エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

夏アスパラ、大変お待たせいたしました!

あさってから発送開始できそうです。

当初は、1日2件とか3件ですが、1週間後あたりは20件以上になっていると思います。

発送は、受注順にお送りしますので、今しばらくお待ちください。

f0186462_23344741.jpg


今日のハウスです。

予備的に立てた細い茎がありますので、まだ込み合っています。
また、すそも刈って、株元に日が差し、風が通るようにしておかなければなりません。

f0186462_23362817.jpg


一挙に刈ると、ショックが強すぎて体調を壊します(アスパラの)ので
収獲時に少しずつ刈っていきます。

f0186462_23401423.jpg


これぞ、夏アスパラ、親茎が盛んに光合成をはじめたものから
萌芽し始めました。

これを収獲することにより、新たにその横から、次々に萌芽してきます。
逆に放置すると、この新しい芽が伸びて、光合成をし始めたら
またその横に出てきます。
そうして8~10本ほど、親茎が密集すると、新たなものは出てきません。

露地栽培のものは、春アスパラ終了後、原則として放置するものがほとんどです。
さすがに露地でも込み合って、風も通らなくなり、日差しも入りませんので
病気の危険性がかなり高まります。

そのときには、収獲もしないので、殺菌剤をかなり頻繁にかけることになります。
(来年春までは残留しないので安全ではあります)

関東以西の作型は、こちらと同じく夏の間も、間引きをかねて収獲を続けます。

ですので、春芽だけ収獲する作方と比べると、収穫量が5倍以上になります。
この頃は、北海道でも、立茎栽培にチャレンジするところもあるとか?

でも、北海道は夏も短く、ましてや、短い夏の間には、他の露地作物を大々的に作っているので
アスパラのように、毎日手作業で収獲せねばならないようなものは、採算にあいません。
ハウスで、ちまちまと、集約的に手をかけて栽培しているのは主に九州です。
ですので、アスパラの栽培技術の最先端地域は、九州、とりわけ、佐賀・長崎です。

アスパラに戻ると、こういう風に9月まで収獲を続けることにより、燐芽という、芽が出るところの土台が
どんどん広がり、そこから下に根も形成されるため、結果として、根量も多くなり
翌年の春芽の品質が決まります。

これから、夏のアスパラを収獲し続けますが、その収獲作業は
来年の春をにらんだ作業でもあるわけです。

f0186462_2357644.jpg
f0186462_2358533.jpg


ハウス内のきゅうりが、急に出来始めました。

出始め出元気なため、甘くて美味しいです。
きゅうり農家なら、この木の樹勢をコントロ-ルしながら、何ヶ月も収獲することになりますが
うちは、アスパラ農家ですので、1回目のピ-クを過ぎれば、もう終わりです。

樹を見て、神経を使ってという作業は、アスパラでしなければなりませんので
それで手一杯なためです。

露地にもありますが、きゅうりは7月まで、もういいというほど食べまくることになります。

f0186462_034629.jpg


これは残念、残念です。

f0186462_043043.jpg


いつもは、秋しか作らない白菜
今年はガラにもなく、春に作ってみたのですが
すべて廃棄することになりました。

多分、虫にやられて、きちんとできないだろと思っていたのですが
今年は、5月まで寒い日が続き、虫もあまり居なかったため
きちんと巻いたのですが、巻いたあと、さあ収獲という段になって
先週の連日の暑さ、まるでフェ-ン現象のように、熱風と照りで、中が蒸れて
ほとんど傷んでしまいました。
外見はなんともないのですが・・・
巻きが甘くても、10日ほど前から収獲すればよかったと思います。

全て抜いて、気を取り直して、かぼちゃを植えていきます。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-30 00:11 | アスパラ栽培 | Trackback
f0186462_2385555.jpg


本日収獲分のアスパラです。

収獲自体は徐々に増えていますが、まだ本調子ではなく
細くて、規格外のものがほとんどです。

これは、硬い部分を切り落として(例の穂先スペシャルのように)
全て、直売所行きです。

f0186462_23144695.jpg


本日のカットの様子です。

全収獲量は5キロほど(規格外も含めて)です。
本格的に出始めると、少なくても30キロ、多いときには70キロ以上収獲しますので
採れているといっても、まだまだです。

f0186462_23201492.jpg


こういう比較的きれいなものもありますが
Mサイズがほとんどで、まだお送りできるレベルではありません。

多分、あと1週間で20~30キロの収穫量になると思います。
その時点で、発送できる物は少なくても30%はあるでしょうから
これから1週間、ずっと雨が続き、日照がほとんどないというようなことがなければ
やはり、6/1頃からの発送開始になりそうです。

