エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:アスパラガス ( 711 ) タグの人気記事


昨日から、荒れましたねえ
他店の皆さんのブログを見ていても、全国的に大荒れ

こちらでも、一気に冬型になって、季節風が吹き荒れ
またまた寒い日になってしまいました

東シナ海側で、海からも近いので、北西の季節風が吹くと
台風並みの風に、何日も見舞われることになり、ハウスが心配なのです。

今回は、そこまで行かず・・・ただすっごく冷え込んでいます。
桜島も、うっすらと雪化粧したらしい。

でも明日から、毎日太陽が拝めそうです。
明日は、かなり冷え込むので萌芽量は期待できませんが
火曜日あたりからは、本格的に出始めると読んでいます

その後、木曜からは暖かい空気に入れ替わるし
やっと、1日20~30件のペ-スに持っていけそうです。

ちなみに、本日は5件のお客様に発送できています。
発送できそうな4~5日前から、ご案内を差し上げています。
糖度も、ようやく10度以上に上がってきています

さて、昨日少しご案内した、CAINOYAのジェラ-ト。
ご質問のメ-ルをいただきましたので、どんなものがあるか
ご紹介しておきます。

ただ、私は、B級グルメなので
間違ってもいけないので・・・
塩澤シェフのお書きになったものを原文のまま

460340c2-s.jpg

・TRE LATTE / トレラッテ
ジャージー牛乳、生クリーム、練乳。さらっとした風味豊かなミルクの味わい。
 イチゴやべリーと合います。

・ALPHONSO MANGO / アルフォンソマンゴー
フレッシュの生クリームを食べているかのような味わい。
 白ワインのジェラティーナと合います。

・CIOCCOLATA "Costarica" / チョッコラータ コスタリカ
ベルギー産カカオの質の高さが分かります。酸味と苦味が心地よい。
 ピスタッキオ、イチゴ、バナナ、生クリームと合います。

・PISTACCHIO SICILANO / ピスタッキオ シチリアーノ
 シチリア産のピスタッキオとジャージー牛乳と砂糖のみ。最高のピスタッキオ。
 美味しい洋梨、レモン、チョコレートと合います。

・MERINGA CARAMELLA / メリンガ カラメッラ
 メレンゲをカラメル状に焼いてから粉砕。新感覚のジェラート。
 バナナやチョコレートと合います。 

・TARTUFO / タルトゥーフォ≪限定商品≫
 細かく砕いた黒トリュフのと口に広がる白トリュフオイルの香り。
 イチゴと合います。

e67adf22-s.jpg

この内容は、昨年12月段階のものなので、今後変わってくるものと思います。

ていうか、そもそも、仁左衛門で売れるかどうかも分からないのですが

吹上浜の塩もそうですが、やっぱり、こういったものに惹かれるんですね
こだわっていて、きちんと価値があって、なおかつ、販売拡大したりして
質を下げることはしないものが、好きなんですね。

生産量を増やすと、絶対に質は下がります。
なんでもそうだと思うんですね。

ところで、今日は徹夜になりそうです

というのも、月曜日が青色申告の最終日
やらなくちゃいけません

その前に、カルボナ-ラを作って食べてから・・・
何をやってんだか


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-15 00:41 | Trackback

唯一無比!世界初かも?


進行中のジェラ-ト、ちょこっとお見せします

何度も、試作中のアスパラジェラ-ト、何度目になるでしょうか?
本日、大雨の中、鹿児島市内から、塩澤シェフが持ってきてくれました。

jera-to02.jpg

この余裕のある表情から、できのほどが、伺えるでしょう
ホントは、疲れていらっしゃるんですが・・・・忙しいんです。

そうなんですね、ホワイトデ-(懐かしい響き!)の前日、それも金曜日ですよ、金曜日
その忙しい中、わざわざ、片道一時間もかけて、持ってきてくださったのです
このジェラ-トにかける、情熱が伝わるでしょうか?
(注:後ろの散らかっている部屋の様子は見ないでくださいね)

昨日も閉店後、スタッフ全員で、何回も試行錯誤の上、かなり満足できるところまで行ったらしい。

jera-to01.jpg

で、食べてみると・・・・
こりゃ、うめえぇぇ
ハンパないレベルまでは、あと一歩ですが、滑らかさといい、味わいといい
色のきれいさといい、こりゃ、リストランテのドルチェそのものです。

右のグリ-ン、おなじみのアスパラですね。
きれいな色でしょう
もっとも、アスパラ自体が今年の最高糖度まで行っていませんので、
味も少し薄いですが、でも、どうしてどうして・・・

この減り具合から、美味しさがわかっていただけると思います

アスパラの投入量からして、レベルが違いますのでこのうまみが出せるのかなと思います
そして、青臭さを出さずに、美味しいところだけを表現するのは調理技術のなせる業です。

多分この段階でも、一般の方が召し上がると
口の中が、アスパラ、アスパラしますよ

ヨシ、右の緑は分かった。
左のは、美味しくなかったんかい?

