エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

久しぶりに・・・

久しぶりに、風邪をひいてみました。

どうも、連休明けから、喉は痛いし、頭痛もするし、咳がひどくて
久しぶりに、ぜんそくのような具合になってしまいました。

連休後半から、黄砂というか。PMというか、空気もかなり淀んでいたので
その影響もあるかもしれません。
全く迷惑な国です。

黄砂といっても、ただの砂ではなく、有害物質も含んでいるようですね。
空気があれだけ汚染されていますので、当たり前ですが、重金属類はあたりまえ
一説によると、放射性物質もかなりの割合で含まれているそうです。

度重なる核実験の影響もあり、内陸部で産出される石炭には、放射性物質が含まれているそうです。
それが燃やすたびに、空気を汚染するとのこと
香港発で報道されていました。

また、大陸を走る鉄道のトイレは今でも垂れ流し(昔の日本でもそうでしたね)
ですから、線路の脇は、黄色くなっていて、そのあたりの粉末?も混じって飛んでくるとかいうことも
読んだことがあります。
まあ、本当かどうかわかりませんが、あり得る話ではあります。

こういうことはもちろん、日本では全く報道されませんが・・・・
f0186462_00312228.jpg
f0186462_00312753.jpg
f0186462_00313166.jpg
f0186462_00313642.jpg
アスパラの状況です。
ここまで育ってきました。
もう少し成長すると緑が濃くなってきます。
葉っぱが展開しきったら、摘心開始です。
それにしても、今年は成長が遅いです。
やはり、夜が冷え込むせいでしょうか?
全く、関東の5月と変わらないような陽気です。
f0186462_00314042.jpg

中には、光合成し始めた養分がたまってきているものも出始めました。
もともと、春アスパラで養分を消費していないため、出始めからかなりきれいです。
f0186462_00314535.jpg
f0186462_00314970.jpg
露地はこういう感じです。
本日、雨が降りいい具合に湿りましたので、明日から種まきができそうです。

f0186462_00315407.jpg
f0186462_00315845.jpg
新しい、管理機、購入してしまいました。
購入したのは、まだ3月のはじめ、ハウス内の通路を耕すのに使います。
2輪のこういうタイプだと、1回で耕耘完了ですが、今までのものだと、右、左、中央と3回通ることになり
また両端は傾斜しているので、それを支えながらの作業は、かなりの重労働でした。

こういうタイプは、ハウスの端で回りきらないと思っていたのですが、余裕で回ることができ
21万円ということだったので、「春アスパラが出るからまあいいか!」と奮発したものです。

販売額250万円くらいの予定だったので、飛び降りたのですが・・・
春が終わってみると、何と、50万円も行っていません・・・(涙)

今年の夏は、失敗が許されません。

これで、土も一段と良くなり、生育もよくなってくれればと願っています。

(おまけ)









断交に近づいたと考えれば、よかったよかったです。




[PR]
# by chikomomorara | 2017-05-10 00:57 | アスパラ栽培 | Trackback

洗練された

今日は、ようやく春らしい陽気です。

もっとも、この時期、鹿児島では関東の7月初旬の陽気が普通なんですが・・・
ともあれ、朝から夜までずっと半袖で過ごせたのは、今年になって初めてです。

f0186462_22222768.jpg
f0186462_22223382.jpg
長男が、新しいインプレッサで帰省してきました。

今度のインプ、爆発的に売れているようですね。
なるほど、いい車です。

f0186462_22223862.jpg
新旧そろい踏み、もっとも、旧式なのはフォレスタ-ですが・・・

インプレッサ、非の打ちどころがないほど、完成されたように思いました。
というか、洗練されていて、いわゆる普通の車のようです。
もっとも、運動性能などは、水平対向、AWDなので、スバルらしい乗り味ではありますが
普通の車?から乗り換えても全く違和感がないようになっています。

それに比べると、旧式のフォレスタ-は、乗った瞬間から、もうスバルの車といった感じで
エンジンそのものからして、長年熟成されてきた、EJ20型ですので
好きな人にはたまらないものになっています。

洗練されるというのがいいのか悪いのか?
少なくとも、いいことばかりではなさそうに思えます。

もっとも、商売的にはより売る必要があるので、こういう進化も仕方のないところでしょう。

洗練というと、「土屋鞄」も、洗練されすぎましたね。
次女と話していて、長男のランドセルはまだあるかという話になり・・・

そういえば、長男のランドセルは、わざわざ加須から足立区まで車で買いに行ったなあと
懐かしく、思い出されました。
改めて、サイトを見てみると、まあ洗練されたこと、洗練?されたこと・・・

