エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

そのとおり

≪愛知・一宮市立中学校長のブログ全文≫

 2月11日は建国記念日です。そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源について、お話をしたいと思います。日本の建国は、今から2675年前の紀元前660年2月11日、初代、神武天皇が即位した日が始まりです。世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧になられました。すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きする煙が少しも上がっていないことに気付いたのです。

 仁徳天皇は「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されました。

 税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大いに荒れました。天皇は衣を新調されず、茅葦屋根が破れ、雨漏りがして、星の光が屋根の隙間から見えるという有様でした。

三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧になると今度は、人々の家々から煮炊きする煙が盛んに立つのをご覧になり、その時、仁徳天皇がこのように言われたということです。

 「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」

 そして、一緒におられた皇后に「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。

 皇后はそれを聞いて「陛下は変なことをおっしゃいますね。衣服には穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえるのですか」

 すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいるのだから、私も豊かということだ」と言われ、天皇は引き続き、さらに三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと税を課して、宮殿の修理をお許しになりました。すると人々は命令もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立派な宮殿ができあがったといいます。

 この話は神話であり、作り話であるという説もあります。しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言えるのです。

こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限ったことではありません。敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和天皇はマッカーサーと会見をしました。そして、その会見で昭和天皇はこのようにマッカーサーに話したのです。

 「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰してほしい。ただし、このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出る恐れがあるから、是非食糧援助をお願いしたい。ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その費用の一部に充ててほしい」と述べたのでした。

 それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろうと考えていたマッカーサー元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上がり、陛下の前に進み、抱きつかんばかりにして陛下の手を握り、「私は初めて神のごとき帝王を見た」と述べて、陛下のお帰りの際は、マッカーサー自らが出口まで見送りの礼を取ったのです。

 このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、我が国は日本型の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。

 日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけではありません。また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつくったわけでもありません。


古代の昔から、日本という国は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな民主主義精神に富んだ国家であったのです。

 私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを持ち、世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで欲しいと思います。(原文のまま)
産経ニュ-ス 2/22 より引用

全くその通り。

こんなに立派な校長先生もいらっしゃるんですね。

こういう先生の下で、教わることのできた子供たちは幸せだったことでしょう。

まあ、教育現場も、戦後70年間、どぶのように腐った世界ですから
その中で、信念を曲げずにこられたこういう方こそ、先生ですね。

昨年あたりから、戦後日本の中で腐りきってきた世界が、垣間見られるようになって来ましたが
ここ数ヶ月、腐りきっていただけではなく、売国奴というのが、実際にテロを支援している
あるいは、敵国のために活動している実態がさらけ出されてきたようです。

おりしも、与那国では、左翼の皆さんの努力が水の泡になったようですね。
沖縄左翼の実態が、どんどん出てくるかもしれません。

いわゆる、マスゴミやら、売国議員などは、散々明らかにされつつありますが
本当にこういう人って、自分が何をしているか、分かっているんでしょうか?
(多分、分かっていてもやめられない事情があるんでしょうが・・・)

たとえば、前にも書きましたが、普天間でのテロ行為
普天間とか辺野古とか、ゲ-ト前で、不法占拠したり
フェンスを汚したり、挙句の果てには基地内に汚物を投げ込んだり
もちろんこういうのは、すべて違法です。

取り締まらない沖縄県警も異常です。
(官邸前の皆さんも同じようなものでしょう)
まあ、ここまでは、日本国内の問題ではあります。
(フェンスに関しては違いますが)

ところが、普天間の航空機進入空域にたこを飛ばしたり、パイロットに向けて
レ-ザ-ポインタ-を照射するなど、相手は軍用機ですから
テロ以外の何者でもありません。
もちろんやっているほうは、「墜ちろ~墜ちろ~」とやっているわけですから
確信的なテロリストです。
日本以外の米軍基地で同じことをすれば、即座に拘束は当然
場合によっては、狙撃されても文句は言えません。