いやいや、それが違うんですね(笑)
そう決め付けてしまうところが、まだまだ、甘い!!
(今日は強気のキャラで生かせてもらいます   笑)

これなんだと思います?
バニラ?

いえいえ、私はバニラは栽培していませんので・・・

実は、ホワイトなんですっ!
そう、あのホワイトアスパラ!!
高価な、そして、採り立てのフレッシュな!!!
生で食べて、絶対感動する
あのホワイトをふんだんに使った、ジェラ-トです

上品な甘さと、コクのなかに、ふわっと、これまた上品な苦さが香るように・・・
成分の配合は、かなり工夫されたようですが
上質の卵黄がポイントらしいです。

これは、グッジョブです。

あっ、そうかと気づかれたアナタ!
グルメですよ
そうです、アスパラ、とりわけホワイトアスパラは、卵黄と絶対的に相性がいい!

そのあたりをイメ-ジして作っています

jera-to03.jpg

美味しそうでしょう
そうなんです、美味しいんです。
余りにも美味しくて、もったいないなと、で、残っているんですね。

少し溶け始めたあたりが食べ頃です。
このあたりから、ホワイトのうまみが、ふわっと広がってきます。

まだまだ、微調整が必要ですが、先が見え始めたかなといった段階です。
お中元のシ-ズンには間に合うようにしますので、今年のギフトは
これできまりっです

ホワイトアスパラのジェラ-トは聞いたことがありません。
グリ-ン以上に高価ですから、わざわざつぶして、加工するバカもいないですね。

ただ、ホワイトは、ご存知のとおり、ほんの少ししか栽培していませんので
ジェラ-トを販売するにしても、本当に、数量限定版になります。

数量限定版といえば、これこれ、実はCAINOYAさんでも、オリジナルのジェラ-ト
があるんです。これまた、相当な凝りようで、原材料はとんでもなく高価なものを・・・

当然、数量も限定ですから、希少なジェラ-トです。
以前、マンゴ-をいただいてしまいましたが、口中がマンゴ-です。

商売柄?宮崎産や鹿児島産のものをいただくこともあります。
それも生産者から・・・
でもこれはレベルが違います。
日本で認められている産地と、世界で認められている産地の違いでしょう。

とにかく、そんな材料を使ったものばかり・・・
で早い話、これも、仁左衛門でご紹介できないかなあと
塩と同じパタ-ンです。

まだ、OKはもらっていないのですが・・・
数量がそんなに多く作れないなどの理由なんですが・・・
そこを何とかと、食い下がっています。

と、本日は、ジェラ-トで盛り上がって(舞い上がって?)しまいましたが
アスパラの発送は、本日4件です。明日まで雨で、気温も低いですが
日曜から、連続で晴れるので、月曜日くらいから発送量はかなり増えると思っています

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-14 00:33 | アスパラ栽培 | Trackback

いきますぜ!隊長!!

今日はテンション高いです

本日も半日晴天
明日あさっては、雨ですが、土曜日から4連続晴れ

これはもう、行きますぜ!隊長!!

今日はあぶないですね
壊れる一歩寸前です

以前、講師をしていたときののりになってしまいました

その頃から知っている人も、いっぱい読んでくれているので・・・
懐かしいのりでしょう

でもそのくらい嬉しいです
ようやく、糖度も上がり始め、本日4件発送できました~
ヨカッタ、ヨカッタです。
しばらくは、そんなに量は増えませんが、来週からかなり増えてくると思います。

本当にお待たせしました。

徐々に太いものも増え始めていますので、天候が順調に推移してくれれば
4月中下旬まで、いいものがお届けできると思っています

本日は、忙しくなる前にと
ソラマメの摘花作業と、雑草抜きをしました。

soramame01.jpg

2~3日前から、ソラマメの花が一斉に咲き始めました
でも、このまま置いておくと、まともな実になりません。

果樹なんかで行う、摘花をしないといけないんですね。
でなければ、せっかく葉で光合成した栄養分が分散され
小さな実のさやしかできません。

ですから、花の間に摘んでいきます。

soramame02.jpg

このように花がついているのですが、どれでも良い訳ではありません。
残すものと、摘んでしまうものがあります。

こういった技術は、農家によって違ったりするんですね。
たとえ、摘花したあとが同じでも、タイミングが違ったりします。
うまい人は、作物の負担にならないようなタイミングで
かつ、作業効率も考えてさっとやってしまいます。

