エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:アスパラガス ( 678 ) タグの人気記事

本日、急きょ再販しました「秋冬野菜福袋」
おかげさまで、5分で完売しました。
ありがとうございました。

昨日から、冬型になり、時雨れる数日になりそうです。
現在、野菜の現状は、ようやく栄養成長(茎葉が成長する)から
生殖成長(根に養分をおろし、花が咲き、種子を残そうとする)へ、変わっています。

ですので、カブや大根は肥大する時期なのですが、少し経つと
とう立ちし始めます。

これは、天候しだいなのですが、多分、1/10過ぎからとう立ちするものがでてきそうです。

また、高菜は、感応度が低いので、まだ茎葉が成長し続けます。
ですので、1月中旬には、高菜に菜花を入れたセットが作れるかと思っています。
こちらのほうもお楽しみにしていてください001.gif

さて、本日は、アスパラ講座の続きです。
休みの方も多いと思いますので、暇つぶしにでも読んでください.


本日は、「美味しいアスパラの見分け方!」です。
まずは、ス-パ-などで売っているものも含めて、一般的な話を・・・

f0186462_159920.jpg


なんといっても、穂先に注目です!

穂先がきちんとしまっているもの、これが第一段階です。
開いているものは、収穫遅れか、根っこの糖度が低下し、疲れ始めている証拠です。
ですから、味は落ちます。
また、あまり開いていないのに、中に丸い玉のようなものが見えるのも(画像があればよかったのですが)
これも弱り始めている証拠です。

早く、葉っぱを出して、光合成しようとするのですね。
だから、早く開いてしまいます。

また、時折、穂先が、毛筆のようにささくれ立っているものも、売られていたりします。
あれは、信じられないほど古いものか、あるいは、「スリップス」というダニのような虫が
ついている印です。どちらにせよ、口に入れるようなものではありませんね。

ちなみに、穂先が紫色になっているのは、あまり心配要りません。
夜の温度が低いと、紫色になりますので。

次に、茎にある、三角のものを見てください。
これ、葉っぱなんですね。

われわれは、はかまといいますが、これが浮き上がっていなくて
正三角形のものが、元気のある証拠です。

収穫が進んで、糖度が下がってくると、次第に二等辺三角形になり
次に、えぐれたようになってきます。
こうなると、あまり甘さを感じなくなります。

上の画像を見てください。

ほとんどのものが、正三角形どころか、逆に膨れたようになっているのが分かりますね。
こういうのは、文句なしに甘いです。
収穫初期にしか、あまり見ることが出来ません。

また、アスパラは穂先の少し下の部分が成長して伸びるんですね。
ですから、はかまの間隔が、均等になっているものが、いいですね。
急激な温度変化がなかったということですから、管理が行き届いている証左です。

人間も同じですね。
急に暑くなったり、寒くなったりすると調子を崩します。
春のアスパラは、根っこの養分ででてくるものですので
萌芽したあとは、できるだけ、温度湿度を一定に保つことが重要です。

ストレスを与えずに、同じペ-スで、養分を使い一定の速さで伸びたものが
シャキッとしていて、柔らかく、みずみずしいんですね058.gif
良く「昼夜の温度差があるから、美味しい作物が出来る」とかいてあること
がありますが、あれは、春のアスパラについては、間違いです!

地上部に、葉っぱがあるものに当てはまることなんですね。

昼に、光合成した養分が、夜冷えることにより、いったん下まで下りて
実に、その養分が転流するんですね。

これは、トウモロコシでも、トマトでも、米でも同じです。
アスパラの場合には、夏のアスパラが該当します。

ですから、昼間暑すぎて、夜の気温が下がらない、うちのアスパラは
8月はあまり甘くありません。(ス-パ-で売っているものより、美味しいですが)

