エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:販売 ( 628 ) タグの人気記事

あらまあ!



まず、関東は今日、雪が降ってしまいましたね
本日から、関東では中学受験が本格的に始まり、それでなくても大変なときなのに
と、心配になります
受験当日に雪で、交通が乱れると、本当に大変なんです。

受験生をお持ちの方がいらっしゃるかどうかわかりませんが
もしいらっしゃたら、あせらずに、受験に臨んでください

あす、積雪が無いことを、本当に望みます。

さて、のどの痛みも少しは和らぎ、全刈り作業、前進中です
もっとも、熱が出ようが、なんだろうが、やらなくちゃいけないので
仕事はしますが・・・

どうも、働き詰めの人生らしいですね

zenngari01.jpg

今日は、真ん中のネットの引き上げと、潅水ホ-スの引き上げです。

まずは、真ん中のネット、写真ではよくわからないかもですが
ネットに、アスパラの枝が絡んで、かなり力を入れないと
引き上げられません。

両側から、少しずつ「えいやっ」ばかりに、引き上げていきます。
50メ-トル、32本、なんとかなんとか終了です。

zenngari02.jpg

そのあとは、潅水ホ-スの引き上げです。
これまた、刈った枝葉の中から、発掘しながらの作業です。

おまけに、耐圧のゴム製ですから、これが重い

これも、6時頃までかかって、終了です。

この2つ、これから、茎を地際で切る作業と、バ-ナ-焼きのために
上に上げる必要があるんです。

それが終われば、また元通りに、設置します。
明日からは、茎を切り、茎葉もろとも、外に持ち出しです
(これが、大変なんです何トンという単位ですから)

ところで、やはり出てきています

asupara01.jpgasupara02.jpg

枯葉をかぶったりしていますので、汚いですが・・・
アスパラが出始める株が・・・・

作業が全て終了するまで、出て欲しくないのですが
ここ2~3日の陽気で、出てきたんでしょう。

約6000株有りますから、まだほんの数株ですが
これが、半数くらい眠りから醒め始めると、蒸しこみ作業に入り
一気に目覚めさせます。
今日から、また冷え込み始めましたので、まだ10日くらいは
大丈夫かなと安心しています

ただひとつ心配なことが

上の写真をよく見てください
一株から、左で3本、右で6~7本まとまって出ています。

普通は1本、多くても2本なんですが、全ての株で、このようなことになったら
大変なことになってしまいます。

通常、春のアスパラでは、最盛期で10ア-ルあたり1日に20キロ前後収穫します。
生産者によって、その量が大きく増減することもあるんですが
出来るだけ、それを平準化させるようにもって行くのが、腕の見せ所なんです。
(一気に出たりすると、アスパラが疲れます)

そして、根っこの養分が減少するとともに、収穫量が減ってきたり
細くなってきたりするんですね。
そうなったら、春の収穫は打ち切って、親を立て始めます。

大きく増減といっても、普通は30キロとかそんなものです。

ところが、定植した翌年の春、とんでもないことがあったんです。
一株から一挙に、5~6本出てきて、収穫が追いつかない
そんな事がありました。

asupara03.jpg

そのときは、10ア-ルあたり日量60キロとか70キロとか
まあ、収穫量が上がるので、いいことはいいのですが
収穫自体が追いつかない、そして、根っこの養分もそんなに何倍もあるわけでは無いので
収穫期間を、短く打ち切った。

そのときは、収穫してカットして、サイズ別に分けて、出荷するだけでよかったのですが
それでも、毎日6時頃から10時頃まで収穫、その後2時頃までカット、引き続き6時頃まで収穫
全てカットが終わるのが夜の10時頃でした。

