エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

二番塩、販売します



003.jpg

今日も、アスタマさんが野菜を採りに来ました。

ずっと火曜日に来てもらっているのですが、このころは葉物野菜の種類も増えてきましたので
いっぱい持って帰ってもらっています。

以前は、平田シェフが原付で来ていたのですが
1ヶ月ほど前からは、松山君の車で来れるようになり
満載で帰ることが出来るようになりました。

以前は、松山君も同じ店だったのですが
今は、別の店で働いています。
(この業界ではよくある話です)

でも、以前上司だったシェフとこのように
付き合っていられるというのは、なかなかありません。

この3人の笑顔を見ても分かるとおり
本当に気持ちのいい店で、今は、野菜を使った料理がいっぱいでています。

やはりパスタなんかは、野菜炒めの中に麺があるような使い方らしい(笑)

いいことだと思います。

アスタマニャ-ナ 〒890-0054 鹿児島県鹿児島市荒田1丁目58−18
          099-258-9018

松山君のほうはこちらのお店です。

トラットリア VINO 〒892-0841 鹿児島市照国町2-3
          099-210-7838

アスタマさんのほうには食べに行ったことがありますが
VINOさんはありません。

VINOさんは新しいお店らしく、でも、野菜たっぷりの料理が食べられると思います。

何せ、今日も、ごみ袋にビニ-ル袋6~7個分くらいもって帰ってもらいました。
とにかく、どれだけもって帰ってもらっても、3000円です。
送る手間もないし、収獲する手間もない、そして、納得のいくものを
納得する量で、もって帰って貰いますので
こちらとしてもいろいろと、気を遣う必要がありません。

おまけに、毎週来てもらっていれば、状況もよく分かりますし
もっとも美味しいものをもって帰ってもらえる。

そのために、量や品物にかかわらず3000円にしています。
ただし、アスパラは別ですが・・・笑

ただ、これだけの新鮮な、それも無農薬野菜を購入しようとしたら
(店では購入できませんが)
多分、1万円以上すると思います。

アスタマさんも、この前もって帰ってもらった野菜を
3日で使い切ったとか!
これは異常な使い方です(笑)
しかし、それだけ使うと、間違いなく味は別次元もものになります。

そして、そういう使い方は、普通のレストランでは絶対に出来ません。
コスト的にまったく採算にのりませんから・・・

毎週採りに行っている、新鮮な無農薬野菜を、これだけ使っています。
となると、価格を上げたくなるんですが、アスタマさんは
リ-ズナブルな価格です。
野菜を膨大に使った、ミネストロ-ネが400円だとか!
すごい人気らしい。
そりゃあそうでしょう。

食べたことはないですが、多分、1000円でも
価値ある味ではないかと思います。

こういうのって、いいと思います。

よく、「付加価値をつけて、差別化を図る」などといいますが
付加価値というのは「付ける」物ではなくて「感じてもらう」ものではないかと
思うんですね。
決して、売る側がつけるものではない。

それを付けようとするから、うまく行かない。
その結果、広告代理店や、訳の分からんコンサルタントに食い物にされるんです(笑)

前から、面白いなあと思っていたことがあります。

日経の広告欄に、「100円のコ-ラを1000円で売る方法」という本の広告があって
売れているらしい。(本当かどうか分かりませんが)

まあ、書くほうも?なら、そんな本を買うほうも?ですね(笑)
100円のものを1000円で売っちゃあ、ダメでしょう!と・・・
まだ、200円とか300円なら分かります。
ぎりぎり、500円でしょう。

10倍といえば、ぼったくりでしょう。
もっと言えば、詐欺みたいなものです。

そんなのが、長期的にうまく行くはずがない。

もっとも、この本の著者は、結果はどうでもいいのかもしれません。
この本が売れさえすればいい。
当たり前ですね(笑)

とにかく、自分の利益ばかり考えていたら、長期的にはろくなことがない。

付加価値を「付けよう」とするから、ともすれば
行き過ぎて、詐欺まがいになってしまったりする。

ついでに言えば、この本の広告の横に
安売り洋服屋の創業者の本も、でていました。

国を憂いて、日本はこのままでよいのか?
らしいです。

中国の暴動の際に、「尖閣は中国の領土だ」と媚を売った会社ですね。
自分の金儲けのほうが、自分の国の主権よりも大切な人なんですね。

憂国といいますが、この国は「日本国」ではないのでしょうね、この人にとっては。

社内公用語も、英語にしましたし、社員の過半数は
外国人にするといっていますから
どうせなら本社も移転して、日本から出て行ってもらいたいですね。
と、この会社のフリ-スを気ながら、書いていますが。
(昨年、買ったものです。念のため  笑)

おっと、話がずれてしまいました。

とにかく、お客さんが喜んでくれるだろうと
休みの日に、野菜を採りに来て、魚も仕入れていったり
そういう人が作る、料理は幸せな気持ちになるのではないでしょうか?

