エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

君が代

f0186462_1443831.jpg


白モクレンの様子です。
3分咲きといったところでしょうか?

今日は暖かい晴天だったので、明日はもっと開いてくると思います。
木曜日から、最低気温が切りあがってくるので、今週末の、満開かもしれません。

f0186462_1492647.jpg


今日の驚きです!
白モクレンが3割程度なので、アスパラもピ-クはまだまだです。

ところが、このような出方をしている株が出てきました。
ピ-クはまだまだで、助走程度ということは、地下の養分があがってきているはずはないのですが・・・

f0186462_1521570.jpg


だから、このような出方が常識的なわけです。
これ、2メ-トル手前です。

f0186462_1532795.jpg


f0186462_1533872.jpg


一番上の画像のところは、茎も細いのですが、他にも、このように複数出ているところが
結構あります。

下の2つの画像のところは、いずれも2Lサイズ(一束3本の太さです)のものが集中して
出てきています。

収穫・管理とも、すべて自分でしていますので、前年の秋の様子がどのようだったかということは
覚えているものです。
「ここは、病気が出たなあ」とか「すごく繁茂して、力強かった」とか
それからすると、上のところは必ずしも、すごくよい状態のところではありません。

今週後半から、いっせいに出始めますが、ひょっとすると、今までで
最もいい状態で出始めるかもしれません。

昨年は立茎後、2ヶ月間の長梅雨で、記録的な日照不足
弱って、いっせいに病気が広がるか?といったぎりぎりのところで
梅雨明け、その後は急激な高温と乾燥で
初めての「コナジラミ」の洗礼、で、台風15号の被害と
必ずしも、いい状態ではありませんでした。

まあ、何とか9月以降は盛り返したものの、10月になって急激な温度低下
その後、12月にかけて、高温続きで、うまく養分転流出来たか、確信が持てませんでしたが
何とか、アスパラもがんばってくれたようです。

定植初年度の収穫はとんでもない状態でした。

どうすれば、アスパラが多収出来るか?

このようなことはないと思いますが、順調な滑り出しになりそうで
とりあえず、ほっとしています。

何がよかったのか?
米ぬかを本格的に散布し続けたり、籾殻もかなり入れてみたり
あるいは、アミノ酸や有機肥料中心の栽培になってきたことも
よかったのかもしれませんが、実際のところよくわかりません。

こればかりは、アスパラに聞いてみないとわからないというのが本当のところです。

一昨年と変わったところで、大切なことがありました。

収穫の際に、このようなCDを聞くようになりました。

f0186462_220040.jpg
f0186462_2201471.jpg


当然、君が代も一日に何回もアスパラと一緒に聞いているわけで
これが一番よかったのかもしれません。

それにしても、守備範囲は広いです。
何せ、「MISIAから軍歌まで」ですから(笑)
もっとも、この二つしか聞きませんが・・・

それにしても、この歳になって?軍歌を聴くようになるとは思いませんでした。
育ったのは、どちらかというとリベラルな家庭
小学校4年生くらいのときでしたか、自分の意思でソ連大使館から毎月
「今日のソ連邦」という広報誌を取り寄せて、読むような変わり者でしたから(笑)

「君が代」は、かのカラヤンが「世界で最も美しい旋律」と評した
国歌です。
毎日、聞いていると、本当に心が洗われます。

多分、うちのアスパラもにもいい影響があったのかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-27 16:56 | アスパラ栽培 | Trackback
昨日の予測どおり、本日、発送できるだけのものが収穫できましたので
早速発送開始しました。

本日は、2件のみの発送でした。

f0186462_0185814.jpg


アスパラの指標となる白モクレン、やはりこのような感じです。

出始めているのが2割~3割、その他のものも準備はできていますが
このところの寒さで、停滞中、それでもじわじわ(つぼみが少しずつ膨らんでいます)と
進捗している、といったところでしょうか?