今は、発送や、受注管理もありますので、そんな事になれば追いつきません。

ですので、通常の出方をしてくれればなあと願っています。
要するに短期間で収穫するか、長期にわたって収穫するかの差ですので
収穫量全体としては、変わりません。

また、休眠期間も、もうそろそろ十分な時期にさしかかって来ており
急に暖かい日でも来れば、一挙に出始めることもありますので
販売開始は、早めるつもりです。

ほぼ、10月まで収穫できるアスパラでも、春のアスパラは
収穫開始から、長くて40日くらいです。
本当にこの時期の贅沢ですので、ぜひ、お見逃しの無いようお願いします

[PR]
by chikomomorara | 2010-02-02 00:31 | アスパラ栽培 | Trackback

強烈な冬型ですね~
ここ吹上町は、東シナ海側なので、日本海側の気候と同じなんです。
ですから、冬型の気圧配置になると、強烈な北西の季節風は吹き荒れるし
時雨れるしで、1年でもっとも厄介な季節です。

長年、冬になると、乾燥した寒さの関東にいたので
気が滅入ります。
その上、ひょっとすると、20メ-トル以上の強風が何日も吹き荒れますので
ハウスの破損があることもあります。

ともあれ、先日からの冷え込みで、アスパラの黄化がかなり進みました

asupara04.jpgasupara05.jpg

今月初めの画像と比べてみてください。
かなり黄色くなってきたでしょう

茎葉の持っている養分を、根っこにおろし始めましたよ~という合図なんです。
これが、全て銀杏色になり、その後枯れると、おろしきったことになりますので
地上部を刈り取る作業(全刈り)を始めます。

そして、このおろした養分で、来年の春のアスパラがでてくる訳です。
ですから、今のところ、持っている養分が順調に降りはじめたということで
一安心です

ただ、地上部にあった養分がどのくらいか、そして、それを蓄える地下の根っこが
どのくらい伸長したかということは、まだ分かりません。

全刈りした後に、サンプルとして、地下の貯蔵根を掘り出し
その糖度を計って、来年はどのくらいの収穫が可能かということを
推測するわけなんですね。

ただ、それもあくまでも、推測の範囲を超えません。

昨年も、例年並みの糖度があったにもかかわらず
全く、収穫がなかったようなことになりました

今年は、糖度を計った段階で、「このくらいなら大丈夫」ということで
販売を開始しましたが、来年は、収穫を始めた段階で、その出方や品質を確認したうえで
販売開始する予定です。

その時期がいつかはまだ不明です。(今後の気候に大きく左右されます)
多分、2月下旬~3月中旬の可能性が高いです。

まだわかりませんが、少なくとも今の地上部を見る限りは
今までで最高のものが、収穫できると思います。
(これででなかったら、本当に頭を抱えてしまいますが)

一昨年以上のものがでれば、間違いなく、人生が変わるようなアスパラですよ
マンゴ-よりも糖度が高いアスパラガスですから

ということで、寒く大変な時期ですが、寒さのピ-クの明日もまた
地上部に、木酢液などの葉面散布を行います。
今シ-ズン最後の、葉面散布作業です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-12-18 22:59 | アスパラ栽培 | Trackback

明日、10時から野菜セットの販売を行います

野菜は、これから2月頃までは継続して販売して行きますので
よろしくお願いいたします

昨年よりも種類も、量も増えますので、すぐに売り切れというようなことは
ないと思いますので、ご都合のいいときに、ご注文ください。

今回の販売分では、まだ種類も少ないので、その分、新米をお入れします。
また、「おまかせ」も80セット販売ですので、定期的に送って欲しいという方には
オススメです。

今朝は、思いかけず雨が降りました
ちょうどいい具合の降り方で、その後すぐに快晴に

露地野菜も、さらにいい生育になってきていますよ~
(もっとも昨日の今日ですが・・・
夏野菜の頃がなんだったんだと思うくらい、秋野菜にとってはいい状況です。

しかしながら、アスパラにとってはいまひとつの気温です。
地温を上げるには、涼しすぎるんですね。
今は、夜温も久しぶりに少し高く、ハウスも締め切っているので
明日・あさってに期待です。