ところで、平田シェフから、今日、塩炊きをしていると聞き
(アスタマさんも、勧めてから、ずっとここの二番塩なんです)
塩屋さんに行ってきました。

005.jpg006.jpg007.jpg008.jpg009.jpg

しばらく、事情があり、あまり塩を炊けなかったそうですが
これからは定期的に出来るらしいです。

特に、二番塩は人気らしく、今回もどのくらい買えるかわかりませんが
予約してきました。

ですので、明日から10個限定ですが、販売します。
野菜セットとの同梱専用です。

じゃあ、購入できる野菜もなければまずいなあということで
野菜セットも、5セットだけですが急遽追加しておきました。

明日の20時からです。
よろしくお願いします。

ただ一つお願いがあります。
次回からは二番塩は
200円値上げして、1400円にさせていただきます。

塩屋さんも、経営的に大変らしくて、二番塩の価格が
今回から、200円値上げになりました。

ですので、大変申し訳ありませんが
1200円でお分けできるのは、今回が最後になります。

その点も含めてよろしくお願いいたします。

(おまけ)
少し、大きくなりました。

012.jpg014.jpg018.jpg

[PR]
by chikomomorara | 2012-10-30 22:10 | 野菜栽培 | Trackback

安心できる食べ物


野菜セット、ほとんど完売してしまいました。

数多くのご注文有難うございます。
ほとんどがリピ-ト購入の方ですので、10月分を発送するあるいはした
お客様へは、前回発送から、2週間ほど間隔を空けて、11月分1回目を発送の予定です。

10月分の発送がないお客様へは、出来るだけ早く1回目をお届けする予定です。

葉物も順調に育っていますので、現在1日に5~6件のペ-スになっています。

昨晩雨も降りましたし、これから1週間ほどは晴れの予報ですので
1日に10件近く、発送できるのも遠い先ではないと思います。

もっとも、収獲、箱詰め、発送作業は、どんなに急いでも
1日に10件程度ですので、それ以上は増えないと思います。

作業の手間もありますが、それ以上に、できれば10種類くらいはお入れしたいと思っています。

例えば、今ならば、発送ペ-スは、アスパラ菜とダイコンの出来に左右されています。
それをのぞくと、本当に葉物ばかりになってしまいますので
今ならば、少なくともこの2品はお入れしたいと思っています。

明日は、この2つが多分、5~6件くらいは採れるだろう
そして、朝、行ってみて、確定するという具合です。

特に今年は、カライモが面積の三分の一くらいを占有していますので
昨年よりも、他の野菜の栽培面積が減っています。

今日は、久しぶりに雨ももらって、野菜も生き生きとしていますので
楽しみにしていてください。

なお、追加販売は、11/20ころに出来るかもしれません。

ところで、今回も、放射能関連での新しいお客様が増えています。
本当に大変だなあと思います。

前にも書きましたが、再度、野菜つくりに関して方針を書いておきたいと思います。

もともと、作っているのは人の口に入るものですので
安全で当たり前と思っています。
安全でない食べ物は、論外です。

その上で、美味しくなければ自分自身食べたいとも思いません。

しかし、「美味しい野菜を作る」という考えで営農しているわけではありません。
もちろん、「美味しければいいね」とは思っているのですが
優先順位は、「以下に量を採るか?」ということです。

経済栽培である以上、仕方がありません。

でも自分自身は、美味しくない野菜は買おうとは思わない。
ですので、美味しくなければ、買ってもらえないだろうとも考えています。

ですから、アスパラにしろ露地野菜にしろ、「食べて美味しい」ということを
最優先に考えています。

その前提に、「安全な」ということがあるわけです。

これも、前から書いていますが、農薬を使用したから安全なのだとも
思っていません。
ただコストもかかりますので、極力使用しないようにしています。
(そのために、肥料も過多にならないようにしているわけなのですが)

今販売している、露地野菜は、アスパラとは異なり
肩の力を抜いて作っています。
もし、病気になったり、害虫にやられたりしたらもうそれで終わり。
最悪の場合は、収獲できなくてもいいね というスタンスです。

アスパラは本業ですので、そういうわけには行きません。
(まったくの無収入になりますので)
だから一年中、ピリピリとしているわけなんですが
露地野菜にまで、神経を使いたくない。

だから、家庭菜園そのものみたいなものです。

で、アスパラにしろ、露地野菜にしろ、安全に作っているのは
真実なのですが、それを信用していただけるかどうかということは
お客様次第なんですね。

安心を感じるかどうかは、信頼感にかかっていると思います。

で、売る側としては、有機認証だの、各種団体の認証だの
はたまた、生産者の写真をつけたり、自ら「安心安全です」といってみたり
いろいろとするわけですね。

でも、最終的には何もあてになりません。

認証にしても、そんなものいくらでも、だますことは出来ます。
(言い方は悪いですが・・・)
年に数回、見に来ただけで(それも数十分です)
わかるわけがありません。
ほとんどが書類のチェックで終わるのは、他の世界と同じです。
まあ、公務員の天下り先確保のためといっても過言ではないでしょう。

流通大手の認証にしても、同じようなものです。

無農薬といっていても、それも分かったものではありません。
(うちの野菜も同じようなものですが)
残留農薬の検査で分かるでしょう?

