エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2012年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今日の空


002.jpg

アスパラ、あまりにも繁茂しており、このままではあと2ヶ月乗り切れそうにないので
通路部分の刈り込みを開始しました。

これで少しは風が通るようになります。

ただ、アスパラにとっては大手術のようなものですので
きられたショックで、弱るリスクもあり、また切り口から
病原菌が侵入する恐れもあります。

アスパラの収獲も、うまく行ってもあと1ヶ月
地温が20度を下回れば、萌芽しなくなります。

これは本当に見事なもので、ある日突然、ほとんど収穫がパタッとなくなります。

ですので、普通は、あと少しでも収獲するのが当たり前です。
この段階で、こういう風に刈り込むと、しばらく収穫が止まりますので
大体、9月以降、茎葉をいじるのはご法度です。

この段階で、切ったほうがいいのかどうか
悩むところですが、90%以上、来年のことを考えて
切ってしまいました。

003.jpg004.jpg

今日もにぎやかでした(笑)

こういうのを見ると、明らかに民間機の飛行機雲ではないでしょう。

005.jpg

20分ほどの間に、どんどん飛んできて
20機以上の飛来でした。

007.jpg

1分後にはこのように拡散しますので
いつも屋外にいる人でなければ、やはり気がつかないでしょう。

いつも屋外にいて、飛行機が来たら必ず見上げ、そして、カメラを持っている
そういう、バカしか、気がつかないかもしれません。

台風関連か?はたまた、火山関連か?

そういえば、一昨日から、桜島、俄然元気になっています。
東風で、こちらまで灰が降るようになってきたので、困ったものです。

008.jpg

こういうのもありました(笑)

どうせなら、オスプレイで散布して欲しいなあ・・・と
(オスプレイ、見たいです!できれば、乗りたいなあ・・と)

ところで、野菜セット、ご注文有難うございます。

このところ、このブログも、少し異常になってきているので(笑)
まずいかなあと思っていたのですが・・・
見捨てられなくて、よかった、よかった です。

もっとも、書いていることは、心の底から、そう思っていることなので
まあいいかなあとも、思っているのですが。

昨日、世界のドキュメンタリ-という番組で
ドイツの放送局制作の番組が放映されていました。

中国では、毎年2万人の幼児が誘拐されているとのこと
2万人ですよ!2万人!
それも、昔のことではない、今現在のことです。

もちろんこういうことは、すでに知っていましたが
日本では、絶対に報道されない。

で、何のために?
人身売買です(一説には臓器売買もかかわっているという話もある)
人身売買は、紛れもない事実で、おおっぴらに、「子どもを買う」という
慣習が存在し、何も秘密のことでもない。

現在でも、買う側は罰せられないとのこと
というか、「それが何で悪いんですか~?」と
あっけらかんとしたものです。

どんな国やねん!でしょう。

平気で嘘はつくし、金のためにはなんでもする
そういう国が相手だということを、認識すべきです。

今日も、国連で、尖閣は日本が盗ったとまで明言してしまった。

毅然と、粛々と、対抗措置をすべきです。

前にも書きましたが、日本が譲歩することが、「前に来た道」です。

「相手を刺激したら戦争になる」というバカがいますが
外交は「武器を使わない戦争」です。
というか、もう戦争状態に突入してしまっています。
武力衝突は、時間の問題でしょう。

そもそも、公船が領海を侵犯して、出て行かない状況という
こと自体が、宣戦布告と同じです。

日本以外の国でしたら、どんな小国でも、その段階で
警告射撃、それでも従わない場合には、撃沈されても
仕方がないというのが、国際常識です。
中国も、日本の公船が排他的経済水域に侵入し
そのまま領海侵犯し、出て行かない場合は撃沈すると
明言しています。

外相が相手国に対して言い訳をしたり
挙句のはてには、財界トップが、わが国の首相の批判をしたりする。
ビジネスが・・・というと聞こえはいいですが
単に、金に目がくらんでいるだけの話でしょう。

アジアには、もっとまともな国がいっぱいあります。
それも、中国・韓国に困らされている国が・・・
そういう国家は、日本に期待しているわけですね。

そういう国と、連携して協力関係を築けばいい。

今年の新米について、お問い合わせもたくさんいただいています。
稲刈りは7日の予定です。
どれだけ採れるか、判明後、販売できたら販売しますので
よろしくお願いいたします。

もっとも、量はほんの少しですが。


[PR]
by chikomomorara | 2012-09-29 00:43 | 野菜栽培 | Trackback

野菜セット、お待たせしました!