ランドセルだけではなく、財布から鞄に至るまで、いろいろと購入しましたが
ここのものは、全く外れたことがありません。

もっとも、財布に入れる紙幣もなくなってしまいましたし(涙)
鞄といっても、行くところは、ハウスと温泉だけですので、全く必要がない生活です。
ですので、もう購入することもないとは思いますが、いいお店だったんですね。

長男のランドセルを買ったのは、もう15年以上前になるでしょうか?
そのころは、本店といっても、工場の横に併設されたプレハブ小屋のようなもので
確か、「工房」とも言っていなかったように思えます。

ランドセルにはすごく思い入れがある作り方をしているというので
行ってみたんですが、なるほど、それが確信できるような接客でした。

その後の店舗展開でも、「いい店舗展開だなあ」と感心していました。
確か、次に出したのは鎌倉だったような・・・

久しぶりに、見てみたら(とはいっても、メルマガが来ているんですけどね)
まあ、何と言うか、洗練されすぎたというか、「意識高い系」御用達のような
何だか、つまらない企業になってしまったように、個人的には思います。

なんでも、道具にはこだわるほうですが、いかにも「こだわっています」というのは
嫌いなんですね。
物作りに限らず、自分の職業にプライドをもって本分を全うしている人のものを
使わせていただきたいと思うわけです。
概して、そういう人は、自分から売り込んだり、多店舗展開したりということはありません。
必ず、嘘っぽくなってしまいます。

ですから、以前紹介した、人吉の鍛冶屋さんにしても、島根のオイル屋さんにしても
全く有名ではないです。
でも、こういう人のものというのは、知る人ぞ知るで、コアなお客様で経営が成り立っているんですね。

うちもそうありたいなあと、思うわけです。
だから、ある時から、楽天も退店しましたし、テレビにしても今後は原則として断るような方針です。
今年も、数多くの有名な料理屋さん、料理人の方から、購入希望のご連絡をいただきました。
ありがたいことです。
しかし、もう手一杯なので、すべてお断りしています。
もっとも、今年の春はこのような状況だったので、本当にお断りしていて
よかったなあと思います。

今後何年、農業ができるかわかりませんが、規模縮小はあっても、規模拡大はないだろうと思います。
本分を全うして、人生を終わりたいなあというのが本音です。

(おまけ)





日本破壊協会ですね(笑)


普通にテロリスト、線路に石を置くよりも悪質、危険でしょう。
また、米軍に対するテロですので、早くテロ団体指定をすべきでしょう。
子供を盾に・・・よくやる手です。





[PR]
# by chikomomorara | 2017-05-05 23:37 | 近況 | Trackback

半島の行方は?



厚木で予定通りやっていたんですね。

ということは、予定通り、まだなんでしょう。
岩国のフレンドシップデ-が今のところ5/5に予定されていますので
8日くらいまでは、まだ動きはないんでしょうね。


今、この状況で、日本国民に危機感を植え付けない意見を表明したり
逆に、ミサイルが飛んでくるとこれはもう日本壊滅だ!と危機を過剰にあおったり
日米同盟があるから、ミサイルの標的になるなど、特亜3国と同じ意見を表明する方や機関は
すべて、工作員認定してもいいんでしょう。


いろいろと、面白くなってきました。

やはり、世界大戦まで突っ走るんでしょうか?

半島情勢も結構複雑ですが、半東北部は、旧瀋陽軍区、すなわち中国の反中南海勢力
半島南部は、金正恩が5000万人いる敵国と考えれば、わかりやすいかもしれません。

そこに、中南海、米国、ロシアの思惑が錯綜しているわけです。

中南海は、表立って北を攻めることはできません。
旧瀋陽軍区を攻めることになり、これは中国内戦状態につながる恐れがあります。
しかし、本音は滅ぼしてしまいたい。
政敵である江沢民派の力をそぐことになりますので

そこで、中国共産党のお家芸、「敵と敵を戦わせ、戦力をそいだところで撃破する」
この可能性が高いのではないでしょうか?