その他、形状で気をつけることは、縦に筋が入ったりしていないか?
などですが、特に新鮮なものは、茎が白っぽいブル-ムのようなもので覆われています。

触っただけで、取れてしまいますので、市販のものではあまり見られませんが
それでも、水をはじくようなものを選べば、いいと思います。
上のアスパラ、撮影のために、けっこう手で触っていますが
まだ、はじいていますよね。

ちなみに、ス-パ-など、一般に流通しているものは、収穫して4~5日は経過しています。
アスパラは、呼吸消耗の激しい作物ですから、それ以上経過すると
まともな、アスパラの味は、期待できません。

アスパラの形をした「アスパラのような野菜」です。
絹さややトウモロコシもそうですが、ああいった野菜は
ス-パ-では、まともなものが手に入らないと考えたほうがよさそうです。

こういうと、「一般消費者はどうすればいいの?」と突っ込まれそうですね。
でも、本当のことですから、仕方ありません。

出来れば、プランターででも、ちょっとした葉物やネギなんかでも育ててみる。
これが、最良です。
新鮮なだけで、こんなに味が違うの?と驚かれると思います。

ちなみに、我が家では、野菜はまず買いません。
でも、育てていないものや、時期的にまだできないものはどうするか?
答えは「我慢する」です。
出来るだけ、直売のものや、直売所に買いに行くだけでも
かなりまともな野菜が入手できるようになるはずです。

例えば、イカや牡蠣も美味しくなってきたので、お好み焼きが作りたいんですね。
(大阪出身ですから・・・)
でも、まだキャベツが出来ていないので、我慢しています。

キャベツや、ブロッコリ-は、特に虫を呼び込む野菜です。
ですから、売っているものは、かなり農薬がかかっていると考えたほうがいいと思います。
(自分で作ると、分かります。人並みの時期に収穫しようとすると、穴だらけでまともに育ちません)
虫の心配がなくなってから、定植していますので、まだ小さいままなんですね。

次回は、もう少し、次元の高いアスパラの美味しさを探求します。

[PR]
by chikomomorara | 2008-12-31 02:19 | アスパラ栽培 | Trackback

年末年始の過ごし方

本日は、クラッシィクラスの吉岡店長から、お題をいただきましたので・・・
「年末年始の過ごし方!」です001.gif

といっても、昨日から、全刈りをはじめましたし・・・
このような作業も、引き続いてやらなければならないので
とりあえず、アスパラと格闘の日々です007.gif

でも、例年、1月下旬からしか、始める事が出来なかったので、時間的余裕がある分
精神的に楽ですね003.gif

暖かいと、2月には芽が出始めたりしますので・・・

f0186462_22152698.jpg


今刈っている、上部が終わったら、取り出しやすいように、2分割です。

f0186462_22161674.jpg


最後に、刈払い機でm株元を 

f0186462_2217596.jpg


f0186462_22173376.jpg


ハウスの外に持ち出すのが、これまた大変です。

f0186462_22181141.jpg


一月上旬までには、この状態までに持って行きたいなあと・・・・

だから、年末年始は、休めませんっ!!


でもこれだけでは、面白くないので、「受験生の年末年始の過ごし方」を・・・

前職は、合格請負人なので、これきっと参考になるかと思いますよ~049.gif

中学受験・高校受験・大学受験といろいろありますが、主に中学受験だったので
それを念頭に・・・
多分大多数の方が、塾に通っているでしょうし、多分塾では「正月特訓」があるかと思います。

ちなみに、学習塾というのは、平日の一般授業では、経営が成り立ちません。
夏期講習や冬期講習などの特別講習、夏期合宿、正月特訓や志望校別の特別授業で
利益がようやく出るような、利益構造になっています。
(特に、大手は)

