エコファ-マ-が農園から、安心と感動を発信します。


by chikomomorara

タグ:有機栽培 ( 8 ) タグの人気記事

農家の都市伝説?その一


野菜セットの発送がずれ込んでおり
大変申し訳ありません

一昨日から、一日中強雨となり、暗い毎日になっています。
今日は、朝から、台風並みの風が吹きつけるは
ナスやインゲン、トウモロコシも倒されてしまっています。
(まだ回復可能です)

ラディッシュも、水分を一気に含んで割れてしまったり
虫に食われたりしており、お入れできるものが
アスパラとじゃがいもだけになってしまいました。

アスパラは、でているのですが、日照が無いため
1日ごとに味も薄くなっていますので
野菜セットの発送、アスパラの発送ともに
雨が上がるまで、少し見合わせています。

大変お待たせしまして、申し訳ありません。

ところで、福島産の野菜や関東の野菜は安全なんでしょうか?
というような、メ-ルをいただくことが多いので
農業や農家の実際について、少し書いてみようかなと思いました。

(福島産はじめ、茨城などの野菜は安全か?)

これについては、まったくわかりません。
その土地や、露地栽培かハウス栽培かによっても異なりますし
なんともいえません。

ただ、暫定規制値そのものが国際的に見ても高いですし
実際、に、規制値以上のものが検出されたとしても
隠蔽されるでしょうから、私自身なら、食べません。

そういうものしか、入手できなければ、多分野菜は食べません。

野菜を食べなくても、特に支障はありません。

実際うちでは、野菜は買いませんし、自分のところで採れない時期には
食べていません。
昨年の秋など、葉物がいっぱい採れたときでも
すべて箱に入れて発送してしまうため
(まあ、うちはいつでも食べれるから、とついつい詰め込んでしまいました  笑)
あの時も、高菜以外は、ほとんど食べていません。

まあ、うちの食生活が貧しいだけなんですが・・・

ですので、心配しながら、食べることも無いかなあと思います。

また、まったく根拠は無いですが、あれだけ土地が汚染されていたら
根から吸収しているものも多いのではないかなとも感じます。

農家は本当にかわいそうですが、これなんかは
政府や東電が、事実の基づいて保証すべきものでしょう。

(農家は自家用のものについては、農薬なんかをかけずに安全なものを食べている?)

これは根強いようですね。もはや、都市伝説?(笑)

まあこりゃあ、嘘ですね。
第一、農家はそんなに、区別して栽培するほど、暇じゃありません。

その前に、農薬をそれほど、危険視してはいません。
かく言う、私自身も、登録されている農薬を規準どおりに守っていれば
危険ではないと思っています。

それこそ、「直ちに健康に影響は無い」というか
少なくとも、放射能汚染よりもはるかに安全です。

ですから、うちのアスパラは、無農薬ではなく、減農薬です。
ただ、農薬を散布するのも、かなりの重労働で、かつ、費用もかなりかかります。

いつでも散布できるというわけではなく、ここで散布しなければならない
というタイミングもあり、他の作業が出来なくなったりします。

ですから、農薬に頼らなくても極力いけるような
栽培に努めるわけで、幸い今のところ、昨年の9月以降
無農薬で、いけているだけの話です。

本業の、アスパラでもそういう栽培ですから、露地野菜については
わざわざ、農薬をかけてまで、栽培したくない、肥料も鶏糞など
安い資材で済ましているので、有機栽培となっているだけの話です。

ですから、露地野菜については、虫でアウトになれば、それで終わり
病気になってしまえば、それで終わりという栽培なんですね。

例外は、昨年、ハウスとハウスの間に、サトイモを植えた。
これは、ヨトウムシの大好物で、発生してハウスに入ると
大問題なんです。
大丈夫かなあと危惧していたところ、案の定発生、
そのままにしておくと、ハウスの中に入ってしまいますので
これは、薬で防除しました。

でこのサトイモは、無農薬では無いので、全て、自家消費しました。

031.jpg

これがヨトウムシが食害した、キャベツです。

ほぼ2日で、こういう姿になってしまいます。

特にキャベツの類(ブロッコリ-やカリフラワ-など)は虫がつきます。
ちなみに、レタスの仲間はあまり虫がつきません。
苦いからでしょうか?