10月の野菜セットは、28日に販売開始します。
よろしくお願いいたします。

発送開始は、10月10日前後を予定しています。

またまた、台風がこちらに向かっている構えなので
その影響を見極めてから、少し被害があっても
その頃には、発送開始で切るだろうという見込みからです。

ですので、それよりも早まる可能性もあります。

台湾に向かっていた、台風17号、前回と同じく
あっという間に、905ヘクトパスカルまで成長し
向きをいきなり変えるようです。

またまた困ったものです。

今のところ予報では、東シナ海北上という
最悪コ-スはそれて、太平洋に抜けるようですが・・・

今回の、1回目の内容は、小松菜・みずな・みつば・きゅうり
サトイモ・その他、間引きななどになりそうです。

レタス類などの他の葉物、大根などは10月中旬以降に
収穫開始になると思われます。

ちなみに、現在栽培しているものは
小松菜・みずな・みつば・べかな・かつおな・ちりめん白菜・高菜・こぶたかな
白菜・野沢菜・からし菜・ダイコン・赤ダイコン・紅心ダイコン・こかぶ
タ-サイ・イタリアンパセリ・ルッコラ・フェンネル
オレガノ・ロマネスコ・ブロッコリ-・カリフラワ-
サボイキャベツ・カ-ボロネロ・ラディッキオチコリ
エンダイブ・ロメインレタス・九条ネギ・ポロネギ
サツマイモ・サトイモなどです。
(多分これで網羅したと思いますが、もれているものもあるかもしれません 笑)

たかが、3反ちょっとの畑にこれだけ栽培しているわけですから
それぞれは、本当にちょっとずつです。
(普通の営業栽培なら、何か1種類だけが常識です。それでも零細農家の範疇です。
この10倍は植えつけるのが一般的です。)

それぞれ、収穫できるようになる時期も異なりますので
これから少なくとも年内いっぱいは、その時々にできるものを
出来るだけ多種類、そして、できるだけ箱いっぱいにして
収穫当日に、発送します。

上記のものは、全て秋冬野菜ですので
この時期からできるものが、本来の味です。

飽きるまで食べてください。

(おまけ)

やはり、日本は弱腰外交というか、売国外交というか
その路線で突き進んでいますね。

何も、弱腰というのが悪い、強く出るのがいいなど
感情からいうわけではありません。

そもそも、中韓とも、こちらは被害者で、あちらは加害者な訳です。

国内では、過去数十年も反日教育を捏造し、国民を洗脳してきた歴史もあります。
おまけに、いままでも、日本を敵国とみなしてきた経緯もある。

そのような国と、友好関係などと志向してきた日本も悪いですが
これをいいきっかけにして、関係を全て絶つべきです。

中韓とも、経済は崩壊寸前、それを食い止めているのは
日本です。

それを、全て逆に報道するマスコミは何なんでしょうか?

また、日本の財界連中も余りにも、節操が無い。

なるほど、倒産する企業も出てくるかもしれませんが
このままいっても、中国経済が崩壊するのは目に見えています。
だから、先進国は全て、投資引き上げ、中国からの撤退に動いています。

それに加えて、日本が動けば、どちらの国も
経済界が、反日をとりあえず収束させるように
政府に圧力をかけるのは間違いありません。

あたかも、日本の財界が、政府にごたごた言っているように・・・

このような醜態を世界にさらせば、本当に日本は相手にされなくなります。

日本が強く出れば、相手を刺激して戦争になるというような
報道の仕方ですが、まったく逆です。

強いものにはこびへつらい、弱いものは蹂躙する
自己目的のためには、うそをつくことも、捏造することも
何の躊躇も無いというのが、中韓の国民性です。

コピ-商品はじめ、国内のデタラメさを見ても分かります。

そして、元来臆病な国民です。

本当に、今が、戦争を避ける最後のチャンスです。
それこそ、長期的視野から見て、関係を絶ち
自滅を促す、とともに、将来に向けて
国防というものを、真剣に考えるときがきていると思います。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-27 00:35 | 野菜栽培 | Trackback

今の野菜の状況


今朝もかなり冷え込みました。

023.jpg024.jpg

かなり前から作っていた、秋野菜の苗も、成長が速まってきました。
左がカ-ボロネロ、右は、ロメインレタスです。

025.jpg

赤カブ、台風で茎が折れたりしましたが
そこから回復、一日に葉っぱが一枚くらい増えてきました。

赤カブに限らず、株の葉っぱは旨みがありますので
間引き菜は特に美味しいです。

026.jpg028.jpg

白菜とアスパラ菜、冷え込んでいるのが分かりますか?

