エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

真っ白け

ここ10日間ほど、ずっと梅雨らしい、大雨と雨天が続きました。

雨天続きで、おまけに最低気温も比較的高く
アスパラは、地上部がどんどん茂り(湿度があるため)
過繁茂になってしまっています。
加えて、出る量も多く、それでなくても、日照がないので色は白く
発送してもよいと思うようなアスパラがほとんど採れない状況が続きました。

直売所で捌ける量も限られているため、ずっと市場出荷が続いています。

おまけに、数日前の雷雨から、またまたパソコンが起動しなくなり
いじる時間もなく、更新が滞ったままになっていました。

ご注文も確認できなかったため、メ-ルも滞ったままになっています。

まことに申し訳ありません。

やっと本日は、市場ももって行くこともなく(明日は市場が休みのため)
少し時間がとれましたので、パソコンの回復作業と、こうして更新することができました。

ご注文確認メ-ルもこれからお送りする予定です。

アスパラと野菜も、本日、やっと雨がやみましたので、少しうす曇となり
明るい日になりました。

明日も、少し晴れ間がありそうなので、明日以降、発送再開の予定です。

もう、1週間か2週間ほどで、梅雨も明けそうなので、あと一がんばりです。

今午前2時ですが、大体いつもこれから、市場も持って行き、帰宅が4時前
午前中の収穫が8時ころから、そして、今枝葉の整理をしながらの収穫作業ですので
終了が午後3時ころ、遅いときにはそのまま夕方の収穫をして
6時ころまでかかったりしています。

結構きついですが、ここ数年、アスパラのピ-クがなかったので
アスパラには、感謝感謝です。

今日は、総長から田植えも無事終了し、これからは、田んぼの管理
そして、露地畑の管理もしなければなりませんので、ここでもがんばりです。

露地野菜は、大雨と強風などのため、腐ったりするものも出てきています。
また、雑草がすごい勢いで伸びてきているので、こちらもがんばらなくてはなりませんが
夏野菜が、ようやく出てきました。

ここで少し晴れることにより、どんどん実をつけるようになりそうです。

[PR]
by chikomomorara | 2014-06-29 02:07 | アスパラ栽培 | Trackback

近況

少し状況も変わっていますが・・・

f0186462_2582089.jpg


全景、かなり雑草が・・・

f0186462_2583494.jpg


地這いきゅうりです。
ここ数日、大雨続きだったので、地面からの泥の跳ね返りで
うどん粉病などが出始めています。

f0186462_2583935.jpg


こちらも雑草、主に、つゆくさが幅をきかせています。
かなり厄介な部類に入る雑草です。
多分、2~3日中に刈り取ることになりそうです。


f0186462_2585173.jpg
f0186462_2585598.jpg


ナスも病気で枯れたりしています。

ここから、数日大雨続きで、病気でかれる株が3倍くらいになっています。


f0186462_259873.jpg


かぼちゃは比較的元気です。

f0186462_2591525.jpg

f0186462_2592724.jpg


きゅうりとインゲン。

インゲンは強風で揺らされ、泥だらけになって、枯れるものも出始めています。



f0186462_2593688.jpg
f0186462_2594964.jpg
f0186462_30460.jpg
f0186462_301871.jpg


こちらはアスパラ、前回晴れたときのものです。

物自体はきれいなものが出ています。

ただ現在は、日を追うごとに、蓄積した養分を消費していますので
(光合成ができないため)
味はおいしくなくなっています。

毎日このように、少しでも光が入るよう、蒸れないように
(とはいっても、湿度80%とかの毎日ですので、蒸れてしまいますが)
急いで、枝葉の整理を行っています。

これをしなければ、間違いなく1週間で発病ですので
結構必死です。

2~3日でも晴れてくれればいいのですが

f0186462_302436.jpg


とうもろこし、「しあわせコ-ン」という品種です。
これは8月下旬の収穫です。

野菜セットに、「ひょっとすると、とうもろこし」と書いたのは
知り合いがハウスで作っているものです。

薬は使っていないし、食べてみると結構おいしかったので
購入することにしました。

ただこちらも、日照がないため、ここ数日ほとんど成長していないようです。
品種は「お日さまコ-ン」です。


f0186462_303743.jpg


毎日、しゃがんだまま何時間も作業、歩行していますので
さすがの「寅さん」も、ひびが入りました。

過酷ですね。

f0186462_304357.jpg


しゃがんで歩くということは、ずっとつま先立ちしていることなので
通常は前から3分の一のところが割れてきます。

普通は1ヶ月もつかもたないかです。

少し兆候がありますが、補強しているため、まだ大丈夫そうです。
[PR]
by chikomomorara | 2014-06-25 03:00 | アスパラ栽培 | Trackback

