エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

最高気温50度!!

とうとう、ハウス内の最高気温が50度を超えてきました。

朝8時には35度を超え、ずっと40度台、夕方の5時を過ぎるまで35度を下回りません。
アスパラはもちろん、こちらの結構へとへと、朝の収穫が終わる11時ころには、冗談抜きに生命の危険を感じます。
体温もかなり上昇しているんでしょう。
体中、汗だくで、呼吸は荒くなるは、心拍数も上昇、ハウスから出るときには頭痛のことが多くなってきました。

当然アスパラも、へとへとです。
地温も30℃から下がりません。
おまけに、地上部は40度以上の高温に半日以上さらされていますので
まともなアスパラが出てきません。

根本が極端に硬かったり、はかまも浮き上がって、味もかなり落ちてきています。
さすがに、穂先スペシャルでも発送できませんので、現在は全量、短く切って、直売所で販売しています。

9割以上が、市場出荷基準からしても規格外ですので、市場出荷もしていません。

したかいまして、アスパラの発送は見合わせています。
ご注文いただきましたお客様には、大変申し訳ありませんが
今しばらく、お待ちくださるよう、お願いいたします。

日中の高温は仕方ないにしても、夜の温度が下がって、風が通ってくれないと、地温を下げることはできません。
潅水によって、気化熱を利用して、下げるしかありませんが、風がなかったり、夜も蒸し暑いままでは
過湿になって、ただでさえ弱っている根がどんどん弱ってしまいますので、なかなかうまくいきません。

それにしても、このところ、日照の強さは尋常ではありません。
例年なら、この時期、午後4時ころには日も陰ってきて、涼しくなってきますが
今年は、5時でもまだまだ強烈です。

なぜわかるかというと、普段なら、4時ころからできる薬剤散布が、5時半ころにならないとできないからなんですね。
高温時や、日照が強い時には、ハウスでは薬をまけません。
強行すると、薬害といって、散布した翌日に、葉っぱが茶色く変色して、ひどい時には枯れてしまいます。
枯れないまでも、回復には1か月以上かかり、今なら、まあ、今シ-ズンはこれで終了になる可能性が高いです。

ですから、薬をまくのも、夕方涼しくなってから、できれば風のある時にしかまけません。
夜中中ずっと濡れたままだと、翌朝、日が昇って、やられる可能性があるので
そのあたりも見計らって、かけなければならないんです。

この時期なら、3時半ころから準備して、4時から散布、7時過ぎにはすべて終了という時期ですが
とても、5時前から散布できるような状況ではありません。

日照の強さは、毎年同じはずですから、おかしいなあと思っていたら、一昨日から、太陽風が地球に向かって降り注いでいるとのこと
道理で、夕方になっても、焼けつくような日の強さであるはずです。

まあ、困った、困ったです。

f0186462_02265922.jpg
f0186462_02270561.jpg

困ったというと、露地畑も、困った事態になってしまいました。

先週までは、曇って、時折雨が降り、耕すこともできず、かといって除草剤も撒けず
刈り取る時間も全くありません。

雑草にとっては、気温も湿度もあり、おまけに水ももらえるとあって、どんどん根を張ってきたところへ
この晴天です。
2~3日で、あっという間に、地面が見えないほどになってきました。
オクラやゴボウ、ピ-マンや、モロヘイヤも全く見えません。

さあどうする?です。

上記のように、一日5時間ほどはアスパラの収穫でへとへと、日中は屋外でも作業は危険です。
とにかくこのままでは、1週間後は胸くらいのところまで成長してしまいます。
そうなれば、秋冬野菜の植え付けにも、支障をきたしてしまいます。

ここ数日で、なんとか止めてしまわないといけません。

いったん、刈ってしまうか、除草剤をとりあえずまくか?
除草剤といっても、散布したのちに、茎葉から吸収して、根まで枯らしてしまうもの
かけたところの細胞を壊して、その部分を枯らしてしまうもの(この場合、根は枯れないので、数日後に再生してきます。)
の2種類があります。

後者は、すぐに効果が表れ、土への影響はすこぶる小さいですが、劇物指定なので、結構疲れます。
昔は、この薬剤よりももっと強烈なのがあり、それを散布して、当日焼酎を飲んだら、死んでしまったとかいう話も聞きますが
この薬も、どうしてどうして、かなりやばい匂いがします。

