エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

恵みの雨

定期的に雨が降り、その翌日晴れたりしますので、かなり緑が目立ってきた畑です。

f0186462_22511279.jpg


さあ、今日は何を収穫するか?の図です。

f0186462_22513756.jpg


何度も種まきしてだめだった畝には、水菜や野沢菜などの苗を、連日植えています。
目立ちませんが・・・

f0186462_2258624.jpg


このとおり、ちゃんとついているようです。
今年初めて販売された 赤水菜です。
これは何とか、ものにしたい!

連日植えているのですが、その後雨が降ったりして、いい具合です。

f0186462_230072.jpg


春菊の芽もやっと出てきました。
これも植え替えです。

ただ、1ヶ月~2ヶ月遅れなので、間に合うかどうか?

f0186462_2312271.jpg


マルチに植えた、ブロッコリ-
地温が少し高いので、1月にはものになるでしょう。

f0186462_2321061.jpg


その他、いろいろと植えたものも、少しずつ大きくなっています。

こうしてみると、どう見ても、プロの営業用の畑ではないですね(笑)

プロの場合、この10倍以上の面積に植えます。
それでも、小規模農家、大規模といわれるためには50倍以上でしょう。

f0186462_2345874.jpg
f0186462_2354342.jpg
f0186462_2351590.jpg
f0186462_23629.jpg


上から、チンゲン、こぶたかな、九条ねぎ、ブロッコリ-です。

というよりも、定期的に雨が降り、晴れて日光があるため、すくすくと育っています。

その手助けに、アミノ酸を頭からかけたりして、野菜と二人三脚でうまくいくと
うれしいものです。

たぶん、こういう楽しみは、大規模営農ではないでしょう。

もっとも、「攻めの農業」などで政策的に推進されようとしている
大規模営農では、ああがたの機械に乗っての農業ですので、このように至近距離から
野菜を観察することもないでしょうが・・・

f0186462_23121146.jpg
f0186462_2312750.jpg


アスパラもかなり黄色くなってきました。
来週の火曜日以降、気温が急低下するようなので、一気に黄化が進みます。

露地野菜もそうですが、すべて生き物ですので、天候を見ながら、作物の機嫌を伺いながら
栽培するのが、性に合っているようです(笑)

まあ、「農業の大規模化」やら「六次産業化」なるものは、間違いなくうまくいかないでしょう。

大規模化で成功するなら、大潟村が大成功しているはずですし
北海道の農家も大もうけしているはずでしょう。
にもかかわらず、離農するほうが多くなっているようです。

米つくりなんかは、機械化が進んでおり、手間もかかりません。
植え付けから、収穫まですべて機械でできますので、安定して規模拡大が図れます。
栽培ノウハウもほぼ完成されていますし、使う機械も、バカみたいに大きくなくても大丈夫です。

ところが、その米作ですら、ある一定面積以上になると、効率が下がってきます。

畑作、特に野菜などは、全工程にわたって人手を必要としますので
米作よりももっとピ-クの面積は小さくなります。

「攻めの農業」やら「大規模化で効率化」を叫ぶのは、無知なのか
あるいは、そうすることによって利益を得られる助べえ根性か、あるいはすでに大規模化に進んでしまって
その方向性で進むしか選択肢がない大農家、そのどれかでしょう。

利益を得るのは、人材派遣会社であり、機械メ-カ-であり、流通業者などでしょうか?
もっとも、得をするのは、日本の国土を狙っている敵国であることも、忘れたくないものです。

[PR]
by chikomomorara | 2014-11-27 23:30 | 野菜栽培 | Trackback

流鏑馬

どういうわけか?文章がアップされていませんでした。

先日、一年に一回の、伊作流鏑馬が近所の大汝牟遅神社でありましたので
見てきました。
f0186462_2252181.jpg


おお~!!、いつもの犬の散歩道がこのように駐車の列!!
年に数時間しかないことです。
神社まで、徒歩2~3分ですので、もちろん駐車する心配もなく、歩いていけるのですが
基地の周辺だったら、いいのになあと、思ったりします。
航空祭や基地祭など、歩いていけるなんて、こんなに幸せなことはありません。

f0186462_22512956.jpg
f0186462_22522265.jpg


流鏑馬といっても、田舎のことですから、のんびりしたものです。

馬上の人も、保存会の人も、すべて顔見知りなんです。
というか、自治会の人ばかりですので、私自身も、しなくてはいけないかもしれませんが・・・

f0186462_22521284.jpg
f0186462_2253585.jpg
f0186462_22523574.jpg
f0186462_22533847.jpg
f0186462_2253479.jpg


こんなに、天気がよかったのは、5年ぶりくらいでしょうか?

