エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

立茎開始

本日から、立茎を開始しました。
収穫開始から50日経過しているので、そろそろころ合いです。
f0186462_00294440.jpg
とはいっても、このように、最近萌芽し始めた株も結構あります。
このような元気なものを立てるわけにはいかないので
出始めて、まだ数本目の株についてはまだまだ収穫継続です。

超特撰のご注文で、まだ5回セットの最終段階のものが残っていますが
これらの収穫物をお送りすることになります。

アスパラの栽培で最も難しいのが、「いつ立て始めるか?」ということとされていますが
まさしくその通りだなあと、つくづく感じるようになりました。

元気すぎず、疲れすぎないころ合いの親茎を、好ましい配置で立てることは至難の業です。

早すぎると、元気が良すぎる親茎ばかりで、暴れて繁茂しすぎて、病害虫を呼び込むことになります。
かといって、遅すぎて、弱弱しいものだと、これまた、病害虫に弱い親茎になってしまいます。
よく「苗半作」といいますが、アスパラの場合、この立茎がうまくいくかどうかで
来年の春の出来具合が、半分くらい規定されてしまいます。

ちょうどよいタイミングで始めれば、ころ合いのものを難なく選ぶことができるのですが
遅れてしまうと、「この茎を収穫したら、次にいいものが出てくるのだろうか?」と
悩みながらの収穫作業が続きます。

今年は、まあ、いいタイミングで始めることができたかなと思っています。
むしろ、どのように仕立てていくか?というのは難しくも、楽しい作業です。
もっともそう思えるようになったのは、ここ2・3年です。

これを立てたら、1か月後にはこうなって、3か月後に打箱のような姿になって・・・
ということが予想できなくてはなりません。
今まで、どれだけ失敗してきたか?という蓄積があって初めて予測できるものです。

どのような仕事でもそうですね。
f0186462_00295097.jpg
f0186462_00295937.jpg
ハウス内のインゲン、小さな実がつき始めました。
1週間後くらいから収穫し始めることになります。

つるなしなので、でき始めればどんどん実がつき、あっという間に終わってしまいます。
今年は今までで一番、葉っぱが大きく元気なので、楽しみです。
f0186462_00295353.jpg
f0186462_00295665.jpg
水菜・小松菜・こかぶ・チンゲンのところです。
秋とは異なり、あっという間に大きくなりますが、雑草・害虫もどんどん出てきます。
虫に食べれらるまでに、どんどん収穫して5月初旬には終了です。
f0186462_00300124.jpg
なす・ししとうのところです。
玉ねぎの食べ残した肥料(米ぬか)を栄養源に育てます。
これまた、害虫などうまくいかなければ終了です。
f0186462_00300413.jpg
コ-ルラビ、寒い日もあったせいか、キャベツの類なのに、ほとんど食べられていません。
害虫がはびこるまでに収穫できそうです。
f0186462_00321802.jpg
ソラマメ、結局摘花できませんでした。
それなりに、採れそうです。

普通はソラマメの収穫時期までに、アブラムシがつくものなんですが
今年は全くついていません。
やはり寒かったせいでしょう。
来週あたりから収穫開始です。

インゲン・ソラマメがなんとか収穫できそうなので
もしかしたら、久しぶりに野菜セット販売できるかもしれません。

アスパラにつきましては、いつまでまともなものが収穫できるかもわかりませんので
春アスパラの販売はありません。

連休後から、夏アスパラの販売を予定しています。
f0186462_00321316.jpg

(おまけ)


テレビはこの問題一色なんですかね?

まあ、どっちもどっち、少なくとも、マスコミも財務省も「日本国民の敵」ですから
お互いにつぶし合いしてくれれば、国益にそぐいます。

緊迫した国際情勢そっちのけに、このような問題で、メディア、野党が大騒ぎをしているというのは
本当に異常ですね。
もっとも、モリカケにしろ、このような問題にしろ、国際情勢について、日本国民に危機感を持たせないという
策動から来ているものでしょう。



どこを見ても、日本b国内には敵だらけ、工作員だらけです。
このような状況で、万が一、安倍政権が倒されるようなことになると
もう日本は終了です。

戦後70年、国家警察もなく、スパイ防止法もない、工作員だとわかっていても罪にも問えない
それどころか、工作員が日本国民の税金を蚕食して、やりたい放題です。

そのような事実が明るみにされると、おとなしいとされる日本人でも、ただでは済まないでしょう。





正確な情報は、「虎の門ニュ-ス」です。
この頃、再生回数が飛躍的に伸びています。
毎日、100万回行くようになったら日本が正しい方向に向かうでしょう。



[PR]
# by chikomomorara | 2018-04-21 01:33 | アスパラ栽培 | Trackback

穏やかに、穏やかに!