アスパラと野菜セット

ようやく、こういう時間帯まで働くような季節になりました。

最低気温が上がってきて、梅雨らしい天候になっています。
今日などは、大雨で、一日中、豪雨でした。

湿度があり、最低気温が高いため、アスパラの収穫量がいきなり2倍になっています。

もっとも、日照が少なく、光合成量が足りません。
一方、萌芽量は増えていますので、水っぽい(よく言えばみずみずしい)
アスパラになっていますので、アスパラの発送は本日から中断しています。

ということは、結束して市場に持っていくことになります。

一昨日まで、毎日少しずつ市場に深夜に持っていっていますが
今後は、結束量も増えますので、しばらくは、4時ころに寝る毎日になりそうです。

アスパラの一生懸命出してくれているので
ありがたいことです。

ということで、しばらく更新が滞っていましたが
新じゃがも収穫できるようになって来ましたので
野菜セットの7月版と、アスパラの各商品、追加販売しています。

アスパラにつきましては、穂先のほうが味が濃くなるため
今回は、穂先スペシャルがもっともいいと思います。

また、同じような理由から、特盛りや3回セット、バルクなどについても
少し短めに切ることが多くなると思います(その分、本数が増えます)

[PR]
by chikomomorara | 2014-06-22 04:07 | アスパラ栽培 | Trackback

なすと新じゃが

来週からなすが、多分、下旬には新じゃがを掘りはじめる事になりそうです。

いずれも天候しだいですが、なすは昨日、3個(だけですが)採れましたので
来週になれば、収穫を始めることになりそうです。

とはいっても、ほんの30株ほどですので、採れても、毎日、野菜セット4~5件分ほどですが・・・

今はインゲンが、どんどん採れています。

ほとんどがつるなしなので、いっせいにできて、2週間ほどで終わりです。

あとは、きゅうりと、ゴ-ヤができ始めています。

なすが視野に入ってきたので、今週末あたりに、次回の野菜セット販売しようと思っています。

ただ、大変申し訳ありませんが、今回から、2回セットで、消費税別の6000円にさせていただきます。
前回の販売分が、今までの価格での最後の販売でしたので、ご理解のほど
よろしくお願いいたします。

夏野菜としては、そのほかに、ピ-マン、子供ピ-マン、ししとう、トマト(珍しく!)、モロヘイヤ
を植えています。
いつから採れはじめるか?また、うまく採れるのか?は未知数です。

数年前に、ピ-マンとシシトウは、とんでもなく採れたときがありましたが
今年はどうなるかわかりません。

こういうのって、やっぱり天候なんでしょうね。
4年前か5年前に、これまた豊作だった、イタリアンパセリが、今年もまた大豊作でした。
ところが、昨年なんかは、ほとんど消えてしまって、収穫はほとんどありませんでした。

どういう天候であっても、ある程度は作れるようになるのがプロといえばそうなんでしょうが
やはりうちは、アスパラ農家です。

そのアスパラにしたって、まだまだ半人前ですので、その他の野菜は
素人と同じ、「自家用野菜のおすそ分け」なんです。

特に、トマトなんかは、雨よけもしない、まったくの露地栽培
その上、家庭菜園のころから10年以上思い出しても
うまく作れたことがありません。

多分今年も、よほど天候に恵まれないと無理でしょう。
作る前から、これですから、まあ、熱意の問題かもしれません(笑)

ということで、あまり期待なさらずに、販売を待ってください。

もっとも、新じゃがだけは、80%できていて、あとは掘り取る時期を待つだけですし
鮮度がよければ、香りもあり、間違いなくおいしいので
これは楽しみにしていただければと思います。