舗装路なので、雨が降ったりしてぬれると、危険なんですね。

この流鏑馬、実は480年の歴史があるとのことです。
480年前というと、当たり前ですが、アメリカ合衆国はありません。
原住民しかいなかったころで、当然どのような暮らしをしていたのか
記録もないころです。
(というか、消されたんでしょう)
欧州は?というと、神聖ロ-マ帝国の時代ですね。
悪名高き、ハプスブルグ家が権力を持っていた時代ですから
年から年中、戦争というか、抗争に明け暮れていた時代です。

もちろん圧倒的大多数の庶民は、農奴ですから、領主(といえば聞こえはいいですが、現代のテロリストの
親玉みたいなものでしょう)の所有物、家もなく、家畜のような生活ですね。

そういうのを考えると、日本という国はつくづくすごいなあと思わずにいられません。
f0186462_22535625.jpg

境内では 剣道と柔道、弓道、銃剣道の奉納試合も行われます。

f0186462_2253239.jpg


馬が走る前に、塩で清める別当という役目を子供がするんですが
代々、こういう役目を受け継いでいくというのは、大切なことですね。

f0186462_0205435.jpg


8年前には、うちの坊主もしましたが、このときの二人はもう社会人です。
地域の子供を、大人たちが見守って、育てていくという気風が
鹿児島ではまだ残っています。

いいことですね。

[PR]
by chikomomorara | 2014-11-23 22:56 | 近況 | Trackback

久しぶりに

昨晩、雨をもらって、本格的に育ち始めた野菜です。
久しぶりに、生命感あふれる野菜が見られました。

f0186462_19553790.jpg

真ん中はアスパラ菜、右は水菜です。
本来このようにきれいに発芽がそろうはずだったのですが、申し分なく発芽そろいしたのは
この水菜だけでした。

f0186462_19561236.jpg

もう少したってから、雨前に移植します。

f0186462_1956312.jpg


ラディッシュ、2週間後くらいに収穫です。

f0186462_2024572.jpg

赤水菜、色が濃くなってきました。
f0186462_204215.jpg


2回目にまいた赤水菜、こちらも近日中に移植です。


f0186462_2015890.jpg


たまねぎは順調です。

f0186462_203352.jpg

f0186462_2074460.jpg


チ-マディラ-パ、きれいです。

f0186462_2071744.jpg


ソラマメ

f0186462_2074330.jpg


ほうれん草

f0186462_2081015.jpg


コ-ルラビ

f0186462_2083684.jpg


仔細に見ると本葉が確認できるにんじん

f0186462_2094499.jpg


春菊

f0186462_20111552.jpg


何度まいたか知れない、青梗菜
これも近日中に移植です。

f0186462_20113496.jpg
f0186462_20114796.jpg


青梗菜、きれいです。

f0186462_20125321.jpg


こぶたかな、力強く育ってきました。

f0186462_20133844.jpg


九条ねぎ


f0186462_20135370.jpg


白菜

f0186462_2014355.jpg


移植できるものは、どんどんマルチに移植しています。

f0186462_20152774.jpg


一番初めにできた水菜、これは大株にします。

霜にあわせて、なべ用です。

f0186462_20174419.jpg


高菜

f0186462_2017312.jpg


タ-サイ、シナは嫌いですが、シナ野菜は作りやすいので好きです。

f0186462_20192560.jpg


日光をいっぱい浴びて育っている、ジャガイモ
それなりにできるでしょう。

f0186462_2019727.jpg
f0186462_20192148.jpg
f0186462_20193176.jpg
f0186462_20194144.jpg


これまた、太陽エネルギ-をいっぱいに浴びているアスパラ
この分では、期待が持てそうです。
ほっとしています。

やっと育ってきましたが、本来なら10月中旬にこのくらいになっているはずでした。
自然に合わせるしかありませんが、もうすぐ12月、北風や北西の季節風が吹き荒れるようになれば
葉物は成長しません。
手遅れになってしまいますので、移植するものはできるだけマルチに植えるほか
ジョ-ロで、アミノ酸(ベストワンエキスとアミノe)や光合成促進のための資材(ペンタキ-プS)
を頭からかけています。

