エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:アスパラガス ( 688 ) タグの人気記事

98円!!


今日は、用事があったので、ついでにイオンに寄って来ました。
火曜市、セ-ルなんです。オマケにお客様感謝デ-で、ポイント5倍
(楽天会員は、このポイントに弱いんですよね・・・)
でも、結構閑散としていました。
景気が悪いんですね。仕方が無いかと・・・

でもみんながみんな、消費を抑えたら、より悪化してしまいます。
「合成の誤謬」ですね。
何か、将来に展望が持てるような、きっかけが欲しいですね。

せめて少しでも、春を感じていただけるような野菜を
お届けできればと思っています

ところで
asupara01.jpgasupara02.jpg

売っていましたよ
おなじみ、タイ産アスパラ、な、なんと98円

売れていました 98円ですから、そりゃ買うでしょう

一方、いつもの売り場には、多分収穫してから5日以上経過した佐賀産が・・・
こちらも見ると、98円

イオンも値引きましたね
通常、この時期だと258円~298円ですね。
でもその値段では売れ残る、ならばと、同じ値段にしたのでしょう。

この2つ、同じ品種です。
鮮度も、多分同じくらいでしょう。どちらも、4~5日以上は経過してます。

皆さんなら、どちらを買いますか

答えは、迷うことなく、佐賀産です

理由は、国内産だから・・・ではありません。
国内産だから安心とは言い切れません。
結構、危険なというか、いい加減なものも多いです。

左は、立茎してから収穫する夏芽、右は春芽だからです
同じ生産者のものでも、断然、春のほうが濃厚で甘い(はず)
夏のものは、あっさりとした味わいです

えぐみは、普通の方針で作るとどちらもあります。

味を比べるのなら、春は春同士、夏は夏同士で比べる必要があります。

上のケ-スでは、夏vs春ですから、その時点で「勝負あった~」です

はかまを見てください、左はとがっているし、右は正三角形ですね。
糖度もまったく違う。
今日、佐賀産を買った人は、ラッキ-です


感動のアスパラガス!春のこの時期、3回の幸せをお届けします!リピ-タ-様に、仁左衛門からの感謝のセットです!【期間限定 数量限定】【090209_送料無料】最高級プレミアムアスパラガス3回セット

ところで、アスパラガスを、ご注文くださった方
本当にありがとうございます。

また、まだ、ご検討いただいているお客様、申し訳ありません

昨年と比べると、かなり高い
ましてや、この景気悪化です。
「食べたいなあ・・・でも高いなあ・・・」
でも思い切って、・・・というのが、いただいたご注文だと思っています。

余裕で購入なさったお客様なんていない。

皆さん、苦しいけれど、一年に一回の贅沢と思って
ご注文くださったんだと思います。

それに120%お応えしなければと感じています。

今年も、昨年のお客様全員に喜んでいただきたいという気持ちもあるんですが
実際のところ、この価格で、ぎりぎりのところなんです。

本当は、送料コミで、2980円くらいにしたいのですが、そうすると
事業を継続できません

送料も考えると、1キロ4000円
それだけいただくには、本当に、今年も感動していただかなくちゃなあ
と今日のアスパラを見ても、つくづく思います。

ですから、お応えするには、価格以上の価値を感じていただけるように
味はもちろん、サ-ビス面でも、より向上を図っていきたいと思っています。

現在ご検討の方、じっくり考えてください
第一弾が、売り切れても、状況を見ながら、追加販売できますので。
(本来、反対のことを言わなければならないのかも知れません   笑)

なお、上に書きましたように、5月以降の夏芽は味が違います。

当然、春アスパラよりも、価格は下げますし、好評だった
訳ありアスパラや穂先スペシャルも販売予定です。

春の味は、この一ヶ月のものですが、アスパラ自体は9月~10月までありますので
ご安心下さい

また、少しでも、負担させていただこうと思って、同梱で、送料を当店負担にしています。
ご注文の際に、ぜひご利用ください。


プロ使用の、野菜鮮度保持袋 Pプラスを原価でお分けします。当店が、アスパラ梱包に使っているものです。葉物などの鮮度保持には、絶大な効果があります。【同梱専用】鮮度保持袋 Pプラス 10枚セット


職人のプライドが作り上げた、究極の自然塩!雑味がなく、旨みと甘さが際立ちます!おにぎりでぜひ試してください!【同梱専用】一切の妥協なし!究極の自然塩!渚のあま塩


[PR]
by chikomomorara | 2009-02-11 00:59 | Trackback

アスパラが早いかも?