夜露がかなり降りています。

029.jpg

今年の春、大失敗だったジャガイモ、今回は大丈夫そうです。

これは、霜が降りるようになったら収獲時期になります。

030.jpg031.jpg

ダイコンとルタバカ、1ヶ月経たないうちに収穫時期になりそうです。

034.jpg

小松菜、もう採り始めています。

個人的には、今の葉物野菜全て、本来は冬野菜ですので
もっと寒くなって、緑も濃く、味がのってきたほうが好みです。

ただそうなると、茎も堅くなりますので、サラダなどには向きません。

この段階での、小松菜は、サラダでもOKです。
味のほうは、上記の如く、冬に比べると味は薄いですが
市販のものは、水耕栽培や、水耕栽培に近いようなスピ-ド栽培が主流ですので
それに比べれば、はるかに味があります。

035.jpg

野菜が育ちやすいということは、雑草にとっても生育適期です。

これはツユクサです。
もう少しで花が咲き、根っこには玉を持ち、それが新たな株になりますので
早く抜かないとなりません。

037.jpg

癖のない、べかな
まだ、苗以前の大きさですが、本葉がでてくると、成長が速いです。

038.jpg

ハウスの間も、育っているものが判別できるようになりました。
ここには、ルタバカを播いています。

ス-プやポトフなどの煮込み料理で美味しいらしい。

039.jpg041.jpg

ニラも収穫可能になってきました。

夏の間茂っていた葉っぱは、1回切り捨てます。
(硬いので)
そして、例のアミノ酸液肥の薄いものと乳酸菌を混ぜて、頭からジョウロでかけておきます。
その後でてきた葉っぱを収獲します。

043.jpg

苗床から植え替えた、タ-サイ、これは寒くなればなるほど、肉厚で甘くなります。
昨年も一昨年も、連日霜が降りるような寒さでも
成長する野菜です。

044.jpg

一足先に植えておいた、ロメインレタス。
1週間後くらいから収獲開始です。

045.jpg

少しチンゲン菜の形になってきました。

046.jpg

水菜です。
小松菜と同様、収穫をはじめています。

048.jpg

いきなり寒くなったので、高温多湿が好きな
サトイモ、葉っぱがしな~っとなってきました。

ちなみに、サトイモは約半分収獲してしまいました。

これも、どんどん収獲したら、その火のうちに送っていますので
10月中にはなくなると思います。

次回の野菜セット、初めのほうに発送分にはお入れします。
比較的、長期保存は可能です。

夏の間に蓄えた太陽エネルギ-の塊みたいなものなので
体を温める健康野菜です。

旬というのは理にかなっているんですね。
ちなみに、11月になるともう冬、2月は春です。
植物もそのような育ち方をします。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-26 00:13 | 野菜栽培 | Trackback

平和利用


ここ数日、涼しいを通り越して、夜は寒いほどになってきました。
現在でも、外の気温は18度、最低気温は一昨日から、17度前後になっています。

この最低気温は、10月中旬のものですので
近所の銀杏の木も黄色くなってきています。

どうやら、アスパラも今年は早く終わりそうです。

006.jpg

アスパラハウスはジャングルのようになっていますが
あまり、湿度が高くないため、蒸れるというような感じではありません。

病気も少し気を許すと、広がってしまいそうです。

この病気、斑点病というのですが、病原菌が広がる温度帯が、20度~25度です。
ちょうど、アスパラの生育適温と同じなのですが
これから、そういう温度帯で過ごすことが多くなってきます。

今年の収穫は全て諦め、来年に向けてという観点からは
早く、20度以下になって欲しいところです。

ただ、まだ、初夏!のアスパラ3回セットをお送りしないといけないので
それまでは、収穫が続いて欲しいところです。

001.jpg002.jpg

みずなです。
右の画像から、少し傷んでいるのがわかるでしょうか?

あと、4~5日で収穫できそうです。

003.jpg004.jpg

チンゲンときゅうりです。

チンゲンも、もうすこし、きゅうりは1日に4~5本ずつ採れるようになっています。
収穫初期なので、やはり美味しいです。

有機栽培というよりも、ほぼ自然農法です。
(まったく肥料はやっていませんので)

007.jpg008.jpg

メインの畑はこんな風です。

昨年よりも2週間ほど、早いですが、台風でいためられたのと、気候がいきなり寒くなっていますので
その分、足踏みしています。
相殺して、ほぼ昨年並みというところでしょうか?