それも大丈夫?です(笑)

残留農薬の検査というのも、市場にしても流通業者にしても
これは、非常にコストもかかる。
だから、流通している、ほんの微々たるサンプルしかしないのが普通です。

まあ、以上のようなことは、ここ一年で、特に原発をめぐる
いろいろなことと、同じようなものです。

結局、信頼性の問題は、最終的には人に対する信頼に帰結するのではないかと
思うんですね。

なので、野菜や商品に関係ないことでも、なんでもブログで書いてしまっています(笑)

まあ、まだこの日本では、核武装賛成なんて書けば、売れるものも売れなくなってしまうかもしれません。
でも、実際に考えていることも、出来るだけ公開して
「こいつの作るものならば、一つ信用してやろう」とか
「どうも胡散臭いやつだなあ」とか
いろいろ、判断していただければいいと思っています。

自分で考えて、自分で評価するのが一番ですね。

だから、例えば福島産の野菜やお米が安全かどうか?
などについても、論評できません。

事実どうなのか?ということも分からないからです。

いろんな情報が飛び交っていますが、そもそも、立場があってのポジショント-クが
ほとんどですから、当てには出来ない。

ですが、昔から、日本では一般庶民が素朴に考えたことって
なんとなく、真実なんですね。

だから、例えば、ここ吹上町は川内原発の50キロ圏なんですが
この原発が同様の事故を起こしたとしたら、まあ、農産物はダメだろうと
なんとなく思います(根拠はないですよ)
自分でも食べられたものではないでしょう。
だから、売っても、買ってもらえないでしょう・・・と

これが玄海なら、自分でも食べるかな?
という具合です。

少なくとも、福島県や茨城県、関東地方に住んでいらっしゃる方にとっては
本当に大変な思いをなさっていらっしゃると思います。

ですので、これからも少しでもお役に立てたらと思っています。

まあ、今現在なら、食料品に関しては、放射能よりも中国産・あるいは韓国産のほうが
危険かもしれません。
もともと今までも、何が入っているか?いまひとつ信頼できない部分もあった。

でも。従来とはまったく違った次元で、明らかに避けたほうがいいでしょうと
思っています。

現在もうすでに、敵国と考えたほうがいいのではないでしょうか?
少なくとも、向こうではそう考える人が大部分になっている。
ましてや「愛国無罪」の国であり「親日罪」が存在する国です。

日本人に危害を加えても罪にならないどころか
英雄視されるような国になっています。

だから、そこからの輸入食品は、かなり注意したほうがいいだろうと
思うんですね。

話は脱線してしまいましたが、食べ物に関しては、危険かどうか?
美味しいかどうか?
100%確かな方法は、ひとつあります。

それは、動物が喜んで食べるもの、乳幼児が喜んで食べるもの
これは、間違いなく安全で、ほぼ美味しいであるということです。

動物と子どもというのは、美味しいと思うものしか食べませんし
危険なものは、拒否します。
(放射能は分かりませんが)

ペットや乳幼児がいるご家庭は、ぜひお試しください。
(動物と子どもを一緒にすればまずいか?  笑)


[PR]
by chikomomorara | 2012-10-29 01:22 | 野菜栽培 | Trackback

ルタバカ


どうも、雨が降らないですね。

今日も、またまた久しぶりの雨の予報だったので
カ-ボロネロや、ポロねぎを定植したのですが
雨になるはずの夕方から、からっとした空模様になり
今も、雲ひとつない星空になってしまいました。

依然として3時頃からは雨の予報、明日の9時からは晴れなのですが
どうなるでしょうか?

雨が降らなければ、これまた枯れてしまいますので
水を撒かなければなりません。

ところで、ルタバカのパスタを作ってみました。

001.jpg

なんか、焼きそばみたいで美味しくなさそうですが(笑)
けっこう、美味しかった。

今年初めて作った、ルタバカですが
カブの一種で、煮込み料理に美味しいらしい。

003.jpg

これがルタバカです。

カブといっても、ジャガイモのように肉が緻密で
荷崩れしない。
なるほど、ポトフなどに会うかもしれません。

味は、けっこう濃い味で、少し苦味があります。

もっと寒くなったら、甘みがでてくるみたいで、なるほどと思いました。

カブなのですが、葉っぱはキャベツの仲間のようで
カ-ボロネロと同じような味です。

料理屋さんには好評で、これからの味の変遷が
楽しみではあります。

ところで、いつも作るパスタ、もっぱら同じような
作り方なのですが、とにかく、野菜は量を使います。

魚介類やベ-コン、パンチェッタなどを使い
あとは、野菜のだし勝負みたいなパスタですので
2人前で、30センチのフライパンのふたが出来ないくらい
野菜を放り込みます。

例えばチンゲンを使うときだったら
チンゲン菜、おおきめのものを4個とか・・・

大体このくらい使うと、ふたが出来ないくらいになります(笑)