この白モクレンも、2~3日暖かい日が続けば、一挙に満開になりそうです。

アスパラもそのとおりです。

f0186462_02375.jpg
f0186462_0231695.jpg


露地畑はこのとおり、雑草がかなり成長して来ました。

f0186462_0243967.jpg


もうこの時期にはすべてトウ立ちしているはずですが、今年は寒さでこちらも停滞しています。
この白菜も、あと一日、春らしい暖かい日があれば、翌日には真ん中からひゅう-っと
茎が伸びてつぼみをつけ始めます。

f0186462_02712100.jpg

f0186462_0272486.jpg


中には、つぼみをつけているものも・・・

タ-サイとべかなです。
それにしても、タ-サイが今年は小さい!
どんどん成長するはずの12月に、いきなりの霜で、ダメ-ジを受け
それから3週間ほどで回復してきたと思ったら、1月の大雪と強烈な冷え込み
そこから立ち直ったら、もうトウ立ちの2月です。

f0186462_0315814.jpg


このカリフラワ-も同じです。

どんどん成長すべき時期に、ダメ-ジを受けて、ようやく新しい葉っぱが出始めました。
が、もうすぐにつぼみがつくでしょうから、それ以降は大きくなりません。
葉っぱが小さければ、できる花蕾も小さいものになります。

f0186462_0352698.jpg


トウ立ちの準備をし始めた、みそめ。
これももう少し、大きくなる予定でしたが・・・

中心部の葉っぱの色が明るくなっています。
これがサインです。

f0186462_037765.jpg



これをみると、一目瞭然ですね。

f0186462_0375138.jpg

f0186462_038084.jpg
f0186462_038102.jpg


唯一、そこそこ大きくなって、順調に蕾がついているのがルッコラ
これをみると、大根の仲間だということがよくわかります。

コクの塊で、すこぶるおいしい、ルッコラの蕾、今年は茎や葉っぱまで甘くておいしいです。

露地畑も、アスパラも春の陽気待ちです。

今日もめっぽう風が冷たく、南風になるのは1週間以上先です。

そういえば、昨年の春アスパラの最中も、南風になったのは1日か2日のみ
5月のなっても寒いまま、その後、2ヶ月間の梅雨に突入でした。

今年はどうなるんでしょうか?

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-25 00:43 | アスパラ栽培 | Trackback
f0186462_028461.jpg


f0186462_0282391.jpg


f0186462_0284083.jpg


アスパラ、少しずつ出始めました。

元気いっぱいで、かなりできはよさそうです。

f0186462_0295090.jpg


f0186462_0295733.jpg


とはいっても、まだ出始めたのは1割程度ですので、今週中は一日に1~2件の発送になると思います。

f0186462_0313857.jpg


ここ数日は、夜も冷え込み、雨天が続いたので、昼間もそれほど温度は上がっていません。

でも明日からは、晴れ間も出るような天気のようなので、2~3日すれば
徐々に地温も上がってくると思われます。

f0186462_0335371.jpg


本日の収穫です。

はかまを見てもわかるとおり、糖度も高く、甘いです。
(もっとも、春のではじめはいつもそうですが)
例年と異なるのは、きれいなものが多く、出始めからいきなり太いものが多いという点です。

春の初めは太いものが多くなりますが、本当のしょっぱなは、まず少し細めのものも出てきて
2~3本目から、地温の上昇とともにいきなり太くなるということが多いものですが
今年は1本目から太く、また一株から数本同時に出始めているという点が違います。

それだけ、地価に養分を溜め込んでいるということですので
これが、すべての株でそうだったら、いいなあと思っています。

12月は予想外の暖かさで、年末まで、光合成が活発だったのが
よかったのかもしれません。

春のアスパラ、4/5ころまで続きますので、今年も楽しんでいただければと思います。

(おまけ)