赤カブなど、もうそろそろ間引きしますので
間引き菜が食べられます。
薬を使っていると、間引き菜が食べられません。
(農薬が残留しています。というより、残留させて虫に食べられないようにしますので
当然なのですが)

この時期の楽しみです。

やっと、野菜をふんだんに使ったパスタの季節です。

これまた、7月の野菜セット、未発送分が少しあります。
この分をお送りできるのが、多分来週になりますので
秋野菜の販売は、来週後半を予定しています。

よろしくお願いいたします。

なお、今年は、カライモを植えており
葉物野菜などの栽培面積が減っていますので
販売数は少ないです。

2回セットのみにするようになるかもしれません。

(おまけ)

やはり、武力紛争は不可避のようですね。

もっとも、シナからすれば、今の民主の内にどんどん既成事実を作りたいところでしょうし
米国の大統領選までは、米国も動けませんから、やはり10月もかなり動くようになるかもしれません。

まあ、相手が、何が何でも取りますよといっている以上
ぶつかるのは当たり前です。

尖閣を取ることにより、失うものが大きければ引くでしょうが
今のところ、失うものはまったくありません。

依然として、日本は援助もしてくれるし(ODAもまだ出しています!)
投資もストップしない。尖閣に加えて、デモで脅かせば
いくらでも、まだまだ、ふんだくれるという
異常な状態です。

まあ、向こうも、笑いを通り過ぎて、驚いているんじゃないかと思いますね。

まともなのは、自衛隊くらいのもので
その戦力は、依然として、まだかなわないレベルです。

ですから、武力紛争になれば、すぐにでも、核の恫喝に訴えてくるのは
間違いありません。

そうなったら、どうするんでしょうか?

国際社会に訴える?
何の効果もありませんし、どの国も関係無しとして
相手になりません。

米国の核で守ってもらう?

これまた、100%、アメリカは動きません。
というより、アメリカ本土が核攻撃を受けるとならない限り
報復措置は発動させません。

当たり前のことです。

日本に向けての核攻撃に対して、核の報復を宣言したならば
米国本土が標的になり、奇しくも核の抑止力が働くからです。

日米の関係が良好ならいざ知らず
「米軍は沖縄から出て行け」とか「オスプレイは飛ばすな」とか
報道されている以上、米国民の意識もそうなるのは当たり前です。

ですので、日本が核の恫喝を受けたならば
「やるならどうぞ」という事で、闘うか
あるいは、手を挙げるか?
どちらかの選択しかありません。

残念ながら、後者の選択しか、現実的には採れないでしょう。

やはり、早く核武装すべきでした。

日本が核武装すると、アジア各国の反発を招く
とか、また、ウソの報道がされそうですが
逆に、アジア各国は、賛成するでしょう。

考えてみれば、原発なんて、もともと、発電のための設備ではなく
核兵器の原料を作るための設備に過ぎません。

そこで放出されるエネルギ-をもったいないので
発電に使っているに過ぎません。

そのほうが、作りやすいし、聞こえもいい。

だから、ニュ-クリアプラントなんですね。

決して、発電を主目的にしたものではない。

そもそも「平和利用うんうん」というものは全て、軍事に繋がっています。
というよりも軍事を主目的にしていることを隠蔽するために
わざわざ平和利用といっているに過ぎない。

だから、「宇宙の平和利用」なんていうのもウソなんでしょうね。
宇宙の始まりやらなにやら、そんなものを究明するために
巨額のコストをかけるなんて、そもそもありません。

そういうことを前提にして考えていかなければならないのではないかと思います。

理想に走るのもいいかもしれませんが、滅亡することを覚悟の上の
話になります。

核武装して、戦争が回避できるのならば、それこそ平和利用です。

早速にでも、非核三原則なる、摩訶不思議なたわごとは、破棄すべきです。
日本国内から、核ミサイルを飛ばしますよというのなら
まだ、対抗する余地はある。

まあ、今の日本の現状では、無理なんでしょうね。

少なくとも、60年前に日本が核を保有していたら
広島・長崎に原爆を投下されることはなかった。

それは、紛れも無い真実です。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-21 23:25 | 野菜栽培 | Trackback

甘すぎました


甘すぎた!といっても、対シナのことではありません。

001.jpg

半分生き残った、ピ-タ-コ-ンです。
結構虫も入っていましたので、危ないところは切り落としました。

料理屋さんに送ったりで、口に入ったのは左の二かけでした。
食べてみると、あまり甘くない。

ピ-タ-コ-ンももうすこし甘いはずだったのですが
やはり、熱波と干ばつ、そして先日の台風で倒されたのが
効いたのかも知れません。

やっぱり、前回のピュアホワイトの圧倒的な甘さと比べてしまうと
影が薄いです。

生で食べても、のどが渇くほど甘すぎました。

来年も、また作ろうと思った次第です。

ところで、台風の影響ですが
ハウスは、なんとか被害はなくよかったよかったでしたが
露地作物は、発芽したてのダイコンの芽が吹き飛ばされて蒔き直しを余儀なくされたり
カボチャの苗も、これまた吹き飛ばされ、葉物の葉っぱも傷んでいます。