で、無理にふたを載せて、蒸し焼きにして
野菜はくたくたになるまで火を通します。

ここまで使うと、パスタでもガラッと味が変わりますので
一度お試しください。

パスタというよりも、野菜炒めの麺添えみたいなものですか(笑)

(おまけ)

ニュ-ヨ-クタイムスで、温家宝一族の不正蓄財が
報道されたようですね。

2000億円だとか(笑)

即刻、シナ国内では、ネット規制らしいですが
まあ、2000億円とは、やるもんですね。

どこかの国の首相が、国難のこの時代に
連日、高級レストランに血税を使って
食べ歩くのとは桁が違う(笑)

共産党幹部はもちろんのこと、中央政府、地方政府
人民解放軍幹部に至るまで、日常茶飯事のことですが
2000億円ともなると、レベルが違う。

これが広まれば、内乱にまでつながるかもしれません。

それほどのニュ-スですから、語法では済まされない。
よほど信頼性のある筋からの通報でしょうね。

経済も張りぼて、政治も内戦一歩手前ですから
いよいよもって、でたらめな国からは早く引き上げるのが懸命ですね。


[PR]
by chikomomorara | 2012-10-28 00:35 | 野菜栽培 | Trackback

11月の野菜セット、明日の20時から販売開始します!

よろしくお願いいたします。

今回も、引き続き、葉物野菜がほとんどです。

多分、小松菜・みずな・チンゲン菜・タ-サイは期間を通じて収穫できる
と思います。

あと、今回から、ちりめん白菜・白菜・べかな・高菜
からし菜・かつお菜・ダイコンが入ってきます。

サトイモは、初旬になくなると思います。

上手くいけば、サツマイモが下旬に収穫できるかもしれません。
もっとも、下旬に収穫できない場合は、つるぼけ(葉っぱや茎などの
地上部ばかり生い茂って、芋があまり出来ないこと)
ですので、今年のサツマイモは失敗という事になります。

ジャガイモは12月になってからの収穫になると思います。

キャベツ類(ブロッコリー、カリフラワ-、ロマネスコ
カ-ボロネロなど)も12月以降になると思います。

ダイコンは、第二弾が出来始めると思いますので
どちらか一方にはお入れできるのではないかと思います。

サラダに人気の、レタスやチコリ類は晴れが続いているため
生育は順調ですが、まだ、とても苦いです。
ですので、もっと寒くなってこないと
甘さも出てきませんので、12月以降になると思います。
ただ、ロメインレタスのみは、少しずつお入れできるかもしれません。


この時期の野菜は、寒くなればなるほど甘く
味がのってきますので、この時期ならではの味を
楽しんでください。

(おまけ)

またまた、産まれてしまいました(汗)

026.jpg

今回産まれたのは、4匹
一匹は残念ながら、とても小さく、おっぱいを吸う力も
無いような状態だったので、生まれてすぐに死んでしまいました(合掌・・・)

幸いなことに、今回は貰い手も既に決まっていますので
安心です(笑)

しばらくは、こちらの生育状況もお届けしたいと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2012-10-26 22:31 | 野菜栽培 | Trackback

気持ちのよい一日でした


今日は、気温・湿度・風・日照、どれをとっても年にベスト3に入るほどの
気持ちのよい一日でした。

002.jpg006.jpg013.jpg015.jpg

伝わるでしょうか?

004.jpg005.jpg

野菜たちも気持ちよさそうです!
生き生きとしています。

010.jpg014.jpg

コ-ルラビとカ-ボロネロ

011.jpg012.jpg

ラディッキオとチコリ 寒さが早いせいか色づきも早いです。

016.jpg

ついでに、吹上浜の夕日もきれいでした。
これまた、年に数回あるかどうかくらいのきれいな夕日です。

多分、一昨日本格的に雨をもらったのがよかったようです。

それでいて、日中は晴天

007.jpg008.jpg

由緒正しき、飛行機雲、後ろから消えていきます。

009.jpg

ケム雲とおぼしき雲もありましたが、こんなに気持ちがいいと
「何でも勝手に撒いてくれ!」といったところです(笑)

腹黒い国際政治・外交、対して、内政では、まるで傀儡政権の政府、財界そして金融界
不法滞在を含めた外国人・帰化人の跳梁跋扈と、何一つ明るい兆しはありません。

金融状態もそろそろ詰まってきたみたいで、大恐慌をしのぐ大混乱の時代も近いと思います。

またまた、一旦は壊れてしまうような気がしますし
割を食うのは、勤勉なる日本人の一般庶民のように思いますが
必ずや、立ち直れそうに思えてきた一日でした。

ところで、11月の野菜セット、生育がかなり順調になってきましたので
予定通り、今週末に販売開始できそうです。

よろしくお願いいたします。

[PR]
by chikomomorara | 2012-10-24 23:22 | 野菜栽培 | Trackback

鹿児島三区


露地野菜、葉物がどんどん育ってきました。

006.jpg

一昨日の夕方です。
まだ、雨が降っていなかったので、カラカラですが、夜がかなり冷え込むようになって来ましたので
葉物は、どんどん収穫できるようになって来ています。

