人気ブログランキング |

エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

好調です

梅雨らしからぬ天候が続いています。
連日薄曇りから時々晴天、日中の気温はおおむね25度前後
ハウス内は最高でも35℃
最低気温は17~8℃といった、光合成には最適の環境です。
f0186462_02125765.jpg
夜が蒸し暑くなると、量が出てくるのですが
その気配はなく、量は少ないですが、その代わり品質がいいです。
このような6月は、今までになかったことです。
f0186462_02130209.jpg
10月までこのような気候が続いてくれればいいのですが
そうもいかないでしょう。

夏のアスパラの発送は、順調に進んでいます。
昨年は、このころから、品質が低下、9月まで発送を見送っています。

今年は、今のところ順調です。
f0186462_02130017.jpg







世の中の動きが急展開すぎて、なかなか書ききれません。
ただはっきりしているのは、米中はすでに戦争状態であるということでしょう。

武力衝突こそ起きていないものの、貿易戦争でもなく、ましてや貿易摩擦などという
生易しいものではありません。
戦争のある局面という段階、中国共産党崩壊まで続くと思われます。

今に始まったことではなく、決定的だったのは昨年のペンス副大統領の演説です。
明らかに、宣戦布告ともいえる内容で、その後立て続けに法案が成立しています。

トランプだからということではなく、米中決戦はアメリカの国家意思です。
(そもそも、議会のほうがさらに強硬)

東アジアは日清戦争前夜のようですし、中東もいつ発火してもおかしくありません。
第三次世界大戦に発展するかもしれません。

少なくとも、東アジアでみれば、日本は最も影響を受ける当事者でしょう。
半島もロシアも、中国も、狙ってくるのは日本です。

前にも書きましたが、日本列島がすでに38度線にあるということを自覚すべきでしょう。
そして、そういう事態は、日本のメディアは全く伝えません。
伝えないどころか、中国、半島、ロシアの工作機関の一翼であることも、知っておくべきです。

6/24に、再びペンスの演説があるそうなので楽しみです。

今、大きな歴史の転換点にいるんですね。

# by chikomomorara | 2019-06-12 02:39 | アスパラ栽培

寒かったり・・・

今年も、いつまでも冷え込む(というより、寒い)夜が続いています。

先日、一日だけ生暖かい夜でしたが、その次の朝は3倍程度萌芽していました。
その代わり、品質は良く、まるで春アスパラのような味の濃いものが採れています。
ただ、寒いため、根元が硬くなったりしていますが、できるだけ切り捨てて、お送りしています。

今年初めての敷き草?栽培。
摘心した枝葉や、間引きしたものを、株本に敷き詰めています。
株元にはできるだけ日を当てたい、でも日が当たりすぎると地温が上がりすぎてしまいます。
そこで、少しでも、地温を抑えられるのではないか?とやっています。
もっとも、梅雨時になって、雨天続きだと、株元がいつまでも湿って
病気のもとにもなります。
果たして、どうなりますか?
f0186462_00214299.jpg
めくってみると、この通り、ダンゴムシの天国です。
露地でも、雑草を積み上げているところは、このようにダンゴムシの天国です。
有機物を食べてくれて、土がふかふかになります。
これも狙いの一つです。
f0186462_00214615.jpg
1か月前に設置した、粘着シ-ト、早くも蠅採り紙になっています。
どうしてだか、今年はことのほか多いです。
こういうのがぶんぶん飛び回ると、収穫どころではありません。
アスパラに悪さはしませんが、とにかく、付きまとって、刺しに来るので
たまったものではありません。
f0186462_00213749.jpg






# by chikomomorara | 2019-05-31 00:41 | アスパラ栽培
まだまだ、少ないですが、出始めました。
立茎時期からすると、半月遅れ位でしょうか?
f0186462_00441072.jpg
夜が蒸し暑くないため、伸びが緩慢ですので
今のところは、1回採りで済んでいます。
最低気温が25度を上回るようになってくれば
一日に15センチとか伸びますので、朝夕2回採りになります。
f0186462_00441320.jpg
量が少ないですが、その代わり、立茎後初めて出てくるものとしては
例年よりも一回り太いものばかりになっています。
f0186462_00440711.jpg
最低気温が低いためか、枝葉の茂り具合もおとなしく
よい傾向です。
f0186462_00440459.jpg
高温高湿度になると、枝葉がもっと茂り、それに栄養を奪われるので
出てくる芽も、品質が落ちたりします。
それを肥培管理や水分管理でコントロ-ルしようとしますが
なかなかうまくいきません。
今のところは、管理も非常に楽です。
f0186462_00440297.jpg
ナスやキュウリの苗、やっと本葉が出てきました。
f0186462_00435264.jpg
ここは夏の間、休ませるところです。
f0186462_00434946.jpg
ジャガイモ、あと2週間ほどで収穫でしょうか?
先ほどのなす、きゅうりは空いているマルチのところをきれいにして
定植する予定です。
f0186462_00434688.jpg
意外なほど、元気なズッキ-二
例年だと、強風に吹かれてポキッと折れて
その後雨が降ると、その傷口から腐ってきて
終わりになります。
今年は、少しは収穫できるかもしれません。
f0186462_00434105.jpg
今日もからっとした晴天で、まるで秋のようです。
晴れていても、最高24度、最低12~3℃といったところです。





# by chikomomorara | 2019-05-23 01:12 | アスパラ栽培
予定通り、明後日から順次発送開始します。
この時期、夜の温度が高く、冷え込まないと、どっと萌芽してくるのですが
今年も、いつまでも冷え込みます。
今現在も、部屋の中では、フリ-スを着用しているような気候です。