でも、正月特訓は、そんな中でも、もっともC/Pが高いものでしょう。
年末まで頑張っても、家にいると、ペ-スが乱れます。

この時期、もっとも大切なのは、「あれだけ頑張った」という実感を持つことなんですね。

1月になると、もう、受験シ-ズンです。
精神的にも、つらくなってきますし、体調管理の観点からも
無茶な、勉強も出来なくなります。

「1日のほとんどを、勉強したぞ!」という体験は非常に有効に働くんですね。
ですから、受験生本人は、文字通り「正月は合格してから」です。

では、ご家族はどうすればいいか?
ずばり「例年通りの正月を」です。
受験生に遠慮すると、かえって、プレッシャ-になってしまいいます。

ですから、生活が別になったほうがいいんですね。
そういう意味で、正月特訓は活きてきます。

正月に、塾が休んでしまう!・・・これは論外です。
子供たちに、「正月はないよ」という立場ですから、
学習塾にも、当然、正月はありません。

現場にいたときは、正月の間は、夜10時頃まで、子供たちに付き合っていました。
授業が終わってからも、質問に来るんですね。
勉強しているときが、最も落ち着く、そういう時期なんですね。

受験生の皆さん、受験生をお持ちのご家族の方、大変ですが
あと少しです058.gif

頑張ってくださいね001.gif

という訳で、今まで、クリスマスなし、正月なしの人生でしたので
正月に働くことは、好きなんですね。

単なる、天邪鬼だけかも001.gif・・多分そうなんでしょう041.gif




[PR]
by chikomomorara | 2008-12-26 22:20 | アスパラ栽培 | Trackback

全刈り、始めました!


昨日、22時から追加販売しました、秋冬野菜福袋
おかげさまで、30分ほどで完売いたしました。



ありがとうございますとともに、ご購入できなかった
お客様、申し訳ありません!

来年からは、もう少し、畑の面積を広げますので
ご期待ください。

1月になると、鹿児島では、もう春の日差しになります058.gif
指宿で行われる、菜の花マラソンも、1月です。

ですので、1月からは、菜花のセットや、高菜の販売
そしてアスパラガスや絹さやの販売と、続きます。

栽培の様子は、逐一、アップしていきますので
定期的に、チェックしていただければと思います。

さて、本日、いよいよ、アスパラの全刈り作業を始めました!
(ニセコ直売さんの、愛のムチもいただきましたので・・・笑)

f0186462_1422662.jpg


まったく枯れてしまったら、もう養分は全て地下に下りていると言うことなので
地上部を刈りはじめます。

倒伏を防ぐため、フラワ-ネットを2段張っています。
そのままでは、抜き取れませんので、ネットぎりぎりに刈り込んでいきます。

f0186462_1431232.jpg


このように、重い電動バリカンを振り回しての作業です。
騒音と、ほこりの舞い散る中、気を抜くと、大怪我です。

農作業って、危険な作業が、けっこうあるんですね。

このように刈り取っていくのが、長さにすると
約3500メ-トルあります!!

気が遠くなる作業です008.gif

f0186462_1443115.jpg


これが刈り取ったあとです。
黄色いところや、茎が緑色っぽいところは、枯れるのを待ちます。

この後、茎を2分割し、根本を刈り取っていきます。
全て刈り取るまで、毎日作業して、約3週間かかります。

f0186462_1445627.jpg


4時間の作業後です。
ほこりだらけになるので、マスクも真っ黒です。
このマスクをしても、鼻の穴は真っ黒になります。

普通は、葉っぱに農薬がついているので、一年分の農薬を
吸い込むことになります。

でも、今年は、銅剤2回だけという、驚異的な少なさだったので
その点は、楽ですね001.gif

どんな年でも、殺虫剤は数回必要です。
(これがまた、殺菌剤より身体に応えます)
でも、今年はゼロでいけましたので、嬉しいですね。

農薬は、使い方や、用法を厳守すれば、ほとんど安全だと思っています。
(無農薬表示の、偽装品よりよほど安全です)

でも、それは、消費者の皆様が、食べるときの話です。

生産現場では、散布時も含めて、危険であることに変わりありません。
コストも労力もかかり、その上、自分の身に健康的なリスクのある
農薬散布ですから、言われなくても、農薬はまきたくないものなんですね。
普通の農家は・・・(普通でない人もいますが・・・)