雑草が小さければ、地上部が枯れることで、光合成ができないので、根っこも弱って枯れてしまうということがありますが
ここまで大きくなると、一雨で一気に再生します。

対して、根まで枯らす除草剤は、少なからず土への影響があります。
説明書には、「土に入ると分解されて、残らない、土にやさしい除草剤」とかの表記がありますが
そのまますきこむと、必ず影響します。

例えば、2か月後に種まきをしたら、芽が出たと思ったら、枯れてしまうとかですね。

またこの除草剤は、ベトナム戦争で使用された「枯葉剤」そのものなので、これまた散布した後は疲れます。

刈り取るのが最も確実ですが、これは、2~3倍時間がかかり、体力的にも最もきつい。
そのうえ、すぐにかたずけて、根っこを何とかしないと、すぐに再生します。

アスパラの薬剤散布も早くしないといけないので、そこのところも考えて
どうするかを決定です。

このように、農作業というものは、常に作物や雑草などの管理状況を考えながら
計画を立てますが、今週はこうしようと思っていても、前日になれば全く変わりますし
前日どころか、当日の朝になって、変更することが多々あります。

当日の朝、こうしようと思っていても、その日の午後、変わることも少なくありません。

自然相手というのはこういうことなんでしょうね。

f0186462_02270991.jpg

ハウスとハウスの間は、まだこの通り、もみ殻をまいているので、雑草が遅れています。
こちらも、2~3日が勝負です。

ここが、露地畑のように、雑草で緑一色になったら、虫の住処になり、ヘビも来るようになります。
どちらも、すぐにハウスに侵入しますので、まずはここからです。

このように、暑かろうが何だろうが、やるべき仕事は、山積みです。

(おまけ)







このところの、マスゴミの報道と称するデマは異常ですね。
偏向どころか、捏造、でっち上げ、なんでもありです。

加計学園にしたって、元愛媛県知事の加戸氏の証言で、すべて納得でしょう。
そのまま映像ですから、誠実な人柄もうかがえて、よくわかります。

わかってもらったら、困るんでしょうね。

森友にしても、何が問題だったのか?
全マスゴミが同じ姿勢ですから、バックに黒幕がいるんでしょう。

共通して、収束するところは、打倒安倍内閣ですね。

前からひどかったが、特にここ数か月です。
何があったんでしょうか?
ちょうど、改憲論議が活発になってきたときからですね。

安倍内閣が倒れると、間違いなく、安倍内閣以前の体制がずっと続くんでしょう。
それで、最も喜ぶ勢力はだれなのか?どの国なのか?
そう考えれば、よくわかります。

日本の民主主義にとって、いや、日本という国の存立そのものの危機です。






[PR]
# by chikomomorara | 2017-07-17 03:25 | アスパラ栽培 | Trackback

桜島大噴火?

相変わらず、暑い日々が続いています。

特に困るのが、昼間中途半端に雨が降って、その後晴れ間が差したりして
蒸し暑いこと、また、そのまま夜に晴れて、温度がいくぶん下がってくれればいいのに
夜は雲に覆われて、夕方よりも蒸し暑いという日が続いています。

アスパラハウスの地温も、ずっと30度超え、さすがにまともなものが出てきません。
ほとんどが、特盛アスパラの商品画像のようなものばかりで
ただいま、発送はすべて中断しています。

とにかく、夜の温度が下がってくれるのを待つばかりです。


f0186462_02134834.jpg

昼間はさすがにハウスにも入れず、5時過ぎからの収穫になりますので
できることをどんどんかたずけていこうということで
車のオイル交換です。

どちらも3000キロ走っていますので、少し早いですが、タイヤも換えてオイルも換えてで
気分一新です。

(おまけ)







もはや、日本のメディアも、某国の工作機関であることを、隠そうともしなくなりましたね。

テレビは、電波オ-クションで、電波使用料をきちんと徴収しましょう。
とりあえず、既存のメディアは、放送免許期限を切って無効でいいのでは?
NHKは、国営放送化か、スクランブル放送で、見たい人だけ見ればいいのではないでしょうか?