どうやら、今年は、このままシ-ズンに突入しそうです。

今日も、3月下旬の陽気です

ume01.jpg

家の裏の梅が、満開です
ちなみに、今年はどこの家の梅も、満開です。
梅の表年なんですね。
多分、梅の実が、大量に出来そうです。(南光梅です)

mokurenn01.jpg

白木蓮のつぼみも、日に日に膨らんでいます。
この木蓮が満開になるときが、
アスパラの一番のピ-クなんですね。

どう考えても、あと1ヵ月このままとは思えない。
ということは・・・2/20くらいからアスパラ収穫開始かもしれません。

今日、ようやく、バ-ナ-焼きがすべて終了
あとは、肥料散布と、堆肥入れです。

この作業に、10日くらいはかかるので
急がなければと思っています

年末から、休みなしでやってきたので、堆肥を入れたら
1週間くらい、少し楽が出来るかなあと思っていたのですが
(青色申告もやらなくちゃいけないし

ということで、

☆ご注文の裏ワザ!

というほどのこともないんですが・・・

アスパラ屋仁左衛門からの、オススメです!

□お届け日は、おまかせが一番です!

アスパラガスは、当日、収穫に行ってみないと
収穫量・品質が分かりません。
そのくらい、夜の温度・湿度に敏感な作物です。

それを平準化するのも、腕なんですが
何しろ、3月~4月は気候の変動が激しい。

ですから、配送日の指定は、出来ません!
不可です!ということになっています。 

収穫がないということはありませんが
「あまり送りたくないなあ、
あと数日すれば、予報などからは
もっといいものが、お送りできるのに」
ということは、良くあります。

いいものが出た日に出来るだけ、発送したいので
ご協力をお願いします。

□時間帯指定は、できるだけ夕方以降を!

これは、他の野菜でも同じです。
午前中配達だと、前日の夕方には、配達営業所に
到着している必要があります。

夕方、着いても、配達は翌日になります。

ですから、発送してから午後に比べ、1日多くかかってしまいます。
(夕方だと、すぐに配達しますから)

出来れば、夕方以降を指定していただければ、より新鮮な
ものがお届けできます。


□まとめてのご注文もお受けします。

例えば、「春の期間内に、約1週間おきに
3回送れ」などのご注文にも対応できます。

実際、昨年も、数多くいらっしゃいました。

出来れば、このようなセット(のようなもの?)
も、作る予定です。

□ご家庭用の数量は?

昨年までの経験では、1キロ~1.5キロが
いいのではないかと思います。

P-プラスにお入れしますので、1週間は美味しく
召し上がっていただけると思います。

流通しているものは、一束約100グラムです。
ですから、10束分ですが、糖度が高いものほど
比重が高く、同じ太さでも、重いです。
ですから、初めの発送分ほど、本数は少なくなります。
(その分、甘く美味しいです)

以上、あくまでもオススメです。


ちなみに、2/7販売分は、春の収穫量の一部です。

収穫が始まってから、状況を見ながら、追加販売します。

その際には、多分、ブログのみでの告知になります。
即時性の観点からと、収穫が始まると、メルマガ書いている
時間がなくなるためです。

[PR]
by chikomomorara | 2009-02-08 02:05 | アスパラ栽培 | Trackback

やっぱり、春?



今日の朝は、放射冷却で、遅霜でした。

f0186462_23234826.jpg


普通なら、「ただの霜」なんですが・・・
まだ、2月ですし・・・
でここ一週間ほど、全くの春モ-ドです058.gif

このまま暖冬傾向だと、今年は2月下旬からアスパラ収穫かなあと思い始めました。
バ-ナ-焼き、急いでいます。

f0186462_23235325.jpg


これが、2回目の焼きが終わったところです。
きれいでしょう!!