ブロッコリ-はまだ、見てわかりますのでいいのですが
結球野菜の場合には、外は大丈夫でも中に潜んでいる場合があります。

ですから、昨年の秋、お送りした白菜や、カリフラワ-でも
虫が入っていたものもあったと思います。

でも、市場に出荷するもので、中に虫一匹でも入っていようものなら
全量返品になりますね。

共同出荷になると、他の農家のものも全て返品です。

ですから、白菜やキャベツなどは、万が一にも虫が入らないようにするんですね。
植えているキャベツは、それこそ、万単位ですから、まずは無農薬なんて栽培はありえません。
(少しで、すごい手間をかければ別ですが)

で、薬をかけるんですが、単に虫を殺すだけだったら
その後、卵を産み付けられて、孵化したら、また薬をかけることになります。

大面積だと、そんな時間的な余裕は無いですし、コストも莫大になります。

ですから、できれば残留する薬を選ぶわけですね。
幼虫が孵化して、食害すると死んでしまうような。

もっともこのような薬は、収穫何日前までとか、使用期限が
決められており、その間に、残留成分がなくなるようになってはいます。

まあ、使用倍率とか、期限を厳守しているかどうか
は、信用するしかありません。

このようなキャベツを、貰うこともありますが
「まあ、大丈夫だろうと」食べています。

でも、自分で作るとなると、どうも気持ちのいいものではないですし
かといって、虫を毎日つぶす手間もかけたくない
という事で、キャベツはあまり作らないことにしているんですね。

まあ、専業農家の自家用野菜なんてこんなものです。
ですから、区別して作っている人なんて見たことないですし
きちんとしたものを食べたいと思う人は、農薬を使っています。

自家用野菜はこういう感じです。

ちなみに、営業用の露地野菜、特にキャベツ類の大面積栽培
は、基準内でしょうが、かなり薬を多用します。

一個でも多く、それも出来れば大きなものを出荷するのが目的ですから
「味がどうこう」とかはまったく考えません。

工場で、自動車を生産するのと同じです。
自動車工場で、組み立てる人が、「この車に乗る人は
どういう人かな」とか「喜んでくれるかな」とか
考えないのと同じですね。


[PR]
by chikomomorara | 2011-06-12 00:25 | 農家のここだけの話 | Trackback

地面を焼く


この低温で、アスパラは深い眠りについたままです。

十分眠ると、暖かくなったら元気いっぱいのアスパラがでてきますし
作業も時間をかけられますので、いいことです
例年なら、眠りが十分ではなくても、そろそろ新芽が出始めますから
急いで作業しなくてはならないんですね。

という事で、アスパラの作業のほうは、例年以上にていねいな作業が出来ています。

018.jpg

ハウスの一部から、バ-ナ-焼きの作業工程に入りました。

ハウス内や、畝の上の葉っぱや枝を焼き、株もとの土も焼くことによって
病原菌や、虫の卵、雑草の種などを焼却するために行います。

この作業、かなり手間がかかりますので、実際に行う農家は
少ないようです。
やればいいのは分かっているのですが、ある程度の面積以上になると
手が回りません。



まずは、畝の上や通路に落ちている細かい葉っぱや枝などを
焼いていきます。

このバ-ナ-、プロ用のもので、火力はすごく強く
ホ-ムセンタ-などで売っているものとはまったく比較になりません。

灯油をガス化して燃焼させるので、匂いは無いですが
葉っぱなどを焼いていきますので、燃やした匂いに一日中包まれての作業です。

ただ、航空機ファンですので、F-15のアフタ-バ-ナ-のような音は
気に入っています(笑)

013.jpg014.jpg

これが1度焼いたあとです。
表面には、まったく発破などはありません。
というか、無いようになるまでゆっくりとていねいに焼いていきます。

ところで、葉っぱを焼くのは、葉っぱのなかに病原菌が潜んでいる可能性が
あるからなんですね。
もちろん、病原菌をゼロにすることはできませんが
病気というのは(人間や動物でも同じですが)
菌があるから、病気になるというものではありません。