なるほどなあ!日本はシラス国です。

第39話 富の独占を許さない! 〜米は「期限付き通貨」だった〜【CGS ねずさん】

大陸での暴動が多発しているというのは少しずつ、日本でも知られるようになって来ましたが
3年ほど前から、2000以上の新興宗教が勃興しているというのはまだあまり知られていません。

こういうのも末期的現象でしょう。

第40話 義和団事件と北斗の拳 【CGS ねずさん】

少し面白くなってきました。

捏造だらけで、「竹島の日」を一切伝えない、ごみのような新聞は不要です。

【報道しない自由】公正取引委員会が新聞社に「押し紙問題」で宣戦布告![桜H28/2/22]

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-24 00:54 | アスパラ栽培 | Trackback

蒸しこみ開始

潅水ホ-スに準備が整い、潅水をはじめました。

f0186462_21475056.jpg


蒸しこみ、蒸しこみと今まで書いてきましたが
ハウスを閉めこむことにより、日照があればあっという間にハウス内は40度以上になります。

当然、潅水もしますので、ハウス内はミストサウナ状態です。

f0186462_21512187.jpg


上の画像も、次の瞬間にはこのような状態に・・・

外から入ったら、あっという間にめがねが曇る、そういう状態にして閉めこんだまま
地温の上昇を誘導します。

とはいえ、すでに出始めているアスパラはさすがに40度ともなると
湿度があっても、高温障害になります。

日中は適宜、外気を入れて、30度前後に、夕方3~4時ころには
ハウスを閉めて、一時的に35度くらいまで上げながら、潅水もして
湿度を保ちながら、夜に下がり過ぎないようにコントロ-ルします。

日中は暖かくても、この時期は夜になるとかなり冷え込むことが多く
温度と湿度の管理が肝になります。

たぶん来週は、日中でも寒くなりそうですが、うす曇でも
ハウス内は30度以上になることが多いです。

収穫の際には、汗だらだら、そのまま外に出ると、いきなり10度くらいの風に吹かれますので
体調を崩しやすい時期になります。

ともあれ、本日現在では一分咲きといったところでしょうか?

2~3日はあまり冷え込まないようなので、来週前半には、半分くらいは萌芽していると思っています。
早ければ、火曜日あたりからアスパラの発送ができるかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-19 22:02 | アスパラ栽培 | Trackback

ほぼ準備完了

f0186462_20173567.jpg


アスパラの、準備作業ほぼ最終段階です。

畝の整形も終わり、ネットを元通りにして、潅水ホ-スをおろしたところ。

50メ-トルありますので、このままでは真ん中のネットがたるんでしまいます。
立茎後枝がかかるようになれば、1本のハウスバンドに100キロ以上の重みがかかるのではないでしょうか?
少なくとも中央では、ネットが地面に触れる程度に弧を描いてしまいます。

f0186462_20242891.jpg


そこで、紐でバンドといぼ竹を間隔をあけて縛ります。

f0186462_20242891.jpg


これで完成です。

この作業、立茎後に意味を持ってきますので、別に今しなくてもいいのですが
立茎のころには、収穫もありますし、立茎自体、毎日収穫をしていて、
その様子から、「もう今日立、て始めよう」となり、急に決めます。

それも、一斉に立てるわけではなく、収穫作業は立茎をはじめてからも続きます。
考えながら、収穫しますので、その時期の収穫作業は特に時間がかかります。

そうこうしているうちに、はじめのほうで立てたものは、真ん中のネットにかかってきて
とても紐で縛ってなどという時間的な余裕はありません。

かといって、ハウスを閉めてからこの作業をしようとしたら
(したこともありますが)
日中は30度近くの中で、作業することになり、上半身裸でないないと、とてもできるものではありません。

若い奴は、すごい!!