あと、1反(1000平米)を残すところまで来ました。

1300度の炎で、土を焼いていますので、
表面には、病原菌・雑草・虫の卵、すべてありません。(のはず・・・)

これも、減農薬(無農薬)のための第1歩!

同じ、無農薬でも、露地野菜は自家用です。
「出来てもできなくてもOK」ですが
こちらは、本業たるアスパラガスです。

「最高品質のものが、一定量できなくては困る」
ので、手間も、コストも必要なだけ投入します。

焼きながら、畝を見ると、日ごとに、新しいアスパラが
芽を出しています。

f0186462_23235747.jpg


こちらは、昨年、好評だったエシャロット

こんな感じで、ハウスの谷(棟と棟の間)に植わっています。
今年は、10月まで露地で株養成、かなりの量を
定植しました。
ピリッとしていて、春の土の香り、好きな味です001.gif

お楽しみに058.gif


[PR]
by chikomomorara | 2009-02-02 23:27 | アスパラ栽培 | Trackback

みてください!!

f0186462_23483758.jpg


アスパラの芽が、顔を出してしまいました008.gif

「出してしまいました」というのは、まだ出てきて欲しくないんですね。
今は、寒さで休眠期間なので、もっとゆっくり休んでいて欲しい。

昨日、書いた「桜」と同じです。

ゆっくりと休養期間十分のほうが、元気が続くものなんですね。
例年は、2月中旬あたりから顔を出し始めます。
7~8割方、目が出始めて、ハウスを閉めこむんですね。
そうすると、いっせいに萌芽し始めます。
(ボイラ-は、炊きません)

本格的に出始めるのが、3月初旬になるわけです。

まだ、一株なのでなんともいえませんが
もしかすると、例年より早くなるかもしれません。

ということは、やっぱり1月は例年よりも
寒かったということなんですね。

なんか、がっかりしたような言い方ですが
(がっかりしてますが・・・)
普通のアスパラ農家だったら、小躍りして喜ぶところです。

何故かって?

1月は単価が高いんですね。
まだ、品物が少ないから・・・
2月、3月になるにつれて、値崩れしてきます。

だからどうしても、早出ししようとします。
これ、何の作物もそうですね。

ピ-マンなんかも、12月とか1月が高く、後になればなるほど
安くなります。
スイカもそうですね。
結果、夏の盛りには、美味しいピ-マンとかスイカには
お目にかかれない。

何も、寒い時期に、ピ-マンを食べなくてもいいと思うのですが・・・
それより、旬の時期に、安全で美味しい野菜があったほうが
豊かだと思うのですが、どうでしょうか?

ちなみに、アスパラは春から初夏のものです。
鹿児島では、3月は春、4月は初夏の陽気です。

もう少し、休ませたいと思います。

でも、このアスパラ、もったいないので、食べますよ~041.gif

[PR]
by chikomomorara | 2009-01-28 23:50 | アスパラ栽培 | Trackback

本日も焼き焼き!



本日は、2度目のバ-ナ-焼きです001.gif

f0186462_23165369.jpg


一回焼いた畝を、こういう風に掻き落とします。
このバ-ナ-、火炎放射器みたいなものなので、火力は強いのですが
土を、2~3センチ掻き落としてみると、熱は伝わっていません。
3分くらい、同じところを焼いても、ほのかに暖かくなる程度です。
そのくらい、土というのは、熱を伝えないものなんですね。

