エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

さわやかな梅雨

梅雨入りしましたが、低温傾向は相変わらず、蒸し暑い日とは縁のない今年の鹿児島です。

f0186462_02360185.jpg
昨夜から久しぶりに雨が降り、今日は一日中雨の予報でしたがこの通り
午後からは雲が切れたと思ったら、からっとした日本晴れです。
雨をもらったので、トウモロコシ、オクラ、ゴボウが一息ついています。

1か月前に発芽しましたが、雨が降らないので、全く成長していません。
野菜の生産、すなわち食糧の生産には、何といっても水が不可欠です。

中国共産党が、ダミ-会社を使って日本の水源地を買いあさっているのも
理にかなっています。
同じく農地や、基地周辺など国防上重要な土地を買いあさっていても
現在の法体系では何もできません。

もっとも、「土地を買われても持って帰れないから大丈夫」と浅薄な意見もありますが
甘いですね。
中国人は、そんなに甘くありません。

土地を買いあさっているうえに、日本に定住すればいいだけのことです。
ある地域で、人口の一割も住み着けば、子供は生まれる(日本国籍を得ることができます)
そこには、5年もすれば、日本人が寄り付くことができない、中国人のコミュニティが完成です。

日本国籍を持てば、合法的に参政権もありますので
中国人の工作員の政治家ではなく、れっきとした中国系日本人の政治家が続々と生まれるでしょう。

これ、カナダでもアメリカでも起こっている事実です。

中国が水源地を買いあさっているのを甘く見るべきではありません。

現在、新疆ウイグル自治区と称されている地域
中国が侵略するまでは、東トルキスタンというれっきとした独立国でした。

そこを侵略する際に、まず入り込んだのはすべて水源地であったということを知るべきです。
そういうことを絶対に報道しない日本のメディアがまずは問題ですね。

f0186462_02361105.jpg
f0186462_02360588.jpg

昨日雨が降る前に、急いで、シシトウとピーマンを定植しました。
雨が降ったので、活着したようです。

すべてうまく育ったら、これはこれで、毎日300個とか400個とか収穫することになるので
大変です。
アスパラ農家で、毎日アスパラの収穫に追われる(はず)ので、三分の一くらい、そこそこ育ってくれればいいなあと思っています。

(おまけ)






全く、日清戦争前夜と同じですね。




[PR]
# by chikomomorara | 2017-06-12 03:11 | Trackback

恵みの雨

f0186462_00513230.jpg
本日のハウスの状況です。
6月になっても、まだ病気の兆候がありません。
からっと晴れているのと、夜が寒いくらいの低温傾向のためでしょう。

f0186462_00513894.jpg

湿度が高く、蒸し暑いくらいのほうが、萌芽量は多いです。
今年は、昼夜の温度差があるため、養分転流が滞りなく進んでいます。
量は少ないものの、きれいなものが出続けています。
f0186462_00514393.jpg

何だ!こりゃ!
春の出初めにしかあまり見られない、3Lサイズです。
2本くくりで一束のものですね。
夏アスパラの場合は、1~2日の光合成で稼いだ養分で作られますので
このサイズはあまり見かけません。
出たとしても、いきわたるほどの養分がないため
見てくれは太いものの、比較的重量の軽いものしか出ません。

これは、袴の形を見てもわかるように養分十分
重いですし、出てくる樹液も糖度があるため、べたべたしています。
春の養分がまだ大半残っているためかもしれません。

どちらにせよ、これも初めての体験です。
f0186462_00514814.jpg
一方、露地畑はここ1か月ほど、雨らしい雨が降っていません。
からっからです。
かぼちゃも全く育っていません。

f0186462_00515342.jpg
f0186462_00520062.jpg
トウモロコシ、オクラ、ゴボウ、大根もこの通り
全く育っていません。
発芽したものの半分くらいは、消えてしまいました。

f0186462_00520654.jpg
そういう中で、極めて順調なのが、ジャガイモ。
ごろごろと鈴なりです。
これまた、珍しく、掘り取ったすべての株で、今のところ
種芋がそのまま無事に残っています。

普通は、とろけてなくなっていたりするのですが、それだけ種芋の養分を使わずに済んだということかもしれません。
光合成がうまくいったんでしょう。

f0186462_00521007.jpg
これで、2株分の収穫です。
ちなみに、ジャガイモは茎の肥大化したもの
さつまいもは根っこが肥大化したものです。

ですから、さつまいもは長期保存に向きます。
というより、長期保存してから食べるものです。
掘りたてはおいしくありません。

それに対して、ジャガイモはそもそも茎ですから
鮮度が良いほうがおいしいです。

掘って、2~3日中に食べると、皮も薄いし
香りがあります。
掘りたてを、蒸したり、ゆでたりしてそのまま塩をつけて食べると
こんなにおいしいものはありません。

年2回の楽しみです。

f0186462_00521312.jpg
ハウスとハウスの間の小松菜、さすがに虫の巣になり、耕してすきこんでしまいました。

ここは今度は秋野菜ですので、米ぬかともみ殻をまいてすきこんで休ませます。

(おま)