これがそのときの様子ですが・・・

今なら、ゆっくりと丁寧にできます。
「できるときに、できることはすべてやっておく」
これが鉄則です。

f0186462_20393745.jpg
f0186462_20395210.jpg
f0186462_2040277.jpg


目覚め始めた株が増えてきました。

f0186462_20405988.jpg


まだ地温は10度そこそこ、水も与えていませんし、開けっ放しなので
温度は外気温と同じです。

f0186462_2252517.jpg


今朝の最低気温が5度、昨日の昼間は、少し晴れ間があったので最高気温は25度
湿度もありませんから、自然の状態で出始めたということです。

人間の生活でいうと、現在、朝の7時前といったところでしょうか?
昨夜はなかなか寝付けなくて(12月が暖かかったので、休眠が浅かったはず)
1時か2時ころに眠りましたが、朝の7時ころになって、早起きが得意なものは
もう目覚め始めてきたということです。

f0186462_22573592.jpg


この個体なんかは、早起きが得意な株でしょう。
5日ほど前に出てきて、もうグリ-ンになっています。

昨日からは冬型が強まって、昨日本日と、北西の季節風が吹き荒れています。
今現在などは、外ではあられのような、雹のようなものが降っています。
(地面は結構白くなっています。)

強烈な冷え込みも、明日まで、それ以降は暖かいとまでは行かなくても
日中は晴れ間もある天候になりそうです。

f0186462_2321393.jpg


あと、潅水ホ-スを継ぎ足して、水が出るようにします。

この潅水ホ-ス、アスパラ専用のもので、ゴム製なので長持ちするのですが
使っているうちに、どんどん縮んできます。

ここのところも、昨年と比べて50センチ以上縮んだようです。

明日、この補修を行い、あさってにハウスを閉め切って、潅水し蒸しこみに入ります。

早ければ今週末から収穫することになるかもしれません。

(おまけ)

【KSM】いつもご利用くださっている皆様へ感謝を込めて 更新終了のお知らせ

KSMさんのサイトが、アカウント削除のために、更新終了とのこと。

このサイトの動画、かなり的を得ていたので、いろいろと勉強になりました。
大変残念ですが、それだけ、反日勢力にとっては困ることなんでしょう。

消されないうちに、みてください。

【KSM】日本人が知らないインド・パル判事の「大亜細亜悲願之碑」「日本はアジア解放のために戦ったのだ」

【KSM】南京攻略の実相 日本軍が南京市民虐殺というのは、全くの事実無根 三戒であり三光ではない。

【KSM】竹島はこうして奪われた 日本の漁民を片っ端から収容所に

【KSM】マレーシアの植民地からの独立は「日本のおかげ」です。英国旗と白旗を掲げて日本軍に向かった英国軍使

なるほどなあ、シラス国です。日本は!

第39話 富の独占を許さない! 〜米は「期限付き通貨」だった〜【CGS ねずさん】


[PR]
by chikomomorara | 2016-02-15 20:41 | アスパラ栽培 | Trackback

祝!紀元節

アスパラの作業、堆肥も完了しましたので、次は肥料まきです。

f0186462_23394738.jpg
f0186462_23395630.jpg


今回は、肥料分としては、堆肥に含まれる肥料分と、鮭の骨や身を粉砕した
「アグロペスカ」のみ。

北海道からはるばるやってきます。

これだけでは足りませんが、必要になったときに適宜、液肥で追って行きます。

f0186462_2342558.jpg


籾殻が大量に入っていますので、その分解も狙って、いつものように
「酵素でくさ-る」という、微生物資材も入れます。

これを昨日、すべて散布、堆肥と混ぜ込むため、通路を耕します。

f0186462_2345754.jpg


10年以上使っている、管理機、いろいろ傷んできており、修理しながら使っています。
新しいものがほしいのですが、なかなか資金的に無理です。

f0186462_23464642.jpg


これが耕したあと。

この土を、畝の上に再び上げて、畝を整えます。
その後、潅水ホ-スを設置して、ネットを元通りに戻したら、やっと完成です。

f0186462_23484291.jpg


白もくれん、少し開いてきたつぼみもありますが、もう少し眠っていたいようです。
やはり、アスパラも同様で、あさってからの寒さのシリ-ズのあと、かなり目覚めてきそうです。

ですから、ハウスを閉めて蒸しこむのは来週の木曜あたりになりそうです。
収穫開始は25日あたりでしょうか?

