人気ブログランキング |

エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

カテゴリ:アスパラ栽培( 541 )

唐突ですが、家庭用アスパラガスの大人気商品
穂先スペシャル、穂先スペシャルデラックスを販売開始しました。

昨年は、高温並びに、病害虫で不調のため、販売できませんでした。
もうこの時期には、発送を取りやめ、かといって、市場に出せるレベルのものも
少なかったため、ほとんど、直売所で細々と販売するしか収穫できませんでした。

それを考えると、今年は今のところまでは、天候に助けられています。
(栽培技術そのものは、向上していませんので・・・笑)

台風も来ないし、今年は顕著に寒冷化しているなあと思います。
たぶん、数年うちに氷河期到来ですよ。
全世界的に、食糧不足、食糧に奪い合いから、戦争頻発でしょう。

毎日、仕事が終わると、この時刻になってしまいます。
なんとかせねばと思っているうちに、今度は歯が痛くなってきました。
明日も忙しい一日です。

国際情勢については、いろいろと書きたいことがあるのですが
なかなか書けず、そうこうしているうちに大きな変化の毎日です。

とりあえず、少しばかり・・・

やはり、半島は北主導で統一でしょう。
そのために、動いている大統領なので、仕方ありません。
唯一の障害である、経済格差も、近いうちに同じようになるでしょうから
(南が北のレベルまで落ちる)
その心配もなく、民族の夢がかなうようで、めでたいことです。

米軍は間違いなく撤退ですね。
それをきっかけに、動乱が起きるかもしれませんが、内戦扱いで
各国とも、好意的中立、様子見ですね。

人口が減ったところで、半島の管理をどうするのか?といったところでしょう。

本命は中国なので、米国も、半島で力を使いたくはないでしょう。
平たく言えば、どうでもいいといったところです。
とにかく、38度線は日本列島まで降りてきていますので
何かあれば、日本は当事者そのものです。
半島有事、即、本土決戦ですね。

ではでは

by chikomomorara | 2019-07-12 03:36 | アスパラ栽培

お礼

先日の大雨では、数多くのお見舞いのご連絡をいただき
ありがとうございました。

幸い、被害もなく、無事収穫を続けています。

結果的には、さほどのこともなく、台風の際の大雨の半分位の感覚です。
ちょうど、関東地方で震度5の地震があったというような感覚です。

これ、温泉の裏の川ですが、台風の時にはほとんどあふれそうになることがままあります。
真ん中あたりに水が出ているところも、完全に隠れてしまうという水位です。
f0186462_02574346.jpg
当日、市場まで出荷してきたときの画像です。
それなりに降ってはいます。
f0186462_02575032.jpg
雨は心配するほどではなかったものの、九州道が閉鎖されたり
国道10号線が通行止めになったりで、渋滞は結構なものがありました。

いつもなら30分で行ける市場まで
この日は、2時間です。

もっとも、当日は通行量も少なかったため、これで済んだということです。
翌日、同じような時間帯でしたが、何と3時間半かかってしまいました。

10分で10メ-トル動けばいいほうといった渋滞で
見事に裏をかかれました。

こんな渋滞は、昔行った、夏の安房峠以来です。
f0186462_02575628.jpg
f0186462_02580185.jpg
f0186462_02580558.jpg
ハウスの中はこの通り、雨の最盛期ですが、この明るさです。
f0186462_02581239.jpg
f0186462_02581579.jpg
明るいとは言っても、やはり日照がないので
色が白いです。

蒸し暑かったので、どんどん出るのですが
発送には適しません。

かといって、直売所もしまったりで
全て、市場出荷でした。
f0186462_02581894.jpg
それ以降も、結構出ています。

毎日、収穫に6時間、選別調整に5時間
市場の往復に2時間半ほど
雨が降らなければ、12時から16時ころまでは
ハウス内、40度を超しますので、何もできません。

結果、寝るのは午前三時を過ぎてから、そして起きるのは
遅くとも7時という毎日になっています。

このところ、国際情勢も目まぐるしいですし
大雨についても、いろいろと書きたいのですが
それはまた後日に・・・

とりあえず、寝ます(笑)

by chikomomorara | 2019-07-10 03:19 | アスパラ栽培

中国終了か?