こういったことも、理解しておいていただければと思います

[PR]
by chikomomorara | 2008-12-26 01:46 | アスパラ栽培 | Trackback

ではいよいよ、アスパラパスタ、作りますよ~!!
f0186462_16395335.jpg


まず、ベ-コンを炒め、その中にアスパラを入れます。
この写真では、2人前、アスパラは、7~800グラムくらい入っています。

アスパラ農家の役得かも041.gif
(でも全て、規格外)

そして、塩コショ-ですね。
うちでは「吹上浜の自然塩」を使っています。
甘味があって、やさしい味なので、好きな塩です。

アスパラは、このように縦に切ったほうが、食感がいいですね。
シャキッとしていて、この方が好きです。(太いものでないと少しつらいかもしれませんが)

炒めるときには米油がいいそうです。
オリ-ヴオイルだと、重くなりすぎるようですね。

ここで、ポイント!
アスパラを加熱するときには、フタをして、蒸し焼きに!

f0186462_16402637.jpg


アスパラを炒める前でも、あとでもいいですから
目玉焼きを作っておきます。
このとき、火加減は、消えるか消えないかの、極弱火で!
そうすれば、白身が、白身のまま(?)
まったく焦げ付くことがありません。

本当は、温玉のほうがいいのですが、簡単に済ますには
目玉焼きでもけっこうです。

f0186462_16405476.jpg


先ほどの、ベ-コン・アスパラ炒めに、オリ-ヴオイルでパスタを絡め
目玉焼きを載せて完成です049.gif
(上の画像は、温玉です)

このときに、白トリュフオイルを数滴かければ、完璧です!

ホント、幸せな気持ちになります。

f0186462_16411378.jpg


塩コショ-とベ-コンだけでは、こんな味にはなりません。
かといって、茹でたアスパラの味が加わるのかといえば
そうでもない。絶妙な、味ですね。

アスパラとベ-コン、ベ-コンと卵、卵とアスパラ、全てベストマッチングとのこと
美味しいはずですね058.gif

やはり、何でもプロに聞いてみるもんですね。

毎日でも、食べ飽きることがありませんでした。

アスパラ、かなりの量使っていますが、規格外がけっこう出たときには
調子にのって、無茶苦茶入れてみました(笑)

f0186462_16414073.jpg


でも、「ものには、限度が・・・」
アスパラの味、しすぎ~041.gifでした。

春のアスパラで作ると、美味しいですから、一度お試しください001.gif

※ これ、とりあえず、ペ-ジにも載せとかなくっちゃなあということで
  作りながら、急きょ撮影したものです。
  来年は、もっと、オシャレに、美味しそうに撮影しますね041.gif
  

[PR]
by chikomomorara | 2008-12-24 16:44 | 食べること | Trackback
このところ「アスパラの季節が近づいてきましたよ~!」
と告知していたら、「アスパラ楽しみにしています」等々のご連絡をいただき
おまけに、ニセコ直売の店長さんからも「アスパラ美味しいね~」とのコメントも・・・

自分自身でも、春のアスパラが楽しみになってきました~001.gif

というのも、今年、本当に毎日毎日、アスパラパスタばかり食べてたんですね。
何食食べたでしょうか?

ほぼ、6ヶ月毎日、多いときは一日2回食べてましたので(ホント、馬鹿です!)
250食くらいは食べたのではないかと思います。

消費者の方は信じられないかも知れませんが、生産者というのは
自分のところで作っているものは、あまり食べません(笑)

これ、周りの農家でもそうですし、全国各地、就農地を探しているときに
お世話になった、農家の方々も同じです。

我が家だと、春のアスパラの出始めは、やはり、楽しみだから食べます。
「ああ~!やっぱり美味しいね!」と・・・
規格外にもならないようなものを食べるので、これが毎日続きます。

収穫が始まると、毎日2回は、何時間もとアスパラと顔を合わせますし
収穫時、味のチェックも兼ねて、細いものを生で食べたりもします。

で、どうなるか・・・・
お分かりですね(笑)
家族全員、誰も食べなくなります(笑)

