エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

民間防衛

永世中立国として有名なスイスですが、国民全員に民間防衛の内容を冊子にして配布しているのは
ご存知でしょうか?

本来、中立なんていうのは軍事的にも政治的にももっとも危険な立場です。
ですから、どのような大国であろうと打ち負かすだけの国力がなければ
中立という選択肢は採れないというのは、歴史の教えるところです。

ですから、スイスでは、金融で人質を取るだけではなく(その効果もかなり薄れたようですが)
非常時には国民全員が銃を持って戦う決意の元、軍事訓練を定期的に受けるのが
国民全員の義務なんですね。

その前提となる知識として、国民に配っているのがこの冊子です。

これを読むと、以下に日本が異常な国になってしまっているかということがよく分かります。

この中で、他国が侵略するときに踏む段階をあげているわけです。

これが以下の内容なんですね。

第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」

第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」

第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」

第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」

第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」

最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」

これを参照すれば、本当に今の日本は背筋が寒くなります。

まあ、現段階は最終段階完成の一歩手前でしょう。

そしていうまでもなく、この敵というのは中国にほかなりません。

その中国といえば、上記のように「戦わずして勝つ」という戦法を得意とする民族であり
というよりも、それしかできないといったほうがいいかもしれません。

実際、人民解放軍政治工作条例では「三戦」が採られています。

その線に沿って戦後、活動してきたわけですね。

f0186462_194873.jpg


いつも日本人が見ている地図を、中国から見てみると、いかに日本を盗りたいかということが
一目瞭然です。

見事なほど、日本列島が中国を押さえ込んでいるかということが分かります。
これが、第一列島線といわれるものであり、この内側を2015年までに、中国のものにするというのが
共産党の公式方針です。

そして2020年までに第一列島線を突破して、第二列島線の内側を中国のものとするというのが
公式に発表している方針です。

(それぞれ、検索してみてください)

南シナ海の侵略、沖縄での工作、小笠原の赤サンゴ強奪事案などもすべてつながってきますね。

もうそろそろ目を覚まさないと、本当にまずいです。

 

[PR]
by chikomomorara | 2015-10-24 01:19 | 近況 | Trackback
何とか、秋冬野菜が無事できそうなので、久しぶりの野菜セット
販売します。

f0186462_22514856.jpg


白菜、コ-ルラビ、ブロッコリ-、そして、一番手前右側は春菊の苗です。

f0186462_2253477.jpg


先日、定植した、カ-ボロネロ(黒キャベツ)、ルッコラ、チ-マディラ-パ、白菜
無事、活着しました。

f0186462_22554367.jpg


手前が、ブロッコリ-、白菜、その奥にかぼちゃが見えます。

f0186462_22565179.jpg


右がいんげん、左のほうが白菜、そしてその間に、虫除けとしてにんにくを植えています。

f0186462_22581350.jpg


大仕事!こううん、畝たてが終わり、全く雨が降らないので
潅水ホ-スを設備投資しました。

種まきも終わり、明日あたりから、芽が出るはずです。

ここには、大根、赤大根、紅心大根、こかぶ、津田かぶ、小松菜、つけな、青梗菜などの主力部隊です。

米ぬかも入れていますので、できれば、おいしいものができると期待しています。

f0186462_2324550.jpg


いち早く定植した、アスパラ菜、チ-マディラ-パ、わさび菜、その間には九条ねぎ
ねぎのところにも、たっぷりと米ぬかが入っています。

f0186462_2341633.jpg


こちらは反対」側の畑です。

こかぶ、たかな、こぶたかな、べかなの苗が育っています。

その奥は、これから耕して、畝を立てていきます。

f0186462_2363587.jpg


そのところにも、たっぷりと米ぬかともみがらを散布しました。

ほとんど、11月中旬以降の収穫になります。

当面、収穫できるのは、いんげん、べかな、こかぶの間引き菜、小松菜、水菜、そして間に植えていた
サトイモです。

サトイモも小さいものが多いですが、ゆでると、皮が簡単にむけますので
その後、冷凍しておけば、非常に便利です。
(先日教えてもらって、そのとおりにしたら、簡単にできました。)

そのほか、赤水菜、赤からしな、ロマネスコ、カリフラワ-、イタリアンパセリ
フェンネル、ディルなども、まだ双葉ですが、できると思います。

[PR]
by chikomomorara | 2015-10-23 23:14 | 野菜栽培 | Trackback

野菜セット

f0186462_23273288.jpg


ハウスとハウスの間に植えた、秋じゃが、健康に育っています。
12月頃に収穫でしょうか?
1回目の霜で、地上部は枯れてきますので、その直前あたりに収穫です。

f0186462_23293219.jpg


取り急ぎ、蒔いた、こかぶとにんじん、葉大根、べかなのところです。
連日、快晴になっていますので、どんどん大きくなっています。
3週間ほど、全く雨が降らないのですが、この部分は、ホ-スで水がまけますので
何とかうまくいっています。