新聞・テレビはほとんどすべて、反日ですが、反日ということはすなわち日本人の敵ですね。

このままいくと、冗談抜きに、10年後には日本は中国人のものになっているでしょう。
3000万人ほどは、民族浄化で虐殺ですね。

実際に、チベット、ウイグルで行われていることです。

呉竹論考:シナ共産党幹部の日本侵略指令より 

呉竹会代表幹事・藤井厳喜氏(国際政治学者)が、機関誌『青年運動』第975号(平成26年5月15日)に「呉竹論考:シナ共産党幹部の日本侵略指令」を書いている。

某情報専門家から以下の様な情報を得た。

対日工作に関するシナ共産党幹部の部下への指導訓話である。

「日本人は本当にバカだ。この40年、我々は日本のカネと技術を吸い上げ、その御蔭で国を富ませ、その経済力で国防力を充実させて、今や日本を侵略するのに十分な力を蓄えたのだ。日本は自分の手で自分の首を絞めているようなものだが、未だにそのことに気が付かない。彼らの愚かさは無限大だ」

「中国は過去2回、本格的に日本を制覇しようとして失敗している。1回は元寇で、第2回目は日清戦争だった。過去2回の失敗の原因は明らかである。第1回は愚昧なモンゴル人がそれを行い、第2回はこれまた愚鈍な満洲人がこれを行ったからだ。今度は我々、優秀な満民族が行うので、我が国の日本制圧は必ず成功する。日本には『三度目の正直』という諺があるというではないか」

「過去2回の日本属国化が失敗した理由の一端は、日本が団結していたからだ。しかし今や、日本の政財官界には、我が方の工作員が溢れるほどいる。日本の政治家は完全に我々の賄賂漬けだし、日本のマスコミには我々の洗脳が行き届いている」

「第二次大戦で日本は米軍に負けたと思っているが、実は中国に負けたのだ。つまり中国に翻弄され、米英と対決せざるを得なくなったのだ。中国共産党は、国民党を操り、国民党は米英を操って日本にぶつけさせた。夷を以て夷を制するという中国の伝統的戦略である。米日は中国に操られて戦闘に突入したのだ」

「昔の日本人は勇敢ではあったが、単細胞で、我々優秀な中国人の謀略の敵ではなかった。今の日本人は昔のように勇敢でもないし、もっと謀略には弱い。日本人を騙すことなどは、赤子の手をひねるより簡単だ。それ故、日本属国化は必ず成功する。諸君は自信をもって対日謀略を進めてもらいたい」

「我々はチベットやウイグルを完全に制圧した。ここまでやっても日本人は自らの危険を察知しないというのだから、その愚かさにも程がある。こういった国民は滅ぶしかないのだ。それが彼らの天命である」

「日本人は1947年に台湾で起きた228事件のことを知らないようだ。敗戦時の台湾は日本の一部であった。228事件は戦勝国としての中国が敗戦国としての日本を侵略した結果、起きたものだ。国民党軍は台湾の知識階級を中心にその人口の1%を殺戮した。我々共産党が日本本土を制圧したときは、もっと徹底した粛清を行わなければならない」

「日本人は米国を頼りにしているようだが、米国はスッカリ弱体化している。慰安婦問題と南京虐殺での反日宣伝は大きな効果をあげ、米世論は反日に傾いている。米政財界の主要人物には、たっぷり我々の賄賂がいきわたっている。オバマ大統領の弟は、十数年も中国で生活し、完全に我々のコントロール下にある。先日、米大統領は、その妻子まで我が国に送り、我が国に対する忠誠ぶりを見せてくれた」

「我々中国人は、広島と長崎に原爆が落ちたのを知って、欣喜雀躍した。第三発目の原爆は我々が日本に落とすことになるだろう。日本人は原爆で米国に降伏したのだから、今度は我々が日本に原爆を投下すれば、中国に降伏するに違いない。

それにしても、トウ小平同志以来、我々の先輩たちは、日本をまことに上手く手玉にとってきたものだ。我々は今日も核ミサイルの照準を日本の大都市に当てているが、日本にはいまだに憲法9条支持者がいるというのだから、彼らの馬鹿さ加減にはあきれてものが言えない。勿論これは我々の対日工作の偉大な成果でもあるのだが、国民の資質が元々劣っているから我が国の謀略に容易に騙されるのだ」

「日本の現政権が、移民自由化の方向に政策を変更しつつあるのは、大変良い兆候だ。我々はすでに経済的には華僑・華人の力によって、東南アジアを乗っ取っている。オーストラリアは乗っ取ったも同然だ。豪州の白人は我々の言うがままだ。日本の移民政策が自由化されれば、優秀な中国人が日本に殺到し、軍事力なしで、労せずして、日本を制覇することができるようになるかもしれない」

「いずれにしろ我々は、硬軟さまざまな作戦をもって、日本を必ず制圧し、我が中華人民共和国の倭人自治区としなければならない」

筆者のコンピュータに、どこからともなく送られてきた情報である。

(以上)


中国は本気です!


