エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

アスパラ休憩中

露地野菜、ほぼ終了です。
本格的な、端境期になりました。
f0186462_01105236.jpg
f0186462_01105644.jpg
水菜、小松菜、チンゲンなど播種していますが、やっと発芽したばかりです。
f0186462_01110230.jpg
マルチのものは、しばらく冷えて、霜も降ったため、停滞中です。
f0186462_01110633.jpg
発芽したばかりのほうれん草
f0186462_01111016.jpg
f0186462_01112013.jpg
f0186462_01112409.jpg
玉ねぎと、ソラマメです。
f0186462_01112973.jpg
f0186462_01113252.jpg
明日から、摘花できるかなあと思っています。
現在までのところ、頗る順調です。
摘花できれば大成功。できなければ失敗です。
f0186462_01113523.jpg
アスパラ、寒さで休憩中です。
ちょうど、よい調整になったのではないでしょうか?

先週まで約2週間、どんどん収穫量が伸びていましたので
やはりなり疲れというものがあります。

品質低下する前に、気温が下がって休憩に入りましたので
品質が低下することなく、推移しています。
f0186462_01113828.jpg
f0186462_01114242.jpg
曲がったり、はかまが浮き上がったりしているものはほとんど見当たりません。
f0186462_01114598.jpg
最低気温3℃、最高気温33℃です。
最高といっても、午後3時半~4時ころに閉めこんだ後です。
大半は、このように25℃を維持するような温度管理です。

うちの場合、ごつごつしたり、はかまが浮き上がったりしているものは
発送できません。
また、そのようなものは市場にも出しませんので
直売所行きです。

もちろん、そういうものでも、市場出荷基準以内ですので、出そうと思えば出せますが
そうすると、直売所で売るものがなくなってしまいます。

普通の場合、1本でも多く市場に出そうとします。
当たり前です。

まあ、その前に、収穫量を追い求めますので、上記のように冷える日は
日中、35℃位まで、ハウス内の温度を上げておきます。

当然、地温は上がりますので、萌芽が活発になります。



[PR]
トラックバックURL : https://nizaemon.exblog.jp/tb/29676109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chikomomorara | 2018-03-26 01:29 | アスパラ栽培 | Trackback