f0186462_23324187.jpg


べかなです。

f0186462_23331480.jpg


春菊もうまくいっています。
来週あたりに、定植です。

f0186462_23341233.jpg


白菜といんげん、ここも毎日散水でうまく行っています。

f0186462_23345259.jpg

いんげんです。

夏のように、どんどん大きくはなりませんが、その分、味は濃いようです。

f0186462_23362311.jpg


チ-マディラ-パ(西洋菜花)、葉っぱが収穫できるようになって来ました。

もう少し寒くなると、花芽をつけ始めます。

その横には、カ-ボロネロ(黒キャベツ)

f0186462_23375984.jpg


2週間後くらいから、葉っぱが摘み採れそうです。

f0186462_23384637.jpg


水菜、もうそろそろサラダなどに使えるようになります。

f0186462_23393762.jpg


アスパラ菜とわさび菜、1週間後くらいから収穫できそうです。

f0186462_23404475.jpg


ほんの数株ですが、アスパラ菜も花芽をつけ始めました。

f0186462_23413346.jpg


やっと雑草を片付け、もみがらとぬかをまきました。

明日、ここを耕して、畝を立てて、大根やカブなどの播種です。

普通のプロの栽培では、約1反(1000㎡)なので、機械を使って
30分くらいで終了でしょうか?

機械がないので、多分1日がかりです。

昨年は、作業開始が遅れ、気候もおかしかったので
ほとんど思うように、秋冬野菜が採れませんでした。

今年は今のところ、大丈夫そうです。

鹿児島では11月~12月というのが、無農薬でも、最も野菜が作りやすい時期になります。

今年は特に、寒くなるのが早かったからか?例年ならまだいる虫も
ほとんど目に付きません。

今月末~来月初旬から、まずは葉物野菜が収穫できそうなので
来週末にも、野菜セットの1回目を、販売開始します。

例年、1月になると、強烈な霜や、降雪で、野菜が傷み、満足に収穫できないという
状況になっていますが、少なくとも年内は大丈夫そうです。

葉物野菜が中心になり、根菜類は12月になってから、ブロッコリ-やカリフラワ-も12月になります。

[PR]
by chikomomorara | 2015-10-18 23:55 | 野菜栽培 | Trackback

もうそろそろですか?

稲刈りは、無事終了です。

乾燥からあがってきて、本日食べてみましたが、それなりにおいしい!
ということで、新米の販売をすることにしました。

自家用米なので、そもそも、それほど余剰があるわけではありません。
特に今年は、収穫量が昨年よりも少ないため、5キロを20セットのみです。
追加販売はできませんので、お早めにご注文ください。

f0186462_23264756.jpg


アスパラの現状です。
台風後の雨続きを(1週間ほど梅雨のような雨が続いた)
きっかけに、蒸れて病気が出ているものの
何とか緑を保っています。

1ヵ月後にこの状態であれば、まずは一安心です。

f0186462_23265440.jpg


昨日の最低気温9度 最高気温28度 平均気温18.5度です。

地温は?と見てみると

f0186462_2331398.jpg


やはり、18度、平均気温に収束してきます。

地温が20度を下回る頃から、萌芽しなくなってきます。

春もそうですが、20度を超えてくると収穫量が増えてきます。
秋の場合は同じ20度でも、冷たく感じるものですので
ぱたっと出なくなることが多いです。

f0186462_23354482.jpg


そして、萌芽してくるものも、こういう風に、くにっと曲がるものがどんどん増えてきます。

こういうアスパラが出始めるのが、休眠に入る合図です。

ということで、今年のアスパラシ-ズンも終了、一応まだ毎日見て回りますが
それもあと1週間くらいではないかと思います。

地温の低下も、30度近くあった地温が、するすると25度になり、そのまま止まらずに
20度、あっという間に、その20度も下回りました。

今年は、ことのほか寒くなるのが早かったようです。

f0186462_23402841.jpg
f0186462_23403950.jpg
f0186462_23404733.jpg
f0186462_23413399.jpg
f0186462_2341397.jpg
f0186462_23415096.jpg
f0186462_23415531.jpg


その分、露地野菜は順調に育っています。

20度前後が生育適温ですので、やはりその通り、快適に育っています。

アスパラを採りながら、機械もそれほどなく、2人で、ここまでするのも
結構大変ですが、なんとかここまでたどり着いたなというところです。

多分、11月からは、野菜も発送できるようになると思いますので
下旬には、久しぶりに、野菜セットを販売できそうです。

(おまけ)

もうそろそろ、第三次世界大戦が始まりそうですね。
(もちろん期待しているわけではありません)

バルカンも大荒れ、ほとんど報道もされなくなっていますから
かなりまずいことになりつつあるんでしょう。

もちろん中東も、シリアをはじめ、パレスチナとイスラエルも危機的な状況に
もちろん東アジアも何が起きても不思議ではないような雲行きになってきました。

ひょっとすると、もう始まっているのかもしれません。

武力を表面的に使わない戦争は、すでに始まっているようですね。

もちろん、日本人で戦争を期待している人はまずいないでしょう。
だからといって「巻き込まれないようにしよう」といっても
日本だけ、影響がないというような虫のいい話があるはずもなく・・・