気象条件や、植物の体力もありますが、もっとも重要なのは
菌密度です。
いたるところに、菌があれば、その分、病気になるリスクも
飛躍的に高まります。

ですので、これだけ焼いてしまえば、かなりの効果があります。

015.jpg

でも、何千℃という炎で焼こうとも、土というのはなかなか焼けません。
3分間、同じところを焼いても、ほんの3センチも掘れば
温度はまったく変わりません。

そういう事を考えると、太陽の力というのは
ホント、すごいものだなあと思います。



この数センチ下、特の株もとのあたりには、菌が潜んでいることもありますので
一度焼いた後には、畝の上の土を、レ-キで掻き落とします。

土というのは結構重いものですので、かなりの重労働です。



今度は、畝の上、特に株もとを中心に、念入りに焼いていきます。

病原菌とか虫とかいうのは、主に6月以降の話です。
ですので、この作業をしなくても、春のアスパラには関係ありません。

また、この段階で農薬をまいて防除するという方法もあります。
(そちらのほうが、数段効率的です)
ですが、焼却するというのが、もっとも確実ですし
何でも、いいものを作るには、手間隙が必要だと思います。

022.jpg

これが、2度焼きしたあとです。

こういうていねいな仕事の積み重ねが、なんでも重要ですよね

[PR]
by chikomomorara | 2011-01-28 11:35 | アスパラ栽培 | Trackback

今日は久しぶりに晴れました

昼食のパスタ(またもや、高菜パスタです)に使うニンニクがなくなったので
家の裏の畑に植えていたニンニクを掘ったところ
結構育っていました

今年は、レストランの希望もありましたので、ハウスのほうにもかなり植えています。

でも自分でも、毎日のようにパスタに使いますので、自宅の裏のほうにも
植えていたものです。

今売っているにんにくは、ほぼ1年間保存されていたものばかりですので
かすかすで、すぐに芽が出てしまいます。

それを買うのももったいないので、まあ少しは使えるだろうと思って
掘ってみたものです。

ちなみに、今まで購入するのは、もっぱら中国産です。

ninnniku01.jpg

雑草まみれで育っていました
満足に肥料もやっていなかったため、ほとんど育っていないだろうと思っていましたが
なんの何の、自然は強いです

もちろんかなり小さいですが、堀たてですので、みずみずしく
マイルドな香りで、パスタにうってつけでした。

これならばということで、ハウスのほうの畑に植えているものも
掘ってみました。

ninnniku02.jpg

そもそも、小さい品種なので、まだ大きくしなければなりませんが
十分食べられる大きさにはなっていますので、今日から順次掘り取って
野菜セットにお入れしています。

野菜セットも、毎日1~2件のペ-スですが、そのうちお届けできますので
楽しみにしていてください。

イメ-ジ的には、ラッキョウのような感じです。

ニンニク臭はあまりしませんので、生でも食べることができます。

なんと言っても、国産・無農薬・自然農法(よく言えば・・・笑)のニンニクです。

特に乾燥しない、フレッシュなにんにくは、この時期ならではです

ところで、アスパラもかなり展葉してきました。
あさってまでの晴天で、さらに葉っぱが開き、その後雨天ですが
最低気温が、15度を超すようですので、早ければ、来週後半から
出始めるかもしれません。

ということで、とりあえず、穂先スペシャルのみ10セット
追加しました


比較的味の濃い、穂先ばかりをカットしてお届けします。硬い部分は切り落としますので、捨てる部分がありません。【送料無料-0412】【訳あり】【4/16 10セット追加】プレミアムの切り落とし 穂先スペシャル 1キロ


[PR]
by chikomomorara | 2010-04-17 00:23 | 野菜栽培 | Trackback

連日のショウガ収穫で、さすがにバテてしまいました
もう、肩がバンバンに張って・・・、肩こりの強烈なヤツです

温泉も効かず、で、ここ数日、睡眠をとっていたため、2日ぶりの更新です。

例によって、午前中はしょうがですが、野菜もかなり育ってきました

白菜も、次の寒さがくれば、巻き始めるようですし、キャベツやブロッコリー
なども、大きくなってきています。

ninnjinn03.jpg

今日は、高菜の定植とニンジンの間引きを開始です。
雑草も生えてきていますので、かなり面倒な作業です。
1時間、やっても20メ-トルくらいしか進めません。

ninnjinn04.jpg

このように、2~3センチ間隔程度に間引いていきます。

ninnjinn05.jpg

日がよくあたるようになるので、育つスピ-ドが違ってきます。

初めからこのように間隔を空けて蒔くと、きれいに揃わないんですね。
幼いときには、競争も必要なんですね。

ところで、この間引いた、小さなニンジン葉が、めっぽう美味しい。
もっと大きくなってからの葉っぱもおいしいですが
このくらいの小さなものは、柔らかくて、香りがとてもいいんです。

