エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:わんこ ( 8 ) タグの人気記事

みんな、いなくなった!


今日、最後の仔犬がもらわれていきました

002.jpg006.jpg

最後に動画を撮ろうと思っていたのですが
眠かったのか、ぼ~っとしていて、結局撮れませんでした。

これが最後の一匹です。

まだ1ヶ月ちょっとですが、ドッグフ-ドも食べるようになったし
かわいい盛りのほうがいいかなと思って、引渡しに行ってきました。

009.jpg

訳も分からず、外に出しましたが
なんとなく気配が分かるようです。

最後まで残ったメスの「アマ」も先日、「見せて欲しい」との電話がかかってきて
そのまま、もらわれていきました。

その前日、「これはもう我が家の犬か」と観念して
リ-ドを買ってきたところだったのですが・・・

そんなこんなで、この冬、新たに生まれた7匹!!は、全て無事
もらわれていきました。
こういうのもご縁でしょう。

少し寂しくは有りますが・・・
久しぶりに、落ち着いた家の中になっています。

ということで、これから、脱走しないように気をつけねばと
思っています。
(雑種のブリ-ダ-というのも、いただけませんから  笑)


[PR]
by chikomomorara | 2011-02-27 23:30 | ペットの部屋 | Trackback

またまた、雪が降りました

009.jpg

前回とは異なり、降った量も、そんなに多くはなかったので
5センチ程度積もっただけでした。

でも、昨夜から猛烈に寒く、今日の最低気温はマイナス5度くらいまで行きました。
また、日中でも、3~4度くらいまでしか上がっていません。

011.jpg

これは家の前の坂道なんですが、今の時期、すっと日陰になりますので
(とはいっても、今日はほとんど晴れなかったので同じですが)
まったく融けません。

なので、今日は車が出せません。

積雪量は少しですが、それでも野菜は隠れるほどです。

012.jpg

家の裏の畑ですが、ほうれん草やチンゲン菜が隠れてしまいました。

前回よりも、猛烈に寒くなっていますので、明日の朝は
バリバリに凍りつくことになります。
畑にはいけませんでしたが、露地野菜はかなり凍結するのではないかと思います。

それよりも、昨日から台風並みの強風が吹き荒れていましたので
ハウスの天井ビニ-ルが破損していないか心配です。

今週いっぱいは、かなり冷え込む予報ですが、さすがに来週になると
少しは晴れて、暖かい日があるような気がします。

ところで、またまた、産まれてしまいました

005.jpg006.jpg

昨年の夏に脱走した2匹の他に、11月ころにも他の一匹が脱走!
少し心配ではあったのですが・・・

昨晩急に出産です。
今回はオス一匹でした。

004.jpg

それでなくても、ちび犬一匹はまだいるのに・・・

001.jpg

犬5匹というと、食事のときはこんな状況です。
異常です!!

まあ、4匹も5匹も、6匹もこうなりゃ同じですので、めでたいことかと(笑)

ついでに、動画もアップです(笑)


[PR]
by chikomomorara | 2011-01-16 21:03 | ペットの部屋 | Trackback

ス-パ-雑草


駅伝、かなり盛り上がったんでしょうね
ご注文が急に来ましたので、サンクスメ-ルを書いていたら
こんな時間に、更新に

まだ少し残っていますが、残りは明朝にしました。

昨日書いた、「ス-パ-雑草」お問合せ?いただきましたので
ここで少し、補足です。

除草剤が効かない雑草、それも、繁殖力がやたらに強い雑草が、急拡大しているらしいです。
日本でも、はたまた、アメリカなどでも・・・

病原菌でも、耐性がついたものが出てきますし、害虫でも同じことです。
ですから、雑草自体に、人間の肝臓のような、解毒機能らしきものまで
備えたものも出始めていると聞いても、驚く程のことはありません。