ご存知のとおり、鹿児島の指宿は、ソラマメの一大産地。
いいものを採る、名人がごろごろいます。
そういった方の方式で、摘花しましたので、
大きいものが収穫できるのではないかと楽しみです

ところで、来週から晴天となると、菜花や高菜も復活してくるかもしれません。
野菜セット、最後の高菜・菜花スペシャルが追加できるかもしれません。

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-11 23:50 | アスパラ栽培 | Trackback

久しぶりの晴天


今日は、予報どおりの晴天でした

とはいっても、晴れたのは半日、それもカラッとした晴れではなく
薄い雲がかかったような、晴れでしたが・・・
それもヨシとしましょうです。

何しろ、太陽を拝むのは、久しぶりですから・・・

ただ、朝方は冷え込んだので、地温は15度まで低下
朝はあまり伸びていませんでしたので、午後2時頃から収穫
ハウス内の温度を下げたくなかったので、45度前後の中で収穫しました

まるで、温泉ですよ

でも、やや太いものも、萌芽し始めるなど良い具合でした
明日は、また冷え込みますが(霜注意報が出ています)
その後、雨、ですが夜が冷え込まない予報です。

ですから、地温は17度くらいで下がらないと思います。
土日以降、結構、日照があるようなので、月曜日あたりから本格的に収穫開始です。
それまでに発送は開始できると思っています。

糖度5度くらいだったアスパラも、本日は10以上に上がり始めました

とりあえず、ほっと、一安心です

ところで、発送に当たっては、細心の注意で品質を管理しています。
収穫後は、できるだけ早く、冷蔵庫で予冷、3度設定で冷やします。
水にも漬けますが、切られたアスパラは、今度は急激に伸びようとするんですね。
ですから、穂先の下が、熱を持ちます。
そういったところで、糖分を消耗しますので、温度を下げて
次に24~25センチにカット、すぐに、P-プラスにいれ、密封します。

ところで、アスパラをお入れしている、P-プラス、あえて圧着を弱くしていますので
開けるときには、切らずに左右に引っ張ってください。
簡単に開けることができます。
そうすれば、後々使うときに便利です。

アスパラがなくなるまで、この袋に密封して冷蔵してくださいね。
もちろん、立てて保存が原則です。

また、ホワイトは、洗わずに土をつけたまま、湿った状態でお届けします。
乾くと、グリ-ンよりもすぐにスジっぽくなってしまいます。
保存の場合も、湿った状態で、土をつけたまま冷蔵してください。

通常の、萌芽の量になってきましたら、毎日、20~30件は発送可能になります。
できれば、25日頃までには、お届けしたいなあと思っています。

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-11 00:44 | アスパラ栽培 | Trackback

アスパラが無い・・・


本当に異常気象になってきました

昨日は、半日晴れてくれたので、ハウス内は45度前後まで上がりましたが
夜冷え込み、また今日は一日中、振ったりやんだりの肌寒い天気。

harume01.jpg

アスパラがほとんど見当たりません

また出ているものも、細いものが多く、完全に眠っているような状況です。

今も結構冷え込んでおり、明日もまた雨、
火曜日からはようやく晴れ間が出てきそうです。

とにかく、日が照れば、ハウス内は50度近く行きますので
2日でも、晴れてくれれば、地温20度まで上げることができそうです。
やっぱり、お天道様にはかないません。

2/7から、ご注文いただいた方も、ずっとお待ちいただいています。
本当に申し訳ありません。
ただ、これだけ出ていないので、暖かくなり出始めると
一挙に出てくるように思います。


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-08 23:34 | アスパラ栽培 | Trackback