どちらも、アスパラで使用しているもので、高価な資材のため、いつもは小さいときに1回しか
使いませんが、今回は、何度もかけています。

その効果が出始めているものと思います。

販売できたとしても、12月以降になると思われます。

[PR]
by chikomomorara | 2014-11-22 20:32 | 野菜栽培 | Trackback

近況

f0186462_2351342.jpg
f0186462_23514567.jpg


アスパラも、黄化が始まったかな?という感じです。
できるだけ長く光合成してほしいので、少しずつ緑色が抜けてくれればいいと思っています。
(一般には、早く刈り取って、できるだけ早く、春のアスパラを出荷したいというのが、当たり前になっていますが、うちでは3月初旬から出いいと思っています。ゆっくりアスパラを休養させたいというのが、主な狙いです。)

f0186462_2356371.jpg
f0186462_23562553.jpg


こちらは休養してもらっても困るのですが・・・

でも少しずつ緑が増えてきました。

f0186462_23571559.jpg
f0186462_235718100.jpg
f0186462_2357414.jpg
f0186462_23575446.jpg


ブロッコリ-、コ-ルラビ、白菜、タ-サイです。

f0186462_23594216.jpg


やはりここは、ソラマメ以外はどうも発芽してくれません。

もう、まくことのできる野菜はありませんので、諦めです。

f0186462_022744.jpg


ジャガイモは2~3回霜にあたってから収穫ですので、あと2~3週間でしょうか?
これは少し楽しみです。

足踏み状態が続いていましたが、少しずつ進捗していますというところでしょうか?

(おまけ)

やっと、増税回避に収まりそうですね。

それにしても、デフレからの回復局面での増税は、景気急降下に決まっていますよね。
特に今の日本では、GDPの依存度は内需が8割以上です。
ですから、輸出が増えてもGDPに寄与する割合はきわめて低い。

にもかかわらず、マスコミや御用学者、エコノミスト、財務官僚は、バカなんでしょうか?
あるいは、日本を弱体化させたい、売国奴なのか?

それにしても、財務省のたくらみを封じ込めた安倍首相はすごいものです。
戦後、財務省に抵抗して無事だった総理大臣はいません。

選挙まで、マスコミを使って総攻撃をかけるんでしょう。

[PR]
by chikomomorara | 2014-11-19 00:11 | 野菜栽培 | Trackback

大きくずれ込み

f0186462_2314317.jpg


ジャガイモと高菜(右のほう)ジャガイモは地上部が小さいし
高菜は、生育が遅れています。

f0186462_23144377.jpg


例年の半分以下の大きさです。

f0186462_23145094.jpg


ここは、やっと水菜が普通に芽を出してくれました。

f0186462_23153095.jpg


とはいうものの、まだこの大きさ・・・
雑草(ホトケノザ)は順調に芽が出ます(涙)

f0186462_23165476.jpg


f0186462_23182785.jpg


マルチには、たまねぎとか葉物とか、どんどん植えています。

f0186462_23185148.jpg


今年の新商品、赤水菜の「紅法師」もう200株くらいできているはずでしたが

f0186462_232091.jpg


急いで種を取り寄せ、播種した第二弾、今度はうまく育ちそうです。

f0186462_2321070.jpg


チ-マディラ-パ、雨前に定植しましたので、ちゃんと活着しています。

f0186462_23215813.jpg


コ-ルラビ、大きくなり始めました。

f0186462_23223030.jpg


この時期としては、異常にさびしい風景です。

f0186462_23231136.jpg


にんじん!この時期にこの大きさだとまともに育たないか
収穫できても5月になりそうです。
もっとも、根より小さめのやわらかい葉っぱを収穫するつもりなので
この時期なら、虫もつかずにいいかもしれません。

f0186462_2324233.jpg


ここが、なかなか発芽しません。
主力の大根があるので、ぜひともと思っているのですが

f0186462_2324582.jpg


今日のマルチ張り、定植できるものはこちらにどんどん植え替えていくことになりそうです。


台風が来たり、降灰がある以外は、特に例年と異なったところはないのですが
微妙に気候が違うようです。

これから晴れてくれれば、温度は最適の季節ですので
一生懸命世話をしてあげるしかありません。

ということで、野菜セットの販売はしばらくできそうにありません。

(おまけ)