(おまけ)

昨日は紀元節、日本国の誕生日ですね。
(ついでに、かみさんの誕生日でもありますが・・・)

どこの国でも、建国記念日というのは、国中あげて、お祭りなのですが
日本がそうできるようになるのは、いつのことなんでしょう?

当然、敗戦前は、日本でも国中で祝賀一色だったようです。

ちなみに、建国されたわけではなく、国としての自然発生的なものなので
「紀元節」です。
これって日本の文化そのもので、「天長節」とか「明治節」とか、すべて戦後は
GHQにより、禁止されそのまま抹消されようとしているものなんですね。

たかが1回の敗戦で、2000年以上にもわたって営々と築かれてきた「日本」が
消し去られてよいわけがありません。

またまた、祖国の(彼らにとっては祖国ではないのかもしれませんが)祝えない
かわいそうな方々がいるようですが、それほど、日本という国いやなのであれば
国籍を離脱して、即刻、日本から出て行ってもらいたいものです。

【KSM】東日本大震災 「俺が勝手に感動したTwitterのつぶやき 1」2011年3月11日

【KSM】東日本大震災 「俺が勝手に感動した Twitterのつぶやき2」 2011年3月11日

【KSM】東日本大震災 マスコミが報じないバングラデシュからの寄付

【KSM】日本人が知らない「蛍の光」三番と四番の歌詞 消されたものには意味がある

【KSM】先人の魂の込められた『日本国旅券(パスポート)』金美齢氏

本当に、日本人でよかったと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2016-02-13 00:15 | アスパラ栽培 | Trackback

祝!二度焼き終了

f0186462_2248038.jpg


バ-ナ-焼き、二度目がやっと終了しました。

後は堆肥入れ、肥料まき、こううん、畝整形等々、まだまだ重労働が続きますが
とりあえずは危険な作業はすべて終わりましたので、ほっと一安心です。

このバ-ナ-焼き、圧力をかけて、灯油を高温でガス化させ、高温の炎を浴びせかけるため
先の筒の角度を間違えると、まともにこちらのほうに高温の空気が跳ね返ってきます。

その筒の先は、大変重いため、ちょっとでも気を抜くと、やけどを負ってしまいます。

また、かなりのすすや煙が舞い上がるため、ハウスは常に開放で作業しますが
外からの風が、いる場所によって変わりますので、風上側だったのが突然風下になったりすることもあります。

ふわっと、跳ね返りの風を浴びると、まつげなどは瞬時に縮れてしまうほどです。
また、足先に炎が行くと、これまた危険だったりと、とにかく、気が抜けませんので
大変です。

このバ-ナ-焼き、確実に効果はあるのですが、上記のように、結構な仕事であり
丁寧にすると、時間もかかりますので、行う農家は年々減っているようです。

ましてや、2度も焼くなど、アスパラ農家でも珍しいらしいです。

まあ、今年は、まだほとんど芽が出ていませんので、納得いくまでできてよかったです。
(まったく、効果がなかったりして・・・笑)

f0186462_2313595.jpg


午前中に終わりましたので、早速午後一で、堆肥を持ってきてもらいました。

f0186462_2321832.jpg


いつもながら、まったく無臭のいい堆肥です。

f0186462_2331216.jpg


通路1本につき、一輪車で11台、入れて行きます。

f0186462_234292.jpg


その後、レ-キで伸ばして、堆肥入れは完了です。
あさってまでこの作業を行います。

今日も朝は寒く、氷が張っていました。
昼間も、風は冷たく、したがって、目覚めてくるアスパラはまだほとんどありません。

(おまけ)

マイナス金利、よくわかりました!