おまけに、農繁期は、忙しく凝った料理は出来ません。
(うちの場合は、先代もいないので・・・)
で、毎日、延々と、アスパラのゆでたものが、おかずで出てくる
といった具合でした。昨年までは・・・・

で、CAINOYAの塩澤シェフに教えてもらったんですね。
「ハウスから、疲れ果てて帰ってきたときに、簡単にアスパラを使って
出来る料理はないかと・・・」

教えてもらったのが、このパスタです。(かなり変わっているかも・・・
また、画像も、作りながら、やっつけ仕事で008.gif撮影しましたので
あまりオシャレではありません!

でも、オススメです049.gif
アスパラを、ほとんど食べなかった(笑)アスパラ農家が毎日食べても
飽きないパスタですから

※注記 パスタが異常に好きな人間が書いていますので、少し差し引いてくださいね(笑)

f0186462_23463540.jpg


材料は、アスパラ、ベ-コン、卵、塩、コショ-、できれば白トリュフオイルです。

あっという間に出来ます。

作り方は、また明日に・・・

[PR]
by chikomomorara | 2008-12-23 23:49 | 食べること | Trackback
今日は、3日目、大分、勉強になりますか~?

実は、個人的なことなんですけど、昨日、うちのネコが

f0186462_23423.jpg


交通事故なんでしょうか?
血まみれになって、帰ってきたんです。

顔のあたりというか、あごのあたりが・・・・
すぐに病院に連れて行って、手術してもらいましたが
何せ、食べることが出来なくて・・・

ですから、落ち込んでいるんですが、
でも、ネコも頑張っていますので、ブログも頑張って書きますね!

今日は、スジっぽいアスパラ2です。

昨日は春アスパラについてですが、世の中には夏アスパラもあるんですね。

春は、地下の貯蔵根の養分ででてきます。
ですから、養分は減る一方です。
そのまま、収穫し続ければ、養分がなくなって枯れてしまいます。

どこかで、収穫をやめて、そのまま延ばして親茎を養成する必要があります。
この時期の判断が、非常に難しいんですね。

で、延ばした親茎が光合成するようになれば、その栄養で
次のアスパラが、萌芽してきます。

f0186462_2351515.jpg


主に、寒地の露地栽培では、収穫せずに全て立てることになります。
ところが、西日本のハウス栽培では、込みすぎてしまいます。

また収穫を続けることにより、貯蔵根も伸びますので
それを、収穫、出荷するわけですね。

出始めてから、順調に光合成し、それが夜、温度が下がって
養分が転流し、新しい芽に供給されれば、問題ありません。

でも、夏のこの時期(鹿児島では6月~9月)梅雨があり
日照が少なかったり、暑すぎたりして、気候的には過酷になってきます。

当然、アスパラも疲れてくるんですね。
その影響で、昨日の3~5の要因で、スジっぽいものがでてきたりします。

また、これは夏特有なんですが、葉っぱの影になるため
緑色が薄いものになってきます。
そうすると、元気があっても、かたくなってしまいます。
(白アスパラがそうですよね)

夏のこの時期は、温度のコントロ-ルは難しいので
(ハウスは全開のままです)
水の管理と、肥培管理、そして、茎葉の整理をすることによって
生育をコントロ-ルします。

温度が高く、もともと生育は速い為、健康に保つことが出来れば
スジの少ない、美味しいアスパラを作ることが出来ます。

この時期は、一日2回の収穫に加え、病虫害との戦いもありますので
こちらの健康管理も大変です(笑)

ちなみに、春のアスパラは濃厚な味わい
夏のアスパラは、フレッシュなみずみずしい味わいが特徴です。

次回はアスパラ嫌いになる、あの「えぐみ、苦味」についてです。

[PR]
by chikomomorara | 2008-12-18 23:06 | アスパラ栽培 | Trackback
アスパラガスでよく言われるのが
「スジっぽい」「えぐみがある」この2点ですね。
だから、アスパラは嫌いとか、根元のほうは、ピ-ラ-で剥きましょうなどといわれます。