なお、アスパラも順調に収穫量が増えてきています。

ありがたいことに、毎日こういう時間まで仕事という繁忙期がやってきました。
毎年、6月ともなれば、病気の兆候があるものですが
今年は、これまたありがたいことに、まったく兆しがありません。

もちろん、梅雨になり、日照も少ないときには、弱り始め
蒸れもあって、病気になる可能性が高まります。

だから、油断はできませんが、今年は、なんとしても病気を防ぎ
10月まで毎日収穫を続けたいと思っています。

今日、写真を撮るつもりでカメラも持って行ったのですが
あいにくの大雨になり、おまけに、箱バンも故障し
それどころではなかったので、後日、晴れたときにでも
撮ってこようと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2014-06-11 02:49 | 野菜栽培 | Trackback
入梅し、雨降りのどんよりした毎日です。

気温も少しは上がってきましたが、なんとなく梅雨寒のような
気温が続いています。

5月の連休前後までは「半そでだとまだ寒い」
中旬以降は「半そででも大丈夫」
といった気候です。

早ければ3月ころからある「半そででないと、暑くていられない」という
日はまだありません。

まあ、でも、最低気温が20度に超すようになってきましたので
アスパラも順調に出始めています。

4月以降、お問い合わせが多かった「バルクアスパラ」の再販売と
「穂先スペシャルデラックス」の販売も開始しました。

また、3回セットと穂先スペシャルも追加しましたので
よろしくお願いいたします。

今年の梅雨は、連日何週間もしとしとと降り続くというような梅雨ではなさそうですので
定期的に、日照が期待できそうです。

2~3日に一回でも日が照れば、アスパラも弱りません。(光合成ができますので)

また病気になるリスクも軽減できますので、梅雨明けにかけて
きれいなものが、継続して出てくると思っています。

ですので、今年は、お中元のギフトにもお使いいただけるのではないかと思います。

穂先スペシャルや、特盛り、バルクアスパラなどはお遣い物には不向きですが
3回セットは、春アスパラの超特撰のような感覚で選んでいますので
こちらがお勧めです。
(もっとも、春に比べると、味はあっさりとしています。)

野菜セットにつきましては、インゲンが採れ始めましたが
なすなどはまだです。
ナスができ始めてからの販売開始にしたいと考えています。

[PR]
by chikomomorara | 2014-06-05 01:46 | アスパラ栽培 | Trackback

かなり、やばい!

とうとう、「移民法案」が衆議院を通過しましたね。

自分で能動的に調べなければ、ほとんどまともに報道されていないんじゃあないでしょうか?

本当に、日本のメディアは腐っています。
まあ、日本人が戦後、どんどん馬鹿にされてきたのか?わかりませんが

国際標準では、1年以上の滞在者は移民としてカウントされます。
だから、建設作業員とか、何かの仕事で滞在しているものも含めて
すでに立派な、移民なんですね。

現在の欧州を見るまでもなく、移民で成功した国はありません。

そもそも、数十年前まで、植民地で奴隷を扱い、現地人を人間として扱わない
白人国家ですらそうですから、日本で、門戸を広げると
あっという間に、乗っ取り完了でしょう。

本土での戦闘状態はなかったにしろ、静かに日本解体が成功裏に進み
すでに、かなり危ない状況の上に、移民がどんどん入ってくるとなると
日本滅亡決定ではないでしょうか?

本当にやばいと思います。

民主党政権下で、日本乗っ取り完了か?という
ぎりぎりのところで踏みとどまったのもつかの間
こういう状況ですから、闇は深いですね。

先日も、山東省では、マクドナルドの店内で、来店中の女性が男女6人のグループから暴行を受け、
死亡する事件があったらしいですね。
店の向かい側は、警察で店内には大勢の客がいたらしいですが
誰も止めなかったとのこと

もうこういうのは、民族性の違いというか、結局、DNAレベルで、まったく異なる
人間なんですね。

移民を受け入れるというのは、そういう民族との軋轢を永久に覚悟するということです。

まして、日本人は世界でもまれな、おとなしくて勤勉な、まともな民族です。
他民族からすれば、赤子の手をひねるようなものでしょう。

逆に入ってくる側からすれば、こんなに暮らしやすい国はどこにもありません。
気候はよいし、水も空気もきれい、治安もいい上に、仕事をせずとも
生活保護までくれたりする。

欧州のように過激なデモもなく、最後のところまで行くんでしょうか?