プレミアムアスパラ、第二回販売分、ほぼ完売しました

ありがとうございます

ところが、・・・・大変申し訳ありません
今週あたりに予定していました、プレミアムの発送開始
再度見送っています

原因は、このところの冷え込みです。
土日に晴れたのは良かったのですが、その後の低温で
地温が急低下してしまいました。

ハウスでの栽培ですが、日が照ってくれないことには
ハウス内の温度も上がりません

また、地温が上がらないことには、栄養分も十分に上がってこないため
プレミアムとしての本数が少ないためです。

本日、半日晴れてくれましたが、明日からまた雨天続きの予報です。
幸いなことに、空気は暖かいものに入れ替わるようなので
次に晴れてくれば、出始めると思っています。

大変お待たせして、申し訳ありませんが
今しばらくお待ちください。

なお、次回の追加販売は、現在いただいていますご注文の発送が
8割方、完了した頃と考えています。
当初、3月中旬を予定していましたが、こちらも1週間程度
遅れるものと思っています。

大変申し訳ありませんが、ご理解のほど
よろしくお願いいたします。

春先で、このように雨が続くことは初めてです。
今年もまた、異常気象なのかなあと危惧しています

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-04 22:55 | Trackback

昨日、ブログにジェラ-トのこと書いたら、早速、塩澤シェフから
電話が来ました

スゲェ、プレッシャ-だって
良し良し、狙い通りですなあ
と、笑っている場合じゃなくなってきてしまいました

ジェラ-トの試作段階を見せてもらいましたが、
やっぱり、料理ってのは難しいものです。

jera-to01.jpg

まずは、アスパラの茎とか、穂先をスチ-ムコンベクションで蒸します。
105度で、1分。見て下さいこの鮮やかな緑色を
春アスパラ、ならではですね
アスパラの旨み・香りを出すために、ふんだんに使います。

jera-to02.jpg

それを、アスパラのコンソメとともに、ガストロバックへ

jera-to03.jpg

コレが、料理人の間で話題の、ガストロバックです。
百姓が知っているというのも、おかしな話ですが・・・
日本でも、まだ10件も導入していないらしい。

jera-to05.jpg

真空状態にして、細胞組織の中に味をしみこませることが出来る機械です。
空気が抜かれてきて、ほぼ真空に近くなってきています。
また、低温設定で、調理できるため、食感を損なうことなく、味をしみこませることが出来ます。

jera-to04.jpg

先ほどのアスパラから、ぶくぶくと泡がでているでしょう
細胞が開いているんですね。
真空から、一気圧に戻す過程で、細胞の中に、味をしみこませます。

ちなみに、つけている液は、アスパラのコンソメ
アスパラの皮や、膨大な量の茎から、アスパラのエキスを煮出したものです。
いわば、アスパラの旨みが、ギュッと詰まったス-プなんですね。
このあたりが、素人では考え付かない、技術です。

この旨みを、アスパラの茎に凝縮して入れてやろうという魂胆です。

jera-to06.jpg

その旨みを、吸い込んだ茎を、フ-ドプロセッサ-へ
そしてピュレにします。
この機械もすごいあっという間に、裏ごしも入らないほど
なめらかに粉砕してくれます

実はこの機械、私が購入したものです
ジェラ-トのために、最新のプロ用のものを・・・
やっぱり、客観的にみると、「来てますねえ」です。

素人が、家庭菜園のために、100馬力のトラクタ-を
買うようなものですから

でも、必要だから、仕方ないですよね。
作りたい味は、料理好きの素人が作る味ではないです。

味のプロが唸るような、飛びぬけた味ですから
装備もそれなりに必要です

もっとも、昔から「プロ用」とか「業務用」という言葉には
弱いということもありますが

jera-to07.jpg

出来たピュレがコレ
メロンのような色合いです。
このまま食べると、本当に美味しい

蒸しあがった茎を食べたよりも、味が濃くなっています。

jera-to08.jpg

それに、シロップを加えます。
試作段階なので、割合もきちっと量って、いろんな種類の砂糖など
試してみます。

jera-to09.jpg

それを、冷やしながら、シャ-ベット状にしていきます。

これを撮影した前日、アスパラの香りも上々、ただ甘味がきつかったので
それを調整して、ほぼ完成かな?という段階だったのです。

が、しかし・・・・・

ピュレの段階では、味もそれなりに濃く(まだ、本調子のアスパラではないので)
OKだったのですが、冷やすにつれて、どんどん味が薄くなり
最後には、あまりアスパラの味が感じられないものになってしまいました

その後、いろいろ試してもらって、昨日出来上がったのが
豆の味がする、ソルベでした。

閉店後に、いろいろ試作を重ねるので、塩澤シェフも、頭がいっぱいの状態
そこへ、畳み掛けるように、昨日の、プレッシャ-ブログです(笑)