現在は、1日1件の発送になってしまっています。
くにっと曲がったようなものや、細いものが70%くらいになってしまっています。
それでも、穂先スペシャルの商品写真よりはいいのですが
やはりここまで、そういうものはほとんどいれずに来ましたので
最後まで、いいもの中心にお届けしたいんですね。

そういうものは今のところ、直売所に出荷しています。

地温も20度に回復しましたが、もう少し上がらないと
1週間前のペ-スには戻らないようです。
晴天も続きますし、来週前半は、そう冷え込むことも無いので
ここ数日間の様子を見たいと思います。


大変お待たせしました!農薬不使用・有機肥料で愛情こめて作りました!太陽をいっぱいに浴びた、健康野菜を収穫直後に直送です!お待たせしました!自家用無農薬野菜のおすそ分け、秋野菜登場です!


お待たせしました!秋野菜のおまかせバ-ジョン!今回は、新米もお入れします!【80セット限定】【送料無料】野菜おまかせ倶楽部10月バ-ジョン


[PR]
by chikomomorara | 2009-10-17 23:45 | Trackback

長らくお待たせいたしました
アスパラガス、「穂先スペシャル」「規格外」「箱いっぱい」全て
30セットずつ、10/10 10時から再販します

このところ、夜の気温とともに、昼間の気温も下がっていますので
地温が、劇的に下がっています

ここ数日は、22度になっています。
20度を下回ると、ほとんど萌芽せず、休眠に入ります。

したがって、蒸し暑いような日がなければ、多分今回が
今シ-ズンの、最終追加になります

次に、販売するのは3月からの春アスパラになります。
濃厚な甘さが有り、今のアスパラの状況からすると
一昨年を上回る、質のいいものがお届けできるのではないかと思っています。

ただし、これは、3月までの天候に大きく左右されますので
あくまでも、今後の天候が順調に推移した場合ですが・・・

ともあれ、春のものは、規格外もほとんど出ませんし
穂先スペシャルも有りません。

アスパラが食べられるのは、次は3月ですが
【送料無料】で、この価格で、惜しみなく大量に料理に使えるのは
次は6月頃になります。

ですので、お買い漏れの無いようにしてくださいね

ただ今、受注残が15件ほどあり、毎日3~4件ずつの発送になっています。
ですので、早い方から発送していきますが、できれば25日くらいまでには
発送を終えたいと思います。

25日以降、冷え込みがきつくなってくれば、発送できなくなるかもしれないからです。
ですので、できれば、お届け日のご指定は、ご遠慮いただいたほうがいいと思います。

また、今後、日中は晴れ、夜が冷え込むと有って
より甘くなってくるかと思います。
日によっては、色が白くなりますので、ご了承ください

なお、秋野菜のセット、ならびにおまかせ野菜につきましては
17日からの販売開始を予定しています。

アスパラの発送が終わった後、日によっては、アスパラが収穫できるかと思います。
収穫終了までは、野菜セットやおまかせ野菜に少し入れていけるのではないかと思います。


[PR]
by chikomomorara | 2009-10-09 00:14 | Trackback

春に向けて


お客様へのサンクスメ-ルにも書いたんですが
今年のアスパラシ-ズンも、あと1ヵ月です。

また、あと3ヵ月で、昨年の春アスパラ始動開始から
1年です。まったく休みなしでここまで来ましたが
その甲斐あって、8割方、来年の春は大丈夫ではないかと思っています。
11月にはいると、病気の心配はありませんので、あとは寒くなって
地上部の養分を転流させるだけなんですね

haru05.jpg
寒くなってくると、このように、銀杏色の黄化が始まります。
鹿児島では、なかなか温度が下がらないので、12月中旬でも、この状態です。
それでも、寒かった2年前なんですが

haru06.jpg
その後、十分に寒さに当てると、このようにきれいに枯れます。
これは、2月上旬の画像です。

黄化が始まって、休眠が本格化し、その後一定期間
寒さが必要なんですね。それによって、休眠が明けます。

十分眠ったあと、温度上昇とともに、目が覚めてきます。
九州でも熊本までなら、寒さの心配はありませんが
鹿児島以南になると、なかなかこの寒さが足りないのですね。

他の植物も同じです。

ですから、サクラの開花は、例年鹿児島よりも東京のほうが早いです。
鹿児島では、眠るのも遅いし、眠っても深い眠りにつけない。
そして、睡眠不足のまま、たたき起こされる、みたいなものです。
休眠中でも、2月中旬はもう春たけなわ、3月下旬は、もう夏みたいなものですから。