また野菜セットですが、インゲンが本日から劇的に増え始めました。
インゲンも、時期をずらして播種していますので、多少、収獲時期はずれますが
6月中旬頃までがピ-クになりそうですので、それまでに少しお届けできるように
1回販売したいと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-26 23:25 | アスパラ栽培 | Trackback
相変わらず、毎日乾燥した暑い晴天です。

夏のアスパラ、収獲開始は、少し遅れるそうです。

来週あたりから出始め、月末頃には少し太いものも出始めるかなと予測していたのですが
1週間ほどずれ込んできそうです。

ですので、夏のアスパラの発送開始は6月に入ってからになりそうです。

f0186462_22592313.jpg


露地野菜のほうは、ピュアホワイトではないほうのとうもろこしが
もう少しで収穫期に入りそうです。
まずは、ヤングコ-ンから収獲することになります。
品種は、昔からあった、ハニ-バンタムです。

ハウスのきゅうりも、どんどん自分の体が大きくなる栄養成長から
子どもを作る生殖成長に変わってきましたので、そろそろバブルになりそうです。

f0186462_22593773.jpg


上記のトウモロコシの間にも、地這きゅうりが育っています。
こちらのほうも、実がつき始めていますので
きゅうりがどんどん収獲できるようになりましたら
野菜セットを少し販売できると思います。

来週から梅雨に入りそうですので、それをきっかけに、露地野菜は
成長スピ-ドが速くなると考えています。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-24 23:04 | 野菜栽培 | Trackback
怒涛のような騒ぎが、少しましになって来ました(笑)

明日以降、徐々に平常に戻ってくるのではないかと期待しています。

なお、前からブログでもえらそうに言っていましたとおり
規模拡大などするつもりもなく、アスパラ含め、野菜の栽培も
今までどおりで、何も変わりませんので、ご安心(?)ください。

やはり、新しく、どんどん販路を拡大して、業容を拡大していくというよりも
今まで寄せていただいた信頼関係をさらに深めていくほうが
性に合っているようです。

常に緊張感を持って(下手なものはお送りできないので)というのも、難しいものではありますが
でも、非常に楽な面があります。

例えば、春のアスパラよりも夏のアスパラは味が薄いですよとか
春なら春で、初めのほうがおいしくて、あとになるほど味はあっさりとしてきます
さらには、アスパラをお送りできずお待ちいただくその理由も理解してもらっていれば
本当に楽です。

また、長年のお付き合いで、どのような家族構成でとか
どういう味が好みかなど、少しでも分かっていると、より喜んでいただけるものを
お届けできるので、楽しいです。

ですから、今回新しく、ご縁をいただいた方とも長いお付き合いをしていただけるように
今までどおり、何も代えることなくやって行きたいと思っています。

ところで、やはり予想通り、農家からの問い合わせというか電話が結構かかってきています。
全て、対応していたら、何時間あっても足りませんので
使用資材等、ブログに書きますとお伝えしています。

(元肥肥料)
・アグロペスカ 住商アグリビジネス
・ラッキ-印 幸運配合 徳田商会

(液肥・葉面散布資材)
・ベストワンエキス 天生水産 住商アグリビジネス
・アミノe 株式会社 アミノ
・クリスタ液肥 カルシウム 住商アグリビジネス
・ペンタキ-プS 住商アグリビジネス
・亜リン酸 住商アグリビジネス
・鮮緑 ミネヒロン株式会社

(土壌改良等)
・酵素でくさ~る 三興株式会社 住商アグリビジネス
・サミットミネラル 住商アグリビジネス
・粉末鉱石 粉体研

(その他)
・吹上浜の海水
・自家製乳酸菌資材

以上が、使用している資材の全てです。

土壌分析結果や、その時々のアスパラの体調に合わせて使用していますが
大体、見当はつくと思います。

ちなみに、農家がもっとも興味があるのは、このような肥料や資材で、何を使っているのか
という事なんですね。
実際、研修などで、他の産地や農家を見に行っても(これ自体、ほんの数十分で何が分かるのか
はなはだ疑問で、時間の無駄と思いますが・・・)
決まって農家が観てくるのが「ハウスにどういう肥料が置いてあったか?」とかなんですね。