ただ、問題なのは、このように頭の中が少し違う方々だけではなく
普通の一般人も、常識がないということが
戦後の問題なのかもしれません。

たとえば、軍艦に近づく、プレジャ-ボ-トなど。
これなども、国際常識では、一定距離に近づけば
警告を受けますし、それを無視すれば、射撃されます。

いろいろと騒がしくなりつつある世界情勢ですが
WW3も近いのかもしれません。
少なくとも、日本近海でも数年内には、始まるでしょう。

何も好んで、戦争する必要はありませんが
少なくとも、現状では、38度線は、もう日本列島にあるんでしょう。

それなりに、腹をくくる必要があると思います。

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-24 00:49 | 近況 | Trackback
本日は0度近くまで冷え込んだにもかかわらず
順調に萌芽量が増え、太くなってきました。

いやはや、アスパラは分からないものです・・・

十分、発送できる品質のものが採れましたので
本日から、発送開始しました。

まずは、5回セットの方から順番にお送りしています。
(50日間の間に5回お送りしなければなりませんので)

収穫後、いつものように予冷の上、夕方から切り始め
午後6時頃にヤマトさんに持ち込んでいます。
それほど暑い日はないので、大丈夫と思いますが
万が一、蒸れて品質がおかしくなっていましたら
私どものほうに、ご連絡下さい。
再度、送りなおします。

なお、冷凍事故とは異なり、ヤマト運輸には
責任はありませんので、すべて、私の責任になります。
ですので、昨年までのように、ヤマトさんに連絡してしていただく
必要はありません。
(生ものなのに、あえて常温で送っていますので)

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

昨年は、発送開始直後から冷え込みが続き
しばらく、収穫がストップしましたが
今年は、今のところ、大丈夫ではないかと思っています。
(週間予報の最低気温予測から)

(おまけ)

今も、「農業の6次産業化」とか、BS11でアナリスト(笑)が
言っていました。

果たして、農家が6次産業化なんてできるのか?

これは、断言しますが、まず失敗するでしょう。

大体が、金融機関系のシンクタンクやら、証券アナリストとか
自称?経済評論家などが言うことは、まず疑ってかかったほうがいい(笑)

直近では、日経新聞も含め、マスコミ全社、そして、経済評論家や経済学者のほぼ全員が
「消費税を上げても、影響は限定的」などといっていましたね。
証券系のアナリストなんかもすべてそうでした。

で、結果は・・・・
惨憺たるものでした。

でも、責任を取って・・・という話も聞いたことがありません。
すべて、ポジショント-クなんでしょう。

農業に関するものも同様です。

農家というものは、良くも悪くも、ものつくりが本業なわけで、代々それを生業としてきたはずです。

物を売ったり、売れるものに加工したりというノウハウもなければ、スキルもありません。
大体、物を売るというのも、片手間で数年でできるほど甘くはありません。
それを生業としている業者なり、コンサルタントや、金融機関に食い物にされるのが落ちだと思います。

それこそ、上記のような、口先だけで生きている、評論家なり経済学者なり
自称農業関連の有識者なりの、3次産業の方々に、商品にできるような
野菜を作りなさいというようなものです。

どのような職業でも、そんなに甘いものではない。
命を懸けて、一日中、懸命に取り組んで、やっと生活できるようになる。
そういうものではないのかなあと、思います。

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-21 01:09 | アスパラ栽培 | Trackback

収穫開始しました

収穫開始といっても、まだ、本格的ではありませんが
本日、今年初めての収穫です。

f0186462_1941166.jpg


今日も風が冷たく、晴れの予報にもかかわらず、どんよりと曇ったので
ハウスはほとんど閉めたままで、そのため、レンズが曇って鮮明ではありません。

f0186462_19424391.jpg


萌芽し始めたといっても、まだ全体の1割~2割程度です。

例えれば、100人合宿で眠っていたところ、6時頃にそのうち10人ほどが
目覚め始めたというところでしょうか?
目覚めた10人も、まだ本調子ではありません。

7時半か8時頃になって、全体の8割程度が目覚めるのが
多分今週末~来週前半です。

今日収穫したのは、ほんの1キロほどですが
この方がしている株も、あと1~2本収穫して
どんどん養分を上に上げるように誘導しなければいけません。
(切れば切るほど、萌芽が促進されます)

f0186462_19485128.jpg


今日の最低気温は0度ほど、最高気温が38度ほどです。
地温はまだ、12~3度といったところなので、まだまだ熱を包み込んだままにしたい。
ところが、すでに萌芽しているものもあり、35度以上で2時間もすれば
穂先が高温障害になってしまいます。
そのアスパラだけならいいのですが(ほんの数キロですし)
株自体が、調子を崩してしまうような気もします。