【1月29日配信】日銀が初のマイナス金利導入!緊急特番!戦後経済史は嘘ばかり 高橋洋一 上念司【チャンネルくらら】

【2月5日配信】上念司の経済ニュース最前線 平成28年2月5日号 「遅ればせながらマイナス金利を徹底解説! 上念、シャープとの愛憎劇 米大統領選情報も」 桜林美佐 上念司【チャンネルくらら】

特に、上の動画では高橋洋一さん、政策決定会合前に、見事的中させていますね。
それにしても、頭のいい人です。

要は、日銀が(金融村を守るための)「金融行政」からやっと、本分である「金融政策」に乗り出したということですね。
困るのは、金融村の利権にありついていた、金融業界と、それとずぶずぶの関係にある方々ということでしょう。
もちろん、財務省もその中心メンバ-なんでしょう。

たぶんその意を受けて、御用学者やマスコミは、今回の政策をたたきにたたいているんでしょう。
新聞も地上波もみないので、あまりわかりませんが、BSのWBSなどでも、批判していますから・・・・

テレ東の日経ニュ-スほど、経済面でためにならないニュ-スはありません(笑)
リ-マンショックのときも、消費税率8%への増税の際も、マスコミも経済学者も
ほとんど口をそろえて、「影響は軽微」と自信を持って主張していましたから(笑)

もう信じることはできません。

ちなみに、その司令塔みたいなものが、財務省、別名「罪務省」ですね。

タイミングよく、欧州発の株安が襲ってきました。
震源地は「ドイツ」ですね。

少なくとも、リ-マン級の金融崩壊が来るのかもしれません。

だから、今回の株安や、為替の円高は、日銀のマイナス金利とはまったく関係ありません。
むしろ、マイナス金利を決定していなければ、もっとひどい円高になったかもしれません。

今回の株安や円高は「安倍のせいだ~、黒田のせいだ~!」とかいう論調なんでしょうね。
これぞまさしく、財務省の描いた戦術なんでしょうが、まったく困ったものです。

それにしても、ドイツという国も、年が明けてから、ぼろぼろと化けの皮がはがれてきましたね。
「勤勉で、誠実な国民性」などとんでもない。

中国並みにうそでも平気でつく国であり、つまらぬ面子にこだわる国であるということがわかってきました。

前に大戦では、日本と同盟を結んでいながら、日本の敵である「国民党政府」に武器を供与していましたし
大戦後は、戦争責任を「ナチス」のせいにして「ドイツ人は悪くない」とやったわけですから
まあ、えげつない国ではあるわけです。
(もっとも、欧州自体がすべてそのような国ばかりですが)

世界中、第二次世界大戦後の秩序が崩壊し始めているんですね。

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-08 23:07 | アスパラ栽培 | Trackback

1回目終了!

1回目のバ-ナ-焼きがやっと終了です。

f0186462_23465310.jpg


この後、すべての畝の表面を掻き落として
このようにします。

f0186462_23474982.jpg


せっかくきれいになったのに、もったいないなあと思いますが・・・

f0186462_2348288.jpg


掻き落とした株元はこのようになっています。
ほとんど、焼ききっています。

ところが、茎枯病の菌がいる場合、ここのところに潜んでいます。
再度、ここの炎を浴びせかけることで、菌は死滅します。

f0186462_23511578.jpg


掻き落とすことで、地面の下にある、このような葉っぱも姿を現します。

これも焼いて行きます。

ここまでやっても、6月以降病気が出るのは出ますが
やらなかった場合と比べると、格段に差がつくはずと、自分に言い聞かせ
一日中、煙と熱気を浴びながら作業を続けます。