で、見せるほうも企業秘密とばかりに(笑)視察前に、肥料袋を片付ける人もいます(笑)
上記も、あまり役に立たないと思いますが、参考になれば・・・

少なくとも、良質なそして効果のあるものばかりと思います。

ただ、上記の資材は、「アスパラを健康に育て美味しいものを収穫する」という方向性で
まったく「量を取る」という事は考えていません。

ですので、収穫量を上げるという観点からは、少しずれていると思いますし
場合によっては、マイナスになることもあるかもしれませんので
その点は断っておきます。

また、アスパラについて、きちんと栽培方法が自分自身の中で確立しているわけではなく
むしろ、まだ毎年、試行錯誤の中にいます。
結果も、収穫量の点からは、成功といえるようなものでもなく、むしろ、毎年失敗のが
実態です。(謙遜ではなく、事実そうです)
ですので、その点も含めて、ブログも参考にしていただければと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-22 00:08 | アスパラ栽培 | Trackback
今、夏のアスパラを新規のご注文いただく際に
以下をお読みいただければ、幸いです。

・これからの時期の北海道産のアスパラとは比較しないでください。

いつも「ぜひ、北海道産のアスパラと比べてください!品質には自信あり!」
とえらそうに(笑)言っているのですが、これからの時期の夏アスパラと
北海道産など、寒地アスパラと比べないでください。

というのも、今までのお客様はよくご存知なのですが
どこの産地でも、春アスパラと立茎後の夏アスパラとでは、まったく味の濃さが違います。
で、これからの寒地アスパラはうちで言えば、春のアスパラ、一方、当店で販売・発送するものは、夏のアスパラになります。

比べていただくなら、うちの3月のアスパラと、例えば北海道のこれからのアスパラでお願いしたいところです。(ちなみに、北海道の露地アスパラは、夏のアスパラはありません)
ただ西日本のアスパラは全て、立茎後のものになりますので
ぜひ比べていただければと思います。

いつもなら、どうでもいいのですが、今回テレビで見て、とんでもなく甘いと紹介されたりして、それを期待してご注文いただくと、少し期待はずれになりますし
大きなクレ-ムの元にもなりかねませんので、念のために書きました。

ちなみに、ロケなどでお使いいただいたのは、春アスパラの末期のものです。
春の最盛期のものでは無いので、かなり味は薄くなっていました。

・サ-ビスはよくありません

一般的なネットショップに比べて、「美味しい商品をお届けする」という
コアの部分以外のサ-ビスはよくありません。

これは、夫婦二人で、収穫から発送に至るまで、全て行っています。
人は使っていませんので、日中は連絡がつきません。
これから夏の最盛期ともなると、再び朝の6時頃から、深夜2時頃まで
働くような日々になります。

その中で、最優先にしているのが、アスパラや野菜の栽培です。
ですので、「もうそろそろ発送しますよ」とか「ご入金ありがとうございました」
とかのメ-ルは出すことが出来ません。

本来サ-ビス業としては、行いたいのですが、そのような時間的余裕もなく
銀行にすら、ほとんどいけないような日々になりますので
そのあたりの、不手際につきましてはご容赦ください。

逆に、お送りしたものにつきましては、全て責任を持ちますので
例えば、凍結事故があったとか、そういう本来行うべき対応につきましては
対応は速いと思います。(即断即決ですので)

・アスパラの特殊性

アスパラは、日々の天候により、収穫量が激しく変わってくる作物です。
ですので、ほとんどの店で、配送日指定不可になっていると思います。

特に、これから、梅雨次期に入り、毎日どんよりと曇ったような日が続くと
いいものがでなくなったり、でる量そのものも少なくなります。

又梅雨明けしたと思ったら、いきなりの猛暑の連続など
近年の振幅の激しい気候に、アスパラがついていけないことも
あります。

ちなみに、昨年は、5月受注の3回セットの3回目が、9月になって
やっとお送りすることが出来ました。
梅雨入り以降、まともなものがでなくなり、梅雨明け後の猛暑で
パタッと萌芽量が減り、お送りしてもいいと思えるような
まともなものが、なかったためです。

普通の気候であればここまで、極端なことはありませんが
天候によっては大きく予測が外れることもありますので
そのあたりをご了承の上、ご購入ください。

以上、ご理解いただければ幸いです。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-19 23:31 | アスパラ栽培 | Trackback
やはり、全国ネットの影響力でしょう。

番組放映直後から、いきなりご注文やら、お問い合わせが集中してしまっています。

折りしも、本日から、民泊の修学旅行生が来ているため、全く対応し切れていません。
テレビ放送中も、修学旅行生と、カライモの苗を定植中でした。

地上派が映りませんので、まだ番組自体は見ていないのですが
明日の日中から、できるだけ、ご返答なり、対応していきたいと思います。
(明日、修学旅行生が帰りますので)