007.jpg

白菜も1日に2枚ずつくらい、葉っぱが増えてきています。

0050.jpg

高菜ももうそろそろ収獲できそうです。

昨日、久しぶりに高菜パスタを食べましたが、感動の美味しさです

今はダイコンの第一弾がなくなりましたので、第二弾が採れはじめるであろう
来週からは、毎日7~8件の発送になりそうです。
(今は2~4件くらいです)

013.jpg

アスパラは多分大丈夫でしょう。

やっとここまでたどり着いたという感じです。

ほとんど新しい芽はでませんので、光合成をした養分は
どんどん、根に送り込まれ、来春のアスパラのために蓄えられます。

以下に光合成をしてもらい、それを根に滞りなく送り込むか
という管理になります。

(おまけ)

先日から、修学旅行のシ-ズンとなり、大阪府立島本高校
そして、埼玉県立羽生第一高校の諸君を受け入れました。

明日は、大阪府立吹田高校の諸君がやってくる予定です。

いつものように、少しの農作業と、海に行っています。

002.jpg

海に行ったら、何をするでもなく、このような距離から、飽きるまで見守っています。

とにかく、「好きに遊べよ。飽きたらゆうて!」と言い渡し
何時間でも、我慢して(笑)見守っています。

004.jpg

何もなくても、このように遊ぶのがとても面白いんですね。

001.jpg005.jpg

こういうだれもいないような、まるでプライベ-トビ-チで
時間を忘れて、遊ぶということは、長い人生の中でも
ほとんどないことだと思います。

一昨年までは、本当に無邪気にこちらも楽しんだんですが
やはりこのころは、いろいろと考えてしまいます。

例えば、上記のような美しい風景、これを見ながら
特別攻撃隊が、出撃したんですね。

実際、20キロほど離れた、万世飛行場から、陸軍航空隊の特攻機が
飛び立っているんです。
この風景を見ながら・・・

それも、彼らと同じような年齢です。

その英霊の尊い行動があったからこそ
今の日本人が、何の心配もなく生きていける。

アジアの人々が、独立できたのも、特攻をはじめとする
日本人の行動があったればこそです。

だから、ほとんどのアジアの国々では、きちんと旧日本軍を尊敬しています。

捻じ曲げられ、捏造された歴史観を正すこともなく
独立国として、国民の生命財産を守ることもせず
一心に、ビジネスに励んできた、言い換えれば
金儲けのことだけを考えてきたつけが、今になって
押し寄せてきています。

本当に一日でも早く、変えていかないと
日本は滅ぼされますね。

中韓とは、国交断絶、とりわけ、経済関係を全て絶ちたいものです。

そんなことをすれば、戦争になるとかこれまたバカがいますが
もうすでに戦争状態です。
何もドンパチするだけが戦争ではない。

このことを認識すべきです。

もっとも、どこの国のマスコミか、どこの国の政党か
分からぬような状態になってしまっていますから
認識せよといっても、無理からぬことかもしれません。

シナが沖縄を、朝鮮が対馬を、そしてロシアが北海道に侵攻してくるのも
遠い将来ではなくなっています。

ご存知の通り、鹿児島では、衆議院の補欠選挙の真っ最中です。

まずは、これを皮切りにしたいものです。

[PR]
by chikomomorara | 2012-10-23 22:53 | 野菜栽培 | Trackback

近況


今日の畑です。

024.jpg

カラカラに乾燥しています。
このようにホ-スで、24時間水を流しっぱなしです。

027.jpg029.jpg

ハウスの両側の両側の畑はこういう感じです。

かなり緑が目立ってきました。

026.jpg

ロマネスコ、茎が太くなってきました。
倒れる心配がないので、今度は新しい葉っぱがどんどんでて、上に伸びて行きます。

多分、収獲は12月、一個収獲すると終わりなので、考えると不経済な作物です。

030.jpg

高菜の苗、大きくなりますので、もうそろそろ抜き取って、改めて定植します。

031.jpg034.jpg

根物も太り始めました。

赤カブと紅心ダイコンです。

カブの葉っぱは味が濃いので美味しいです。
赤カブは、少し酸味がありますので、パスタに重宝です。
ダイコンは、少し苦味があり、それもまた美味しいです。

035.jpg

芽キャベツ、これは10月下旬でしょうか?