主に、強風というよりも、吹き返しの風が強烈だったので
多分、潮風による、塩害でしょう。
しおれたりしているものが目立ち、成長が少し遅れそうです。

ただ、台風後、一気に昼夜ともに気温が低下し、秋になりましたので
適温という観点からは、理想的になっています。

月末~10月初旬頃から収穫できそうです。

ところで、領土問題も危なくなってきましたね。

歴史的に固有の云々とか、アジア人同士を争わせて云々というのは
どうでもいい。

中国としては、以前から着々と長期的に狙ってきているのは
事実です。
そして、チベットやウイグルと同様、「核心的利益」と公言しているのも
事実。
「何があろうとも取りに行きますよ」と宣言しているわけです。

そして、沖縄さえ「古来から中国のもの」とも言い始めており
沖縄で工作活動も、5年ほど前から行っているわけですね。

領土というのは、取られたら最後、戦争で取り戻さない限り
戻ってくることはありません。
いわば、とったもん勝ちです。

そして、中国には国境の概念はまったくありません。
彼らにとっての国境は、その時々に実力で支配できる範囲です。
ですから、自らの力が相手の力を上回ったと確信できるときには
例外なく取りに行きます。

南沙諸島でも同様ですね。

そして、領土に組み入れたときから
100%、民族浄化を行います。
その結果、80%以上の人間は、虐殺委されることになります。

何も、大げさな話ではなく、事実、チベットやウイグルで行われていることです。

何しろ、文化大革命の際には8000万人の自国民を粛清した国です。

そういう、隣国だという事を肝に銘じなくてはなりません。

で、日本としてはどうするか?

簡単です。

まだ日本は経済力という武器を持っていますので
即刻、経済的な交流はストップする。

兵糧攻めにするわけですね。

日本もそれなりにダメ-ジを受けますが
大した影響ではありません。

レアア-スなど困ることも出てきますが、生産を落とせばいいだけの話です。
それよりも、日本が輸出しなければ、中国製品は半数以上が
生産ストップするでしょう。
これは韓国も同じです。

経済もバブルがはじめ始めていますし、政情も内乱に発展するかどうかというところ
そうなれば、矛を収めなければならなくなります。

企業も全て引き上げ、輸出入の停止、人的交流の停止、通貨スワップなどの
破棄、在日中国人の退去、これだけで、尖閣問題はピタッと収まります。

何も、武力に訴えなくてもいい。

もちろん、このような外交は、武力を使わない戦争ですから
武力の裏付けが必要です。

そのために、憲法改正も必要でしょうし、核武装も進めた方がいい。
自力での防衛がもっとも理想的ですが、現段階では米国との強調が不可欠でしょう。

日系企業が被害を受け、領海侵犯も行われ、大使も襲撃された今が絶好のチャンスです。

そして、事態の経過を逐一国際社会に訴える。

これは韓国に対しても同様です。

そうすれば、戦争は回避することが出来る。

ところが、まったく逆に動いている。
分からないのか、分かっているが、どうしても日本を売り渡したいのか?

相手は、ヤクザと同じ、押してくる一方ではありません。
押しては引き、押しては引きを繰り返し、心理を上手くついてきます。

こんなのは、喧嘩と同じですね。

そして、最終段階では一気に攻めてきます。

沖縄から米軍の撤退が決定的になったときが第一段階でしょう。
(フィリピンがそうでしたね)
そして、米軍の代わりに、人民解放軍が駐留することになるでしょう。

その後は一気呵成に、九州に来ます。

そういう事態を、韓国もロシアも黙ってみているはずもなく
対馬、北海道も取られることになります。

まるで、維新の会のポスタ-のように、分断され統治され
民族が滅ぼされることになります。

気づいたときは、とき既に遅しです。


[PR]
by chikomomorara | 2012-09-20 00:15 | 野菜栽培 | Trackback

荒れ狂っています



やはり、920とか930とかの台風は侮れません。
今、外では暴風が荒れ狂っています。

突風が吹いたときには、家まで揺れます(古い家なので)

カ-ポ-トが吹っ飛ぶかどうか心配なほどといったら
わかるでしょうか?