ですから、今日の発送分には、これもお入れしました。
ぜひ、天ぷらにしていただきたいと思います。

ところで、こういった、間引き菜は、市場には絶対出回りません。
出回ったとしても、間引き菜ではなく、それ専用に、小さく育てて
収穫したようなものです。
カイワレなんかが、そうですね。

こういうものは、生育を均等にするため、土ではなく水耕栽培
それも、屋内で栽培されますので、力強い香りは期待できません。

試しに、プランタ-などに、ダイコン(普通の品種でOKです)
の種を撒いて、双葉のときに収穫してみてください。

「私はダイコンだ~!」と主張する味ですから
もうびっくりすること請け合いです。

ちなみに、ニンジンの間引き菜はまず手に入りませんよ~!

大産地では、まずこんな手間のかかることはしません。
間引きの必要の無い間隔で播種した上、雑草は除草剤で処理です。
でなければ、ニンジン1本が、1000円知覚するようなコストがかかるのではないでしょうか?

でも、家庭菜園など自分で作れば、これまた簡単に間引き菜が食べられますので
オススメです

生命力があふれた、新鮮な野菜がもっとも美味しい
若い間引き菜の採れたては、その条件に合致しています。
自宅で出来る、最高の野菜ですよ~

ニンジンは、葉っぱのほうが栄養もあるみたいですから
ニンジンジュ-スよりももっと、合理的に安く、栄養が採れるのではないでしょうか

本日から、10月おまかせの第二回目を発送開始しました
出来れば、少し変わったものをと思っていましたので
ダイコンを入れたかったのですが、まだ地下部が太っていませんので
(暖かいので、葉っぱがまだ成長しています)
太り始めたコカブを、少しずつお入れしています。

11月下旬くらいから、白菜・ダイコンが仲間に入ってくると思います。

[PR]
by chikomomorara | 2009-11-08 23:19 | 野菜栽培 | Trackback

黒ひげ危機一髪


ちゃ~の子ネコの写真が撮れました!

kurohige01.jpg

黒いのと、灰色がかったネコが2匹です。
親のちゃ~といえば、こげ茶のような、黒いような
そして、小さなみすぼらしいネコなんですが
特に黒いのは、はっきりしています。

おまけに、ひげまでたくわえて、エラそうです
ですから、うちではこの黒、名前は「黒ひげ危機一髪」です。

子ネコたちも、えさを食べていますので、半分、うちの飼いネコになりつつあります

人間だけでも生活するのが大変なのに、ペットみたいなものが増えて
委員だろうかと思う毎日です

※ ちゃ~:うちの周りをうろうろしていたのらねこです。
      みすぼらしく、ガリガリにやせていたので、えさをやり始めたら
      いつのまにやら、いついてしまったネコです。
      ちなみに、私自身はイヌ派だったので、2年前まではネコは嫌いだった


ところで、野菜セット、現在は1日1~2件の発送になっています。
毎日晴れていますし、日曜日には、雨も降りそうなので、来週は1日5件程度になりそうです。

いろんなものが大きくなってきました
種類も増えてきそうです。

本日お入れしているものは、小松菜・べかな・みずな・わさび菜・ラディッシュ・コカブの間引き菜
などです。
特にコカブの間引き菜は、葉っぱがちょうど美味しい時期ですので、塩漬けや、好きな方は
サラダでも食べていただけます。

もう少し経ったら、チンゲン菜・アスパラ菜が参戦です。

新米もお入れしています。

かなり反響があり、嬉しい限りです。

「秋野菜セットの1回目が一昨日届きました。
いつも本当に美味しいお野菜をありがとうございます。

けれど今回の驚きと感動をさらっていったのは何と言ってもお米!
も~ビックリするような美味しさです!!