雑草も、生き残るためには必死で進化するでしょうから

でも、驚いたのが2つ

ひとつは、番組で紹介されていた雑草が、例の「ピ-」そっくりなんです。
なるほど、「ピ-」の繁殖力たるや凄いです

もうひとつは、「アメリカで」ということなんですね。

これは大変ですよ~

中野区や、杉並区と同じ面積くらい耕作する農家がザラですから
これはもう、手で雑草などとっていられません。

除草剤でも、作物を避けて、散布するなんてことも出来ないでしょう。

ですから、今の穀物価格は、遺伝子組み換え作物と除草剤が前提なんですね。
これを昔のように、戻すとなると(戻せませんが)
生産性は、何十分の一でしょう。
ただでさえ、食糧危機が叫ばれているのに、本当に奪い合いになるのではないでしょうか?

ちなみに、遺伝子組み換えというのも、害虫や病気に対して抵抗力をつけるためというのもありますが
もっとも大きい目的は、除草剤でも枯れない。
すなわち、作物が植わっている上から、除草剤をかけると、雑草だけが枯れて
作物はびくともしないということなんですね。

これ、野菜を育てたことのない人には、理解しづらいかもしれませんが
画期的なことですね

物理的に手で取るというのも、ネコの額ほどなら出来ますが
2000平米を超すと、まず不可能です。

除草というのは、シ-ズン中、エンドレスな作業ですから
2~3人で、毎日6時間くらいやって、これが限界ですね。
もっとも他の作業もありますから、4~5人は必要になってくる。

うちの露地畑が、これよりも少し多いです。
だから、雨が少なく雑草が育たない今年の夏でも
結局は、雑草に負けてしまっています

次に、作物を避けて、除草剤をかける方法ですが
これも、1町(10000平米)くらいが限度でしょう。

その次が、作物も含めて、全部に除草剤をかける方法です。

こちらでは、焼酎用のカライモなどは、10町くらいはザラですから
皆さん、この方法です。
でも、普通の濃度だと全て枯れてしまうので、薄くしたり
まくときのタイミングなど、これが個々人のノウハウなんですね。
それでも、生育はストップしてしまう。

でも雑草がはびこると、イモは採れないので
リスクを冒しても、しなくちゃならない。

アメリカなんかなら、この比ではありませんから、どうしても
除草剤の全面散布しか、方法はありません。
除草剤と、除草剤でも枯れない遺伝子組み換えの作物
この組み合わせで、安くて、一定の品質の穀物なんかが、飛躍的に
出来るようになったんですね。
だから、これができないということになると
大変なことになりますよ

ちなみに、遺伝子組み換えでない大豆を使いましたという
食品が氾濫していますが、そんなに遺伝子組み換えでない大豆が
あるのか?といつも疑問に思います。

国内でも、水田にはびこっているらしいですね。
除草剤が効かないとなると、稲作も大変です。

前にも書きましたが、田んぼの中の草取りは、とんでもなく
重労働です。
高齢の方に、させていいような仕事ではありません。
20代の若者でも、一日すれば、音を上げるような重労働です。

あたかも、50キロの通勤を、毎日徒歩で通いなさいみたいなものです。
「じゃあ、これをきっかけに、仕事辞めるは」ということになりますよね。
もっとも中には、やる人もいるかもしれませんが・・・

「除草剤を使うなんて、自然の摂理に反している。
自ら招いた、ことだ」と、論評するのは簡単ですが
異常気象と同じくらい、大変な事態だと思います。

いきなり、今日のワンコです

koinu08.jpg

歯が生えてきたので、いろんなものを噛んだりしています。
こうして、家が破壊されていきます。

koinu09.jpg

このクロが、一番好奇心旺盛なようです。
ぴょんこぴょんこ、走り回ります。
可愛いです

koinu10.jpg

koinu11.jpg

この、まだらはオスなんですが、臆病です。
いつも、困ったような顔をしています。

koinu12.jpg

この、茶は甘えん坊です。

生まれつきの性格って、あるんですね。


[PR]
by chikomomorara | 2009-09-10 04:20 | 野菜栽培 | Trackback

からからです


数日前に、夕立が降ってから、またまた、日照りの日々です

少し、天気つきが変わるかと思ったのですが・・・
相変わらず、昼間は強烈な日差し(関東の7月と同じ強さでしょうか?)と
熱風・乾燥です。
おまけに、東風が強く、プチフェ-ン現象とともに、桜島の灰が降ったりします。