これって、作り方で、かなりの部分回避できるんですよね。

今日は、前者のスジについてです。

まず、なぜ、スジっぽくなるのか?
意外と、簡単です。

「成長が遅いから」です。
成長が早くなれば、皮も薄くなる。

これで解決です001.gif

でもここからが難しいところなんですね。
「なぜ、成長が遅いか?」
これにはいろんな要因があります。

1.伸びるときの温度が低い
2.湿度が適当ではない
3.株に力がない。あるいは力があっても疲れている。
4.窒素不足
5.栄養が足りない、あるいは、栄養が吸収できない。
6.細い(上記3と関連します)
7.鮮度が悪い
8.収穫後の管理が不適正

などでしょうか?

春のアスパラでは、主に1~3と6が関係してきます。

アスパラは、上記を見ても分かるとおり、非常にデリケ-トな
作物なんですね。(他方、信じられないくらい鈍感な部分もあります)

人間でも、このような人もいますよね(笑)

春のアスパラは、朝収穫するんですが(後半は、夕方も)
その前の、夜にグッと伸びるんですね。

ですから、夜の気温が低いと、あるいは地温が低いと
伸びるスピ-ドが遅くなります。

また、アスパラも体感しているんでしょうか?
ある程度の低温なら気温が低くても、
湿度があれば、けっこう寒く感じないですよね。
ですから、湿度も適正でなければなりません。

もっともベストなのは、夕方まで晴れて(ハウスを夕方閉め
太陽の熱を取り込みます。その際、潅水して、地温、湿度を
コントロ-ルします。)、その後曇り、夜、さほど冷え込まず
この季節にしては、「ヌメ-っっと暖かい」翌朝がベストです。

また、環境が良くても、株自体に力がなければ、細いものしかでてこず
スジっぽくなります。
株に力があったとしても、2~3日元気に萌芽したあとは、疲れてきますので
そのような時も、スジっぽくなったりします。

株の状態の兆候は、収穫ハサミで切ったときの感触、香りで
感じ取ります。(ですから、ハサミは毎日、研ぎます)

1~2日先のことを読んで、予防的に管理していくわけですね。
また、毎日、調子よく出させるわけにも行きませんので
アスパラの体調?を見ながら、芽の出方をセ-ブすることも重要です。

ちょうど、春芽のころは、気候の変動が激しいので
土壌水分、湿度、気温、地温、今後の天候、株の様子、芽の出方
など、勘案しながらの作業になります。

ちょうど、そば打ち職人や、うどんで、粉の状態、温度、湿度によって
水回しの加減、水加減、塩加減をするのと同じです。

以上のことが、上手くいけば、春芽ではほとんど、スジを感じることのない
アスパラが収穫できます。

でも、ハウス農家ではここまで考えて、というかスジっぽくないアスパラを作る
という方針で、栽培するのは、ほとんど皆無ですから、ここまでは考えません。
(スジっぽかろうが、量を出せば、金になるわけですから、当然ですね)

また、露地栽培では、コントロ-ルすることは出来ませんので、ほぼ天候任せです。
でも、無理なく萌芽する気候にならないと、露地では出てきませんので
下手にハウスでコントロ-ルするよりも、おいしいものが出来ます058.gif

f0186462_059224.jpg


で、萌芽開始2週間内に、上記のような条件が揃うと、「これは出荷したくないなあ。」と思えるような
見事なものが、収穫できます。
上の写真の左2本がそうですね。

大きさ、色、形など、どれをとっても超一級品です。
(味は、他のものもあまり変わりません)