ですので、10月いっぱい病気を乗り切ったら
あとは、どれだけ寒い冬になるかにかかっています。

haru01.jpg

で、条件がよければ、このように萌芽してきます
どれをとっても、申し分のない春のアスパラです。
春は、地下の養分をどのように出させるかによって品質が決まります。

これは、温度と湿度のコントロ-ルの技術で決まります。
露地では、このコントロ-ルができませんので、春のアスパラは
圧倒的に、ハウスのもののほうが美味しいです

また、夜の温度で出方や品質が激変しますので、この時期ばかりは
発送日はおまかせにしてもらったほうが、絶対にいいですね

haru02.jpg

これ、25センチにカットした切り口です。
これだけ水分があり、この切り口によって、糖度がある程度推測できます。


haru03.jpg

地下部に養分がある時期には(春の場合、光合成することはないので、地下の根っこの養分は減る一方ですから)
このような太いものしかでてきません。

haru04.jpg

収穫したてのアスパラです。
アスパラが白っぽく粉を吹いたようになっているのが分かりますか?
手で触れただけで、取れます。
ですから、発送まで出来るだけ触れる機会が少ないように注意を払います。

今は、収穫・管理しながら、意識は来年の春に向けています。
1月の段階で、根っこの糖度を調べ、春を推測するのですが
そのときに、糖度32度以上であれば、2年前までのようなアスパラが出せます。

時折、このような画像を見ながら
イメ-ジして管理に当たっています。


[PR]
by chikomomorara | 2009-09-21 01:46 | アスパラ栽培 | Trackback

やっと、恵みの雨です!


昨日は、本当に久しぶりに、夕立が来ました
凄い雷雨でしたが、恵みの雨でした

これで、秋野菜の種まきや、定植が出来ますが、雑草も息を吹き返すので
忙しい日が続きそうです。

ところで、今朝の朝刊に、今夏の日照時間の分布が出ていました。
それをみると、なんと、本州では、この地域(薩摩半島の一部)だけなんですね
100%を超えているのは・・・
なるほど、暑かったはずです。

アスパラの再生には、最適の夏だったようです
もちろん厚すぎるということは有るのですが、湿度が低いのは
病気の防除にとっては、何よりもありがたい夏fでした
本当に、お天道様に感謝です

asupara01.jpg

これが本日現在の、アスパラの状態です。
多少病気は入っているものの、新たな葉っぱが出て、順調に光合成を継続できています。

asupara02.jpg

これが昨年の、8月30日の状態です。
この病気は、葉っぱに菌が入って、落葉し、どんどん広がっていく病気です。
落葉し、病気がうつる→落葉、と加速度的に広がっていきます。
新たな葉っぱを出そうにも、光合成自体が出来ないので
あるところを越えると、再生不可能になります。

前にも書いたように、農薬も予防的な効果しかありませんので
散布しても無駄になるだけです。

で、昨年は、9月初旬で収穫打ち切りとなったわけです。

今年は、非常に良い状態になっています。
ただ、これからが病気の広がる温度帯(20~25度)になってきますので
油断は出来ません。
今、緑でも、2週間で、下のようになってしまいます。
(昨年がそうでした)
ですから、木酢液や、柿酢を散布したり、肥料成分を葉面散布したりして
元気を保ちながら、管理作業が続きます。

こちらでは、10~11月が、年間でももっとも気候のいい時期です。
ちょうど、8月の青森の天候と同じなんですね。
ですから、アスパラの生育にはもっとも適した時期になります。