山のほうにある、棚田は水が枯れたようで、大変みたいです。
近所の古老(いるのは、古老ばかりですが・・・)に聞くと
灰がこれだけ降るのも、こんなに乾燥するのも初めてだそうです

hideri01.jpg

ナスもこのとおりです。
特に水が好きな作物なので、弱っていますが、それだけに
必死になって、花を咲かせています。
作物は、子孫を残すのが、最終目標なので、枯れてしまうなあというところまで
来たときにも、逆に、実をつけるんですね。

その代わり、皮は堅く、中は小さくても種ばかりになり、美味しくありません。

ゴ-ヤも小さいままで、すぐに熟れてしまうようになりました。

hideri02.jpg

同じく、高温多湿が好きな、サトイモも葉っぱのふちが枯れてきています。

乾いた熱風の様子が、伝わるでしょうか?

hideri03.jpg

反面、モロヘイヤはまだ元気です。
花が多くなり始めていますが、そんなに堅くなってはいません。

柔らかい新芽が多くでてくるのは、あと、1週間ほどでしょう。
(雨が降ると、少しは変わってきます)

先日の雨以降、土が湿ったので、急いで種を蒔いたものも、発芽しません。
また、定植した苗も、しおれて、枯れ始めています

なかなか上手くいきません。

ですので、秋野菜は10月に入ってからの公算が大です。

アスパラは、依然、大丈夫です

koinu07.jpg

ちび犬どもは、ぴょんこぴょんこ、走り回るようになって来ました
歯が生え始めてきたので、いろんなものをかじるようになってきています。
油断すると、被害甚大なので、目が放せない時期に突入です

まだ、飼い主募集中です


[PR]
by chikomomorara | 2009-09-08 02:29 | 野菜栽培 | Trackback

まずいネギ


「野菜が高い!!」と書くと、「前から高いわよ
とおしかりを受けるかもしれませんが・・・・

今日、ネギトロを食べようと思っていたんですね。
畑には、苗よりも大きく育った、九条ネギがいっぱい植えてありますから
抜いて帰るつもりでいたわけです。

ところが、暗くなるまでハウスで、発酵鶏糞をまいていたため
忘れてしまったんですね。
何しろ、発酵していても、やはり臭い(笑)
早く帰って、温泉にとあせっていたわけです。

で、仕方がないので、ス-パ-でネギを買って帰りました。
もとより、香りがあまりなく、美味しくないだろうなあというのは覚悟の上で・・・

まあ、でも敵?もさるもの、予想を上回っていましたね

もともと、ネギにはうるさいんですね。
年中、主食のようにネギを食べますから(笑)
香りがあって、うまみがあって、出来れば柔らかく、生では辛く
加熱すると甘いネギしか食べたくないわけですね。

埼玉にいたときから、ねぎだけは欠かさず作っていました。
ネギ産地で有名な、深谷の近くで、土質も同じ、利根川の沖積土
ですから、おいしいねぎが出来る条件は揃っているわけです。

で、数年ぶりに買ってみたネギ
福岡産でしたが、硬い、細い、香りなし、それでいて198円!
こりゃ、ごみですね。

もっとも、夏ねぎは硬い。
日光から身を守るため、外はかたくなります。
うちの九条ネギも、今年はとんでもない、日照りですから、まあ硬い。
だから、外は捨てて、本当に真の部分だけを食べます。