また同じ温度でも、乾燥しているのと、高湿度の場合では異なります。
また、ハウスを開けるときも10センチ開ければ28度ほどでちょうどいい場合でも
15センチ上げれば、22度まで下がってしまったり、空模様を見ながら
細かい修正を加えますので、この時期はほぼ一日中、ハウスから離れることができません。

発送開始は、早ければ今週末から、遅くても来週末には始めていることになると思います。

お届けまで、あと少しお待ちください。

(おまけ)

今日も北西の季節風、風は強いのに、黄砂なのか、PM2.5なのか霞むような一日でした。

黄砂や単なる有害物質ならいいのですが(よくはないのですが)人糞の粉やら
放射性物質まで飛んできているんですね。
まあ、それがいやだなあ・・・と思うんですが、こういうのも、知らないほうがいいのかもしれません。

もちろん、日本のメディアでは一切報道されませんが、アジア諸国やら、場合によっては
中国国内ですら、報道されています。

放射性物質というのは、数年前から採掘している石炭にウランが含まれているというもの
(ウランの採掘場近辺の石炭を使用)
中国国内でも数十万人の被害者は出ているらしい。
人糞というのは、鉄道の垂れ流しが原因とのこと、無視できないことになっているらしい。

なんとも、いやなことですね。

テロの報道姿勢でも分かりますが、本当に日本の報道機関は不必要です。

メディアを使って、利敵行為ばかりする機関など、テロ組織以外の何者でもないと思います。

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-17 20:14 | アスパラ栽培 | Trackback

蒸しこみ開始

f0186462_0253330.jpg


アスパラの畝、やっと完成です!
1/11の開始以降、1ヶ月かかった作業も、ようやく最終段階です。

f0186462_0271357.jpg


本日、たっぷり潅水して、ハウスを閉めこみました。
潅水ホ-スの傾きを直して、均等に飛ぶようにチェック、ノズルのつまりを掃除して
潅水開始です。

f0186462_0285724.jpg


今日はあまり晴れなかった(というより、雹が降ったり、暴風がいきなり来たり大荒れでした)
ので、あまり温度は上がっていません。

本日の最低気温は0度近く、最高気温は23度、平均気温は11.5度です。
萌芽に必要な地温は、最低でも15度、理想的には20度です。
地温と平均気温はほぼ同じになります。

ハウスを閉めていても、最低気温というのはあまり変わりませんので
最高気温をしばらく上げることで、地温上昇させることになります。

しばらくの間は、最高気温は35度以上でも大丈夫です。
晴れれば、その程度は難なく上がりますが、外気温はやはり一桁ですので
収穫時も開けることができません。

中での収穫は、汗だくで外に出たら寒風が・・・という一年でもっとも
温度差があり、体調を壊しやすい時期になります。


1週間内に、最低気温が10度以上の生暖かい日があれば
順調に出始めるのですが・・・

ちなみに、春のシ-ズンでもっとも理想的なのは
夕方まで晴れて、その後曇り(雨でもいい)
湿度の高い、生暖かい夜が最適です。

とにもかくにも、春の間は、ハウスに入ると、すぐのめがねが曇るような
湿度の高い状態を保ちます。

f0186462_0413986.jpg
f0186462_0414499.jpg


いつのまにやら、梅が満開になりました。
寒さが厳しかったからでしょうか?今年の梅は、だらだらではなくいっせいに満開になりました。
こういう咲き方は、いいことなので、今後の天候に期待したいところです。
(不順な年には、だらだらと咲きます)

f0186462_0495198.jpg


アスパラの先行指標にしている白モクレン、まだつぼみは固いようです。
本格的な収穫開始は、来週後半以降のようです。

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-13 00:52 | アスパラ栽培 | Trackback

寒いです

準備も、最終段階に入ってきました。

f0186462_22171135.jpg


10年選手の管理機。
これで、通路部分をあまり深くないように
堆肥と資材、肥料を攪拌して、畝の上に飛ばします。

f0186462_22171887.jpg


管理機で通ったあとです。
このあと、畝の上を平らにならしていきます。

f0186462_22173247.jpg


ここ数日の寒さで、4日前に出てきた芽も、全く伸びていません。
寒いので、赤くなっています。

ハウスを閉めこんでも、冬型で曇天なので、ハウス内の温度は上がりません。

閉めこむ時には、一気に温度と湿度を与えるほうがいいので
寒くとも、晴れ間が続く前日あたりに閉めこむ予定です。

12日か13日に閉めこむことになりそうです。
今まで一日12時間くらい作業をしていましたが
少し、ゆっくりと作業ができそうです。

出始めは少し遅れるかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-10 22:26 | アスパラ栽培 | Trackback