ましてや、中国がやる気満々ですので、何らかの事態にはなるのでしょう。

中国は経済も壊滅、環境も末期的な症状で、国民の4割以上が深刻な病気になっているといわれています。
暴動も毎日200件以上起きており、共産党内部では内戦状態になりつつあるようですね。
(日本のメディアはスル-ですが)

近頃の自然災害と同じく、何が起きても少しでも大丈夫なように
個人でできる防衛策はしておいたほうがいいようです。

いったん有事の際には、敵性国家の国防動員法にも理解を深めておいたほうがいいかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2015-10-14 00:12 | 野菜栽培 | Trackback
大変お待たせいたしました。

今年最後のアスパラ、販売開始しました。
よろしくお願いいたします。

予想以上に、冷え込みが早く、収穫もあと10日くらいと思われますので
1キロの商品、10セットだけになります。

このところ、昼は晴れていますので、かなり味はよくなってきています。

夜の温度が、上がってくるような(20度以上)ことがあれば別ですが
多分追加の販売はできないと思います。

次回の販売は、春のアスパラになり、1月下旬頃となります。

取り急ぎ・・・・

[PR]
by chikomomorara | 2015-10-06 01:11 | アスパラ栽培 | Trackback

失敗だなあ

f0186462_23121225.jpg
f0186462_23122050.jpg


本日の田んぼです。
来週の日曜日に稲刈りですので、1週間前です。

いのししは一回入っただけで、その後入っていないようで
あと1週間、頼むから・・・・といったところです。

今年の稲作は、1ヶ月前までは大成功の予感
現時点では失敗だったようです。

というのも、画像でお分かりになると思いますが
べたゴケしてしまっています。
最終段階になって、肥料切れしてほしいところが
いつまでも肥効が切れず、育ちすぎてしまったようです。

原因は、アスパラの切り落としです。

見て分かるように、アスパラの切り落としが流れていったところが
肥料が効きすぎて、こけてしまっています。

最後のダメ押しが先日の爆弾低気圧による悪天候でした。

最後まで肥料が効いていると、味は悪くなってしまいます。

とんでもなくマズイということはないでしょうが、昨年よりは味は悪いかもしれません。

ということで、販売は、食べてみてから決めたいと思います。
また販売できたとしても、例年どおり、少しだけの販売で、追加はできませんので
よろしくお願いいたします。

f0186462_23212981.jpg
f0186462_23213742.jpg



アスパラはこういう感じ、1ヵ月後にこの状態であれば大丈夫ですが
これからの気象条件では、今のところ、何とかいけるのではないかというところです。

秋アスパラの販売開始ですが、あさってからにしました。

今朝から猛烈に冷え込むことが分かっていましたので
その後の出方を見てからにしようということです。

案の定、今朝はハウス内では最低気温が10度でした。

地温も22度まで低下、20度を下回ると、ほとんどでなくなります。

これから1週間、晴れが予想されますので、何とか来週いっぱいは
収穫できるのではないかと思っています。

光合成も期待できますので、味のほうは結構いいと思います。

f0186462_0154067.jpg
f0186462_0154781.jpg


畑のほうは、苗ができたものから、定植を急いでいます。
マルチをしているので、育ちは速いと思います。

右から、チ-マディラ-パ、アスパラ菜、わさび菜です。

f0186462_0183415.jpg


いんげん、もう少しででき始めるのでは?
思い出せば、今年、唯一よくできた野菜が、ハウスのいんげんでした。

f0186462_0195477.jpg
f0186462_020494.jpg


苗床ときゅうり、苗床は雑草が勝ってきました。
明日、雑草を抜いて、救出です。

きゅうりは、なんとか間に合ったようです。

地這なので、米ぬかをまいて、その上にもみがらを敷いています。

f0186462_0232699.jpg


かぼちゃがすごいことになってきました。
収穫は12月、この時期にできるのは南国ならではです。

計画では、6月に定植し、雑草防止もかねて、夏の日差しをいっぱいに浴びたかぼちゃを
今頃収穫する予定でしたが、長梅雨で定植できなかったものです。

結果的には正解でした。

この頃に定植した近所のかぼちゃは、長梅雨で病気で消え
生き残ったものも、台風で壊滅しています。

f0186462_0284427.jpg


取り急ぎまいた、チンゲンや小松菜、水菜です。

雑草だらけになっています。

これも2~3日中に、救出です。

今年は寒くなるのが早いですが、秋冬野菜の準備を急いでしていますので
何とかものになるのではないかと思います。

久しぶりの野菜セットの販売11月頃にできればと思っています。

(おまけ)

中国の小包爆破事件?というのがすごいですね。
5階建てのビルが崩壊とか?
建物自体も、手抜きでしょうから壊れやすい?のかもしれませんが
あれだけの威力となると、軍用しかないでしょう。

以前、粛清の嵐となると、あの国では王朝末期と書いたことがありますが
すでに、権力闘争以上の内戦状態なんでしょう。

アジア全域を(多分、世界中を)巻き込んだイベントは秒読み段階なんですね。
半島有事もセットでしょうから、邦人は一刻も早く帰国がいいんでしょう。

[PR]
by chikomomorara | 2015-10-04 00:48 | 野菜栽培 | Trackback