まあ、ハウスで作っているんでしょうから、香りがあまりないのは
仕方がない。
多分、日照によっては、遮光もするんでしょう。
その割には、緑が濃い。
「ああ、これはカリを効かせているなあ」と
(ねぎはカリ分が好きなんですね。)
厳密に温度管理、水分管理もしているんでしょう。
太さ、長さは見事に揃っていましたから。
色も一見きれい、でもネギの味はしない。

これが普通の農産物なんでしょうけれども、作っている生産者の喜びは
ないんでしょうね。

ということで、改めて、普通に売られている野菜は高いなあと
久々に実感しました

ところで、九条ねぎ、昨年は、自宅用を販売にまわしましたが
今年は、初めから、販売用に用意しています
晴れが続きましたので(ねぎは、自分の影も嫌うといわれるほど、日照が好きなんですね)
おいしいものができると思います。

ちなみに、アスパラ以外の野菜は「堆肥は施して、その後は自然に任せる
少しは、追肥や、海水、木酢液なども散布するが、基本的には作物任せ」
です。
ですから「天候により上手くできればいいし、出来なかったらそれもよし」
というスタンスです。
ただひとつの、例外は、ネギなんですね、実は・・・

ほぼ年中、なければ困る。
米よりも重要な野菜ですので(笑)
かなり、力を入れて作っています。
アスパラ並みに、高い資材も入れますし、除草も一生懸命行います。

なので、ねぎがお好きな方は、ご期待です

koinu06.jpg

今日のです
動き回っています

koneko01.jpg

チャ~の子供です
「チャ~って、何者?」
それはまた明日に

生きてて、ヨカッタヨカッタです

[PR]
by chikomomorara | 2009-09-05 02:40 | 野菜栽培 | Trackback

当店の方針につきまして


ちょうど、昨日のペ-ジにてコメントをいただきましたので
お送りしました、商品につきまして、当店の方針を書かせていただきます。

数日前にも、同じような事例も有りました。

CA5LNNH6.jpg

この画像は、そのお客様からお送りいただいた画像です。

まず、お送りしましたアスパラが、このような状態になっていた場合
お手数ですが、すぐにご連絡ください。

冷凍されて、解凍するとこのような状態になります。
ですので、すぐに、代品をお届けいたします。

実は昨年の春に開店以来、このような事故は、ヤマトさん、佐川さん共に
数件起きています。
件数は、同じような数です。

そのつど、原因を調査してもらって、対策を講じています。
ただ、例えば鹿児島から関東にお届けするまでに、何回も積み替えるとのことで
はっきりした原因は不明のことが多いです。
中には、ドライバ-の方が間違って、冷凍に入れたとかということは有りましたが
積む場所により、冷風が当たって温度が下がるとか、蓄冷剤に接したかもとか
はっきりしません。

当店の場合、収穫して、当日に発送するまですべて自分で行いますので
発送前の状態は、すべて把握しています。

収穫してから、切り口を水につけ、数時間予冷します。
そのときの温度が、3℃設定です。
アスパラは、収穫したあと、熱を持ちます。
温かくなるんですね。
それで、すぐに冷やして、成長を止める必要が有ります。
そうでなければ、どんどん糖分を消費してしまって、甘さが失われるんですね。

数時間の予冷ですが、仮に一晩置いても、3度の冷風に直接さらされたとしても
びくともしません。
ですから、輸送中に、箱野中に入れられたアスパラが、冷蔵で凍結するとは
にわかに信じられない。
ですから、何らかのミスで、冷凍されたとしか思えません。
もっとも推測の域を出ませんが・・・