地上波では伝えないでしょうね。



ところで、本日、錦江湾を震源とする地震が・・

結構揺れた、というか、一発、ド-ンと突き上げるような衝撃でした。

桜島大噴火も近いのかもしれません。


かなりの揺れだったので、鹿屋からすぐに上げてくれたんでしょう。

ハウスの横を吹上浜沿いに、P3Cがかなりの低高度で飛んでいきました。

ちょっと、幸せでした。


もっとも桜島の大噴火よりも確実なのは、朝鮮半島有事、そしてそれをきっかけとして

東アジアの地域紛争、あるいは第三次世界大戦でしょう。







[PR]
# by chikomomorara | 2017-07-12 02:46 | アスパラ栽培 | Trackback

近況

f0186462_02282220.jpg
f0186462_02282793.jpg
フォレのタイヤを、やっと変えることができました。
この車、長男が中古で購入したのが2年前、それ以降、冬はスノボ-に行くため
スタッドレスの交換していたので、あまり減っていません。
しかし、購入時にはすでに、3年は経過していたと思われるので
合計で5年以上前のタイヤでした。
経年変化で硬化もしており、トレッドにはわずかながら日々も見受けられましたので
早く変えたかったのです。

今回新しくつけたのが、ダンロップのビュ-ロ、まだ100キロくらいしか走っていませんが
大満足、素晴らしいタイヤです!
硬化したタイヤから新品に変えると、少なからず良い印象があるのですが
その5倍くらいいい!

そもそも、ダンロップにしたのが、前のティ-ダで交換した、ダンロップのルマンというタイヤの印象がすこぶるよかったからです。
低燃費タイヤだけあって、転がる転がる!
鹿児島市内に行くのに、峠を越しますので、その下りで、よくわかります。
どんどん加速します。
しかし、グリップが悪いということはなく、十分柔らかい感じで、しっとりと路面に吸い付くような感じ
そのうえ、騒音、乗り心地とも申し分のないものでした。
実際、燃費も、リッタ-あたり、1.5~2キロ向上していました。

今まで、BSと横浜中心に、いろんな銘柄のタイヤを履いていましたが
これほど、感動したのは、それこそ30年以上前に、ミシュランを履いて以来でした。
(当時、国産タイヤの品質は欧州のタイヤに及ぶものではなく
真円度が違っていたのか、なめらかな乗り心地は感動モノでした。たぶん、今は逆でしょう。)
BSもほとんど、国内最高といわれる、レグノ中心でしたが、こんなにいいと思ったことはありません。

で、今回はダンロップの最高にしたわけですが、よかった、よかったです。

オイルも、れいのオイルに変えてから、距離を経るごとになめらかになっていますので
さらに乗ることが楽しみです。

f0186462_02283208.jpg
最後の米つくりです。
土地も借地で、機械作業も委託、苗も購入ですので
もともと、買ったほうが安かった。

機械作業は委託といっても、水管理、草払いはしなくてはなりません。
それが結構な負担でした。

田んぼのあるところは、家とハウスの中間ではなく、少し離れたところにあります。
例えば、上の画像で、少し土が見えているところがあります。
水をもう少し張りたいので(土が出ていると、雑草が生えてしまいます)
水を入れますが、この場合は2時間ほどで止めなくてはなりません。
この後、アスパラの収穫に向かいますが、2時間で終わることはありません。

収穫途中で、5キロほど走ってきて、またハウスに戻るわけです。
結構、時間的に負担になったりします。

昨年、機械作業をしていただいていた福留さんの逝去をきっかけに
もういいかな、と判断したわけです。


f0186462_02283767.jpg
ハウスの状況です。
この時期としては珍しく、まだ病気の兆候がありません。
とはいえ、先週あたりから、晴れて蒸し暑い日々となっていて
日中は、40度超え、地温も30度まで上昇して下がりません。

これからが勝負所です。
f0186462_02284127.jpg
蒸れないように、これだけ透かしています。
この立茎本数、標準の半分くらいです。
親茎が少ないと、それだけ収穫本数も減りますが
標準の本数では、込み合いすぎて、必ず病気に苦しめられることになります。