036.jpg

アスパラ菜、これは年内継続して収獲できます。

037.jpg

白菜の第一弾、心の方は巻いて来ました。
11月中旬です。

039.jpg

1個だけ種があったので、播いてみたズッキ-ニ、寒くなってきたので
実がなるかどうか分かりません。
(夏野菜なので)

033.jpg

小松菜を食べるヨトウムシ、手でつぶします。
放っておくと、一日で葉っぱが穴だらけになります。

040.jpg

今になって、穴だらけになってきたからイモの葉っぱ。
これから光合成した養分が、夜の冷え込みで、芋が太ります。

葉っぱがなければ光合成できないので、こまりものです。

ただ、もう1ヶ月もない上、夜はかなり冷え込んできましたので
何とか大丈夫かなと、考えています。
(南方系の虫なので、あまりにも寒くなってくると弱って死にます)

これが1ヶ月前なら、薬しかないのですが
何とかいけるでしょう。

聞くところによると、乳酸菌でも弱るらしいので
明日散布することに・・・

041.jpg

これが、自家製の乳酸菌。

米のとき汁に、牛乳を入れて、1週間で出来上がりです。
温度が低いときには、市販のヨ-グルトを入れます。
(ブルガリアヨ-グルトがいいです)

ほとんどただみたいなものなので、頻繁に作って
ハウスにも、潅水の際にまき続けています。

020.jpg

今日のアスパラハウス、何とか大丈夫でしょう。

11月になれば、もう大丈夫ですので、あと3週間です。

病気の予防には、殺菌剤はもう使いません。

これも、今の状況なら、乳酸菌や納豆菌の散布で
病原菌を押さえ込むことが出来ると判断しています。

とにかく、元気で、光合成を活発にし、夜の冷え込みで
養分をおろす、これが唯一の方針です。

021.jpg023.jpg

地温がまたまた、20度を割ってきました。
最低気温は10度を少し割るくらい、最高が35度です。

で、朝10時頃までと午後2時以降は、25度前後、日照あり
という、光合成に最適な気候になってきています。

022.jpg

もうあまりでませんが、でるとこのようにきれいなものが
目に付きます。

でも、あと1週間くらいでしょうか?


稲森さんの自家用米ヒノヒカリ10キロを精米当日に発送します。追加販売は出来ませんので、お早めに!!【送料無料】【50セット限定】稲森さんの天日干しの自家用米 24年度産


毎年販売して、大評判の新米です!ヒノヒカリ10キロを精米当日に発送します。追加販売は出来ませんので、お早めに!!【送料無料】【20セット限定】自家用新米のおすそ分け!特別栽培米10キロ

どちらも、少しずつなくなってきています。

追加販売は出来ませんので、よろしくお願いいたします。

[PR]
by chikomomorara | 2012-10-13 00:23 | 野菜栽培 | Trackback

お米の販売


我が家のお米の販売ですが、明日の20時から販売開始です。

品種は例年通り、ヒノヒカリ、出来は昨年よりもよかったです。

食味自体は、例年通りの新米という感じで美味しいです。

栽培は、慣行栽培で、農薬も除草剤も使用しています。
(農薬は共同防除の、ラジコンヘリによる散布4回です。)
ただ、肥料の関係で特別栽培米に指定されます。

乾燥は、お伝えしましたとおり、乾燥機による機械乾燥です。

販売数は、合計で200キロ、うちの収穫量の半分です。
ですので、うち自体の消費量は、これを販売すると一年もたないことになりますが
まだ今でしたら、他から、購入することも可能ですので
選べる自由があったほうがいいかなと考えての放出です。

というのも、前にも書きましたが
いろんな情勢から見ても、今後一年間に、大幅な食糧不足など
大変なことに陥る可能性が高いと考えているからです。

ですので、2~3ヶ月は飢えないだけの自衛をしておくべきと
考えています。(そうならなければいいのですが)

というわけで、よろしくお願いいたします。
(こんなくらいことを書けば、売れるものも売れなくなってしまいます  笑)

ところで、露地野菜ですが、ダイコンもでき始め
種類も徐々に増えてきました。

まだ今のところ、1日に2件の発送ペ-スですが
来週からは、もう少し増えると思います。
夜も寒くなってきましたので、もっと増えていいのですが
やはり、まったく雨が降らず(そのくせ、灰は降る)
台風後、ここ2週間でも、強烈な日照の晴天、強風で乾燥が
著しいです。

双葉のまま、なかなか成長しなかったりと、苦戦中ですが
毎日、ホ-スで散水していますので
少しずつ育っているというところです。

ちなみに、上記のダイコンは、暑い5月に播種したからでしょうか
あまり太らず、本日はじめて収獲したのですが
長さだけ伸びて、育ちすぎてすいりしているものもあるようです。
(今日喜び勇んで、家でも食べてみたのですが、先のほうがすいりしていました)

お送りするときには、先のほうを切って確かめてから、お送りしようと思います。

今お入れしているものは、チンゲン・水菜・葉ダイコン・コカブの小さなもの
赤カブ・サトイモ・ニラ、そして、もうすぐ終わりそうなアスパラです。

(おまけ)

本当に、NHKももう、完全に中国国営放送ですね。

他のマスコミも、韓国・中国に都合の悪いことはまったく報道されないどころか
事実を捏造しまくりですね。
他国でも、国家のトップやら、財界人が腐って、自国の国益にそむくようなことも
するのは同じようなものですが、まだ、ジャ-ナリズム派残っている。

日本の場合は、国家反逆罪というか、スパイ活動を防止するようなものもなく
そのせいでしょうか?
政府自体が反日、与党も反日、それをチェックするマスコミも反日、経済界の団体も反日
で、本当に国家解体寸前です。

困ったものです。

今日も、BS-NHKのニュ-スで、「オスプレイ、四国で目撃相次ぐ」
だとか、報道されていました。

地上波は見れないのでまったく観ませんが
これでは、オスプレイが害虫と同じではないですか?