晴天が続きますので、昼間は25度前後、夜になったら15度前後と
昼夜の温度差も有りますので、養分転流が順調に進みます。

ですから、9月下旬から、特に10月は春に次いで、おいしいアスパラが出始めます
例年、この時期は病害虫にやられたりして、満足に収穫できたことが有りません。

今年は何とかいけるのではないかと思っています。

今のところ、10月中収穫が出来る確率は、60%くらいです。

また、11月以降は、病気が広がる心配はほとんど有りません。
アスパラは流石に出なくなりますが、この時期から年内に光合成した養分が
来年の春の出来を左右します。

ですから、10月中収穫できるということは、来年の春、完全復活ということと
同義なんですね。
逆に、ここでこけると、今年も収穫打ち切り、来年もダメということになってしまいます。
春から、長く苦しいシ-ズンですが、最後の山場に差し掛かっています。

ところで、10月以降はそのような気候になりますので
病害虫の展示会みたいな気候の鹿児島
(高温多湿なので、病気は出易く、虫は強力です)
にあって、何の心配もなく、作物が無理なく育つ時期です。
日照も申し分ありません。
ちなみに、今、カボチャの種を撒いても、年内に収穫できるんですね。

ですから、これから定期的に、降水があれば、秋冬野菜はいいものがお届けできると思います。

昨日雨が降り、種もまけますので、9月下旬から、早くできる秋野菜
(葉物や、ラディッシュなど、青梗菜も少しまきます)
がお入れできそうです

ネギとニラが、個人的には楽しみです

[PR]
by chikomomorara | 2009-09-03 03:15 | アスパラ栽培 | Trackback

毎日、ネバネバです


本日の露地畑です。

rojihatake01.jpg

日中涼しかったので、少しずつですが、雑草の片づけが進んでいます
この畑だけで、800坪有りますので、まだまだ手を入れなければなりませんが
この点に関しては、干ばつに助けられています

今の温度と日照では、朝から盤まで除草をしても、すべて終わる頃には
最初のほうは、除草前よりも生い茂っているというのが、当たり前です。

ということで、雨が降らないうちに、完全に雑草を片付けなくてはなりません。

okura02.jpg

これが、オクラの花です。
熱帯産の植物そのものですね。
涼しくなってきたせいか、花のつき方もおとなしくなっています。
水分が潤沢にあり、蒸し暑いくらいの暑さが好きな作物ですが
今年は、大きくなってからは、余りありません。

多分、この次に、温度が上がり、雨が降ったら
いっせいに花が咲き、実をつけて、終盤に入るものと思います。

このように、作物のほとんどは、本当においしい旬というのは
意外と短いものです。
特に、作物任せで、手を入れなければ、10~14日くらいで
最盛期が終わってしまうものが、多いのですね。

それでは、経済栽培が成り立ちませんから、剪定や肥培管理などで
波を平準化させ、できるだけ長く、勢いを長持ちさせるのが
栽培技術なんですね。

作物の癖もありますし、品種によっても違います。
また、その土地の気候風土も有りますし、年によっても違います。

その日その日の、作物の状態によって、すべきことを決めていかなくては
なりません。

こう考えてみると、栽培というのも、本当に奥が深いものです。
家庭菜園などで、野菜つくりを始めてみて、はまってしまうのが多いのも
こういうクリエイティブな、側面が有るからなんでしょうね。

それはともかく、オクラもモロヘイヤも、ここ2週間ほどが、旬です。
特にモロヘイヤなどは、目からうろこの美味しさですよ~!

ちなみに、我が家では、毎日、モロへイヤです。
それも、湯通しして、かつお節としょうゆをかけたもの、オクラもそうですが・・・
まるで虫になったような気分ですが(笑)山のように食べています。

これも1年後まで食べられませんので、こういう、食べ方も楽しいですよ

koinu09.jpgkoinu10.jpg

今日のです

かなり動き回るようになりました
茶色いのは、一日中、仰向けになって、寝てばっかりいます。

[PR]
by chikomomorara | 2009-08-27 03:48 | 野菜栽培 | Trackback

野菜の単品販売は?