これだけ少なくても、上部の込み合い具合は。上の画像でわかると思います。
この辺りは、自分で考えて、判断するしかありません。

もっとも、毎年試行錯誤して、失敗を積み重ねていますが
今年はなんとか、無事に行きたいところです。

これだけ透かすと、日光も十分入り、通風も確保できますが
半面、株元まで日が差すので、地温が上がりすぎます。
そのデメリットとの比較考量が難しいです。

f0186462_02284816.jpg
f0186462_02285390.jpg
毎日、収穫に忙しく、露地の作業ができません。

というか、中途半端に雨が降ったりするので、耕すこともできないまま
雑草はどんどん育ちます。

なんとかしないと!

f0186462_02285710.jpg
かぼちゃを全面に這わせ、雑草対策も兼ねる予定の露地畑
雑草がはびこってきました。

f0186462_02290258.jpg
毎日雨が降り、晴れ間もありますので、3~4日でこの通り
これもなんとかしないと・・・

f0186462_02290607.jpg
オクラ、ゴボウ、大根のところです。
かなり危機的です。

f0186462_02290909.jpg
地温30℃ともなると、下の部分が硬かったりしてきます。

ということで、普通のアスパラの発送は、まだ再開していません。
もっぱら、穂先スペシャルです。

本日のものです。
下があったとしても、十分、市場には出せるレベルですが、やはり納得して出せるのは穂先スペシャルです。
普通に出せば3キロが、1キロにもならないので、もったいないのですが、まあ仕方ないでしょう。

まとまって雨でも降って、夜が涼しくならないと改善しないので、穂先スペシャル、近日中に追加販売します。

(おまけ)










[PR]
# by chikomomorara | 2017-07-07 03:33 | アスパラ栽培 | Trackback

追加販売中です!

遅くなりました!

夏アスパラ、売り切れていましたが、先日、特盛と大人気の穂先スペシャル
久々に販売しています。

ちょうど先週の火曜日から雨が降り続き、全く晴れ間もなかったので
さすがに、品質が乱れ始めました。

とはいうものの、例年なら光合成した養分のみで出てくるのに対して
今年は、貯蔵養分が残っていますので(たぶん)
ひょろひょろに細くなったり、味が極端に薄くなったりということはありません。

それでも、1週間前から徐々に味は薄くなってきていますので
それを受けての、穂先スペシャルです。
(さすがに穂先なら、味は濃いので)

販売しだしたとたんに、週間予報では金曜日から、連日晴れの予報です。

どうせなら、味がよくなってからと思い、発送開始は今週の土曜日以降の予定です。
もっとも、晴れるようになって品質が良くなれば、下を切り落とす必要もないわけですが
そこは、贅沢に切り落として、お送りする予定です。

[PR]
# by chikomomorara | 2017-06-29 02:50 | アスパラ栽培 | Trackback

糖度12度!

f0186462_19212375.jpg
f0186462_19213058.jpg
f0186462_19230232.jpg
f0186462_19230959.jpg
f0186462_19231501.jpg
f0186462_19232163.jpg
いやはや、加筆しようと思っていたら、どんどん日が経ってしまいました。
「糖度12度」といっても、何のことかすっかりわかりませんでした。

スミマセン!!

数日前までは、梅雨らしくない、乾燥して晴れた日が続き(1か月ほど続いたでしょうか?)
それでいて、夜は相変わらず、冷え込んで、アスパラの生育にはこの上ない気候条件が続いていました。

そのため、収穫していても、手がべたべたして、まあ、糖度が何度であろうと別にいいのですが
初めてのことでもあるんで、測ってみたら、この時期にはありえない、12度!でした。

あり得ないというのも、通常この時期なら、昼間は曇天雨天で、光合成量が少なく
夜は蒸し蒸しして、呼吸量が多く、養分転流がうまくいきません。

それで、芽が出なければいいのですが、萌芽量は蒸し暑いほうがどんどん出てくるということになります。
インプットは少なく、アウトプットは多い、というわけで、当然、糖度も上がりません。
それどころか、毎日続くと、品質は悪くなり、規格外ばかり出てくるということになりがちです。