そもそも、岩国から四国上空を飛ぶのは、当たり前です。
それこそ、吹上上空を飛んでもらいたいものです。

そんなに、チェックしている暇人がいるのかなあ?
共産党支持者か何かか?といぶかっていると
やはり、写真を撮ったのは、軍用機ファンのおっさんじゃないですか!

軍用機ファンなら、いつも気にかけていますし
横の連絡もありますから、例えば「今岩国を飛び立った」
「今愛媛上空」とか、連絡網?がいくわけです。

SNSもありますし。

で、そのおっさんが嬉しそうに、このカメラで撮りましたと
出していたのが、ニコンの高い一眼と、500ミリの望遠レンズです。

普通の素人が、百万円以上もする機材一式をいつもそばにおいておくわけがないでしょう。
500ミリの望遠など、スポ-ツ撮影をするプロか
飛行機撮影をするファンしか買いません。

日常の役には、まったく無用なものですから(笑)

だから、報道するなら「喜ぶ飛行機ファン!オスプレイ飛来」
などと、正確に報道してもらいたいものです。

そもそも、沖縄でも反対しているのは、本土から行った連中ばかりではないですか?
(中国本土も?)

それが、たこを飛ばしたり、風船を飛ばしたりして、飛行妨害をしているそうな
完全な、航空法違反でしょう。威力業務妨害でも検挙できるはずです。

民間空港でそんなことしたら、すぐに逮捕ですね。
ましてや、軍用ですから、テロとして、射殺されても妥当なところです。

それを「落ちろ、落ちろ」とやって、あおる新聞もあるようです。
人民日報ですか?

経済でも、深刻な状況はまったく報道されない。

ユニクロも相変わらず、中国で作って中国で稼ぐらしいですね。
日本人の雇用も減らすんですから、それなら北京に本社移転してもらいたいところです。

住友化学しかり、ソフトバンクしかりです。

欧州で雇用がなくなり暴動が起きているのを見ても
何よりも雇用が大切です。
それがあってこそ、経済も活性化します。

逆に言えば、国内で雇用を生み出さない企業は無用の長物
海外移転してもらいたいところです。

今の対韓国、対中国との関係は「関係悪化」ではなく
「関係正常化」だということを、認識すべきだと思うのですが
どうでしょうか?

[PR]
by chikomomorara | 2012-10-12 04:23 | 素人の米つくり | Trackback

お米の販売


うちのお米、稲刈り無事終了です。

007.jpg010.jpg

今年は、出穂(穂が出来ること)してから、いきなりの冷え込み方で
昼夜の温度差があったせいか、やはり、イネの粒が大きいみたいです。

011.jpg

いつものように、コンバインで刈ってもらいます。
収穫したもみは、コンバインのブ-ムを伸ばして
鉄製のコンテナに積み込みます。

012.jpg

このブ-ムがあるだけでも、非常に作業が楽になります。

それ以前は、コンバインに袋を積んで、その袋がいっぱいになったら
(袋二つというのが多い)
あぜに停めている、軽トラに積み込みます。

これが結構な重労働で、一袋30キロくらいありますから
農作業したことの無い人なら、4~5袋運んだだけで
ギブアップします。

でも、60歳以上のおばあちゃんが、軽々と(実際は大変なのですが)
持ち上げて運んでしまいます。

また、刈り取っている途中で、コンバインをあぜまで、移動しなければならず
これまた、「もうそろそろいっぱいになるかなあ」などと
気を遣いながら作業しなければなりません。

もっとも、昔は、バインダ-という機械で、歩きながら刈り取っていた。
(これもしたことがあります)
それに比べれば、なんとまあ、楽になったものです。

013.jpg014.jpg

これをコンテナごと、乾燥やもみすりをしてくれる施設に運び込んで
作業は終わりです。

米つくりの三種の神器というのは、田植え機、コンバイン、そして乾燥機です。
これを一からそろえようとすると、1000万円近くかかります。
(もちろんもっと安くもできますが)
そしてそれ以上にかかるのが、こういう機械を格納しておく
納屋が必要になります。

それまで考えると、2~3000万円は軽くかかります。

上記のものは、1年に数日しか使わないため、非常にもったいない気がします。
知らない人は、集落で共同購入して、シェアすればいいのに・・・とか思うわけですが
(私も以前はそう思っていましたが)
田植えでも、稲刈りでも、作業に適した日というのは、数日間しかないわけで
そこに集中するわけです。

おまけに、農業機械というのは、どうしてか?使おうと思ったときに限って
故障することが多いものです。
そうしたときなどは、責任問題にも発展したりして
やはり、必要な機械は、自己所有するのがもっとも、適しているわけです。