このようなものは、年に、50本行くかどうかですね。

ちなみに、この写真、見る人が見れば、前日の気温、地温、土壌水分量
まで分かってしまいます。

いかがでしょうか?
少し分かりにくかったかも知れません。
美味しいものをお届けするためには、結構神経を使っているんだ
と分かっていただければ、嬉しいです

でも、りんごの世界はもっとすごいですよ
アスパラの場合は、管理の妥当性が、すぐあとの収穫で分かりますが
りんごは、まだ、花も咲いていない剪定でほぼ決まってしまうそうですから・・・

私の師匠(と、勝手に思っているだけですが)はすごい人でした。
永遠に、修行です001.gif


[PR]
by chikomomorara | 2008-12-18 01:00 | アスパラ栽培 | Trackback
今年も、そろそろ、アスパラのシ-ズン開幕が近づいてきました。
12月下旬から、作業を始め、3月中旬(多分)から収穫開始になります。
シ-ズンに入ると、ブログも更新できなくなるかもですので、今の間に
渾身で、「アスパラ講座」開講です001.gif

受講料無料ですから(当たり前!!)是非、勉強していってくださいな041.gif
では、アスパラの旬から

多分、旬と聞かれる方は、「美味しい時期」を聞いているんであろうと思います。
答えは、ずばり、春芽です。

地中の貯蔵根(深さ1メ-トル横2メ-トル以上張ります)に蓄えられた
栄養によって、萌芽するのが春芽です。

人間で言えば、午前10時くらい、よく寝たあとの元気いっぱいの頃です。
(私自身は、朝が弱いですが・・・008.gif

ですから、1年間でも最高のものです。
春といっても、鹿児島と北海道ではまるで異なります。
ちょうど、平均気温が20度を越す頃から出始めです。

鹿児島では1月に菜の花が咲き始めますので
3月中旬が、その頃になります。

その時期になるまで、十分眠らせてあげます。
北海道や、東北では露地なので6月ころでしょうか?

西日本では、ハウスが主体のため(雨をよけるため)
ハウスを締め切り、温度を人為的に上げ、おまけにいろんな方策で
1月頃から出荷することも可能です。
1~2月は相場が高いのですね。だから早出ししようとするわけです。

眠っているのをたたき起こすようなもので、その後の生育も良くありませんし
はっきり言って、マズイです
わざわざ、取り寄せる価値なしです。

うちでは、3月に自然に目が覚めるまで、お待ちします058.gif
露地栽培と同じやり方ですね。
(アスパラもその後、8ヶ月ほど働きづめなので、かわいそうですよね)


f0186462_152446.jpg


これ、今年の3/17の収穫時のものです。
太いものが、元気良く、萌芽してきます056.gif
春芽は、地中の栄養のみででてきますので、収穫開始から波を描きながら
糖度が下がってきます。
一回目のピ-クは、10日ほどでやってきます。
ですから、春芽の収穫開始2週間の中で、そのシ-ズン最高のものが収穫できます。

f0186462_1532999.jpg


太いものほど、美味しいですね。
元気がないと、太いものはでてきません。

このアスパラ、代官山の野菜で有名な、イタリアンのシェフのところに旅立っていきました。
イタリアンやフレンチのシェフは、とにかく「太いものを」という要望が多いです。

いつ最高のものがでるかは、アスパラ自体の体調、夜の気温、地温の組み合わせによります。
毎日毎日、激しく変わりますので、その日収穫しに行ってみないと分かりません。

うちの場合、今年は3/20が、押しなべてベストでした。
どのハウスも、今年の最高糖度17度以上を記録しています005.gif
これって、すばらしく甘いです049.gif
宮崎マンゴ-「太陽の卵」の出荷基準が15度ですから。

f0186462_154531.jpg


25センチに、機械でカットし、P-プラスに入れる直前です。
色を見てください。
外側の緑色の部分が厚いでしょう!!

この部分が厚く、はっきりとしているほど、糖度が高い証拠です。

本日の格言041.gif

☆アスパラ好きなら、春の出始めのアスパラは見逃すな!!です001.gif

[PR]
by chikomomorara | 2008-12-17 01:57 | アスパラ栽培 | Trackback