最近、複数のお客様からお問い合わせをいただきましたので
ここでも、ご回答を載せておきます。

野菜の単品販売と、アスパラとの同梱の可否についてです。

結論から申し上げると、OKです

例えば、野菜は欲しいのだけれども、2種類くらい欲しいとか
野菜セットほどの量は不要といった場合です。

こういう場合は、ぜひ、アスパラをご注文いただいて、コメントにお書きください。
アスパラの量を減らして、野菜に代えることも可能ですし
あるいは、例えば、モロヘイヤだけを追加などというご注文にも対応させていただきます。

本当は、野菜セットや、アスパラのほかにも、単品で商品として出品すべきなんですが
何しろ、ペ-ジを作っている時間がない。
やることも可能科も知れませんが、そうすると、アスパラの品質に悪影響が出ます。

また、単品で売りさばかなければならないほどの量は、アスパラ以外作っていません。
野菜というのは、出来始めると、一挙に出来ます。
また、そのタイミングは、露地栽培ゆえ、完全にお天気任せです。

「さあ、いいものが出来始めたぞ~」とペ-ジで販売したら、売れ始めた頃には
もう終了ということもあるわけなんですね。

ですから、アスパラ以外の野菜の場合は、できれば個別にお問合せください。
ご注文内容の変更などで、対応させていただきます。

現在ですと、オクラと、特にモロヘイヤが絶好調です。
どちらも、9月にはいると、段々硬くなり、9月中旬にはもうなくなっていると思います。

モロヘイヤだけというご注文もOKですので、とりあえず、お問い合わせというか
ご連絡ください。

ところで、このところ、まったく干ばつ状態です。
今後、1週間も雨が降らなさそうなので、露地野菜の生育は遅れています。
特に、秋茄子の準備が完了している、ナスは、まったく葉っぱが増えません

水が好きな野菜なんですね。

その他、ニラや、ピ-マン、万願寺なども完全に停滞しています。

ですので、今のところ、野菜の発送は1日3~4件にとどまっています。

アスパラについては、水管理が可能ですので、夜の温度が低くなっていることも
あいまって、品質が向上し始めています。

明日から、種も同梱して発送開始です。

[PR]
by chikomomorara | 2009-08-26 00:23 | Trackback

プレミアムアスパラ、第二回販売分、ほぼ完売しました

ありがとうございます

ところが、・・・・大変申し訳ありません
今週あたりに予定していました、プレミアムの発送開始
再度見送っています

原因は、このところの冷え込みです。
土日に晴れたのは良かったのですが、その後の低温で
地温が急低下してしまいました。

ハウスでの栽培ですが、日が照ってくれないことには
ハウス内の温度も上がりません

また、地温が上がらないことには、栄養分も十分に上がってこないため
プレミアムとしての本数が少ないためです。

本日、半日晴れてくれましたが、明日からまた雨天続きの予報です。
幸いなことに、空気は暖かいものに入れ替わるようなので
次に晴れてくれば、出始めると思っています。

大変お待たせして、申し訳ありませんが
今しばらくお待ちください。

なお、次回の追加販売は、現在いただいていますご注文の発送が
8割方、完了した頃と考えています。
当初、3月中旬を予定していましたが、こちらも1週間程度
遅れるものと思っています。

大変申し訳ありませんが、ご理解のほど
よろしくお願いいたします。

春先で、このように雨が続くことは初めてです。
今年もまた、異常気象なのかなあと危惧しています

[PR]
by chikomomorara | 2009-03-04 22:55 | Trackback

現在、アスパラの収穫は始めていますので、収穫自体は
少ないですが、続けています。

じゃあ、そのアスパラはどこへ行った
という、疑問が当然ありますよね。

細いものも多いので、主に市場出荷と、ジェラ-ト試作用に
使っています

先日、少し告知しました、あのジェラ-トです

アスパラ農家が作って、売るんだから、世界最高のものを作りたい
と思っています。
冗談ではなく、三ツ星レストランだろうが、すごいグルメだろうが
誰もが認める、今までには絶対無い、そして、おいそれとは出来ないものを
追求しています