ちなみに、天日干しする場合には、乾燥機も必要なく
コンバインよりも、バインダ-で十分です。

しかし、イネを掛ける馬(土台と竿)を運んだり
それを組み立てたり、そして、刈り取ったあとは、掛けたり
するのに、かなりの人手が必要になります。

稲刈りの時期は、誰でも忙しく、人手の確保もままなりません。

何でも一長一短です。

ちなみに、私は、上記のものも、トラクタ-も持っていませんので
ほとんどの作業は、委託してやってもらうという事になります。

田んぼも借地ですので、間違いなく、買ったほうが安くつきます。

その土地土地にあった、栽培技術、機械類、そして整備された田んぼ
すべてが、何百年も先人が積み上げてきた財産な訳です。

そういうものが、なくなっていくという事は、国家的大損失だと思います。

0011.jpg

で、刈り取ったあとの田んぼは、春に耕起するまで、そのままです。

当たり前ですが、日当たりも申し分なく、水をやらなくても
土壌水分は十分、肥料持ちもいい。

昨年までは、そのままだったのですが、余りにももったいないなあ
という事で、ことしは、カボチャを植えてみました。

時期的に少し遅いので、実がなるかどうかわかりません。

それ以上に、ちゃんと育つかどうかわかりません。
でも、やってみないことには分かりませんので・・・

0022.jpg

もちろん、トラクタ-がありませんので、耕して畝を作るなんて事はしません。

上の、ねじり鎌1本です。
まるで、江戸時代です(笑)

よく言えば、不耕起栽培ですが、考えてみれば、畑でも
使うのは、ほとんどねじり鎌だけです。

まあ、稲刈りあとの田んぼを耕しもせず、肥料も撒かず
カボチャを植えることなんて、プロの農家ならまずしません(笑)

上手くできればいいのですが・・・
多分、できればすごく美味しいものができますし、出来ない場合は
まったく、かれてしまうような両極端でしょう。

ちなみに、うちのお米の販売は、乾燥から上がってきてから
量を見て、販売の予定です。

(おまけ)

006.jpg

家内が法事で群馬に帰省しましたので、途中、加須によって
みそを買って送ってもらいました。

これは嬉しい!!

いつものことながら、大量に買ってしまいました(笑)

というのも、鹿児島に来て、いまだに困るのが
みそと醤油、そして、めんつゆの類です。

もともと、これらのものは、九州の嗜好は、かなり甘い。
そしてその中でも、鹿児島は群を抜いて甘いんですね。

みそや醤油に限らず、食パンなども甘い味付けです。

多分、暑いからだと思うんですが、こちらの人は
キッコ-マンですら、辛くてダメです。
(だから、甘口というのがあります)
もちろん、こちら産のものは、醤油にもみそにも砂糖が入っていて
やはり、ダメです。

こういうのは、子供のときにどこで育ったのか?というのが
大きく影響するのでしょう。
(私自身は大阪生まれですが)

というわけで、みそに飢えていたので、嬉しいです。

逆に、鹿児島の醤油やみそなど、こちらで当たり前に売っているものを
詰め込んで販売したら、喜ばれるかもしれませんね。


[PR]
by chikomomorara | 2012-10-09 00:47 | 素人の米つくり | Trackback

今年のアスパラ、いよいよ最終段階です。

015.jpg

昨晩はかなり冷え込みました(涼しいというより寒いくらいです)
ので、「出方もかなり、少なくなるだろうなあ」と思っていたら
案の定、激減です。

地温を見ると、初めて20度を割りました。

016.jpg

先日、株元まで日が差し込むように刈ったのですが
それよりも、夜の冷え込み方が激しいようです。

つい1ヶ月前までは、日中ハウス内で立って作業が出来ないくらいでしたが
今は、さほど汗をかかずに作業が出来るようになってきています。

株元で最高気温は30度ほどでしょうか?

017.jpg

昨晩の最低気温は?と見てみると、10度を割り込んでいます。

これなら、地温も20度以下でも不思議ではありません。

ということで、萌芽が止まってしまうのも、もう時間の問題です。
1週間前後で、今年の収獲は終わりそうです。

018.jpg


反面、俄然元気がでてきたのが、露地の葉物野菜です。

一番スピ-ドの速い、チンゲンはこのように、きれいにそろってきました。

もっとも、相変わらず少雨傾向で、まったく雨が降らないため
その分、成長は止まっています。

毎日、ホ-スで散水していますので、その他の葉物も
徐々に育ってきていますが、1回でも雨が降ってくれれば
弾みがつきそうです。

野菜セット、まだ1日1件くらいですが、種類も増えてきたら
発送数も、どんどん増えると思います。


稲森さんの自家用米ヒノヒカリ10キロを精米当日に発送します。追加販売は出来ませんので、お早めに!!【送料無料】【50セット限定】稲森さんの天日干しの自家用米 24年度産

稲森さんのお米、まだ余裕がありますので、よろしくお願いいたします。


[PR]
by chikomomorara | 2012-10-06 22:29 | アスパラ栽培 | Trackback