ちょっときつかったかなと・・・

でも、新しいものを作り上げていく場合、妥協は禁物ですよね。
トラブルや、壁はどんどんでてきます。

それを克服していくためには、緊張感のある信頼関係が不可欠です。
そして、方向性が揃ったチ-ムだけが、克服していけるのではないかと思います。

ところがどうも、風向きが・・・
そら豆の原因は、アスパラの糖度不足にあるらしい

こりゃ、大変です

まあ、天候が悪く、地温低下で、栄養分が上がりきっていない。
ので、昨日、プレミアムの発送開始は見合わせていました。

まさしく、アスパラ自体の、品質低下だったわけです
こりゃ、申し訳なかったかなあと、反省です(汗)

今度はこっちが、プレッシャ-です

今日は、10日ぶりくらいに晴れ、明日も半日晴れそうですので
地温も、上昇傾向にあります。

品質も向上してくると思いますので、糖度も上がってくると思います。
塩澤シェフも格闘中なので、こちらも、頑張らねば

ジェラ-トのためだけでなく、ご注文を計400件以上
いただいていますので、早く発送できるようにならなければ・・・・

これも、すごいプレッシャ-になっていますが、
あと数日で、発送開始できると思います。

なお、このジェラ-ト格闘記、塩澤シェフのブログもご覧ください
より面白いと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-02 01:55 | アスパラ栽培 | Trackback

現在、アスパラの収穫は始めていますので、収穫自体は
少ないですが、続けています。

じゃあ、そのアスパラはどこへ行った
という、疑問が当然ありますよね。

細いものも多いので、主に市場出荷と、ジェラ-ト試作用に
使っています

先日、少し告知しました、あのジェラ-トです

アスパラ農家が作って、売るんだから、世界最高のものを作りたい
と思っています。
冗談ではなく、三ツ星レストランだろうが、すごいグルメだろうが
誰もが認める、今までには絶対無い、そして、おいそれとは出来ないものを
追求しています

当然、材料も最高のものを使いますので、アスパラは、ずばり、春のプレミアムを
使います

だから、春のアスパラがないと、試作もできませんでした。
今は、アスパラ自体、糖度も低いですが、それを使って、試作を重ねているわけです

harume06.jpg

イメ-ジしている味は、これっ
「なんだ、アスパラの写真じゃん

いいえ、これなんですよコレっ

春のアスパラを収穫しているときに、アスパラが光を浴びて、透き通っているような
きらきらと輝いているような、そっごくきれいな、瞬間があります。
そして、アスパラの収穫の際には、細いものを短いうちに切り飛ばすんですね。

それをいつも、生で食べています。
短いので、すべて、穂先の部分ばかり、そう、もっともアスパラの味がする部分です。
えぐみや苦味があれば、とてもじゃないけれど、生で食べることは出来ません。

光の光景とともに、本当に透き通った、旨み、甘みが合わさった、美味しさがあります。
染み渡るっていうんでしょうか

そういった、研ぎ澄まされた、アスパラの美味しさを体験して欲しいと思っています。
春の収穫に来ていただければわかると思うんですが・・・

春のアスパラが無い夏、春が待ち遠しいクリスマスの時分でも
いつも、春のアスパラを感じて欲しいと思っているんです。

でも、アスパラ百姓に、味が表現できるわけがありません
(アスパラパスタは、上手ですよ   笑)
また、素人が作った、ジェラ-トなんて食べたくないですよね。
それなら、アスパラそのまま、買いますよね。

じゃあ、誰が味を作るのか

何度も登場していただいている、CAINOYAの塩澤シェフに、
プロデュ-スしていただきます

「アスパラのジェラ-ト作るんだったら、プロに頼めばいいやっ」なんて
安直なものではありません

そういう気持ちでは、多分売れないでしょうし、本物は絶対出来ません。

cainoya09.jpg

このシェフ、味の追求というか、食に関して、「本気」なんです。
24時間、素材や料理のことばっかり考えている

私事になりますが、(記事全部、私事ですが・・・)
以前、勤めていた会社では「本気でやる子を育てる」というのがモット-
の学習塾でした。

創業者の社長からも、その大切さを教わり、事実、一介の街塾が
押しも押されもせぬ、有名塾になっています。
そのことをつぶさに、勉強させていただきました。

残念なことに、昨年、逝去されたのですが・・・(合掌)