そう考えると、太陽の力というのは、すごい威力ですね。
1時間も、日に当たっていると、温かくなっていますから、すごいものです058.gif

f0186462_23174625.jpg


表面の土を掻き落とすと、昨年の茎がまた出てきます。
今度は、ここを中心に、念入りに焼いていきます。

これだけ、焼くと、株元の周囲にある、病原菌はさすがに死滅します。
おまけに、もし、害虫の卵などがあっても、これも全滅させることが出来ます。

農薬で防除することも出来ます。
そのほうが、手間、コストともに、比べ物にならないほど省けます。

でも、他の手段がないときや、ここで農薬をまかないと
収入がなくなってしまうといったときのみにしようと思っていますので
ここでは、使いません。

ここまで、作業が進むと、ようやく先が見えてきます001.gif

ところで、野菜セット、明日の22時から追加販売します!
(2月上旬~中旬になると、本格的に菜花などが発送できるようになると思います。)
高菜・みずなも発送できそうなものもありますし
アスパラ菜も、蕾をつけています。

でも、このところ天候の変動が激しいんですね。
少し暖かくなるといっせいに成長し、
そのままおいておくと食べられなくなります。

かと思うと、本日は曇って、すっごく寒いです。
全く、成長していません。
特に、春菊、アスパラ菜は左右されます。

ですので、今回は、発送日はお約束できません。(時間帯はOKです)
また、発送できる日によって、内容物も変わってくると思います。

ですから、「気長に待つよ~!でも、箱いっぱいで、お得なものが欲しいよ!」
といった方のみ、ご購入ください040.gif

(でないと、箱を開けてみれば、高菜とみずなしかないということにもなりかねませんので)

[PR]
by chikomomorara | 2009-01-23 23:20 | アスパラ栽培 | Trackback

本日から、バ-ナ-焼き開始です。
病害虫防除のために、畝の上と通路を灯油バ-ナ-で焼きます。

f0186462_2239569.jpg


地上部を刈り取り、持ち出したあと、レ-キできれいに掃除しています。
でも、葉っぱが枯れてものや、茎がまだ残っています。
これが、病原菌を持っていたりするんですね。

露地栽培では、畝上に地上部の枯れたものを積み上げ
そのまま焼いたりするそうですが、ハウスではそうもいきません。
ハウスが全焼してしまいますから・・・(笑)

出来れば、持ち出すことも要らないし、簡単なのですが・・・

f0186462_22403765.jpg


そこで、バ-ナ-登場です。
プロ用のものなので、火力が全く違います001.gif

でも、高いのと、灯油を驚くほど消費するのが、欠点です。

f0186462_22405830.jpg


まずは、このように予熱して。

f0186462_22414758.jpg


熱くなってくると、圧力を上げて、一気にガス化させます。
コ-ルマンの、ガソリンスト-ブやランタンと同じです。
ガス化させた灯油を、噴射しますので、かなり大きな音がします。

F-15のアフタ-バ-ナ-みたいで、かっこいいですよ~!!

特に株元を、念入りに焼きます。
表面の病原菌や、害虫の卵などは死滅します。

f0186462_22421974.jpg


通路も念入りに・・・
ハウス全面の表面を、焼いてしまうんですね。

f0186462_22424457.jpg

これが、一回焼いたあとです。
一回というのは、このあと、土を掻き落として、もう一回焼くんですね。

かなりきれいになったのが、わかるでしょうか?

写真のハウス一棟焼くのに、1日かかります。

火傷以外は、そう神経を使う仕事ではありませんが
一日中、灯油の匂いの中で作業していますので、今も、灯油のにおいが
しているような感じです。

これから、約2週間は、この作業が中心です。

さて、本日は雨でしたが、かなり暖かく、露地畑の野菜たちもも生育しているようです。
アスパラ菜などは、どんどん蕾が出てきていますので
明日あたり、野菜セットを追加販売しようかなあと思っています。

ただ、土曜日からは、雪の予報もありまた冷え込むみたいなので
発送日指定は、承れないかと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2009-01-22 22:45 | アスパラ栽培 | Trackback

お待たせしました001.gif

春のアスパラ、収穫予定数が概ね確定できました~!

本日現在では、2/8販売開始の予定です!
休日なので、そのほうがいいかと思いました。

昨年度は、春アスパラ、約1.8トン販売しています。
全て、売り切れてしまいました。

今年は、一部のハウスをホワイトにすることもあり、
また、業務用の引き合いも多いことから、とりあえず
1トンを、第一次の販売分とする予定です。

昨年度は、2/23に楽天市場に出店。
ペ-ジも楽天らしくなく
(今もそうですが・・・汗、今年、利益が出れば、ペ-ジを作り直します)
クレジット決済もまだできていない状態での、スタ-トです。

当然、メ-ルアドレスもなく、メルマガも出せない状態でした。

まず、売れませんよね!