もちろん、ハウスが心配で、今でも見に行きたいと思うのですが
(見に行ったところで、何が出来るわけでもないのですが)
午後から、できるだけの対策は施してきたので
あとは祈るのみです。

停電さえなければ、多分大丈夫とは思いますが・・・

ところで、中国も荒れ狂っているようですね。

654c5304jw1dwvrvykikej.jpg

募集
日本人の娼婦:10時間以上持つのが条件
日本人の男を見たら即殺せ
日本人の女を見たら即犯せ
同意するものは署名をしてください


これが株洲市の中心にある映画館の入口に展示されてるとのこと

これがシナ人の本質ですね。

今の事態をそのままにしておくと、まさしく「いつか来た道」になりますよ!

南京事件(捏造された 南京大虐殺ではありません)
でも、欧米は毅然として、武力で報復した。

日本だけが、何の報復措置もとらなかった。
そのことが、その後に繋がったわけです。

今なら、経済的に報復措置も採ることができます。

韓国にしても中国にしても、日本が本気で経済制裁に乗り出せば
国歌崩壊するほどのダメ-ジです。

もちろん、日本もダメ-ジを受けますが・・・

このまま事態が進んでいけば、間違いなく武力衝突につながり
尖閣だけでなく、沖縄・本土まで武力侵攻に至ります。

一刻も早く、国交断絶です。

A2zSSelCAAAc8dU.jpg

なるほど、中国企業なんでしょう。

さようならですね。

ここに限らず、中国製品・韓国製品の不買は基本でしょうね。

ところで、4本ですが、きゅうりが採れ始めました。
野菜セットの発送再開も近いです。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-16 23:56 | Trackback

今日も結構な散布でした



ご存知のとおり、結構な台風が来ていますので
明日は朝から、台風対策です。

出来るだけのことをして、あとは天に任せるしかありません。

少しずつ、コ-スが東よりになっていますので
特にその点が心配です。
(直撃よりも、50キロくらい西を通ったほうが強烈)

それにしても、ほんの1日か2日で、1000ヘクトパスカルから大変身です。
強力なドリンク剤でも飲んだんでしょう(笑)

笑いことじゃないんですが・・・
明日の今頃から明後日いっぱいまで、気をもむことになります。

001.jpg

ところで、今日は朝からケム満開でした。

早朝に、空いっぱい、綿菓子のような拡散雲が広がって
「今日も撒いたんだなあ」と思いながらハウスに行ったら
爆音が・・・

ケムの影が映っています

002.jpg

と、思ったら、その横に縦に1本

「頑張っているなあ」と思いながら、野菜の写真をとりに
ハウスの横に

そもそも、ケムの写真を撮るのが目的ではないんで
野菜にしても、早く撮って、アスパラの収穫に入りたいんです。

003.jpg004.jpg

みずなと小松菜です。

少し雨が降りましたので、大きくなってきました。

台風の被害がなければ、みずなは1週間後、小松菜は
2週間後くらいから、採り始めることになります。

005.jpg006.jpg

ゴボウと、ピ-タ-コ-ン、7月に種蒔きしましたが
熱波で半分以上枯れてしまいました。

007.jpg

またまた、縦に1本

先ほどから1分後くらいです。

左に、崩れ始めているのが分かります。

ご苦労様!という事で、ハウスの反対側に畑に

008.jpg

まだこんな感じです。

009.jpg

撮るものもないので、ハウスの間に

ルタバカという、フランスの蕪です。
芽生えてきました。

011.jpg

と、またまた爆音が

今度は、縦横無尽に大活躍です(笑)

ここまで来ると、結構なア-トですね(笑)


012.jpg

まだまだ、来ます(笑)

という事で、ケムの下でも、けなげに仕事をしています。

上の画像で、「まあ、何かおかしいなあ」と思う普通の人も多いかもしれません。

考えてみれば、野外で仕事していなければわかりませんよね。
野外で仕事していても、飛行機の爆音が聞こえるたびに
条件反射のように、上を眺める人も少ない。

また飛行機の爆音を聞いても、軍用機のそれと区別が分かる人も
ほとんどいないかもしれません。

うちの場合は、ヘリであろうと、民間機であろうと
まず上を眺めるのが家訓です(笑)

農業をするのなら、松島基地の周辺とか
新田原周辺とか
とにかく、基地周辺でしたかったくらいですから(笑)

でも、9年前こちらに来てからは、飛行機のが上空を飛ぶことも
あまりなかった。
それこそ、鹿児島空港周辺の、溝辺なんかのほうがよかったなあ
と思っていたくらいです。