梅雨とは言いつつも、暗くなってざ~っと降るようなこともなく
蒸し暑さもほとんどなく、アスパラの生育には公的な気候です。
本日のハウスですが、この時も外では雨が降っていました。

でもこの明るさです。
f0186462_22071973.jpg
光合成と、養分転流のバランスが比較的良いためか
きれいなアスパラが出続けています。
f0186462_22072635.jpg
f0186462_22072908.jpg
夏のアスパラとは思えないような太いものも結構見られます。
f0186462_22073247.jpg
この調子で、10月まで続いてくれればいいのですが・・・














by chikomomorara | 2019-06-19 22:08 | アスパラ栽培

好調です

梅雨らしからぬ天候が続いています。
連日薄曇りから時々晴天、日中の気温はおおむね25度前後
ハウス内は最高でも35℃
最低気温は17~8℃といった、光合成には最適の環境です。
f0186462_02125765.jpg
夜が蒸し暑くなると、量が出てくるのですが
その気配はなく、量は少ないですが、その代わり品質がいいです。
このような6月は、今までになかったことです。
f0186462_02130209.jpg
10月までこのような気候が続いてくれればいいのですが
そうもいかないでしょう。

夏のアスパラの発送は、順調に進んでいます。
昨年は、このころから、品質が低下、9月まで発送を見送っています。

今年は、今のところ順調です。
f0186462_02130017.jpg







世の中の動きが急展開すぎて、なかなか書ききれません。
ただはっきりしているのは、米中はすでに戦争状態であるということでしょう。

武力衝突こそ起きていないものの、貿易戦争でもなく、ましてや貿易摩擦などという
生易しいものではありません。
戦争のある局面という段階、中国共産党崩壊まで続くと思われます。

今に始まったことではなく、決定的だったのは昨年のペンス副大統領の演説です。
明らかに、宣戦布告ともいえる内容で、その後立て続けに法案が成立しています。

トランプだからということではなく、米中決戦はアメリカの国家意思です。
(そもそも、議会のほうがさらに強硬)

東アジアは日清戦争前夜のようですし、中東もいつ発火してもおかしくありません。
第三次世界大戦に発展するかもしれません。

少なくとも、東アジアでみれば、日本は最も影響を受ける当事者でしょう。
半島もロシアも、中国も、狙ってくるのは日本です。

前にも書きましたが、日本列島がすでに38度線にあるということを自覚すべきでしょう。
そして、そういう事態は、日本のメディアは全く伝えません。
伝えないどころか、中国、半島、ロシアの工作機関の一翼であることも、知っておくべきです。

6/24に、再びペンスの演説があるそうなので楽しみです。

今、大きな歴史の転換点にいるんですね。

by chikomomorara | 2019-06-12 02:39 | アスパラ栽培

寒かったり・・・

今年も、いつまでも冷え込む(というより、寒い)夜が続いています。

先日、一日だけ生暖かい夜でしたが、その次の朝は3倍程度萌芽していました。
その代わり、品質は良く、まるで春アスパラのような味の濃いものが採れています。
ただ、寒いため、根元が硬くなったりしていますが、できるだけ切り捨てて、お送りしています。

今年初めての敷き草?栽培。
摘心した枝葉や、間引きしたものを、株本に敷き詰めています。
株元にはできるだけ日を当てたい、でも日が当たりすぎると地温が上がりすぎてしまいます。
そこで、少しでも、地温を抑えられるのではないか?とやっています。
もっとも、梅雨時になって、雨天続きだと、株元がいつまでも湿って
病気のもとにもなります。
果たして、どうなりますか?
f0186462_00214299.jpg
めくってみると、この通り、ダンゴムシの天国です。
露地でも、雑草を積み上げているところは、このようにダンゴムシの天国です。
有機物を食べてくれて、土がふかふかになります。
これも狙いの一つです。
f0186462_00214615.jpg
1か月前に設置した、粘着シ-ト、早くも蠅採り紙になっています。
どうしてだか、今年はことのほか多いです。
こういうのがぶんぶん飛び回ると、収穫どころではありません。
アスパラに悪さはしませんが、とにかく、付きまとって、刺しに来るので
たまったものではありません。
f0186462_00213749.jpg