そもそも、少子化なんて、対策は簡単なことです。
結婚できるようにすればいいだけです。

そして、3人以上子供を作るようにする。

では何でそうなっていないか?
これも簡単なことで、収入が低いからですね。

なぜ、収入が低いか?
グロ-バルスタンダ-ドとか言う、インチキなお題目にのって
発展途上国と張り合うからでしょう。

1億人以上の人口があり、ある程度成熟した、そして純資産もある日本では
輸出に頼らなくても、内需で経済が回るような体質になっています。

必要な資源を輸入できるだけの輸出があればいい。

そうすれば、コスト競争にさらされることもなく、国内でまともな経済が回ります。

実際、バブルまでは、そういう風にうまく回っていました。

まあこれでは、他の国は面白くない。

それだけのことでしょう。

移民を受け入れて、何で少子化対策になるのか?
日本人の給料水準はどんどん低下しますし、少子化に拍車をかけるだけですね。

最も数年いたら、帰っていただくとか言いますが、そううまくはいかないでしょう。
ものを帰すのではありません。
生身の人間なんですね。
人間を、まったくもの扱いできれば別ですが、先進国では人権上の問題もありますし
それは、日本人にはできないことなんですが・・・。

そもそも、建設業で働き手がないとか、農家が減少するとか言うのも
すべて、収入の問題です。

早い話が、儲かるとなれば、人はいくらでも集まります。

政策は、それとはまったく反対のことをしています。

農業でも、どんどん、解体されていくようですね。

これについては、また後日

[PR]
by chikomomorara | 2014-06-03 00:36 | 近況 | Trackback
f0186462_0411292.jpg
f0186462_0422544.jpg


順調にきれいなものが出るようになってきましたので、特盛りと、穂先スペシャル、そして3回セット
追加販売開始しました。

よろしくお願いいたします。

発送も順調にできるようになってきましたので、ほぼお待たせすることなく
お送りできると思います。

それにしても、鹿児島は例年に比べて、低温傾向が続きます。

今日なんかは、北海道のほうが暑かったようで、まだ30度以上というのがありません。

先日も、市場の担当から電話がかかってきて
今年は、佐賀や長崎などもアスパラの出方がおかしいのだが、どうしたんでしょう?とのこと
九州北部も、最低気温が低いようですね。

本来なら、この時期にいっせいにピ-クが来ます。
ちょうど最高気温が30度、最低気温が20度を上回るようになるころです。
(5月初旬ころから、例年そうなります)
平均気温が25度、ということは地温も25度に収束し、もっとも萌芽に適した地温なんです。

ところが、今年はまだ21~22度で推移しているため、もう少し時間がかかりそうです。

f0186462_0503123.jpg


本日のハウスです。

どちらかというと、カラッとしているためか、まだまったく病気が出ていません。
来週から入梅しそうですが、何とか乗り切りたいものです。

f0186462_0522414.jpg


今の収穫の様子です。

このような体勢で、一回の収穫で400メ-トル移動します。
一日2回採りになると、その倍、800メ-トルをこういう姿勢で前進します。

靴は折れ曲がったままなので、2~3週間でだめになります。

f0186462_056535.jpg


露地畑のとうもろこし、今年は、蒔いたのが遅いので、8月になってからの収穫です。

雨が降らず、カラカラです。

気温も低く、その分、雑草がはびこっていません。

f0186462_0591254.jpg


ジャガイモだけは、順調です。

f0186462_0595179.jpg


ナスはやっとここまで、育ってきました。

f0186462_102315.jpg
f0186462_103197.jpg
f0186462_104272.jpg


この時期、無農薬だったらこうなる、という見本ですね。

何度も蒔きなおした葉物野菜も、虫だらけです。
ここまでなると、いくらなんでも、商品にはできません。

やはり、葉物野菜は11月以降に限ります。

インゲンがもう少しで、でき始めるので、今のところ、それが楽しみです。

怒涛のように続いた修学旅行の受け入れも春はあと1校です。
2週間続いた、歯医者通いも終わり、野菜の管理に専念できそうです。

[PR]
by chikomomorara | 2014-06-01 01:14 | アスパラ栽培 | Trackback