条件が悪ければ、糖度も5度を下回るのではないでしょうか?
ですので、この時期は、例年、発送をストップするということになります。

今年はその後、蒸し暑いということはやはりありませんが
大雨が降ったりしています。

予報では今後1週間は悪そうなので(外れることも多いですが)
アスパラの発送も、しばらくストップかなあと予想しています。

で出荷先は、直売所と、結束して市場がメインになり、こういう時刻まで起きている数日です。

f0186462_19232896.jpg
f0186462_19233412.jpg
f0186462_19234134.jpg


雨が降り出す前の露地畑です。

その後、作物も育ち、雑草もそれ以上に育っています。
f0186462_19234761.jpg
このトマト、絶品です。
取り立てて、甘いというわけではないのですが、酸味と甘み、そしてコクのバランスが理想的です。
それでいて、トマト臭さがなく、今まで食べたトマトの中でも、3番以内に入ります。

とはいっても、このトマト、私が育てているものではありません。

そもそも、実のなるものは私にとっては難しすぎます。
葉っぱや枝を整枝したりという作業が苦手で、おおざっぱな人間ですので、そういうことをしようという気もわきません。
ですから、トマトは、チャレンジしても、続きません(笑)

このトマト、あまりにもおいしいので、定期購入のお客様にも現在お入れしています。
トマトも、いくらでも入手可能ですが、自分がおいしいと思っているものしかお送りしたくないので
こういうことは珍しいです。

あるお客様からは、「トマトが入っていましたが、意外でした。」とのコメントが・・・
長らく、お付き合いしていただいているお客様ばかりなので、やっぱり、鋭い!


f0186462_19235397.jpg


実はこのトマト、私の前のハウスで作られているものなんです。
一昨年までは、アスパラだったんですが、今はいろんなものにチャレンジされています。

とはいうものの、ハウスの面積は私よりも多く、でも、独身で、人も雇っていません。
そうなると、当たり前ですが、手が回らず・・・
で、前のハウスは廃墟のような状況です。

たまたま、これまた、はす向かいのハウスでは、営業用のトマト栽培されている方がいらっしゃるのですが
今年の冷え込みで、昨年の8月から育てていたトマトが、11月?(確かそのころ)に全滅
その後2月に再定植、その苗が大量に余ったので、要りませんか?と・・・

うちのハウスでは植えるところがないので、渡辺氏に「植えてみたら・・・」という次第です。
f0186462_19240086.jpg
f0186462_19240551.jpg

これがハウス内の状況、両側の緑は、はびこってしまったツユクサです。
ほめられたものではないのですが、まあ仕方がありません。

そのハウスの谷の部分に、一列に植えてみたのが、このトマトです。

f0186462_19241259.jpg
f0186462_19241895.jpg
このハウスのビニ-ルは、一昨年の台風被害で破れたまま・・・
これも。ほめられたことではないのですが、張り替えるとなると
100万円以上の出費なので、おいそれとは行きません。
まあ仕方ありません。

破れたまま、ということは、害虫も入り放題、農家としてはあり得ない栽培です。
もっとも、栽培といえるほどのものでもないかもしれません。

植えたまま、水もやらない、肥料もやらない、もちろん農薬も全くかけていません。

ところが、かろうじて、雨除けにはなっており
両側から光はさんさんと降り注ぎ
風通しも申し分ありません。

ふつうこれだけの施設でトマトを作るとなると
この2棟で、8本の畝にします。

それが、1本のみという、贅沢極まりない栽培です。

ところがご覧のように、樹が暴れもせず、病害虫にやられることもなく
極めて健康に育っています。

もちろん今年の気候に助けられてもいますが
きちんと光合成できれば、これだけの絶品ができるということ
改めて、再確認させてもらいました。

そのうえで、何トン収穫しようという欲をかかなければ
これだけ、うまくできるということですね。



f0186462_19242563.jpg

対して、これはうちのトマト、同じく苗をもらいましたので、露地畑に一角に植えています。

植えた後、霜でやられたのですが、力強く復活、その後の渇水にも耐えて、ここまで育ちました。

本来、雨除けはできなくても、支柱くらいは立てるものですが、そこまでして・・・ということで
地這トマトで、作ることに・・・

全くの放任栽培(といえば聞こえはいいですが、単なる手抜きです)。
まあ、できなくてもいいし、できればなおいい。
トマトには失礼なんですが、まあ、アスパラが本業なので、許してもらうとして、という状況です。

ただ単に、トマトに対する愛情にかけているということなんでしょう(汗)


[PR]
# by chikomomorara | 2017-06-18 19:25 | Trackback