ただ、このようなことは、運送会社と当店の間の問題ですので
お客様にはまったく関係有りません。

ペ-ジにも書いていますが(分かりにくいですが)
当店の商品は、アスパラではなく、「満足」です。
出来れば「感動」までお届けするのが、使命だと思っています。

ですので、冷凍されたよう野菜や、まずい野菜は、無条件で、代品をお送りいたします。

今までの事例でも、このように対応させていただきましたし
今後も変わりは有りません。

ですので、このようなことがあった場合には、大変お手数ですが、すぐにご連絡いただけますよう
お願い申し上げます。
さらに、可能であれば、今後の対策に生かしたいので、画像などお送りいただければ助かります。

せっかくですので、アスパラ以外に、特に気にかけていることを・・・

野菜セットで、特に気にかかっているのが、芋やカボチャなど、きって見なければ分からない
野菜です。
これらは、切ってみたら、外れだったということも有りますし、収穫から一定期間おかないと
まずいことも有ります。
ですので、発送お知らせメ-ルでは、どのくらい追熟させてくださいとお願いしています。

しかし、中には、気づかない点も有るかもしれません。
そのような場合には、些細なことでもかまいませんので、ご遠慮なく
ご連絡ください。

逆に、昨年7月に収穫して、約半年、冷蔵庫で保存していたカボチャがありました。
流石に、外の色は、オレンジがかって、いかにもまずそう。
鮮やかなオレンジならいいのですが、緑が混じったような、くすんだいかにもまずそうな色です。

捨てるのももったいないので、家で食べてみると、中は濃いオレンジで、とんでもなく甘い
レストランのシェフにも、差し上げましたが、とんでもなく評判がよかった。
で、今年の冬、売るのもどうかなあと思い、ご希望の方には差し上げますということをしたわけです。

このように、きってみなければ分からないものもありますので
万が一お届けした商品に、疑問がある場合には、しつこいようですが
ご連絡お願いいたします。

と、少しヘビ-な話題でしたので、今日のです。

koinu01.jpg

表情が出るようになって来ました。
可愛いでしょう

仔犬は、日々進歩していますが、自分自身は・・・です。

<0/font>

[PR]
by chikomomorara | 2009-09-02 04:36 | Trackback

米、その後


今日の日中は田んぼの、あぜ草刈です。
まあ、暑かったこと・・・
農作業に適する、早朝、夕方はアスパラが有りますので
この時間帯にしか出来ません。

それと、草払いしていると、アブが寄ってくるんですね。
よほど、好かれているのかもしれません(笑)
炎天下だと、アブもいないので、安全だということも有ります。

tannbo02.jpg

イネの穂が出揃って、かなり黄色くなってきました。

tannbo03.jpg

でもこういうのをみても、いいのかどうかまったく分かりません。
作ったことがほとんどない作物というのは、そういうものなんですね。
農家に生まれ、小さい頃から手伝わされてきた方なんかだったら
そのあたりはよく分かる。
やっぱり、典型的な経験産業なんですね。

近くで作業している、農家の方なんかに聞くと
まあ、いいらしいです
そこそこいい米が出来るのではないでしょうか?

でも、買ったほうが絶対安いですよ
米の値段というのも、そんなものです。
ただ、埼玉にいたときから、農家に分けてもらっていたので
普通にス-パ-などで買おうとは思いませんが・・・

まったく味は違いますから・・・
精米していない玄米で買っても、農家から直接分けてもらう
程の味はしません。
なぜなんでしょうね?

ともかく、11月になれば、新米とコカブの一夜漬け、
これを、楽しみにしています。

koinu13.jpg

今日のです
茶色は、このように、ベタ-っと、上を向いているか、うつぶせになっているか
どちらかのことが多いです(というか、多かった)

koinu14.jpg

でも「立つときゃ、立つんです」というところを
見せるようになって来ました。

koinu15.jpg

ころころとして、可愛いです

ところで、お問い合わせがけっこうある、野菜セット
とりわけ、9月のおまかせセットですが、今週中には販売開始しようと思います。

一昨日、アップしようと思ったのですが、少し降る予定だった雨がまったく降りません。
今後もずっと晴れなので、種を撒いても芽が出てこないし
苗の定植もいつになるか、わかりません。
ですので、9月中に、何をお届けできるかが少し見えてからと思います。

とりあえず、初旬なら、モロヘイヤ、オクラは確実に有りますし
アスパラも太くなってきています。

ですから、早く!という方は、夏野菜をご注文ください。


夏野菜の2回目です!モロヘイヤ・オクラ・ゴ-ヤなど健康野菜中心です!【30セット追加です!】自家用無農薬野菜のおすそ分け、夏野菜登場です!