メルマガも来ないのに、わざわざ検索してまで店には行きません。

その上、行ったとしても、怪しい(笑)ペ-ジで、おまけに、鹿児島のアスパラ!!
普通絶対に売れません(と、客観的に考えていました)

ところが

f0186462_22425720.jpg


開店2週間で、な、なんと楽天ランキング1位!
びっくりでした005.gif
3月に入ってから、収穫開始で、発送も行っていましたので
ランキングなど、チェックする余裕もなく、睡眠時間2時間の毎日でした。

これも、他店の店長さんに、メ-ルをいただいて初めて知りました。

その2週間後には

f0186462_22433665.jpg


上位独占してしまいました!


春アスパラ収穫の終盤に入っても

f0186462_2245026.jpg



本当に、お客様には、感謝、感謝でした。

ただ、今年は、昨年のように赤字での販売は出来ません。
(赤字覚悟や、原価割れなどではなく、全くの大幅赤字!
 当初は、数量限定で行く予定でしたが、感謝の気持ちで、
 春は全て、赤字のまま突っ走ってしまいました)

ですので、どのくらい売れるのか分かりませんが
ぜひとも、この時期の、当店のアスパラは召し上がっていただきたいと思います。

「これ食べると、普通のアスパラ食べられないですよ!人生観変わりますよ(大げさか?)」
といい続けましたが、「本当にそのとおりだった」とのコメントも数多くいただいています。

評判は、昨年のレビュ-をご覧いただければと思います。

また、グルメな方はじめ、ミシュランクラスの著名なシェフの方々からも
ありがたい評価をいただくことが出来ました。

ですから、ご自宅用のほか、ギフトとしてもご利用いただければと思います。

収穫開始は、2月下旬~3月中旬(天候しだいです)で、発送開始もその時期になります。
昨年と同様、発送日時のご指定は承ることが出来ません。

また、究極のギフト用としての、セットも販売する予定です。
以前、書きました「年に数回あるかどうか」の極上品ですね。
収穫している私自身が「出荷したくない。そのまま、飾っておきたい!」
と思うようなものです。
「いつ出るか、どのくらい出るかも分かりません。もしかしたら出ないかも?」
そういったものもご用意する予定です。

これは、収穫が始まって、しばらくしないと、出せるかどうかも分からないので
2/8の販売開始ではありません。

この時期のアスパラは、ちょうど、北海道産の5月下旬~6月のものに当たります。

当店の場合、春アスパラ終了後は、立茎し、6月~10月までアスパラを収穫します。
その時期も、販売しますが、甘さ、濃厚な味わい、アスパラの香りなど
春アスパラならではのものがあります。

しつこいようですが(笑)何キロ食べようかなど、検討しておいて下さいね♪

[PR]
by chikomomorara | 2009-01-17 22:45 | Trackback

佳境の全刈り

いや~!寒いですね~!
朝、目を覚ましたら、うっすらと雪景色005.gif

とはいっても、南国の話、北国の人が聞けば、笑ってしまうほどのものですが・・・

でも、一日中、20メ-トルほどのあられ混じりの北風が吹きまくり、
収穫作業がつらかったです~007.gif

正月から暖かい日が続き、大根や高菜の生育が進んだため、急きょ20セット販売しましたが
またもや、30分で売切れてしまいました040.gif
今回はブログだけの告知だったので、2日くらいかかるかなあと思っていたのですが
熱心にご覧いただけているようで、ありがとうございます001.gif

でも販売決定したとたんに、冷え込んだため春菊はお入れすることが出来ませんでした。
代わりに、サラダ人参を葉つきでお入れしましたので、葉っぱはぜひ、フリット(天ぷら)で
召し上がってみてください。人参の味がしますよ~001.gif(当たり前か?)