シナについては書きたいこと満載ですが、危ないなあと思います。
また、会談をきっかけに危機的状況が進行するようないやな気分です。

日本侵略を着実に進めている国と「友好」もないでしょう。

それこそ、10年も経てば、「小笠原は自国領土」といいかねません。
もっとも、韓国やシナが嘘を並べ立て世界中に日本を貶めるような行動をとるのは
理解できます。
どの国も、自国の利益のみで動く政界情勢ですからこれは仕方ありません。

また、相手国に工作員を送り込み、金などで買収することも(よく言えばロビ-活動ですが)
これもよくあることです。

ただ日本で異常なのは、メディアのほぼすべてが反日、相手国のプロパガンダを
一日中流し、それを異常とも思わない国民が大多数ということでしょう。

小笠原の件に関しても、自宅に50人の泥棒が入り込み、金庫を運び出しているのに
警察のも通報しないのと同じようなものです。
仮に、日本の漁船が他国に同じようなことをすれば、銃撃・拿捕は当たり前です。
フィリピンでも、あの小国パラオでも、そして、1000年の恐怖がしみこんでいる
韓国ですら、同じようなケ-スで銃撃を行っています。
この件については、世界中の軽蔑を買うでしょうし、デメリットは計り知れません。

[PR]
by chikomomorara | 2014-11-10 23:53 | 野菜栽培 | Trackback

マルチをかけてみた

f0186462_2334041.jpg
f0186462_23341886.jpg


種まきしてみたけれども、発芽状況が悪いところや、畝たてが終わったところに
マルチをかけてみました。

このところ、急に寒くなってきていますし、もう種まきしても間に合わないものがほとんどなので
マルチをかけて、これからできるであろう、白菜やブロッコの苗、たまねぎの苗を
定植することにしました。

マルチをかけることにより、地温が少しは上がりますので
成長促進の効果を狙ってのものです。

一部には、コ-ルラビを定植してみました。

f0186462_23391221.jpg


少しずつですが、緑が増えてきましたが、まだまだまばらな今年の畑です。
周囲の畑も生育が思わしくないようで、直売所でも、葉物野菜や大根など、もう今の時期
あふれかえる野菜が全くありません。

昨日からもいきなり寒くなり、北西の季節風が台風並みに吹き荒れました。


f0186462_2339955.jpg


左のところは、間に合いませんので、春から使うようにして
それまでは、畝たてをした後、少し休ませる計画です。

f0186462_2344431.jpg
f0186462_23433742.jpg


今日のアスパラです。
ジャングルのようになって来ました。

温度的にも、蒸れて病気が広がるようなことも少なくなりますので
このままで何とかいけそうです。
1ヵ月後、この状態だと、来年の春は安泰です。

(おまけ)

昨年もですが、なんだか、夏と冬しかないような機構になってきました。
また、この寒さの中、台風20号、これまた一日で910hPaまで成長です(笑)
ありえないだろうと・・・・

この時期に台風というのも珍しいし、昔は(といっても10年ほど前ですが)
台風も25個くらいは発生していたのではないかと、不思議です。

これまた、「温暖化のせいで、いきなり寒くなった」とか
お決まりの捏造をするんでしょうね(笑)

前にも書いたとおり、少なくとも鹿児島では、年々寒くなっています。
7年前までは、アスパラの低音遭遇時間が2月下旬まで待っても
足りなかった。
それが、2月下旬で500時間充足するようになり、年々、10日くらいずつ
時期が早くなってきています。
春は春で、6月まで車のヒ-タ-を使うようになってきていますし
やっぱり、寒冷化しているんでしょう。

サンゴの密漁船も同じでしょう。
大体、200隻もいれば「密漁」ではないでしょう。
昼間から徒党を組んで、ひそかにこそこそと漁をしているのではない。
おまけに五星紅旗を掲げているところからして、密漁船ではない。

「窃盗船団」でしょう。
幸い、わが国の領土やEEZであることは、誰も反論できないわけですし
世界遺産に菜手いるところからしても、どんどん世界中に動画を配信すべきでしょう。
またとないチャンスです。
その上で、拿捕なり警告射撃なり、国際ル-ルに基づいた手段を採るべきです。

もっとも、そうなれば、シナ国内の在留邦人が、逮捕されたり、日本法人が
金を取られたりするんでしょうが・・・・

ひとえに、日本人の覚悟ですね。

お隣の国もそうですが、異常な国とは、早く距離を置くべきです。

台風も、今回も直撃、何か意味があるんでしょうか?

[PR]
by chikomomorara | 2014-11-04 00:46 | 野菜栽培 | Trackback