温暖化はデマですね。













[PR]
# by chikomomorara | 2017-06-07 01:31 | アスパラ栽培 | Trackback

今日の動画

















[PR]
# by chikomomorara | 2017-06-02 01:47 | 今日の動画 | Trackback
夏アスパラ、発送してもいいなあと思えるものが、安定して増えてきましたので
本日販売開始しました。

価格は昨年と同じです。

商品構成は、秀品1キロと、その3回セット、それに特盛です。
今回は、穂先スペシャルはありません。

穂先スペシャルは、春のシ-ズンの後半や、夏アスパラの梅雨時など
養分が少なくなってきたときに、細いものや、根元が硬くなったり
そのようなものを、大胆に切り落として、作っています。

今年は、春のシ-ズンは、後半といえるようなものはなく
前半途中でいきなり終わり始めたような塩梅ですし
夏アスパラの出始めも、今度は、いきなり太くてきれいなものが大半という状況になっています。

たぶん、貯蔵養分が大量に残っていることと、立茎以降
どちらかというと、低温・乾燥・晴天続きのため
光合成に理想的な気象になっていることが原因と考えられます。

もちろん、今年の梅雨がどのようなものになるかわかりませんので
上記のような、細いものが増えてくるようになった際などには
スポット的に販売したいと思っています。

ご家庭用には、たぶん、特盛が最適ではないかと思います。

発送開始は6/1からを予定しています。
しばらくは、まだ、晴天が続くようですので、きれいなものが出続けると思います。

よろしくお願いいたします。


[PR]
# by chikomomorara | 2017-05-29 02:08 | アスパラ栽培 | Trackback

近況報告

f0186462_21022591.jpg
先日、指宿の方から、天然の鯛をいただきました!
前日に釣った鯛です。

なんとまあ、大型で、何といっても天然の鯛です。
ちょっと鱗を取り始めていますが、この後、三枚におろして、刺身とあら炊きで堪能させていただきました。

やはり魚の王様ですね。
桜の季節は終わりましたが、まだまだ脂がのっていて、すこぶる美味でした!

f0186462_21023007.jpg
今日もからっとした良い天気。
まるで関東地方の5月初旬のような気候です。

日差しがあって、普通なら、強烈な日照なんですが、気温が22度前後と低く
そのうえ、北寄りの強風が吹いていたので、半袖だと寒いくらいです。

f0186462_21041563.jpg
午前11時の、ハウス内の気温、これだけ晴れていると40度近くいっても不思議ではないのですが・・・

しかし、冷たく乾いた風のおかげで、光合成には理想的な状況です。
f0186462_21032431.jpg
f0186462_21032808.jpg

蒸れたりすることがほとんどないため、葉っぱも元気です。
こういう状態が、10月まで維持できれば、問題ないのですが、いまだかつて、そのまま維持できたことがありません。
というより、年々、この時期以降の栽培が下手になっています。

今年こそは・・・です。
f0186462_21034291.jpg
f0186462_21034630.jpg
f0186462_21035000.jpg
f0186462_21035333.jpg
f0186462_21035852.jpg
昨日あたりから、夏アスパラが噴き出すように出始めました。
アスパラの伸びにも理想的な気象条件なので、日中だけでも5センチ以上伸びてしまいます。

例年、夏の出始めは、貯蔵養分も少ないため、細いものが多かったり
曲がりや扁平のものや、ごつごつしたものから始まりますが
今年はどうも様相が異なります。

たぶん、まだ貯蔵養分が大量に残っているためでしょうか?
きれいなものが多く、それに加えて、毎日光合成に理想的な気候になっていますので
日を追うごとに、いいものが多くなってきています。

本日から、朝夕の二回採りを始まました。

出てくれるのはありがたいのですが、実は明日と明後日が、前にも書きました、仙厳園での、MISIAのライブです。
ボランティアスタッフとして、明日行く予定だったのですが・・・
昼過ぎから夕方まで、いろんな作業を手伝って、報酬はなし、その代わり、引き続きライブを見てくださいとの条件でしたが
これだけ出始めたので、夕方からの収穫は一人では到底無理です。

アスパラを採るか、MISIAを採るか?究極の選択です・・・
ライブの裏方の仕事も体験することができるでしょうし、ライブにしてもMISIAのチケットは入手困難で有名です。
しかも今回は、ライブだけで9000円以上!
そのうえ、ひょっとすると近くで生MISIAを・・・
10年来のフリ-クとしては願ってもない話です。

一方、アスパラも今は収穫だけではなく、収穫しながら、細いものを立てかえていったり、間引いていったりする仕事も同時並行です。
これだけ晴れて、気象条件が良いと、今日間引いておかないと・・・ということになりますし
梅雨を目前に、やらなくてはいけない仕事も満載です。

春が出なかった分、今年の夏は失敗できませんので悩むところです。

ということで、残念ではあったのですが、明日と明後日は、いつも通り、アスパラの平常運転ということで
ライブのほうは、お断りしました。

仕事なので、仕方ありません。







[PR]
# by chikomomorara | 2017-05-26 21:05 | アスパラ栽培 | Trackback