正月以来、暖かかったものの、夜は冷え込んでいましたので、あのカステルフランコ
赤い斑が、きれいに入っています。

f0186462_018790.jpg


市場では、まずお目にかかれない、また、国産としては極めて珍しい西洋野菜です!
高級レストランでは、輸入して取り寄せているとのことです。
1キロ、2500円とか3000円とか言う、高級野菜です。
本日から発送するセットには、全て入れますので、食べてみてください!

さて、年末から正月も休まずに続けていた、アスパラガスの全刈り、佳境に入ってきました。

f0186462_0185984.jpg


全てのハウスで、あとは株もとから刈るだけになりましたので

f0186462_0192046.jpg


刈払い機で、株もとから切っていきます。
けっこう、神経を遣います。


f0186462_020467.jpg


というのも、ハウスでは、狭いので、回転している刃の部分をぶつけると
反動で、自分の足元に向かってきたりするんですね。
足でも触れようものなら、大怪我ではすまなくなります。

また、畝上には、潅水ホ-スがあるので、それにも触れないように
細心の注意で、作業を行う必要があります。

f0186462_0202878.jpg


刈った後は、引き抜いたあと、山にして・・・

f0186462_0205289.jpg


人力で、ハウスの外に持ち出しです。
けっこう重いです007.gif
ハウス内の作業は、このように、人力で行う作業が多いのです。

片付けた後は、まだまだ作業が残っています042.gif

[PR]
by chikomomorara | 2009-01-11 00:22 | アスパラ栽培 | Trackback

やっと、ヘッジトリマ-を使っての刈る作業が終了しました~001.gif

f0186462_0581668.jpg


2段に張っているネットから取り出しやすいように、真ん中を切断です。
頭を突っ込んで、右手でバリカンを持ちながら、左手で上に持ち上げて切っていきます。
これ、腰と肩が悲鳴を上げるんですよ007.gif

f0186462_0584325.jpg


あと少し、あと少しと、言い聞かせながら、50メ-トルを切って行きます。

f0186462_059586.jpg


少し切っては、ハア、ハアと息が切れます。
そんなこんなで、50メ-トル、32本終了です!!

考えてみたら、1.6キロ切っていくんですね。
身体を酷使しながらも、気を抜くと大怪我しますので
バリカンで刈る作業が、最も疲れます。

あとは、刈払い機で、根本を切っていきます。

ここまで、準備の約半分が終了です058.gif

ところで、こういう風にして、地上部を刈り取りながら
「この畝の、この部分は、いい感じだなあ、ここは悪いぞ」などと
情報を整理していきます。

春のアスパラの出具合は、前年度の秋から冬の地上部の様子で
決まってしまいます。
どれだけ、養分が貯蔵できたかにかかっているんですね。

でも、根っこを全て掘り返してみることは出来ませんので
地上部の様子は、一番の参考になります。

多分、昨年並みには出てくれると思っています。
いつから、萌芽し始めるかは、これからの冷え込み次第です。

1月下旬か2月上旬には、予約販売開始したいと思っています。

[PR]
by chikomomorara | 2009-01-08 01:01 | アスパラ栽培 | Trackback


明けまして、おめでとうございます


今年は、楽天出店2年目、さらにお客様の満足度向上目指して、頑張っていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

思い返せば、1年前は、まだJAへの共同出荷からの離脱が、認められておらず
楽天への出店も、決定していませんでした。

それが、1月下旬に、自分で売ることが認められ、楽天への出店も決定
それから全てのスタ-トでした。

アスパラの農作業とともに、ペ-ジ作成も何も分からぬまま
2月下旬の、開店に・・・

本当に、たくさんの人々のおかげで、ここまで来れたと思っています。

まずは、昨年以上の、美味しいアスパラに向け、頑張っていきたいと思っています。

さて、本日は「美味しいアスパラの見分け方2」です001.gif

f0186462_20505057.jpg

上の画像は、春のアスパラの萌芽の様子です。

全て、いい具合に萌芽しています。
はかまも全て等間隔、はかまの形も申し分ありません。

これ収穫体験などの際には、説明するんですが
きれいに、そして、素直に「すっと、伸びているもの」がいいアスパラですね。
美味しい野菜というのは、すべからく「たたずまい」がきれいです。

