以降に備えることにしましたので
ブログも更新できました。

ナスや、インゲン、モロヘイヤなどの出来具合によっては
来週前半に、野菜セットの追加販売が出来るかもしれません。

穂先と特盛りに関しては、時々、少しずつ追加していますので
よろしくお願いいたします。

[PR]
by chikomomorara | 2012-07-06 00:02 | 野菜栽培 | Trackback