by chikomomorara | 2019-05-31 00:41 | アスパラ栽培
まだまだ、少ないですが、出始めました。
立茎時期からすると、半月遅れ位でしょうか?
f0186462_00441072.jpg
夜が蒸し暑くないため、伸びが緩慢ですので
今のところは、1回採りで済んでいます。
最低気温が25度を上回るようになってくれば
一日に15センチとか伸びますので、朝夕2回採りになります。
f0186462_00441320.jpg
量が少ないですが、その代わり、立茎後初めて出てくるものとしては
例年よりも一回り太いものばかりになっています。
f0186462_00440711.jpg
最低気温が低いためか、枝葉の茂り具合もおとなしく
よい傾向です。
f0186462_00440459.jpg
高温高湿度になると、枝葉がもっと茂り、それに栄養を奪われるので
出てくる芽も、品質が落ちたりします。
それを肥培管理や水分管理でコントロ-ルしようとしますが
なかなかうまくいきません。
今のところは、管理も非常に楽です。
f0186462_00440297.jpg
ナスやキュウリの苗、やっと本葉が出てきました。
f0186462_00435264.jpg
ここは夏の間、休ませるところです。
f0186462_00434946.jpg
ジャガイモ、あと2週間ほどで収穫でしょうか?
先ほどのなす、きゅうりは空いているマルチのところをきれいにして
定植する予定です。
f0186462_00434688.jpg
意外なほど、元気なズッキ-二
例年だと、強風に吹かれてポキッと折れて
その後雨が降ると、その傷口から腐ってきて
終わりになります。
今年は、少しは収穫できるかもしれません。
f0186462_00434105.jpg
今日もからっとした晴天で、まるで秋のようです。
晴れていても、最高24度、最低12~3℃といったところです。





by chikomomorara | 2019-05-23 01:12 | アスパラ栽培
予定通り、明後日から順次発送開始します。
この時期、夜の温度が高く、冷え込まないと、どっと萌芽してくるのですが
今年も、いつまでも冷え込みます。
今現在も、部屋の中では、フリ-スを着用しているような気候です。

量は少ないものの、昼夜の温度差がありますので、養分転流がうまくいっているようで
糖度も高く、まるで秋のアスパラのようなものが出ています。

いいものがお送りできればと思っています。

当初は、一日に2~32件の発送になると思いますが
来週後半あたりからは増えてくるかもしれません。

梅雨に入って、曇天雨天続きになる前に、お届けできればと思い
完売していたものと、バルクアスパラを追加しました。

よろしくお願いいたします。

今のところ、ご注文をいただいてから1週間以内にお送りできるのかなあと思っています。

ただ、天候以外に、個人的な事情で、1週間程度、収穫が全くできなくなる可能性があります。
そうした場合、新たに立茎するようなことになり
再開しても、再び間引き等を行い、まともなものが出てくるまでに半月ほどかかってしまいます。

その際には、すべてご連絡いたしますが、その可能性もあるということで
ご注文いただければ幸いです。
そうならないことを祈っておりますが・・・





日本のメディアからの情報だけだと、今の事態の本質がたぶんわかりませんね。
中国・韓国・北朝鮮にとって都合の悪いことは全てスル-
捏造でも何でもおかないますから。

企業の経営陣も同じようなものでしょう。

一部上場の大企業といえども、ひょっとすると倒産の危機に見舞われるかもしれませんね。
今の状況だと、トヨタですらも、世界中から締め出されてしまうこともありえます。

by chikomomorara | 2019-05-22 01:32 | アスパラ栽培

少し、出始めた

先日壊れた、レカロシ-トのラバ-マットの交換品届きました。
純正品だと一枚2万円以上の高額になることと
今一つ品質に信頼できないところがあるので、今回は国産品に

同じような交換品で、お決まりの中国製がありますが、これはもちろん却下
韓国製と中国製のものは、よほどのことがない限り買いません。

で、かなり探したのですが、岐阜県のシ-ト屋さんに頼んで作っていただきました。
野口シ-トさんというところで、職人気質というか、すごく誠実そうに思えましたので
頼んだところ、予想通りの高品質なものが届きました。

f0186462_23564785.jpg
これなら、10年以上平気で使えそうです。

やはり、日本のものづくりは、中小企業が支えているんですね。
日本の強みは、庶民の人間性でしょうね。
f0186462_23565189.jpg
露地畑、米ぬかをまいたところ、一回耕しました。
もうわかりませんね。
その他のところも、順番に米ぬかを散布しています。
f0186462_23565830.jpg
露地畑の半分は、秋まで土つくりをして休ませようと思います。
f0186462_23570146.jpg
ハウスの間、やはりかなり寒いようで、3週間前に種まきした
小松菜と水菜、生育が遅いです。
この時期だと、1週間でこのくらいの大きさに
2週間で、そろそろ収穫、3週間目くらいからは、無農薬だとボロボロになりだし
1か月で終了というのが当たり前なのですが・・・