ですから、もし、新鮮な野菜を選ぶ機会があれば、たたずまいがきれいなものを
選んだほうがいいですね。

また、糖度の高い、中身がつまった野菜というのは、同じ体積でも
重いものです。アスパラも、糖度の高いものは、絶対に重い。
これ、原則です。

ですから、重いものを選ぶというのも鉄則です。

でも、このあたりは、比較する対象を持っている生産者だから
いえることかもしれませんね。

春のアスパラは、根っこの養分で、萌芽してきます。
春のシ-ズン(1ヶ月前後)という、比較的長期の傾向では
養分は、減少してきます。

ですから、出て来るアスパラの質も、長期的には低下のトレンドです。

でも、収穫開始5日目のほうが、10日目よりいいとは限りません。

夜の気温によっても大きく左右されますし、いっせいに萌芽
(上の写真のように)したあとは、必ず、疲れますので、温度を少しセ-ブして
休ませることも必要です。

また、株によって、リズムも違いますので、収穫時にアスパラと対話しながら
美味しいアスパラを出す管理を行います。

特に春は、気温の変動が大きい時期ですから、アスパラの出具合も
収穫に入って、初めて分かるということもしばしばです。

まるで、株式相場と同じです。
長期的には、株価が下がるにしても、日々の値動きは上げたり下げたりを繰り返しますね。
それと同じようなものです。

収穫開始後、地温が適温に安定して、あまり日数が経過していないときに、
冷え込みが来て萌芽量が減る(アスパラが休めます)
その2~3日後に、生暖かいような夜の次の日、
(できれば前日の17時頃まで晴れ、夜は曇り、朝7時頃からまた晴れる)
このような条件が、ベストな条件です。

そのような朝に収穫したものは、本当にきれいです。

出来れば、そのような日に、数多くお届けしたいなあと思います。
アスパラの販売では「天候に左右される作物なので、発送日指定は出来ません」
ということが、書いてあることが多いですね。

指定をいただいても、冷え込んだりすると、量が足りなかったりします。
(事前に、一定量をプ-ルすれば可能ですが。)
そういう意味で、配達日指定不可なんです。

さらに、私のところだけかもしれませんが、もう一歩進んで言わせていただくと、
時間指定だけで(これも出来れば、夕方以降のほうがいいですね。
一日早くお届けできますので。)
配達日指定は、無いほうが、いいものをお送りできる可能性が高いです。

「今日は、寒さや、アスパラの疲れでよくなかったけれど、
2~3日後はいいものがでるのではないか」
というようなことがあるんですね。
配達指定がなければ、特にいい日のものだけを、選んで、発送することも出来ます。
(発送しなかったものは、全て、卸売市場に持っていきます。)

まあ、上記のような質の差は、毎日収穫しているものしか
また、気にかけている生産者しか、分からない微妙な差かもしれません。

でも、食べてみれば、「雑味がない」「えぐみがない」などで、必ずお分かりになると思います。

以上のようなことは、一回体験でも来ていただけると、すぐに分かりますので
機会があれば、ぜひ遊びに来てみてください。

また、春のシ-ズンを通して、「これは出荷したくないなあ」と思える
最高のアスパラが収穫できるときがあります。
(世界一を決めるようなコンテストがあれば、出したいなあというレベルですが)

春のシ-ズン中でも、10キロあるかないかです。(全体では大体、春3トンくらい収穫します)

様々な要素に左右されますので、必ずでるとも限りませんし、いつ、どのくらい出るかもわかりません。
場合によっては、出ないかもしれません。

でも、最高に大切な方へのギフト用として、販売できればと思っています。
その代わり、注文をいただいても、発送できるかどうか、また、いつ送れるかどうかも分からない
というような、こちら側の、超わがままな、商品になってしまいますが・・・

[PR]
by chikomomorara | 2009-01-01 20:53 | アスパラ栽培 | Trackback