ご注文くださった方には、大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ちくださいますよう
お願いいたします。

なお、ご注文分につきましては、全て、発送できる量になっていますので
ご安心ください。

新規のお客様に向けて、ペ-ジにて簡単なご案内をアップしましたので
それも、転載させていただきます。

よろしくお願いいたします。

また、夏のアスパラ、追加販売ですが、6月に入ってから、アスパラの発送状況を見て
行う予定です。

春アスパラとは異なり、地上部が元気で、天候さえよければ、少なくとも9月いっぱいまで
収穫が続きます。
異常な天候でなければ、3週間に一回くらいのペ-スで、初回販売分くらいの量を
追加できる予定です。

ただ、特に梅雨の天候次第では夏のアスパラとしてお送りできるものが
極端に減ったり、なくなったりすることもあります。
それが見通せる、6月初旬まで新たな販売を行わないほうが、いいと思いますので
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
(ちなみに昨年は、梅雨に入ってから、全く日照量が足りない曇天雨天が1ヶ月続きましたので
7~8月は、発送できませんでした)

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-19 23:27 | アスパラ栽培 | Trackback
前も告知しましたとおり、今度の日曜日
5/19 テレビ朝日系列 14:00~15:25 放送の「生産者の顔が見える食材大賞」という番組で
紹介されますので、ぜひご覧ください。

f0186462_22425179.jpg


いつもは、自分が映っている番組を観ることはありません。
自分の声も違い、放し方もだらしなく、何て馬鹿なんだろうと
再認識させられるからなんですね。

でも今回ばかりは、楽しみにしています。

山崎さんや西島さんはじめ、スタッフの方々も、レポ-タ-できてくださった
山口さんも、一生懸命作り上げてくださった。

それがどのような番組になるのかという事が、とても楽しみです。

とはいうものの、うちでは地上波は観られないので、後日、DVDでも観ようと思います。

ハウスの様子など、ご覧になれますので、観ていただければと思います。

まあ、今までずっとおつきあいくださったお客様は、観ないでも分かることも多いと思いますが
問題は、新規のお問合せとかご注文等です。

普通のネットショップとはかなり異なりますので、そのあたりのことも
放送までに、アップしておこうと思います。

また、農家の方で資材等など、問い合わせもでてくることと思います。

何故だか、今年に入ってから、そのような問い合わせが増えているんです。
少なくとも、使っている肥料や資材などは、見ていただければ分かりますので
すべて、書いておこうと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-15 23:20 | アスパラ栽培 | Trackback

肥料をまいた

夏アスパラ前の、大切な作業も終盤に差し掛かりつつあります。

枝が張り出し、通路部分に根が張る前に
堆肥とともに、肥料(お礼肥)と微生物資材などを散布して、耕します。

f0186462_21532784.jpg


年々、化学肥料はほとんど使わず、有機肥料中心になって来ました。
特に有機肥料にこだわっているわけではなく、また有機肥料だからといって
美味しくなるわけではありません。

もう何度も書いていますので、いいかなと思うのですが
有機肥料であれ、化学肥料であれ、味を決めるのはその使い方です。

一言で言ってしまえば、量が多すぎるとまずくなります。

ただ、有機肥料の良い点は、肥効がゆっくりで、微生物を増加させるのに
効果を発揮する点です。

昨年は、サケの内臓やら皮や血を発酵させた、アグロペスカを使いましたが
これはもう春の最中に、追肥で使いましたので
今年は、「幸運配合」という肥料を使ってみることにしました。

昨年、露地のコカブで試験的に使ってみたところ
結構、結果が良かったので

まあ、名前からして「幸運を配合!」ですから、いいような感じです(笑)
何せ「ラッキ-印」です。

実はこの肥料、大昔からある肥料です。
それこそ、田舎なんかに行くとありますよね
ホ-ロ-の看板が
「オロナミンC」とか「ボンカレ-」とか
そういう看板で「ラッキ-印の肥料」というのがあります。

それくらい古くからある肥料です。

f0186462_2231710.jpg


肥料袋の裏に書いてある口上も、頗る秀逸です。

「この肥料をご使用になれば、地中バクテリヤの活動が盛んになり、又自然に微量要素が補給せられ
施肥しながら、土壌改良が出来、従って皆様のもっとも大切な耕地を養う理想的な肥料であります。」
と教科書体で書いてある。