ここ3年くらいでしょうか?
1日に、何十機も飛来するのは・・

ともかく、普通の常識のある人では、あまり遭遇もしないので
「ケムトレイル???」で、当たり前かもしれません。

(おまけ)

中国では、略奪が起きはじめているようですね。

うそつきは泥棒の始まりといいますが
「うそをつくな、弱いものいじめはするな」
という教育を受けてきた、日本人には理解不能な民族であることは
間違いありません。

もっとも、世界中で、そういう民族は少数派です。

ほとんどが、「騙されるな」という教育です。
裏からいえば、「だますほうが悪い」のではなく
「だまされるほうが悪い」ということなんですね。

「うそをついたり、騙したらダメ」という民族は
滅んでしまったほうが多い。

そのことを肝に銘じて、当たるべきですね。

早く、付き合いをやめることが得策です。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-16 01:19 | 野菜栽培 | Trackback

早く、国交断絶を!!


やはり、本格的にきましたね。

まあ、台風で明日かあさってには一旦引き上げるのでしょうが
(その台風も、大変心配なのですが・・・)
その後、18日もあることですし、漁船の船団が大挙してくるとのこと・・・

どうするんでしょうか?

今度は、拿捕なり、逮捕なり、取り締まれば、向こうは間違いなく
危害を加えてくることでしょう。

軍も控えていますし
武力行使に発展するんでしょうか?

あるいは、海保の巡視船が攻撃されて
「きわめて遺憾」とかまた抗議するんでしょうかね?
ただの腰抜けというよりも、意図してそうしている
訳ですから、何のアクションも起こさないでしょう。

本当に、民主になって3年余り、どんどん国が崩壊して行っています。
ここまで、でたらめというか、嘘っぱちというか
詐欺集団も珍しい。

仮にも国会議員ですから・・・
このような、害虫を選んで、過半数を取らしてしまったのが
間違いの元ですね。

また今度は、「維新」で同じことになるんでしょうか?

ともかく、一刻も早く、国交断絶です。

そもそも、一国の大使が襲われるということは
国家に対する宣戦布告と同義なんですね。国際常識では・・・
ですから、当該国の政府は、実行犯の検挙とその後の処罰
そして、相手国に対する謝罪、これをきちんと行うものです。

それが無罪放免です。

それでも、日本政府は何の抗議もしないわけですから
これはもう、日本国の政府ではないですね。

残念ながら、遠からず、日本人が襲撃されたりして
殺害されるような事態に発展することでしょう。
前にも書きましたが、それこそ、第二の「通州事件」です。

日本人(それも民間人)が中国人に手のひらを返したように
陵辱、された事件ですね。

そのようなことが、このままでは間違いなく起こります。

日本製品の非買運動もでて、当局も認めているとのこと
一年経てば、日本経済は壊滅だそうです。

もうここまでくれば、一日も早く断絶するのが、大局的な見地からも
合理的でしょう。

経済的にも、政治的にも、とにかくかかわらない。


中国に限らず、韓国とも、その方がお互いのためです。

いくら隣人だといっても、日本を敵国視している国との友好関係は無理でしょう。

またそのほうがアジアのためにもなります。

今回の領海侵犯に当たっては、沖縄のバカ知事は
「領土防衛は、国の仕事」とほざいたようですね。

ならば、国として、これまた一日でも早く
オスプレイを配備すべきです。
ガタガタ言える筋合いでもないでしょう。

バカがデモったりするんでしょうが、そんなもの放っておけばいい。

消費税でも、原発でも、国民は無視したわけですから
この問題こそ、不退転の決意でやってほしい。

本当に、ここ一年ほどで、日本民族が滅んでしまうかどうか
決まってしまうような気がします。

滅ぶということはどういうことか
8~9割は虐殺され、婦女子は陵辱され、財産も没収
言葉も、強制され、文化も全て否定される
それに、抗議するとすれば、焼身自殺しかない。

そういうようなことになってしまいます。

古今東西を問わす、滅ぼされた民族というのは
例外なくそのような目にあいましたし
現在でも、チベットやウイグルで進行中です。

残された時間は、少ししかありません。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-14 23:26 | Trackback

大宰府西中学校



本日は、収獲旅行の体験で、大宰府西中学校の子供たちがやってきました。

今日は、またまた、ことのほか蒸し暑く
ハウスの中でどうなることやらと思いましたが
とても面白かったようで
ハウスの中では、歓声やら、笑い声が絶え間なく聞こえていました。

010.jpg

今は、回復途中なので、収穫物も少なく
すぐに終わってしまいそうでしたので
少し試食を用意しました。

いつもの蒸し焼きです。

016.jpg

とても美味しかったようで、すぐに群がってなくなってしまいます(笑)