お米を研ぐ瞬間からなにやら予感はありました。
半透明でキラキラしていて。
こんなに綺麗なお米は見たことがありません。
炊きあがったら更にキラキラつやが出て、もっちり。
かみしめるとほんのり甘みがあってご飯だけで食が進みます。

更に冷めても美味しいのですね。

我が家はお米をガスコンロで鍋炊きしています。
美味しく炊けますが難点は保温が効かないこと。
昨日は夫の帰宅が思ったより遅く、少し冷めたご飯が食卓に上りました。
けれど炊きたてでないのが気にならないくらい美味しい。
夫も「このお米は本当に美味しいなぁ」と何度も繰り返していました。

美味しいお米にはお漬け物やお味噌汁、焼き魚など素朴な和食が一番ですね。
健康的な食生活が取り戻せそうです。

我が家もお米は割と良いものを選んでいるつもりです。
完全有機無農薬米や特別栽培米など。
今月はアイガモ農法の新米を食べていたところです。
けれど森下様のお米は今まで食べたどのお米より美味しかった。
お世辞ではありません。 夫共々同意見です。」

これは、あるお客様からいただいた、メ-ルの一部です。
こんなに絶賛していただいていいのかなあというくらい、喜んでいただけたようです。

また、私自身も本当に嬉しいです。というか、感動しました

確かに、米に味があるんですね。
冷涼地の米に比べると、粒は小さいですが味がある。
そんなお米だと思います。

その米も、減ってきています。
もみで23袋あったものが、18袋にまで
少なくとも、4~5月くらいまで食べられるものは残しておきたいので
大変申し訳ありませんが、野菜セットにお入れできるのは
今販売分だけです。

来年は、今年の2倍くらいまで、面積を増やしてみようかなと考えています。
(それでも、まだまだ小規模の米農家の十分の一くらいですが)


[PR]
by chikomomorara | 2009-10-29 23:32 | Trackback

本日も午前中、カライモちぎりと、高菜植えです。

takanaue01.jpg

カライモ収穫後の圃場です。
イメ-ジどおりの畑でしょう
カライモ収穫後に、鶏糞を散布、何度もトラクタ-で耕していますから
土はふかふか、雑草も見当たりません。
(そのうち一面に生えてくるんですが)
この一枚で、約5反部以上です。

うちのハウスと露地野菜の畑を合わせた面積よりも
少し小さいだけですね。

takanaue02.jpg

このように、定植していきます。
これがまた疲れる
腰が痛くなりますよ~

収穫は1月頃、漬物屋に持って行きます。

もちろん、うちの高菜ではありません。

ninnjinn01.jpg

これがうちの畑です
見てくれは、汚いですね

土の植えに散乱しているのが、鎌で掻いた小さな雑草です。
こういうのも、肥料になります。

全て手作業、まるで江戸時代の農業です

左の青いのが、ニラ、右の青いのが、金時ニンジンです。
例えば、ニンジンを作る際には、上の高菜畑みたいなところに
一面にニンジンが並んでいるというのが、普通の営業用の畑の姿です。

植える株数も、うちの何百倍です。

sunappuenndou01.jpg

スナップエンドウも大きくなってきました。
つるが見えてきています。
この分では年内に、大きくなりすぎますので、どこかで生育を抑えないと
いけないかもしれません。(一定以上育つと、霜など寒さにに弱くなるんですね)

soramame01.jpg

スナップと同じ時期に収穫できる、ソラマメ。
出揃いました

retasu01.jpg

レタスがどんどん大きくなってきています。
ある一定以上大きくなれば、巻き始めます。
結球し始めれば、早いですよ~

hakusai04.jpg

これも結球野菜、白菜です。
17日の記事と比べてください。
一回り大きくなっています。

これから、どんどん葉数が増え、光合成を盛んに行います。
その養分で、寒くなったら一気に巻き始めます。

連日晴れていますので、2次関数的に成長が速くなります

コカブやダイコン、小松菜などの間引き菜が食べられるようになって来ました
やっぱり美味しいですね

このあたりの葉物は、売られているものよりも一回りも二周りも
小さく若いですが、このくらいの時期のものが
柔らかく、一番美味しいんですね。

今週末頃から、1日3~5件、おあつらえ向きに、日曜日に雨が降るそうですから
その後さらに生育が早まり、来週は1日6~7件の発送量になるのではないでしょうか

また、お米も、野菜セットにお入れしていますので、もう五分の一がなくなりました。
自家用ですので、せめて半分は置いておきたい
(それでも、来年春までしか保ちません
ですから、お米をお入れできるのは、今販売中のものだけです
お急ぎください


大変お待たせしました!農薬不使用・有機肥料で愛情こめて作りました!太陽をいっぱいに浴びた、健康野菜を収穫直後に直送です!お待たせしました!自家用無農薬野菜のおすそ分け、秋野菜登場です!