生徒たちからも、「本気でやることの大切さ、すばらしさ」を見せていただいたんですね。
「本気で、物事に当たれば、たいていのことは叶う!」と・・・

見て下さい。あの、落合シェフですよ
その方が、「本気だ」と認めている。


cainoya10.jpg

店内の、柱に書いてある。
でも、オシャレですよね
私のような、百姓が出入りできる店ではありませんよ

それはともかく、私にとっては、自分で感じたことを信じるしかないです。
この方なら、絶対、この味を作ってくれる!ではなくて
一緒に作って行けると思っています。

何故なら、私と同レベルで、アスパラの味をご存知だからです。
味の表現方法や、技術を私は持っていません。

でもアスパラの味については、コレはもう、よく知っています。
その共通のベ-スが、ここ一年の交流でできたと思っています。

ともあれ、世界で最高レベルのアスパラジェラ-トとソルヴェ(シャ-ベット)
の、スタ-トを切りました

その進行状況は、明日、また

最後に、見ておいてください!

cainoya11.jpg

最強タッグです(と、思う・・・笑)

ご期待ください


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-01 10:02 | 食べること | Trackback

贅沢だ~!


昨日、ご覧になりました
NHKのプロフェッショナル

多少演出もあるのでしょうが、やっぱり、西さんって凄い方ですよね。
以前、連れて行ってもらったことがありますが、京味、感動する味です
私のような貧乏人には、なかなかいけるようなお店ではないですが
もう一度、だけでいいから、行ってみたいと思っています。

単なる料理ではなく、料理人の人生をいただいているようなものですから
感動できたのですね。

心に染み入るような、言葉がちりばめられていたと思います。

自分自身も、精進せねばと思いました。

さて、今日から、本格的に収穫開始です。

howaito11.jpg

ホワイトも、少しずつ出始めているので、
塩澤シェフにも手伝っていただいて
アスパラ堀りです
(「堀り」ちゅうのも、凄い表現ですが・・・笑)

掘り終わって、くつろいで?いるところです。
まだまだ、はしりなので、細いものが多いですが、味はやっぱりOKです

で、初白アスパラなので、拙宅にて料理していただくことに

karubo04.jpg

まあ、贅沢この上ない話ですよね
ほんと「ええかいな~!」です。

一流の料理人がですよ、それも、ぼろキッチンで・・・

料理してくださったのは、ホワイトアスパラのカルボナ-ラですよ

karubo02.jpg

ホワイトアスパラがごっそりです
それも、収穫後30分のもの。
スジなんてありません
これ、2人分ですよ

karubo03.jpg

さすが、プロ
何から何まで、違いました
細かいところが、大きく味に影響してくるんですね。

karubo01.jpg

またまた、ドアップで、オシャレではないですが、このきめの細かさ
滑らかさが分かりますか

おまけに、パスタと同量くらいの、ホワイトアスパラ

もう最高のランチでした
卵とやっぱり絶妙なコンビですね、アスパラは

このほか、蒸し焼きにしたものも、ささっと作っていただきましたが
このあいだ、自分で作ったものとは、味が違う
春の一時期だけの、感動ですね

ご馳走様でした~

今度、機材の準備もして、もっとオシャレに撮影しようと思っています。


[PR]
by chikomomorara | 2009-02-25 23:46 | アスパラ栽培 | Trackback

続・ラ-メンの木


昨日は一晩中、雷雨のため、更新できませんでした。
このあたりが、辺境の地の悲しいところです

地方の活性化なら、広域農道なんかより、光が来て欲しいところです

ところで、一気に春になっちまいました

mokurenn04.jpg

2日前、ほころんできていたモクレンが、満開になりました

例年、アスパラの収穫が最盛期の頃に、このはなが満開になります。
関東なら、ちょうど4月中旬の気温です。
(加須でも、春期講習が終わり、新学期の頃に咲いていました)

おまけに

ra-mennnoki01.jpg

ラ-メンの木です。
この花の香りが充満しています。

「ラ-メンの木?」という方は、12月1日の記事を復習ですよ

実は、この香りがする頃は、春アスパラも終盤を迎える頃なんです

出始めたと思ったら、もう終わりになったりして・・・

なので、今年は短期間に集中的に来るかもしれませんね。

ということで、本日から、収穫を始めました。
しばらくは、地温も安定しないので、市場出荷です。
今週末頃から、プレミアムの発送を開始するつもりです

あと少しお待ちください

一昨日から始めた、第二弾の追加販売と、ホワイトの販売
徐々になくなってきています。
この濃厚な味は、春だけのものですので、ご注文はお早めに

[PR]
by chikomomorara | 2009-02-25 23:45 | アスパラ栽培 | Trackback