アメリカと北、できれば(売国にばれない程度に)旧瀋陽軍区の援軍を戦わせ
疲弊させる。
戦後に、中国の影響力を及ぼす形で、傀儡政権の樹立
できれば、南も統一した形で・・・
これが夢でしょう。

もちろんアメリカも先刻承知、こちらも最高の形は、北と中南海を戦わせ
中国内戦に持ち込む、半島はロシアとと話し合いで・・・
その後は、中国大陸分割統治に持っていく。
これにつながれば、ベストでしょう。

日本にとっては、北よりもむしろ南のほうが問題かもしれません。
北は金正恩一人片付ければ、何とかなるかもしれませんが
南は国民全員が、金正恩みたいなものですから・・・

もっとも、すでに世界から相手にされなくなっていますので
断交という手もあります。
かかわらなければ、何とでもなります。

最も厄介なのが、国内にいる半島勢力と、それに結託した反日勢力の処理でしょう。
すでに、日本の各界の上層部にまで入り込んでいます。
メディアにまで入り込んでいますので、それに洗脳されている日本人が大多数というのが
大問題でしょう。

日本国民は、民度も高く、正しい判断ができる国民が大多数です。
正しい判断ができるためには、正しい情報が最も大切です。
民主主義にとっても、それが前提条件です。

間に合わなければ、多分日本の未来はないでしょう。
そういう意味では、戦後最大の危機であり、最後のチャンスでしょう。









[PR]
# by chikomomorara | 2017-04-30 23:21 | 半島情勢 | Trackback

へびが!!

f0186462_21290131.jpg
アスパラハウスの現状です。
かなりそろってきましたが、葉っぱが展開していません。
あと、2週間くらいで夏のアスパラが出てくるでしょう。

f0186462_21291754.jpg
まだ葉色が淡いです。
もっと緑が濃くなってきて、光合成が活発になってころ、摘心をしてその4~5日後くらいから出始めます。
f0186462_21291232.jpg
f0186462_21290603.jpg
一方では、まだ出ていない株から、ようやく春?アスパラが・・・
f0186462_21292087.jpg
f0186462_21293662.jpg
露地畑はこのような状況です。
定植しても、播種してもまだ早いようです。
f0186462_21292575.jpg
f0186462_21292904.jpg
一足先に、播種した葉物野菜。
気温が低いためか、なかなか大きくなりません。

今日も、一日中、この上ない日本晴れ(雲ひとつないというのはこちらでは珍しいです)
でも、風はからっとした北風、まるで、関東地方の5月の気候です。

半そでではまだ寒いくらいうの陽気でしたが、ハウス内では早くもへびが・・・・!
今日は3匹も見てしまいました。
そのうちの1匹は長さ1.5メ-トルくらいの大きいやつ
収穫しながらですが、まあ、あまり気持ちのいいものではありません。

マムシやヤマカガシというような毒蛇ではないので、そのままです。
向こうも逃げていきますので、追いかけてまで退治しません。
モグラが入って、その穴を通って、入り込むようです。

今年はあと、何回目撃するんでしょうか?

(おまけ)


高円寺のめん徳さん、懐かしいです。
結構食べに行っていましたが、そのうち閉店になって
いろいろと探した、常連さんは多かったのではないでしょうか?

本当においしかった!
店主も、このとおり寡黙な方で、チャ-シュ-も絶品で
分けてもらったりしていました。

一日何時間営業か、覚えていませんが、それほど長くはなかったように思います。
いつも、ス-プがなくなったら営業終了でしたが、確か5人も座ったら満席
行列ができるほどではありませんが、いつ行っても満席近いか
それとも営業終了かのどちらかでした。

もっと店を大きくして、儲けようと思ったら、いくらでもできたはずでしたが
そういう方向に行かないというのが、いいですね。
多分、もう食べられないと思いますが、死ぬまでにもう一回食べてみたいラ-メンです。




害務省と創価、ここまで表に出されるようになって来ましたか!
かなり、やばいですね。
本丸までもう少し?







[PR]
# by chikomomorara | 2017-04-27 21:31 | アスパラ栽培 | Trackback

今日の動画



中国の間接侵略、情報戦です。
彼らの最も得意とするところです。

意に沿う工作をするところには、金をばら撒き、女も提供する
いわゆる人間の弱みに付け込んで、どのようなことでもします。

逆に、意に沿わないものに対しては、まずは圧力、恫喝
脅迫、社会的抹殺、それでも効果がなければ、抹殺です。

第二次世界大戦前も同じように、コミンテルンの工作がハリウッドに入っていましたね。

日本でも、俳優、映画人の過半数以上がかなり、かの国の工作員と間違えるような
思想の人が多いですね。







価値観を共有できるというのは重要なことです。





[PR]
# by chikomomorara | 2017-04-26 23:41 | 今日の動画 | Trackback