堆肥入れ

f0186462_2246411.jpg
f0186462_22465355.jpg


堆肥入れ、順調に進んでいます。
運んできてもらって、すべて手作業で、一輪車に乗せ、運んでいきます。
最も奥は50メ-トル先なので、一日に何キロ歩くことやら
一年でもっとも大変な作業です。

数えてみたら、一棟で500回強運んでいますね。

この作業は、また2ヶ月先にも行います。

f0186462_2247867.jpg
f0186462_22471263.jpg


今回も、西さんの堆肥、いつもながらにおいもなくいい堆肥です。

次の作業は、山にした堆肥を、のばしていきます。
その後、各種資材と肥料の散布です。

これもずべて、手作業で行います。

f0186462_22472647.jpg
f0186462_22472843.jpg


今回使った資材は、有機肥料のアグロペスカとミネラル分補給としてサミットミネラル
そして、微生物資材の酵素でくさ~るです。
春のアスパラは、もともと根っこに蓄えた養分で出てきますので
主に肥料分は、元気づけという意味合いが強いです。

ちなみに、バ-ナ―焼きや堆肥入れという作業は、今回の春のアスパラを出させるために
行っている作業ではありません。
主に5月以降のことをにらんで行っている作業で、病気を防ぐというのも
今年の梅雨以降の話です。

何もしなくても、春アスパラは地上部がありませんので、病気は出ません。
ですから、農薬散布も5月以降の話です。

また5月以降といっても、夏アスパラのためだけではなく
むしろ、来年の春をにらんでの作業という意味合いもあります。

一年先のことをにらんで行動することが、特に永年性の作物では要求されます。

蓄えた養分を、いかにして今年の春のアスパラにつなげるかは
温度管理、湿度の管理、そして液肥を中心とした肥培管理になります。

f0186462_22474358.jpg


露地作物は、そろそろとう立ちの季節になり始めました。

アスパラの作業は、あと1週間くらいかかりそうです。
15日あたりからの収穫開始になりそうです。
(発送開始はその2~3日後からでしょうか?)

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-05 22:48 | アスパラ栽培 | Trackback

バ-ナ―焼き完了!

本日で、バ-ナ―焼きが無事終了です。

これで、一山超えたという感じです。
明日からは、最大のイベント、堆肥入れです。

堆肥入れが終わったら、8割がた終了で、ほっとできます。

ところで、本日のス-パ―、まれに見るすごい試合でした。
先日の、パッカ-ズとシ-ホ-クスの試合も、信じられないくらいの
名試合でしたが、今年のNFLは面白かったです。

前にも書きましたが、野球は観たことがない、相撲も同様、サッカ―も全く興味がありません。
というよりも、一般的なスポ―ツというものに全く興味がありませんので
オリンピックも観ることがありません。
もっとも、本当の戦いである戦争には興味があるのですが(笑)

これで、テレビ番組を気にすることなく一年間、仕事に没頭できそうです。

新聞もテレビも全く見ないほうが、まともに考えれれるようになりますよ。
おススメです(笑)

ところで、湯川さんと後藤さん、殺害されてしまったようですね。
心から、お悔やみ申し上げます。

裏があったり、途中の経緯があったり、いろいろとあろうとも
同胞が殺害されたことには、強い怒りを覚えます。

またこのことについては、書きたいと思いますが
テロリストに対する怒りではなく、テロリストの代弁者になっている、自称「有識者」
自称「報道機関」が例のごとく、たくさんあるようですね。
いつもは、日本侵略を虎視眈々と狙っている、「アジアの国々」の代弁者の方々ですが
今度はよりにもよって、テロリストの代弁者とは・・・・

ともあれ、外務省も紛争地域への渡航は自粛勧告ではなく、禁止にすべきでしょう。

[PR]
by chikomomorara | 2015-02-02 23:11 | アスパラ栽培 | Trackback