耕してから1か月以上経過しているのに、ほとんど雑草が目立たないのも驚きです。
f0186462_23570615.jpg
f0186462_23570829.jpg
ハウスの中は、ようやく緑が濃くなってきました。
f0186462_23571309.jpg
収穫の目線です。
不要な茎葉は、随時切って、畝の上に敷き詰めています。
地温上昇防止荷役断つのではないかと、今年初めての試みです。
f0186462_23571608.jpg
f0186462_23572093.jpg
少しづつ、出始めました。
f0186462_23572379.jpg

中にはこのような元気なものも・・・
始めてみました。
通常は1本ずつ出てきます。
f0186462_23572772.jpg
50メ-トル先まで往復して、この量ですから
まだまだ少ないです。
通常は、このかご1個以上
ピ-ク時には、この箱2個以上です。
f0186462_23573135.jpg
品質的には結構きれいです。
光合成が十分できて、昼夜の温度差があるので
養分還流がうまくいっているのでしょう。

量は少なすぎますが、こういうきれいなものが出ているときは
収穫していても、安心して穏やかな気分になります。

f0186462_23573476.jpg
株元から上を見るとこのような感じです。
今はこのような感じですが、これが10月まで維持するのは至難の業です。

毎年毎年、失敗しますので、今年こそは・・・です。
f0186462_23573799.jpg




by chikomomorara | 2019-05-16 00:34 | アスパラ栽培
お待たせしました。
夏のアスパラ、販売開始しました。

といっても、夜はまだまだ冷え込みますので、一挙に出始めたという状況ではありません。
本格的な収穫開始は、たぶん来週後半以降になるかと思います。

冷えこむことに加え、どうも今年の梅雨入りは早くて、長く続くような気がしています。
ですので、昨年まで販売していました回数セット、今年は2回セットのみにしました。

実際、昨年は6月下旬以降、アスパラの品質が良くなく
(市場出荷は十分可能なんですが、光合成量が少ないため、味があまりよくないのがわかっているため)
発送を見合わせました。
梅雨明け以降、お送りできるだろうと考えていたのですが
今度は猛暑と病害虫に見舞われ、結局、7月以降もほとんどまともなものが
収穫できず、シ-ズン終了となりました。
3回セットの残り1回分を、今年の春になってからお届けできたご注文もありました。

今年は、2回ならどれだけ気候が悪くてもお届けできるだろうと思いますので
2回セットのみの販売にさせていただきました。

発送開始は来週後半以降からと考えています。

よろしくお願いいたします。






by chikomomorara | 2019-05-15 00:24 | アスパラ栽培

ほぼ、完了

堆肥を入れこんだところの耕耘が終わりました。
通路の地下には根っこが張り巡らされているので、本格的に
耕すのは、根っこの養分が少ないこの時期しかありません。
f0186462_01105372.jpg
今回は、インゲンが全くありませんので、谷の部分も耕せました。
4年ぶりになります。
f0186462_01105701.jpg
上から見ると、こういう状況です。
f0186462_01110872.jpg
かなり上まで伸びてきているものもあります。
まだこれから葉っぱが展開するので、今が最も萌芽量が少ない時期です。
f0186462_01111429.jpg
このように元気のよいものは、3メ-トル近くまで伸びています。
鉄骨の梁が2.5メ-トルです。
葉っぱが展開すると、垂れてきますので、2メ-トルより少し低い位置で摘心します。
摘心して大体4~5日後くらいから、アスパラが萌芽し始めます。
f0186462_01111789.jpg

今週末から、外の作業ができそうです。
f0186462_01112621.jpg
ハウスの間に播種した、小松菜、やっと目が出始めました。
f0186462_01114161.jpg






by chikomomorara | 2019-04-28 01:31 | アスパラ栽培