久びりの更新になってしまいました。

先月末に、親知らずを抜歯してから、痛いやら、忙しいやらで、毎日、3時くらいまで仕事に追われる毎日です。

やっぱり、じじいになると、回復も遅いこと遅いこと!
鎮痛剤のお世話にならなくても済むようになったのが、一昨日です。

以前、親知らずを抜歯したときには、1週間もかからなかったような・・・
もっとも、前回は歯の一部が、露出し始めていたので、今回よりも傷も浅かったのかもしれません。

今回は、完全に埋没していたので、歯ぐきを切開するとともに、周囲の骨をかなり削って
掘り出すような手術でしたので、仕方ないかもしれません。

もう削ったところの痛みは消え、歯好きが下がったことによる隣の歯の露出の部分が染みるくらいの
痛みになっています。
2週間たって、やっとこの騒動から解放されそうです。

アスパラのほうも、先週の冬の寒さから一転、夏の暑さへと、目まぐるしく変動する気候に
かなり疲れが出ています。
発送できるものは、全体の1割程度で、その他は、市場出荷と直売所に回しています。

もっとも、発送分はあと10件程度ですので、精神的にはかなり楽です。
料理屋さんの注文も、すべてお断りしていますし、もう、いつでも立茎できる体制に近づきつつあります。

明日あたり、写真を撮ってきたいと思います。

[PR]
# by chikomomorara | 2018-04-13 02:33 | 近況 | Trackback

三回目のピークに向けて

1週間前までは初夏のような陽気で、半袖の登場だったのですが・・・
f0186462_02001826.jpg
昨日から一転、真冬に戻りました。

2日間北西の暴風が吹き荒れ、上記の画像では日が出ていますが
すぐに、時雨れて、2月の陽気です。

ハウスの画像はうちのハウスではないですが、ご覧のように天井が吹き飛ばされました。

今現在でも、7~8メ-トルの強風です。
おまけに、気温は5度前後。

最低気温も下がりっぱなしで、地温も急降下
収穫量は、1週間前の5分の一です。

先週は、暑かったので、ちょうど休養には絶好の機会です。
(アスパラにとって)

いつになるかわかりませんが、最低気温が15℃以上になってくれば
きれいなものが出始め、3回目のピークを駆け上っていくでしょう。

そのピークが落ち始めるときが、立茎を始める記事になるかと思います。

それにしても、寒いです。

[PR]
# by chikomomorara | 2018-04-08 02:10 | アスパラ栽培 | Trackback

4月末まで

夏日になったので、日中ハウス全開でも35℃以上に!
熱気を抜くため、妻面上部を開けました。
(少し早かったかも・・・)
f0186462_02111676.jpg
からっとして、日中は22~3℃です。
どちらかというと、春芽の収穫時期としてはかなり低めです。

収穫量を上げるには、もっと温度と湿度を高めにするのですが
直射日光だけでもかなり暑く、収穫量を抑え気味に管理しています。
f0186462_02112230.jpg
ですから、畝の上はこのような感じ。
f0186462_02112816.jpg

f0186462_02113425.jpg
少ないですが、その分出ているものはかなりきれいです。
f0186462_02114015.jpg

f0186462_02114981.jpg

f0186462_02115338.jpg

f0186462_02115861.jpg

f0186462_02120148.jpg

f0186462_02120529.jpg
露地畑は、雨前に再度耕し、種まきと定植を実施です。

[PR]
# by chikomomorara | 2018-04-04 02:12 | アスパラ栽培 | Trackback
親知らず、無事抜歯成功しました!

先週の金曜日、手術でした。
埋没して、横向きに生えているので、まずは歯茎の横を切開
親知らずを囲んでいる骨を削って、親知らずの上部を切断(前の歯に接しているため、そのままでは抜けないため)
そのうえで、抜歯です。

40分ほどかかりましたが、残根もなく無事終了です。
以前、右の歯を抜歯した時よりも、時間がかかっています。
前回は、少し、歯ぐきから出てきていましたので、その分楽だったかもしれません。

金曜日まで、もう毎日、ビビりまくっていたので、無事終わってうれしい!
もっとも、患者よりもお医者さんのほうが、これはもう大変ですよね。

あんなに狭いところで、手際よくやっていただき、本当にお医者さんというのはすごいなあと思います。

こういう仕事なら、それこそ、報酬が高くても誰も文句は言わないでしょう。
もっとも、今回の手術代、3割負担で5000円もかかっていません。
これが米国なら、下手すると何十万円とかかるんでしょう。
日本の保険制度に本当に感謝です。

こういうのも、先人のおかげですね。
日本人はどれほど恵まれているか?こういうことって、報道されませんよね。
加えて、その保険制度を悪用して、外国人が、高度先進医療をほぼ無料で受け放題
その負担が税金から出されていることなんかも、もちろん報道されません。

様々なことを考えた、数日間でした。

もちろん、まだ痛いので、早く正常な状況に戻りたいところです。

無事終わって、ようやく、特盛の販売も行えるようになりましたので
ただいま、販売開始しました。
商品内容は昨年までと全く一緒ですが、昨年末から、すべての諸材料が値上げになっており
さすがにいかんともしがたいので、今年から3800円にさせていただくことにしました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ただ、初回販売分に関しましては、無事抜歯成功したお祝いとしまして?
昨年同様3600円にて販売させていただきます。

ご購入予定の方は、ぜひとも、この機会にご購入ください。


[PR]
# by chikomomorara | 2018-04-02 03:15 | 近況 | Trackback