今日でバ-ナ-焼き開始から1週間、あと2~3日でこの作業を終わらせます。

f0186462_2354384.jpg
f0186462_23544615.jpg


露地畑は、雑草が目立つようになって来ました。
緑に見えるところは、ほとんど、ホトケノザです。
これも花が咲いて、種を持つまでには、何とかしなければなりません。

2月に入ってから、「いつごろから採れ始めるか?」というお問い合わせを
料理屋さんを中心に、いただいています。

ありがたいことなんですが、こればかりは、天候とアスパラの意思なので
まったくわかりません。

確実にわかることは、「たぶん、昨年よりも遅れるだろう」いうことだけです。

参考になるのは、やはり植物です。

f0186462_014487.jpg

f0186462_015279.jpg


梅の花がやっと咲きました。例年は1月中旬なので、20日くらい遅れています。

f0186462_02412.jpg


最も参考になるのが、白もくれん。
これがほころび始めたら、出始め、満開のときに、1回目のピ-クになります。
まったく、膨らんでいないので、やはり、もう少し時間がかかりそうです。

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-06 00:13 | アスパラ栽培 | Trackback

ブ-メラン

【KSM】「民主党国会議員・金銭疑惑リスト」拡散中!広げるだけでも愛国保守活動です!

ブ-メランですね

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-03 23:45 | マスコミが報道しないこと | Trackback

バ-ナ-焼き開始

すべて、持ち出し完了です。

f0186462_0461076.jpg


かなり丁寧に持ち出していますが

f0186462_0463644.jpg


これだけ、茎葉が残っています。
これが病気の原因になる可能性もあり、雑草の種(ほとんどありませんが)
や害虫の卵などもある場合もあります。

f0186462_0482798.jpg


でまずはここまで、バ-ナ-で焼ききります。

f0186462_049115.jpg


これが1回目に焼いた後です。
この後。畝の土を少し掻き落として、畝の上を再び焼きます。

まだ後、1週間程度かかります。
かなり大変な作業である上、普通のアスパラ農家なら
早く収穫したいという(相場が高いので)方向性のため
ともすれば、この工程を省くところが多くなっています。

その場合は主に薬剤散布をするのですが
やはり、数千度の炎を浴びせるのと比べ、効果は格段に違うと思います。

病害虫は5月以降に出てきますが、そのときに頻発すれば
もう手遅れです。
今の間に、できることはすべて丁寧にやっておこうという方針です。

うちの場合、早く出荷したいというのもありません。
できるだけ、ゆっくりと休眠させ、自然に目覚めたほうが
後々、元気に育つようなので、栽培していても、精神的に楽です。

f0186462_0565725.jpg

f0186462_057553.jpg


例年、この時期なら、すべてのハウスで合計20本くらいは出始めています。
昨年などは、低温のせいで5~60本出ていました。

これから、バ-ナ-で焼いたり、レ-キで土を掻き落としたり、堆肥を入れたりしますので
傷ついてしまいます。

かといって、あらかじめ根元から収穫しても、ホワイトアスパラもどきになりますので
うれしくありません。(料理屋さんにはとても喜ばれるのですが)

日に日に、目覚めるものは増えて行きますので、作業も急がなくてはなりません。

その点、今年はまだぐっすりと眠っていますので、落ち着いて残りの作業ができます。
いつころから、目覚め始めるかはまったくわかりませんが、昨年よりも1~2週間
遅くなるのかなあと思っています。

(おまけ)

【日本語字幕】世界中が泣いたタイのCM - Touching Thai Commercial of Truemove H


タイの泣ける感動のCM(日本語字幕)【タイ生命保険_ไทยประกันชีวิต_ดูแล คนที่ดูแลคุณ】

こういうCMが作れる国と、付き合って生きたいものですね。

変なのに付き合っていると、こちらまで心が貧しくなってしまいます。

[PR]
by chikomomorara | 2016-02-02 01:29 | アスパラ栽培 | Trackback