人気ブログランキング |

エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

台風通過後

台風は無事通り過ぎました!
こちらでは、東シナ海を北上する場合と、太平洋側に逸れる場合とでは
台風の威力が4~5倍異なってきます。

太平洋側を北上する場合には東風がまず来るのですが、その場合は山越の風になるのでひょっとすると何も対策しないでも
大丈夫な場合もあります。
もっとも、吹き返しの風はそれなりに吹きますが、その時には台風がかなり離れていることが多いので
強くても15メ-トル前後の風になります。

今回は、ハウス全開のまま大丈夫かなあと思っていたのですが、一昨日の夕方になって吹き始めた風にビビり
暗くなってから、いつものようにハウス閉めこみ、換気扇を回しました。

これもいつものことですが、対策を講じた場合に限って、風が吹かなかったりすることが多く
今回もその例にもれず、夜8時ころからはほぼ無風状態、かえって、台風が紀伊半島沖まで進んだ頃に
結構な風が吹きました。

f0186462_23315972.jpg
f0186462_23320945.jpg
で、畑の様子がこちら、もっとも風が強いハウスの間はこの通り

f0186462_23322759.jpg
f0186462_23323312.jpg
f0186462_23323798.jpg
露地畑はこの通り、それなりに風が吹き、それも10日ぶりくらいで晴れて乾燥した風が吹きましたので

f0186462_23324493.jpg
f0186462_23324986.jpg
多少しおれたりはしていますが、全く問題なし。

これからは毎日、日照があり、土もしっかり湿っていますので、すぐに立ち直ると思います。

f0186462_23325591.jpg
f0186462_23330513.jpg
かぼちゃの跡地は、例のもみ殻くんたんのようなものを前面に散布しました。

この後、2回耕して、ほうれん草などの種をまきます。

f0186462_23330201.jpg
わざわざ播種しなくとも、雑草は次々に芽を出してきます。
ホトケノザですね。
芽が出てきたということは、ちょうど生育適温になったということで、土壌にも水分があり、肥料分も十分
そのうえ、日照が期待できますので、あっという間に成長してしまいます。

このタイミングで1回耕し、その後新たに芽が出てきたところでもう一回、と同時にほうれん草などの播種を行います。

f0186462_23331545.jpg
f0186462_23331189.jpg
ハウスの中はこの通り、病気も出ず、害虫も抑えられているので、きれいな緑色です。
勢いもあるので、光合成がかなり期待できます。

明日以降、晴れても最高気温は30度くらい、最低気温は10~15度くらいで推移しそうです。
たぶん、あと1週間くらいで、萌芽停止、今シ-ズンの収穫終了になると思われます。

病害虫は長くても11月中までですので、あと1か月この調子を保てれば、来春はかなり期待できそうです。
アスパラ栽培を始めて14年間の中でも、ベスト3に入りそうな秋の状態です。
少しホッとしています。

アスパラも一段落しそうで、また秋冬野菜も今後も大丈夫そうなので、久々に野菜セットを販売します。
大根やカブなどはもう少し後になりそうなので、当面は葉物ばかりですが、いつものように味も濃く
美味しいです。
期待してください!

(おまけ)













「日本を取り戻す!」ということが理解できる国民が増えてきた今回の選挙ではないでしょうか?

この人は!と思う人が落ちたり、政党がなくなったりする半面
北朝鮮や中国の工作員といってもいいような輩が当選したり、工作機関のような政党?が誕生したりと
納得できないこともあります。(個人的な意見です)
また、完全に工作機関と化した日本のメディアの実態が露呈してきたことも、意義あることかもしれません。

50年以上にわたって、営々と積み重ねられてきた日本破壊のための動きですので、すぐに結果が出るはずもありません。
がしかし、世の中そう甘くありません。
日本国民を馬鹿にするようなこのような行いは、いつに日か必ず報いを受けることになるでしょうね。
日本国民は、間違いなく賢いですし、穏やかで優しく寛容な国民性ですが
半面、卑怯な振る舞いや、不正を許さずといった面では厳しい国民です。

まずは事実をありのままに広めていくことが大切です。


by chikomomorara | 2017-10-24 00:31 | アスパラ栽培