お待たせしました!秋野菜のおまかせバ-ジョン!今回は、新米もお入れします!【80セット限定】【送料無料】野菜おまかせ倶楽部10月バ-ジョン


[PR]
by chikomomorara | 2009-10-28 00:43 | 野菜栽培 | Trackback

新しい畑の、堆肥散布!

この3日間、まるで夏でした
地温が上がってくれるのはいいのですが、上がり過ぎて、今度は地温を下げるために
潅水する始末です

春のこの時期、ここまで暑くなってしまうと、今度は、美味しかったニラや
エシャロットがとう立ちしてしまうので、大変です

当然、調子を取り戻しつつあったアスパラにもダメ-ジが
この話は、別にします。

ところで、新しく借りた畑、植え付けに向けて
本日は堆肥を散布してもらいました。

taihi06.jpg

面積は2反(2000平米)と少しです。
一般的な家庭菜園なら、40枚くらいの面積でしょうか?

専業農家の面積としては、小さいほうです。

堆肥は、隣町の公社に頼んで持ってきてもらいました。
先日の堆肥とは違います。

ここは、このようにトラックで来て蒔いてくれるんですね。

taihi07.jpg

まあ、早いこと早いこと
先日のように、一輪車に乗せて・・・なんてやっていると、
1日10時間働いても、2~3日かかって、へとへとです。

上の状態になるまで、ものの10分です

こういうところが、露地栽培のいいところです。

ただし、このようなトラックか、トラクタ-の後ろにつける
アタッチメントがないと出来ません。
こういった機械をそろえていくと、すぐに、2~3000万円はかかってしまいます。

その上、そういう機械があれば、格納する建物も必要になります。
そうすると、7~8000万円はすぐにかかってしまいます。

そこまで、そろえてあれば、今度はそれを使うことが必要になります。
でなければ、採算に合わないですから・・・

ちなみに、この畑に、カライモを植えたとすると、うまくいって
約25万円くらいの売り上げ(利益ではありません)になります。

農家の収入というのは、そんなものなんですね。

taihi08.jpg

ということで、私自身はトラクタ-は持っていないので
農業公社の依頼して、耕してもらいました。

今週後半から、畝たてと、植え付け準備を始めます。

[PR]
by chikomomorara | 2009-04-14 00:05 | 野菜栽培 | Trackback

秋野菜、販売準備!

5日ぶりに、やっと晴れました~058.gif
鹿児島らしからぬ?さわやかな風が吹き抜ける、気持ちのいい一日でした001.gif
秋野菜も、日増しに力強くなってきています。

f0186462_2349040.jpg

このあいだから、薬味にして食べていますが、美味しいです049.gif
一年で、もっとも美味しいネギの季節です!
幸せですね(我が家は、みんな、比類なきネギ好きなので)

f0186462_23502660.jpg

ミズナも、かなり力強くなってきました。
売っているものより、小さめですが、このくらいのものが
柔らかくて、シャキシャキしていて、美味しいですね。

f0186462_2351164.jpg


ル-コラです。
ゴマのような香りと、ピリッとくる辛さ!
特に、陽を浴びた、小さな葉っぱは美味しいですね001.gif
農作業しながら、むしゃむしゃ食べてます。害虫のように・・・(笑)
これ以外にも、セルバティカ(原種)も栽培しています。

明日も天気がよさそうなので、海水を汲みに行って
久しぶりに、野菜にミネラル補給です



お待たせしました!海のミネラルたっぷり、自家用無農薬の秋野菜、今回も、収穫当日に、発送です。太陽をいっぱいに浴びた、元気な葉物を中心に、とびきりの鮮度でお届けします。【送料無料】箱いっぱいに詰め込みます!自家用秋の福袋!
[PR]
by chikomomorara | 2008-11-12 23:53 | 野菜栽培 | Trackback