また、穂先スペシャル、規格外、箱一杯ともに、より太くなってきています。
すべて、今までどおり、商品ペ-ジのような、「いかにも規格外」というものでは有りません。

オトクな順番では、穂先スペシャル、箱一杯、規格外です。

今年も、アスパラが食べられるのは、あと2ヵ月
そして、正規品を、穂先中心にして、ご購入できるのも
長くても9月中です。

順調に出ている今、満足するまで、食べておいてください


比較的味の濃い、穂先ばかりをカットしてお届けします。硬い部分は切り落としますので、捨てる部分がありません。【送料無料】【8/30 50セット追加です】訳ありアスパラ 穂先スペシャル 1キロ


規格外から正規品まで、無選別で箱一杯にしてお届けです!【送料無料】訳ありアスパラ+第二弾  箱一杯無選別で!


料理に惜しみなくお使いいただける、規格外アスパラ登場です!我が家で消費しているものよりも、数段いいアスパラです!100セット最終追加です!【送料無料】【期間限定】【100セット追加です!】ご家庭用規格外アスパラ1キロ

[PR]
by chikomomorara | 2009-09-01 02:58 | 素人の米つくり | Trackback

傘がない


BSで、井上陽水の番組を4日続いてやっていました。
みましたか
面白かったです~
それにしても、30年以上も第一線で、続けるというのはすごいですよね。

やっぱり、自分のスタイルというか、ぶれないものを持っていることが必要ですよね。

陽水でもそうですが、長年第一線で活躍している、ミュージシャンはそうですよね。
どんな歌でも、その人が歌うと、その人の曲になってしまう

そのくらいの強烈な、スタイルを確立することが大切なんでしょうね。

で、、本日のお題は、こじつけて「傘がない」です
ちょっと、ベタですか

ここ3週間ほど、ことごとく、天気予報の傘マ-クが、なくなっています。
昨日も書きましたが、鹿児島南部では、けっこうピンチです。

ura01.jpg

夕方撮ったので、赤いですが、家の裏です。
少し畑になっているんですが、手が回らず、雑草だらけでした。
通常の天候だったら、人の背丈以上に雑草が生い茂っているところです。

雨が降らず、おまけに毎日、強烈な日差しに焼かれるものですから
雑草まで、枯れてしまっています。
雑草というのも、繁殖力が強く、なかなかからすことが出来ない
ツユクサです。
これまで枯れ始めています。

go-ya01.jpg

1週間前まで好調だった、ゴ-ヤまで黄色く枯れ始めてしまいました。
これは野菜セットにもお入れしているので、少しは水をやっていたのですが・・・・

ホ-スなどで水をやるのと、雨とでは、威力がまったく比較になりません。

とにかく、雨乞いするしか有りません。

koinu11.jpg

今日のです
この2匹は、立ち始めました
寝ている写真ですが・・・

koinu12.jpg

この茶色いのは、仰向けに寝ているか、うつぶせにベタ-っと寝ているばっかりです。
そのせいか、なんか、なまこのように、ベタ-っと広がっています。
少しすれば立てるようになるんでしょう。

ウシ柄みたいなのは、おかげさまで貰い手が決まりました

あと2匹は、まだ売り気配です
お子さんの情操教育に
老後の話し相手に
一家に一匹ですよ~

[PR]
by chikomomorara | 2009-08-30 03:32 | 野菜栽培 | Trackback