量は少ないものの、昼夜の温度差がありますので、養分転流がうまくいっているようで
糖度も高く、まるで秋のアスパラのようなものが出ています。

いいものがお送りできればと思っています。

当初は、一日に2~32件の発送になると思いますが
来週後半あたりからは増えてくるかもしれません。

梅雨に入って、曇天雨天続きになる前に、お届けできればと思い
完売していたものと、バルクアスパラを追加しました。

よろしくお願いいたします。

今のところ、ご注文をいただいてから1週間以内にお送りできるのかなあと思っています。

ただ、天候以外に、個人的な事情で、1週間程度、収穫が全くできなくなる可能性があります。
そうした場合、新たに立茎するようなことになり
再開しても、再び間引き等を行い、まともなものが出てくるまでに半月ほどかかってしまいます。

その際には、すべてご連絡いたしますが、その可能性もあるということで
ご注文いただければ幸いです。
そうならないことを祈っておりますが・・・





日本のメディアからの情報だけだと、今の事態の本質がたぶんわかりませんね。
中国・韓国・北朝鮮にとって都合の悪いことは全てスル-
捏造でも何でもおかないますから。

企業の経営陣も同じようなものでしょう。

一部上場の大企業といえども、ひょっとすると倒産の危機に見舞われるかもしれませんね。
今の状況だと、トヨタですらも、世界中から締め出されてしまうこともありえます。

# by chikomomorara | 2019-05-22 01:32 | アスパラ栽培

モモが死んだ

愛犬が亡くなりました。
もっとも手前の黒い犬です。
f0186462_01243479.jpg
ちょうど、1週間前から元気がなく、火曜日からは散歩にもいかなくなって
全く食べなくなってしまいました。
人一倍、食いしん坊で、それが食べなくなったらもうおしまいと思っていたのですが・・・

もう15歳なので、天寿を全うしたといえばそうなのですが
水曜日あたりから、寝たきりになって、息も荒く
苦しいだろうなあと思うと、こちらも苦しいものです。

明け方まで、ずっと横に寝て、さすってやったり
病院に連れて行ったりしたのですが、本日、19時ころ、永眠しました。

合掌です。

あと、白っぽいのも、もう乳がんで、近いうちに・・・ですが
最後まで、見守ってやりたいと思います。
f0186462_01243830.jpg
犬も最盛期には、5匹もいましたが(異常です)
もう二匹になってしまいました。

犬も3匹、猫も子猫も含めると5匹看取ってきました。
動物だけでなく、鹿児島に来てからでも、見知った人は十人以上なくなっています。

日常的にあったりする人は、ほぼ、60歳以上であることがほとんどなので
当たり前かもしれませんが、本当に「生命」とか「死」とか考えさせられることが多いです。

自分自身も、もう61歳なので、元気で働けるのは、あと20年もないでしょう。
昨年、ハウスのサイドと妻面のビニ-ル和張り替えた際にも
「これが最後になるのかなあ」と思いました。
(前のビニ-ルは15年もたせましたので)

まあそういう年になったんでしょうね。
「健康に働けて、白いお米が食べられて、毎日温泉に入ることができれば十分幸せだなあ」
と最近、つくづく思います。

昔から?よく言われましたよね
「あの世に置け根は持っていけない」とか
「川の渡し賃は、昔から6文と決まっているとか」
これが日本人の価値観ではなかったでしょうか?

すべての尺度が、「お金」ではなかったはずです。
もちろんお金は、生きていく上では大切です。
でも、金持ちが必ずしも尊敬される社会ではなかったはず。

死んだらもうおしまいと考える社会と違って
生まれ変わりというものを、当たり前のように受け入れる日本では
「魂」が最も大切なものと考えられてきたのではないでしょうか?

「どんなことがあっても、魂だけは汚すまい」と庶民に至るまで
生きてきたのが、戦前までの日本の姿ではなかったかと思います。

現在の日本、特に社会の指導層、国を平気で売る事態がエスカレ-トしています。
その根源にあるものは、欲でしょう。
「自分さえ、金がもうかればいい。」
「自分さえいい思いができればいい」
その典型的な国が、中国ですね。
そういうところに、付けこまれて、外国勢力の手先として働いてしまう。

そういう連中が、社会を引っ張っている。

日本の本当の権力組織は、「内閣法制局・日銀・財務省」です。
それがすべて、あの国の手が入っている。








例えば、消費増税
日本の経済を最も心配しなければならない財務省
消費増税で、日本経済が壊滅する可能性が高いのにかかわらず
強行しようとしています。

日本経済の壊滅は、日本の敵国にとっても願ってもいないこと。
その意向もあるんでしょう。

日本以外から、情報を得ていると、本当に面白い。
特に、日米は動きが同じです。

トランプのロシア疑惑と、安倍総理のモリカケ
どちらも、全くの白、メディアの捏造が明らかになっています。

今度は、対中貿易戦争、消費増税回避
どちらも、選挙目当ての人気取りということになっていますね。

米中は、貿易摩擦なんてものではなく
本当の戦争中になっています。
強硬なのは、トランプではなく、議会を含めた、米国中がすでに反中、戦時に入りつつあります。
消費増税も、景気停滞なんて生易しいものではなく、もう日本が中国の一部になってしまう
きっかけになってしまうくらいの、大問題です。

そういう事実を伝えることは、日本のメディアは一切しません。

まだ米国のほうが健全ですが、日本にも救いはあります。
「すべてのメディアが煽る反対が、正しい道」という教訓です。




# by chikomomorara | 2019-05-21 02:29 | 近況