偽者なら、何十年も使われ続けていないわけで、養命酒のようで、いいですね。

f0186462_2210259.jpg


その他、微生物を補給するために、酵素でくさ~る

f0186462_2211231.jpg


根張りをよくするために、サミットミネラル

これに先日の、鉱石の粉です。

f0186462_22124340.jpg


それを撒いた所です。


[PR]
by chikomomorara | 2013-05-15 22:18 | アスパラ栽培 | Trackback

よ-ちゃんが死んだ

2ヶ月ほど前から、病気療養中だったよ~ちゃんが、今朝死にました。

前回、獣医さんのところで血液検査をしてもらったところ
白血病と、猫エイズを発症していることが分かりましたので
2ヶ月ほどとの宣告を受けていたため、覚悟はしていましたが
やはり、つらいですね。

f0186462_2317485.jpg


今年の2/22の写真です。
初アスパラを車に積んで、持ち帰った際
においがするのか、すぐに飛び乗って、太いものをかぶりついてしまいました。

このころはまだ元気だったのですが・・・

白血病は、どうも遺伝のようで、それだけならまだ助かったかもしれませんが
エイズにも感染していたとなると、仕方ありません。

猫同士の喧嘩などで、かまれたりしたら、その傷口から感染するらしい。

2~3日帰ってこないこともあり、以前、大きくかまれて返ってきたこともありました。

予防には、外に出さないことしかないそうですが、それはそれで、かわいそうなことなので
仕方ありません。
ちなみに、人間のエイズとはまったく異なるので、人間には感染しないそうです。

f0186462_23243985.jpg
f0186462_232450100.jpg


もともと、生まれたその日に(多分)捨てられていたものを、拾ってきて
育てましたので、本来なら、既に生きていなかった猫かも知れず
幸せな人生?だったのかもしれません。

ただ、ここ2週間ほどはあまり食べ物も受け付けず
特に、この1週間は、歩くのもよろよろとしていて
極度の貧血もあり、苦しそうでした。

昨晩からは、呼吸も浅くて、少なく、それでも、最後の生命力を振り絞って
時折、悲しそうに啼いたりすることもあり
可愛そうでした。

本当に、アスパラは大好きで、これからも、よ-ちゃんが進んで食べにくるような
いいアスパラを作らないといけないと思いました。

合掌です。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-12 23:33 | ペットの部屋 | Trackback

今年二回目の堆肥入れ

今日から2回目の堆肥入れです。

f0186462_23235076.jpg


いつものように、畜産農家の西さんのところの牛糞堆肥です。

今回も、2トン/反 入れます。

これまた、いつものように人力で一輪車にスコップで入れて、通路を運んで入れていきます。

f0186462_2327237.jpg
f0186462_23273811.jpg


こういう作業を何百と繰り返しますので、一年の作業の中でも、もっとも重労働です。

f0186462_23284459.jpg


一番奥は52メ-トル先です。

この作業のあと、肥料や微生物資材・ミネラル資材を散布し、管理機で耕します。
これから通路部分に、新しい根が張りますので、耕すのはこの時期にしか出来ません。

また、1週間もすると、新しく柔らかい枝が通路に張り出してきますので
これら一連の作業で傷つけてしまい、それが病気の元にもなります。

ですので、堆肥入れから数日で、作業を完了しなくてはなりません。

また、堆肥入れも雨天は出来ませんので、やはり天気予報をみながら
すべきときには、何時間かかろうともやりきらなくてはなりません。

f0186462_23353572.jpg


しんどくても頑張れば、この通り。

f0186462_23352937.jpg


ちょっと一休み・・・

今回は久しぶりに、風邪なのか、熱もあって、頭痛の激しく、最悪の体調の
堆肥入れです。

明日あさっても続きます。

(おまけ)

上記の熱、3月の時と同じです。

どういうわけだか、家族3人とも、同じ日に体調が悪くなった。

それも、ケム撒きが激しかった翌日からそろって・・・
温泉仲間でも、屋外労働者の方で、同じような症状の人が数人います。

ちょうどGWが始まった数日、近頃ではまれに見るくらい激しいケムまきでした。

見上げると、10機以上が同時に飛行、縦横斜め、カ-ブまで描いて・・・
そういう日が2日ほど続きました。

まあ、なす術もないので、あきらめるしかないんでしょうが
全く何をまいているのやら・・・

数時間後には、青空が雲で覆われ、太陽も怪しい光で、彩雲も見られました。

困ったものです。

[PR]
by chikomomorara | 2013-05-11 23:44 | アスパラ栽培 | Trackback