当然、材料も最高のものを使いますので、アスパラは、ずばり、春のプレミアムを
使います

だから、春のアスパラがないと、試作もできませんでした。
今は、アスパラ自体、糖度も低いですが、それを使って、試作を重ねているわけです

harume06.jpg

イメ-ジしている味は、これっ
「なんだ、アスパラの写真じゃん

いいえ、これなんですよコレっ

春のアスパラを収穫しているときに、アスパラが光を浴びて、透き通っているような
きらきらと輝いているような、そっごくきれいな、瞬間があります。
そして、アスパラの収穫の際には、細いものを短いうちに切り飛ばすんですね。

それをいつも、生で食べています。
短いので、すべて、穂先の部分ばかり、そう、もっともアスパラの味がする部分です。
えぐみや苦味があれば、とてもじゃないけれど、生で食べることは出来ません。

光の光景とともに、本当に透き通った、旨み、甘みが合わさった、美味しさがあります。
染み渡るっていうんでしょうか

そういった、研ぎ澄まされた、アスパラの美味しさを体験して欲しいと思っています。
春の収穫に来ていただければわかると思うんですが・・・

春のアスパラが無い夏、春が待ち遠しいクリスマスの時分でも
いつも、春のアスパラを感じて欲しいと思っているんです。

でも、アスパラ百姓に、味が表現できるわけがありません
(アスパラパスタは、上手ですよ   笑)
また、素人が作った、ジェラ-トなんて食べたくないですよね。
それなら、アスパラそのまま、買いますよね。

じゃあ、誰が味を作るのか

何度も登場していただいている、CAINOYAの塩澤シェフに、
プロデュ-スしていただきます

「アスパラのジェラ-ト作るんだったら、プロに頼めばいいやっ」なんて
安直なものではありません

そういう気持ちでは、多分売れないでしょうし、本物は絶対出来ません。

cainoya09.jpg

このシェフ、味の追求というか、食に関して、「本気」なんです。
24時間、素材や料理のことばっかり考えている

私事になりますが、(記事全部、私事ですが・・・)
以前、勤めていた会社では「本気でやる子を育てる」というのがモット-
の学習塾でした。

創業者の社長からも、その大切さを教わり、事実、一介の街塾が
押しも押されもせぬ、有名塾になっています。
そのことをつぶさに、勉強させていただきました。

残念なことに、昨年、逝去されたのですが・・・(合掌)

生徒たちからも、「本気でやることの大切さ、すばらしさ」を見せていただいたんですね。
「本気で、物事に当たれば、たいていのことは叶う!」と・・・

見て下さい。あの、落合シェフですよ
その方が、「本気だ」と認めている。


cainoya10.jpg

店内の、柱に書いてある。
でも、オシャレですよね
私のような、百姓が出入りできる店ではありませんよ

それはともかく、私にとっては、自分で感じたことを信じるしかないです。
この方なら、絶対、この味を作ってくれる!ではなくて
一緒に作って行けると思っています。

何故なら、私と同レベルで、アスパラの味をご存知だからです。
味の表現方法や、技術を私は持っていません。

でもアスパラの味については、コレはもう、よく知っています。
その共通のベ-スが、ここ一年の交流でできたと思っています。

ともあれ、世界で最高レベルのアスパラジェラ-トとソルヴェ(シャ-ベット)
の、スタ-トを切りました

その進行状況は、明日、また

最後に、見ておいてください!

cainoya11.jpg

最強タッグです(と、思う・・・笑)

ご期待ください


[PR]
by chikomomorara | 2009-03-01 10:02 | 食べること | Trackback