004.jpg

蒸し焼きにしましたので、アスパラからでるス-プと
塩味だけでしたが、これが大好評でした。

002.jpg003.jpg


001.jpg

作るこちらも、汗だくです。

それにしても、こうやって見ると額の砂漠化がすさまじいですね(笑)

収獲しながら、生でアスパラを食べる経験もまず出来ません。

ですので、「採ってそのまま食べちまいな」
と指示しましたので
味の違いも体験できたようです。

014.jpg

このままパスタを絡めれば、アスパラパスタの出来上がり
と説明しているところです。

後頭部も、白いし、はげはじめているし・・・・

まあ、はげようがどうしうが、どうでもいいんですが
少しは毛があるだけ、涼しいかなとも思います(笑)

019.jpg

暑かったし、露地作物で、採って食べるようなものもまったくなかったのですが
楽しんでくれたようで、よかったよかったです。

023.jpg

感謝の言葉を聴いて

027.jpg

記念写真です。

このあと、午後は、知覧のイチゴ農家さん(知っている方のところです)
で、苗の定植を体験するとのこと。

天候もずっと晴れでしたし、いい思い出を持って帰ってくれたらいいなあと思います。

今回は宿泊はなかったですが、こういうのもいいですね。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-14 22:47 | 修学旅行 | Trackback

岩手はいいなあ


日本縦断 こころ旅の再放送 岩手県に入っています。

やっぱり岩手はいいですね!

埼玉にいたときに、年二回休みがあったので(この時期にしか休めませんでした)
5月と夏にはいつも、北東北にキャンプにいっていました。

そのきっかけになったのが、岩手県の八幡平周辺です。
松川温泉や山を越えて、後生掛温泉、そして八幡平山頂もいいし
山ろくの、西根周辺も大好きです。

そして何より、岩手山がいう事無しです。

いつも、東北道を北上して、北上盆地に入り、岩手山が見えると
何か、涙が出て競うになったものです。

いつもいい季節しか知らないですし、また休みもそのときだけ
精神的にも、まったくストレスの無い数日間でしたので
特にそう感じたのかもしれません。

もしかしたら、前世は岩手県人だったのかもしれませんね(笑)

こころ旅、見ていてつくづく感じるのですが
都会から脱出して、どんどん田舎に移住すべきですね。
せっかく今まで築き上げたインフラも、どんどん無に帰してしまう。

そしてなんと言っても、食糧の自給を追及すべきですね。

もっとも、間違いなく、近い将来、戦争になるでしょうから
そういう方向に進むのかもしれませんが・・・・

ところで

001.jpg002.jpg

今日も、撒きまくりです。

右は、散布して約1分後です。
この頃は、撒いてからすぐに拡散するような物質のようです。

004.jpg

こういう感じですね。

003.jpg

今日は2~3機まとまって、チ-ムを組んでいたようですね。

そのチ-ムが、朝夕、それぞれ10組以上でした。

どうもご苦労様です(笑)

何を撒いているんでしょうか?

特別な病気が広まっているという事もないですし
鹿児島で地震を起こしても仕方が無い。

桜島上空でも無いので、喜界カルデラでの大噴火かなあと
個人的には、妄想しています。

前回の喜界カルデラでの大噴火で、九州の縄文文化は
壊滅したようですね。

まあ、どうなりますやら、噴火したら噴火したときのことです。
どうしようもないですから・・・

(おまけ)

中国が強気になっているようですね。

経済も、崩壊寸前ですし、政治的にも、国内の対立が
表面化して、内部崩壊しつつあるようですね。

外に目を向ける危険性はどんどん高まっています。

一刻も早く、オスプレイを配備すべきですね。
原発云々、言っている場合じゃないと思います。

中国・韓国のようなわけの分からん国とは
1日でも早く、断絶したほうがいいですね。

出来うる限り、かかわらない。

でも、紛争は起きるでしょうが、最初の一発は
向こうから撃たせるべきです。

もっとも、今の日本で、そうなれば、本当に怖いです。

天皇陛下が罪人扱いされるというような、侮辱を受けても
首相がへらへらと、その相手に、握手をするような国になってしまいました。

そして、それを批判する報道もまったくなされない。

ほとんどの人は、人事のように・・・

領土が侵犯されても、「海上保安庁が、自衛隊が、何とかしてくれるだろう」
というのが、大多数ではないですかね。

本当に困ったものです。

[PR]
by chikomomorara | 2012-09-12 23:47 | Trackback